ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2918] 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」
日時: 2018/01/28 12:19
名前: 日本貧民党 ID:gSx/URgU

今、我が日本を政治的に運営しているのは、自・公連立の政権です。
自・公の内「自」は「自民党」、正確には「自由民主党」と言う事で、「公」は「公明党」と言う創価学会を基盤とした宗教政党です。
更に、「自民党」は戦後すぐから長らく日本の政権を担ってきた「自由党」が其の勢力に陰りを見、同様の保守性格を持つ「民主党」と合併して「自由民主党」と成った物です。
日本の政治地図は、戦後一時、“片山 哲”が率いる革新政党が、政権の座に着いた事も有った物の、実に短命内閣に終わり、その後一貫して保守である「自由党」後に「自由民主党」が政権を担って来たと言う事です。

ご存じの通り、その自民党は余りにも永い政権担当の間に色々な不正を働き、漸くその支持に陰りが生じ、今までの様に盤石の支持基盤が得られなくなり、その隙に付け込んだ創価公明党が池田大作の野望を受けて、自民党に票を提供する事によって、政権の一角に潜り噛んだのが、今の「自・公政権」体制と言う事です。

初め自民党は「公明党」が大嫌いで、「政教一致」は容認出来ないとか言って激しくて敵対して居た物の、自党の得票低下によって、『公明党』から「票」の餌をチラつかされて、自民党に批判的であった公明・創価学会の票を貰い、同時に公明党の議員を閣内に入れ、「自・公連合」体制を形成した訳です。

この経緯一つを見ても、日本の政党が如何に日本と言う国を思っての政治を行って居ないか、がお分かりと思います。

ついこの間は、自民党の余りの暴虐な政治の為に、有権者は「民主党」と言う野党に政権を付託したのですが、その所為等の政治家が余りにも素人くさい政権運営をした所為で、有権者はアッサリと政権運営を下の自民党に逆戻りさせてしまいました。
この時有権者はもう少し辛抱をして、民主党の成長を見て行く気概が有れば良かったのですが、アッサリと、余りにもアッサリと、政権を下に反してしまいました。

その結果、自民党は政権を死守する為に、ナリフリ構わず横暴の限りを尽くし、今の“安倍一強”を招来し、日本は世界の物笑いの政治国だと言われているのです。

今の自・公政権は、「保守」でも無ければ「民主的」でもありません。単なる“我利我利亡者”の集団による「国政私物化団体」に他ならないのです。

本当に国民を思う政治家ならば、「働き方改革」等と称して、“月間 100時間 までの残業を容認する”様な法制を提案するでしょうか? 此れは1カ月の労働日数で割ると、1日5時間の残業に当たります。此れは改革では無く『改悪』です。勤労者は益々「過労死」が増え、奴隷労働が氾濫します。此れは共産党の小池氏も言っている様に「経営者に都合の良い、働かせ改革」と言わざるを得ません。経済政策にしても、誤魔化しの数字を並べて好転した! と強調して居ますがアベノミックスにしても他の何を見ても嘘八百の羅列です。

皆さんはこの様な政治を歓迎しますか? このままでは日本は奴隷国家と成り、今でもアメリカの属国状態なのに、其れがもっと進んで、日本はアメリカの「保護領」と成るのは必定です。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本の滅亡、日本はガラガラと音を立てて崩れている! ( No.5 )
日時: 2018/03/22 10:36
名前: 日本貧民党 ID:JUC3iZPs

日本を動かす政治屋や官僚も、判って居る奴はそれほど多くないが、「日本はガラガラと音を立てて崩れて行っている!政権与党の政治屋は言わずもがな、政治に媚び諂うのみの官僚、企業家は且っての“世界に誇ったモノ作りの技術”を棄て去り、その場凌ぎの誤魔化しと不正ばかりに精を出し、今や「中国の産業界」からまで嘲笑の対象になる始末。

日本全体が、実に目を覆うばかりの惨状を示し、「日本全体の劣化」は留まる所を知らない。皆さんもこの一年の産業界の事件・事故を思い返して見て下さい、余りに苧ぽ過ぎて“泣きたくなる”と思います。

何故この様な惨状を招いたのか? 其れは政府と政権与党が、政治を「私物化」し、金持ちや大企業を優遇して甘やかし、一方でマスコミなどのジャーナリズムを恫喝して政権に都合の悪い事は書かせず、フェイクニュースを流し、真実を書かせない「抑圧」を加えているからです。

日本人は、大昔から20世紀中葉の1945年8月まで、マツリゴト即ち政治は「お上」が遣る物と考え、自分たち国民とは別の世界の物であると認識して居ました。

其れが、1945年夏を境に国の主権者は「国民」である。国を運営する政治は国民が「議員」と言う代表者を選んで彼らに政治を付託する。と言う、所謂、議会制民主主義 を教えて貰ったモノの、日本人の「お上依存」のDNAは全く抜けきらず、別の項にも書いたかも知れないが、「民主主義」「主権在民」等は、全く理解して居ないし、勉強しようともしない。

未だに日本の社会は、藩庁と土百姓との関係であって、国会議員は選挙区と言う「領地」の「お殿様」、有権者は選挙区と言う「ご領地」の「領民共」、と言う塩梅である。
領民である有権者は、ご領主である議員に対して、何の批判力も選別眼も持たず、其れゆえに先のお殿様が死ぬと、何の躊躇いも無くお世継ぎとして、その息子や娘が次を襲う事に抵抗が無い。

言って見れば、日本人の思考回路は、江戸時代の社会の構図と、なんら変わる所が無いのである。此れでは民主主義が育つ筈も無く日本の政治が国民の為の政治に成る筈も無い。

同じアジアの他の国では、国民=民衆が為政者に何か疑問を感じると、必ず何らかの国民・市民運動が起こり、為政者に圧力を掛けるのであるが、「家畜化日本人」は今の様な政治スキャンダルを見ても、見事に「思考停止状態」の侭、政治は実に遣りたい放題の国なのである。

私は、戦前と、戦後の、両方の教育を受けましたが、戦前の教育が如何に馬鹿馬鹿しい思想によるものであったか!戦後に学習した「民主主義」や「主権在民」「国民の平等性」が如何に素晴らしい物であるか、絶対に忘れる事は出来ません。

でも今は、現役の殆どの勤労者は、人間性を無視した「働かせ方」に対して、立ち上がるどころか声を上げる事も致しません。いくら苛められても、ただ黙々と休日出勤をし、サービス残業をし、奴隷のように働くのみです。

今の日本人はスマホなどの「個」に閉じ篭り、同じ境遇の者同士の「連帯」を放棄してしまって居ます。たまたま電車に乗った時に目撃する、老いも若きも誰も彼もが黙々とスマホに向って遊んでいる姿を見て、何とも憐れで馬鹿馬鹿しい感じが致します。
メンテ
Re: 日本の滅亡、佐川証人喚問は無意味な茶番である! ( No.6 )
日時: 2018/03/27 18:14
名前: 日本貧民党 ID:gi5RvHgI


初めから90%推測はして居ましたが、今日の「佐川」の証人喚問は、安倍晋三 と 安倍昭恵 の『アリバイ証明』 をする為に行われた物です。

佐川は、この前の国会証言と同じく、核心に触れる項目については、知らぬ存ぜぬの繰り返し、答えなければ成らない事は “「刑事訴追」の恐れが有るのでコメントは差し控えさせて頂く”等と、これまた人を馬鹿にした回答の繰り返し。
野党の質問の仕方についても、非常に中途半端な質問の仕方で、余りにも芸が無さ過ぎます。誠実で厳正な我々国民の目から見ると、野党もほぼ同じ穴のムジナでは無いかとさえ思えて来るのが情けない。

私ならば、先に佐川が行った国会答弁で言った決裁文書の存在が無いとか、処理したとか、等と言う、「トボケ」「隠蔽」の回答が、本当は文書は存在したし、処理されても居なかった、と言う事実が判り、 更にその文書がこの件を決裁された当時の物と、野党から要求されて提出したものが、内容文が異なり、安倍と昭恵夫人に都合の悪い所が改竄された物が提出されて居た、と言う事が判ったのだから、 この点を一つづつ何故改竄したのか? 項目ごとに追及して行くべきだと思うのですが、野党議員の遣り方は全く遣る気が見えません。

『知らぬ、存ぜぬ』 を容認しているのです。 此れでは何の為の『証人喚問』か全く意味は無い。

私はこの問題の最初から、明確な解明は為されないだろう、と推察して居ましたが、私の杞憂はドンドン現実の物と成りつつあります。今の政府も官僚も、国民の為に行政を行うのでは無く、大企業と、金持ちと、自分たち政治屋と役人達の為に行政を行って居ますので、国民はまるで「ごま油」を絞る「胡麻」の様なものです。

特に圧力団体を持たない庶民階級は、食い物にされるだけで、「主権在民」も「基本的人権」も全くなおざりにされた侭です。

我々庶民の斯う言う扱われ方を、解って居る日本人は何%居るでしょうか? 明治以後の歴史を通して、日本人を見て来て、此の頃確信を持てた事は、日本人は自分たちの 「暮らしその物」 である「政治」に対して、無関心、無批判、無気力、の三無主義である、と言う特性を持って居ると言う事です。

ですから、私などの様に、@住む所が有り、A何とか餓死を心配する事無く、B病気でも医療サービスを受ける事が出来、C偶に映画も見る事が出来る。庶民は、 自分以外のもっと苦しい暮らしを強いられている人達に対して、思いを馳せる事が殆どありません。

『日本は、天下泰平!すべて世は事も無し!』 なのです。

別に無理矢理危機感を煽るのではありませんが、日本は今、とんでもない危険な岐路に立たされているのです。
「そんな事言われなくとも判って居るよ!」ですか!大変失礼しました。
メンテ
Re: 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」 極東の国際政治の変化 ( No.7 )
日時: 2018/03/29 09:20
名前: 日本貧民党 ID:50slKd3g

此の頃一気に変貌して来た、北朝鮮をめぐる国際情勢は、「意用うれば、成らざるは無し」と言う言葉を如実に表したものとして、私の冷えた胸中を大いに揺り動かした流れです。
要するに、本気に成って取り組めば、同じ人間同士が動かす国際政治も決して凍結したままで在り続けるものでは無いと言う事です。

韓国の、ムンジエン大統領は、もともと少し左傾した考えの持主でしたから、北朝鮮との関係を改善するのは自分の仕事だと思ったし、本気で北との関係改善に動き、
北も中国が本気で北に腹を立てだしたのはマズイと思い、
其の前に、トランプが愈々武力行使に動くかも知れないと感じて居て、

自国の体制維持の為に妥当な布石をしなければ成らないと、切実に思い始めたのです。

そして、“ピョンチャン冬季オリンピック”を契機として、孤立主義を脱して通常の国際関係に移行するアクションを始めたのです。
南北首脳会談は兎も角、 米・朝首脳会談は如何言う結果を生むか全く予測不能だから、会談の決裂も有り得る。 そうなると、トランプは容赦なく北を武力攻撃するだろう。 その時は将に北朝鮮の破滅は必至であろう。

そう成らない為に、此処は一つ中国の力を以って、アメリカに攻撃を思い留まらせるアクションを起こして貰いたい !  と言う考えで、今まで散々楯突いて来た中国と関係修復をし、後ろ盾に成って貰う為の約束を取り付ける必要が有る、と計算して急遽中国へ赴いたのでしょう。
何と、その餌が陳腐な「朝鮮半島の非核化」 と言う使い古された謳い文句です。

思うに、此のジョンウンと言う男、日本の安倍と言う首相より、数倍頭の良い、自立した頭脳、の持ち主の様だ。 勿論、北の古参の取り巻きが色々知恵を付けているのであろうが、自立した考えの元に国際政治の海を渡って行っている様子である。 流石に大陸の国の人間だけ有って、言動がシタタカで小狡い。我が国の安倍の様に、「オトモダチ優遇政治」しか遣れない無能で幼稚な思考パターンしか持って居ない 『政治屋』 とは大違い ! 若造ながら、ジョンウン君なかなか遣るじゃないか ! である。

で、日本は目下この極東政治のサークルからは “完全に蚊帳の外” で、 安倍政権から出て来る言葉は、「慎重に注視して行く」と言う無能を証明する言葉である。

斯う言う政権を戴いて居る日本の国・国民は、何時に成ったら政治に目覚めるのだろうか?
メンテ
Re: 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」 ( No.9 )
日時: 2018/03/30 00:16
名前: 日本貧民党 ID:FWErUUX6

フ、フ、フ、やっぱり例によって、“お邪魔虫投稿”が這入りましたねェ。ご苦労様な事です。
メンテ
Re: 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」 好機捕捉が出来ないのか!? ( No.10 )
日時: 2018/04/01 17:53
名前: 日本貧民党 ID:LPhr/JG2

此の所、勢いを増している北朝鮮の「軟化・融和キャンペーン」であるが、この動きにチャンスを作ったのは、先達ての「ピョンチャン冬季オリンピック」に参加した事をきっかけに南北の急接近を実現した事である。

北朝鮮は、驚くべきスピードで世界の各方面の国や要人と会談を重ねているが、先日は、IOCのバッハ会長とも会談し、今後世界のスポーツイベントに積極的に参加する意向を示し、直近の「東京オリンピック」にも参加の意欲を見せたそうである。

勿論、新聞は淡々とこの記事を載せていたが、“「東京オリンピック」への参加の意慾”を示した事を安倍政権は如何捉えようとするのか? その対応ぶりが今の所全く解らない。

安倍は、北朝鮮の急速な動きに付いて「報道で知った」等と言ったが、安倍政権の貧弱で無能な外交能力の状態は実に寒気を催す物である。他の国は、あの“トランプのアメリカ”でさえも強硬姿勢の“裏や水面下”で、政権の内外の人間が、非公式な接触を続け、相手の考えや動きを探る努力を怠らないのに、安倍政権は、あの知恵遅れの河野外務大臣は勿論、官邸の然るべきセクションが、全くその活動をして居ない。斯う言う実情は、明治時代の日本の外交活動より数段劣って居ると言わざるを得ない。安倍の外交無能には戦慄さえ覚える。

日本には、朝鮮総連と言う北の政府代表部のような組織が存在するし、ジョンウンの真近まで行き来出来る調理人や、それ程有能ではないがアントニオ・猪木の様な、朝鮮フリークの奴も居る。斯う言う連中を上手く用いて、非公式の情報交換を続けて居れば、ジョンウンとは行かぬまでも、北の政権のある程度の深層部の考えも把握できるのに、安倍は、トランプ・アメリカ一辺倒のポチに徹して、外交の要諦である「全方位外交」の実行など求むべくも無い。

安倍は、「オトモダチ優遇政治」は出来ても、適材適所の人材を活用する外交などは全く出来ない。そして更にお寒いのは、こんな安倍政権の無能を補佐・修正する、自民党内の幹部が誰も居ない事である。

其れはそうだろう! 無能安倍の傍に坐っているのが、これまたバカの見本の様な、「麻生副首相兼財務相」なのだから、「モリ・カケ疑獄」は起こるべくして起きたものである。

絶対断言できる事は、佐川の幇間が如何に嘘を吐こうとも、如何に証言拒否をしようとも、安倍夫婦は「森友事件」に深く関わって居る事は明々白々である。

安倍の様に嘘吐きで恥知らずで無ければ、政治家を出来ないのであれば、“日本は絶対に民主的で住み良い国”には成らないばかりか、将来、米・中・露、いずれかの保護領と成るのは必至である。
メンテ
Re: 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」 ( No.11 )
日時: 2018/04/02 01:02
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BtZKczdE

日本貧民党 さんの経歴を聞きますと、戦前の教育も受けられたとのこと。
おそらく小学校かと思いますが、それでも私が想像していた以上に御高齢とと思います。

丁度、今は出てこられなくなってしまった満天下さんが、自らの疎開の経験を良く話しておられました。
私は昭和20年7月生まれなので、戦前の社会の有り様の記憶はありません。

それでも結構、硬派な考えをしていますが、理屈に頼りがちと思われている私は、実は理屈ではなく実体験を重要視しています。
私にが外国の知識はテレビ等で見るくらいで、実際に外国人の考え方、性癖は解りません。

この掲示板では、それでも満天下さんとか、手塚青山さん、それにイントィッションさん、過去には上海で事業をしておられるジョンさん、それに名前は忘れ成したがアメリカ在住の女性のかた、糾弾管理人も忘れてはいけません。
これらの方から、外国での日常の生活、考え方を教えていただきました。

外国の様子もですが、日本貧民党さんがおっしゃっている戦前の日本の社会の事も興味深く拝見しています。
語り部の様ですが、そういうものを引き継ぐと言うことも大切な事と思います。

どうか、まだまだ、その体験を披露してください。
直接に政治的な話題でなくても、知りたいものです。

私の地域では、もうすぐに春祭りがあります。
時代と共に皆の参加意識が薄れてきています。
戦前は、村祭りとは、どの様なものであったのでしょうね。

メンテ
Re: 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」 “ニッポン隠蔽列島” ( No.12 )
日時: 2018/04/09 08:21
名前: 日本貧民党 ID:X0Gi/WmQ

森友事件では、安倍晋三・昭恵夫婦のセコイ「オトモダチ優遇」の政治私物化を <擁護> <隠蔽>し、解決に至らぬ内に、今度は、大よその見当はついて居たが、「防衛省」の日報隠蔽が露見!と言う、無様で杜撰、且つ、これも政権に対する忖度とも取れる、《不存在》と主張してきた「日報」が実は《存在》していたと言う、恥ずかしい事実が自衛隊内の複数の部署から発見された。

現在の「軍」とも言える、「自衛隊」と言う組織は、敗戦前と異なり、数段近代化された「思考パターン」による指揮・命令系統の下に運用されているのかと思いきや、その実、戦前となんら異なる事の無い、前近代的な「無責任」「杜撰」「政治に対する忖度」等の意識でその上層部は満たされて居る事が明白に成った。

昨年、調査を命じられて行った作業の結果、『不存在』として報告された物が、今に成って複数の部署から「発見された!」と言う報告が上がって来たのは、一体如何言う事なのか理解に苦しむ。 
と同時に、何かと言い訳のコメントを付けて公表する幕僚長を始め、自衛隊上層部の連中の厚顔無恥な態度には、呆れてモノが言えないほどだ。

此れでは戦前の「大本営参謀本部」の“虚偽戦果発表”と何ら異なる事が無く、国民や政府を騙す体質は、少しも進歩・改善して居ないのです。

あの頃、日中戦争で「勝った! 勝った!」と喧伝して居たのは、実は蒋介石のある種の「焦土作戦」で、日本軍を奥地、奥地へと誘い込み、「兵站線を伸ばす事による疲弊」させる事が目的であったし、太平洋戦争に至っては、本当に戦果が上がったのは緒戦の頃のみで、其れから後は「敗北」に次ぐ「敗北」の連続。
アメリカの物量と兵器性能向上、周到な戦術・戦略の下に、アッと言う間に日本は劣勢に立たされ、結果、日本は見るも無残な「敗北」を喫したのです。

此れは全て、日本の「大本営参謀本部」の“願望”による作戦立案と、その遂行強要で、無能で頑迷な「戦争遂行行為」であった事に他ならず、日本軍部の虚言・隠蔽体質は、日本史に消す事の出来ない汚点を残したのです。

斯う言う歴史を分析してか、又はせずにてか、現代の自衛隊もまことに杜撰で無責任、更に事実隠蔽まで行う戦前同様の体質を備えているとは、「これぞ日本人!」とその進化不能振りに感心さえします。

この様な状態では、もし日本が侵略された時、自衛隊がどれ程役に立つか全く思案の外だと言えるでしょう! 
メンテ
Re: 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」 何処まで続くポチの安倍 ( No.13 )
日時: 2018/04/11 06:25
名前: 日本貧民党 ID:Qw6br/EI

あの“ノータリン安倍”は、この期に及んで未だ「トランプ詣で」をすると言って居ます。何処までアホなのでしょう。

トランプの、無能・狂気振りは益々度を過ぎて来て、ジョンウンが習 近平に後ろ楯を頼みに行って、習の快諾を得たと見るや、即刻その報復に「関税引き上げ作戦」で「嫌がらせをするぞ!」等と下劣な事をガナリ立てる。全く幼稚すぎます。

トランプは、日本との貿易問題に付いても「非関税障壁」が有る等と的外れな事を言っているかと思えば、中国には「関税障壁」を前面に押し出して嫌がらせをするなんて、世界全域の国際関係を全く考えない馬鹿な行為です。

彼は本当に、西部開拓時代の“我が儘で強欲な大牧場主”その物。己の欲望を満たす為には「定見」無く、行き当たりばったりの政策ともいえない愚策を連発。アメリカの銃社会の様に、“ピストルを乱射して居る暴漢”と同じです。

そう言うトランプに、尻尾を振って付き纏って居るのは我が国の安倍ただ一人、“類を以て集まる”とはよく言ったもので、馬鹿は馬鹿としかつるみませんねぇ。安倍はその馬鹿なトランプにさえ陰で馬鹿にされて居るのを知って居るのでしょうかね?

安倍の言葉を借りて言うなら、日本の1951年の「サンフランシスコ講和」以後の、政治の「戦後レジーム」即ち「安保」と「地位協定」から抜け出さない限り、日本は独立国家では無いのですが、日本の政治家は自らは何もせず、アメリカに操られた“猿芝居政治”に身を委ね、全く自分の頭を使わず、猿回しの指図の侭に臭い芸をしているだけです。

其れを最もあからさまに国民の前にさらけ出したのが安倍晋三と言う人物ですが、国民はこの機会に日本の政治の変革が必要だと気が付くべきですが、如何も其れが無いようです。
メンテ
Re: 日本の滅亡、生き残る道は「大国の保護領」 愚劣役人天国・ニッポン ( No.14 )
日時: 2018/04/21 23:11
名前: 日本貧民党 ID:QnC6OwpA



今は「公務員」と呼びますが、昔は「役人」と呼びました。 と言っても正しくは本省の「官僚」どもの事ですが・・・、 もっと昔は「官員さん」と呼んで居ました。

その役人がこの頃“下ネタ”或いは“劣情”によるスキャンダルを起こす事が多い時代になった様です。

財務省の、福田淳一事務次官はセクハラで、新潟県知事の、米山隆一氏は買春で、“辞任”又は“辞職”の憂き目に遭いました。

福田淳一の場合は、パワハラも混在しているのでしょうけれど、「財務省」と言う役所、何か愚劣人間の巣窟の様な官庁ですね。 ま、此の役所、今はヤクザの元締めの息子の「麻生太郎」とか云う、口を歪めた如何にもヤクザっぽい奴が大臣を遣って居るのですから、省内の部下共も品性下劣なのは無理も有りません。此の親分にして此の子分有りです。
この「福田」 週刊新潮で愚行を暴かれた後も何かグズグズ言って居ましたが、、多分「官邸」筋からの指示だと思いますが、事務『次官」を辞任する事に至りました。何れにしても『次官』の辞任は『時間』の問題だと思って居ました。
度重なる政権内の不祥事で、「此の侭では次の選挙が持たない! と言う党内からの苦言も有ったのでしょう。 やっぱり自分達の身の上の事による言動です。彼らは国家・国民の事が思考の基準では無く、自分の事が思考の中心なのです。

新潟県知事の「米山隆一」は、「週刊文春」に不純な女性関係を暴露されそうな気配が判り、知事職の進退を問われ、グズグズ言って居ましたが、此れも遂に「辞職」する事にしたそうです。
仄聞する処によると、彼は複数の女性と金銭の授受を伴う交際関係が有ったそうで、平たく言うと、「金を渡して女と寝た!」と言う事で、法律で禁じられている「買春」の罪にあたる、と言う事でしょう。

彼の言い訳によると、双方が独身であったので、「問題は無いだろう」と思った、と言う事ですが、此の男東大を出て、スポーツも出来、言うなれば「文武両道に秀でた」サムライ、とも言える男なのに、金を渡さなければ女と寝る事が出来ない、何処か魅力に欠ける人間だったのでしょうか?

男も女も、異性と交際する事を「駄目だ!」と言うのではありません。 男と女が魅かれ合って交際をし、自由恋愛の上で性的交渉が生じる事を、誰も禁止する権利は有りません。

大変『狡い』考えですが、“金を渡さずに、女性と遊ぶ”のが男の甲斐性、イエ、此れは言いすぎでした。失言を陳謝します。

が、金銭に関係なく、「あなたに抱かれたい!」と思わせる魅力を備えるのが、「男の粋」ってェもんじゃ御座んせんかねェ。

斯う言う“男の魅力”も無い奴共が政治に関わっているのですから、此の頃の政府の打ち出す政策に、血も涙も感じられないのは、本当に厭な事ですし、困ったものです。

重ねて言いますが、此の頃の政府の政治家も役人も、知識は有っても教養の無い、そのくせ利己心ばかりが強い、愚劣人間の集団である事を思い知らされ、つくづく悲しくなります。
メンテ
太平の世のたらいのなかで、有象無象が騒いでいるばかり。 ( No.15 )
日時: 2018/04/23 01:48
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:QoadO/dE

明治維新は西郷、大久保、桂、坂本など多くの志士たちの活躍で成就したものでありますが、それ以前に彼らに影響を与えた、佐久間象山、山田方谷、吉田松陰、勝海舟などの啓蒙家がいなければ、彼らの活躍もなかったでしょう。

現代日本の政治の現状は、西郷など維新を決行した志士たる気概のある政治屋共がいない。
それ以前に志士を動かす啓蒙家が出ていない。

有象無象が改革、改革と騒いでいるばかり。

これじゃ!

どうにも

なりませんね!
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存