ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3079] 自衛隊について
日時: 2019/01/02 22:44
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:8idaFzV6

自衛隊と言っても、その実態を把握されている方は少ないと思います。

我が国の自衛隊員の総数は定員で24.7万人とされています。
その内訳は
陸上自衛隊 15.2万人
海上自衛隊 4.8万人
航空自衛隊 4.7万人です。

憲法で武力をもたないことになっているようですが、実態はそうではなく世界でも有数の実力を兼ねた軍事力の様です。
年間の防衛予算もアメリカの70兆円は特別ですが、中国(13兆円)サウジアラビア、イギリス、インドに続き5.5兆円で6番目です。

人員は中国、韓国には及びませんが、自衛隊の装備はアジアでは随一であり、兵力213万人の中国と戦っても陸上戦以外は圧倒的に有利と言われています。

中国空軍は1500機近い戦闘機を持っていますが、旧ソ連製が多く日本の航空自衛隊の戦闘機450機と互角に戦える性能の戦闘機は50機前後と言われています。

近年、中国は海軍に力を入れていますが、中国の海軍は歴史的に強大な時期はなく、現在でも艦船はある程度そろえていますが、イージスシステムなど近代戦闘を行うなどのソフトの分野、兵員の訓練度において海上自衛隊の敵ではないようです。

南沙諸島などでは中国軍の進出が続いているようですが日本の尖閣諸島への進出は、現在では自衛隊がいる限りできない状況の様です。

日本が中国、韓国へ攻め込むのでなければ、現在のところ自衛隊は十分に日本を守ることが出来そうです。
中国軍が何十万人攻めて来ようが海空の自衛隊が侵入を許さないからです。

もちろん中国の核攻撃に対してはアメリカ軍が背後にいなければ抑止することはできないでしょうが。

要するに日本はアジア一、世界での指折りの軍事力を持っているのです。

憲法9条の改正について、論議を呼んでいるところですが、憲法はともかく実際はこのような軍事力をすでに持っています。

憲法の文面通り日本は軍事力を持ってはならないと言う人は現在の自衛隊も認めるべきではないし解散させればよいと思います。
軍事費を増大してより強力な軍隊が必要とは言いませんが、少なくとも現状を良しとするならば、憲法を改正して正しいシビリアンコントロールの法則を確立すべきと思います。

これだけの軍事力を持ちながら実際の運用は全て一部の人間の解釈次第なのです。
この方がよほど危険ではありませんか。

また、軍事に興味がない方も、他国から見れば、日本は、実際には強力な軍事力で守られた国と映っているのです。
平和ボケしていないで、安全保障という概念を皆が持つことが必要でしょう。
現在でよいのか、悪いのか(自衛隊を認めるか否か)はっきりさせることではありませんか。

認めるならば憲法9条は改正すべきでしょう。
改正することが専守防衛の理念を放棄することではないのです。
武器輸出禁止も良いでしょう。
憲法第9条の改正と、これらの問題は別のことです。

自国を守るためには適正な軍事力を保持すると、何故言えないのでしょう。
何処の国でも国を守るための軍事力を持つことは憲法で定められたこと。

また近代戦の主力はミサイル攻撃です。
日本の場合、ミサイル迎撃システムもかなりは整備されているようですが、実戦があるとすれば、東京、大阪の防衛はできても、後pはまだまだの様です。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 自衛隊について ( No.1 )
日時: 2019/01/02 22:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:8idaFzV6

>陸上自衛隊

昔と異なり現在では、ほとんどが機動部隊として動けるように機械化されています。
戦車、装甲車、兵員輸送車など国産の車両の性能は素晴らしい様です。
最新の10式戦車の性能は世界でもトップクラスと言われていますが、実際に国内で陸上自衛隊が戦闘することはないでしょう。
ミサイル攻撃などで、それまでに大勢は決しているのです。
陸上自衛隊と言っても実際の戦闘は、ミサイル迎撃が主な任務となるでしょうね。
隊員には悪いが、後は災害出動くらいのものでしょう。

>海上自衛隊。

海上自衛隊の艦船の総数は4.5万トンと言われアメリカに次ぐ規模の様です。
最も、アメリカ海軍は、その他の国の全てを合わせても、その2倍はある規模です。

日本の場合最新のイージス艦を6隻持っています。
昔の戦艦とは異なり排水量は小さいですが近代海戦では主力の戦艦となります。

イージス艦は,同時・異方向・多数機による敵航空機の攻撃に対処するため,全周広域の対空監視機能,多数目標の同時解析攻撃諸元取得機能,ならびに対空ミサイルの高速度発射機能を備えるとともに,艦隊全般の防空作戦を指揮・管制する防空中枢艦機能を持つ。このため,大型高性能のフェーズドアレイレーダ,大容量,高速処理可能なコンピュータおよび垂直ミサイル発射装置から発射される長距離対空ミサイルから構成される。
日本では、特にイージス艦のミサイル迎撃機能が重要視されている。

(イージス艦の保有数)

@アメリカ
タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦(22隻就役中)
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦(62隻就役中、6隻発注済み)
ズムウォルト級ミサイル駆逐艦(1隻建造中、2隻計画中)

A日本
こんごう型ミサイル護衛艦(4隻就役中)
あたご型ミサイル護衛艦(2隻就役中、2隻計画中)

B韓国
世宗大王級駆逐艦(3隻就役中、3隻計画中)

Cスペイン
アルバロ・デ・バサン級フリゲート(5隻就役中)

Dノルウェー
フリチョフ・ナンセン級フリゲート(5隻就役中)

Eオーストラリア
ホバート級駆逐艦(1隻建造中、2隻計画中)

ヨーロッパのNOTO諸国は想定戦争が陸上戦の為に本格的なイージス艦を装備していないようです。

そのほかに最近はへり空母ですが2万トン級の空母を2隻作っています。
現在はへり空母ですが航空機の発着も可能な様に改造できるそうです。
将来は空母5隻体制とするらしいですが、空母を持っている国は極少ない様です。

また海上自衛隊は22隻の潜水艦を持っていて、その能力はアメリカに次ぐもので、中国などでは足元にも及ばないそうです。
特に対潜水艦戦闘能力は優れているようです。


>航空自衛隊

主力戦闘機はアメリカ製のF-16.
次期戦闘機として同じくアメリカの新鋭機E-35の導入が始まっているが、この機は1機100億円を超す代物で、当面は30機前後の導入が予定されている。
E-35(アメリカではこの上を行く戦闘機が開発されているが、それは輸出されていない)の保有数でも日本はアメリカに次いで2番目となる。

戦闘機とは別にP-3Cという高性能の哨戒機を100機近く持っていて絶えず日本近海の海域、空域を見張っている。

また国産の戦闘機の開発も手掛けているようです。
航空自衛隊のパイロットの能力も訓練時間が長く高度な技術を持った人間が多いとされている。

また近代の航空戦は機体の性能だけではなく、地上や海上、または哨戒機の情報(レーダー)と連動することが重要で、そのシステムも兼ね備えた戦闘機が必要となっている。

スクランブル発進の回数は年間100〜200回。
冷戦時代や最近の中国機の接近が続いた折には1000回近いスクランブルを発進したようだ。

この様に、海上自衛隊と連携して、日本国全体の海、空の守りは、それこそ世界に冠たるものと言えるでしょう。

最近の話題として、能登半島沖の日本海で警戒飛行していた自衛隊機に韓国艦艇がレーダーを照射したことが問題となっている。

(自衛隊の実力 動画)

https://search.yahoo.co.jp/video/search?rkf=2&ei=UTF-8&dd=1&p=%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E5%AE%9F%E5%8A%9B


この様な事を書いていると右翼と言われるでしょう。
確かに私は人間として右翼なのでしょう。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存