ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3094] アフガン紛争  米軍の撤退!
日時: 2019/01/25 22:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:TUMHgJlY

>アフガン米軍、完全撤退の方針 タリバーンと大筋合意

 政府と反政府勢力タリバーンの戦闘が続くアフガニスタンをめぐり、トランプ米政権は23日、約1万4千人にのぼる駐留米軍の完全撤退方針をタリバーン側に伝えた。トランプ政権との協議に参加しているタリバーン幹部が朝日新聞に明らかにした。ただし、治安維持を米軍に頼るアフガン政府は協議に参加しておらず、実現するかは不透明だ。撤退が実現すれば、混乱が深まるおそれもある。(朝日新聞デジタル)



アフガニスタン

10万年前から人間が住みついていた。
紀元前4000〜2000年頃になると周辺のメソポタミア文明、インダス文明の影響を受けるようになっていた。
現在は、面積は日本の倍ほどあり人口も3000万人と言うこの地域は常に周辺諸国の影響を受けながら存在してきた。
紀元前6世紀にはペルシャ帝国に編入され、紀元前3世紀にはギリシャに侵入され、紀元8世紀ころにイスラム帝国アッパース朝(地中海からインド周辺に及ぶ大帝国)に編入されるまでは、常に周辺の部族の侵略を受け続けてきた。

その後も
モンゴル帝国、ティムール朝、サファヴィー朝、オスマン帝国のの侵略を受け、1700年になってようやくアフガン王家が登場する。
そのご1800年の終わりにはイギリスの保護領となった様に、アフガンと言っても彼らが国家として国を認識していた時期は殆どない。
第二次世界大戦後、イギリスが統治から身を引くと共にパキスタンなど隣国が自国に編入しようと試みた。
旧ソ連も軍隊を送り込んで当時、王制を排除し共和制になっていたアフガンは非常に不安定なものであった。
ソ連軍に激しく敵対した勢力も、やがて分裂を起こし、その有力な勢力がタリバンとなった。

そのタリバンはイスラム原理主義に基づき、1990年頃にアフガンを統一し新たな国家を名乗る事になった。
この時期、ビンラディンの一派がアフガンに潜入しタリバンともつながっていた。
おりしもビンラディンが指導するアルカイーダは世界中でテロを起こし、ついにはアメリカで9.11テロと言われる事件を起こした。
アメリカは、報復の為に、タリバンが作った国家の壊滅をめざし、反タリバン勢力と結びアフガン侵攻をした。

これがアフガン戦争である。
タリバン政権は駆逐したが、その後も16年の間、タリバンの抵抗が続きアメリカ軍はアフガニスタンから撤退出来ない状況である。
そのアメリカのトランプが最近、タリバンと接触しアメリカ軍の撤退を決める様である。
これでは、また元の黙阿弥でタリバンが巻き返し現在の政府を引っくり返すであろう。
アメリカとしては、アフガン駐留に10兆円近い金を使い、9.11事件の報復も費用対効果から言ってここらで切り上げたいのであろうが、結局は地元アフガニスタンの国民はどのようになるのか。

アフガニスタンの国民にとって、この16年は何であったのか。
アメリカと言う国は、このような事を平気で行う。
イラクでもシリアでも同じことをしている。

結局はアメリカの正義は自分たちの都合の良い正義であり、戦争屋を喜ばしているだけである。
アフガニスタンの国民も、歴史上安定した政権があった例はなく、これも歴史の一連として諦めるかも知れないが、気の毒な事である。
もともとアメリカがやった事は、無理筋であり、そうかと言ってアフガンにとって何が好ましかったかも解らない。
我々も解らない。
難しい問題が世界にはある。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

アメリカと戦争  管理人さんのブログより ( No.1 )
日時: 2019/01/25 22:26
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:TUMHgJlY

正確な数字はわかりませんが、戦後、アメリカが関与した数多くの戦争で、殺戮した人数の合計は1000万人以上で、その内の九割が民間人だと言います。 この50数年間での、朝鮮戦争、パナマ侵略、ベトナム戦争、ドミニカ共和国侵攻、カンボジア侵攻、ラオス侵攻、グレナダ侵攻、レバノン空爆、リビア空爆、ニカラグア侵攻、パナマ侵攻、イラク湾岸戦争、ソマリア侵攻、ハイチ侵攻、スーダン空爆、アフガニスタン空爆、侵攻、コソボ侵攻、リベリア侵攻、イラク侵攻、ハイチ侵攻とアメリカの関与した戦争は枚挙のいとまがありません。

これらの戦争はアメリカ国民の支持を得て行われたもので、殺戮の責任はアメリカ国民にあります。 アメリカ人は自分たちと同じような価値観を持つもつものには寛容で、そうでないものには残酷です。 価値観が違う、宗教が違う、肌の色が違う、英語を話さない、親米的でないと言う、ごく単純な要因で、殺してもよいと言う結論になるのでしょうか。

ブッシュ-パパの湾岸戦争では、アメリカ兵の死者はオペレーションミスでの事故死を除くとほぼゼロで、対するイラク人の死者数は15万人と言われている。 上空からの爆撃のため、多くの民間人も巻き添えにした。 これでも正義の戦いと言う。

湾岸戦争で日本はサウジアラビア 163億ドル、クエート 160億ドルに次ぐ資金援助をし、湾岸戦争「最終報告書」によると100億ドルと言うことになぅているが、実際には135億ドル(1兆7千億円)払わされた。 この時集めた資金の合計は 539億5千万ドルで、この資料では戦争費用総額約 610億ドルと言うことになっているが、実際は半額しか使わなかったという。

戦費総額が半額と言う事をドイツのゲンシャー外相は発見し、ホワイトハウスと国務省に対して数字の説明を求めて、追加支払いを拒否した経緯がある。 これはアメリカの主要紙すべてが伝えたが、「日本の新聞は、全く触れなかった」。 当然、ご主人様である政府の強い意向が働いたものだ。

パレスチナ紛争、中東戦争と言われているイスラエルとはどんな国でしょう。 第1次世界大戦後イギリスが勝手に委任統治していたパレスチナの地に第二次世界大戦後ドイツやヨーロッパ各地にいたユダヤ人を集め、捨てた場所です。

ユダヤ人はイギリス、アメリカの援助のもと、強大な軍事力を持ち、1948年には早くも国家として独立を宣言しました。 その年、第一次中東戦争が勃発し、アラブ連合は敗北しました。

第三次中東戦争ではヨルダンからヨルダン川西岸といわれている土地を取り上げ、領土を拡大し、一時はエジプトもシナイ半島全域を占領されるほどでしたが、後にシナイ半島は返還されます。

核ミサイルも持つ強大な軍事力は全てアメリカから無償で供与されているものです。 アメリカはユダヤ人に完全に支配された国で、イスラエルによる無差別殺戮を容認している唯一の国なのです。

このような背景が9.11のテロのもとであり、イスラエルにミサイル攻撃をしたイラクに対する報復のため、勝手な言いがかりをつけて侵略した最大の理由なのです。

おしまい

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存