ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3104] 南北問題
日時: 2019/02/12 16:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:UZdLipJc

トランプがメキシコ国境に壁を作ると宣言し、その実現を巡って逡巡している。
遠い日本から見れば、その必要性も意義もあまりわからない。

調べてみると、アメリカーメキシコ国境線は3100qあり、日本で言えば北海道の北端から九州の南端を経て、さらに名古屋近辺まで折り返し距離。

この国境線を超えて不法移民するメキシコ、中南米の人は年間100万人と言う。
毎日3万人が押し寄せてくる。
そりゃ、アメリカとしてもたまったものではないだろう。

現在国境線の警備に当たっている人員は3000人くらいと言う。
一時は6000人態勢を取っていたそうであるが、6000人でも1qあたり2人で24時間警備が出来るはずもない。
国境を超えると言っても、超えやすい個所は警備も厳しく、結局は裁くとか、リオグランデ川を強引に超えることになり、事故や凍死する人間も年間数百人と言われている。

こうまでして移住する理由は貧富の差で、アメリカの豊かさを求めて入国してくるそうだ。
映像などで見ていると、そうした人たちの多くは、アメリカでそんなに幸せに暮らしているとは思えないが。

同じようなことがヨーロッパでも起きている。
発端は、シリアなど国内政情の不安定もあるが、貧しさを脱するためにヨーロッパへ移住することを望む人間が増えている。

これもグローバル化の一貫として受け入れられるべきであろうが、社会は、そんなにスンナリとは受け入れないであろう。
国内の格差の問題も厳しいが、世界的にみて国ごとの格差の問題も問題になってくる。





メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

南北戦争 ( No.1 )
日時: 2019/09/08 16:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MXiCL7nA

「戦争論」のスレッドでも書いているが、

戦争→武力で物事を解決する。

とは、有史以来、人間社会のトラブル解決方として続いてきた。
最初のそれは単なる部族間の略奪戦争であり
その後、国家の認識が確立されると、国家として他国を攻め取ること(植民地)が国民の名の下に行われてた。
植民地が少なくなると、国家同士の覇権争いが起こった。
それが第一次、二次大戦であった。
共産主義が台頭するとともに、戦争はイデオロギー戦争となった。

それも終焉した現在、人間社会は、どの様な戦争を求めるか。

それは南北戦争である。
南北戦争と言ってもアメリカのことではない。

南の豊かな種族と、北の貧しい種族とが対決することである。
グローバル化が進み、貧富の差が益々進み、固定化する。

貧しい人々が、本当に絶望の縁に立ったとき、その絶望、怒りを、目の前にいる豊かな種族へ向けるのは自然のこと。
目の前に、そういう豊かな世界があることが許せない。

南北戦争とは、こうして世界のアチコチで起こり始める。
イスラムテロもタリバンの活動も、世界中で起きている無差別殺人事件も、すでにこれら、南北戦争の走りである。
メンテ
Re: 南北問題 ( No.2 )
日時: 2020/07/22 18:01
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:.yOXAdA2

世界では所得格差に大きな開きが出ており、それを示したデータとして、世界の最富裕層の10%が全世界の所得の40%近くを占有していることが報告されています。

2014年に発表されたOECDの調査によると、加盟34か国のうちの多くで所得格差が過去30年で最大となっており、人口における最富裕層10%が最貧層10%の約9.6倍の所得を得ています。
1980年代には約7倍だったことから、世界的に所得の格差が開いていることになります。

十分な資産を持つ富裕層がいる一方で、1日に2米ドル以下で生活する極度の貧困状態で生活している人もいるという現状にあり、経済格差は改善するべき深刻な問題です。

所得格差が特に大きい国や地域の中には中国やインドなどが挙がります。
巨大新興国としても注目される国ですが、2000年代にかけて大きく所得格差が拡大した国でもあります。

中国では沿岸を中心とした都市部と農村部で所得格差が開くこととなり、産業構造や中央と地方政府間の財政関係などが問題だと考えられています。

一方でインドではIT部門を担う労働者には質の高い労働と所得が得られる一方で、識字率などの点で大きな差が開くことなり、このような職につけない人は所得が低くなる傾向にあるため、その格差は拡大の一途をたどっています。

それだけではなく、政府による規制緩和政策やグローバル化による富裕層への利益拡大の恩恵は大きいものとなりましたが、貧困層にはほとんど恩恵が受けられない政策となってしまったのです。

これは急速に発展した国内の経済に対して、貧困層に対しての十分な支援政策がなかったことや経済改革以前からある大きな不平等によって恩恵を受ける人が限られたごく一部の人だけだったことなどが原因となっています。

途上国でもそのような所得格差は顕著であり、各国内での格差は大きくなっています。
これも都市部と地方でのインフラの整備や教育環境、あるいは生活を取り巻く環境に大きな差ができてしまっていることが原因と考えられています。

世界における所得格差を縮めるためにはどのような対策を講じるべきなのでしょうか。

まず挙げられるのは金融市場や金融機関の規制と監視の改善です。

SDGsのターゲットの中には「世界金融市場と金融機関に対する規制とモニタリングを改善し、こうした規制の実施を強化する。」ことが掲げられています。

これはリーマンショック以降世界的に進められてきた金融機関に対する規制づくりが元となっており、これによって世界経済は安定することとなりました。
しかしその一方では金融市場の流動性の低下、成長の阻害にもなりかねない状況です。
またこれにより企業や個人が資金調達をする上で不利益を被っていないか調査をする必要さえ出てきています。

これらが現在の所得格差を生んでいる可能性も多分にあるため、安定化し始めた今こそ、国際協調を保ちながら規制と監視について改善していく必要があります。

開発援助や外国直接投資の促進
次に挙げられる対策は、格差是正の必要がある地域への開発援助や外国直接投資の促進です。

後発開発途上国やアフリカ諸国、領土が狭く低地の島国である小島嶼(しょうとうしょ)開発途上国、内陸開発途上国などニーズが大きい国々があります。
それらを対象に各国の計画やプログラムに従って政府開発援助や外国直接投資を含む資金フローが必要となってきます。

所得格差を是正するためには国家間だけでなく国内の整備も重要です。そうなるとインフラの整備や人材育成、技術供与が必要となってきますが、それらを一国で賄うことは非常に難しい状況です。
そのため先進国が積極的に開発援助や直接投資を行うことで、状況の整備を行い、国内経済の成長を促して、所得向上を図ることで結果として世界全体の所得格差の縮小にも繋がります。

安全な移住の促進
さらに安全な移住を促進することも必要となってきます。先ほども出てきたように出稼ぎや世界で問題になっている移民などに対する政策が十分な国はそれほど多くはありません。

このような形でやって来た人々に安全な移住を提供できる環境を構築しなければ、満足な労働ができず、収入を得られないことで所得格差が生まれてしまいます。

世界の所得格差を縮小させるためには、移住や移民として訪れた人々に対して管理された移民政策を行い、秩序が取れ安全・一定的な移動やモビリティーを促進することも重要な対策とされています。

公平性のある貿易
また不公平な貿易なども所得格差を開く原因とされています。
後発開発途上国や開発途上国は先進国との貿易において適正な価格での取引が望めず、生産者が適切な収入を得られないことも少なくありません。
そうなるとどれだけ労働に従事しても格差は縮まらず、広がる一方となってしまうのです。
これに対しては世界貿易機関の協定に従い、特別な待遇の原則を実施するといった施策がとられています。非関税による輸出を増やすことで収入を増やすこともその1つです。

所得格差を改善するためには、まずその現状を知ることが大切です。実際に先ほど挙げたような中国やインド、途上国などではその格差が大きく開いています。
特に途上国では先述した不公平な貿易などにより、今も貧しい生活を余儀なくされている人々がいます。

私たちができることの一つとして、このような人々に直接手を差し伸べられるフェアトレードへの参加などが挙がります。

フェアトレードは、例えばコーヒー豆などを代理店を通して購入するのではなく、生産者から直接購入することで、適切な収益を生産者が得られるというシステムです。

そうは言っても生産者の下へ直接買い付けに行くわけではありません。このようなフェアトレードを推奨する非営利団体などがホームページを立ち上げ、そこで適正な価格を提示し、通信販売を行っています。

こうする事で生産者から直接商品を購入することでき、彼らも収入を得ることができます。
また所得格差については海外だけに目を向けるだけでなく、国内にも注目しなければいけません。

中国やインドほどではありませんが、日本でも所得格差というものは存在しており、それらを改善することが、世界に見る所得格差の是正にも繋がります。
日本でも働き方改革や所得再分配を中心とした取り組みは行われており、それによって所得格差を縮小するためには私たちができることも積極的に行っていかなければ、改善は見込めません。

世界、そして国内の所得格差を知り、私たちができることを考えて、それらに取り組んでいくことが所得格差、そして不公平をなくしていくための第一歩となるのではないでしょうか。

(引用終わり)

格差の問題について、分析され、解消の為にどのようにすれば良いかなど提案されているようですが、
その様なものは、先進国からみた処方箋。

実際は、そんなもので直りはしない。
なぜならば、

先進国は建前上、処方箋は出しても、格差の要因、経済のグローバル化をコントロールすることは考えていない。
処方箋が効く前に、新たな格差要因が押し寄せ、格差はさらに広がるばかり。

開発途上国の生産力が向上するよりも、先進国の生産性は、さらに上手に行く。
この様になれば、開発途上国は、もはや先進諸国と縁を切って、鎖国状態として自立の道を歩むよりない。
今のままでは、国内に自身の力で世界と対抗できるシステムを作ることはできない。

資本など、何らかの形で先進国の実質奴隷となる他はないのである。
新しい植民地の形となるのである。

これが進めば、そのうちに独立運動が始まるであろう。
そうです

南北戦争の萌芽です。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存