ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[314] 宗教とは何か
日時: 2009/10/30 11:44
名前: 天橋立の愚痴人間

「アメリカ研究<ピューリタニズム」スレッドでの返信ですが、宗教論として別のスレッドの方がよいと思いましたので立上げました。


「宗教とは何か」と言う問いに下記のような説明がある。

世界には日常の経験によっては証明不可能な秩序が存在し、人間は神あるいは法則とい
う象徴を媒介としてこれを理解し、その秩序を根拠として人間の生活の目標とそれを取り巻
く状況の意味と価値が普遍的、永続的に説明できるという信念の体系をいう。この信念は、
生き生きした実在感をもって体験として受け取られ、合理的には解決できない問題から生
じる知的、情的な緊張を解消し、人間に生きがい、幸福を与える役割を果たすものとして期
待されている。また、信念を同じくする人々が、教会、教団とよばれる共同体を形成する。


ただし、これは宗教の外見上(教団の存在)の概念については理解できるが、宗教そのものについての説明には乏しい。
概略すぎて申し訳けないが、歴史的に宗教のことを追ってみよう。

(呪術の段階)

宗教は最初、アニミズムやシャーマニズムと言う形で、生産の為の自然崇拝から始った。やがてそれが一神教とか多神教の形で神という概念を創り出した。
この段階では、個人及び生計を共にする小集団がその不安に対応するために宗教活動を行うのが中心であり、そのうち指導者が長老とか呪術者という形で出てくる。

(古代宗教の段階)

その後社会が発達し、人間の生活単位が部族から民族へ、さらに国家と広がるに従い宗教のあり方(宗教によせる気持)も複雑化し大規模となり、部族神、国家神の形をとることになる。
古代エジプト王国などは、その究極の形である。
此処では王は宗教上の最高権威でもあり、宗教は個人及び生計を共にする小集団の宗教的願いを包括しながらも統治の為の要素も宗教活動の中に入ってくる。
この時代の国家は純粋な宗教国家と言える。

続く
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 宗教とは何か ( No.32 )
日時: 2013/05/26 13:44:40
名前: 天橋立の愚痴人間

「当代世間騙し装置」スレッドで、文化論(宗教論)に話しが行っています。
現代社会の矛盾に対応するに、此処までのことを問題意識しなければならなくなっているのです。
過去の投稿の中の一例を転載します。
今は出て来られなくなった、役立ちの住人さんの意見で、アングロサクソン云々をするよりも、まず、我々自身が我々自身の生き方を捉えることの必要性を説いておられます。
このスレッドを始めから見直していただければ、なを、解りやすいと思います。
ですが、今から思えば、通り一遍の理想的、思想的な局面からの把握に偏り、もう少し、どろどろとした要素に踏み込む事ができていなかったように思います。
そこのところを、皆さんで続けていただきたく思います。

(再掲)

日時: 2009/11/03 02:01
名前: 役立ちの住人


常に絶対的な理想を意識する西洋思想は、排他的な価値観と、独立志向を同時に発揮し、ヨーロッパの多様性を現代にまで引継ぎ、国家間、民族間の競争と発展を支え続けたのに対して、
多様性を許容する東洋的な価値観は、統一国家の形成維持を助け、巨大権力の前に、個々の多様性を埋没させていったのは、非常に皮肉な結果であったといえます。

世界の最先進国であった古代支那とヨーロッパ諸国の今日に至るまでの、その後の歴史は、対外的な侵略行動でも対照的な行動を見せます。
中国政府の興味は、民衆の支配にのみ注がれ、アメリカ大陸を最初に発見した、中国の調査団は、学術資料としての価値以外に利用されなかったのに対し、
その後遅れてアメリカ大陸を発見した、ヨーロッパは、侵略に乗り出します。

中国を凌ぐ世界最大の国家を侵略によって達成したイギリスは、民族の多様性を包括できず、多くの独立国家を生み出すことになります。

多様性と排他性、相対する二つの価値観は、状況に応じて、全く逆の効果を発揮します。

日本の政治において、現状を理解し、国のあり方を考える上では、どうでしょうか?
単に排他性、寛容性が、言葉道理の効果を生むわけではありません。

さらにそれらを生み出す、根本的な価値、目標を明確に意識しない限り、私たちは、意思に反し、これらに操られてしまうことになるのです。

(終わり)
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.33 )
日時: 2013/05/28 14:59:42
名前: 北川景子

宗教とは

宗教とは
一人で安定な心を保つ事ができない人々に対して
心のフォローをされる大切な心

じゃないでしょうか?
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.34 )
日時: 2013/06/17 00:11:56
名前: 神道・・・天橋立の愚痴人間

神道について、

私は、今年から地元の神社総代をする事になり、なじみのない神道の事に関与させられています。
私の村(氏子の対象となる人口は2000人くらいです)には大小、4つの神社があります。
其のうちの一番大きな神社の総代で他の神社も総括する立場です。

その神社の創建の謂れは、450年頃と言われているので、大和朝廷成立以前かも知れません。
今でも春の例祭(村祭り)、節分祭、初午祭、村祈祷、厄除け祈願祭など、神道にまつわる行事を続けています。

最近では氏子として参加していただける家庭は300軒くらいに減っています。
特に若い方の神社、神道に対する理解は、あまり望めなくなっています。

それで私は、村祭りなどの行事を通して、氏神信仰などを紐解き、神社は皆様の生活とともに守り継がれてきたものであり、この地域の鎮守さんとして、氏子であろうが、氏子になっていただいてない人であろうが、神社の立場からは、宗教的に遺棄するする方以外は全て氏子の対象として見守り話しかけたいと常々表明してきました。

ところが、最近、この地方の神社総代が集まる会合がありまして、100名近く集まる、其の会合(総会)に出席したところ(人口4万人くらいの地域でも神社の社は200近く在るらしい)、いきなり天照大神がおわします伊勢神宮に向かって拝礼しろと言う事です。
まあ、神様の親分として、それでも敬意を表したところですが、続いて国家斉唱を言われると、もう神社総代など投げ出してやりたい気分となりました。

日頃、氏神信仰は、我々の共生のための心の拠り所と訴えてきた私にとって、国家神道のシステムに組み入れられていることは、今後、地元の神社を見守り、神社の賑わいを勧める気持ちが萎えてしまいました。

未だに政治に結びついている神道であっては、宗教として期待できないものであります。

このようなものが、日本の国の心では決してないと思います。
「大和魂」スレッドで、日本の心のルーツを探っていますが、神道とは、こんなものであってはならないと思いますし、神道の発祥の意味も、これとは違うと思います。

葬式仏教、国家神道など、日本の心は死んでしまっているようです。

メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.35 )
日時: 2013/08/18 15:54:54
名前: 現代の宗教心・・・天橋立愚痴人間

このスレッドのNo2のレスを再掲します。

古典的宗教観は、標題とNo1のレスで言っています。

日時: 2009/10/30 11:46
名前: 天橋立の愚痴人間

(現代の状況)

科学技術の発達は人間の不安感から多くの物を取り除いた。
疾病は医学により克服し(不死の病に取り憑かれたり永遠の生を求める場合は該当しないが)、生きる為の糧は概ね自由に手に入る。
地震、台風などにもシェルターを準備し国家が守ってくれる。

人々が宗教を要するのは、自らが心理的困難に直面したときだけであり、それも自然的脅威は殆どなく、自ら引き起こす精神的齟齬に起因する場合が多い。

この場合、宗教の入る隙間は個人的カウンセラーの領域に押し込められている。
どちらかと言えば、宗教を求める発端は個人的なものであるはずなので、それでも良いとも言える。
一方で世界宗教が現出した意義には、個人、国家の枠組みを超えた人間社会の安寧を求めることが大切な要素でもあると思うが、実はこの面でも現代の宗教のあり方が変容してきている。

実質的に巨大組織となった各教団は、その存在意義の為に活動することが目的となることが多い。
タリバンに代表されるように、イスラム教では、宗教国家そのものを目指し、他の宗教も少なからず政治的分野で発言力を持つ事で自分の教団組織の伸張を図ろうとしている。

宗教そのものの理念とは違っても、昔から宗教と国家の関係は排除できないものであった。
であるが、宗教そのものが変質してきている現在、政治、国家との関係もそれに応じて見直されているのであろうか。

現代の宗教自身が社会の変化に十分に対応できているとは思えない。そうであるなら単に政治、国家との関係を構築することに精力を注ぐのは間違っている。
創価学会などのありようが、それを一番物語っている。

総括として、現代の宗教は世界宗教が興った時のように、人間、及び人間社会に救済の手を差し伸べることを目的とした、清新な慈愛の精神に欠けるところがある。
欠けるというよりも、旧来の教義では人々を導けなくなってしまっているのではないか。
これは、宗教の側が変質すべきか、宗教を逸脱した人間の方が修正すべきか、そのことは別の問題として検証しなければならない。

最後に、表題のピューリタニズムのことであるが、アメリカ建国時のピューリタニズムはまだしも、現代社会において、単純にそれを引きずっていることが正解であろうか。
キリスト教の教義としてのピューリタニズムは、宗教的には生きているとしても、国家、今や世界との関係においては、それがより政治的、経済的に利用されているとも考えられる。

(引用終わり)


現在、イスラム圏で、テロ、暴動が続発しています。
背景に、イスラム教がなければ、起きるでしょうか。
宗教と政治と言う関係から、興味のあるところです。

それと次に、もう登場されなくなって久しい、役立ちの住人さんの、世界観を紹介します。


日時: 2009/11/03 02:01
名前: 役立ちの住人


常に絶対的な理想を意識する西洋思想は、排他的な価値観と、独立志向を同時に発揮し、ヨーロッパの多様性を現代にまで引継ぎ、国家間、民族間の競争と発展を支え続けたのに対して、
多様性を許容する東洋的な価値観は、統一国家の形成維持を助け、巨大権力の前に、個々の多様性を埋没させていったのは、非常に皮肉な結果であったといえます。

世界の最先進国であった古代支那とヨーロッパ諸国の今日に至るまでの、その後の歴史は、対外的な侵略行動でも対照的な行動を見せます。
中国政府の興味は、民衆の支配にのみ注がれ、アメリカ大陸を最初に発見した、中国の調査団は、学術資料としての価値以外に利用されなかったのに対し、
その後遅れてアメリカ大陸を発見した、ヨーロッパは、侵略に乗り出します。

中国を凌ぐ世界最大の国家を侵略によって達成したイギリスは、民族の多様性を包括できず、多くの独立国家を生み出すことになります。

多様性と排他性、相対する二つの価値観は、状況に応じて、全く逆の効果を発揮します。

日本の政治において、現状を理解し、国のあり方を考える上では、どうでしょうか?
単に排他性、寛容性が、言葉道理の効果を生むわけではありません。

さらにそれらを生み出す、根本的な価値、目標を明確に意識しない限り、私たちは、意思に反し、これらに操られてしまうことになるのです。

(引用終わり)

この中で言われています、西欧と中国(東洋)の違いは、一神教と多神教世界の違いであり、今尚、イスラム教圏では、宗教的なものが蠢いていて、世界を混乱させていますが、考えようによっては、民主主義の名の下に、多様性に埋没することが、本当に良いか、否かを考えねばならないでしょう。

少なくとも、世界を支配しようとしているのは、ユダ菌などと特定の集団を挙げずとも、金融資本主義のシステムそのものが、独裁者として我々の上に被さっているのです。
これに対する組織的な抵抗はしなくてよいのでしょうか。
必要と思いながら、それが出来ないのは何故でしょう。
金融資本の論理をも、無邪気に、多様性として受け入れているのではないでしょうか。

少なくとも、イスラムはそれを受け入れてないと思います。
彼等(アラーの神)の排他の論理に基づいて。
メンテ
テスト投稿 ( No.36 )
日時: 2013/08/29 22:05
名前: 天橋立の愚痴人間

やれやれですね!
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.37 )
日時: 2013/08/30 19:09
名前: 天橋立の愚痴人間

UP
メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.38 )
日時: 2013/08/31 14:20
名前: 天橋立の愚痴人間

UP
メンテ
仏教の話 ( No.39 )
日時: 2016/02/03 16:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:UK7Ssb.I

このスレッドも久しぶりにUPします。

最近、私の家では母親の葬式を出しました。
葬儀費用は、坊主に払う金を含めて170万円かかりました。

決して贅沢なコースを選んだ訳ではありません。
都会では、200〜300万円も普通のようです。

逆に、金のためだだけでもないと思いますが、格安の葬儀もあるようです。
坊主など、アマゾンに申し込めば通夜、告別式込で7〜8万円で派遣してくれるようです。
極端な場合は、坊主なしで葬儀を行う人もいるようです。

私の場合は、坊主に70万円近く盗られました。
田舎の、しきたりのなかで値切る訳にも、選ぶ訳にも行きません。
坊主も生活があり、ある程度の金額は容認してやらねばならないこともありますが、

その坊主の言うことには、仏事を通して社会の経済効果を発揮するとほざいています。
坊主らしく仏事で法話などを言いますが、その一言で、馬鹿者と一括してやりたくなりました。

日本の仏教が葬式仏教と言われて久しいですが、このような時代だからこそ、仏教の本来の精神を流布させる努力が必要なのです。

キリスト教、イスラム教にはない自然の摂理に基づいた我が国の伝統的宗教の復活を説くことに真剣で対処すべきであります。
資本主義の行き詰まりの問題と違い、仏教は行き詰まる理由はなく、敢然と西欧主義に立ち向かうべき立場ではありませんか。

それなのに、葬儀を経済効果と考えるとは・・・怒、怒、怒




メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.40 )
日時: 2017/12/02 16:53
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pGaS8mow

別のスレッドで天皇制について問われました。

そこでレスを書きながら、このスレッドがある事を思いだし、久しぶりにUPする次第です。

現在の世界の3大宗教は、キリスト教、イスラム教、仏教です。
これらは歴史的にほとんど同時期と言えるほどの間に生まれました。

アーノルド・トインビーは、これを世界宗教と定義しています。
それまではユダヤ教はユダヤ民族を対象としていて、他の宗教も呪術的な原始宗教の様相である集団に対して存在していました。

世界宗教と言うのは、特定の民族、集団を相手ではなく人間の普遍の真理に基づいて存在出来るからです。
近年になって日本にも天理教、大本教など新興宗教が生まれましたが、世界宗教と呼ぶほどには教義も一般化されたものではない様です。
特徴として、それらは、まだ創始者に対する想いが強すぎるのでしょう。
オーム真理教などカルトと言われる宗教は特にそれが強く、社会的存在として問題視されています。

世界の3大宗教については、語る内容が多すぎて、ここでは述べませんが、新しい宗教が、それがカルトであっても未だに生まれ続けている事に何かの意味を感じるところです。

キリスト教やイスラム教には偶像はありませんが、仏教には多くの仏像があります。
それを見て、人々は宗教心までは行かなくても何かを感じます。
古代のトーテムポールにも単なる彫刻以上の意味を捉えようとします。

その心を以前の記述の中から再掲してみます。


始原的な宗教心を別の方向からも宗教心を見てみましょう。
http://pii-desu.hp.infoseek.co.jp/animism.htm
「シャーマニズム」

人間界と自然界がそれぞれ安定し,調和した関係にある限り,
それらの諸神霊は、和やかに人間生活を守護するものであるが,
自然がその暴威を顕わし,あるいは社会が混乱や不安に陥ると,
神々は荒々しく恐ろしいものとして現れてくる。

このような場合,もはや祭る人と祭られる神との安定した主-客関係は保たれず,
神霊からの一方的な怒りや崇めりが現れ,
特定の人々は神や霊に憑依され,自らの口をとおして神霊の意志を告げたりする。
このように,
人間と神・霊が直接接触あるいは同一化することを中核とする宗教活動をシャーマニズム
という。
ちなみに宗教というのは,
一部のシャーマンがスピリットとの交感を独占し
それを制度化・システム化することによって成立したものだといえます。

「アニムズム」

児童心理学では,子どもの原始的思考様式のことを意味している.
すべてのものが魂を持ち,かつその魂はさまざまな影響力をもっているという児童の思考様式のことをいう.
アニミズムは日本語で「万物有霊論」「物活論」などと表される。
そしてそれら生きている「モノ」と語り合う
(もしくは語源に忠実に「魅了する」)という考え方からシャマニズムが誕生したわけですから、
このアニミズムというものはシャマニズムに先立つ原始宗教の萌芽といえる。
そして現代に至るまでその影響力は失われていない。
日本における竜神・河童(河伯)・山神・風神・雷神・ツクモガミ(憑く物神)などの信仰これら全ては根底に流れるアニミズムを抜きにして語ることはできません。
また、古くから妖怪の類を表す「もののけ」は「物の怪」「物の気」などと書き、
それらが正にアニミズムの体現であることを我々に教えてくれる。

(まとめ)

人々が自然と共に生きていた時代に人類が共通して持っていた癒しの方法なのです。
また、多くの神話や妖精物語もシャーマニズム体験から生まれてきたものだといわれています。
近年、文明の行き詰まりとともに,
自然と共生するシャーマニズムの世界観が注目され、
その癒しの方法が欧米で盛んに応用されるようにもなってきました。
「生きる力」を喪失しつつあるヒトにとって今必要なのは,
さまざまなテクノロジーを駆使しつつもそれに依存してしまうことなく
同時に自らの内なる感覚をとぎすまし,
自然と対話する術をとりもどすことではないでしょうか。

(以上引用)

最後の文章は、結論じみてきてしまいましたが、ここでも述べられているように最初の宗教心は多分に幼児的なものから発生しています。
これに対して世界宗教(高等宗教)と呼ばれるものは大人の宗教心を対象にしています。
その大人の宗教心と言うものの特性は何であるのでしょうか。

大人と言う表現で示すものは、人間の人間たる所以であり、高度に発達した知性のなせる行動のことです。
それでは、より高度に発達した知性はより高度(?)な宗教心を必要とするのでしょうか。
「年齢を重ねるとともに宗教心が強くなる」と言う事も言われています。
人間は、より人間的に活動するほど、より自然の法則に逆らうほど、宗教心が芽生えてくるとも想定できるようです。

否、今まではそうであったと言えると思います。
ところで、現代社会は仏教が葬式宗教と言われているように宗教に無関心、不熱心な人が多くなってきています。
このことは、既成の宗教が現代社会の人間の心を掴むことが出来なくなった結果と捉えるか、宗教心そのものが必要とされなくなったものと両方が考えられます。

シャーマニズムの最後に結んでいますように、
「生きる力(目的)を喪失し(見失い)つつあるヒトにとって今必要なのは,
さまざまなテクノロジーを駆使しつつもそれに依存してしまうことなく
同時に自らの内なる感覚をとぎすまし,
自然と対話する術をとりもどすことではないでしょうか」

一般的な人の心は自立すればするほど、生きる為の生活に余裕が出来れば出来るほどに、不安も募ると思います。
また、アニミズム、シャーマニズムの時代の不安は、人間にとってより始原的な不安(大自然の脅威、飢えへの脅威)であったのに対して、現代人の不安はより自己発生的な、それ故に多様で気儘な内容を含んでいます。

人間の社会が多くの人を抱合する共生社会である限り、人々の精神的安寧を求めねば社会の平安は保てません。
それは享楽でも倫理、道徳でも補うことは出来ないでしょう。
宗教心とはそのようなものであり、またそれ故(共生と関連する)に社会の有様とも関連してきたと思います。
宗教と言われるものが確立して以来、多くの宗教団体が政治に関わり悲劇の歴史を作ってきたのも事実です。

これは本来の宗教の使命ではなかったはずです。
ですが、はやり必要な宗教心、
これからの宗教の新しい展開に期待する必要があると思います。
有り余る物資を手に入れ、人生の半分の自由時間を手に入れた人間の為の宗教が。


メンテ
Re: 宗教とは何か ( No.41 )
日時: 2017/12/02 17:29
名前: 「南の島 九州 達磨」 ID:zdXrGtXQ メールを送信する

宗教は 必要な方には 必要です


お墓 和尚様に 献金は 無駄


先祖を 大切に お参り するのは 判るが
 盆 暮れ  年に2回のお参りより
 ご先祖様には  毎日 お参りを


お墓 数百万円も 全く不要

 和尚様の お礼 毎月?毎年  数万年も皆無 不要



毎日 家でご先祖様に  礼拝が 可能です

1 有田焼きの 大きい蓋付きの 調味料入れ?
  正式の 有田焼の 骨壺 5000円から1万円
     高くても 1万円でも 売れるが

   骨壺として 高く高尚に 見せる為に
   価格は数万円の価格が 付けてあるが

   たった1万円の骨壺に 先祖 家族の遺骨入れて
     自宅の床の間に 配置で

   毎日参拝 可能です



重い 墓石を  天草から 東京  北海道 へは無駄
   安い中国からも  燃費の無駄

   小さい有田焼で たった1万円で 可能
  節約で マヨネーズのガラス瓶でも 良いのです
   火葬の 骨粉を ガラス瓶に 入れて
  床の間に  奥のです


ご先祖様に  毎日 床の間で ご供養の礼拝を どうぞ


宗教は  無くて 人間が造ったのが 宗教で
神様は  絶対に 居ませんぞ



もし神様が もし いたら

1 殺人犯人は  造りません
2 交通事故も 泥棒犯人も 神様は造りません
3 飲酒運転の 殺人犯人も 造りません
4 国民の血税泥棒の安部政権も 造りません
5 神様否定の 「南の島 九州 達磨」も 造りません


「南の島 九州 達磨」様が  居るのが

  神様がいない 架空の神様です


正しく 生きれば  それで  良いのですから


「南の島 九州 達磨」
「検事・裁判官・警察官・マスコミ・弁護士・「公務員」ヤクザ犯罪  追求委員会」




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存