ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3176] 政治と経済
日時: 2019/07/05 09:39
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:uY3N0oQw

政治と経済

大方の政治批判は、自民党政権に対して行われている。

非正規雇用の増大など経済的格差の問題。
社会福祉の削減の問題

しかしながら、これを政権の問題として自民党政権を非難したところで根本的には何も変わらない。
この問題はすべからく経済の問題であり、現在は資本主義経済の原則に伴い経済は動いている。
非正規雇用の増大も経済のグローバル化に伴う結果であり、グローバル化を認める限り格差は進行する。
然れども、経済のグローバル化で恩恵を受けるのも大衆であり、大衆の中にはグローバル化を受け入れている層も少なくない。
結局は、資本主義体制の下で大衆同士が競争を繰り広げ強者、弱者が出ているのが現状である。
これを生存競争と言い、人類発生の当初から続いているものである。



これに対して政治は、弱者救済をも使命としてきた。
封建時代は別として民主主義の名の下に近代国家は福祉制度の充実に努め、特に第二次世界大戦後に如実であった。

政治は富の再配分を名目に税を徴収し社会福祉政策に向けていた。
また、独占禁止法、大規模店舗法などを設け、弱小企業の保護にも努めてきた。
道路、鉄道、電気、水道などの基本的な社会インフラについては、企業に任せず国営、公営で運用し国民を守ってきた。

巨大化した資本主義経済の体制も人類共生の為に、それを受け入れてきた。
しかしながら、これも第二次世界大戦後、巨大化する一方の資本主義体制は、自らの増殖の為に政治の介入を善しとしなかった。
この方針を新自由主義経済体制と言い、1960年代から急速に発達することになり、政治はこれに協力する体制をとった。

新自由主義経済の論理の言い分は、全体経済が発達すれば、その分だけ税収が増え、弱者救済も出来るということであった。

一方で社会福祉制度は医療問題、老人介護などで財源の拡大も著しくなり、税収では対応出来なくなってきた。
また、グローバル化の進展によって、失業者、低収入者があふれ、これら弱者の救済も大きな問題となってきた。
強者、弱者が明確になり社会の二極化に伴う諸問題が大きくなってきた。
現代社会は、身分差別の問題も、一部の権力者による人権損傷行為もない。
現代社会の問題はひとえに経済格差につながる経済問題である。

これに対して自民党政権は、根本的な施策はなく、現状維持で不満を抑えることに躍起となっている。
裁量労働制、特定秘密保護法、ネット監視法などを作り、国民の不満を抑える込む考えである。
憲法改正もこの一環であり、国民の基本的人権をないがしろにしようとしている。
他方で官僚共は既存の社会福祉法案を改正し福祉政策の削減を図っている。
北方領土2島返還論などは、直接的には経済の問題ではないが、日露貿易拡大を目指す財界の意を受けての売国奴、安倍が考えたことである。

政治とは現実に対応しなければならないという意味では、表面的な問題であっても対応しなければならないが、同時に将来の社会を見据えて目的を持つことも政治に課された使命である。

特に政権を持たない野党の存在は、時の政権批判ばかりではなく、時の政権が動けない将来像を提示して国民に信を問うことではないか。
新しいシステムの構築には10年も20年も必要である。
幾ら時間がかかっても、国民が望むものであれば、国民はそれを支持するであろうことは間違いない。

これまで言ってきた内容には、その将来のあるべき姿が描けてはいないが、それは不可能でもないのである。

食料鎖国などをして、漁業、農業に従事する人間を保護するのも良い。
交通網、通信網、電気・水道など生活の基本的インフラは公営管理することも良い。

経済と言うものは、経済活動を行う人々が充実すれば、それだけ消費が増え経済全体が活性化するものであり、一部の巨大化した企業が、その商品を売り込むことでのみ活性化が出来るものではない。
現状は、活性化しない国内を捨てて輸出により商品の捌け口を求めることに懸命になっているが、それもやがて行き詰まりになる。

際限の無いグローバル化の問題を含めて、現行の経済のシステムに対する価値観の見直しまで含む考え方の転換が必要である。
その転換は、我々市民が変えなければ何時までも現状が続くことになる。
時の政権批判だけでは解決できないこともあるのである。
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存