ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3285] 創価学会と池田大作先生の世界
日時: 2020/04/24 20:03
名前: 777 ID:LDXjbjIc

創価学会と池田大作先生の世界


日本人の美徳の一つに「恥を知る」 があることは、これまで欧米の文化人類学者が幾度となく指摘してきた。

慎み深さや奥ゆかしさという言葉でもそれは言い換えられるが、しかし、多くの日本人には、毎日毎日、自らが全権を握る機関紙に自分が勲章や名誉称号を受けたことを写真つきで大々的に報じさせ、あるいは世界中でノ「ガンジー・キング・イケダ展」なるものを開催させる池田がどう映るだろうか。少なくとも彼が、その「恥を知る」日本人の特性とは無線な人物であることだけはお分りいただけるだろう。

いずれにせよ、他の宗教団体指導者と最も乖離しているのは、池田氏の異様なまでの勲章へのこだわりや名誉欲、そして自己顕示欲である。それが何に起因するかを知るには、やはり彼の生い立ちから遡らねばなるまい。

http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/532.html




池田会長が勤めていた大倉商事という会社は手形割引専門だったのですが、手形を担保にして金を貸すわけですから手形が不渡りになると取立てが凄いです。
池田会長は、病人の布団を本当に文字通りはいで持って帰ってきたんです。江戸時代じゃあるまいし他人の使った布団なんか売れません。しかし、布団をはがれたほうは本当に凄い恐怖を感じるので親戚を廻って金を借りてきて返すわけです。池田会長は頭が良いですね。

大倉商事は創価学会の会社ですから、取立てで抜群の成績を揚げた池田会長は創価学会に引き抜かれて、その後出世をして会長になったわけです。






池田大作は寝ている病人の布団を剥いでゆく手口の金融業で富を築いていた。それを大幹部に分け与え味方に付けたと言われる。当時、池田大作は普通の会社員の100倍近くの給料を貰っていた。




肩で風を切って歩いていた当時の池田大作/右は大蔵商事時代の名刺(『週刊新潮』H15.12.18)
http://sudati.iinaa.net/ikeda/kasikin.html


池田大作の履歴


1928年 東京都 荏原郡大森入新井町(現在の大田区大森北2丁目)に生まれる

1947年 戸田城聖氏と出会い創価学会へ入る

1950年代に戸田氏の事業、大蔵商事営業部長として、高利貸し業に辣腕を振るい、病人の布団をはぐ。債権の踏み倒しも行う。

1952年に起こった狸祭り事件で、正宗の坊主に集団暴行。

1955年頃から創価学会参謀室長として、謀略に明け暮れる。
また1957年には選挙違反(買収・戸別訪問)で4年の裁判。
自分だけ助かり、指揮下の学会員20名は有罪で除名。

その他 1967年には39歳で富士短大を裏口卒業。
正本堂建立資金の(当時)数十億を横領。


1970年には言論出版妨害事件。

1973年頃〜80年頃に掛けて共産党盗聴事件。

1974年に本尊摸刻。1981年に会長辞任。

1976年に起きた月刊ペン裁判を有利に運ぶため、月刊ペン社に2000万円を裏金として不正支出。(判決文に明記)


その後も レイプ。時効を声高に主張して揉み消し。
勲章受賞の為に次々に買収工作。韓国・ブラジルなど多くの国で露見。

1990年には30億円の無申告・脱税により修正申告。
その頃からフランス・オーストリア・ベルギー・チリで、カルトと認定される。

「世襲はしない」と名言したのにも関わらず、博正への世襲の準備。夫人の神格化を謀る。


▲△▽▼





池田大作は、入信後、中小企業団体の事務員などをしていたが、それ以前、ブラブラしていた時期、川崎市から大田区を縄張りにする暴力団金融の手先となって、貸金取立てなども手伝っていたという(あるいは、ヤクザとの関係は、後述の、東京建設信用組合の整理の際、生じたともいわれる)。  その池田大作が創価学会の座談会に出席したのは、ナンパした女性が学会員であり、さそわれて鼻の下を長くして出席したところ、きびしく折伏され、女性にとり入ろうとしていやいや入信したのである。

 余談であるが、この女性は池田大作をソデにしたため、一族は後になって池田大作から長期にわたって陰険な仕打ちを受け続けた。  入信しても、ロクに勤行もせず、ブラブラしていた池田大作に戸田城聖が目をつけたのは、その、あつかましさと抜け目のない商才≠ナあった。
 
池田大作が最もその才能を発揮した「大蔵商事」営業部長時代のことは、ほとんど語らない。自分の出世につながった金貸しの手代℃梠繧、池田大作は、思い出すのもおぞましい汚い仕事≠ニして、ひた隠しているのである。


▲△▽▼


池田大作の実像



高利貸池田大作取り立て≠フすご腕


  信仰心≠ニいう葉っぱ≠月三分≠ニいう高利でくすぐり、出資金≠ニいうお札≠ノ替えることに成功した大蔵商事は、その金を月七分∴ネ上で貸しつけ、或いは月一割≠ニいう高利で手形割引にまわした。

 現在、年利一%台の預金金利が常識となっている時代には、一般庶民には考えられないような高利の世界である。だが、終戦直後のインフレ期からようやく抜け出そうという昭和二十五年当時では、当然といってよい金利であるし、現在でも、暴力団金融、町金融では、月五分、月八分、といった金利は、むしろ良識的ですらある。トイチ=i十日で一割)とか、カラス銭=iカラスがカーと鳴いたら一割上るという、日歩一割≠ニいった金融もいまだに根強く存在しているのである。  高利≠ノは、貸倒れに対する危険保障がふくまれる。貸倒れになる確率の高い金融ほど利息が高いのである。

 つまり、大蔵商事の貸付金利は、当時の経済情勢からすれば、リーズナブルなものであったのではないか。そして、その金利で利益を上げるということは、回収の確実性≠ェ必要である。貸しつける元金を確保するのも大仕事であるが、貸付けた金の回収は、もっと大仕事である。だからこそ、弁護士や、取立て屋や、更には暴力団などがそこでシノギをしている。だが、こうした取立て職人≠つかえば、コストは飛躍的にはね上る。少々の利息など吹きとんでしまう。

 金融の営業マンの腕の見せどころは、まさに「取り立て」にあると言えるのである。  貸し出すときの調査、法律手続、担保、そして、コゲついた時の対応。  先述の森重章は、  「それは、池田先生は、群を抜いていましたよ。だれも及びませんでした」 と語った。  学会員から金を借り入れる時の、ニコヤカで礼儀正しい青年が、取り立てる時は、冷酷非情に徹しなくてはならない。

 よく、  「寝ている病人のフトンをはがして行く」 とか、  「ナベ、カマまで持って行く」 とかいわれるが、それに似た徹底さがなくては、金融業はやっていけない。  東京安全信用組合の失敗や教訓として、戸田城聖と池田大作は、貸出先を厳選した。聖教新聞の広告を見て、倒産間ぎわの学会員が大蔵商事を訪れても初めから相手にされなかった。  

「うちは、あなたのような人が利用するところではありませんよ。利息は高いし、一度借金地獄に入ると抜けられなくなります。悪いことはいわないから、地道に努力しなさい。あなたのために言うんです」
 
会員をいたわるような口調でていねいにことわられる。  ことわられた会員は、  
「戸田先生は、商売気抜きでそこまで私のためを思って下さる」

と逆に感激する。  その一方で、回収の見込みがあり、或いは担保の充分ある相手にはどんどん貸し付ける。それでもコゲついたら、容赦なく担保を流す。足りなかったら、「寝ているフトンをはがす」こともやる。


 こういう仕事の過程で暴力団など裏の組織との接触も当然生じる。  終戦直後のインフレ、そして次にデフレ。戦災で打ちのめされていた日本経済に、チャンスが訪れていた。  昭和二十五年から七年にかけての朝鮮動乱は、我が国に特需景気≠もたらし、経済は一気に立ちなおりはじめた。  「一ヵ月たつと物価が倍になり、お札の値打ちは半分になる」 といった時代。  「ものを作ろうにも金も資材もなく、作っても売れない」 といった時代。  それをしのいだ後に、  「作りさえすれば売れる」 という時代が到来したのである。  

町工場も企業も、設備投資と増産に走り、そしてそれがもうけにつながった。強い資金需要と好景気の中で、大蔵商事にとって有利な貸付先に不自由せず、しかも倒産とか貸倒れといったケースが少ないという経済状況は、願ってもないことであった。


担保品売りさばく東洋精光(物産)

  その中で、戸田城聖は、更に抜け目なく手を打った。  貸出し先の会社を強引に乗っとると、その会社で、大蔵商事が引きあげて来た担保流れの品を、学会員向けに売りさばくことを始めたのである。  これが「東洋精光」後の「東洋物産」であり「社長会」のメンバーで記録係の一人をつとめたとされる木村靖氏は、その社長である。  もっとも、「東洋精光」のスタート時は、社長は北条浩であった。後の四代会長であり、池田創価学会の大番頭として常に潤・Qとして君臨した人物である。

大蔵商事=池田大作、東洋精光=北条浩と、三代、四代会長がいずれも創価学会本体からではなく、外郭会社から出ていることは、まことに興味深い。  北条浩は、小田原の北条早雲の子孫で、戦前の侯爵・貴族院議員の家の長男である。海軍兵学校を卒業後、銀河≠フパイロットになり、終戦を迎えた。戦後は、一介のサラリーマンとして北陸路に勤務したりしていたが、柏原ヤスの折伏で創価学会に入った。  戸田城聖は、北条浩の家柄と人格に目をつけ、青年部発足時には、第一部隊長≠ノ任命している。このとき、池田大作は、竜年光第四部隊長の元で班長だった。

 この北条浩を東洋精光の社長にすえ、池田大作ひきいる大蔵商事と営業成績をきそわせたのである。  大蔵商事が学会員から集めた金を、高利で貸しつけ、運用する。その際生じた担保流れ品を中心に、いろいろな物品を東洋精光で、学会員に売ってもうける。  東洋精光は、学会幹部のセールスマンをつかって、学会員に、ナベ、カマなどの日用品から、電気製品にいたるまで、何でも売っていた。それも、利幅の大きい、二流、三流のブランド品であった。

 社長会記録によれば、池田大作は、この東洋精光に対して、もっともひんぱんに口出しし、実質的な社長兼営業部長の観がある。  私が中西治雄に聞いたところでは、  「戸田先生は、池田先生と北条さんに、大蔵商事と東洋精光でもうけをきそわせていました。しかし、いつも池田先生が上でした」という。  池田大作は、金融業もさることながら、物品販売にも異常な関心を示している。大蔵商事から手を引いた後は聖教新聞等の出版収入と外郭会社の物品販売が池田商法≠フ中心になる。それは、後刻、「社長会記録」の解析によって明らかにする。  要するに、東洋精光もまた、創価学会と一体不二の関係の企業であり、池田大作が葉っぱ¢ヲち信仰心≠お札にかえるための工房であった。この大蔵商事と東洋精光で、当時、創価学会の首脳は養われていた。


▲△▽▼





池田氏が産声をあげたのは、1928年1月2日。現在の大田区大森北2丁目あたりだ。海苔業者、池田子之吉・一夫婦の第6子(五男)、本名・大作(のち大作と改名)として生を受けた。

頭脳も肉体も取り立てて誇るべき点のなかった池田少年は、極貧の少年・青年期を送っている。

創価学会側が出している『年譜・池田大作』(第三文明社刊、以下『年譜』と略)によれば、7歳頃から、父・子之吉がリューマチで寝込むようになり、この後、家業の海苔作りを手伝い始めたと記述されている。

兄たちの出征でますます貧しくなった池田少年は、午前2時に起床して、海で海苔張り、4時から新開配達、学校が終われば、海苔はがし、夕刊配達、夜は海苔のごみとりといった生活を送る。尋常小卒業後は、後に萩中国民学校と改称される高等小学校に進学、卒業後は、新潟鉄工所に勤務。強制疎開や空襲によるバラック住まいなど、池田家の貧困生活は子沢山だっただけに厳しかったようだ。

地元に残る数少ない小学校時代の同級生によると、

「昭和17年に萩中国民学校を卒業する時、池田君は4組にいました。彼はとにかく印象のない男だったね。勉強も目立たないし、身体も強くない。それに海苔漁師はみんな貧乏だった。彼の家はたしか分家で、生活は特に苦しかったはずです。後で創価学会会長があの池田だなんていう話になって、みんな驚いたものですよ」


戦争が終わっても、池田青年の極貧生活は変わらかった。 その貧しさは、まだ2代会長戸田城聖氏の弟子時代の池田青年が、東大の宗教学者・小口偉一氏に答えたインタビューでも窺える。


(小学校では栄養不良で三・四回も死にそこない、がんらい身体が非常に弱かったんです。終戦の年には六回目の肋膜をしていましたし、肛門性もので、耳や鼻などみんな悪く、血痰がでてたんです。(略)

三年目の八月に戸田さんの出版に小僧から入りました。信用組合にも入っていたんですが、給与もなく乞食同然で苦しくてしかたなかったんです。(略)信仰しなかったならば二三くらいで死んだだろうといわれています)

(56年・『新心理学講座4宗教と信仰の心理学』)


当時、池田氏が住んでいたアパート、青葉荘の元管理人(78)が述懐する。「池田さんは、ここに住んでいました。当時、アパートはコの字型に3棟ありましてね、その一つの東向きの4畳半に住んでましたよ。結核で一時期酷かったようです。祖母が熱にうなされる池田さんに薬を持っていったこともあるそうです。冬の寒い日、熱があるので、池田さんが窓を開けて、鏡だけそこから出して寝ていたこともあったと開きました。当時すでに宗教に人っていて、経を唱える声が大きくて注意したこともあったようです」

極貧の上、結核にまで侵されているのでは、その生活の悲惨さは想像を絶するものだっただろう。

ジャーナリストの溝口敦氏は、『池田大作ドキュメント 堕ちた庶民の神』で、
(ふつう新興宗教に入信する動機は、一口に病・貧・争といわれるが、池田はそのすべてを体験したわけである>と指摘しているが、池田氏の特異な人間性は、こういったどん底の環境の中で形づくられたと思われる。

先の『年譜』は、池田氏と創価学会の出会いを以下のように記している。
(47年(19歳) 8月14日 小学校時代の同級生に誘われ、創価学会の座談会に、「協友会」の友人二人を伴って出席(蒲田・三宅ゆたか宅)。戸田城聖と出会>)

この時、池田氏は、戸田の人柄に感銘して突然立ち上がり、こう述べたという。
「先生が、青年らしく勉強し、実践してごらんと、おっしゃったことを信じて、先生について、勉強させていただきます」

さらに、即興詩を披露して感謝の意を表したことになっている。

これは、学会・池田氏の「正史」だが、池田氏の貧困からの脱出ストーリー、学会への入信、さらに現在に至るサクセス物語には、しばしば手が入れられ、美談に仕立て上げられている。実は、この戸田氏との出会いも虚偽である。

ここに登場する三宅宅での出会いを詳細に語りうる人物がいる。その家の娘・三宅妙子さんだ。三宅さんは父親が地元・蒲田の支部長を務め、しばしば自宅で座談会が開かれていた。そこには多くの信者が集った。池田青年は確かに妙子さんの姉が誘ってきた3人の小学校時代の同級生の〕人として、座談会に現れてはいる。が、「いま創価学会で言われているような、池田と戸田先生の伝説的な出会いはそこではありませんでした」と妙子さんはいう。

「『人間革命』や学会の書物には、美化された出会いが描かれていますが、その日、我が家には戸田先生はいらっしゃらなかったのです。もちろん、池田は詩も詠んでいませんでしたよ。彼は我が家に来てから、10日後に入信します。私は池田にデートに誘われ、日比谷に映画を見に行ったこともあるので、当時のことはよく覚えています。あの頃の池田は、

今に見ていて下さい、僕のこれからを見て下さい″

と、よく言っていました。上昇志向が非常に強い人でした」



金融取り立てで辣腕


創価学会に入信し、戸田と出会った池田氏は、やがて権力への階段を駆け上がっていく。

上の名刺と写真をご覧いただきたい。大蔵商事 − 現在の池田氏を語る上で、避けて通ることのできないキーワードである。当時、戸田が自分の愛人らを役員に据え、小口金融、今でいう消費者金融の大蔵商事を設立、ここでメキメキ頭角を現したのが池田氏だったのだ。池田氏は、この大蔵商事営業部長という職をきっかけに一気にそれまでの貧困から抜け出し、創価学会第3代会長への道を実き進み始めるのである。

創価学会元教学部長の原島嵩氏が振り返る。「大蔵商事というのは、今のサラ金の原型とでもいうものです。利回りがいいという売り文句で資金調達をし、それを貸し付ける。貸付先の多くは個人、会社もあったようですが、いずれにしても学会員たちでした。彼はそこで、資金調達や取立てに殊腕を振るい、やがて学会を資金面で牛耳っていったわけです」

どの世界でも、財布の紐を握るものは一番強い。

小川頼宣・創価学会本部元広報部副部長がいう。

「戸田城聖第2代会長は金の面は自分で何とかしようとして、大蔵商事など金貸しや信用金庫などを随分とやったんです。その尻拭いと言うか、酷な言い方をすれば金貸しの手代をしていたのが池田大作です。彼も当初は好きでやっていたわけではないと思うのですよ。

しかし、彼には才能があったようで、池田がここ金あるよ″という家には、見た目は貧乏な家でも必ず金があった、ということを古参の幹部から開きました。逆に門構えの立派な家の前でここはどうだ?″なんて聞いても、池田がここにはない″と言えば、その通りだったそうです」


先の池田氏の小学校時代の同級生は、大蔵商事に入った頃の池田氏をこう語る。

「昭和25年に池上でやった最初の同窓会に現れた時だったな。あの時のことは今でも忘れられない。昭和17年卒業組は今昔会という同窓会を開くんだけど、その時、池田は遅刻してきた。同窓会に顔を出したのは後にも先にもその時だけだよ。遅刻してきたのに、恩師に挨拶もせずに、どっかりと席をおろして、いきなり演説を始めたんだ。大きな声で。みんな驚いたよ。遅刻してきたのに、いきなりですからね。ひとしきり自分の話が終わったら、初めておっ先生、元気か″なんて片手をあげた。田中角栄みたいなあれだよ。目立たないだけのあの男が、いつの間にかそういう尊大さを身につけていたんだ」


大蔵商事時代の彼が、水を得た魚のごとく活き活きとし、さらに周囲が驚くほどの尊大さを身につけ始めたのは注目に値する。

やがて戸田から信頼を得た池田氏は本部の青年部を経て、参謀室長に抜擢されることになる。池田氏は後に、大蔵商事時代について、こんな発言を残している。


「大蔵商事では一番いやな仕事をした。どうしてこんないやな仕事をするのかと思った。鶴見で、まったく未開の所へ地盤をつくりながら、同時に学会員を起してきた。私は何もないところから闘った。当時は戸田先生が世界一だと云っても通用しない。本当に苦戦の連続であった」


「戸田先生は葉っぱを御札にする。本当にする。そうしなければ広宣流布は出来ない。必ずそうする。広宣流布の為ならば葉っぱを札にしてみせる、.と云う戸田先生のきょう信が今日の学会を築いた。それだけにきびしかった。学会はこの精神を忘れてはならない」

(いずれも68年2月10日の『社長会』にて)


この高利貸し時代は、あらゆる面において、今の池田氏をつくる基となったことは間違いない。

そして58年4月、肝臓と糖尿が悪化して戸田が鬼籍に入った後、池田氏は権力闘争に勝ち抜き、60年5月、第3代創価学会会長に上り詰めるのである。

池田氏はよほどこの大蔵商事時代に触れられたくないのか、先の『年譜』でも、(・50年(22歳) 11月27日 この年の秋より戸田城聖を顧問として営業を開始していた大蔵商事の営業部長となる>と、簡単な記述があるのみだ。

やはり、「消費者金融の営業部長」の肩書は、「池田博士」 にはあってはならないものなのだろう。


怨念とコンプレックス

長い長い池田氏の人生を語るにはとても紙幅が足りないが、彼の人生を振り返ると少年・青年期の貧困や病気、そして学歴へのコンプレックスや怨念が権力を手中にした途端、それまでの鬱憤を晴らすかのように一気に解き放たれたように思えてならない。

会長就任の5年後、37歳の池田会長にインタビューした評論家・高瀬広居氏の『人間革命をめざす池田大作 その思想と生き方』(65年)の一節は興味深い。
(池田会長は、モダンな本部応接室のアームチェア一にアグラをかき直すと、煙草を一服し、静かに、そして激しい語気でいった。


「私は、日本の国主であり、大統領であり、精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である」


同席の大幹部数人は深く肯き、息をのんだ>

何年か前までは、拭い難いコンプレックスの只中にいた青年が、短期間にこれだけの言葉を吐くほど変貌したことに驚くのは、筆者だけではあるまい。そして同時にこの37歳という年齢で、すでに池田氏を諌める人物もいなくなったのは、学会にとってだけでなく、池田氏本人にとっても不幸なことだったに違いない。
池田氏、そしてその周囲は、その後、池田神格化″のために、滑稽なまでにあらゆる手を講じるようになるのである。

元学会幹部の解説では、

「日蓮大聖人が修行したという由緒ある千葉県の清澄寺というお寺では、寺を初めて訪ねた池田氏が、境内にある杉の大木をなでながら久しぶりだな″と呟くエピソードがあります。池田先生は700年前の日蓮大聖人の事を知っていらっしゃる。きっと大聖人の生まれ変わりに違いない、と会員に思わせるわけです。しかし、その木は実際には樹齢400年だったそうです」


また、池田氏はよく会員の前でピアノを弾くが、これも鍵盤を叩くだけで、実際には自動演奏のピアノだったり、うしろからメロディーを流しているのだそうだ。それでも女子部員たちは感激で、涙、涙なのだという。

「池田が訪れる会場周辺の花を咲かせるという古典的な演出もあります。期日に合わせ、地元の人が何週間も前からドライヤーで花の蕾を温めるのです。多くの会員が梯子を持ち出して延々とその作業を行い、見事、満開の桜を咲かせたこともあります。先生のお陰で一夜にして桜が咲いた、というわけです。

池田は見事だ。よくやったね″と満足気に言い、それを開いて会員達はまた涙を流すのです。魚など1匹もいないドブ他に事前に鯉を放流して池田に餌を撒かせ、ここには魚はいないのに、先生が餌付けすると蝕まで現れてしまった″と会員達を感激させた例もあります」(同)


冒頭にも触れた異常な勲章や博士号のコレクターぶりといい、池田氏がここまで自分を神格化する根本は一体なんなのか。

前出の原島嵩氏によれば、

「やはり根底にあるのは池田のコンプレックスでしょう。例えば、彼の学歴は富士短大中退です。しかし、20年近く経ってから、卒論を桐村という教学部の幹部に書かせてまで卒業しました。

幹部には東大卒や早慶卒なども多いのですが、彼らを前にして お前たち、馬鹿だろう″などといってははい″と答えさせ、悦にいっていましたね。

最高学府を出た人たちをひれ伏させることに彼は喜びを感じるわけです。そしてもう一つは、権力へのコンプレックスです。彼は57年の参院補選で選挙違反で逮捕(大阪事件)されたわけですが、この時に権力の恐ろしさを学び、復讐を誓い、それが今の行動につながっているのだと思います」


こうして独裁者となった池田は、折々にこんな発言を残すようになる。

「今の政治家は、やれ勲章を貰うとか、金をとるとか、また有名人は利己主義になって、自分の名だけ売って、金儲けをするとか、めちやくちやな世界であります。私ども創価学会員は、位もいらない、有名でなくともよに、大臣もいらない、また権力もいらない」

(63年8月3日付、聖教新聞)


「勝つか負けるか。やられたらやりかえせ。世間などなんだ。私は恐れなど微塵もない。勇者は私だ。(中略)反逆者には『この野郎、馬鹿野郎』でいいんだ」(埼玉指導 89年3月12日)


「2001年5月3日、広宣流布の同志を裏切った者の大罪を、厳然と天下に公表したい。(略)宗門の悪侶、学会の反逆者を書き連ね、その罪科を、血涙をもって後世に残したい。永久追放の証としたい」

(94年9月2日付、聖教新聞)


「師である私が迫害を受けている。仇を討て。言われたら言い返す。打ち返す。切り返す。叫ばなければ負けである。戸田先生も、牧口先生の仇をとると立ち上がった。私も戸田先生の仇を取るために立った。私の仇を討つのは、創価同窓の諸君だ」(96年11月3日 『創価同窓の集い』にて)


その言葉の激しさには、やはり驚嘆させられる。創価学会が持つ、敵対者への激しい憎悪や復讐心は、彼の屈折した半生から出てきたものと思わざるをえないのだ。


日本支配の欲望

「彼特有の他人や敵への異常な攻撃性というのは、持って生まれた性格の他に自身の極貧、病弱体質、能力の凡庸さへのコンプレックスからくる世間への怨念が影響していると思います」

というのは、ジャーナリストの乙骨正生氏だ。

「池田氏は口癖のように自分は戸田先生の復讐のために立ち上がった″師である自分が迫害された時は、自分の仇を討ってくれ″と言いますが、これは自分を認めようとしない世間への強い恨みに満ちたものだと思います。海外から何百という勲章をもらおうと、池田氏をよく知る日本では、静岡の富士宮市の名誉市民以外、なんの称号ももらえないのです。海外の大学から名誉教授の肩書をもらい、様々な勲章をもらって悦にいっているのは、いまだにそのコンプレックスを克服できない証拠ではないでしょうか」


宗教学者の山崎龍明氏(武蔵野大学教授)も、やはりコンプレックスをキーワードに、こう総括する。

「オウムの麻原もそうでしたが、私もやはり池田氏を考える場合にこの言葉が第一に浮かびます。大森海岸の海苔屋に生まれ、学歴もない彼が、社会的に認知されている人をコントロールできる快感を覚えたのではないでしょうか。彼らの共通点はエリートを支配することに喜びを感じることです。

池田さんは実は非常に小心で、自信のない人だと思います。自信あるリーダーというのは、相手を一方的に支配しようとはしません。気が小さいからこそ、怖いのです。

しかし、問題はそのリーダーに率いられ、肥大化した集団が信者どころか、日本全体を支配しようとしていることです。宗教、教団が持っている暴力性、.排他性、差別性というものは物凄く強い。ヨーロッパの歴史を見れば分ると思いますが、肥大化したこういう集団を動かした時には無限の力が働き、人間一人一人を蹂躙していくことは歴史が証明しています。排他、除外というものは、宗教によって美化されます。普通の組織、政治とは違った、宗教自身の持つ恐ろしさを忘れてはなりません」

http://www.asyura2.com/0505/cult2/msg/532.html



「池田大作の素顔」


池田氏が都合のいい時だけその名前だけを利用する二代会長の戸田氏に対しては、死の直後に池田氏が戸田氏宅に乗り込み、遺品類、古美術、など四億円相当の遺産を強制的に差し押え、葬儀に寄せられた四千万円あまりの香典さえ、遺族に渡さず、創価学会が取ってしまい、未亡人らの抗議でやっと、ほんの一部が返されただけだそうです。そのあとも色紙、メダルにいたるまですべて回収して二代会長色を一掃したそうです。自宅は、池田氏会長就任後に池田氏自身の手により売り払われたそうです。

 死んでしまえば、自分の師だった方の御遺族に対してのこの醜い鬼畜のような仕打ち。流石、池田大作ダイセンセイ。病人の布団も平気で剥ぐという高利貸しとしての経験を余すところ無く活かしきっております。(鬼畜と一緒にしたら、鬼畜に対して失礼かも)

いいずれにしても、宗教家らしからぬ池田大作ダイセンセイのその人なりをよく表している事例です。


 まあ、河岸でも御葬式の時に喪主の奥さんが創価学会員だったりすると、創価学会がハイエナのようにタカリに来るので、香典は包まずに御焼香だけすませて、後日、組合長などが皆の香典をまとめて喪主にそっと渡したりしています。

 池田大作ダイセンセイの行状ついてのエピソードとして、藤原行正氏はその著書「池田大作の素顔」の中でジャーナリストの内藤国夫氏の文章を引用しています。


〈当時、青年部参謀室長の職にあった池田大作は、会長の死の直後に時を移さず、目黒の戸田先生の家にのりこんだ。幾子未亡人をさしおいて戸田先生の遺品類や、古美術品、学会関連事業の重要書類など、四億円相当の遺産を強権的に差し押さえ、学会本部に持ち帰った。あまりにむごい什打ち、と嘆き悲しむ遺族の懇望で、後に四干万円相当の遺産が返却されたものの、大半は創価学全の所有に帰した。

 あこぎさはそれにとどまらなかった。戸円先生の葬儀に寄せられた四千万円余りの香典さえ、遺族には渡さず、創価字会が独り占め。幾子未亡人らの再三の抗議で、四十九日法要をすませてのち、ほんの一部が返されたのみ、という。

 そういうあくどいことを一方でしながら、他方で、歯の浮くように「恩帥」をあがめたてまつる。池田人作氏の人となりを示すエピソードといえよう〉
(「現代」五十五年七月号)


 同じく池田氏の人なりを表すエピソード

 旅行先での食事時が大変なのである。大広間にズラッと並んで食事している全員が自分に注目していないと池田はヘソを曲げる。よそ見したり、隣の人間と話したりしているとあとが怖い。国会議員などそれだけで、次期出馬を棒に振る可能性だってあるから、全員が声も出さず、咳払い一つせずシーンと静まり返っている。 それを見て、池田が満足そうにみんなに声をかける。

「もっと気楽にしようや」

 しかし、その言葉を真に受けたら大変だ。「この野郎っ」と睨まれる。

 驚くのは旅館の仲居さんたちだ。それはそうだろう。テレビで見かける公明党の竹入義勝や矢野絢也あたりが小学生のようにかしこまって、おとなしく箸を動かしているのだ。大広問全体に陰気な空気がただよい、ご満悦の池田一人が胸を張って、だれかれ構わず名前を呼び捨てて上機嫌なのである。

「さあ、みんな今日は飲むだけ飲んで騒こうじゃないか。無礼講だ」

池田はそういうが、本人が下戸だからテーブルにビール一、二本がせいぜい。宴会といっても池田がいる席では、酒に酔ってのバカ騒ぎは絶対禁止である。ビール一本追加注文するのにも池田の許可がいる。だれも白分からいい出すのは許されない。池田のおごりでもないのに、すべて池田の気分次第だ。池田が頷いてからやっと追加ビールがくる。そのたびに、側近のゴマすり副会長あたりが広問中に響くような大声で知らせる。

「池田先生のご配慮でビールを追加いたしました」

「いただきまあーすツ」


 大の甥がビール一本もらって全員声を揃えて最敬礼する。もちろん、学会の秋谷会長、森田理事長、公明党の大久保書記長らもその中にいる。 世間の人はこれをつくり話と受け取るかもしれない。が、創価学会、公明党とはそういう組織であり、池田は学会内部の絶対的権力者なのだ。

 もう一つ、日常的な光景を紹介しよう。題して「池田先生のお下げ渡し」である。

 池田はよく学会や公明党の幹部たちと会食する。その時、池田のテーブルにだけ十数種類の料理がズラリと並ぶ。ほかの人問の御膳にはわずかに一、二品。池田は自分のテーブルの料理におもむろに一箸つけては、その皿をほかの参会者に回すのである。そのたびにまた患部たちは揃って礼をいわねばならない。

「いただきまあーすツ」

外部の人がこの光景を目のあたりにしたら、滑稽をとおり越して異様な不気味さを感じるたろう。


 随分前に女優の杉田かおるさんが、この池田大作のことを週刊誌に書いていました:

週刊ポスト1999年9月3日号より

 1985年の春のことである。アメリカ大使館の一行が公明党機関紙である聖教新聞社を訪問するという。そこで、杉田を含む「芸術部」メンバーが迎えることとなった。 ところが、会食の席上で、杉田の耳に入ってきた池田の言葉は、おおよそ宗教とはほど遠いものだった。

「“男は嘘つきだから気をつけろ”とか、“戸田先生(故・学会2代会長)はお金儲けが下手で、苦労した。私は、26歳のとき戸田先生の下で出版業をやって成功した、もう二度と金に苦労しないと思った”などという話でした」

 食事は進み、残るは最後のデザートだけになった。テーブルには一つの皿が運ばれてきた。その皿にはメロンが載っていた。

「このメロンは天皇陛下と私しか食べられない」

 池田はメロンを指して自慢げにいった。池田のメロン好きは有名である。池田はスプーンでメロンをすくいうまそうな表情で、一口食べた。そして周りを見回していった。

「みんなに食べさせて上げよう」

 貴重なメロンである。杉田は、そんな貴重なメロンをみんなに味わわせてあげたいと思っている池田の思いやりに少し感激した。 ところが、池田は、自分の食べかけメロンの皿を横の人間に回した。そしてその人間は、同じスプーンでメロンをすくい口に運んだ。そして次へ・・・。 彼らは喜んで次々と同じスプーンを口に運んだ。 席には男性幹部や女優たちがいた。中には、スプーンをしゃぶるようにする中年の幹部もいた。嫌悪感が背筋を走った。

 だが、そう感じているのは杉田だけのようだった。皆、嬉しそうに「美味しい」といっている。誰もスプーンを持ってきてくれと頼む人はいない。皿が、だんだんと杉田の席に近づいて来る……。

「無意識に顔を顰めて“食べたくない”という顔をしていたのかもしれません。隣に座っていた婦人幹部から睨みつけられました」

 メロンの皿は、杉田の隣まで来た。メロンの大部分はすでに削り取られており、どろりと汁が皿にこぼれていた。 そして皿は杉田の前に回ってきた。池田以下、テーブルを囲んでいた人々の視線を感じた。杉田は覚悟を決めた。なるべく少なくメロンを削りスプーンに載せた。しかし、力を入れすぎたのか、結構の量がスプーンに載っていた。一瞬目をつぶって、口の中に入れた。なるべく味わわないように飲み込んだ。

 池田は自分が食べた後、残りを周囲の幹部に回す習癖を持っている。忠誠心を試しているともいわれるが、幹部たちはこれを“お下げ渡し”と呼ぶ。


 時は、それからしばらく下る。場所は、信濃町の学会本部近くのレストラン。学会御用達の店の一つである。杉田たちが池田と会食する機会が巡ってきた。 その場には、杉田などの芸術部員のほか、学会顧問弁護士や女子事務員、それに副会長たちが席を埋めていた。出席者が揃ったところで、池田が顔を見せた。 席についた池田は、テーブルをぐるりと見回し、まずは杉田たちの芸術部員の方を向いていった。

「今日は誰が来ているの。ああ、芸術部員ね、華やかだね、綺麗だね」

 そして、体の向きを変えた。

「こちらは? 弁護士? 秘書? ああ、弁護士など人間の最低の境涯ね。でも、本気で修行すれば、来世はもっといい者に生まれ変わるからね」

 また向きを変えた。 「こっちは副会長か、バカどもの集まりね、はい、では食事をしましょう」

 池田のそうした態度に対して、愛想笑いをしている側近幹部たち。杉田はとても笑顔を作ることができなかった。

「もう、学会との関係は断ち切ろうと決断しました。信仰というのは、個人の問題。信仰を捨てようとは思いませんが、学会から離れて自分を見直したい、そう考えたのです」


 確か、同様の事があの佐高信氏とテリー伊藤氏が書いた「お笑い創価学会」にも出ていました。こちらはクリームソーダだったとおもいます。同じく、創価大学では飲み残しの水を「お下げ渡し」する場面も書かれていました。




▲△▽▼


すべての女性から慕われる池田大作先生のお姿


羨まし過ぎるけどこれ本当?



池田大作率いる創価学会が、その本家本元である日蓮正宗宗門から破門されて以来、すでに三年目を迎える。

その間、日蓮正宗を憎悪する学会では、日蓮正宗の管長である阿部日顕上人はじめ、同宗の高僧や有力信徒らに対し、「よくぞ、ここまで」というほど、さまざまなスキャンダルを材料に、名誉毀損に当たる中傷記事や怪文書を作成しては攻撃し続けてきた。しかも創価学会側では、どうやら、宗門は裁判の煩わしさから、これらの名誉毀損事件を告訴(もしくは提訴)してこないだろう_との見通しを持っていたと見えて、

 機関紙上に「日顕側がどこまでも学会報道を虚偽と言い張るのであれば、行き着くところは、名誉毀損を巡る裁判しかあるまい。日顕が堂々と裁判所で自分の"潔自"を証明し、学会報道のどこがウソなのか、主張すればよい」「この恥ずべき事件は、日顕という最低男の正体を余すところなく示しております。これが、全人類を幸福に導く偉大な宗教の頂点に立つキングであっていいのでしょうか。もしも、この記事が虚偽、デッチ上げだと主張するなら、名誉毀損で訴え、法廷で堂々と争い、身の潔自を証明すべきです。それができないのであれぱ、残された道はただ一つ、『退座』の二字のみです」等々とブチ上げてきたのである。

 ところが日蓮正宗側では、これらのいわれなき誹謗中傷を打ち払うべく、じっくりと調査や証拠収集を重ねた上で、相次ぎ法的措置に踏み切った!その代表的なものが、いわゆる偽造写真事件(※学会が写真を合成したり変造して、"日顕上人が芸者と邪淫・淫乱にぷけっていた"などという提造報道を行なった事件)であり、シアトル事件(※学会が"日顕上人は三十年前にシアトルで売春婦とトラブルを起こした"と報道したもので、すでにロスにおける裁判では学会側が敗訴した事件)である。

この他にも、学会から怪文書攻撃を受けた宗門信徒が学会幹部ら十数名を名誉毀損で訴えた事件_等々誹諸中傷を浴びせていた時のカラ元気はどこへやら、一転、被告人となってしまった創価学会であるが、ここで、どうしても忘れることのできない問題が、もう一つある。       

学会の支配者・池田大作自らの膨大なスキャンダル間題である。池田のスキャンダルといえば、それを報じた『月刊ペン」に対する名誉毀損の裁判が記憶に蘇ってくるが、池田創価学会が名誉毀損で訴えたのは、わずかにこの一件だけ。しかも、その顛未はといえば、原告側である学会が、陰で、被告の『月刊ペン』社に三千万円もの大金を支払ったり、結果として、池田スキャンダルは立証できなかったものの、"そうとうに疑わしい"旨の判決が出るなど_真っ黒に近い灰色であった。 
                                     それ以外に、各マスコミ等で大々的に報じられてきたスキャンダルについては、まったく訴えることすらできず、沈黙を決め込んでしまっているが、それこそ、「これらの恥ずべき事件は、池田という最低 男の正体を余すところなく示している。これが、"世界の指導者・広布の最高指揮者・宗教界の王者"などであっていいのだろうか。もしも、これらの報道を、池田側がどこまでも虚偽・デッチ上げだと言い張るのなら、これらを名誉毀損で訴え、法廷で堂々と争い、自分の潔自を証明すべきであった!それができなかった以上、池田は、これらの報道が事実であったと認めたことになる」本書は、これら、池田大作が暗黙のうちに「事実と認めた」数々のスキャンダル報道を、"池田大作「破廉恥行状記」"として、一冊に収録してみた。

池田は昭和三年生まれ、老体となりつつあるばかりか、糖尿病も患っているそうだから、今後は女性スキャンダルもあまり聞かれなくなるかもしれない。                  
その意味でも、池田がいかなる行状をなしてきたのか、一冊にまとめて記録に残すことには、大きな意義があるものと考えられるのである。

 また、本書を読むと、昨今、学会が日蓮正宗を攻撃してきたスキャンダル報道や怪文書の中味、表現が、ほとんビ、池田に対する世間からの非難・指弾を、ただ相手を変えて浴びせてきたものにすぎない、ということがわかる。

 つまり、池田大作を絶対無謬の存在として崇める創価学会が、悔やしまぎれの意趣返しの心理で、日蓮正宗に低俗攻撃を仕掛けてきたことが歴然としているのである。そうした、学会の手口を知る上でも、本書の刊行には意義があるも少々長くなったが、本書刊行にご協力くださった皆様方に御礼を申し上げ、「まえがき」に替える次第である。


▲△▽▼



1.池田大作乱行の動機


例の"三畳間証言"の小沢ヨネも、池田からミカンの食べかけと、ビールの飲みさしのお下げ渡しを受けるよう強制されている。(中略)池田の女性醜聞もお下げ渡しと同様、考え方として二分類できるのではないか。

一つは相手の女性が心から名誉と考え、女性の方から積極的に近づく場含である。(中略)現に中年の一女性学会員は、こう放言してはばからなかった。「仏様に抱かれるなら、結構なことじやない。ふつうの男に傷ものにされてから嬢ぐより、どんなにいいことか。」ここにいう仏様とは池田のことである。

もう一つは、池田が忠誠心を試す場合である。まず迫って、その女性がイエスかノーか試される。次いで女性が独身なら、池田の手のついたその女性を妄ることを求められる男性が試される。飲食物に似た文字通りのお下げ渡しである。

女性に夫がいるなら、夫が、お手付き後でもその女性を大事にするかどうか試される。これはトウガラシを、目に火の玉カが飛ぶほど掛けられたウドンに似ている。夫には苛烈な体験である。《『創価王国の野望』103頁》


▲△▽▼




2.池田の手口と、女性信徒の信心利用して造った「奥の院」


 池田は、女子部大幹部たちや本部の女子職員に、身の回りの世話をやらせた。亭主持ちも独身も関係ない。相手はとにかく別格の会長先生。女性の側の気持ちは純粋である。不純なのは池田大作だけだ。

 最初は背広をかけさせる程度の用をいいつけ、狙らった相手の表情をうかがいながら肩を揉ませ、裸の胸をさすらせる。これが池田の女性攻略の手口である。

 若い頃からそうだったが、池田大作は他人から軽蔑されることを極度に恐れる。だから女性の場合も、目的を遂げられる相手かどうかを、用心深く見極める。その見極めのつかないうちは、実際行動には出ない。創価学会三代会長という立場を利用して、憤重に策謀をめぐらし、だんだん屈服させていく手を使うのだ。

 この手で、三十才前後から女性学会員を相手に醜い欲望を満足させてきたのが、池田大作という男である。(中略)このように、気に入った女性に目をつけると、家族ぐるみ創価学会職員としてかかえこみ、第一庶務や女子部幹部にとり立てる。そして多少あきてくると側近幹部に下げわたし、それでも気がむけば呼びつけて、身辺の世話をさせる。その夫は議員にしたり、幹部にして取り立てる、というのが池田のやり方なのである。

世間の人たちには、単に池田個人の猟奇や好色話として映るかもしれないが、池田大作の女性関係は、欲望を充たすことであると同時に、人をして精神的に屈服させ、支配するための手段なのだ。(中略)彼女たちは池田の目にとまりたいと願い、池田との親しさを競いあい誇示する。「お手付きになりたい」との声まで出る始末だった。あげくに、その念願をはたした当人たちは池田会長との特別な関係をほのめかして他に威張り、周りは「いいですねぇ」と羨ましがった。いってみれぱ人気スターと熱狂的ファンの関係、世間流にいうとそうなる。そして、池田は女性会員たちの倒錯した心理を悪用し「奥の院」をつくりあげた。それが一連の下半身スキャンダルを生んだ背景だったわけである。《『池田大作の素顔』210頁〉


▲△▽▼




3.池田の〃乱行〃の仕組みと具体的手口


池田氏は風呂好きで、一日に何回も入る人で、そ の時は午後でしたが、部屋の隅に浴衣、下着の類が置かれていました。その浴衣のすそに、赤い紅のようなものがついているのが見えました。女性の名前は出しません。

 そのあと、下へおりてからU現副会長が、私に「おい、見たか、見たか」と非常に興奮していうのです。私は、「いったい、なんのこと?」と聞くと、「赤い紅がついていたろう。あれは口紅なんだ」といいました。それで私も「あれは確かに血ではない、紅だ」と思いました。私は当時、結婚はしていましたが、そういうことはうぷで、フェラチオも知りませんでした。Uさんは、不良出身で、「あれはフェラチオだ。前からあんなふうなことやっているんだ」といい、私が「まさか」というと、「いや本当なんだ」といって、十数名の女性の名前をあげました。

 そして、第一庶務には、いわゆる第一庶務と、本当の第一庶務がある。本当の第一庶務とは、池田大作と肉体関係のある人たち。いわゆる第一庶務は肉体関係のない人たちで、特別施設などへ池田氏が行く場含、本当の第一庶務の人に、いわゆる第一庶務の人を組み合わせてカムフラージュしているのだ、ということをいいました。

 第三に、池田先生はここ十年間、暴力団の襲撃を防ぐために家に帰らないといっているが、本当は地方の各地にそれぞれの女性がいる。

 第四に、女性に胸のあたりをさすらせ、次いで腰をもませ、さらに男性の重要な部分を握らせて、そうして(心理的に)乗り越えさせるのだ、と、以上のことをUは話しました。「元創価学会教学部長・原鳥嵩氏の証言」《『池田大作の素顔」132頁》


▲△▽▼



4.妾を認め、超絶的オスとして振る舞い、男性幹部を屈服


 池田の私生活も、私人的な言動も、創価学会=旧公明党の首領であるという自意識から、けっして離れられなかった。彼は戸田の率直さだけは受け継がずに圧殺し、自ら立てた浅ハカな大義名分によって厚化粧した。

 彼は女性との関係に関しては、

 「法治国の国民としては、それ(一夫一婦制)に従うべきだ。ただし_ただしですよ、(笑い)_もし、それだけの理由と力があって、しかも誰にも迷惑をかけないという場合には、一夫一婦制の枠外の行為でも私は男性として認めます」(『宝石』44年1月号掲載)との、まことに融通無礙の見解を持ち、今ではそれを実地に試みたと報じられている。

 『週刊新潮』(五十五年六月十二日号)によれば、池田と〃ただならぬ間柄〃の女牲は、公明党参議院議員・Wさん、中国担当副会長・U氏の夫人、創価大学図書館長Yの夫人、第一庶務の女性たち、東海研修道場の女子職員、山陰地方のある幹部の夫人、と多数に上っている(創価学会は同誌に対し55年6月5日、記事の即時全面取り消しを求め抗議したが、同誌は6月19日号で逆に「当誌を〈誹謗・中傷〉する目的で書かれた〈許し難い〉文章」だとして取り消しを拒否、その後、現在=56年4月=に至るまで同誌記事は黙認されている。中略)池田に信仰者の慎しみは無縁である。彼はおそらく平均的な成人男子以上に、女性を快楽の道具とだけしか見ていず、会内における彼の超絶的な権力者の地位を、超絶的なオスの位置にもスライドさせて、一部女性会員に臨んだ形跡がある。

そればかりか彼は、妻との情交をその夫に承認させることで、幹部会員の全生活面に及ぶ権力を確認すると同時に、その夫たる幹部の自尊心をくじき、人間性を損ない、自立的な判断を放棄させて池田の命令に絶対服従する人間に造りかえることにも用いたとみられる。池田の行ないはうじゃじゃけたものとはいえ、夫たる会員にとっては極限状況的な試練なのだった。

ちょうど一睡もさせずに総括して人間改造を図る訓練法のように、彼には己の性器を幹部の「人問革命」に用いたことが疑われる。《『堕ちた庶民の神』237頁》


▲△▽▼



5.欲望は女性会員に向け、芸者には言葉だけで止どめる


池田はせいぜいのところ、三菱銀行の宴席に侍る芸者には、

「"お前気に入ったから、身請けしてやろう"とか"外国に連れていってやろう"とか"ダイヤを貰ってやる"とか"マンション買ってやろう"なんてカンタンに」

(石井孝子談、「週刊新潮」昭和45年4月18日)いい、もっぱら(※芸者に対しては)言葉の浮気に控えていたようである。もっとも彼は、会内での気散じには不足しなかったようで、好きこのんで外に危倹を求めるまでもなかったのかもしれないし、また芸者は彼の好みでもなかつた。


《『池田大作権力者の構造』245頁》


▲△▽▼



6.温泉つき熱海研修所の女王・OS子の場合


学会の東海研修所道場(熱海研修所)で管理人を務めるカップル。といっても、並の管理人夫婦ではない。妻のS子は旧姓の高橋名の時から、池田に見そめられ、両親ぐるみで管理人に起用された。一着が三十万円とか四十万円もする高価なドレスを池田から買い与えられ、"熱海の女王"として孔雀のように華麗に振る舞った。

「ウチの娘にホトケ様の御手がついた」

と両親が自慢するだけでなく、本人自ら「池田先生との特別な関係」とノロケてみせる。風呂好き人間の池田は、温泉のある熱海研修所に入りびたりだった。二人の親しい仲の噂が広まるのを警戒した側近の中西治雄が、聖教新聞記者のOとS子を結婚させ、新任地の栃木県へと隔離した。

しかし、人妻となったS子のサービスが忘れられず、池田はO夫妻をともども熱海研修所の管理人として呼び戻した。夫の光明にしてみれば、屈辱的な人身御供であろう。

屈辱感を弱める狙いがあって、池田は一管理人に過ぎない光明を学会の総務、副会長に抜擢した。副会長といっても、全部で百二十五人もいるのだから、池田にとっては何の負担増にもならない人事サービス。口封じを図り、造反を防止したつもりだろう。

だが皮肉なことに、なんのキヤリアもないO副会長の誕生で、かえってスキャンダル疑惑を深めた。

そういう事情を知らずに熱海研修所に泊まったY副会長が、普通の管理人に頼む調子で布団敷きを気軽に命じたため、後で池田から怒鳴りつけられたとのエピソードもある。

O夫妻は研修所の管理人といっても、その実態は、池田の愛用する"温泉付き別荘"で、池田にのみ仕える身辺世話係である。別荘で待機するメ第二夫人モと表現した方が正確かもしれない。『スキャンダル・ウオッチング』66頁


▲△▽▼



7.温泉つき熱海研修所の女王・OS子の場合


 63年5月、創価学会は大々的な人事刷新を行ない、いっぺんに副会長が25人も新たに誕生した。この役員人事にちょっとした異変が起こった。従来、副会長は、会社でいえば取締役に当たる「学会総務」の中から、功労や序列によって任命されてきた。ところが今回、一般の幹部から総務に昇格したその日に副会長になった男がいた。O新副会長である。事情通の間では、

「ハハア、また池田の病気が出たな」

と話題になった。Oには、今回、副会長になるほどのキャリアも力量もない。その見方は衆目の一致するところであった。それでは、なぜ、学会関係者も驚く「前代未聞の二階級特進」となったのか。O夫人は、学会内では「熱海研修所の女王」といわれた、旧姓・Tさんさんである。池田大作のお気に入りとして、「月刊ペン」裁判などでも名前の出た女性だ。池田好みの容姿で、池田に見染められて、両親ぐるみ熱海研修所(後に東海研修道場と改称)の管理人として召しかかえられた。そうしておいて、熱海研修所の岩風呂つきの豪華な専用施設に、池田は入りびたりになった。

 この「女王」はアッケラカンとしたところがあって、同僚だった女子部の幹部に、池田との親しい関係を話したり、池田から贈られた高価な衣類や装身具をみせびらかしたりしたので、噂が次第に広まっていってしまったのである。やがて「創価学会会長の浮気」スクープを狙った週刊誌記者が熱海研修所のそばに張り込んだり、カメラマンが近くのクリーニング店の屋上に望遠カメラをすえつけるようになつた。そこで池田は、大蔵商事時代からの側近で、ずっと私設秘書的な仕事をやらせていたNに、対策を命じた。中西は、聖教新聞記者だったOとS子さんを結婚させて二人を新任地の栃木県へ引っ越しさせることにした。

ところが池田は、人妻の身となったS子さんに相変わらず御執心で、ほとぼりがさめると、彼女を熱海に呼び戻したのである。これには中に入ったNも周囲にボヤいた。

「せっかくうまいこと処理したのに、また呼び戻して同じことをされたんでは、なんのために苦労したのかわからない。Oも可哀想ですよ。」

彼女は、熱海の広大な「温泉付き池田別荘」ともいえる研修所で、普段は、職員を従えてクジャクのように振る舞っていた。池田がきた時は、もっぱら彼女が身の回りを世話するが、それだけが仕事で、あとは何もすることがなかったからである。もっとも、たまに池田から、箱根の専用施設に呼ばれることがあった。夜遅く、運転手をつとめる職員を呼び出して、車中で浮き浮きとはしやいでいた。これには職員も苦がり切っていたという。(中略)

 昭和56年から始まった「月刊ペン」差し戻し裁判でも、彼女のことは法廷に持ち出され、また週刊誌等でも取り上げられた。それから6年たち、隈部大蔵氏も死亡して裁判は立ち消えとなり、ほとぼりもさめたと思ったのだろう。池田は63年初めから「勝った、勝った」と騒ぎだし、O新副会長の大抜擢など、当時、苦しい思いをさせた者への論功行賞をやった。

 この男の頭には、組織を守ることより、自分の地位を固め、権力を思うままにふるえることの方が大きかった。だから池田は、私の自尊心をへし折ろうとし、プライドを捨てた部下が何でもいうことを聞くかどうか、踏み絵を繰り返すのである。

 女房でも差し出すか、それこそ逆立ちでも、三遍回ってワンと吠える犬の真似でもやって見せるような部下しか、重用しない。要するに自分の下につく者は、人間として最低のプライドまで捨てさせ、反抗の牙を完全に抜く。そうしないと安心できない。それが日本最大の宗教法人、創価学会名誉会長・池田大作の偽りのない素顔である。《『池田大作の素顔』221頁》



▲△▽▼



8.子供の顔にマジックインキ塗られた吉田章子の場合


 池田が得意の絶頂期にあった昭和40年代前半、学会の第一庶務室に三人の目立つ美女がいた。Aさん、Hさん、Mさんの三人。いずれも池田好みの容姿端麗派。池田は三人を特に可愛がり、同じく池田の側用人として仕える三人の男子若手有望幹部とのカップリングを思いついた。

相手の男性は特別書籍部(池田の代作・代筆グループ)の原島嵩、桐村泰次、上田雅一の三羽烏である。原島、桐村両人は既に結婚を約束した他の女性がおり、結局、池田の思惑通りに結婚したのは、上田雅一・京子夫妻だけに終わった。桐村夫人になり損ねたHさんは学会本部職員のY氏と結婚し、Y姓となった。一躍、その名が知られたのは、マジック写真流出事件以降である。Y夫妻の間に生まれた長女を、池田は自分の子供であるかのように異常に可愛がり、学会幹部の間で、誰の子供かと噂されるようになった。そして池田が、その長女の顔にマジックインキを塗りたくって、弄んだ。

 その写真が聖教新聞社のカメラマンによって撮影され、外部に流出した。「自分の子供に何をしても構わないだろう」との池田の意図が、裁判で間題にされた。


弁護側 マジックインキを塗ったことは?

池田  あります。

弁護側 この写真のいきさつは?

池田  Yさんの家は私の家から二、三分のところにあり、この子をとても可愛がっていた。四十七年頃と思う。私が三時の休み時間に、皆がなごやかになるであろうとイタズラした。

弁護側 度がすぎるのでは?

池田 子供があんまり可愛いので。聖教新聞の前には子供がよく遊んでいた。

裁判官 誰が面白がるのですか?

池田 自分も喜ぶ。子供も大人も。


 要するに池田は、近所の学会施設に住むY夫妻とその娘を、「文句がいえるか」とばかりにいたぶったのである。Y氏は当時、「聖教」資料室長。

マジック写真流出後は創価学会の図書館長を務め、生活費支給を池田に頼る身。何をされても、文句一ついえない立場である。

             《『スキャンダル・ウオッチング』68頁》




▲△▽▼



9.一家ぐるみで口説かれた上田K子の場合


 池田のお手つき女と結婚したために破格の出世をした、髪結いの亭主No.1が、U氏だ。二人は池田の命令で結婚した仲。しかし、結婚後、U氏は妻との結婚生活がうまくいかず、友人によく悩みを打ち明けた。K子はもともと大手出版社に勤めていた。彼女を女子部の会合で一目みた池田は「あれを本部に入れろ。第一庶務勤務だ」と北条浩に命令。北条はさっそくK子に会い、会社をやめて本部に入るように説得した。が、会社でも大事にされていたK子は、なかなか会社をやめるといい出さない。そこで、北条は池田の指示によりK子の父に会った。「会館の管理人として家族ぐるみ一生、いや、孫子の代まで面倒を見る」と奥の手を使って口説いた。結局、一家は池田の世話になることとなった。

 やがて、彼女は池田のメガネに適ったU氏と結婚。U氏は若くして副会長、壮年部長とトントン拍子に出世した。だが、こんな夫掃の関係がうまくいくわけがなかった。結婚したあと半年間はギクシャクした関係が続いた。その頃、U氏は友人に悩みを訴えている。U氏が友人に「○○も池田先生と関係がある」と女性の名前を挙げたところ、その数は十余人に及んだ。友人は「キミの奥さんもか」とU氏に尋ねると、U氏は苦渋に満ちた顔で否定しなかつた。

K子は結婚後、第一庶務室兼白雲寮管理人になった。白雲寮は学会本部のすぐそぱにある。池田はよくこの寮を使った。U氏は昼間は本部にいて、夜遅く帰ってくる。池田は、U氏のいない間に白雲寮にやってくるのだ。U氏の悩みの一つに、自分の妻が池田の体液が付いている下着を洗濯させられることがあった。U氏は、一時は真剣に離婚を考え、友人たちに池田への恨みをぶちまけた。

 K子はその後、夫に悪いと思ったのか自分から折れて、やっと正常な夫婦関係になった。そうなった後でも、池田はK子に自分の身辺の世話をさせる。今度は、K子の方が池田に嫌気がさしてきた。

他の女性の口紅の付いたパンツを洗濯させられるのは、さすがに我慢しきれなかった。U氏にグチをこぽすようになる。

 夫婦そろって池田に嫌気がさしたことになる、この二人。今のところ、アンチ池田の旗を掲げる気配はない。結局、自分たちの生活、学会内での地位、名誉、そういったものの総てが、池田におんぶにだっこで成り立っていることを知っているからだ。池田にしてみれば、K子とは単なる男女関係であるだけではない。同時に、側近であるU氏の忠誠度を試し、プライドをへし折って自分に従わせるための、池田特有の人心操縦手段なのである。《『スキャンダル・ウオッチング』74頁》



▲△▽▼



10.池田にもてあそばれ議員となった渡部M子の場合


 数ある大作スキャンダルの中でも、大作・M子の関係はやはり別格的意味合いをもつ。夫の一郎はそれを知りつつ、あえてM子と結婚した。

 そして生まれた一人息子に、名付け親の大作から、大作の次男と同じ城久の名を有難く頂戴した。「先生のお子さんと同じ名前を戴けて、私、夢を見ているような思い。幸せだわ」とM子は有頂天になったものである。

夫の一郎の心境は複雑だった。生まれた子が、自分の血を引いているのか大作の子なのか、疑っていたからである。

 お産のため入院したM子の見舞いにも行かなかったし、男児が無事誕生の知らせに接しても、喜ぶどころか、知らせの使者、M子の姉の藤原郁子にモノを投げつける荒れようであった。このおどろおどろしい話は、いずれも大作スキャンダルが表面化されるよりずっと以前のことである。

 池田はお手つき女性のお下げ渡しをする際の常套手段として、夫の一郎を衆院兵庫一区から立候補させ、すでに八回の当選を重ねる代償を与えた。そして、妻のM子にも、衆院東京一区の名門区から立候補のチャンスを与えた。

 M子は四万五千余票を集め堂々当選、ここに目出たくメオシドリ議員モが誕生した。昭和44年12月のことである。

 その後、47年の総選挙で落選すると、今度は一郎と同じ兵庫県から参院に立候補させ、当選させている。まだ、池田スキャンダルが周知の事実となる以前のこと。

 M子は池田との仲を隠すどころか、誇示してみせた。「池田先生に随順しなさい。そうすれば、私たち夫婦のようにオシドリ国会議員にもなれるのだから。」

 同じ姉妹でも、姉の郁子は先生の意に添わなかった"罰当たり"としていじめられ、妹のM子は身も心も棒げつくした模範人間として用いられる。学会内では知る人ぞ知る事実だったのである。

 ただし、噂が学会内にとどまっていれば、オシドリさんはずっと幸せだったし、夫の一郎は書記長、委員長コースを歩けたかもしれない。

 五十五年、池田スキャンダルが外部に徹底的に暴き出され、事情は一変した。

 M子は、一期限りで参院議員を辞めさせられた。党の婦人局長というポストも、婦人代表としてはイメージが悪すぎるだろうとの判断で、生活局長に左遷された。

 ダメージを受けたのは、夫の一郎も同じである。陽の当たるポストに就けば、なにかと池田スキャンダルの格好のタネにされる。後は飼い殺し、使い捨ての道が残されるだけ。《『スキャンダル・ウオッチング』77頁》



▲△▽▼




11.池田にもてあそばれ議員となった渡部通子の場合


 あの裁判「月刊ペン事件」における池田の偽証工作の実態については、私の身内の証言だけで立証可能だが、ここで少し明かしておきたい事実がある。

 それはほかでもない。池田から通子(渡部・国会議員)に醜悪な誘いがあったのは本当だった。そして、もし誘いを受けた通子が池田をハネつけていたら、逆に池田のいやがらせを受けて、彼女が国会議員になる道は閉ざされていただろう、それだけはまぎれもない事実である。

 大人の男と女だ。世間によくあるような恋愛なら、第三者が口出しすべき筋合いのものではないと、私も思う。

しかし、池田大作と女性学会員とのふしだらな関係は、恋仲などと呼べる代物ではない。池田は創価学会会長という立場を利用して、人妻であれ、結婚前の独身女性であれ、見境なし。

 女性を自分の権力誇示のために弄んできただけのことなのだ。

                《『池田大作の素顔』43頁 》



▲△▽▼




12.池田にもてあそばれ議員となった渡部通子の場合


 渡部一郎も、M子と池田の仲を承知のうえでプロポ−ズしたのであり、当時、同じ部隊の幹部に再三、「俺は通子を、必ず池田から取り返してみせる」と宣言していた。だが、婚約後も、M子の気持ちは池田の方を向いていた。池田も、戸田先生やかね夫人の目を盗んで、M子と逢瀬を重ねた。二人の仲は学会内部で周知の事実であった。

                    《「池田大作の素顔」199頁》


▲△▽▼




13.池田にもてあそばれ議員となった渡部M子の場合


 渡部M子が池田の裸の胸をさすっている現場へ行き合わせたことがある。創価学会が日本共産党との間に協定締結をした時期だから、昭和49年暮れだった。その時、池田は私の顔色をうかがいつつ弁解した。

「いや、藤原君、オレね、気管支が悪くて胸が痛いんだけど、M子がさすってくれると不思議に治るんだけど。だから、つい頼んじゃうんだよなあ。」

                   《「池田大作の素顔」225頁》


▲△▽▼



14.スプーンでメロンを「アーン」の多田T子の場合


 T子は女子部時代、池田と特別の仲だった。池田の泊まる先々で池田の脇腹をさすったり、スプーンでメロンを食べさせたりといったことが、側近によって何十回となく目撃されている。

 S氏と結婚後も、池田と特別な関係を続けたのかどうか分からない。しかし結婚前は、デパートに池田夫人気取りで豪華な買い物にでかけたりしている。昭和四十年頃は、特に本部の女子職員の間で池田との特別な関係が取り沙汰され、羨ましがられたものである。渡部通子が月刊ペン裁判で池田の女性スキャンダルを否定する証人として出廷したのに対して、T子は出廷を断わったことで学会内では有名になった。

 当時、会長の北条浩は「T子は証人になりたがらない。T子は弱いんだ」と周囲に喋った。これは、暗に北条がT子と池田との関係を認めたことになる。T子は当時、婦人部の会合では「私は(池田との関係は)ありません。あったら、ありがたいんですけど」と発言している。

 事実を隠蔽するつもりが、逆に本心をさらけ出した格好だ。T子は現在、藤原行正の妻の郁子を、婦人部の会合でメッタクソに罵倒し続ける役目を負っている。

 悪口をいわせるのは、明らかに池田の差し金である。そのご褒美か、T子は最近、全国総合婦人部長に返り咲きを果たした。また、T子が郁子を罵倒すれぱするほど、夫の方も公明党で重用される。

         《『スキャンダル・ウオッチング』79頁》


▲△▽▼




15.池田の子を中絶した笠貫由美手の場合


 旧姓をSという。S女子部長といった方が、学会内ではわかりやすい。現在は結婚し、姓が変わった。学会活動の方は相変わらずで、世田谷区の総含婦人部長をしている。

 凡人のSが女子部長になれたのは、本人に力量があったからではなく、池田の寵愛を受けた女だったからにすぎない。

 池田はよく、「由美子はバカだ、バカだ」と周囲に喋った。笠貫は、女子部時代、第一庶務室に長く務めていた。いつも池田のそばにいて、池田がいる部屋の隣で、手を前に付き、半かがみになって待機する。

 池田が「オイ!」と呼んだり、手を叩くだけで、直ちに池田の許に飛んでいく。その素早さが、池田に評価され、バカといわれても女子部長になれた所以である。


笠貫は、池田が目を真っ赤にしながら「目がいたい、目がいたい」というと、傍らに坐って本を読み聞かせたりした。読むのをつっかえると、ここでもまた「バカ」とどやされた。

 それでも、池田先生の側にいることをこよなく好んだ笠貫は、自分を罵る池田の態度などいっこうに気にしなかった。

 笠貫の女子部での活動歴は浅い。それが、たちまちにして全国女子部長になった。抜擢の背景には、池田に対する笠貫の思い入れがあるのはもちろんだが、

 池田から見れば、笠貫の「尽くしに尽くすタイプ」を側に置いておきたかったのである。やがて、笠貫は池田の子を身寵った。

 その子の中絶を手配したのが、横浜日赤で外科部長をしている、学会ドクター部幹部の森田修平だった。

 このことについては、藤原行正が、「何代か前の女子部長」という匿名の表現で、中絶の件を暴露した。池田は、それに対して過剰反応を示した。

 池田夫人・香峯子をして、笠貫の妊娠を否定するアリバイ作りに加担させたのである。

 池田夫人から婦人部の最高幹部が直接指導を受ける記事が、『聖教新聞』紙上に掲載された。このようなことは、普通では、まずありえない珍事である。 

 今年2月11日の『聖教新聞』7面には、次のようぬな笠貫の記事が載った。「優しい妻に 強い母に 力ある婦人に_これは婦人部進出にあたり、先生の奥様からいただいた指針です。」池田は、女性スキャンダルのカムフラージュに夫人まで使って恥じるところがない。

             《『スキャンダル・ウオッチング』90頁》


▲△▽▼



16.「一緒に寝た」とノロケた故・S斉藤の場合


 Sさんは年に二、三度は必ず日本に出向き、池田と会う。帰国後、その特別な関係を自慢し、会合でノロケて見せる。それによって「Sさんは池田先生に近い方だ」との評判を獲得し、組織を私物化する。

 いってみれば、ミニ池田大作のブラジル版なのである。(中略)Sさんが日本から帰ってくると「先生の招待で日本へ行ってきました」と池田との特別な関係を自慢し、派手な洋服、飾り物を身にまとい、得意顔。

 側近に

「○○で一緒に過ごした」

「夜中ふと目を覚ましたら、先生が横に寝ていた」

「先生と手をつないで歩いた」

「もったいないので、先生の手を懐ろに入れてあげた」


といった類の低級なノロケ話をして悦に入ったりもする。

 だから現地では「Sさんは池田さんの妾だ」といわれる。

 そして池田さんの妾(?)が現地の学会組織を牛耳っているのだから、トラブルが続発するのは当然だ。(中略)

 また、かつてNSBには「Sにプレゼントする会」というのがあった。各支部が持ち回りで担当した。これも、長谷川重夫副会長によって推進された「池田先生直結運動」と同じものである。

           《『スキャンダル・ウオッチング』180頁》


▲△▽▼



17.池田との異常な関係で離婚されたHさんの場合


 自分の手の付いた女性を他の男に分け与える。考えただけでもおぞましい行為が、今なお信仰指導の名の下に行なわれる。

 かつて、原島嵩、山崎正友らによって証言・暴露された、池田と取り巻きの側近女性の異常な関係。

 それらの女性の男性幹部へのお下げ渡し事実。Hさんという一学会婦人部幹部の二回目の結婚にまつわる騒動は、それらの事実をまた一つ裏付けることになつた。

 Hさんは昭和31年の入信。43年に34歳で本部職員となった。婦人部から学会本部に採用されるのは、異例中の異例。池田の大抜擢があったのは確かだ。Hさんには二回の結婚歴がある。その二回目の結婚でHさんは、新婚旅行から帰った翌日に早くも離縁された。いったい、何が起きたのか。

 Hさんと夫のAの結婚は五十五年、Aが五十七歳、Hさんが五十歳の時だった。Aが後に遇刊誌で告白したところによれば、結婚披露宴で挨拶をした多田省吾の祝辞が、じつに珍妙だったという。

 「池田先生が誰それと関係があるとか、いろいろ書かれていますが、相手の女性にはそれぞれ主人がいる。そんなことはあり得ませんよ。いいかげんな週刊誌が多いんです。」

 Aは、結婚披露宴のめでたい席で、どうしてそんなはしたないことをいうのかと、疑問に思った。

 騒ぎが起こったのは、一週間ほどの新婚旅行を済ませた翌日だった。妻が「池田先生に挨拶に行こう」といい出したのだ。かつて第一庶務室に勤務した経験のあるHさんは、池田が自宅にいることをしっかり確認し「今行けば、会ってくださるかもしれない」と池田家に夫を連れていった。

が、玄関口に現われた池田夫人は「主人は寝巻姿なので出られない」と、冷たくいい放ってとドアを閉ざした。

 そのまま自宅に戻ったAが「家にいるのに出てこないなんておかしいじゃないか」というと、Hさんはいきなり怒りだした。「池田先生のことを悪くいうなんて許せない」と叫びながら、手当たり次第に物を投げつける、ヒステリー状態に陥った。

 Aはこれにびっくり。こんな女とではとても一緒に暮らせないと、すぐ離婚を決意、実行に移した。これだけなら、確かに異常ではあるが、どこにでもある、単なる夫婦喧嘩に過ぎないかもしれない。

 問題は、Hさんが出ていった後しばらくしてからAに届いた、一枚の手紙だ。中身は便箋一枚の簡単なもの。週刊誌の切り抜きのような文字が貼られてあった。

 「(池田大作と関係のあった女性)七、八ニンノナカニアナタノオクサンモイマス 五月号ノシュウカンシンチョウニ、貞子ト名入リデノッテイマシタダイサクノツカイフルシヲイタダイタノデスカ」

 いったい、誰がこの手紙を出したのか、定かではない。しかし、池田がこの夫掃の新婚旅行直後の挨拶に出てこなかったのは、自分のお下げ渡し女をもらった亭主と顔を合わせる気になれなかったのではないか、とAは後に述懐している。Aは今、三人目の女性に恵まれ、平穏な日々を送っている。池田のお手つき女を黙ってもらい、心ならずも池田に平身低頭してみせる学会幹部のその後の苦悩と比べ、Aの悠々自適な生活は対照的だ。

           《『スキャンダル・ウオッチング』71頁》


▲△▽▼



18.副会長が「お手つき」と告白した松岡M子の場合


M子は第一庶務出身。やはり、池田とのスキャンダルがウワサにのぽる。上田雅一副会長もかつて、友人に「M子は先生のお手つき女」と告白したことがある。(中略)資は、かなりのエリートコースを歩んでいる。

 だが、これも髪結い亭主の例を免れない。M子は結婚後も、第一庶務付きだった。あまり表面には出てこないが、「池田先生に近い女性」ということだけで、学会内では知る人ぞ知る特別な存在である。吉田章子、上田京子、そして松岡M子。言論問題が表面化し、池田が世間から隠れるようにしていた時、こういった女性たちはいつも池田のそばに侍っていた。

 今、学会内には紅梅会という婦人部人材育成グループがある。『聖教新聞』紙上にも最近、このグループの活動が報道されるようになった。

 婦人部の人材育成といっても、メンバーは第一庶務出身の婦人が殆ど。やはり、苦しい時には「お手つき女」を集めるのが池田のいつも変わらぬやり方である。         《『スキャンダル・ウオッチング』80頁》



▲△▽▼


19.結婚後も身を差し出した浅野香世子の場合


 結婚の時には池田に祝福され、結婚後には「子供を作るな」と妙な注文をつけられた学会幹部夫婦がこの人たち。(中略)K子の入信は比較的新しく昭和三十九年。四十五年にはもう女子部長になっているのだから、これは例によって何かあるハズと勘ぐられた。

 やはり、この女性も池田の寵愛を受けていたのである。結婚当時、Kは一日も早く子供を欲しがった。夫婦にとって、ごく自然な願いである。が、そんなKを池田は叱りつけた。「子供をつくるなんて、甘いことだ。女房をもっと本部に近づけなければダメだ。自分の女房と思ったら間違いだ。本部に差し上げる気持ちがなければいかん」。(中略)結婚は池田の意向一つで左右され、しかも「女房を差し出せ」といい出す始末だ。

 Kがどういう気持ちで自分の女房を差し出したかはさておき、A夫婦は池田とともに訪中したこともある。だが、夫の方はどことなく影が薄く、最近ようやく、「一二五人中の一人」の副会長になった。

           《『スキャンダル・ウオッチング』84頁》


▲△▽▼



20.「池田の子を・・・」と噂されるHさんの場合


昭和50年代初め、第一庶務室長のMと部下であるHさんの不倫が持ち上がった。オフィスラブなんて、どこの会社にもあること。だが、そこは何せ、池田の目が光る第一庶務での出来事だから、大変だった。

 Hさんは池田の好みのタイプ。Mとの不倫の結果、Hさんのおなかが大きくなった。池田は激怒して、その子を堕ろさせた。

 学会副会長の原田稔は、友人に「MがHさんを妊娠させたぞ。(ドクター部の)森田修平に頼んで堕ろさせたよ」と漏らした。

 51年のことである。だが、妙なことに、その後、Hさんはまた子供を二人生んでいる。Hさんの戸籍謄本によれば、父親の名は空白のまま。彼女を知る人は、その後の彼女のやつれた姿に驚いている。

 Mは表向き、黙して語らない。しかし、身近な人間には「オレがそんなことをすると思うか」と漏らしている。じつは、この二人の子供こそ、池田とHさんとの間にできた子供とウワサされているのだ。

 とやがて、Mは第一庶務の任を解かれ、神奈川県長に転出させられた。しかし、ウワサは空気伝染するもの。今度は、神奈川の学会組織に不倫のウワサが広がった。いたたまれなくなったMは一時期、組織から行方不明になり、県長を辞任。その後も再三、行方不明になる。今は学会系外郭企業・鳳書院の重役に取まっている。重役とは名だけで、仕事は何もない。池田の私物である第一庶務の女性と関係したM、今でも池田に用いられてはいる。

これも池田のやり方。自分に歯向かってこないかぎりは、学会の恥部隠しと口封じを優先して、飼い殺しにするのである。

                 《『スキャンダル・ウオッチング』85頁》


▲△▽▼



21.池田に身も心も捧げたげた高橋Hさんの場合


旧姓・Hさん。聖教文庫制作局出身で、熱烈な池田狂。花の女子部長も経験した。池田に、身も心も棒げた彼女は、女子部時代から一貫して「結婚しない」と公言していた。夫は高橋英明。第一庶務に勤務していた。英明は学生時代からHさんにべ夕惚れで、何度となく交際を申し込むのだが、Hさんに「今はそんな時期じやないと思います」とかわされて、相手にされなかった。にもかかわらずHさんが英明の求婚を受けたのは、Hさんの両親に会ってまでの池田の一言があったからだ。結婚式の当日、集まった女子部幹部たちは「これでHさんさんが女子部からいなくなる」と涙を流す光景が見られた。

花嫁自身も、ちっとも嬉しそうな顔をしていなかつた。Hさんは女子部時代、第一庶務も兼務して、池田のそばから離れなかった。池田が「サカエ!」と呼ぶと、すぐ駆けつけ、用を果たす。女側小姓そのもの。やがては、池田の代わりに聖教新聞の記事をHさんがチェックした。「池田先生に近い」ということで周りの職員に恐れられ、本部職員もHさんには頭が上がらなかった。現在、Hさんは婦人部書記長。今の婦人部長・坂口幾代の次の婦人部長間違いなし、といわれる。英明は第一庶務兼務のSGI欧州書記長。日本とフランスの間を行ったり来たりの日々だが、日本を離れている間、妻の行状がさぞかし気懸かりなことだろう。

               《『スキャンダル・ウオッチング』87頁》


▲△▽▼



22.九州の女帝として振る舞うTさんの場合


ご多分にもれず、Tさんもまた、池田大作のお手つき女の一人であった。Tさんは本当は信子だったが、池田の『人間革命』の主人公・山本伸一の伸をとってTさんと改名したほどの池田教信者。池田の威を借りて、九州では女帝のごとく振る舞っている。夫の昭二が代議士になれたのは、渡部一郎と周じく、お手付き女と知って信子と結婚した論功行賞による。可もなく不可もなしの政治家生活。本人は当然、七期、八期と定年まで代議士を続けられるものと考えていた。ところが、五十八年の総選挙の直前に、何の相談もなしに候補者を引きずり降ろされた。代わって福岡一区に舞い降りてきたのが、神崎武法。検事総長になるのを目指して、"隠れ学会員検事"の秘められたコースをひた走ってきた男だ。

同じ法曹仲間の山崎正友弁護士から「現職検事の電話盗聴事件関与」を暴露されて、検事辞職に追い込まれた。

「よろしい。それでは検事総長を指揮監督する法務大臣になれるよう、キミを国会議員にしてあげる。十万以上の学会票があり、当選が確実視される福岡一区から出たまえ。」

池田の"鶴の一声"で田中昭二が侯補を降ろされ、神崎武法が新人候補に指名された。新人ながら、神崎は十四万票を得て堂々のトップ当選。(中略)田中を降ろすにあたって、池田はTさんを九州総合婦人部長に昇格させた。九州婦人部の最高責任者に登用することで、夫婦の間のバランスをとったわけだ。昭二は愚痴の一つもいわず、女房の尻に敷かれた。(中略)Tさんは「九州の女帝」として振る舞い、男性幹部といえどもTさんの機嫌取りに汗を流す。男を尻に敷くのが、よほど好きで性に合っているらしい。                     《『スキャンダル・ウオッチング』96頁》


▲△▽▼



23.夫よりも池田を愛した女王蜂・Aさんの場合


池田は常々説いてやまない。

「夫婦よりも親子の方が関係は深くて強い。そして親子よりさらに大切なのが、師弟の関係だ。」

池田のいいたいのは、夫婦や親子の情に流されるよりも師匠である私を大切にせよとの、師弟関係最優先論である。その教えを文字通り実践したのが、婦人部長のAさんである。そういう妻をもつ亭主がいかに苦労し悩むかを地で示したのが、秋山Tである。あげくに、病院で死ぬことさえ許されず学会施設に隔離され、監視されて五十九歳の呆気ない最期を迎えた。死期の近いことを悟ったTが、妻と池田とのスキャンダルを暴露するのを学会から警戒されたのである。

「池田名誉会長の専用施設で、ご本尊に見守られながら死ぬなんて、最高の栄誉。」

まことしやかな"美談"が婦人部幹部の間で伝えられたが、実際には池田スキャンダル情報の流出防止のため、死の2、3週間前に病院からムリヤリ連れ出されたのだった。

 Aさんは、夫のTよりも師匠の大作を愛し、かつ大切にした。

しかも、そのことを学会内で誇示する始末だった。池田は栄子を学会婦人部長に起用し、長い間"女王蜂""女大作"として振る舞わせた。

            《『スキャンダル・ウオッチング』25頁》


▲△▽▼



24.池田をしのび、思いにふけったYさん


57年4月、中国総合婦人部長に抜擢されたYさんについては、池田が彼女に宛てたという手紙も、彼女が池田を「しのび、思いにふけった」とする文章も公表されており、関係は事実ではないかと疑っている。元四国総支部婦人部長による「寝間でのオシボリ」云々の目撃証言もあり、池田が彼女の夫である元参院議員・Y氏に

「Tさんはかわいいな。Tちやんには恩があるよ。Yさんを大事にしろよ」

といった内部文書も存在する。(中略)なお噂の女牲たちの多くが、池田との親密さを会員に語り、部外秘の文書とはいえ、幹部用の『前進』などに記していることをどう考えればよいのか。常識的には関係の明示はきわめて危険である。だが、女性幹部といえども、末端会員からは、池田との近さにおいて彼女の偉さが量られる。そのため、外向的で権力志向の強い女性の場合には、秘すことの必要性と、公表したいとの欲望の相克に常に悩む。公表しすぎれば池田の機嫌を損じる。どうしたらいいのか。(中略)思いのたけをぶちまけるやり方では、Yさんの次の文章などが好事例になるはずである。

「題目を唱えていると、時として"先生"(注・池田のこと)と思わず叫んでしまうこともあった。…先生を求め抜いていく情熱で戦っていけば、その人こそ最も先生に近い人といえるであろう。…先生のお話が聞きたい。だれでもよい、"先生にお目にかかった"と聞けば、"先生はお元気だった?どんなお話をされたか"とむしゃぶりつく思いで聞いた。そして少しでも、先生のことをしのび、思いにふけった。…

『池田先生に嫌われてるのでは…』そういう、必要以上に自分を卑下する心が、どうしても出てくる」

(『前進』44年10月号)なるほど、こうまで一方的に表現すれば、池田に迷惑をかけずにすむ。(中略)Yさんの文章に、信仰的情熱より、むしろ池田への恋情を読みとるのは難しいことではない。

                  《『創価王国の野望』107頁》



▲△▽▼



25.池田の食べかけのアイスを食べた辻K子の場合


"蒲田三羽烏"の一人・T氏。昭和29年頃の序列は、T青年部長、U男子部長、池田参謀室長の順だった。(中略)T副会長は、再婚した婦人のK子さんのことでも学会内では陰口され、有名である。

旧姓を鈴切K子といい、池田のお気に入り女性の人であった。辻との結婚が決まったあとも池田は一緒に連れ歩き、人前をかまわず「K子、K子」と拝び捨てにし、クツ下をはかせたり食べかけのアイスクリームを食べさせたりして、睦まじいことを誇示した。

因みに、大橋敏雄代議士を除名処分にした統制委員長の鈴切康雄代議士はK子の実兄。学会組織内部では「妹の七光で国会議員にしてもらえた」と評判になつた。


「先生から『学会組織を利用して遊んでいるね』と厳しく指導された。この先生の一言こそが、私の一生涯の支えになった」

一鈴切から辻姓へと変わった後も「先生」への想いを捨てられないK子が学会機関紙に寄せた告白である。

             《『スキャンダル・ウオッチング』20頁》



▲△▽▼



26.池田の身体の汗を拭く美人通訳・矢倉涼子の場合


どこの大学を卒業し、いつから学会員になったか、過去の経歴が誰にも分からない謎の女である。

年齢は三十五歳前後。一おそらく独身だろう」と噂される。(中略)外国人との対談では、相手が英語圏の場含、彼女が通訳を一手に引き受ける。

池田が喋らない言葉までを、その場の雰囲気に応じて臨機応変に通訳してしまう。内容のない話しかできない池田を補佐する力のある才女だ。(中略)


池田の世話、面倒をどこまで担当するかは謎であり。ただ、常に池田により添い、汗っかきの池田が洋服を脱いだ時など、ごく自然に身体の汗を拭いているのを目撃されたことはある。どこまでのサービスをするかはともかく、

「今、池田から最も寵愛を受けている妖艶な美人通訳」との評価は定まった。

          《『スキャンダル・ウオッチング』82頁》


▲△▽▼



27.池田をマネて婦人会館に君臨したHさん弓子の場合


Hさんの名を有名にしたのは、なんといっても、の悪名高い新宿集団替え玉投票事件である。Hさん、この事件の中心人物の一人だった。郵便受けに放置されたままの投票入場券を抜き取り、学会組織である総ブロックの拠点に集めた。入場券の本来の持ち主の生年月日、本籍などを住民票の閲覧で確認、投票は投票日当日だと本人とかち合う危険があるため、それぞれ適当な理由をつけて不在者投票で行なったというもの。

本来なら、この事件が発覚した際、摘発の手は当然、首謀者の一人、Hさんに及ぶはずだった。

しかし、学会と党の必死のモミ消し工作の結果、摘発は末端幹部にとどまった。池田自身、『社長会全記録』の中で「新宿の選挙違反事件等は、絶対にいけない。Hさんは、アブノーマルな点が心配だから、絶対にいけない」と"きれいごと"をいっている。

 弓子は婦人部長の時代が長く続いた。弓子が婦人部長だった頃、信濃町に創価婦人会館ができた。弓子は婦人部長として、この会館の中で女帝のごとく振る舞っていた。

 全国の婦人部幹部に地方の産物を持ってこさせたり、自分の机から物が落ちるとそれを拾わせたり…。一部には「ありゃ、大作のマネだ」との話がもちあがった。《『スキャンダル・ウオッチング236頁》


▲△▽▼



28.女子部特代に池田の世話をした北川M子の場合


M子は白雲寮の管理人をしていた。離婚後、その任を解かれた。

Mさんは、池田のゴーストライターの集団である聖教新聞社内の特別書籍にいた。野崎勲が全盛時代に集めた、いわゆる野崎コレクションの一人。

池田の講演の原稿などが主な代筆のジャンルだったが、川田洋一とともに大作の『生命を語る』などもMさんの代作。もともと関西の人間で、関西の学生部長だった。池田がわざわざ東京に呼び戻して特別書籍に入れ、野崎勲とともに学生部の二本柱にした。M子と結婚後、白雲寮の管理人となり、一時は池田家ファミリーの一員になりつつあったが、結局、離婚でオジャンになった。M子と池田のスキャンダルについては、その事実があるかどうかハッキリしない。彼女が女子部時代に池田の身辺の世話をし続けたことは確かである。


そのことと離婚は、何か関係があるかもしれない。自分のお手つき女を学会幹部にお下げ渡しして、その夫を管理人とか国会議員にして餌い殺しにする、池田のワンパターン的常套手段から逆類推すると、この二人のカップルもまた、と噂が広まっているのである。《『スキャンダル・ウオッチング』70頁》


▲△▽▼



29.深夜、密室でマッサージしていた女性達の場合


 池田は朝に弱い男である。朝はたいてい十時過ぎまで起きてこない。やっと床を離れても寝起きが悪く、必ずグズグズいう。

 ところが、東京でも地方でも夜十時過ぎには寝室へ引っ込むのである。マッサージが好きでよく頼んだ。夜は、時に女性が一緒だった。その女性達たちは信仰熱心な婦人部幹部のケースもあれば、本部勤務の女子職員のケースもあった。大人の男女が二人で何をしているのか、おおよその想像はついたが、私は知らん顔で通した。《『池田大作の素顔』90頁》


▲△▽▼



30.池田のデタラメな行状を目撃した側近の場合


池田は自分の国会喚問をなんとしても阻止するために衆参両院の七十人近い国会議員を総動員し、各党の懐柔策を命じた。(中略)池田大作は一人で逃げた。公明党議員に恥さらしなモミ消し工作を命じながら、自分は2月初旬、創価学会の箱根研修所へ逃避行を図り、同年春までその山の中に身を隠していたのである。(中略)その側についていたのが一番弟子・原島嵩教学部長(当時)ら子飼いの若手側近数人だった。

原島はのちに月刊ペン裁判の証人に立った際、逃避行時の池田のデタラメな行状について自分の目撃談を明かしている。

「45年の言論出版問題の時は、会長になってはじめての経験で(池田氏は)狂乱状態のような時もありました。時には、午前4時(ごろ)にある女性が靴下もはかないまま、私たちを呼びにきたこともございました。非常に度を失っていた時期だったので、そうした場面にも遭遇したのではないかと思っています。」

《『池田大作の素顔』130頁》


▲△▽▼



31.池田の恥部を隠してきたドクター四人組の場合


学会員の医者で組織されるグループにドクター部というのがある。その中でも特に有名な四人について取りあげる。

S氏は、最近、副会長になった、ドクター部長。妻のKさんは、第一庶務出身で、池田とのスキャンダルがウワサされた人。Sの父は、東京・柳橋で開業医を経営。親子とも耳鼻咽喉科。

 佐藤玄二は潤一の弟。元学会ドクター部長。やはり耳鼻咽喉科。

M氏。副会長、前ドクター部長。元学術部長。

横浜日赤病院の外科部長であり、池田の主治医でもある。

Iさん。学会副ドクター部長。東京・大塚に新生クリニック(通称・Iさん病院)を経営。産婦人科医。池田の下半身スキャンダル隠蔽に大きく貢献。

(中略)

まず池田が、周りに医者を侍らせる際に重視することは、自らの秘密の保持に大きなウェイトを置く、という点だ。学会員に優秀な内科医・外科医がいないわけではない。ただ池田は、秘密を守れる医者、安心できる医者を選び、自分のそばに置く。産婦人科のIさんは、池田の数多くの下半身スキャンダルを常に隠し続けてぎた。Wさんも、よくIさんの病院に通ったものである。

このように、池田のみっともない秘密を隠し続けられる神経を持った医者は、そうざらにいるわけではない。世間に知られては困るトラブルの処理に、Iさんをはじめとする、口の堅い医者を当ててきたわけだ。

 Mさんも、そういった意味での貢献度は高い。第一庶務室長でありながら部下の女子職員と不倫を起こしたM・TさんとYさんが、中絶のため出向いたのも、森田のところだった。

 下ネタの他にも、池田が人目を忍んで医者を侍らせる理由がある。「病気になるのは信心がないから」と池田がおかしな指導をし続け、「病は信心不足から」と自分がいっている以上、まさか、その本人が病気がちで薬漬けだと世間に知られては、恥をかく。池田は体の強い方ではない。しょっちゆう、学会本部4階の池田専用室に医者を呼んで注射をさせる。

 池田は注射が大好きである。ただ、池田の血管は細く、また贅肉がぶ厚いため、なかなか針が血管に入らない。医者が、汗だくになった池田の腕に、針を刺そうとする。池田はいい気なもので「早くしろ、早く!」と急ぎ立てる。また、池田はしょっちゆう目の痛みを訴える。耳鼻咽喉科の佐藤を呼びつけるのだが、目の痛みに耳鼻科の医者とは、はてさて?

 明らかに、病気を世間に知られたくないためといわざるをえない。

          《『スキャンダル・ウオッチング』239頁》



▲△▽▼



32.「イメルダ夫人」と呼ばれていた池田香峯子の場合


 子育てを卒業する頃に夫婦関係が逆転し、女房の発言権が強まることは、どこの家庭でもありがちだが、池田家にあっては、この時期と夫のスキャンダル露呈とが重なった。

暴君亭主に対し、耐えに耐えてきた貞淑妻の忍耐が限界に達したのだろう。

が、今さら夫の不貞、乱行を責めても、詮ないことである。

 香峯子はその怒りを亭主に向けず、学会組織に発散させた。「創価学会の女帝・イメルダ夫人」の登場である。「先生」に加えて「奥様」が君臨するようになった。世間感覚の先生、奥様と違って、学会では「先生」「奥様」は二人とあってはならない。「先生」は名誉会長ただ一人であるのと同様に、「奥様」の称号も香峯子夫人一人だけに対し用いられる。

「奥様」は今や、女子部長、婦人部長の上に位置づけられるにとどまらず、副会長、会長を凌ぐ権威、権力をもち始めた。

 人事に口を出す程度の生易しさではない。池田一族で学会の全てを所有し、世襲制を推進しようとする点では大作以上に熱心なのが、香峯子・イメルダである。最近では表情まで権力者然とし、おとなしかった「かねちゃん」を知る人々をして、嘆き悲しませるのだ。

 夫・マルコスの国外亡命で運命が大逆転したイメルダの二の舞を、池田香峯子が踏むかどうか。長くかかっても、結論が出るだろう。

          《『スキャンダル・ウオッチング』95頁》



▲△▽▼


お金とアレにしか興味が無い池田大作先生を背後から操っているのは…



要するに彼等は、世界支配中枢の手先なんです。

つまり、さまざまな謀略を仕掛ける上で「閉鎖的で・従順な」集団というものが必要なんです。それにはどうしてもカルトが一番適している、というところを世界支配中枢はわかったから、それぞれの国でそういったカルト的な組織を育成して、巨大化させて、権力を持たせてきたわけです。

それを日本においては戦後GHQそしてCIAが主導権を握って、創価学会と統一教会という2つの宗教に主としてその役割を担わせてきたと、考えていますが、ただし、その二つの宗教だけではありません。そういったCIAの息のかかった宗教というのは、例えば真光系のいくつかの教団にしてもそうだし、幸福の科学とか、そういったものもそうだと思います。

まあ、ある意味、それぞれの教団に対して統一教会が人間を送り込んで内側から支配構造を作っていく。いつのまにか支配中枢に座っている、ということで大元は実は統一教会であるという場合が多いと思います。つまり創価学会も実は統一教会の連中が入りこんで中から動かしている。

その結果として何が起きたかというと、オウム事件において統一教会だけではなく創価学会も暗躍したというのはそういう意味だったと思います。

つまり中核でおかしなことをやってる連中はみな同じ連中なんです。つまり、統一の服を着てその上に創価学会の着ぐるみを着て、さらにその上にオウム真理教の気ぐるみを着た三重なんです。十二単みたいな連中なんですね。そういう事なんです。

で、オウム信者というふうに新聞に出るけども、皮むくと創価、もう一回むくと統一教会。これが謀略に謀略を重ねた結果なんですね。

ということで、この連中は宗教というもの、閉鎖的で外に情報が洩れなく、そして非課税特権で守られているから、おかしな金の流れというものに手を染めても司直が手を出せない。というメリットを利用してるわけです。

つまり宗教は非課税特権だからこそおかしなことに手を出せる。犯罪・謀略、全て非課税特権があるからこそ出来るんです。したがって創価学会あたりに対して民主党の議員さんあたりが「宗教の非課税特権を撤廃するべきである。」ということを一言でも言ったら、公明党創価学会大騒ぎして叩きのめそうとする。

つまり彼等にとって一番のウィークポイントがここなんです。つまりこの非課税特権がなければ、宗教はいかなる謀略も出来ないんです。そして、金を集めてその金をどうしようがわからないからこそ、おかしな犯罪に金を投入することが出来るんです。麻薬にしろ保険金殺人にしろ、非課税特権があるから出来るんです。

その結果として、戦後六十数年たって、わが国は完全にこのカルト集団によって略奪されてきています。

あの〜ここに、今朝見つけたんだけど「くたばれ創価学会、お国の為に」あのこれは僕が書いたわけじゃないけれど、実に達筆だよね。というかこういうソフトがあるんだろうけれども本当にそうだ。わが国のためにはこんなのいらないよ。 

そりゃね、信者さんの大半はね、変な人じゃないの。信心してるの。でもね、ここをね、大きく2つに分けて考えなきゃいけない。

創価学会は日蓮正宗の信徒団体であって、そもそも最初は日蓮の教えを勉強したい人達がいたわけ。ところが今は、そういう人達とは別に池田教になっちゃっているわけ。池田大作という在日朝鮮人の2世が神様になっちゃってる。

つまり1つの宗教の中に2つの要素が入り込んじゃってる。これが間違いなんだ。
だいたいが教祖を神格化するというのはこれCIAの手口なんだよね。

そもそも本来は仏教団体なんだから、仏教団体として活動してくれる分には全然問題ないわけですよ。どうぞお好きになさいと。仏法、立派なもんです。ゴータマ・シッダルダ以来、人間に生きる道を教えてくれる。素晴らしいものです。

ところがそれと池田教とは全然違うもんなんだよね。で、そこのところに気がついて止めた人も一杯いる。気がついたってことは、あの〜まだ頭がちゃんと働いているっていうことだと思う。

さて、このこういう映像・画像見てもらえればだいたい分かると思う。どんなに偉そうなこと言ったって、北朝鮮の親分と手を握り合ってる親父、こんなの信用できるわけ無いじゃないよ。

この親父が、自民党の議員さんに自分のところの信者を沢山送り込んでいるんだよ何百人も、文鮮明が。北朝鮮のボスと手を握った男が自民党のボスなんですよ。こんなことが許せるんですか?

統一教会の信者さん、ここ説明してください。これをどう解釈したらいいんですか?わが国の敵じゃないんですか、北朝鮮は?わが国の人間をどんどん勝手に拉致して行方不明にしてさせて、変なミサイルを飛ばすとか飛ばさない
とか・・

今日はどうやらぶっ壊れたから飛ばないみたいだけども(笑声)そりゃまあそうでしょう。ま、その程度のレベルだと思うから。

そしてこの人、いい顔してるね(文鮮明の写真を指す)こんな人がメシアの再臨のわけないでしょう、顔見れば分かるでしょうが。これがメシアの再臨?そう信じているとしたらあなた頭がおかしいよ!この人、北朝鮮やオウムや麻薬に関わっている犯罪者ですよ。

それからまだ分からないで、いつまでたってもぐずぐず統一教会に引っ張られて搾取され拘束されている人達、可愛そうですね。早く気がついてください。
                  
それからこの三色のうちわ、韓国に行くとおみやげやさんで売ってます。で、あのWBCの野球の大会で日本と韓国が対戦する時は、チアガールの綺麗な女の子がこのうちわを持って「コリアン頑張れ」ってやります。韓国のスリーカラー、韓三色です。

この同じ色が見たかったらそのへんに一杯あります。創価学会の旗です。
創価学会の旗になぜこの色を使ったのか?つまり、池田大作さんは、自分の創価学会の信者の中のごく一握りの、コリアンを源泉に持つ人達にメッセージを与えているんです。

「創価学会はコリアンの為の宗教だよ」ということを伝えるためにわざわざこの色で3色旗を作った、というふうに私は解釈しています。

もう1つ、聖教新聞を読むと、池田大作さんの回顧録として子供の頃お父さんから

「日本人は戦争の時、韓国をいじめた。それに対して反省しなければならない」

ということを先生書いてる。そりゃ結構ですよ。で、同じ聖教新聞には「韓日友好」とか平気で書いてるわけ。日本国の宗教で、日本人のための新聞で、何で「韓日友好」なんですか?

これも同じこと。創価学会の中のコリアンのメンバーに対してメッセージを伝えてるんです。聖教新聞は「創価学会はコリアンの為の宗教なんだよ」ということを暗に伝えている。





▲△▽▼



Q : monsekanaさん
創価学会と、オウム真理教は似たようなものなんですか?

質問日時:2010/3/21 20:55:02.


A : xoxhaxgixさん

ハイ 似たようなものです

假谷さん拉致事件では コラボしてるみたいですが。

オウムと創価学会の準軍事的関係がはじめて公的に明らかになったのは、1995年4月4日、オウム広報部長上祐史浩の外国通信記者クラブでの会見であった。上祐は、諜報省がオウム防衛組織の背景を調べた結果、少なくとも27人は元創価学会員であったと公表した。この部門は、噂によれば、教団の諜報省とともに、オウム施設への強制捜査を導いた仮谷拉致殺人疑惑を含む、拉致者の殺害、殺人、肉体的懲罰の責任があるという。

オウムの元創価学会員の多くは、犯行後、なぜか消えた、と上祐はつけ加えた。

上祐の情報部は、創価学会とオウムの関係について内部調査を行なったのである。これらの隠された創価学会侵入者を彼は「スパイ」と呼んだが、彼らは、もしオウム真理教が警察の攻撃を受けてきたのであれば判決のために尋問されなければならない。そして、創価学会準軍事的軍隊は、東京地下鉄毒ガス事件を、おそらくは朝鮮半島で訓練されたテロリストといっしょに組織し、着手したことがわかるし、このことは、二つの教団のあいだの致命的な仲違い――それとも創価学会が海外情報組織から恩義を受けていたということのどちらかを指し示している(創価学会は北京・クレムリンと強力に結びついており、在日朝鮮半島人会員が上層部から下部に至るまで広くその教団に浸透している)。

この消えた元創価学会員は、なぜ追及されなかったのか?
そこか事件の核心だったからである。創価がらみの事件は、警察もマスコミも深追いしない。だから、隠蔽できた


・・前科11犯の創価信者。何故免許証をオウムに貸したの?仲間だから?

そして二月二八日、目黒公証役場の事務長、假谷清志さん拉致事件が発生する。この真犯人が誰なのかは別として、一般的にはどう見てもオウム真理教が怪しい。一般の百パーセント近くがオウムを疑ったのではないだろうか。そして実際、オウム真理教の松本剛容疑者が拉致監禁に関わったと報道され、拉致に使用したレンタカーの書類から、松本剛容疑者の指紋まで出てきたのだ。このまま直に松本容疑者が逮捕されれば、すんなりオウム真理教による拉致事件が立証できただろう。だが、松本容疑者はなかなか逮捕されない。松本容疑者はレンタカーを借りるにあたって、他人の免許証使用している。で、当然ながらこの免許証の持ち主にも嫌疑がかかったのだが、どうやらこの人物は、ただひたすら松本容疑者に便宜を図っただけのようである。

便宜を図った免許証の持ち主がまた、創価学会の信者であった。そのことがますます、公安警察を悩ませたのだ。


▲△▽▼


池田大作レイプ事件  


平成8年2月、創価学会の元婦人部大幹部・信平信子さんは「三度にわたって池田大作に強姦された」と告発し、同年6月東京地方裁判所に損害賠償請求の訴えを起こした。

 以下は被害者・信平さんの手記より──

創価学会が、大沼国定公園(北海道)の中に、総面積2万坪という広大な敷地をもつ「大沼研修道場」を作ったのは、昭和46年のこと。

 そして、池田大作がここに避暑に来るようになったのは、昭和48年6月からでした。

 大沼研修道場の本館での池田の世話は、私が全部やることになっており、それが上からの指示でした。

 本館の三階は桧(ひのき)風呂もある池田の専用施設で、関係者以外、たとえ大幹部であっても立ち入ることができません。昭和48年当時は、私以外、誰も三階に昇ることは許されていませんでした。


 ■1回目の暴行

 池田が大沼に初めてやってきた日から三日目、6月27日の夜のことでした。 それから起こる恐怖と屈辱の体験など、察知する由もなく、私は、自分の仕事として、それまでどおり午後9時に、池田の布団を敷くため三階に上がっていきました。 すると、初日も二日目もその時間には部屋にいなかった池田が、寝室隣の執務室にいて、何か、書きものをしていたのです。ステテコとクレープのシャツ、という姿でした。

 私は、「失礼します」といって中に入り、邪魔をしてはいけないという思いから、寝室と執務室の間のふすまを閉めようとしました。ところが、池田は、
「そのままでいいよ」 と言うのです。


私が、池田に背を向ける形でシーツを整えていた時です、池田は、前かがみになった私の背後から、いきなりのしかかってきたのです。アッという間のできごとでした。

 池田は、私を押さえつけたまま、肩の方から手を伸ばし、私のブラウスのえりとスリップのひもを一緒に引っ張りました。 夏物の薄いブラウスですから、ひとたまりもありません。ボタンがバラバラとちぎれ落ちました。
 スカートもビリビリに破られました。

 池田は、「ハッ、ハッ」と荒い息を吐き掛けながら、「下着は一枚だね」
 と言って、私の下着の中に手を入れてきました。

 ものすごい力で押さえつけられた上に、恐怖で声も出せないでいる私に、池田は後ろからグッと突いてきたのです。あがき、もがいて、抵抗を続けていた私は、目の前が真っ暗になり、うつぶせになったまま、失神してしまいました。

 どれほど時間が経ったでしょうか。気を失った時はうつぶせだったはずなのに、寒さを感じて気がついた時、私は、仰向けで布団の中に寝ていたのです。
 私が這(は)ってドアまで行こうとすると、池田はしつこく追いかけてきました。ドアに頭をぶつけ、心臓はドキドキして、ここで殺されるのではないかと、本当にそう思え、大変な恐怖でした。

 ようやくドアを開けて、二階にかけ降りると、トイレに飛び込みました。激しい吐き気に襲われ、それはしばらく続きました。 そして、気持ちを鎮め、下腹あたりについている体液を何度も何度も拭きました。皮膚が赤くなっても、なお拭き続けました。


 ■「体臭のきつい池田」

 昭和49年には、池田に呼ばれて二階に行くと、誰もいない部屋でいきなり抱きつかれ、顔を引き寄せて口を押し付けられました。また、「散策に行こう」と言われ、戸外なら大丈夫だろうと思ってついて行くと、本館の裏につれて行かれ、そこでも同じようなことをされたのです。

 抵抗し、幸いにもそれ以上のことはありませんでしたが――。
 その後も再三にわたって、同じようなことが繰り返されました。

 ちなみに、池田は、体臭がものすごくきついのです。とくに夏場だったせいもあるかもしれませんが、ニンニクが腐ったような臭いとでもいうのでしょうか、それが身体中から発散されていて、たまらない感じでした。


■「池田の下半身」

 二回目に私が池田から犯されたのは、昭和58年8月19日のことでした。
 早朝、私はいつもどおりに一人で、大沼研修道場の敷地内にあるプレハブ建ての喫茶「ロアール」の掃除をしていま した。

 大沼の夏は、もやが深く立ち込め、数メートル先も見えなくなります。
 入口を背にして、テーブルを拭いていた私に、いきなり池田が後ろから抱きついてきました。

 池田は、毛むくじゃらの腕で私をはがいじめにし、脚をかけて、私を押し倒しました。 倒れる瞬間、私はテーブルで左脇のあたりを強く打ちました。また、ブラウスはボロボロに破かれ、スカートも靴下も無理やり外(はず)されてしまいました。

 のしかかってきた池田を押し退けようとするのですが、脚も腰もオモリを付けたように重く、はねのけることなど、とてもできないのです。
 池田は、まるで、狙った獲物に向かって一直線に進む、ケダモノそのものでした。

 目的を果たし終えた池田は、外に人の気配を感じたらしく(結局、外には誰もいなかったのですが)、力をゆるめ、私はようやく解放されました。
 このとき、一瞬ではありましたが、私は初めて池田の裸の下半身を見ました。池田の下半身は異常に毛深く、まるで黒いパンツでもはいているかのようでした。

 トレーナーのズボンをずり上げながら逃げる体制の池田は、私の方を振り向き、「二号さんの顔を見にきたんだよ」 と、下品に顔を崩して笑いました。

その笑いは、本当にこの世のものとも思えない不気味さでした。


■最後は平成3年

 大沼研修道場で三回目に私が池田から暴行を受けたのは、平成3年8月17日の早朝でした。 朝7時半頃、食料の補充をするために、私は、研修道場の敷地の中を歩いていました。

 その朝も、大沼研修道場は深い霧に包まれていました。
 敷地の路上を歩いていた私に、突然、池田が左後方から飛びついてきたのです。私は引き倒され、後ろからすごい力で抑え込まれてしまいました。

 逃げよう、逃げようとするのですが、全体重でのしかかられた上に、押さえ込まれ、地面には掴まるところもなくて、どうすることもできません。声を出そうにも、「アー」とか「ウー」としか出ないのです。

 池田は荒々しく私の衣服をはぎ取り、前の時と同じように「ハッ、ハッ」と息を荒げて、私を犯したのです。衣服はボロボロになりました。
 とにかく、その間も逃げることしか考えなかった私は、無我夢中で池田の手を引っかいたり、かみつき、池田の力が一瞬、ゆるんだすきに、私はようやく身体を引き離すことができました。

 池田は、また、あの不気味な笑いを見せ、霧の中を逃げていきました。

 以来、このできごとを誰れに話すこともできず、どれだけ思い悩み続けてきたことか――。

 ようやく私は、意を決して、池田の責任を問うために、池田が私にした行為を提訴いたしました。

 池田を法廷に引っ張り出すことが、池田大作という人間の真の姿を、だまされている学会員の皆さん、国民の皆さんに知っていただくことにもつながる、と思っています。

 最後に、池田の習性・性癖を垣い間見た私としては、全国に、私のような被害者が、まだいるはずだ、と思います。その方達が、真の勇気を持ってくださるよう、期待しております。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

池田大作先生の午後 ( No.1 )
日時: 2020/04/24 20:04
名前: 777 ID:LDXjbjIc


131 名前: 大作の午後 投稿日:2003/03/04 12:38
http://shizu.0000.jp/read.php/cult/1033356504/


大作が女学会員をレイプを始めたので、コンドーム係、バイブ係、ティッシュ係が
そそくさと部屋の中に入ってきた。

「んもー、チンポが勃たない!」

神崎はうやうやしく「高麗人参赤マムシドリンク『淫乱日顕三号』」を差し出す。

「おい!フェラチオ係!フェラチオ係を呼べ!
全力で先生の魔羅を勃起させるのだ!」

15:35 三十は過ぎているがまだまだイケてるコンパニオン風の係員到着

「フェラチオ係です、

あら、先生、今日もご立派、

もー、わたしなんかお呼びにならなくともよろしいんですよほほほ

まっ、でもぉ、せっかく呼んでいただいたことですからお勤めさせていただきますわ」


さすがフェラチオ係、口がうまかった。

16:02 どうにか半立ちまで勃起


「さあ、この立派な肉マラでレイプを…もとい、幸せの儀式を! 」

女子学会員は藤原紀香にちょっと似た所がある若い人妻だった。

「ふへへ…」

「や、やめてください! 」

「なにをやめるのかな? 
フェラチオならやめてもらったがほれ、ここはビンビン…」


フェラチオ係らは噴出しそうになるのをこれからレイプされる人妻のことを思ってこらえた

老人の性は哀れと諧謔を含んでいるもの…そう思えば人妻にも余裕ができるのだろうが…それに池田大作の慰み者になった女にはずっしりと重い茶封筒が渡されるのが通例なのだ。そうでなければとっくの昔に獄中の人になっていたに違いない

「ああ〜やめて、そ、そんなところっ!」

「ムニャムニャ…」

得意のクンニで人妻を喘がせる大作! レイプ魔の面目躍如

「そ、そんなところ、あぁ…」

「そんなところでは、よくわからないよ…」

脂ぎった顔に笑顔を浮かべながら、大作が言う。

「おい、例のものを…」

「はっ」

バイブ係がカリ高3号を手渡す。ちなみにバイブ係も副会長だった

「もう、許してください…」

「ばかなことをいっちゃいかんよ、まだなんにもしてないじゃないか おい!」

ティッシュ係が先ほどのペーパーナイフをちらつかせるので、若妻はしかたなく、両足をV字型に広げていった。


16:03 大作の一物、充填率75%
16:04 80%

バイブ係「…おい、早くしてくれよ、電池が持たないよ(内心の声)」

君(バイブ係)もっと効く強性剤はないのか?

糖尿でもビンビンになる薬は!←犬柵

わははワシのティムポは文字通り甘いぞ甘いぞアリもむらがる甘さだぞ

早く味見しなさい!糖度100%

若妻は犬柵の先端を恐る恐る口に含んだ・・・

甘い!甘すぎる!くどい甘さだ。

我慢できずそれを吐こうとした時、犬柵からありがたい聖水じゃと小便まで口に出されてしまい、糖分を摂りすぎた為に体がだるくなる人妻であった・・


_______


今日も今日とて池田大作の寝起きは悪かった。

「おい、アキヤ!」

秋谷はうやうやしく「花和尚印絶倫ドリンク」を差し出した

大作はその生臭い液体を一気に飲み干し「次!」と怒鳴った

秋谷は聖教新聞特別編集版を差し出した。

特別編集版は池田の好みに合わせて編集してある特別バージョンで一般のニュースや「我が友に送る」は省略してある。

「寸鉄」が「寸」どころですまない大記事なのはご愛敬だ。

「ふはは〜今日も聖教新聞にはいい記事が一杯だな」

聖教新聞特別編集版を見て満足しきった池田は朝食の食卓に
メンテ
闇の組織とは? _ 創価学会は鳥人コンテストが好き? ( No.2 )
日時: 2020/04/24 20:25
名前: 777 ID:LDXjbjIc

闇の組織とは? _ 創価学会は鳥人コンテストが好き?

闇の組織とは? _ 創価学会は鳥人コンテストが好き?

本稿は創価学会に関するネットで有名な噂を集めたものですが、内容についてはすべて与太だと考えて下さい。創価学会と統一教会は朝鮮系カルトなので偏見が酷いのですね。 こういう無責任なデマや陰謀論を垂れ流す左翼も本当に困ったものです。




1. 日本を支配する “影の組織” とは?


228 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/29(土) 20:54:14 ID:???

警察もグルなの?



229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 21:03:16 ID:AiiuqWDk
>>228
第三者が見てもグルとしか思えない行動とってるわな

民主党の石井議員がやられた時もカバンの中身が無くなっていたそうだ
真犯人も別におるみたいやしな 自首した自称右翼の人間は大方、ゼニやろな
それが終身刑になって計算くるったわな 退職金がパーや 
この事件での警察の行動もおかしいって話 汚すぎるわな 




235 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/29(土) 23:02:33 ID:???

野口さんのときの血染めのTシャツの行方なんか警察がグルと誰でもわかりますよね。




576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/23(月) 01:34:43 ID:XgEnHcwl

公安も、まずゴミも、内部に駄作の手下がおって、さかんにじゃまをするということ。
まともなひとは、いまはすみに追いやられている。
公安は、世論でうごく。駄作の正体をどんどんばらせ。




237 :名無しさん@お腹いっぱい。[       ]:2006/07/29(土) 23:23:38 ID:???

創価・暴力団・警察

これは新・鉄の三角形ですか?




238 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/29(土) 23:44:16 ID:???

さらに北朝鮮も関わる、鉄の四角形です。




230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 21:14:19 ID:gE2Eu1R7

警察と暴力団はグルですよ。創価もね。
いわゆる、与党と野党のようなもので、対立していると見せかけて実は仲がいい。

警察の利権はパチンコ業界。よく、パチンコ会社やプリペイドカード会社に天下る。
パチンコ業界には当然、暴力団が絡んでいる。
これを見ただけで、警察と暴力団が実は仲がいいというのはよくわかる。

そして、創価学会は都道府県議会でたいてい知事与党と化している。
そうすると警察予算に影響力を持つ。

これで、創価・暴力団・警察の談合はいくらでも成立する。





232 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2006/07/29(土) 21:54:13 ID:???
>>230
歌舞伎町でヘルスやってるオーナーの知り合いがいるが、そいつは○暴にも、警察にも同じくらい金を渡してると言っていた。
風俗店って稼いでるように見えて、かなり上納金が必要。
ちなみに、半島系だと、○暴以上に上納金の流れが厳しく、納めた先がまたその上に収め・・・となるんだとか。




239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 13:57:22 ID:jWFnTXFx

パチンコ、パチスロの中古の機体の廃棄も許可いるんだけど、扱える産廃業者はやっぱり、警察OBの会社だから、
機体って回転速いし最後はゲーセンでも働いてくれるし、壊れたら部品に使ってる。。。旨みは大きいよ。
プリペード以外にかなりおいしい業界ですね。利害があえばそんなこともありえるのかな。






613 :名無しさん@お腹いっぱい。[ ]:2008/07/16(水) 13:19:42 ID:???

パチンコは警察、司法から天下れる数少ない業界だから守ってるんだよ。
だから、三角買いを理由に法律違反ではないよ。
でもカジノバーがこっそりやったら逮捕されてたよ。

資金源になるし、あと経済的弱者をさらに弱体化させることで、結果的に潤う消費者金融業界からの政治献金があるからだな。

 さらにパチ屋は、しょうもない犯罪の温床となってるから、警察の予算分捕りの理由付けにもなる。



▲△▽▼






275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 01:23:38 ID:bF7VjJXx
>>272
毎日新聞だけじゃなくて、大半の全国紙は創価の経済テロでキンタマを握られているので、創価学会員が凶悪犯罪を仕出かしても組織名は出ない仕組み。





301 :名無しさん@お腹いっぱい。[.]:2006/10/31(火) 17:22:48 ID:???

検察と言えば、最近は国策捜査の連発で、イーホームズの藤田社長なども別件逮捕であり一種の「国策捜査」なのだろう。

「国策捜査」を創価学会の為に使ったらどのような事になるのだろうか? 
手当たり次第に別件逮捕で創価学会の敵を潰していけばファシズム国家を作ることも夢ではない。




425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 10:01:17 ID:115DPw0V

学会よりも悪質なのは、統一協会や公安警察。




302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 09:26:50 ID:IQgHa2Pz

自民党や政府の中枢に統一協会が侵食しており、その政府のキンタマを握るのが創価学会。





316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:05:28 ID:d2HIYCir

【戦後、アメリカが採用した在日による間接支配】

池田学会・公明党・在日問題の三角関係



703 :池田が帰化人だという事実は、一般信者の殆どは知らないだろう。
幹部の多くが、在日・帰化であることは、裏を返せば、創価が在日・帰化人によって経営されているということだ。

それを、一般信者が認知すれば、収拾がつかなくなる。だから、必死に否定する。
しかし、ここのスレを全部読んでも、池田帰化人説を否定する材料は、何一つない。
あるのは、差別論にすりかえようとする無為な努力。



739 :戦後占領政策として、アメリカは韓国人を使って間接的に日本をコントロールしてきたと言うのは事実だと思うよ、

統一教会の文鮮明、東声会の町井、柳川組の柳川次郎(魏志)小早川隆、許永中、

それに創価学会の池田大作、

それに総連、民団、KCIA





442 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/09/26(水) 22:28:15 ID:???

創価は統一協会を批判出来ないだろうが



443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 23:19:46 ID:rzbJLiCy

できないだろうね。同類の仲間だから。



444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 05:19:23 ID:LqzSiJID

北朝鮮と直接結合してる組織は、統一協会、創価学会、オウム、暴力団

統一協会は破壊工作専門の別働隊としてオウムを分離した。
オウムの設立には創価学会も資金提供した。 

北朝鮮から覚醒剤を密輸している組織は統一協会、オウム、暴力団
南米でマネーロンダリングしている組織は、統一協会、創価学会

朝鮮半島有事(南北統一)の際に日本国内で破壊工作を行い
米軍が韓国を見捨てる理由を作る任務を請け負っているのがオウム

統一協会と創価学会が提携して工作活動を実行することはない。
しかし統一協会と創価学会は共にオウムという子会社を擁する親会社だ。
三者それぞれに複数の暴力団が関わっている。その中の一つに後藤組がある。




317 :名無しさん@お腹いっぱい。[???]:2006/12/28(木) 17:49:17 ID:???

組関係者とつながるのは、やめてほしい。善良な市民。




318 :コロンボ〜ン刑事:2006/12/28(木) 23:07:30 ID:uqZkX2M6
>>317
組織そのものから刺客を出すよりも下請けに任せたほうが安心。



319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 13:51:52 ID:RGRuB2y0

ライブドア関係者で殺されたやつ誰だっけ




328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 22:30:00 ID:um49a175

住吉会 覚醒剤 北朝鮮 の検索結果


この利権にはオウムも関わっている。





334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 19:31:10 ID:9m1qkmIv

巨悪といえば層化です。はい。

それを裏で糸ひく勢力・・・

国際勝共連合とか統一協会とか呼ばれる邪教がありますね。

これは宗教の皮を被った諜報及び特殊工作機関です。

CIA.モサドの下部組織といってよいでしょう。

自民党もこの勢力の影響下にあります。

組織のボスの名前は David Rockefeller といいます。





337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 03:40:18 ID:YiRfv/Gb

カルト+ヤクザが一体化してKGBのような機能を果たしているわけか




338 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2007/01/24(水) 22:30:36 ID:???

FBI捜査官が語る沖縄の「野口さん殺害事件の東京に居るボス」は、 創価を指すのか後藤組を指すのかどちらかだろう





339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 01:37:13 ID:+y+77W39

或いは稲川会の眷属ということも・・・




409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/28(木) 01:40:21 ID:IBGZ/TeF

第7サティアンで作られた覚せい剤は?


・90年代以来販路拡大により、後藤組は海外(韓国・台湾・中国)に供給源を求め始める.   
+販売価格価格低下で対山口との関係悪化.  
(山口は後藤への供給を減らし、「東日本で製造したら戦争」)

 出獄後早川はオウム上九一色施設内にアンフェタミン工場を建設.(=第7サティアン) 
当時早川ロシア・オーストラリア・東南アジア・フランス渡航繰り返し計画遅延. 
このため大分・三浦半島に台湾・韓国・中国船からの密輸用にクルーザー.(マハの一部部品も同時に)

 この過程で台湾の右翼〜地下世界とのコネを作り、やがて武器取引に.
(国内科技/防衛ロビーとの化学薬品提供等の取引を越えた火器・化学兵器




608 :名無しさん@お腹いっぱい。[ ]:2008/07/12(土) 20:06:06 ID:???

オウム事件とは、

「オウム、創価、統一が共同でやっていた覚醒剤密造などの不法行為がばれそうになり、全ての罪をオウムに押付けた。」

事件であると理解しています。


▲△▽▼



410 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆qz6MxwopJw :2007/06/28(木) 16:57:25 ID:MCX/SDJ2

死んだ村井に口無し




4 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/05/01(月) 18:15:57 ID:???


【金の流れ】

  金も貰えず何の為に自民を応援するかも考えた事もないアホ信者 
     ↑ 
  創価○会、統一○会 暴力団 → 犯罪系右翼→民主党石井議員暗殺
     ↑           ↑↓ 
アメリカ外資企業  →  自民党 → 右翼団体→自民党の応援(金さえ貰えず準構成員は一番アホ)
     ↓          ↓↑
    朝鮮総連  →  パチンコ業者→ 朝鮮総連 → 日本人拉致
     ↓
  長銀へ公的資金投入の圧力 → 新生銀行→ただ同然でアメリカ外資に売却







672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/23(土) 19:34:21 ID:c2ior3Z5

ヤクザのマネーロンダリング(資金洗浄)のために創価の宗教法人が役立っているのだよ。

つまり創価学会は表向きは宗教法人だが実際は麻薬犯罪や金融犯罪を実行する国際テロリストでしかない。


5 :名無しさん@お腹いっぱい。::2006/05/03(水) 00:32:20 ID:kJIraNCU

今度の米軍移転費用の3兆円もかなりの額が、がっかいとかに流れるんだろうな




461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/26(水) 19:51:27 ID:pGc7uzc2

子鼠とシャブ

稲川会といえば、関東の覚醒剤取引を牛耳る大麻薬組織。 山口組系後藤組が北朝鮮から輸入する覚醒剤を引き受けて関東で捌く窓口。 子鼠大総理と横須賀の故・石井の親分が尽力して、関東を覚醒剤漬けにしてきたわけだ。ありがとう。

横浜の女子高生なんかも、小泉・稲川ルートのシャブには随分とお世話になっているだろう。

で、山口組系後藤組といえば、創価朝鮮人学会とは切っても切れない深い仲。
ということで、子鼠覚醒剤首相が、覚醒剤創価学会と蜜月なのも当たり前。

日本での覚醒剤密売は、北朝鮮経済の生命線。下手に取締りなどしたら、北鮮経済が崩壊してしまう。 だから、子鼠が警察を縛る。捜査させない。捜査情報を、内部の創価警官がヤクザに流す。

子鼠の権力強化で、ますます麻薬商売は安泰。山口組も稲川会も北朝鮮も大喜び。
さぁ、子鼠大勝で、シャブが大ブレークするぞ〜!





463 :名無しさん@お腹いっぱい[age]:2008/01/03(木) 00:17:15 ID:???

まあねぇ。 藤井富雄なんか創価学会と山口組や稲川会の橋渡し役だかんね。
そのうちに創価学会山口支部とか創価学会稲川本部とかできるんだろね藁藁藁





96 :47[age]:2006/05/11(木) 02:31:36 ID:???

サイバー・ウオッチ・ネットワーク


警視庁が推薦するボランティア33人によって、1999年2月16日に発足するインターネット上のページを監視する団体の名称。サイバー・ウオッチ・ネットワークが見つけ出した不振な情報は本来は自警団として自主的に活躍すべき活動であるガーディアン・エンジェルス東京支部に通報され、ガーディアン・エンジェルス東京支部は警察と協力体制を組むということであるから、サイバー・ウオッチ・ネットワークは警視庁と互いに協力する活動になることから、本来はボランティやエンジェルではなく、警視庁が雇ったサイバーコップまたは、インターネット警察、ビットポリス、ネット警察などと言うことになる。

尚、ガーディアン・エンジェルスは、統一協会傘下のNPO組織である。

都心部などで赤いベレー帽を被った若い集団を見かけたら、それがガーディアン・エンジェルスである。 彼らは警視庁との協力で街の治安維持を担っているのである。

 ムーニーがパトロンの「ワシントンタイムズ紙」は、何で【勝共理論】で中国を叩かず、いつも反日なんだ???
その反日新聞を発行している統一協会の傘下団体が、なんで警視庁とつるんで日本の中でネットや街の監視を行っているんだ??




98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/11(木) 02:47:23 ID:R4ngVLIq
>>96
アメリカ側のロックフェラーとつるんだ朝鮮人が、日本警視庁とこれまたつるんで、日本を監視しているんだよ。

そして現小ネズミ自民党はそれを支援しているわけだ。 所謂、「売国奴」て奴らがふんぞり返っているわけだ。




248 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2006/08/07(月) 14:47:11 ID:???

中国で石油利権を司るジョン・ロックフェラーとつるんだ三菱UFJ銀行がメインバンクの営利団体の太作は後藤組の土佐犬の檻に入って一緒に大森海苔でも食ってろ。糖尿治るぜ。









▲△▽▼







2. 知り過ぎた者の運命


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 02:42:14 ID:TbYb6v18
やっぱり知り過ぎると消されるの?


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 17:38:57 ID:NncVzkgX
あの道じゃ有名。


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 20:55:32 ID:5nIYYJlc
>>264
うん。




609 :|| <・>| ̄| <・> |── /\ [忠告しておく]:2008/07/13(日) 13:03:43 ID:???

忠告しておく。層化を追求すると死人が出る。

創価が追求してほしくない5大事件



【風化】伊丹十三自殺の真相【させるな】第三弾

東村山の市会議員怪死

世田谷一家殺害事件=創価 Part2

創価学会→後藤組→自殺に見せかけて殺害

【創価】谷口元一と川田亜子自殺【ケイダッシュ】3






173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/07(水) 04:48:30 ID:CqV9vcTi

きみらも創価学会に殺されるよ
ほれ!きみらの近くには後藤組の組員と学会員が近づいているよ




179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 17:12:56 ID:TnH2N4lE

おい、おまいら、反層下をやってっと
みんな後藤組にビルから墜落だつ


▲△▽▼







創価学会 → 後藤組 → 自殺に見せかけて殺害


4 :名無しさん@九周年:2009/01/03(土) 22:55:49 ID:AHwT+gil0

* 忠告しておく。層化を追求すると死人が出る ・ ・ ・ ・。



1. 斎賀孝司 ( 朝日記者 / 病死?)

2. 森田設計士( 耐震偽装関連 / 自殺?)

3. 大西社長 ( LD投資組合社長 / 行方不明 )

4. 古川社長 (平成設計の元社長 / 自殺?)

5. 森田信秀 ( 姉歯に構造計算を発注 / 自殺?)

6. 草苅逸男 ( 岡山 ・ 新勝央中核工業団地 / 一級建築士 / 焼死?)

7. 野口英昭取締役( ライブドア政界窓口 / HS証券 ・ 安晋会理事 / 沖縄カプセルホテルで怪死 )

8. 東江組員 ( 沖縄旭流会幹事 / 惨死 )

9. 小渕恵三 ( 脳梗塞??)

10.竹下登秘書の青木伊平( 自殺??)

11.自民 中川一郎( 急性心筋梗塞 …→  首吊り自殺??)

12.浅木明代市議( 創価を追及している最中に、 ビルから転落。飛び降り自殺? )

13.姉歯秀次の妻 : 熱烈な層化信者 ( 飛び降り自殺? 逃げ回っていた姉歯に対する口封じ?)

14.松岡農水大臣( 首吊り自殺?? 秘書が発見したが、 救急車が来るまでつりっぱなし )

15.伊丹十三映画監督( 層化をテーマにした映画作成中に、 飛び降り自殺???)

16.乙葉の父親(当時53)が5月4日、長野県内の自宅から外出したまま帰らず、6日に富山県の山中
   で遺体発見。遺書はなく、真相不明。事故・他殺?の可能性もあるとしている。( 2004.5.4 - 6 )

17.阿子島たけし(65) 12月13日未明、バーニング大賞と揶揄される〜レコ大審査委員長の自宅全焼。
   行方不明。脅迫も受けていた。12日朝に家を出て以降、行方不明となり、16日午前、自宅の焼け跡
   から遺体発見。 失踪前、リベートを要求する怪文書が音楽業界に流れ、レコ大がらみの失踪と噂も
   出ていた。(2005.12.12-16)

17.プチエンジェル運営会社社長( 事件発覚、顧客に大物政治家の名前リスト有り、口封じで練炭自殺??)

18.清水一雄 ( * 取締役名義は「清水和雄」ケイダッシュのトンネル会社、ドライブミュージックで裏金造りを担当する。
   谷口元一、川村会長への裏金も作らされていた。エスカレートする谷口の要求に嫌気がさして、清水氏が
   反発した途端、彼は車の中で練炭自殺したとされる。(2007.12.年末)

19.川田亜子アナウンサー( つき合ってた男が創価、 バー系列幹部、 暴力団関係者、 練炭自殺??)

20.タカハシマナミ ( TBS職員、 川田亜子と似たような手口で、T氏に口説かれ、 自殺?詳細不明 )

21.アラキ記者(『 あの男T 』 会社乗っ取り、 監禁、 暴行、 強姦、 変態スカトロプレイ……。 についての
   記事を書いたアラキというフリーライターが マスコミ業界から抹殺された。

22.サイバッチの記者(川田亜子自殺報道を追及。)  ←いまここ 狙われてる ???

23. 永田寿康 元衆議院議員 飛び降り自殺か?


▲△▽▼






450 :名無しさん@九周年:2009/01/03(土) 23:06:57 ID:4M41m3C90

いままでの警察に自殺と発表された例

* 大阪、タクシー運転手 - 首にロープを巻いて、家の門扉の前でジャンプしロープを門扉にひっかけて首吊り。門扉の高さは数mあった。

* 東京、アフガン航空常務 - 全財産をつぎ込んだFX取引きで失敗し、社内で自分の心臓を刺してから窓枠を乗り越えて離陸。

* 大阪、社長 - 全身をロープと粘着テープで縛って、ビル屋上の鉄柵を飛び越えた。

* 千葉、少年 - 全身をロープと手錠で縛って、柵に囲われた線路に飛び込み。

* 東村山市議 - 逆立ちしてマンションの窓際まで、指でひきずった跡をつけながら歩行、足から手すりにぶら下がり、空中で方向転換して50cmの隙間に向けて飛行。

* 沖縄、社長 - 全身をめった刺しにして自殺。背中や手の甲もきちっと刺してあった。血の跡ひとつつけずに非常ボタンを押した。

* 大阪、潜水ルポライター - 水深数十センチの川で全身を縛ってめった刺しにしてからうつぶせに水中に横たわった。ご丁寧に背中に重しまで乗っけた。

* 神戸、ヤクザ - 自分で自分の首をはねて自殺した。首はみつかっていない。

* 東京 - 火の気のない玄関で人体発火現象を起こして、燃え尽きるまで気管に煤が入らないようじっと息を止めて焼身自殺。

* 愛媛 - 風呂場で自分で自分の頭をハンマーで殴り自殺。

* 茨城、おばさん - 首吊りしたあと歩いて川に入り息を止めて自殺。気管には水なし。

* 熊本 - 某病院主要関係者を乗せ、峠道を時速80キロで、ガードレールのわずかな隙間をタイヤ痕ひとつ残さない絶妙な運転テクニックですり抜けて50m下へダイブ。

* 福岡、高校生 - 400kgの重しを抱いて海に飛び込む。

* 東京 - 頭に穴があく不思議な方法で首吊り。

* 千葉 - 首吊りをしてからわざわざ飛び降り自殺。死因は飛び降りではなく窒息。

* 名古屋 - 車で首吊りをしようとして首を切断。しかし、首がないまま駐車、車庫入れをこなす。

* 大阪 - 歩道橋から飛び降り自殺するも、なぜか歩道橋から45メートル離れた路上で発見される





487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 01:46:08 ID:bylhDohk

■警察が自殺と断定、または事件性が無いと判断したもの


自動車事故で胸部大動脈損傷したあと5キロほど車を運転して、橋の欄干から5mほど飛行して投身自殺した自衛官

400kgの重りを自分で身体に縛り付けて海に飛び込んだ高校生

時速80キロで、ガードレールとガードレールのわずかな隙間を
タイヤ痕ひとつ残さない絶妙な運転テクニックですり抜けて50m下へ転落したナース集団

ロープを首に巻いて空中浮揚し門扉にひっかかったタクシー運転手

証拠品の銃を奪い取って別の袋から再装填しわざわざ離して自分の
胸に発射、ただちに飛び散った血をふき取って取調室を掃除、この間5秒。

逆立ちしてマンションの窓際まで、指でひきずった跡をつけながら歩行、
足から逆エルードして手すりにぶら下がり、空中で方向転換して50cmの隙間に向けて飛行した市議会議員

わざわざ動脈と反対側の手や腕の甲を切って自殺しようとするも未遂、
自分で自分の背中に針金でおもりを結びつけて川にうつぶせになり死亡

火の気のない玄関で人体発火現象を起こして、燃え尽きるまで気管に煤が入らないようじっと息を止めて待ってた審査委員長

手首の甲をリスカして全身をメッタ刺ししてから、血の跡ひとつつけずに非常ボタンを押した証券会社副社長 

口の中に靴下を入れたままガムテープで口を塞ぎ、両手を後ろで手錠により
拘束し左手には手錠の鍵を持ち玄関内で衣服の乱れもなく窒息死した記者

玄関と窓、共に無施錠のまま首に電気コードを巻かれ、寝室に血痕を残した上で2階から落下したネイリスト


▲△▽▼





102 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/05/12(金) 00:44:29 ID:???

公明党と対立する会派の市議会議員、焼死体で発見 宮城・石巻 




252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 21:54:58 ID:HGqpHCoV

宮城テレビニュース   2005-06-13
河川敷に焼死体石巻市議か  13:05

 昨日午後石巻市の北上川河川敷で石巻市議会議員と見られる身元不明の焼死体が見つかった。昨日午後3時前、石巻市福地舘下の北上川河川敷に焼死体があると市民から警察に通報があった。遺体近くにはポリタンクがあり、50メートル程離れた堤防に軽トラックが放置されていた。車は石巻市議会議員で合併直前まで旧河南町議会議長を務めた三浦総吉さん(63)の所有で、三浦さんは行方が分からなくなっていて、一昨日家族から警察に捜索願いが出されていた。

三浦さんは自殺した可能性が高く警察で身元の確認を急いでいる。



▲△▽▼





185 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/06/10(土) 21:01:09 ID:aq1maOiP

■耐震偽造 ライブドア事件で変死した人々

 ●古川一夫 (平成設計の元社長/★大阪空港で変死体)

 ●森田信秀 (姉歯建築設計事務所に構造計算を発注/★鎌倉で水死体として発見)

 ●草苅逸男 (岡山・新勝央中核工業団地/一級建築士/津山市で★設計事務所が爆発し焼死)

 ●野口英昭 (LDのグループ会社で社長を務めたこともあるエイチ・エス証券の副社長/
       ★那覇市ホテルでブザー鳴らして数カ所に包丁で傷つけて失血死)

 ●姉歯妻 飛び降り




■なぜか生きてる人々

 ●姉歯秀次(元1級建築士/★家族全員層化学会)

 ●木村盛好(元木村建設社長/★本名が「李盛好」、既に韓国に高飛び、)

 ●内河健(総合(SG)経営研究所 所長/★SG=SoukaGakkai )

 ●堀江貴文(ライブドア社長/★郵政選挙で「比例は公明党に」と連呼、創価学会本部を訪ねているところを写真誌に激写)





187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 18:59:49 ID:6K1T2h6W
>>185
組織にとって都合の悪い人は、焼死か、水死か、飛び降り自殺に見せかけて、まだ使える人材は生かされる。

そういうことだ。




207 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/10(月) 14:24:37 ID:???
>>185
>>■なぜか生きてる人々
>> ●姉歯秀次(元1級建築士/★家族全員層化学会)


学会は、姉歯とヒューザー小嶋(実は学会員)は見捨てている。罪を着てもらうことになった。


>>●木村盛好(元木村建設社長)
木村建設は学会企業ではないから、これが生贄になることは最初から決まっていた。

>>●内河健(総合(SG)経営研究所 所長/★SG=SoukaGakkai )
内河は学会の大幹部、また学会企業群のSG会は守らなくてはならない。学会が検察に圧力をかけて、立件は見送られることになった。こいつらは逃げ切り。

>>●堀江貴文
弁護団のヘッドの高井は、バリバリの学会弁護士。堀江が余計なことを言わないように厳重監視をしている。



▲△▽▼




Q : ライブドアの野口氏の怪死事件ですが創価学会の関係しているという事でどこかで口封じがあったり未だに解明できないことがあるというのは本当ですか?


A : 「野口さんを殺したのは創価じゃないの?」ってサイトがありました

「報道によれば、傷口が5カ所、喉の左右の頚動脈と、左右の手首、そして腹部だそうである。どの傷口が致命傷になったかは判然としない。電話をかけてきた知人が指摘するように、それが自殺だなんて「法医学的にはありえない」。

ためらい傷をいくつも残すことはありえても、それは左手首なら数ヵ所とひとつに集中する。左手首を切って次に包丁を持ち替えて右を切って、さらに首という順で死のうと人は思わないのだ。いわんや、左の頚動脈を切ったら、血圧が低下して右の頚動脈まで切る力がなくなる。そのうえで腹部を刺す? これは不自然である。」

というコメントもありました





169 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2006/06/06(火) 15:02:39 ID:???

ライブドア堀江被告の隠し資産はどこへ?


(略)
> 一方、堀江を弁護するのは、リクルート事件で主任検事を務めた高井康行弁護士。元最高検公安部長の熊崎勝彦や芸能御用の矢田次男らがいるヤメ検弁護団
>「のぞみ総合法律事務所」の中心的人物とされ、宮内を弁護する新穂均もこの事務所に所属する。意外な経歴としては、創価学会のエリート検事だったということだ。

(略)

> 害虫駆除大手「キャッツ」事件でも、株価操作や粉飾決算で大友裕隆元社長らが逮捕され、その中心的役割を担った国際投資コンサルタントの
>開発徹を弁護しているのが学会の副会長にして顧問弁護士の福島啓充だ。



253 :207さん、ホント?:2006/08/15(火) 18:02:33 ID:W2FjYO7U

姉歯建築士と総合研究所の内河健が創価学会って本当?

そかも、総合研究所の内河の悪行を検察に圧力をかけて不問に付すとはとんでもない。
こういうことって、207さんのように、告発してくれる人がいないと表に出ないからねえ。

学会は怖い。




254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 22:44:48 ID:iv3Xq9lZ

だろ?↑漏れもそう、思う
姉歯に押し付けた
そうとしか 考えられん




255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/15(火) 23:36:27 ID:4DvEDgJs

姉歯は嫁が熱心な学会員
でなければいまごろ命はない




256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/16(水) 19:51:30 ID:fx54sY7a
>>255
刑法より恐ろしい仏法という名の暗殺



257 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/08/16(水) 22:04:44 ID:???

そもそも妄想の結晶体とも言える仏法思想
日蓮を金儲け手段に使い、893に邪魔者を排除させる北朝鮮産業が創価学会




258 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/08/16(水) 22:07:59 ID:???

耐震偽装事件は創価学会の犯罪と言われています。
政治家なら、市会議員レベルの地方議員でも知っています。
だけど、誰もが創価学会を恐れて、追及が中途半端に終わった。

公明党の山口参議院議員や、有川大田区議が関与しているのに問題とならずに、政界ルートは自民の伊藤公助に集中した。

刑事裁判も、耐震偽装の詐欺ではなく、関係の無い粉飾決算が焦点になってしまっている。
裁判は、木村建設やイーホームズばかりで、創価のヒューザー小嶋の裁判は行われていない。 創価の内河とSG会は完全に無罪放免となった。

この事件は本質は全く解明されず、姉歯の単独犯行と、木村建設とイーホームズの生贄で終わる流れ。

それは、巨悪の正体は創価学会だということが暗黙の了解となっていて、誰も手が出せない。





277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 04:11:34 ID:1LLHk/Lp

LD事件・層化・電通・きっこ


@池駄名誉会長は在日二世。層化の幹部の大半は在日か帰化人。

A耐震偽造問題は、「層化・在日・暴力団」の組織犯罪。

B警察・検察・法曹界は層化の人材プロジェクトでほぼ陥落。

C”電通の天皇”成田は在日。韓流ブーム。層化・在日タレント優遇。事実上マスコミを支配。

D2ちゃん運営は、層化朝鮮の仲間である塔一教会の朝鮮人。層化の秘密を隠蔽・情報操作。

E層化は、学会員から騙し取った金を北朝鮮に寄進。見返りに在日ヤクザは
 北鮮がらみの麻薬密輸利権を保証され、層化の帝王池駄はマネーロンダリングでぼろ儲け。
 持ちつ持たれつ層化と北朝鮮。



■LD事件は、日本を混乱させ「耐震偽造問題風化」「韓国人ビザ無し入国」等を勝ち取るのが目的。

■野口等殺害は、「北朝鮮マネロンルート香港拠点の隠蔽」「LD周辺への見せしめ」が目的。
 犯人は恐らく層化が手配した「北朝鮮工作員」。

■検察・警察・電通・きっこ(層化・電通筋の架空人物)の隠蔽工作・捏造・情報操作で、
 LD事件の全てを堀江(勿論犯罪者)・野口・暴力団・安部等に押し付けることに成功。

■「自殺だ」「他殺だ」「ヤクザ怖い」「○○社が怪しい」「きっこすげー」「テレ朝GJ」
 の多くは学会員の捏造・自作自演。


そんなバカなという人は

「不自然な強制捜査のタイミング」

「堀江逮捕ヘリ生中継等の執拗な堀江叩き報道」

「野口殺害を自殺に情報操作(警察・ホテル・TV・奥さんの怪しい連携)」

を思い出せ。 これらは、検察・警察・亀井・野中・草加・電通等が協力しなければ不可能だったはずだ。


創価学会の息のかかった企業

創価学会による被害者の会




298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 05:21:41 ID:AF2WZsjG

原理と癒着してるのは稲川会か?



299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 01:34:20 ID:h9jXGQSx
>>298
原理? 原理研?



216 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/21(金) 22:37:30 ID:???

日本では、暴力団員の2人に1人が山口組系。
カルト宗教にハマッている2人に1人が創価学会員。

そして、山口組・創価学会・北朝鮮のトライアングルが悪の枢軸。 日本社会最大の闇。
ここに検察庁と公安警察はメスを入れなくては、日本から不審死は無くならない。



465 :名無しさん@お腹いっぱい[age]:2008/01/03(木) 20:41:27 ID:???

昔っから創価っちゅーのはヤバイのだ。
漏れが創価をやっていた頃ね。 地区にヤクザの組長がいてさ。
あっしは池田先生のためなら命はいらねえ、って。
あーーー恐ろしい創価。




171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 20:11:27 ID:T4hxfhjA

創価学会三代目組長池田大作の舎弟
後藤組本部総合本部長後藤忠正




214 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/12(水) 21:27:02 ID:???

写真誌FLASHの取材に藤井富雄

「後藤さんとは96年9月、東京のホテルオークラ近くの知人の事務所で会いました。ところが、誰かがビデオに撮っていたんだな。暮れぐらいから「ビデオが表に出たら、大変だ」といってきた人がいる。創価学会の方からも『大丈夫か』と訊ねてきた。私はそんなもの放っておけばいい、と突っぱねたんだ。」




177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/08(木) 18:14:13 ID:40wElUZn

創価学会最高幹部%。井富雄(公明代表)と、暴力団組長との「密談」の全容

旧公明党の参議院議員と地方議員を束ねる「公明」代表の藤井富雄氏は、 創価学会の池田大作名誉会長の側近といわれる。その藤井邸の近くで爆弾テロが起こった。 警視庁は、藤井氏自身か狙われた可能性もあるとして捜査を進めている。

が、 ここにきて藤井氏と暴力団組長との閑係か浮かぴ上かってきた

*** 後藤組長と会ってどんな話をしたんですか?__

(藤井)「いう必要ない。会ったら、『やあやあ』だよ。おかしな話をするわけがない」

藤井氏は、こう答えた。少なくとも、後藤組長と面識があることは認めたのだ。





726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/17(水) 15:26:29 ID:Kzq0VZSy

公明党常任顧問・藤井富雄東京都議が後藤組組長に亀井静香を黙らせてほしいと依頼
投稿者 外野 日時 2005 年 3 月 18 日 21:05:46: XZP4hFjFHTtWY

『月刊・現代』2004年2月号には、池田大作の側近であり公明党常任顧問でもある藤井富雄東京都議が後藤組組長に、創価学会に対して批判的な亀井静香自民党代議士を黙らせて欲しいと依頼する場面が収録されたビデオテープがあることを魚住昭(元共同通信社記者のジャーナリスト)が書いています。

後藤組は富士宮で、オウム教と創価学会双方に関わり大きくなった組織です。
藤井富雄というのは、都議を11期つとめており、選挙区は昭和43年に創価学会・公明党の集団替え玉投票事件では中心的な地区となった東京新宿区。

亀井静香は警察庁警備局(公安警察)の理事官職まで務めた人物であり、それ故に創価学会の裏の顔まで熟知しているため「創価学会=公明党」には批判的であったのだと思われます。

しかし、こういう人物すら「黙らせる」ことが可能なほどの組織に後藤組をしたのも、創価学会という集団であるといえます。

こういうところで詳しいことは書けませんが、「そのうち、後藤組は内閣府の中に位置づけられのでは?」と僕は半ば冗談で、
しかし半ば”本気”で言っています。

創価学会とヤクザや右翼のつながりというのは現在全然”秘密”ではありません。
”公然”と、しかも得意がって彼らは連携しております。
それがメディアに載らないので一般の多くの市民が知らないだけのことなのです。




212 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/11(火) 22:35:03 ID:???

「野中広務 差別と権力」魚住昭(2004年)第14章  恐怖の絆

当時、自民党の組織広報部長として反学会キャンペーンの先頭に立っていた亀井が「命を狙われている」という噂が流れた。
まもなくその噂を裏付けるように亀井付きのSPが増員され、亀井の車はつねに警視庁の警備車両2台にはさまれて移動する騒ぎになった。

「騒ぎの発端は、 藤 井 さ ん と 後 藤 組 長 の 密 会 ビデオでした。亀井さんが入手したそのビデオのなかで、藤 井 さ ん は 反 学 会 活 動 を し て い る 亀 井 さ ん ら 4 人 の 名 前 を 挙 げ 、

『 こ の 人 た ち は た め に な ら な い 』

と い う 意 味 の こ と を 言 っ た と い う ん で す 。 「密会ビデオ」を入手されたとする亀井にも同じ質問(=藤井と後藤の関係)をぶつけてみた。亀井の答えはこうだった。

「私は今、藤井とは仲良くしているから、そんな話は一切答えられん。やはり日本の政治は自民党だけじゃどうにもならん
ということで我々は公明党と連立することを認めたわけだ。過去のことは金庫の中に入れて・・・・。

聖教グラフには、池田と外国要人などとの会見場面を撮った写真がたびたび掲載された。

「写真のバックには学会施設にあるルノワールとかマチスとかいった有名画家の高価な絵が写っているんですが、野中さんがそれを創刊号から調べ上げて、学会が届け出ている資産リストと突きあわせた。 その結果、届出のない絵がいろいろあることが分かったというのです。もちろん野中さんは直接そんなことを学会に言ってくるわけでもない。なんとなく耳に入るので、秋谷会長は『野中は怖い、怖い』としきりに漏らすようになったんです」


後に、野中が自公連立政権作りを成し遂げたあと、有力支持者の一人が「どうやって学会・公明党とのパイプをつくったんですか」 と野中に聞いた。すると野中はこう答えたという。「叩きに叩いたら、向こうからすり寄ってきたんや」

野中広務 差別と権力






221 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/26(水) 22:15:42 ID:???
>>212
亀井静香は、後藤組と創価の密会ビデオを大事に保管してあるだろう。
信頼できる第三者に頼んで。
密会ビデオという証拠が、亀井の生命維持の保険だから。




195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 21:29:47 ID:DoUopjof

藤井の奴、もう都議を引退してたな。 
犯罪をもし依頼してたことが判る証拠が出れば、隠し切れないだろう。
創価はENDだなwww。



▲△▽▼





111 :名無しさん@九周年:2009/01/06(火) 08:17:46 ID:nLp1uihm0

元自民党白川議員はこういうふうに語っている
 
「ある関係者がある暴力団に,私と亀井静香氏と山崎正友元弁護士を殺してくれと頼んだビデオがある,という情報が我々には入ってきていました」。
「結局,入手できませんでした。しかし,暗殺リストに入っているということは多方面からいわれました」。

自民党の「総務局長にはSPはつかないので,自分で民間の警備を雇いました」。

「創価学会と戦ってきた人は皆,みすみす殺されないために,自分で自分を守っています。

地下鉄に乗る時は,電車が止まってドアが開くまで壁が,柱を背にして立ちます。
それくらいのことをするのはプロの政治家として当然です」(265頁)。

月刊誌WILL10月号より

▲△▽▼







242 :名無しさん@九周年:2009/01/05(月) 10:03:18 ID:ZM+2ZKYW0

層化に滅ぼされたといえば白川 元国家公安委員長
ただ一弁護士に戻られた今でも執筆活動をつづけられてるようだが。
永田氏は弱すぎたようだな。




251 :名無しさん@九周年:2009/01/05(月) 10:08:46 ID:ZM+2ZKYW0

白川 元国家公安委員長は
警察を使った監視?を受けていた手記を発表してる。
度重なる職質とか・・・



▲△▽▼







492 :名無しさん:2008/03/26(水) 05:17:54 ID:vp+q1d5J

後藤組の幹部のもっと頭の親戚と知り合いだけど創価じゃないよー
殺し専門もいるけど50万ぐらいが相場です。
友達だけどいいや書いちゃえ!!
創価にストーカーされてうんざりしてる脱創価のわたしです。



489 :名無しさん@お腹いっぱい[age]:2008/02/15(金) 23:12:39 ID:???

三色旗をたなびかせて走るゴミ収集車利権を追究していた東村山市の朝木明代も法華ぶたに関係して墜死した。

大石寺を街宣攻撃していた右翼も赤坂プリンスから墜死。

法華ブタの創価学会に関連したものとしては他に映画監督の伊丹氏もその関係でやられたといわれている。

恐ろしや層化の学会。





189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 21:55:25 ID:GiioDNmv

層下後藤組に落とされたやつら

朝木明代
全国明
伊丹十三

後藤組におカネをわたすの窓口は藤井さんでつね

おぉ!怖い!




200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 21:48:08 ID:MLA3exxS
>>189
全国明=橋本剛

「右翼団体の皆様」

これでようやく大石寺周辺に静かな環境が戻ってきたのですが、この年の九月、「武士の会」の代表幹事長で、僧侶への暴行で逮捕されたこともある橋本剛氏が東京、赤坂の雑居ビルから不審な転落死をしているのです。



471 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/01/05(土) 09:42:11 ID:AbKBoQrz

創価の手先で大石寺を荒らし回った右翼が赤坂プリンスから墜死したとき

創価学会の奴や殺してやる 金を払え、

と叫んで死んだのだよね
おー怖怖怖



       @@@@@@@@
      @@@@@@@@@@
     @@@@、,,__  _,,,  j     
    @@@@,、 _, ' '、_ }    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    @@@ `´        `i < ご近所さん教えて… 何故?創価を追及した人は
    @@(6    ,(oo)、  }   \______全員が全員飛び降り自殺するの??
     /    /-===-、 i 
   / \ 、ヽ  ヽ こ ノノ  
  /      ` ー-- '  \


★★市議会で創価を追及してた朝木議員→飛び降り自殺
★★映画で創価学会を取り上げようとした伊丹監督→飛び降り自殺
★★公然と創価を批判している西村慎吾衆院議員→長男が飛び降り自殺
★★国会で創価に噛みついて、議員辞職後も創価と裁判してた永田元議員→飛び降り自殺




500 :名無しさん@九周年:2009/01/03(土) 23:08:23 ID:hJUiz5Kf0

公明が与党入りしてから不可解な事件が多すぎる!



338 :名無しさん@九周年:2009/01/03(土) 23:04:13 ID:fXegXiBF0
■■■■ 創価学会の実動部隊 ■■■■ 山口組系後藤組・後藤忠正■■■■


452 :名無しさん@九周年:2009/01/03(土) 23:07:06 ID:RXb6hjrMO

>>338
山口組は絶縁処分済み
金に目が眩み司忍6代目でなく池田大作の指示で暗殺部隊として長年にわたり暗躍したため




31 :名無しさん@九周年:2009/01/03(土) 22:56:52 ID:r3IxtsoU0

どこも自殺と断定してるとこが逆に臭いな
通常この手の事件は「自殺の可能性もある」とか「自殺とみられる」とかぼかして報道するもんだけど
ちなみに松岡の時もニュース速報の時点で自殺だと断定してたな




311 :名無しさん@九周年:2009/01/03(土) 23:03:20 ID:hJUiz5Kf0
>>4
創価を罵倒すると痛い目にあうというのが創価学会の教えなんだよ。
創価の本尊を手で触れると手が無くなるとか、創価の本尊を焼いたら自分が焼け死ぬと本当に教え込むんだ。



▲△▽▼




32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 23:07:15 ID:9q0Wio94

学会の富士桜墓園建設で地元住民を立ち退かせるためにブルドーザ突っ込ましたり蛇を民家に投げ入れたあの富士宮の後藤組でしょ。 学会がやらせたのに報酬を未払いで逆に後藤組から訴えられたって昔騒いでましたね。

学会もハンパじゃないよね、宗門御本尊を大量不敬できるくらいだから恐いものなしなのかな?
暴力団から訴えられるなんてスゴすぎ




158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 10:26:31 ID:MXAC6e6q

創価学会が信者から集金したおかねで山口組の暴力団後藤組をやとって富士桜記念墓地公園を作ったとき反対陣営にダンプでつっこみ日本刀で片腕を切り落としたことの全責任は創価学会にある。
ぬあんと恐ろしいところではないか。




553 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/05/13(土) 00:35:28 ID:fKCRdxCA0

この事件で層化本部は大慌てらしいよ。
伊丹十三の自殺や、沖縄の野口さん自殺が、この層化お抱え暴力団の仕業って世間が気づき始めた。
層化の全支部上げて、工作活動するようにお達しが出てるって層化の友人が言ってた。




228 :名無しさん@6周年:2006/05/13(土) 21:09:49 ID:z+H7CJLh0
>>219
ガカイ本部から非常事態指令がでたようだよ。
全支部上げて伊丹や野口の他殺説を否定せよ見たいな内容らしい。

こんな次期に南十字星ズの元ギタリストが薬でつかまって、ガカイ内部のルートもガサいれ間近!
もう学界はたじたじ。
自民も耐震偽装での悪事をフォローしようがなく孤立無援。

野口で口封じだけならまだしも、姉歯の口封じのために、熱心な信者だった夫人までヤッテしまうんだもの。

伊丹十三&野口副社長の怨念が動き始めたようだね。





492 :名無しさん:2008/03/26(水) 05:17:54 ID:vp+q1d5J

後藤組の幹部のもっと頭の親戚と知り合いだけど創価じゃないよー
むしろ創価がうまくつぶしにかかってるのが正解。




206 :ぱとりおっと:2006/07/10(月) 09:13:35 ID:dXIxcZAf
後藤組は創価と反目のはずです。層化が利用してポイしたのでカンカンです。
 これでまた元に戻れば世間の笑いものになるでしょう。




450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/25(木) 23:32:33 ID:NhP43LDg

ヤクザ使って報酬踏み倒すなんて酷いな犬作w





583 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/06/26(木) 21:08:55 ID:TpBsrpbx

富士宮の後藤組は層化の圧力で警察庁が動き壊滅状態だったな。
あ〜ぁ。恐ろしや、恐ろしや。層化




883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/05(月) 02:34:32 ID:ZL7DwG6F

後藤組にやらせて逃げた創価学会でしょ・・・
知り合いの後藤組が経営してるホテルもみんな倒産に追い込んで自殺させてたよ。




469 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/01/04(金) 21:57:50 ID:PqonzEPG

創価の暴力団担当は藤井富雄だったが
後藤組に狙われて公明党が動き後藤組は壊滅状態まで追い込まれた

創価に敵は無い、という恐ろしい事実




572 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/06/22(日) 16:55:32 ID:Qwfm8Iag

池田大作に刃を向けたとたんに後藤組は46人の幹部が逮捕されて壊滅状態に。
しょせん権力にはかなわない。
層化は無敵の悪ではないか。
あとのタタリがおそろしや、おそろしや。




506 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2008/05/30(金) 15:50:26 ID:???

2008/05/30-14:57 UCLA、暴力団組長に肝臓移植=順番待ちで有利な取り計らい?−米紙

 【ロサンゼルス29日時事】米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は29日、日本の指定暴力団山口組系後藤組の後藤忠正組長(65)が2001年7月、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)病院で肝臓移植手術を受けていたと報じた。同組長以外にも3人の暴力団
関係者とみられる患者が、2000〜04年にUCLAで肝臓移植を受けた。

 米国では移植手術の対象は病院や医師が決めるため、組長のケースは違法ではないとみられる。ただ、01年に移植を待ちながら死亡した患者はロサンゼルス地区だけで200人近くに上り、同組長が有利な取り計らいを受けた可能性もある。

 同紙によると、後藤組長は犯罪歴のため米国への入国を禁じられていたが、連邦捜査局(FBI)が米国内での「ヤクザ」の活動に関する情報提供を条件に入国を認め、01年5月の渡米からわずか2カ月で移植手術を受けた。
03年にこの事実を知って報道しようとしたこのジェーク・アデルステインて当時の読売の記者は後藤組から家族もろとも消すと、面と向かってもろに脅されて黙ってしまった。おまけに読売を辞めてアメリカに帰った。



695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/18(土) 14:53:39 ID:jctF+4Ne

同年5月18日、後藤忠政は米連邦捜査局(FBI)の仲介でビザ発給の便宜を受け、犯罪歴があるにも拘らず、アメリカに渡航した。 異例の取引の理由として、情報共有に消極的な日本の捜査当局に対する不満があった。

同年7月、後藤忠政は、臓器不足で移植を待つ多くの患者が亡くなる中で、渡航からわずか2ヶ月後に移植手術を受けた。

平成15年(2003年)11月ごろ、アメリカの捜査当局は、後藤忠政からの情報を元に、五菱会の実質2だった梶山進(闇金の帝王と呼ばれた) の資金およそ2億円を発見し、警察庁に連絡した。資金およそ2億円は、全額没収された。アメリカの捜査当局がスイスの捜査当局とも情報交換し、さらにおよそ50億円を没収した。

山口組の損失が54億円。後藤組の損失は0であった。




創価学会に関わり大きくなった武闘派暴力団後藤組が、山口組から絶縁

<山口組>静岡・富士宮の後藤組を絶縁か

2008年 10月17日2時32分配信 毎日新聞


 指定暴力団山口組系の有力組織、後藤組(静岡県富士宮市)の後藤忠正組長(66)が、山口組から絶縁されたとみられることが16日、警察当局の調べで分かった。

 警察当局によると、山口組は、後藤組長が山口組の会合に欠席を繰り返したことなどを理由に除籍を決定。しかし、後藤組長が難色を示したため、より厳しい対応をしたとみられる。絶縁されると、山口組への復帰はできないという。

 後藤組は92年、映画監督の故伊丹十三さん襲撃事件を起こすなど「武闘派」としても知られる。

------------------------------------

 朝木明代議員が怪死した八王子市の地元の暴力団「ニ率会」は、91年に山口組傘下に入っている。

参考:創価学会と暴力団との癒着





後藤組は、静岡県に本拠を置く指定暴力団 六代目山口組の2次団体

※平成20年(2008年)10月14日までに、山口組から除籍処分を受けた。

■武闘派経済ヤクザ

怪死、変死、タブーとなる事件の裏には後藤組が必ず関与している と言っていいほど、政界、経済界、宗教、芸能界とその闇の影響力は計り知れない。山口組の幹部曰く後藤組のフロント企業は銀行以外の全てのジャンルに渡っているらしい。


後藤組の主なフロント企業

芸能 バーニングプロ ※オスカーに鞍替えの噂あり
IT  ライブドア
金融 武富士 日本ファースト証券
不動産 ダイナシティ 菱和ライフクリエイト(現クレアスライフ) エム・プランニング
福祉 キャピタルインベストジャパンは有料老人ホーム事業への出資で暗躍。
格闘技 PRIDE



後藤組が関与した事件

伊丹 十三襲撃事件  1992年5月22日夜に、自宅の近くで刃物を持った5人組に襲撃され、顔や両腕などに全治三ヶ月の重傷を負うが、「私はくじけない。映画で自由をつらぬく。」と宣 言した(病院に搬送された際に取材陣から「大丈夫ですか!?」と声をかけられて、声こそ出なかったもののピースサインで応えた)。警察は現場の車より山口組系後藤組の犯行であることを突き止めた。5人の組員が4年から6年の懲役刑となった。

青山刺殺事件 2006年3月5日午後9時50分ごろ、東京都港区北青山の路上で元会社役員野崎和興さん(58)が殺害された事件。渋谷区代々木のテナントビル(12階建て)を後藤組の関連会社「赤富士」が取得したように見せかける虚偽登記した際、野崎さんはビル管理会社の役員と顧問を務め、赤富士とのトラブル処理を担当していた。


後藤組との直接的関与が疑われる団体

・オウム真理教(現アーレフ) 上九一色村のサティアンで作っていた覚醒剤をさばいていたのは後藤組か

・創価学会 創価学会と後藤組の繋がりは70年代「富士桜自然墓地公園」の地上げに始まり、80年代に報酬をめぐりこじれる。

83年3月、後藤組長は池田氏と竹入氏に学会を非難する内容証明付き郵便を送る。85年11月、新宿の創価文化会館にカチコミがある。学会本部に右翼の街宣車が来たりで、公明党代議士、藤井富雄は元警視総監らの仲介で後藤組長と接触。95年12月頃(住専国会)、藤井氏と後藤組長の密会ビデオが自民党に届いたと取りざたされ反学会の急先鋒、亀井氏の命が狙われているとSPが増員される。

--------------------------------------------------------------------------------

後藤 忠政(ごとう ただまさ、1942年(昭和17年)9月16日 - )は、ヤクザ、指定暴力団・六代目山口組舎弟(五代目山口組若頭補佐)、後藤組組長、旧伊堂組舎弟、元川内組若頭補佐兼静岡支部長。本名、後藤 忠正(読み方は同じ)。

三代目山口組若頭補佐・菅谷政雄(菅谷組組長)の舎弟・川内弘が率いる川内組の組員だった1969年(昭和44年)、静岡県富士宮市で「後藤組」を結成。静岡県における山口組勢力拡大の嚆矢となった。1977年(昭和52年)に川内が破門・殺害されて川内組が事実上消滅したのを受け、同じ静岡県の浜松市に本拠を置く山口組 伊堂組(組長・伊堂敏雄)に舎弟として移籍した。

1984年7月、四代目山口組(組長・竹中正久)の発足に伴い伊堂が引退したのを受け、山口組直参に昇格した。一和会(会長・山本広)との山一抗争では武闘派として積極的に働き、五代目山口組(組長・渡辺芳則)の東京進出でも先駆けとなって勢力を拡大させた。

同年8月5日、山一抗争が勃発した。
1992年5月22日夜、映画「ミンボーの女」を監督した伊丹十三を襲撃させた。
2002年(平成14年)7月に山口組若頭補佐に就任した。
2005年(平成17年)8月、六代目山口組(組長・司忍)の発足に伴い、同組舎弟に直った。
2006年(平成18年)5月8日、東京都渋谷区のビル所有権の不正変更などの電磁的公正証書原本不実記録の容疑で、組関係者などとともに警視庁に逮捕された。容疑は否認している。
2007年(平成19年)6月14日、上述の容疑で勾留中であったが、病気を理由に弁護人が勾留の執行停止を申し立て、保釈金7000万円を払い保釈された。

日本航空(JAL)の個人筆頭株主でもあった。
警視庁警察官のパソコンから、情報が流出し、タレントの嘉門洋子、声優のmycoを愛人にしていたことが発覚した。元ワンギャルの須之内美帆子も愛人
祖父は、富士川発電[2]や伊豆箱根鉄道を興した後藤幸正。

平成20年(2008年)10月14日までに、山口組から除籍処分を受けた。山口組の会合への欠席などが問題視されたためと見られている。



■後藤組と芸能界
後藤組の芸能部門として業界に強い影響力を行使しているのは、直属の下部組織である良知(らち)組、坂本剛志組長の坂本組である。

良知組(らちぐみ)は静岡県吉田町に本拠を置く暴力団で、指定暴力団・六代目山口組の3次団体(上部団体は後藤組)。
初代組長・良知政志が後藤組内に結成。後藤組若頭となった。


■補足
山口組から除籍処分により後藤組長は引退。後藤組は名称は残らず後藤組の勢力は良知組と藤友会に二分される。

■後藤組除籍処分の裏
平成13年(2001年)4月、後藤忠政組長の持病の肝臓病が悪化。アメリカでの手術の必要性が不可避となり、入国の許可を得るためにFBIと司法取引を行う。結果、山口組の内部情報、米国内の取引金融機関、及び弘道会の幹部のリストが漏洩、それらの情報によって、五菱会 梶山進の逮捕、スイス銀行の資産の没収が行われた。この件での山口組の損害は60億円近いと思われる。


--------------------------------------------------------------------------------



後藤組と関係のある人物

周防 郁雄 (バーニングプロダクション社長)
著作権ビジネスを真っ先に取り入れサザンオールスターズや浜崎あゆみなど数々の権利を所有。バーニング帝国のドンとして君臨している。また政財界、裏社会へのパイプが太いとも言われ、黒い噂も絶えない。浜田幸一(1928年 - )の運転手をしていたという過去。


西岡 進 (菱和ライフクリエイト元社長)
渋谷区代々木にあるビルの登記を不正に書き換えたとして後藤忠正と共に逮捕される。愛人に菊川令、元愛人に青田典子。


藤井 富雄 (東京都議会議員(11期)、公明代表(初代)、現公明文化協会理事)
後藤忠政との「密会ビデオ」の中で創価学会に批判的な亀井静香代議士を黙らせて欲しいと後藤組長に依頼する様子が録画されている。又、話は逸れるが、新銀行東京の口利きリストには15件の口利きが載っており、このうち融資の斡旋に成功したのは8件である。


糸山 英太郎 (元自民党参・衆議員議員 日本航空の個人筆頭株主 石原慎太郎の親友)
2003年7月12日頃、ザ・イトヤマタワー18階の自宅で、元暴力団組長から紹介された16歳の少女に15万円の現金を渡して買春、このことが警察に露見し元暴力団組長ら3人が児童福祉法違反で逮捕された。しかし買春相手が18歳未満だとは知らされなかったとして、児童福祉法違反に問われることはなかった。このとき、事件もみ消しに暗躍したのが、五代目山口組若頭補佐(当時)だった後藤忠政・後藤組組長であり、後に謝礼として慰労金を渡したと報道された。

※後藤忠政も武富士の資金援助により日航株を取得しており、糸山に買い取らせる為と思われる。
プチエンジェル事件でも両者の関与がある。


▲△▽▼




元後藤組組長がつづった、創価学会とヤクザ 2010年5月18日

 先週から、複数の週刊誌で話題になっている新刊書籍があります。

元後藤組組長・後藤忠政氏の『憚りながら』(宝島社)


です。何が話題って、創価学会が1960年代末から70年代にかけて静岡県富士宮市で土地を買い漁っていた頃、地元住民の反対運動を封じるために後藤組を利用していたエピソードを、一方の当事者である後藤氏自らがつづっているからです。

 本書は、5月29日付で発刊されたもので、元山口組後藤組の組長・後藤忠政氏(現在は天台宗で得度し、得度名は忠叡)の自叙伝です。後藤氏の生い立ちから現在までがつづられる中、「創価学会との攻防」に一章が割かれています。

 後藤組が創価学会から依頼を受けたのは、創価学会がまだ日蓮正宗から破門される前。当時、創価学会は日蓮正宗の本山である大石寺の周辺の土地を買い漁り、正本堂や霊園の建築・造成を進めていました。しかし左翼などの反発にあい、地元で反対デモなどが起こりました。このとき後藤氏は、創価学会の顧問弁護士だった山崎正友氏(故人)から、「何とかならんか」と相談を持ちかけられたといいます。山崎氏は1980年に創価学会から除名されますが、公明党関係者が後を引き継いで、引き続き後藤氏に時もいと対策を依頼。後藤組が反対派と「話をつけた」そうです。

 本書によると、反対派対策が終結した後、創価学会は「山崎とあんたが勝手にやったことで、ウチは一切知りません」という態度になったとのこと。



▲△▽▼





932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/12(水) 18:55:36 ID:8osPfw7o

元後藤組組長が明かした「ヤクザと創価学会の真実」−自叙伝を上梓!
◆ 元後藤組・後藤忠政、自叙伝「憚ながら」、山口組、山崎正友

フライデー(2010/05/28)


「俺自身はXを悪い人間とは思っていない。一番の悪はやっぱり裏で、山崎だの、Xだのに、”汚れ仕事”させといて、表では善意に満ち溢れた教祖サマづらしてる、池田大作だろうな」

今回、創価学会との関係について明らかにした理由について、 後藤元組長はこう語る

「学会、いや、池田大作のために、それまで散々働いてきた連中や、俺みたいに協力してきた人間を、用済みになったと思ったら、簡単に切り捨てるようなやり方が許せんのだよ」

山崎正友について

「あの男がすべて仕切っていて、池田ともサシで話し合えるぐらいの実力は持っていたんだ。
実際、俺にも

『親分のことは池田会長に伝えてあります。池田会長「『くれぐれもよろしく」と言ってました』

と言ってたんだから。




949 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2010/05/15(土) 09:04:28 ID:???

後藤元組長は、Xの素性を明かしていないが、本書によれば、池田名誉会長の側近といわれる元公明党最高顧問の藤井富雄・元東京都議であるという。 後藤元組長と藤井元都議との密接な関係や、二人の密会ビデオ≠フ存在も明らかにされている。

創価学会広報室は、

「(後藤組元組長に依頼した点や、元組長と藤井元都議との関係について)そのような事実はございません」

と回答した。 池田名誉会長は何を思う?

「週刊文春」平成22年5月20日号





950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/05/15(土) 14:43:39 ID:SzxeqrpT

反対派住民の家にブルドーザーで突っ込んで日本刀で片腕切り落としちゃうんだもん、
怖すぎるわー。



▲△▽▼





創価学会が広域暴力団山口組系後藤組と連携関係にあるのは周知の事実である。

 事の発端は、創価学会が富士宮市に霊園を造ろうとしたとき、住民の間で反対運動が起こり、また市議会もこれを問題とした。それを打ち破るために創価学会は後藤組に依頼して、建設反対派のリーダーの腕を日本刀で切り落とし(被害者は後に死亡)、強引に霊園を造成した。

 同様に創価学会からの依頼を受けて、創価学会から造反した山崎正友元学会顧問弁護士が富士宮市の百条委員会で学会と市当局との癒着を証言しようとした際、これを暴力的手段によって阻止している。これらの経緯は、後藤組組長本人が池田大作と当時の公明党委員長竹入氏あてに出した「内容証明」(脅迫状)が残っているから、全ては事実である。

 これまで一方的な記事となっていたが、当事者がこれを今回認めたということは大きな意味を持つことになります。創価学会が日本最大の暴力団山口組の武闘派として恐れられた後藤組を手駒のように使っていたことが明らかとなったからです。



▲△▽▼






7 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/05/05(金) 15:20:27 ID:???

後藤組組長が83年3月に創価学会に送った内容証明付郵便

自民党森派はもともと創価企業から巨額の賄賂をもらってる

公明の藤井富雄が京都の料亭Cで指定暴力団・山口組五代目と会食の事実


公明の藤井富雄が暴力団の後藤組の組長と会ったところをビデオに撮られた。 山口組きっての武闘派として知られる後藤組(本拠・静岡県富士宮市)の組長・後藤忠政と密会している場面を隠し撮りしたビデオテープには暗殺依頼の話が・・・






131 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/05/20(土) 00:23:53 ID:???

池田側近(公明幹部)と暴力団の「絆」

内容証明付の手紙



■東村山18■

富士宮の後藤組について

オウム事件の整理整頓  PAGE4-1





166 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/06/05(月) 19:37:55 ID:???
後藤組って・・・



345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 23:33:42 ID:jqnEPZCc
後藤組組長から池田さんへのお手紙





創価学会と暴力団との癒着
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/167.html





創価学会 → 後藤組 → 自殺に見せかけて殺害



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/10(水) 02:49:32 ID:kq/f5QO+

半島出身が8割の右翼団体。 そしてやくざも殆ど半島出身。
これが戦後の隠された史実。




73 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/05/10(水) 09:09:05 ID:j1hKT6ka
>>71
おまえの妄想。

例えば今回逮捕された後藤組組長の後藤家は純粋な日本人だ。日蓮宗の檀家でもあるから過去帳等で全てわかっている。

組長の爺ちゃんは、昔、富士身延鉄道(現JR身延線の富士<−>身延間)を建設したりと地元ではやり手経済界の名士だった。
両親は地元の学校の教師だった。 お前の言ってることは全て嘘。





11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/08(月) 12:55:02 ID:iSA/Bd09

【社会】"山口組の武闘派" 後藤組組長ら、不正登記容疑で逮捕…警視庁

1 名前:ままかりφ ★ sage 投稿日:2006/05/08(月) 12:32:52 ID:???0
東京都渋谷区のビルをめぐり、不正な登記をしたとして、警視庁は8日、電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで指定暴力団山口組系後藤組の組長(63)ら10人を逮捕した。




455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/24(土) 16:56:18 ID:1NeZKJSa

創価学会の実動部隊にメス

■山口組系後藤組・後藤忠正らを逮捕

 【共同通信より】東京都渋谷区代々木の雑居ビル(12階建て)の所有権を不正に移転させ乗っ取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課は8日、指定暴力団で創価学会の実動部隊である山口組系後藤組(静岡県富士宮市)の後藤忠正組長と、東証2部上場の不動産会社菱和ライフクリエイト(港区六本木)の西岡進社長の両容疑者ら計10人を、後藤組の関連会社赤富士が当該ビルを取得したように見せかける虚偽の登記をした電磁的公正証書原本不実記録などの容疑で逮捕した。

 後藤容疑者は容疑を否認し、西岡容疑者も「よく分かりません」などと供述しているようだが、今年3月、港区北青山の路上で元不動産関連会社役員の野崎和興氏を殺害したのも、後藤組の構成員だ。

野崎氏が自分の車に戻ろうとしたところを襲っている。

 野崎氏といえば、この渋谷区のビルに関する不法占拠者対策顧問で、昨年夏にも警視庁に相談していたという。 組対4課が後藤忠正らを逮捕したのも、この殺人事件から辿っていった結果のようだ。



▲△▽▼




84 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/05/11(木) 01:50:39 ID:???

ビル虚偽登記、事前に入念打ち合わせ

この事件では東京・渋谷区にあるビルの所有権を不正に書き換えたとして、後藤組組長の後藤忠正容疑者と大手マンション販売会社「菱和ライフクリエイト」の社長、西岡進容疑者らが逮捕されましたが、警視庁は10日、新たに韓国から帰国した暴力団組員1人を逮捕しました。




38 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2006/05/09(火) 20:12:49 ID:???

北包囲網だろうね




43 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/05/10(水) 00:28:21 ID:Qkt1YH9g
>>38
それはある。

あと国内に大量に武器が流れている。拳銃やライフル・手榴弾まで。
入手経路が北朝鮮や中国・ロシアなどらしい。

昔、オウムに富士宮市内の会社がビニール袋を売ったら、それに包まった大量の武器弾薬が横浜港に上がったことがある。

噂では、オウムが作った合成麻薬が、国内ばかりでなく北朝鮮にも渡っているらしい。村井が殺されたのはこれが主因だと昔から言われている。 ある意味では北とつながっているシンジケート潰し、とも言える。





44 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/05/10(水) 00:30:23 ID:Qkt1YH9g

今回の逮捕劇で正宗も学会も喜んでいるのではないだろうか。

創価警察なるものがあるのなら、かなり協力しているはず。
正宗も学会も”しのぎ”で毎月膨大な量の金を渡しているから、これでそれがなくなれば、と思っているんじゃないだろうか。




50 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/05/10(水) 01:39:58 ID:???

創価警察は、協力するふりをしているだけだろう??

余りに名誉会長と後藤忠正の関係やオウム教団との関わり等、知れ渡ってしまっているので、後藤組は「目の上のたんこぶ」だったのかね。 創価と統一自民のバックで隠れているアメリカ側さんも早く後藤組をたたんで、再編したかった。 ただそれだけ。




52 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/05/10(水) 01:51:09 ID:Qkt1YH9g
>>50
それは明確に否定しておくよ。 富士桜公園墓地・百条問題からずっと尾を引いている。痛いところも掴れている。

彼らにとって創価学会はいい金ずるなんだからね。後藤組の組長はたいへん頭のいい人だが昔は金がなかった。俺の親戚がやっていた運送会社で、鶏の飼料をトラックで運んでいたんだよ。

急成長したのは、学会から大量の金が入ったからだと俺は見ている。
あそこの集金システムは普通じゃない。

ただ一点、アメリカが後藤組を潰したがっている、というのは事実だと思う。合成麻薬や武器密売など、北朝鮮やロシアに相当な金や物が還流している。密輸した武器弾薬が、山口組東京進出に使用されるのを警視庁が潰しにかかった、という理由もある。





74 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 :2006/05/10(水) 09:17:24 ID:j1hKT6ka

しかし後藤組組長は、その能力とカリスマ性がたいへん高い人だから、務所から出てきたら、俺は富士宮市長になってもらいたいと思ってる。 後藤組長ならば、創価学会と日蓮正宗を餌に、富士宮の財政再建を必ずやしてくれると俺は思う。

後藤組長しか他に、そういうことができる人はいない。

創価学会を骨の髄までしゃぶりつくしてくれるだろう。後藤組長が早く出所し、市長選に出馬してほしい。


 


135 :波木井坊竜尊@日蓮宗葵講 ◆xd7mxrd9Z6 [age]:2006/05/21(日) 01:51:30 ID:???

後藤組は、東京進出ばかりでなく、最近地元極東系なんかをそっくり配下に収めて、地元でも磐石な基盤を作りつつあった。

その矢先に今回の後藤組長親子の逮捕劇。




150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/28(日) 23:10:52 ID:e6sXHSUn

層化かどうかは知らねぇが、伊丹さんが殺されたのは間違いない。

警視庁は他の県警を笑えん。





151 :名無しさん@お腹いっぱい。[。]:2006/05/28(日) 23:24:14 ID:???

飛び降りが一番証拠を残さずに暗殺できると言う事かな。




152 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/05/31(水) 18:24:28 ID:???

批判すると消されるって 暴力団より危険だな




156 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/06/04(日) 02:11:12 ID:???

溝口敦さんの長男が3日に山口組の組員に刺されましたが
依頼主は細○さんですかそれとも池○先生ですか?
詳しくは「溝口敦」で検索




157 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/06/04(日) 02:18:44 ID:hCNvh4e0
>>156

太作先生に一票

 これで黙らなければ、次はビルの屋上からってやつだ




162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/04(日) 20:33:09 ID:BvmvNwHA

伊丹十三監督は、ミンボーの女にひきつづいて新興宗教をあつかった映画を創る構想だった。 ミンボーの女は経済ヤクザだった後藤組には都合の悪い教材になったから後藤組に切られた。 新興宗教を扱おうとした伊丹氏に対し、後藤組と創価学会の利害は一致した。ここがみそたなのだ




460 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2007/12/14(金) 12:50:53 ID:???

後藤組って山口で一番エグい組織だろ?人じゃねーよ。





464 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/01/03(木) 10:30:06 ID:cUk3LE+e

東村山の女性市議殺人事件もあったね。

女性市議が三色旗の清掃業者と市議会の癒着を追究したとたんにビルから飛ばされた。
赤坂プリンスの屋上から飛ばされた右翼なんか創価学会のやつらぶっころしてやる・金払えとかいったことを救急隊が聞いている本当に創価とは恐ろしい団体です。





167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 04:18:00 ID:U2LFUTDw

”現在、朝木さんの不可解な転落死については、未確認ながら、朝木さんが四人の不審な人物にビルへ連れ込まれるのを見た、消えたはずの靴は、事件直後に現場のビル六階の空き部屋で発見されていたなどの情報が「草の根」事務所に寄せられて
いる。 また、この事件の背景に暴力団の介在があるとの噂も永田町を中心に流れている。

かつて創価学会は、日蓮正宗の総本山大石寺のある静岡県富士宮市で、昭和五十年代初頭に、大規模墓苑富士桜墓苑を開発しようとした。この際、地元の暴力団山口組系後藤組に、反対運動の鎮圧を要請。後藤組はこれに応じて反対運動の中心者を日本刀で叩き切り、反対運動を潰した。

同様に創価学会からの依頼を受けて、同会から造反した山崎正友元学会顧問弁護士が、八一年に富士宮市の百条委員会で学会
と市当局との癒着を証言しようとした際、これを暴力的手段によって阻止している。

後藤組長は、八三年三月に、創価学会の池田名誉会長と公明党の竹入義勝委員長に約束の履行を求める内容証明郵便を発送したが、そのなかで、富士桜墓苑反対運動潰しや、百条委員会での山崎氏の証言を阻止したのは、創価学会の代理人として、当時の土橋昌訓公明党富士宮支部長(市議)、稲田圭祐市議、高橋繁元公明党代議士が依頼してきたものであり、自分は刑法に触れてもいいとの信念でこれを遂行したことを明らかにしている。[怪死/乙骨正生著]”





170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/06(火) 18:08:31 ID:A7xJ/2py

悪いことはできんものだのう〜〜。
犯人らは朝木明代市会議員を拉致し暴行を加えて駅前の雑居ビルへ連れ込み、自殺に見せかけて突き落として殺しても神様はちゃんと見ていらっしゃるんだよ。
 
創価学会員も後藤組の組員も白昼さらけ出される日がくるかもよ…。





473 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/01/06(日) 14:19:33 ID:3Vq5AgFa

東村山の朝木殺害事件は創価の特徴があらわれた事件
最初に朝木に万引きの濡れ衣を着せる
次に創価の清掃業関係の右翼か暴力団が動く

一人でいた朝木をビルに連れ込み 複数で放り投げる
これと同じ手で右翼もやられた

飛び降りだったら警察は自殺と断定する
これが創価らしい手口だ







201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 21:53:05 ID:cheR8/oT

ビルからの突き落とし。
ががいのチョー得意わざ、だな。




202 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2006/07/09(日) 22:08:24 ID:???

転落死の場合、解剖をしても自殺か他殺かわからないという。




203 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/09(日) 22:57:00 ID:???

朝木市議の場合は、掴まれたアザがはっきりと司法解剖書に記された。
自殺ではなく、殺人であることは間違いない。
実行犯は2人以上の暴力団員と思われる。

朝木明代司法解剖鑑定書
5)左上腕部内側 皮下出血
8)右上腕部内部 皮下出血
9)右前腕部内側 皮下出血

何者かが、朝木明代の腕を、強い力をもって、指で掴んだ痕跡だ。





233 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/29(土) 22:14:28 ID:???

危うく殺害される寸前でした!
犯人は拘束されましたが・・・。

  2月5日午前6時半ころ 市内諏訪町の朝木直子議員宅敷地内に、暴漢が侵入、

「このやろう出て来い、ぶっ殺してやる」

と叫びながら、1階窓ガラスを蹴破って、朝木直子議員を襲おうとしました。 が、母親の朝木明代議員が自宅から拉致され、何者かに東村山駅前ビル裏側上層階から落とされて殺された事件が発生するなどしており、防犯上、窓ガラスは、簡単には割れない「強化ガラス」を入れていました。

焦った犯人は家が震動するほど、何度も「ガラス」を、思いっきり足蹴りしましたが、近隣や朝木直子議員の110番通報で、
警察官の到着が間に合い、犯人は取り押さえられたため、朝木議員は危うく難を逃れました。
 
駆けつけ、犯人を現認した矢野議員の話では、「全く酔っ払ってるなどしてはなかった」ということです





234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 22:29:05 ID:S3PXPVu+
>>233
あの暴漢が創価学会員か後藤組組員かは不明だけど、東村山署で登録した犯人の名前と住所がデタラメだった。 東村山署が犯人の身分を調べず、適当に記入して犯人を帰すのが変な感じだ。

人事異動で署内の警察官は何度も入れ替わっているはずなのに、まだ庇っている節を感じる。




204 :名無しさん@お腹いっぱい:2006/07/09(日) 23:36:35 ID:azXGreG/

 良いレスだ(爆笑)後藤+創価学会+在日+アーレフ=北朝鮮

この構造を打破しない限り日本の明るい未来はない!!





205 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/10(月) 08:50:03 ID:???

渡辺文樹のコメント【ドキュメンタリー映画作家、東村山の事件を映画化しようとした】

「この東村山の事件を突っ込んで追いかけていったら、殺されるよ。暴力団が絡んでいるから。

撮影中、自分は二度も警察に不当逮捕された。一度目は宮崎県警、二度目は北海道警。
いずれも不起訴処分だったけど、こういうふうに警察からの圧力もある。

映画のタイトルはまだ決まっていないけど、『創価学会』は入るのかな・・」





208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 19:16:30 ID:AuO1IpuS
>>205
東村山の殺人事件を映画化するため、そのまま撮影を続行していれば、
伊丹監督や宮城の石巻市議のような創価学会には邪魔な存在は警察公認で自殺認定されていたでしょうね。




210 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/10(月) 22:42:33 ID:???

渡辺文樹は元気に映画をとっているけど、創価学会モノは諦めたようだ。

渡辺文樹(映画監督)
危険度の高い映画を撮っている監督。身体を張っている人物と評され、逮捕歴も多い。
次回作に創価学会を予定したところ、佐野眞一(ノンフィクション作家)に「殺されるよ」 とたしなめられたとのことだ。





211 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/10(月) 22:51:41 ID:???

HS証券の野口の死体は『行政解剖』という中途半端な検死で闇に葬られた。
この『行政解剖』というものはくせもので、簡単な解剖と雑な記録を残せばいいだけで、ここがポイントだが、遺族に遺体を渡さずにすむ。

東村山の朝木市議も『行政解剖』で闇に葬られようとしたが、遺族が抵抗してなんとか『司法解剖』になった。遺体は返してもらえなかったが、厳密な司法解剖書は作成されていて、自殺説を明確に否定することとなり、殺人と断定できる。

変死があった場合『行政解剖』だけは拒否すべき。
遺体を引き取って、創価のいないキリスト教系の病院で解剖するのがベスト。




220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 22:16:20 ID:pH9yoUBK

闇の組織はバレないようにやるからな。





223 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/27(木) 08:37:34 ID:???

創価学会→後藤組→自殺に見せかけて殺害

そして創価の息のかかった警察官がグルになって、自殺で終了。

後で、非難されると「自殺と断定したわけではない」「事件性と薄いと感じた」 などとごまかす。




224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 00:27:50 ID:1KNQxd2f
>>223
事件当日や翌日に確固たる刑事事件として扱わないと証拠は全て無くなってしまう。
東村山署もずいぶんずさんな捜査だったな。




225 :名無しさん@お腹いっぱい。[age]:2006/07/29(土) 08:14:49 ID:???

東村山署は遺留品から指紋もとらずに、遺族に証拠品を返した。
しかも、落し物といっしょにして、多数の人々がさわるようにして、指紋を特定できなくした。

沖縄でHS証券の野口の部屋にあった、血染めのサッカーシャツが、喪失してしまった。
警察は遺族の女性に返したと言っているが、遺族の多規子夫人は受け取っていないし、受け取りのサインもしていない。





474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 19:53:30 ID:Wo33BeWV

「西村真悟議員の長男、転落死。赤坂議員宿舎20階からの飛び降り自殺とみて、動機調べる…東京」





名無しさん@八周年:2008/01/09(水) 12:32:47 ID:KnRtkAiF0



95年9月、朝木明代市議は東京・東村山駅前ビルから転落、死亡した。
反公明・創価学会の人気市議がなぜ!? 

伊丹監督も層化追っかけてたら転落死。

共に自殺とされている。



名無しさん@八周年:2008/01/09(水) 12:45:09 ID:cIN/CoffO

ざまあみろ西村
創価学会に逆らった罰だw




名無しさん@八周年:2008/01/09(水) 12:39:00 ID:Wv+JzHjo0

やっぱりCIA?
創価?
統一?

真吾たんは小泉・竹中の売国政策を痛烈に批判してたからな〜。
嫌韓右翼の最たるものだったし。
湯田屋や朝鮮カルトの逆鱗に触れたんだろう。
身内が見せしめにされたか・・・

そういやスキャンダルが噴出したのも 「小泉なんぞテロに遭って当然だ」と民主党で気勢を上げた後だったな。
反竹中の学者やアナリストが殆どマスゴミから駆逐されたように今新自由主義者に逆らうのはまさに命懸けだな〜。
命まで取られないまでも嵌められて社会的に抹殺、あるいは経済的に追い詰められる罠。

売国のご褒美にダボス会議のボードメンバーになった竹中とは対照的に植草は社会的に抹殺されたもんな〜。







866 :名無しさん@お腹いっぱい。[池田豚作]:2009/09/04(金) 23:06:40 ID:???

オウムが無くなったので、次は幸福の科学に信者を送り込もうかな?
そして、破壊活動の手先として使うんだ!




867 :みんなに知ってもらいたい裏創価学会[池田豚作]:2009/09/04(金) 23:42:07 ID:???

暗殺資金は、北朝鮮から仕入れた麻薬の販売で潤沢
創価学会の仕業にみせないよう、青木愛を暗殺するくらいわけない



▲△▽▼





3. 闇の組織とは?



伊丹十三について書かねばならない。

彼はいつ死んでもいいように諦観はしていたから、いまさら書かなくても、女房がよく知っているからと天界から言っている。
が、けじめはつけねばならぬ。警察の正式発表は飛び降り自殺の断定であった。証拠は、遺書が残されていたこと、飛び降りたビルの屋上はきれいで争ったあとが無かった。他に他殺と見られる証拠が無い。

怠慢である。9年前の12月年末に起きたどさくさに、他殺の明確な証拠が無いから自殺になるのか。殺し屋は最初から自殺と見せかける計画を練っているから自殺の証拠だけを残していく。

遺書? 脅かされて時間稼ぎに書いたとしたら。 あるいは、強要されたとしても、緊迫の状況から客観的に殺人劇を楽しむように諦観して書いたとしたら。 その遺書には必ず妻にしか分からぬ暗号が書いてあったはずである。伊丹は、身の危険が及ぶことを察知しており、妻には何かあった場合の暗号を漏らしていたはずである。

プロの法医学者は言う。自殺する時にお酒を飲んでから決行する人はいますが、飲む量はわずかですね。ブランデーのような強い酒をボトル1本飲んで、したたかに酔ってから自殺する人はいません。このデータは多数の自殺例から分析されたものです。

伊丹は、司法解剖の結果、すきっ腹にヘネシーをボトル1本、体内に注入されている。
血液中におけるアルコール濃度及びその他の分析の結果、短時間で体内に入ったと推定される。ブランデー1本(度数40°)を短時間で開け、したたかに酩酊した人間が、一人で階段を登り、<争った跡が無く>さもしらふのように静かにフェンスを乗り越え落下したのである。

実際には、酩酊ではなくて短時間で多量のアルコールを摂取したことによる昏睡状態であったと推定される。

殺しの動機は? 憎しみと恨み。ミンボーの女で893の筋は怒髪天をついたといわれる。

結果、伊丹はナイフで襲われ、俳優の顔に重傷を負った。犯人グループは後に逮捕されたが、その後、伊丹にはマル暴の刑事がつくようになった。

邪魔者は消せ? 伊丹の次回作はカルト宗教がテーマであった。白日にさらされるのを嫌う闇の勢力。

さて、当時の、最後に伊丹がいた麻布の秀和マンション伊丹事務所に入ってみよう。
パソコンのデイスプレーが節電モードで暗くなっている。パソコンをクリックする。
突然、画面に宮本信子の笑顔の写真が現れた。

ご冥福を祈って合掌。




▲△▽▼







<強い不安を抱いての日常生活を余儀なくされた>

ボトル1本あけてから空中遊泳するのがわかっていたから,先手を打って告訴したのさ:

警察の正式発表は飛び降り自殺の断定であった。

証拠は、遺書が残されていたこと、飛び降りたビルの屋上はきれいで争ったあとが無かった。他に他殺と見られる証拠が無い。

司法解剖の結果、すきっ腹にヘネシーをボトル1本、体内に注入されている。血液中におけるアルコール濃度及びその他の分析の結果、短時間で体内に入ったと推定される。

ブランデー1本(度数40°)を短時間で開け、したたかに酩酊した人間が、一人で階段を登り、<争った跡が無く>さもしらふのように静かにフェンスを乗り越え落下したのである。


かつて創価学会は、日蓮正宗の総本山大石寺のある静岡県富士宮市で、昭和五十年代初頭に、大規模墓苑富士桜墓苑を開発しようとした。この際、地元の暴力団山口組系後藤組に、反対運動の鎮圧を要請。後藤組はこれに応じて反対運動の中心者を日本刀で叩き切り、反対運動を潰した。同様に創価学会からの依頼を受けて、同会から造反した山崎正友元学会顧問弁護士が、八一年に富士宮市の百条委員会で学会と市当局との癒着を証言しようとした際、これを暴力的手段によって阻止している。

 後藤組長は、八三年三月に、創価学会の池田名誉会長と公明党の竹入義勝委員長に約束の履行を求める内容証明郵便を発送したが、そのなかで、富士桜墓苑反対運動潰しや、百条委員会での山崎氏の証言を阻止したのは、創価学会の代理人として、当時の土橋昌訓公明党富士宮支部長(市議)、稲田圭祐市議、高橋繁元公明党代議士が依頼してきたものであり、自分は刑法に触れてもいいとの信念でこれを遂行したことを明らかにしている。

 (『怪死』乙骨正夫著)







みんな オカシイと思ったはずだ。愛人発覚ごときでベランダから飛び降りるだろうか? 次回策のシナリオも、もう始めてたらしいし。
…からの脅迫も考えられる。


自殺?時には、次回作の脚本を、執筆中(取材中)だった と、記憶してます。
その、取材中に会った女性が、偽/報道され 身の潔白を主張して・・・。と、記憶してます。
次々回作の題材に、創価学会の裏/暴露 的な映画を構想中で・・・。
創価学会が絡みなら、警察の捜査も『手が出せない』と、

伊丹十三が予定していた映画は創価学会追及もの

伊丹十三を襲ってカッターナイフで顔を切りつけた後藤組系組員たちはその世界では英雄扱いだという。顔を狙うところがこの創価学会がよく使う暴力団のいやらしさを象徴している。野村秋介の「大悲会」の構成員も伊丹十三の映画が上映されていた映画館でスクリーンを刃物で切り裂いているが、野村秋介と後藤組とは野村秋介が息子を後藤組に修業に出すなど深い間柄にある。

1997年に伊丹十三は不審な死に方をしているが、彼の次回作は創価学会を追及する映画だったといわれている。




▲△▽▼




義姉歯建築士の嫁が空中遊泳した理由


耐震偽装で有名な義姉歯建築士の嫁の自殺も、実は創価による他殺。

K察も知っているが、それ以上かかわらない。

創価にかかわると、自殺を装って、まるで鳥人間コンテストのようにビルから飛び降り自殺に偽装されるのが特徴

この頃、姉歯は耐震偽装の責任を自分一人の責任にされていて、
ズラを装着したままでは表を歩けないほど、非常に窮地に追い詰められていた。

もう耐えられなくなって、関係していた主犯の建設会社や国土交通省・自民党官僚のことを暴露しようとした矢先に、見せしめとして、最愛の妻がマンション屋上から鳥人間コンテストのごとく飛び立った・・・いや 飛び起たされたわけだ、創価の武装893によって。

北側国土交通大臣は層化、姉はの嫁は熱心な創価の信者であった。主犯格の建設会社は創価系列の会社。
耐震偽装で被害を受けたマンションの住民も創価信者が多かったため、北側は税金を投入して救済に踏み切る。

この事件は創価の創価による創価のための事件として今も裏で語り継がれている。



▲△▽▼



日本のやくざ業界の重鎮は、どいつもこいつも創価学会員。悪の巣窟、創価犯罪学会。この邪教は警察に強い影響力がある。だから、摘発を逃れたいヤクザが組織に入り込み、摘発情報を手に入れる。創価警官がヤクザの犯罪を幇助する。犯罪の温床。裏社会のファイアウォール、創価学会。


○稲川会の石井進前会長....誰でも知っている関東の覚醒剤業界の総元締め

○山口組ヤマケン元若頭....日本の裏社会のボス

○東声会の初代会長町井久之氏の夫人...町井さんは、在日裏社会のボスだった。赤坂、六本木の夜の帝王。

○会津小鉄の高山登久太郎会長...京都の在日ヤクザのボス



宗教舎弟とは、休眠状態の宗教法人を買収したり、・・教団に食らい付いてその税制上の優遇措置を最大限に活用し、あくどい金儲けを行う暴力団の事である。92年3月、暴対法が施行されて以来、暴力団は組事務所を会社に衣更えし、組員を社員に化けさせて、新法逃れを図ろうと必死だった。・・・ 暴力団が宗教法人獲得に乗り出す最大の理由はやはり税制の優遇措置である。・・宗教法人は原則的に宗教活動に対しては非課税扱いされる。例えば葬儀や法要の収入をはじめ、お守りやおみくじの販売利益、信者からの寄付金などがすべて非課税になる。その外教団の所有する土地や建物などにも固定資産税がかからない・・ さらに宗教法人の経済行為は「教団維持のため」として許され、一般企業の法人税率に比べ10.5%も低く設定されている。しかも、物品や不動産販売から金銭貸し付け、遊技場、興行・・など33種の事業が経営できるため、何でも出来ると言っても決して過言ではない。・・・

暴力団にしてみれば、風俗、飲食、金融業などを直接経営して、安い税金で暴利を貪る事が出来る。しかも、そういった業者からミカジメ料を取ってもお布施や献金名目にしたら摘発されないばかりか、税金さえかからない・・・・暴力団が宗教法人を狙うもう一つの理由は、例えば抗争事件などが発生した時、暴対法では組事務所を使用禁止に出来るが、宗教法人の施設なら適用を免れるし、警察当局も下手に手入れが出来ない・・それに宗教法人法改正で信者や利害関係人の閲覧権が認められると、ますます暴力団や総会屋が宗教法人に進出しやすくなるという。暴力団員がわざと信者になり、財務書類を閲覧して、そこで仕入れたデータを基に嫌がらせや脅迫を行えば、宗教法人は直に金を出すようになるというのである。

そもそも宗教と暴力団員は密接な関係にあると言われる。暴力団員の創価学会員はこう話す。「切った張ったの世界におると、いつどこで、何が起きるか解らんやろ。・・嫁はんらも、堅気の女よりは気性が激しいし、なまはんかな宗教じゃ納得出来んわな。ウチの嫁が学会に入ったのも、教えが厳しくて、活動が刺激的だからやないかと思っとる。まぁ、わしは・・・名前だけ貸しとるちゅうやつやけどな」文化庁は勿論各教団にしても正確な数字は把握できていないが、暴力団員が新興宗教団体に所属しているケースがかなり多いと見られている。それは常に死を意識して生きているからなのだろうか。
 
・・稲川会の石井進前会長は一時期創価学会会員だった。・・山口組の大黒柱と言われた山本健一元若頭とその夫人は創価学会員だったとされる。東声会の初代会長町井久之氏の夫人は熱心な創価学会会員だし、その影響か同会幹部には学会員が多いと言われている。また会津小鉄の高山登久太郎会長も、知人の暴力団関係者に学会員である事を明かしたことがある。「わしらが宗教団体に近づきやすい理由は、もう一つあるんゃ。稼業柄わしら右翼の先生方と付き合う事が多く、その影響で右翼的な宗教に入ることがあるんや」右翼と言えば、故児玉誉士夫氏も当初統一教会の大幹部だった事が解っている。・・CIAの88年2月時点のある報告書には《金鐘泌はKCIA部長であった際、統一教会を組織し(中略)この教会を政治的に利用している




▲△▽▼



創価学会の長年の用心棒として知られる山口組系後藤組が、北朝鮮から輸入した覚せい剤を扱い、創価学会がその収益のマネーロンダリングにあたっている.

後藤組の後藤忠政は伊丹十三監督を襲撃し、創価学会との関係もある。








創価学会の麻薬ビジネス

なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!

その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!

その事実はCIAが察知。

米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた


鶴見芳浩(つるみ よしひろ)ニューヨーク市立大学教授(熊本県出身)は、ニューヨークの太平洋経済研究所理事長も務め、国際経営学の分野で世界的に著名。『日本企業の悲劇』その他多数の著書の中に『アメリカ殺しの超発想』(1994年徳間書店発行)の206頁以下に、驚くべきことが書いてあるので紹介する。









創価学会の麻薬ビジネス

なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!
その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!
その事実はCIAが察知。

米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた

CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。

しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと
知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、
生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。




▲△▽▼







創価学会の麻薬ビジネス  

戦後長い間、CIAの資金が創価学会を通して自民党に流れ込んできました。

また、創価学会は麻薬ビジネスにも手を貸しています。 池田大作氏は信者から集めた金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りに使わせていました。 そして、そこで得た利益を当時の自民党のドン・小沢一郎氏に渡し、小沢氏はその金で政界工作をするというカラクリでした。

オウムは自ら覚醒剤を製造していましたし、山口組系の後藤組とつるんでいました。後藤組は日本の覚醒剤取引の中核的存在でもあります。

『オウム帝国の正体』(一橋文哉著)によれば、「1993年頃、関東で供給源の解らない覚醒剤が大量に流れたことがあり、暴力団が出所を調べたところ、オウムとわかった。通常の密輸ルート品の三分の一の価格だった。」とあります。どうやらオウムは、サリンを製造していたとされる第7サティアンで覚醒剤を密造していたようです。その第7サティアンは、外部の専門家が入ることを警視庁が阻止し、裁判半ばにもかかわらず、まるで証拠を隠滅するかのごとく解体されてしまいました。

オウム‐暴力団‐北朝鮮の麻薬コネクションが存在し、それに日本の“権力者”が関わっていたことに間違いないでしょう。

創価学会の会員に、稲川会前会長の石井進氏、山口組若頭の山本健一元氏、会津小鉄会長の高山登久太郎氏など、著名なヤクザさんたちが、軒並み名を連ねているのは、おそらくマネー・ロンダリングが目的なのでは…と邪推してしまいます。(^^;)
そういえば、オウムとつるんでいた山口組系後藤組も、創価学会と深いつながりがあるようです。
http://www.asyura2.com/07/bd51/msg/299.html



▲△▽▼



国内に大量に武器が流れている。拳銃やライフル・手榴弾まで。
入手経路が北朝鮮や中国・ロシアなどらしい。

昔、オウムに富士宮市内の会社がビニール袋を売ったら、それに包まった
大量の武器弾薬が横浜港に上がったことがある。

噂では、オウムが作った合成麻薬が、国内ばかりでなく北朝鮮にも渡って
いるらしい。村井が殺されたのはこれが主因だと昔から言われている。

ある意味では北とつながっているシンジケート潰し、とも言える。







小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係


94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。

実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。

そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。


しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。


学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。

日本の多くのマスコミがこの事実を報道しないのも、池田の金の魔力に屈服していたからかもしれない。

ともあれ、ノリエガは今、アメリカの刑務所で百年の刑に服している。その一方で、池田は今、新進党と自民党を両天秤に掛けて政権を狙っている。(1995年当時)

このまま放置してよいのだろうか。ノリエガの何倍も罪が深い池田こそ、刑務所で余生を送らせる必要がある。




▲△▽▼






オウム事件とは、「オウム、創価、統一が共同でやっていた覚醒剤密造などの不法行為がばれそうになり、全ての罪をオウムに押付けた。」事件であると理解しています。
統一教会は、その起源から考えて、KCIA及びCIAの影響下にあると考えるべきです。日本側のCIA専属のお爺さんたち、つまり、笹川さん、児玉さん、中曽根さんたちが、統一とつるんでいたのも、CIAの犬同士という絆があったわけです。

一方で、創価は創価で、笹川一派を通じて、統一と繋がりがありますし、それ以前に創価内部に深く入り込んでいる暴力団、後藤組のもつ北朝鮮コネクションから、オウムの麻薬ビジネスに関わっていたわけです。もちろん、日本社会に創価マフィアのネットワークをはりめぐらした学会を、CIAが放っておくわけがなく、マネーロンダリングなどに、しっかり利用されています。宗教法人の財務の閉鎖性をCIAが利用しないと考える方が異常です。

そして、CIAお得意の麻薬ビジネスの日本支部が、オウムだったわけで、その収益が北朝鮮に還元されていたのも当然のことであり、北の現体制を維持するための、CIAの有難い配慮だったわけです。なにしろ北の体制が崩壊すると、一番困るのは、CIAのスポンサーである軍産複合体と国際金融資本であり、極東の緊張は、彼らの飯の種なわけですから。
麻薬王にして、CIAの帝王である大ブッシュさんが、統一の文と仲良しなのも、アッタリマエなわけですね。今度の米大統領選でも、随分と統一のカネが小ブッシュ陣営に流れたようですね。




創価学会もまた、ユダヤ大資本の手先

さて、創価学会という巨大宗教があります。この教団が実質的に在日・帰化人によって経営されている在日宗教であることをご存知でしょうか?尤も、信者 ですら、大半は、そのことを知りませんが。そして、帰化人、池田大作は、同胞である文鮮明と連携している、ユダヤCIAの手先であり、隠れユダヤ、ロックフェラーの大口取引先でもある と考えます。 (ユダヤと提携したおかげで、創価は国連にまで潜り込んでいます。)創価が在日組織であることを垣間見せた事実をご紹介しましょう。なんと、創価は韓国の大統領選挙にまで介入していました。金大中に依頼されて資金援助したのです。韓国の大統領を創価の金が決めた。池田大作が日韓に跨る半島人脈のボスの一人であることの証左です。

我々の知らないうちに、池田大作の手下達は、日本を裏から、がっしりと支配しています。それも、悟られないようにひっそりと。これは、ある種の恐怖です。創価は、メディアも支配しています。創価を批判した記事は、新潮社以外は殆ど見掛けなくなりました。ちょっとでも批判をすれば、創価学会の雑誌でこっぴどく叩かれ、かつ信者からいやがらせ電話が殺到し、個人的に脅しを掛けてくることすらあります。そして、恭順したメディアには、ご褒美として出版、印刷の仕事が下賜されるのです。かくして、メディアは創価を批判できなくなり、創価は報道を気にせずに犯罪に手を出せるようになりました。そういう社会のタブーを許してしまえば、犯罪はおのずから、そこに流れ込んでいくのです。治外法権を求めて。私は、日本の麻薬業界のマネーロンダリングもこう言った宗教団体の特殊性を利用して行われていると考えます。


CIA資金の自民党への流入には、どうやら、池田大作の創価学会が使われたようです。宗教法人は、非課税です。創価の台所の中身は、ブラックボックスにしまわれて外部にはわかりません。国税でも手を出せないでしょう。その創価を経由して、CIA資金が自民党に配布されていたのではないかとする説があります。それ以前に、戦前は弾圧されていた創価が、戦後一機に成長した背景には、「低所得者層の共産化を防ぐ」というGHQの目論みがあったのではないか?そのために、(前の会長が暗殺されたのではないかという説もあるが、)若くして池田大作が会長となり、貧乏長屋の住人や在日の困窮者を吸収する仕事を進めたのではないか?池田は、親の代に帰化した韓国・朝鮮人と言われています。現在の創価学会の幹部も3分の2が、在日や帰化人で占められているようです。もっとも、一般信者は知りませんが。池田が、同じ系譜の文鮮明と提携していると見る向きもあります。私も同意見です。

(ただし、文鮮明と池田大作は、大筋では共闘していても、ユダヤ財閥の名代として、互いに、勢力争いをしている感はあります。必ずしも両者の利害が一致しているとは、思えません。そのあたりが、読売と毎日の論調の違いに出ているような気もするのです。また、創価と言うのは、日本のもっとも庶民的階層を集めた教団であり、大半の日本人末端信者たちは、教団の謀略的側面には一切気がついていないと思います。その1000万の善男善女を、ごくひと握りの在日幹部が操縦し、搾取しているわけですから、「平和を尊ぶ」宗教と言う看板を掲げている以上、信者の手前、「ブッシュのイラク侵略大賛成!」とは言いづらいわけです。創価と近い関係のある毎日が、読売とは一線を隔した「反ブッシュ」的記事を載せるのは、「創価一般読者」向けのサービスと捉えています。その癖、公明党は、結局は自民党と歩調を合わせるのです。)

ブッシュ元大統領が、就任直後にパナマに電撃派兵し、独裁者ノリエガを逮捕して米国に連れ帰りました。ノリエガは、副大統領にしてCIAボスであるブッシュのお墨付きを得て、麻薬の密輸に手を出していたようです。それで、ブッシュとの秘密を共有していることに奢り高ぶり、勝手な振る舞いを始めたらしい。ノリエガを放置しておくと自分の麻薬取引関与も明るみに出ると恐れた大ブッシュは、ノリエガを拘束してフロリダの刑務所の奥に幽閉してしまったのです。そのノリエガが、創価学会の池田から資金を託され、麻薬密輸で運用して利益を池田に還元していたことを吐いたと言うのです。その金は、池田から、今の自由党の小沢一郎や自民党の竹下らに流されていたと。小沢は、ロックフェラーにかわいがられている人物だそうです。その夫人は創価学会員であると言われ、小沢と池田の間には太いパイプがあります。皆さん、裏では繋がっていらっしゃるようです。ちなみに、創価は自分の教団の施設の中にノリエガの胸像を立てています。今は、流石に撤去したようですが。

そのような経緯から、創価学会が、実質的なユダヤ勢力であるCIAと関係を持ち、ユダヤとの提携をも垣間見せるのは、当然のことなのです。池田が信者を騙して巻き上げた浄財は、ユダヤ金融資本の手で、麻薬取引や紛争惹起のための過激派支援に使われ、大きな利息をつけて戻ってくる......そういった関係から、池田も文鮮明も、ユダヤ国際金融資本の世界サークルの末席に加えてもらっていると考えます。
 
ちなみに、こういった知識を持って、噂の真相の一行記事を読むと、なるほどと思ってしまいます。創価は、ユダヤの言論弾圧機関であるサイモン・ウイゼンタール・センターの為にメディアのチェックを代行しているそうです。

また、ヤクザ芸能プロが、ユダヤCIAのために反抗勢力のリストアップをやっているというトンデモ記事があります。誰もが笑って相手にしないでしょうが、「ユダヤの日本代理店である統一・創価・オウムとべったりの関係の山口組系後藤組系のバーニングプロが、ユダヤ世界権力の為に邪魔者の監視をやっている」と見ればいいんです。
http://www.asyura2.com/0403/bd34/msg/509.html




▲△▽▼




ウォール街のユダヤ人の手先=統一・創価の朝鮮人脈が、邪魔者を消す。

日本には、巨悪の手先となって、「煩い人士」を始末してくれる連中がいる。ウォール街のユダヤ人が仕掛けた巨大なインサイダー取引を追いかける新聞記者は、東京湾に死体で浮かぶ。そして、警察権力により「自殺」と断定される。一方で、同じ疑惑を追及していた国税職員は、痴漢冤罪で口を封じられる。テレビでインサイダー疑惑に触れた経済学者も同じ運命となる。この事件を追い始めた在日カナダ人ジャーナリストには、虎ノ門あたりから来た白人がつきまとう。そのジャーナリストと会って分かれた直後のリチャード・コシミズには、公衆電話から、無言電話がひっきりなしにかかってくるようになる。

日本には、巨悪のために働く、組織化されたゴロツキ集団がいる。警視庁にも神奈川県警にも東京地検にも、東京地裁にも、東京拘置所にも「組織内組織」が出来上がっている。彼らは、朝鮮人宗教詐欺師、ソンテチャクの創価学会や朝鮮人麻薬密輸業者、文鮮明の統一教会の隠れ信者である。そして、これらの不逞な集団と連動して動く外部のヤクザがいる。創価・統一に出入りする朝鮮半島系を主体とする暴力団員である。

誰かを嵌める必要が出てくれば、警視庁・神奈川県警内のカルト組織が召集される。痴漢冤罪が捏造される。物理的に口を封じる必要が出てくれば、山口組きっての武闘集団、後藤組が始末をしてくれる。そして、警視庁のカルトが、いち早く自殺と断定する。カルトの息のかかった監察医が、他殺死体を自然死と検視する。東京地裁のカルト検事達は、痴漢冤罪の被告を長期間拘束し、第三者との接触を阻止する。そして、東京地裁のカルト判事とぐるになって、最長の実刑を成立させる。時には、弁護団をも、仲間に取り込む。もしくは、最初から組織の息のかかった弁護士を送り込む。被告を騙して、「余計なことを喋ると保釈が取り消しになる、保釈金が没収される。」と脅す。

そして、どうしても、裁判で真実を語らせたくないとき、拘置所のカルト刑務職員が動員される。被告の食事におかしなものが混入される。被告は、植物人間と化す。

この「口封じシステム」は、オウム事件の際に存在が露呈した。警視庁は、本当は覚醒剤プラントだった第7サティアンを、ろくに裁判も進まないうちに、証拠隠滅のために取り壊した。東京地検は、半島ヤクザと北朝鮮が係わっていたオウムの麻薬事業を隠蔽するため、オウムの薬物事犯の起訴取り下げを強行した。異例中の異例の措置だ。東京地裁は、第七サティアンがサリンプラントだったと偽るために、弁護団の追及を妨害した。オウムはとっくに創価と統一に乗っ取られていたと暴露されることを恐れた彼らは、東京拘置所の麻原の担当に、カルト刑務官を集中配置し、薬物で廃人にして口を封じた。

そして、メディアの要所要所に配置された半島カルト信者たちが、嘘を撒き散らす仕事を請け負う。その元締めは、関東軍・満鉄のフグ計画以来、ニューヨークのユダヤ権力と癒着している電通である。

ユダヤ権力は、日本を間接支配するために、創価・統一の反日・半島人人脈を使役している。統一に自民党を、創価に公明党を支配させることで、ユダヤ権力は日本の政権与党を隷属下においている。安倍晋三は、この支配システムの完成のために送り出されたユダヤ・朝鮮勢力の傀儡である。(小泉同様、日本人であるかどうかも大いに疑わしい。)野党の民主党や社民党もまた、実は、半島人脈に侵食されている。日本に日本人のための政党はない。

こういった支配システムが実在するという前提で、社会を眺めてみていただきたい。今まで見えなかったものが、次々と見えてくる。リチャード・コシミズは、自己の体験を通じて、このシステムの存在を知った。何度か命を奪われそうになりながら。




▲△▽▼




小泉のお膝元の神奈川県は在日朝鮮人が多く居住し聖教新聞の発行部数も多く創価の支配の強い地域である。小泉政権に批判的な論客だった植草教授は手鏡を持っていただけで神奈川県警に逮捕され痴漢に仕立て上げられ教授の職を追われた。
 
 さらに植草元教授は泥酔している間に再び痴漢に仕立て上げられ再逮捕された。目撃証言といっても学会員を動員すればいくらでもでっち上げが可能であり警察までグルとなれば誰でも犯罪者にすることが可能だ。しかも保釈金を支払ったにも拘らず保釈が認められなかった。

 これはカルトによる言論弾圧である。こうしたやり方を社会全般に広げようとする企ての一つが共謀罪である。創価の息のかかった警察のさじ加減で誰でも逮捕拘禁して言論封殺できるようになるのだ。日本をカルト化北朝鮮化するには理想的な法案と言える。



日本の警察組織内部には、非合法な「国民1人1人の電話・電子メールの盗聴・尾行」等の個人情報収集を担当としている犯罪組織が存在する。

この組織は、電話・電子メール盗聴から、私人のインターネットの閲覧履歴、クレジットカードの使用履歴=趣味・交友範囲等の情報を蓄積する、市民監視組織であり、その活動内容は全て非合法である。

この警察=犯罪組織のトップは、警察庁本庁の警備局公安1課理事官である。それを頂点に、各都道府県警察本部、所轄警察署の公安1課、警備企画課に、メンバーが配置されている。

 この組織は、法律上・公式上は「存在してはならない」犯罪組織であるため、通称「ゼロ班」と呼ばれている。

 日本の警察組織では、公安部門がエリート組織・出世組織であり、歴代の警察庁長官は「必ず公安畑から出す」という不文律がある。

オウム真理教信者に狙撃された、と言われている国松孝次元警察庁長官は、公安畑出身ではない刑事部門の刑事局長から長官に任命されたため、中国製・ロシア製トカレフ拳銃の密輸により裏金作りを継続してきた日本警察の、別部隊であるロシアン・マフィア傘下にあるロシア人傭兵によって狙撃された。

国松元警察庁長官の狙撃を命令したのは、日本の公安警察幹部である。

 この日本の警察組織の中核・出世コースである公安部門。そのエリート・コースの登竜門が、東京都文京区の東京大学の門前にある、文京区本富士警察署である。

 この警察組織の出世コースのトップは、米国CIAへの留学・帰国組みで独占され、事実上、CIAの日本支部となっている。日本の公安警察は、末端まで、その担当する対外諜報活動の分野で、日常的に米国大使館に出入りし、中国、あるいは北朝鮮担当等の米国外交官から「情報を頂いて来る」。

日本警察は、そのトップから末端までCIAの日本支部であり、それがピストル密輸=暴力団への武器横流しによる警察の裏金作りを通じ、在日ロシアン・マフィア、在日ロシア人傭兵組織と一体化しているという事実が、ここに見える。

 この公安警察はCIAと一体化しながら、北朝鮮情報を入手するルートとして、神社の祭り等で夜店を出す「テキ屋」の全国組織である広域暴力団・会津小鉄内部の、在日朝鮮人を使い、北朝鮮本国の情報を入手している。

このルートは、そのまま北朝鮮からの「ジャリ石」の輸入ルートとして、日本の道路建設には不可欠な原料供給ルートになっている。

日本の道路族と言われる国会議員達が、CIA・公安警察・広域暴力団・北朝鮮に「生命線を握られている」利権集団である事が、ここから分かる。

日本の公共事業の「闇」にメスを入れる人間は、このグループに命を狙われる事になる。

 これが、不必要な道路建設を強引に進める「日本の財政赤字の創出グループ=増税の生みの親」である。

 この公安警察・CIAルートを最も強く把握している政治家は、かつては警察官僚出身の後藤田正晴であった.





なお、再度繰り返しますが上記の話はすべて単なる噂であって、事実ではありません。

日本人は朝鮮人に偏見がありますから、こういう与太話が広まってしまうのですね。
僕はまだ空中遊泳したくないので悪しからず。


▲△▽▼

コピペ
ついに私にも暗殺の手が回ってきました。私の自家用車に細工がされた模様です。

18 6月 ついに私にも暗殺の手が回ってきました。私の自家用車に細工がされた模様です。


私はこのブログを通して、この日本社会の闇の実態を解明し、それを記事にして日本全国の皆さんに知らしめようと努めてきました。

ただこの国に良くなってほしい、同じ日本民族が少しでも幸せになってほしいとの一心で、この国がおかしくなっている原因を解明し、自分なりに解決策を見出そうとしたわけです。

ところが、実際にその原因を解明しようとすればするほど、この国の闇の深さに驚くばかりでした。この国が金融ユダヤ人に乗っ取られている、だからこの国がおかしくなっているということは最初から分かっていましたが、その手口は余りに陰湿、悪質、そして露骨なもので、しかもその闇の手は今でも皆さんが気付かないうちにどんどん日本全国に食指を広げています……。

だからこそ、私のように日本の闇を解明しようとする人は、恐ろしくなってその作業を止めたり、あるいは逆に何者かに止めらりれたりしてきたのでしょう。

そして、私にもついに暗殺の手が回ってきたようです。これほど早くからこの時が来るとは思っていませんでしたが、それだけ私が闇の核心部分に触れてしまったという証拠だろうと思います。

今日の夜中、私が自家用車に乗ってドライブしていると、突然、車のハンドルが動かなくなりました。幸い、他に車のほとんど通っていない山道を走っていましたので、大きな事故にはなりませんでした。もし高速を走っていたり、交通量の多い場所を走っていたりしたら、大変な事故になっていたことでしょう。最悪の場合、死んでいたはずです。

しかし、神様は私を守ってくださいました。私に霊感を与え、全く交通量のない山道を、しかも深夜の12時過ぎにドライブさせるようにしたのです。別に何か行くべきところがあって車を走らせたわけではありません。ただ、なんとなく山の新鮮な空気を吸いたかっただけです。

もちろん、家から山まで行くには交通量の多い道も一旦は通らなければなりません。しかし、トラブルが起きたのは山道に入ってしばらく経ってからのことでした。しかもくねくねと曲がりくねった山道でしたので、それほどスピードも出してはいませんでした。

ロードサービスにレッカーに来てもらいましたが、夜中なのでまだ修理には出していません。なので、何が原因で故障したのかはよく分かりませんが、レッカーに来て下さった方の話ではパワステが故障したのだろうということでした。

それだけでなく、バッテリーにまで異常があるとの表示がダッシュボードに点灯していました。明らかに何者かに細工された感じでした。要するに、パワステが壊れなかった場合に備えて、バッテリーにも細工していたということではないかと思います。もしかしたら、他の部分にも何か細工されているかも知れません。

私はこれまで何十年と車に乗ってきましたが、ハンドルが動かなくなったというトラブルには今まで一度も遭ったことがありませんし、周りでそんなトラブルに遭ったという人も一人も見たことがありません。

第一、そんな簡単にハンドルが動かなくなるようなことがあったら、世界のあちこちで頻繁に事故が起きてしまいます。私の乗っている車は国産車ですが、日本の優れた自動車会社がそんないい加減な車を作るはずがありません。

それに、私が普段メンテナンスをしてもらっているのはトヨタです。トヨタに定期点検も車検もお願いしています。トヨタがそんないい加減な整備をするとは思えません。

恐らく明日には、故障の原因がはっきりと分かるでしょう。もちろん、細工した人間は、細工したことが分からないように細工しているはずですから、はっきりと暗殺計画があったと証明できるようなことはご報告できないかも知れません。

しかし、一応は状況証拠になると思いますので、きちんと報告だけはさせていただこうと思います。それまで私の命があればの話ですが……。

もっとも、私もこれからやるべきことをやって、裏社会の皆さんにさらなるダメージを与えようと思っています。報告すべきところにきちんと報告し、裏社会がこれ以上、私にも、また私と同じような真相解明をしている人にも危害を加えられないように様々な対処していくつもりです。

警察に報告する……なんて甘い考えではありません。もっと恐ろしいことが裏社会の皆さんの身の上に起こることになるでしょう。

一応、今の時点では、犯人は創価学会の関係者ではないかと思っています。私はここのところ創価=パソナ=竹中平蔵のことを深く追求していましたから。あるいは統一教会=安倍晋三のことも追求してきましたので、そちら方面の方の犯行かも知れません……。

もし私が死んでいたら、適当な遺書を書いて、自殺だったと見せかけるつもりだったのでしょうか……。あるいは、いつの間にか私がどこかの会社の役員になっていて、私が死んだとたん、その会社に保険金が下りる仕組みになっていたのでしょうか……。

もしかしたらダイアナ妃の事故も、同じように車に何か細工されていたのかも知れませんね。そんな想像がちらりと浮かびました。


メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存