ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3365] 激動する刑事裁判の現場と日弁連扱いの我が事件
日時: 2020/07/22 08:56
名前: 遂犯無罪 ID:8rsScxpE
参照: http://suihanmuzai.com/

急遽、東京地裁から異動してきた立川支部総括判事の三村晶子裁判官は北詰訴訟で、原田國男裁判官に係る争点の取下げを執拗に求めて「原告の書面を家でじっくりと読んだ」と意味不明なことを言った、この余分な発言が長年に不審だったが、誣告者らを提訴した裁判を担当した、中山節子裁判官が立川支部に在籍して、また高橋真検察官も立川地検にいたと後年に知った、この当時は原田訴訟・吉村訴訟・高橋訴訟と司法官僚相手の訴訟を提起していた。

激動する刑事裁判の現場と日弁連扱いの我が事件
http://suihanmuzai.com/index8/200616.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存