ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3375] ふるさと納税制度
日時: 2020/09/12 17:08
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:y82yz5oU

ふるさと納税制度

納税と言う言葉が使われているが、実際は税ではなくて寄付である。

著名人、富裕な人が、任意の自治体(ふるさとを想定)に寄付をして、その金額を居住の自治体に申告すれば、その自治体に納めるべき住民税が控除されると言うもの(上限はある)。
2018年の実績で、ふるさと納税(寄付)5127憶円であり、控除された地方税は3264憶円に達している。

最近問題となっているのは、寄付を受ける方の自治体が、寄付の謝礼として地方の産物などを送りはじめ、寄付金欲しさに、その謝礼が高額なものになっている。
謝礼品の総額は寄付金の3割以上にも達し、3割以下とする規制もできている。
ここで、問題となるのは、実質の税金代わりの寄付を得るために、高額の謝礼を出すために使う金も地方の税金である。
税の使い方としては許されない問題であろう。
実質の税金をすり減らしていることになるのである。

さらに問題とすべきことがある。
ふるさと納税の利点として
●国民が税の使い方を選べる。
●成長して生まれ故郷を離れても、その地域に貢献することができる。

国民が税の使い方を選べると言うのは、特定の地方(ふるさと)に納めると言う事と、地方行政がその寄付金(ふるさと納税)の使途を明示していることを指す。
2番目も、確かに自分たちの地方へ寄付してくれた納税者(個人)に畏敬の念をもって接することになる(高額の謝礼がその証拠)。

一見、助け合いの精神を賛美し理想の形態に思うであろうが、
そこで、もう少し踏み込んで考えてみよう。

個人、企業の寄付に頼って行政を行っている国の代表にアメリカがある。
アメリカの寄付金の総額は。47兆円で、国家予算480兆円の1割に達している。
巨額の寄付金は、当然ひも付きとなり、ロビイストの暗躍を誘っている。
強者がますます強者にあり利便を求める手法でもある。
この事も、問題であるが、さらにアメリカと言う国の国情は富裕層からの恩恵で国が成り立っていると言う事を国民も受け入れていると言う事である。
その心情の根深いところではキリスト教的贖罪の意識があるのである。
多額の寄付をして社会に貢献すれば、何をしても良いと言う富者の意識と、寄付すれば許すと言う国民の意識である。
これでは弱者強食の世界は矯正できない。

万人に理想的な社会が構成できるとは言わないが、これでは市場主義経済の矛盾を和らげることすらできない。
富裕層の恩恵で社会が維持されると言う様なシステムは200年も前の市民革命で卒業したはずである。
個人(富者)の寄付行為に頼らず、適切な納税をさせて、その富を再配分することが民主国家の使命であるはず。

そんな大前提をないがしろにしてアメリカ型社会へ向かう、ふるさと納税制度など、その考え方自体を否定しなければならない。
我々は富者の施しによって生きねばならないのか。

東京、大阪など7都市部の税収が、全国の税収の2/3を超えるほどに、地方の格差が広がっている現在、ふるさと納税などと言った小手先の対応をするのではなく、国税で地方の格差を糺せるような施策をすることである。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ふるさと納税制度 ( No.1 )
日時: 2020/09/19 12:18
名前: ooeyama ID:oB5NC3DY

>謝礼品の総額は寄付金の3割以上にも達し、3割以下とする規制もできている。
ここで、問題となるのは、実質の税金代わりの寄付を得るために、高額の謝礼を出すために使う金も地方の税金である。
税の使い方としては許されない問題であろう。実質の税金をすり減らしていることになるのである。


菅氏が発案したとされる「ふるさと納税制度」は、自民党の支持母体である富豪層への、合法的に節税という名の脱税を許す、姑息で不合理な税還元策、制度発足時から不公平税制だと問題視され、社会正義上からも税の公平性からみても廃止すべきだ。

制度改正前は、一部地方自治体のなりふり構わず行儀悪い寄付集め行為が非難されたが、改正されたとしても本来住民サービスに使われる税が、諸都市に3割の減収を齎す悪政に変わりない。

そして制度が機能すればするほど、地方自治体間にいがみ合いが生じ、国民間で貧富の格差を増進させるだけ、政権が代われば即刻廃止すべき代物だが、発案者が新総理に就任となれば、廃止どころか地方行政の統制手段として、ますます促進されるだろう。
メンテ
Re: ふるさと納税制度 ( No.2 )
日時: 2020/09/19 14:46
名前: 日本貧民党 ID:IJlejJKE

貧乏な私は「ふるさと納税制度」等と言う制度に応募する「考え」も「余裕」も有りません。幾らその地方特産の品物を返礼品として呉れると言われても、全くその気が起きないのです。
此れに応募している人は余程裕福なのでしょう、そう言う人はご自由に為されば宜しい、私は真っ平ご免です。

抑々、XX納税 と言う「納税」の言葉に抵抗感を感じます。世間には「税金」の種類がいくらあると思ってるんだ❕「何々税」だらけですよねぇ。酒、たばこ、石油全般、その他・・・、そうそう我々は暮らしの全般に関して「消費税」と言う二重課税を課せられていますが、我々低所得層にはとんでもない「重悪税制」です。

今のニッポン、富裕層には優しいのですが、貧困層には過酷極まりない社会です。

其れはそうでしょう! 今の自・公政権は詐欺師に「桜を見る会」の招待状を出して、詐欺商売に箔をつける様な手助けをし、被害を増加させ、早速今度の官房長官は、安倍の犯罪を「臭い物に蓋」のコメントを出して知らぬ顔の半兵衛≠決め込んで居ますが、「ジャパンライフ」の幹部たちが逮捕されたのと同様、安倍も逮捕されるべきです。そして司直の裁きを受けて禁固刑では無く「懲役刑」に処されて服役させなければ成りません。

其れはそれとして「ふるさと納税制度」、こんなクソみたいな物は早急に止めるべきです。
メンテ
Re: ふるさと納税制度 ( No.3 )
日時: 2020/09/20 15:37
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:KwFnbgjI

ご両者さん、久しぶりのコメントを有難うございます。

「ふるさと納税制度」「は菅が官房長官をしているときに纏めたそうですね。

他のスレッドで、菅政権を応援しているように書いていますが、

「菅政権について}スレッドでイントゥイッションさんに説明した通り、原則的には自民党政権を非難する(拒否したい)者です。

その根本的な理由は、自民党政権が市場主義経済を推進しアメリカ型社会を作ろうとしている事に反対しているからです。

菅政権は発足以来、とりあえず行政改革などに手を付けていますが、

問題は菅政権の経済施策です。

「ふるさと納税制度」などを重視するようでは問題です。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存