ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3377] 裁く側と捜査する側の不正 まともな法治国家とは言えない
日時: 2020/09/13 10:16
名前: 遂犯無罪 ID:JpvDQmzc
参照: http://suihanmuzai.com/

司法が”適正な法の手続き”の権利を犯し、それが問われず是正されないなら、その国家の法治体制の崩壊を意味するものです。 民主主義国家が国家たりうるのは、このデュープロセスを国家が保障するからです、基本的権利である「法廷手続き」を蹂躙した私の裁判は、民主主義・権利の為に欠かせない裁判闘争です。

となりの弁護士「無罪を出す裁判官」(弁護士原 和良) 12年前に東京高等裁判所統括判事を最後に裁判官を定年退官された原田國男先生(現慶應義塾大学法科大学院客員教授、弁護士)が、「逆転無罪の事実認定」(勁草書房)という本を出版された。
https://p-law.jp/column/496/

裁く側と捜査する側の不正 まともな法治国家とは言えない
http://suihanmuzai.com/index8/200911.jpg.html
メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存