ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[37] 裁判員制度を考える
日時: 2009/08/03 15:07
名前: 天の橋立の愚痴人間

裁判員制度はイギリスで17世紀からはじまり18世紀後半には定着したようです。
当時の状況は、王制の基で全ての権限は王室とそれに連なる貴族階級が支配していました。
その中で段々と庶民の意向を政治や司法にも取り入れることが出来るようになったのです。
裁判員制度は、その意味で法の処罰を一方的な支配階級から取り戻すという理念に基づいているのです。
この傾向は、たちまち他のヨーロッパ諸国に広がりました。
要するに市民の権利として始まったのです。


詳しくは

http://www.kyudan.com/toukou/amano15.htm


現在でも、そのような意識があるか否かは解りませんが、少なくとも我が国で突然言い出されるような環境ではなかったのです。
かつ、現代のような民主主義の社会において、理論的にそれが好ましいか否かは別の問題です。

民主主義の世の中において、法的権利を付託されていない個人が、他人を裁くことが好ましいのでしょうか。
この意味で、この制度のディメリットは多く言われています。

人が人を裁くには根拠が必要です。
裁く方の人間にそれに基づく権限がなけれなりません。

法は、もともと多くの人が共生するための約束ごとであり、決して絶対的な基準ではないのです。

我々は、古くからいろいろな形で規範(法)を作り、昔はその実権者の責任で人を裁いてきました。

民主主義の社会では、法を守り施行するための役職(司法)を作り、彼らに権限を与えて施行してきたのです。

裁判で人を裁くことは多くの国民から付託された根拠に基づているからこそ、やれるのであり、個人の資格で他人を裁くこととは異質な問題なのです。

裁判官は死刑の判決を出しても、仮にそれが誤審だと解っても国民の付託に答えてやらざるを得なかったものと自問自答する余裕があります。

裁判員はどうでしょうか。気の弱い人なら、責任感の強すぎる人なら、ノイローゼになるか、一生悔やんで生活する事になるでしょう。
その人が生きている信念に反する行動を取らねばならなくなる場合もあります。

国家が、国民にこんなことを押し付ける根拠はありません。欧米における裁判員制度の発祥とは理由が全く異なるのです。

また、裁判員を国民から無作為に選ぶとしていますが、本当に無作為で選んだならば、その人の中には逆に常識的に見て不適当な人が混じることも考えられます。

ならば、無作為と言って実際は選別が行われることも考えられます(おそらくそのように展開するでしう)がそれは、それで大きな問題を発生します。
旧ソビエトや北朝鮮などが、如何に取り繕っても選んだ人間は体制擁護の人間となるはずです。

要するには民間裁判員制度が発祥しなければならない土壌などないのです。欧米の各国で続けられている陪審員制度など、見習う必要はさらさらないし、見習うべきでない制度であると思う。

裁判員制度の導入の理由に、現在の裁判の長期化の解消もしていますが、そんなことは全く筋違いの論理なのです。

行政の不都合なところは、行政が改めれば良いのです。
皆さんが、この制度の根本的なところを考えなをされる事を期待します。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 裁判員制度を考える ( No.15 )
日時: 2009/08/14 01:46
名前: 天の橋立の愚痴人間

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090807-00000505-san-soci

【裁判員 判決】控訴したら、どうなる
8月7日0時28分配信 産経新聞


 裁判員裁判で下された懲役15年という判決を受け、弁護側は「量刑も厳しく、被告もわれわれも主張が認められず不満だ」と、控訴を視野に入れていることを示唆した。裁判員裁判の判決後、控訴された場合、どうなるのか。

 控訴期限は通常の刑事裁判と同様、14日以内だ。検察側、弁護側が控訴すると、高裁での審理となる。高裁は通常の刑事裁判と同様に、裁判員が加わることはない。

 国民が審理に参加し、その社会常識や経験が反映された1審の裁判員裁判の判決を、プロの法律家だけが審理に参加する控訴審で破棄や差し戻しができるかについては、関係者らの間で議論となってきた。

 最高裁の司法研修所は裁判員裁判の1審判決について、「できる限り尊重すべきだ」とした研究報告書を公表。その後、東京高裁の刑事部部総括裁判官研究会は判例雑誌に発表した見解で、おおむね最高裁の見方を支持した。

 検察側の控訴についても、元検事の弁護士は「被害者や遺族の意向は無視できないが、検察としては裁判員が出した量刑を重視し、量刑不当での控訴は制限すべきだろう」と話す。


以上引用。


>最高裁の司法研修所は裁判員裁判の1審判決について、「できる限り尊重すべきだ」とした研究報告書を公表。その後、東京高裁の刑事部部総括裁判官研究会は判例雑誌に発表した見解で、おおむね最高裁の見方を支持した。


我が国は、地裁、高裁、最高裁と三審制でなかったのか。
被告や検察が控訴するのは、量刑が軽いか、重いかに不服があるか、冤罪を主張する場合である。

それなのに、先入観を持たずに、一から調べ直すことをせずに「一審判決を出来るだけ尊重すべきだ」とは、どんな根拠にもと付いているのだろう。

理屈の達人で頭の良い御歴々にこんなことが解らないはずはない。
要するに、裁判官の手抜きである。

裁判をする前から、手抜きについて、すでに司法の社会では申し合わせが出来ているのである。

こう言う彼らの腐った根性から、今回の裁判員制度導入の話が起きているのである。

自民党の誰が、こんな法令など思いつくものか。
全ては法務官僚の企みの自民党が乗せられているのである。

その証拠に「こんな法令だとは思わなかった」言う言葉が、議員として賛成票を投じた本人から出ているします。

全く、恥ずかしげもなく、よく言うよ。
まっ
正直と言えば正直であるが。

大層な経費を使い、500人以上も国会議員がいて、果たして本当に議員が国民生活から鑑みて法令を作っているとはとても思えない。

そう言う、法令が随分とある。
全ては官僚共がやったのである。
メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.16 )
日時: 2009/08/15 01:33
名前: 天の橋立の愚痴人間

いろいろな方面から意見を述べたり、事実を紹介してきましたが、

最初に戻って、いま、何故、裁判員制度なのか!

と言う事を考えたたいと思います。

「市民感覚の判決」トビでもいろいろ書いていますように、裁判員制度の問題点を考えると、

法務省が言う下記の説明を納得できるでしょうか。

(裁判員制度導入の理由)

1 国民のみなさんが裁判に参加することによって、国民のみなさんの視点、感覚が、裁判の内容に反映されることになります。

2 その結果、裁判が身近になり、国民のみなさんの司法に対する理解と信頼が深まることが期待されています。

3 そして、国民のみなさんが、自分を取り巻く社会について考えることにつながり、より良い社会への第一歩となることが期待されています。

4 国民が裁判に参加する制度は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど世界の国々で広く行われています。


皆さま、如何でしょう、これくらいの理由で裁判員裁判制度を取り入れる必要があったのでしょうか。

答えはNOです。

1については、それでは現在はどのような感覚でもって裁判をしているのか、そしてそれは国民の意思に反してやられているならば、その内容、問題点を共に国民に説明してから事である。

2司法に関する理解と信頼と言っているが、国民が参加しなければ、国民に信頼されるような裁判が出来ないとでも言うのか。


3国民が裁判に関心を持つ事が、よりよい社会を作ることになるなど、これも随分と希薄な趣旨である。

4などは、各国の歴史を無視したこじつけであり、かたちだけを真似する必要から言い出しているのか。


如何ですか、何も納得出来る理由はないでしょう。
で、あるとすれば、

法務官僚が司法界と一緒になって、何か良からぬ事を企んでいると思う方が自然ではありませんか。
メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.17 )
日時: 2009/08/24 16:06
名前: 天の橋立の愚痴人間

http://miso.txt-nifty.com/shinsa/takesaki.html

裁判員制度を導入した最高裁判所第17代長官。

竹崎博允(たけざき のぶひろ)



最高裁は、リーダー格の「長官」1人と、「判事」14人で構成されている。

 最高裁判事としての経験を経ずに、いきなり「14人抜き」で長官になるのは、1960年の横田喜三郎・第3代長官以来。

 島田前長官は「長年の慣行よりもこの際、裁判所にとって一番最適任の人を選びたいという気持ちがありますし、諸般の状況、情勢を考えますと、今ここで、彼の出番であるという風に思ったわけです」と、後任に竹崎長官を指名した理由を話している。

 ここでいう「諸般の状況」とは、ほかでもない裁判員制度のスタートのことであろう。



1988年、最高裁からアメリカに派遣され、市民から選ばれた陪審員が有罪・無罪を決める陪審制度を目にする。その時、国民に身近とはいえない日本の刑事裁判が、このままでは立ち行かなくなるのではないか、と危機感を覚えた。

 そして、1992年には最高裁が出版した「陪審・参審制度 米国編1」の執筆陣として参加し、アメリカ陪審制の手続きをリポートした。

 自身は、日本における「司法への市民参加」への導入に、当初は反対していたという。

 しかし、その後は、裁判所内部にも消極的な意見が根強かった「国民の司法参加」を強力に推進し、実現にこぎつけた、いわば「裁判員制度スタートの張本人」ともいえる人物。

 東京高裁時代に、裁判員制度について私的な立場で書いた文章の内容が、いつの間にか、最高裁でも了解事項となったほどの影響力があった。

 「一番難しいのは裁判官の意識。今までミリ単位の物差しで仕事をしてきたが、今後はセンチ単位でなければ国民はついてこない」と、書面を読みこんで細部にこだわってきた今までの事実認定から、目で見、耳で聞き、大局や本質を見通す事実認定へと改革していく必要性を訴える。

 そのうえで「センチ単位の物差しで測っても、大きさは誤らない。そうした意識改革である。決して結論を粗略にしていいというものではない」とも付け加える。

 死刑判決については、「判断する国民にとっては非常に心理的な負担が重いが、そのような重大な事柄について国民の判断を信用するということを前提とした制度だ。そのうえで、国民が適切に判断できるよう、判例を再検討し、意味や問題点を明らかにすることが必要だ」と説明する。

 さらに、裁判員経験者らの守秘義務の範囲に関しては、「少し事例を積み重ねれば簡単にわかることだと思う。制度の運用で支障になるほどの問題と神経質に考えないほうがよい」とも述べた。

最高裁は、リーダー格の「長官」1人と、「判事」14人で構成されている。


引用終わり。



経過が説明しているように、裁判員制度とは、最高裁判所内部で取入れを模索してきたものであり、竹崎が使命を帯びて研究に走った。

竹崎自身、最初は乗り気でなかった、その制度を竹崎を担ぎ上げることで実施に移し、竹崎は最高裁長官という顕職を手に入れた。

卑劣にも、彼らは導入の理由を「市民感覚の判決」などと、およそ我が国の司法の最高幹部が考えるべきでない陳腐のものにすり替えて、天下の悪法、国民を裁判に引きずり込む「裁判員制度」なを発足させたのです。

この裏側に、アメリカのことなら何でもいただく小泉の影があっても可笑しくない。
裁判のあり方の変革など、広く、長く国民の意向を確かめてすればよいことである。

彼自身下記のようにも述べている。

>1988年に、陪審制度研究の為、特別研究員として アメリカ合衆国へ派遣されたが、帰国後の報告書は陪審制度を徹底的に批判するものだったという。しかし、裁判員法成立後は裁判員制度を利用することで司法に国民の信頼をつなぎとめようと考えるようになったという。[3]アメリカでの経験も2009年導入の裁判員制度の確立に大きく寄与しているものと考えられている。


「裁判員制度の導入で、司法に国民の信頼をつなぎとめようと考えている」


とはどういうことなのだ。

そうしなければならないほどの腐敗が裁判にある事を自ら認めたことなのか。

少なくとも、欧米の裁判員制度と違って、国民の側から求めたものでないことは確かである。
それを、さも、国民の権利であり、求めているように喧伝した、成立を急いだ「裁判員制度」導入にの裏側を探らねばならない。

アメリカの暗闇の組織が、これでますます日本の民意が混沌となるように、それによって日本の力をさらに突き落とすように仕組んだなどの言い様も、荒唐無稽とは断言できない。

それに小泉が関わっているとしたら。

我々が、とりあえず出来る事は、国民審査で×をつけ、圧倒的多数で奴を罷免することである。

メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.18 )
日時: 2009/09/11 18:54
名前: 天橋立の愚痴人間

裁判人裁判も随分と実施され、いろいろな感想が飛び交っています。

裁判人が、従来では問題にしなかったような内容の質問をしたとか、被告の情の面を取り上げるとか。

そして量刑について従来の常識から離れた結果が出ている、それが市民感覚の成果であるとか。

裁判人を務めた経験が、社会生活において好ましい方向へ転嫁するとか。

情緒的には、如何にも裁判員制度が価値あるもののように考えられている。


一方で、「4日間の裁判で、本当のことを知りえただろうか」と言う裁判員の感想も聞く。

量刑の判断で「裁判人の皆の意見が一致できてよかった」などと言う、首をかしげるような話も聞こえてくる。

今までは、死刑、無期懲役のような重罪もなく、また事実については被告が認めているものばかりであったので、裁判人の量刑に対する悔悟の念も少なかろう。

また、4日間に裁判を結審するために、弁護士、検察、裁判官が事前に協議していることも報道された。
だから、裁判人自身が、全てを解って判断をしている訳でもないのである。

裁判人はお客様なのである。

仮に重罪でなくても、犯罪者の烙印を押され懲役に服するものの立場として、そんな簡易裁判で納得できるのであろうか。

市民感覚と言っても、情状酌量して罪を軽減してくれるとは限らないことも証明された。

こんなことで冤罪事件が少なくなるのであろうか。

余りにも、市民感覚に拘りすぎて、もっと大きな問題をないがしろにする風潮が出すぎてはいないのであろうか。

裁判員制度の定着で、国民は好ましい裁判が出来ていると思い込むことの恐ろしさは如何ばかりか。

そう言う風潮を隠れ蓑に従来の裁判への監視が滞るのではないか。

もともと、司法行政の狙いは其処にあるように思われる。

メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.19 )
日時: 2009/09/11 19:09
名前: 禿頭

裁判終了後、裁判員の記者会見が行われているが違和感を覚える。
裁判で判決を下した裁判官が記者会見をするか?

裁判員はカメラの前に会見を受けるとは思ってもいなかったとはずだ。
また守秘義務が課せられており、記者会見でどこまで答えればよいのか。

記者経験は行うべきではない。

メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.20 )
日時: 2009/09/11 20:17
名前: 天橋立の愚痴人間

>裁判終了後、裁判員の記者会見が行われているが違和感を覚える。
>裁判で判決を下した裁判官が記者会見をするか?


禿頭 さん、

そりゃそうでしょう。

刑の軽重を問わず、自分が他人命じた苦役(犯罪の代償としても)を誇らしげに語るならば、そのこと事態が犯罪である。

「違和感」とは、そう言う感情が、なせることでしょう。
メンテ
考え直せ 裁判員 ( No.21 )
日時: 2010/05/19 17:59
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:8CuASisA

久しぶりにUPしました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100518-00000587-san-soci

【裁判員制度開始から1年】

 刑事裁判に国民が参加し、裁判官とともに判決を決める裁判員裁判は21日で制度開始から丸1年を迎える。昨年8月に東京地裁で第1号が行われて以降、今年3月末までに全国で444人に判決が言い渡され、3594人の国民が裁判員・補充裁判員として参加した。大きなトラブルもなく、裁判員経験者の記者会見や裁判所によるアンケートでは、好意的に受け止める意見がほとんどだ。一方で課題も浮上しつつあり、制度の見直しに向けた議論も少しずつ始まっている。

 ■裁判員は「意義ある」

 制度開始から1年を迎えるのを前に、あらためて裁判員経験者に感想を尋ねた。返ってくるのは意義深かったとする答えばかりだ。

 50代の男性会社員は「強盗致傷罪の量刑が意外に重いことを知った。本当にいい経験ができた」。別の男性会社員(34)は「法律や、法を守ることについて考える機会になった。いろいろな立場の人が意見を出し合うことに意義がある」と振り返った。

 昨年末までの裁判員裁判計138件で裁判員を務めた人を対象にしたアンケートでも、参加した感想について96・7%が「よい経験と感じた」と回答している。選ばれる前に「やってみたい」と思っていた人は全体の30・1%にすぎなかったことを考えると、実際に参加することで意識が変わった人が相当数にのぼることを示している。

 一方で、経験者の1人は取材に対し、「審理を尽くせたか今も不安になる。被告が犯行時、どう考えていたのか、本当に結論に誤りがなかったか」と打ち明けた。真剣に取り組んだ裏返しとして、重責を感じている様子も浮かび上がる。

 ■裁判官の気遣い

 世間知らずと批判されることもあった裁判官。だが、こうしたイメージも裁判員制度をきっかけに変わりつつあるようだ。

 ある裁判員は「裁判官といえば偏屈で一般常識がないイメージだったが、われわれと変わらない目線で世間を見ていると安心した」と振り返った。アンケートでも83・1%の裁判員が「評議は話しやすい雰囲気だった」と回答。実際の議論も、75・8%が「十分に議論ができた」としている。

 ある裁判官が「裁判員に積極的に意見を言ってもらい、充実感を感じてもらうための努力は惜しまない」と話す通り、裁判員への気遣いは評議だけにはとどまらない。当初はマスコミや傍聴人の接触を排除するため、裁判長自ら裁判員を最寄り駅まで送る配慮もあったという。

 体が不自由な裁判員の車いすを裁判官が押し、評議室と法廷を行き来する姿もみられた。裁判所に対する全体的な印象も、裁判員の77%が「適切だった」と回答。裁判官の努力はおおむね実を結んでいるようだ。

 ■選ばれず不満

 逆に不満の声が目立つのは、候補者として選任手続きに参加しながらも選ばれなかった人たちだ。

 「候補者になっただけでも負担。制度を変えてほしい」「選任されるか当日にならないと分からないのに、あらかじめ3日間も休暇を取らなければいけないのは不合理」…

 選ばれなかった人で裁判所の印象を「適切だった」と感じたのは54・5%。裁判員経験者の数字を20ポイント以上も下回る。呼び出し人数を減らすことで不選任を減らすことはできるが、呼び出し人数は制度開始当初から現在までほとんど変わっていない。今後、改善の余地がありそうだ。

 また、補充裁判員として参加した人たちの満足度もやや低い。「裁判員が評議しているとき疑問が次々とたまった」「どうせなら積極的に話し合いに参加したかった」など、意見を自由に言えないストレスが背景にあるとみられる。

 補充裁判員をどこまで議論に参加させるかは、裁判長の判断に委ねられているが、評決には加われない。ある経験者は「裁判員を6人と限らず、6人以上として補充裁判員も加えることも可能ではないか」と提言している。

(引用終わり)


上記は裁判員制度に参加したことの感想であり、
なるほど、厳粛に演出された裁判の行為は精神的には実社会では経験できないものであり、新鮮に、意義深く写ったことであろう。

それは個人的な心的経験の感想であり、人が人を裁くという本質についての感想はない。
何回も繰り返しているが、裁判員裁判はリンチに他ならないのである。

最も、人を裁くという行為も誰かがやらねばならないのであるが、それは国民から付託された職務の上でなければならない。

抽選で選ばれた裁判員は、国民から選ばれ、裁くことを付託された人間とでも言うのであろうか。
また、実際に、そういう自覚の下で参加しているのであろうか。
付託という行為は、行き掛かりのような判断でなされて良いものか。

裁判員裁判を自己の精神的経験の満足に摩り替えるような人たちの生き様は、その昔リンチに参加した人間の残虐性となんら変わることがないのを自覚すべきであるのだ。

それに触れないで、その場の当事者同士の人間関係に満足していることは如何なものか。

他のスレッドで最近掲載したが、近世の魔女狩りも、民衆の何かを追及しなければ収まらないおぞましい部分が時の権力の思惑と連携したものであることを思い起こすべきである。

たとえば、裁判員裁判がこのまま続き、国民の1/5でも裁判員を経験したとすれば、どのような社会が現出されるであろう。

今は、生涯守秘義務があると考えているが、見の廻りに経験者が多くなってくると、裁判の話は日常の話題となる。
こうなれば、裁判の方向性は民衆が差配するものとなる。

完全なリンチ社会の現出である。
裁判員制度を評価する人たちは、其処まで考えているのであろうか。
上記に上げた裁判員経験者の話しなどは、本質を隠した個人的な精神の満足感を述べただけのものである。
私は個人の資格で関係のない犯罪者を裁く気持ちなど起きないのである。
如何に厳粛に行われようが、そんなものはリンチである。

ただし、家族などが理不尽な犯罪に巻き込まれれば、裁判さえも無用で、自分でリンチに出かける気概はある。
メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.22 )
日時: 2011/07/01 09:35
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:52nF3jHs

過去ログへ入りそうなのでUPします。

この悪法は今も続いているのです。
色々と屁理屈をつけていますが、全ては我が国の司法の怠慢があるのみです。
メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.23 )
日時: 2019/04/21 19:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:qa84gq8A

すっかり忘れ去られたこの話題。

裁判員制度は何故、必要か

考えて見られたことはありますか。

陪審員制度が良いという理由はありますか。

メンテ
Re: 裁判員制度を考える ( No.24 )
日時: 2019/08/20 21:01
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:6D.OcvYU

裁判員制度は、いまなお、目立つことなく続けられている。

何故、この様なことになったのか。
陪審員制度はイギリスで始まり、アメリカなどで取り入れられている。

陪審員制度の起こりは9世紀のフランスである。

カール帝の息子、ルートヴィヒ1世が、829年に、国王の権利について判断する際、その地方で最も優れた、最も信頼できる人物12人に宣誓の上陳述させるという制度を設けた。
要するに王の権利を民間人に復唱させることで権威を示すものである。

そのご、この考え方がイギリス、アメリカで取り入れられることになったが、フランスで興った陪審員制度とどんな関係が有るのだろう。
何故、民間人が裁判をしなければならないか。
近代民主国家において専門の裁判官の権威を補完知る意味はあるのか。

裁判制度が未発達の社会では、犯罪者に対する処罰は、民間人によるリンチと言う形でなされたいた。
アメリカでも、独立当初は国家のシステムが不備で、リンチが横行していたが、そんなアメリカでは、民衆自身の独立心が強く、リンチも利にかなっていた。

現在のアメリカの陪審員制度は、その頃の名残が続いていて、民衆にある種の権限を持たせようとするものである。
一般的な民主主義の概念と共に、それが民主的と思い込んでいる。

しかしながら、死刑も含み人が人を裁くと言うことには大きな問題がある。
常に正しい判決が下せるとも限らない。
また、人を裁くような立場に、普通はなりたいものでもない。

だから、専門の裁判官を擁して、これに当たらせる制度の方が、余程合理的な考え方である。
其れなのに、いまさら陪審員制度を真似て裁判員制度を作るなど時代錯誤であり、基本的に間違った発想である。
なぜ、このようになったのか。

この様な制度を日本に取り入れる必要性など全くないのに、

馬鹿な司法官僚が責任逃れで思いついた制度に過ぎないが、その様なものに振り回されることになった。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存