ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[375] 福祉ヤクザSSSと行政の闇
日時: 2016/05/14 09:10
名前: 流浪の民の乱 ID:enz/hgKE

一般にホームレスは日々の出来事など記録しない SSSは5月1日入所としたがメモ記録から反論したところ誤記と訂正
更に追及したら三日間は慈愛あるSSSの温情・善意によるサービスと惚けた このときにはCW記録は非開示 
そして高裁で棄却判決待ち頃にCW記録開示認容判決があった
この判決から大田区を提訴 並行して再度のSSS訴訟を提起した この危急存亡に裁判所を籠絡 両訴訟は審理不尽で高裁がフタをした
刑事裁判も同じであったが 異様に結審を急ぐ裁判には国家犯罪が隠れている

http://www.suihanmuzai.com/091116.jpg.html
2chで・・「裏金が動いている可能性が十分に考えられます」 なるほどキックバックに充てられるのか
CW「寮長、申し訳ないが今回は契約してないからお金でないよ」 寮長「しゃーない、しゃーない」

メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.1 )
日時: 2009/11/24 23:27
名前: 流浪の民の乱

投稿に躊躇いがあるが・・今ひとつ腑に落ちない事実がある
前記した記事を湯浅誠氏周辺のサイトに投稿したが消去ないし保留で消された どうしてだろうか。
実は第一次SSS訴訟で原告尋問に三人の傍聴人を派遣して呉れたと思える湯浅氏に、入所期日の不審などを伝えた。
折り返し見たいとのメールがあり 早速に判決正本など地裁の訴訟記録を郵送した。
とうころが受領の連絡もその後のメールも何も無い そして間もなくSSSがホームレス支援ネットに加入した。
湯浅氏といえば貧困ビジネスの最大手SSSの所業を広く追及していた筈なのに。
http://www.homeless-net.org/kihon/meibo/kaiinmeibo1.htm

更に驚いたのは昨年末の日比谷での派遣村に 何とSSSが参加していた! 一体どういうことなのか。
余り2chは寄り付かないが 昨日に当方のSSS訴訟沙汰を提起とした板の存在を知った。
この中にネット右翼らしい書き込みに”同じ狢” まさかと思うが何らの政策か それにしても不審だ。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.3 )
日時: 2011/02/10 16:42
名前: テスト ID:PKHOkmWo

私は現在SSSで生活保護ピンハネされています
どこに苦情入れたらよいのでしょうか?
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.4 )
日時: 2011/02/10 16:52
名前: テスト ID:PKHOkmWo

今、図書館から書き込みしてます
SSSで飼い殺し、生活保護ピンハネにあって困ってます
もう出ようと思いますが、最後に報復したいです
どこに苦情入れたらいいのか教えてください
何度もすみません
ここしか規制で書き込みできないし、イライラします
メンテ
SSSで飼い殺し ( No.5 )
日時: 2011/02/10 18:19
名前: 流浪の民の乱
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

救済申立を聞いて呉れる組織や機関は思い当たりません 一昨年末の派遣村とてSSSが参加しており 行政や支援団体(一部と思いたい)と一体化しています。

>もう出ようと思いますが、最後に報復したいです
当方はSSSを二度提訴しました 共に全面敗訴ですがSSSと行政の裏金作りの決定的証拠を掴みました これを特捜に告訴しましたが闇に葬られました しかしこの通知自体が偽装であり 近日中に検察審査会申立をします。

こうした背景や体験から当方で宜しければご連絡ください 
suihanmuzai@infoseek.jp コンビニのfaxは50円です 042-634-9960

メンテ
嫌がらせか ( No.6 )
日時: 2016/05/14 09:24
名前: 遂犯無罪 ID:enz/hgKE
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

テスト ID:PKHOkmWoさん あんたは坪井隆作だろう いまどき図書館のPCは書き込み禁止だ 嫌がらせとはこうするものだ


>遂犯無罪さん
前に警察が撮影した証拠の写真を見せて貰ったことがあったけど、びっくり仰天するほどひでえもんさ。

いくら何でも、大きくて広いダンボールのすみからすみまで、洩らさず油絵のチューブで塗りたくったみたいにべとべとドロドロさ。

いくらにーちゃん、ねーちゃんたちが酒盛りで舞いあがって酔っぱらっていたといっても、ホームレスなんか、虫けら以下の屑、ゴミ、「燃やせ!殺せ!」とやることに偏執的な愉悦を感じる愉快犯じゃねーかと思ったものね。


こんな情況があればTV報道している それが画像では無傷だ
そもそも証拠写真など被害者であろうと渡さない これを警察写真として支援者に見せていれば虚偽公文書行使で これも追起訴されるぞな
まあ総ては民事の中で解明される それまでの娑婆だ

http://www.suihanmuzai.com/110213.jpg.html
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.7 )
日時: 2011/03/06 11:47
名前: テスト ID:JqDIuP1Y

>いまどき図書館のPCは書き込み禁止だ

不思議と、ここだけは書き込みできます
2ch、したらばは無理でした




前にも書き込みしましたが、私は現在SSSに入居してます
SSSには、常時、少なく見積もっても5000人以上は入居者が居るそうです
一人につき1万の利益でも、月に5千万稼げます
私は少なく見積もっても4万はピンハネされてると感じてますので
SSSは、2億円は稼いでると考えてます
その入居者5千人は、役所が斡旋してSSSに強引に入れさせてるわけです
SSSの極悪非道な手口と戦ってる皆様は
そんなこと知ってるだろうでしょうけど
私はSSSに入れられる意味が理解できません
自分で宿泊施設を選択する自由はあるはずだと思うので、腹立ちます
私がSSSに入所するまでの過程を簡単に説明しますと
路上生活者緊急保護一時センター練馬寮で3ヵ月過ごして
自立支援センター杉並寮に移り2週間
医師の診断で生活保護となったその日から
区役所にSSSに連れてかれました
役人は最初は「1ヵ月だけだから」と、嘘をつき私をSSS刑務所に入れました
もう3ヵ月ぐらいSSSで過ごしてます
東京都総務局の相談窓口に電話したり
質問の手紙を送ったのですが、はぐらかされています
貧困ビジネスの餌にされてる現状から抜け出すには、どうすべきでしょうか?
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.8 )
日時: 2011/03/06 12:00
名前: テスト ID:JqDIuP1Y

自分の書き込みを読み返して思ったのですが
変な文章で申し訳ありません
ようするに、私はSSSに入れられるのが嫌なんです
路上生活者緊急保護一時センター練馬寮、自立支援センター杉並寮なら良いです
なぜなら、私の生活保護費をピンハネしてるわけじゃないからです
SSSは、完全に営利目的だから嫌なんです
他力本願で情けないですが、SSSをどうにかしてください
私と同じ施設に入ってる人たちも皆が口を揃えて不満を言っています
私たち(SSS入居者)は、ネットをできる環境すら維持できないし
携帯を契約するほどの余裕を持てない人間の集まりです
不満を感じていても、動けないし、その気力もない人たちばかりなんです
SSSを二度提訴されてるそうですが、影ながら応援させていただきます
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.9 )
日時: 2011/03/10 14:02
名前: 犠牲者 ID:dRrr.Ifc

(´・ω・`)2ch、NPO法人SSSスレから飛んできました
俺の入ってるSSS施設なんだけど
首都圏生活保護支援法律家ネットワークを通して入ってきた人だけが
1カ月って短期で、SSSを抜け出してましたよ
ネットで調べて、相談乗ってもらえば
俺もこれから電話してみる
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.10 )
日時: 2011/04/03 21:53
名前: 林なつき ID:lD8rHHfg

SSSはろくな団体じゃないのよさにゅうで八王子の委託受けて事業してるけど成果なんかあがってるわけがない。職員は私と一人いるけどあほだし、寮長は元やくざだし。入ってる人は早く出た方がいいよ
メンテ
SSS寮長は元ヤクザ ( No.11 )
日時: 2011/04/04 05:57
名前: 流浪の民の乱 ID:7xF06q2I
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

さにゅう(左入)のSSSを以前に探ったことがあります このときに小さなプレートに”FIS”とあり これは摘発された厚銀舎(FIS)のことかと不審に思っていたが その後に無くなっていました。
もしFISとも関連していれば一蓮托生で巨額脱税事件になります。

↓この頃にネット告発していましたが不発でした
SSSは寮長の在任期間と生存期間を開示せよ
ホームレスの過労死・SSSに酷使された寮長・副寮長の連続死
57歳の寮長 先日に過労・酒害死 現在 受給者寮長を選別中(八王子左入寮)

女性寮・すみれハイツ(八王子郊外)の部屋代は53700円 保護費の最高住居費とピッタリ 個室だがトイレ・台所はない
一時避難ではない長期滞在者にこの部屋代は高すぎる 先に保護費の上限があり儲け主義が見え見えだ
〇無慈悲で哀れな話〇刑務所では年末から正月三が日は娑婆(下層社会)以上のご馳走がでる 現在に確認したところ
年末から4日間の食事はナシ 勇気のある人はこの間の食費返還を訴えているが 拒絶する冷酷な金権盲者・SSS
正月には犬でさえ 年越ソバ・おせち料理がでる 食費代を前納している利用者に食べさせないのは詐欺だ


http://www.貧困ビジネス.com/muryouteigaku/index.html
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.12 )
日時: 2011/04/05 21:49
名前: 林奈月 ID:NFZH9KrQ

明日から13日までの期間利用者連れてSSSの施設山水荘というところで花見するよ。なんかがけ崩れで今使えないけど施設長が一人で管理してて河でバーベキューできるんだって。暇な人は襲撃してもいいよ。肉だの野菜だの持っていくからさ。邪魔していいよ。つぶせ
メンテ
SSSの施設山水荘とは ( No.13 )
日時: 2011/04/06 00:14
名前: 流浪の民の乱 ID:AtZ/2/HY
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

もしかして山水荘というのは 二年ほど前にSSSが 青梅辺りの広い敷地の有名旅館を競売で落とした物件ではないですか。
http://www.npo-sss.or.jp/topimg/sansuibbq.pdf
この情報はSSS幹部が自慢げに話したと聞いていますが いまではそうした筋からの噂話も入らなく とにかくSSSに関することはタブーであり 特捜が潰したSSSと行政の裏金疑惑を東京検察審査会申立で世論喚起するしかありません。

SSSはとてつもなく根を広げてごまめの歯軋りが敵う相手ではなさそうです。
http://www.npo-sss.or.jp/topics/news.cgi?page=3&pastno=0
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.14 )
日時: 2011/04/06 23:11
名前: 林奈月 ID:vHadmMd.

その通り。今日初めて行った。大きかった。バーベキューしてカラオケして来た。明後日もするよ。3グループに分けて。明後日は11時開始。良かったら探りに来て下さい。河までおりて釣り人や散歩がてらの振りして。待っています。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.15 )
日時: 2011/04/09 13:56
名前: 林奈月 ID:X6zJfs4E

5月からSSSの八王子で通所の施設(連絡所)が始まる。駅前(ダイエー)のニ階とか。
メンテ
SSSの総資産は・・ ( No.16 )
日時: 2011/04/14 16:26
名前: 流浪の民の乱 ID:lLh9Kr6Q
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

>5月からSSSの八王子で通所の施設
何よりの情報感謝します 監察行動をしてご報告します。
同和右翼のSSSの創設者・高橋信一に提訴に際して糾弾書を送付 ところが奴は理事長を辞め役員からも消えた これらの全役員の訴状を送付したが貧困ビジネス提訴の走りとなったかと自負している。

五千人程になる収容施設は借り物 総資産380万円とは心もとない 受給者の寮長と当番の収容者(お泊りは二段ベッド)に賄い 掃除させて 冷凍食材でレストラン価格の収益性抜群のSSS株はお奨めものです
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/kaishatouhon001.jpg.html

施設運営の管理・監督は寮長にあり 一ヶ月に一度 全施設の寮長を集めた会議がされていた 板垣寮長は60過ぎ テキヤ稼業だったとか 寮長のみは一室を与えられていた 寮長は明らかに精神を病んでおり 独り言をいい些細な事でも怒鳴り散らす暴君に成り上がっていた
寮内で禁止されている酒は寮長と副寮長(肩書きは不確認)は両者共に通院の身で毎日に大量な酒を呑む自死願望者 当方が出されて半年程で両名共に死亡した 
利用者(被告から収容者でなく利用者との抗議から訂正)は概ね二ヶ月に一度 一週間の当番が課せられる 5時に起きて寮内の掃除 塵出し 寮の前200米程の道路掃除 朝食の配膳・片付け(昼食はナシ) 夕食の用意に16時半にかかる 18時に片付け 翌朝の米研ぎ この一週間の拘束は(有料利用者)として仕方ないが 気難しい寮長と顔を突き合わせての一週間は苦痛だ これが厭で当番直前に逃げ出した利用者もいた
僅かな生活音にも寮長は過敏に反応して罵倒した これは本部の指示らしくとにかく息を殺しての暮らしはドフトエフスキーの「死人の家の記録」受刑者は甘やかさない徹底的に締め上げる・刑務所を思い出した 当方は男の修行(刑務所)をしているから何ともないが気の弱い者は震え上がった

寮長の決めセリフは「福祉に云って保護を切る」 長期滞在者は一様に寮長に貢物をして機嫌をとる 牢名主といった観がした  内部での犯罪は当然として利用者が外で起こす事件もモミ消す
こんな事があった 寮生の入浴中に同室者がこの寮生の所持金30万円を持ち逃げした 30万円は支給金で当てたギャンブルの虎の子 寮生は池上警察署への被害届を寮長に頼んだが一蹴された 保護費でのバクチの実態が暴かれる 犯人はこれを読み込んでの犯罪だ 早晩にオケラになり SSSの千葉に保護申請をした しかしSSSでは前科者故に拒否された 多いのは保護費支給日に持ち逃げ遁ズラをする輩 今年4月に埼玉のSSSの寮長が寮生からの集金を持ち逃げしたとのニュースが載った ここに一般の受給者と違う超法規的な受給手続と住民登録のカラクリがある

SSS本部から月に一度の支給日だけに担当者が來所する 利用者からの前納の取立てだ この支給日のみは朝から浮き足立っている 寮長の奢りという缶コーヒーが朝に出る 11時頃に揃って役所に向かう ぞろぞろとむさ苦しいのが列をなすのは恥かしい 帰路も必ず集団歩行は受け取ってそのまま姿を消すのが多いから 中には前納を終えて僅か手元の3万程を握って逃げ出す者の心情は悲惨だ これらは明らかに公金保護費の詐欺だ SSSはこうした失踪者の前納した利用料の清算処理をどうしているのか 当然にラッキーと戴いているに違いない
呑ませて吐き出せる鵜飼(迂回給付)を彷彿とさせる どうせなら役所から直接にSSS に払い込めば安全確実だが それをしないところはパチンコ屋の景品買いと同じかな

待ち受けたSSSの担当者に一ヶ月の前納が終えたら寮内は誰もいない 日頃の粗食の反動で夕食は旨いものが食べたい これはSSSも認めており支給日の夕食は出ない この夜の遅い帰寮は寮長も怒鳴らない 翌朝になる者もいて同室の鈴木は喧嘩傷で戻った 僅か3万円程の所持金だがホームレスを有頂天にさせる月に一度の愉しみ 多くはギャンブルに消える 希望無き身に一攫千金の夢は生きがいだ 廃人を作り出し利用している
寮生の何人かはSSSの仲介で遊技場等の清掃仕事をしている 働いても保護費に足りない給与の差額が支給される この人達の場合は朝夕食を食べない事が多い 食事(朝・夕)を事前に摂らない場合は一ヶ月先の事でも申告する しかし食べなくとも一律に徴収はする
もし通常の所得があれば当然に退出する ここにSSSの巧妙な手口がある ホームレスからの脱出の最大課題は住居にある 住居を得るにはそれなりの金と保証人の難題が立ちはだかっている 寮生活で働いても高い利用料(食費・光熱費の節約が出来ない)が壁となり目的の達成は困難を要する 足掻いても寮から出られない こうした自立を阻むSSS介在のパート就業と食住一体の高利用料の問題 総てはSSS の利潤追及に利用され 利用者は隷属するしかない構図がある
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/sss-2.jpg.html

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.17 )
日時: 2011/04/16 14:33
名前: 林奈月 ID:2quN7aEc

いいじゃん。どんどんやりな
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.18 )
日時: 2011/04/20 21:50
名前: 林奈月 ID:gTuKXdRk

5月から八王子で始まる通所施設の概要が分かってきた。名称はさくらハウス。職員は4人。責任者は三多摩支部の中城。八王子からの補助金は5,000万円とか。詳細がもっと分かったら提供します。
メンテ
さくらハウス? ( No.19 )
日時: 2011/04/20 23:11
名前: 流浪の民の乱 ID:7fahKJsQ
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

え〜 それどうなんでしょうか SSSとサクラハウスは同業者ですが別組織 三年前にサクラハウスの練馬寮で殺人事件が起こり この容疑者氏にカンパ等の救援をした。
しかしその後に山谷労から連絡があり支援会に出席 しかし部外者のようで身を引きました。

・・ということはつまり行政が主体となり貧困ビジネスの統合がされる? それで湯浅誠氏の不審な動向も納得するものがあります やはりSSSと行政の裏金疑惑は確信に至りました。
貴重な情報感謝しますが マル秘事項については fax 042-634-9960 でお願いします これより告発先を探します ありがとうございました。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/sakurahouse.jpg.html
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/sakura010.jpg.html
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.20 )
日時: 2011/04/22 21:40
名前: 林奈月 ID:fftLzxMQ

失礼しました。さくら館です。職員がつけました。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.21 )
日時: 2011/05/08 12:58
名前: 林奈月 ID:75tijCmQ

八王子の庭にはと小屋出現。寮長の趣味らしい。公私混同
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.22 )
日時: 2011/05/08 22:24
名前: 遂犯無罪 ID:3iyW21ec
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

寮長とは生保受給者ですか 古い情報では生保を受けてSSSから一日2500円程の手当てがある
寮となっている建物は以前はムラウチの社員寮と聞いていますが そのごく近い処に5年ほど暮らしていました 写真でも撮りに行こうかと ありがとうございます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.23 )
日時: 2011/05/13 22:02
名前: 林奈月 ID:9TnWYgAo

寮長は生活保護者ではありません。元ヤーサンさんです。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.24 )
日時: 2011/05/14 00:39
名前: 遂犯無罪 ID:lLh9Kr6Q
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

そうやはり柔な者では勤まりません ドロップアウトして始めて知らない世界を垣間見ています。
若い頃ム所に入っていればとたまには悔やまれることがあります そこそこの小便刑なら結構愉しめるし内観するには宜しいかと。

やはり底辺にはヤーさんが多いです こうした無頼者の生活規律を管理するのは公務員や一般会社では無理 そこで右翼の同和の仕事にされてしまう 懲役自慢で負けない施設長が適任です。
アウトローものは作家・宮崎学氏の著作が秀でています。
昨日、さいたま地裁の二回期、相手被告はホームレスの筈なのに 色シャツに黒褐色のタイ 白い靴 縦縞の黒ズボン 20分も送れて出廷 不貞腐れた態度は完敗覚悟の豹変です やはりヤクザはクズでしかない そろそろ上昇しなければと・・その前に SSSと行政の裏金疑惑で検審会申立は必ずします。 

見た目もヤーさんが社会貢献を語っています SSSの高収益が羨ましいそうです
http://www.notnet.jp/homeless1h.wmv
メンテ
やはり警察よりヤクザの方が怖い ( No.25 )
日時: 2011/05/14 11:48
名前: 遂犯無罪 ID:lLh9Kr6Q

二審の元全学連委員長の私選は 刑事弾圧事件主張する当方に 今まで何らの犯罪と無縁だった被告人を矯正施設に送れば悪に染まる・・無罪主張しつつ情状酌量を訴えたのです。

確かに 我ながら”男の修行”でワルになったものと これが訴訟案件でなかったら恐喝でしょう。 


From: rurounotaminoran@yahoo.co.jp
Subject: 田中氏のブログ 坂田さんの件
To: takeda1972@hotmail.com

6日の田中氏のブログを読んで やっと意味が判った つまりお前は警察より怖いヤクザに追われているのだろう
そんな身で訴訟沙汰など起こすのがアホだ 解った この訴訟は取り下げてもいい またネット記事も消去する 和解したくば返答せよ



学生達は・・川に浮かんだ油に火がつくかを会話していただけ 坪井はこれを脅し三人の親(裁判官・外交官など)から恐喝示談金900万を巻き上げた 更に残る一人を提訴 これがどんなに間抜けで墓穴を掘るものとは 今まで知らなかった 
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110512.jpg.html
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.26 )
日時: 2011/05/15 17:54
名前: 林奈月 ID:T1ptSrr2

何が自立支援プログラムよ。あんなの役に立ってないよ。面接の練習だの、分からない討論だの。考えたのは理事の上田らだよ。明日から又、寮長と出来の悪い相手に金曜日迄。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.27 )
日時: 2011/05/17 14:48
名前: はは ID:6XzEdNNA

俺が居た施設は
料理は、ナマポが利用料金割引で調理場で作ってた
てっきり職員かと思ってたら
支給日は、施設のナマポが同じ時間帯に役所に行くのだが
調理場の彼を見てビックリしたな
あれ?ナマポだったのかって
支給日は、SSSコーナーまで設置されていて
気持ち悪い、薄気味悪い光景だよ
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.28 )
日時: 2011/05/21 13:16
名前: 奈月 ID:gry1GuGE

SSSの仕事に誇りを持てというけど馬鹿馬鹿しくて聞いていられない。
給料が欲しくてこっちは働いてるの。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.29 )
日時: 2011/07/22 16:42
名前: 赤坂について ID:bbkP5RjY

元sssに居た者です

赤坂とか言うキチガイが偉そうに講演するのを聞かされました

あいつは卑劣な貧困ビジネス業者から講演料貰って何を言ってるんだ

ナマポ切られて、あいつと遭遇したら殴りたくなるだろうな

今でも思い出し怒りがこみあげてくるよ
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.30 )
日時: 2011/08/04 21:58
名前: ID:Fqtpml2Q

八王子荘最近は失踪者が続出している。気持ち分かります
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.31 )
日時: 2011/10/04 09:24
名前: ご利用は計画的に? ID:VxuKE4Yo

今 いるよ
昨日 支給日 早速払ったっす

良いトコロもあるよ 煙草の本数が減りました

今のところ、それだけ(笑)

寮長?気の良いおじさんに見えるけど

ともあれ長居は無用
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.32 )
日時: 2012/11/20 22:59:57
名前: 流浪の民の乱

圧倒的な正義性でSSSを二度提訴、更に担当行政も二審まで訴えたが完敗した、あれから5年が過ぎるがやっと被抑圧者は立ち上がった。

保護費生むニワトリ 
ttp://www.suihanmuzai.com/121120.jpg.html
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.33 )
日時: 2012/11/20 23:24:05
名前: 同じ税金で生きてる公務員の

国家公務員用住宅は、礼金なし・仲介料なし・更新料なしの賃貸住宅。連帯保証人も不要、賃料は相場の半額以下でなので、住宅公社や住宅公団の団地どころか、低所得者しか入れない市営・県営住宅より安い物件も多数あります。なお、ほとんどの物件に敷地内駐車場が完備しています。

3DK(50.25平方メートル):8,725円 MM元町中華街より徒歩8分 横浜市中区山手町99

ttp://www.web-pbi.com/whereabouts/index_Jhouse.htm
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.34 )
日時: 2016/08/27 16:30
名前: 某福祉事務所 ID:cJuhk5go メールを送信する

三多摩支部の宇宙人的バカ中村浩紀が副支部長になったんだとさ?
三多摩支部及びSSさんは終わりですよ
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.35 )
日時: 2016/12/25 22:34
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:KNWgpDp2

UP
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.36 )
日時: 2016/12/29 16:34
名前: ウンコ臭い部屋 ID:BTr1UZf.

SSSの某施設を見学したが、
壁紙が黄ばみ、床にはゴミホコリ、部屋は異臭がした。
これで月賃料だけで5万近くって。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.37 )
日時: 2017/01/28 07:23
名前: ジャンヌ ID:bB8dU/xk

川崎のSSSから紹介されSSHという団体に移籍させられましたどなたか、特定非営利活動法人エスエスエイチ神奈川支部の情報をお持ちの方はレスお願いします。
グーグル先生でも、川崎の事務所の位置はでない、検索してもヒットしないので、情報収拾に困っています。
メンテ
SSS収容所の受態喫煙被害を提訴  ( No.38 )
日時: 2017/05/11 06:36
名前: 遂犯無罪 ID:sRqfE.tw
参照: http://www.suihanmuzai.com

11年前に貧困ビジネスの最大手SSSに係る人権侵害を提訴した、この中に同室者に因る煙り燻しを問題にしたが、
被告代理人の六本木ヒルズ弁護士はせせら笑い、また裁判官も争点にするのは認めなかった

これと同じ訴訟が現在に提起されたなら、請求棄却するにも公正らしさを見せた判決にする、
それにしても奴らは揃いも揃って「若葉」を吸う、この名称は景表法に反するな、このSSS収容所では、同種の火災が数件起きて殺人事件も数件ある

SSS収容所の受態喫煙被害を提訴 
http://suihanmuzai.com/index5/170510.jpg.html
メンテ
社会改革としてのネット告発と潜入取材 ( No.39 )
日時: 2017/06/09 12:28
名前: 遂犯無罪 ID:QSmsOxb.
参照: http://www.suihanmuzai.com

貧困ビジネスSSSに潜入取材されていた方から連絡を戴いた、SSS関係では3件の訴訟を提起して何れも敗訴であるが、狙いの事件拡散は果たした、
刑事弾圧から被ったホームレスでの些事だが、これが本命の我が事件より、時流に乗っているのか長くアクセスが続いている。

福島の原発事故現場の作業員として潜入取材した方もあったが、貧困ビジネス収容所に潜入取材とは驚き、この記事掲載をした、
忘れていたこの記事から連絡を戴いたが、我がhpは知らないとは少々に無念というか、未だ道は遠く拡散させなければならない、
我が事件は結果、潜入被告人と自負している。

社会改革としてのネット告発と潜入取材
http://suihanmuzai.com/index5/170609.jpg.html
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.42 )
日時: 2017/08/13 04:55
名前: 8879 ID:cbgP6NX2

特定非営利活動法人 ゆどうふ
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.43 )
日時: 2017/10/05 18:00
名前: 匿名 ID:71bX37as

東京都台東区の特定非営利法人のエスエ0エスの施設「おお0ら壮」は、以下の違法をおかす。
宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
その場合、エスエスエスは、家賃を69700円、共益費、管理費を27300円を徴収している処、近隣施設の台東区の山谷の宿泊所は宿泊所利用契約は66000円が相場であり、これは、共益費、管理費は含めずに、純粋に居室代金の徴収としている。 
 つまり、従前、2(1)では、宿泊所利用料は居室使用料を徴収するものとしており、共益費、管理費は含めないのが相当だからである。   しかも、従前、2(5)では、光熱水費を徴収する場合は、実費としており、光熱水費の支払い規定はあるものの、共益費、管理費の徴収規定はないから、不正徴収である。
そうすると、近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮した場合、家賃に光熱水費を包含して、更には共益費、管理費などは徴収しないから、66000円にしなければ、同指針違反で、違法である。
尚、簡易宿泊所は日割りで、1日が2200円の居室代金だから、アパートの様に1ヶ月単位の契約とは異なるから、必然に共益費、管理費などは、徴収できる筈はないから、共益費、管理費のエスエスエスの徴収は詐取行為である。
そうである以上、不当利得を共益費、管理費の27300円分はしているのだから、返還することが相当であるが、返還をしない。


私がこれらを告発しているから、おお0ら壮の利用者に誰かが命じて、毎日自室に侵入させてコソ泥をさせており、不法侵入すらおお0ら壮内ではおきている。 マスターキーで侵入するのか???。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.44 )
日時: 2017/10/05 18:09
名前: 反、エスエスエス ID:71bX37as

東京都台東区の特定非営利法人のエスエ0エスの施設「おお0ら壮」は、以下の違法をおかす。
宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
その場合、エスエスエスは、家賃を69700円、共益費、管理費を27300円を徴収している処、近隣施設の台東区の山谷の宿泊所は宿泊所利用契約は66000円が相場であり、これは、共益費、管理費は含めずに、純粋に居室代金の徴収としている。 
 つまり、従前、2(1)では、宿泊所利用料は居室使用料を徴収するものとしており、共益費、管理費は含めないのが相当だからである。   しかも、従前、2(5)では、光熱水費を徴収する場合は、実費としており、光熱水費の支払い規定はあるものの、共益費、管理費の徴収規定はないから、不正徴収である。
そうすると、近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮した場合、家賃に光熱水費を包含して、更には共益費、管理費などは徴収しないから、66000円にしなければ、同指針違反で、違法である。
尚、簡易宿泊所は日割りで、1日が2200円の居室代金だから、アパートの様に1ヶ月単位の契約とは異なるから、必然に共益費、管理費などは、徴収できる筈はないから、共益費、管理費のエスエスエスの徴収は詐取行為である。
そうである以上、不当利得を共益費、管理費の27300円分はしているのだから、返還することが相当であるが、返還をしない。


私がこれらを告発しているから、おお0ら壮の利用者の倉0、鈴0という者に誰かが命じて、毎日自室に侵入させてコソ泥をさせており、不法侵入すらおお0ら壮内ではおきている。 マスターキーで侵入するのか???。
しかも、外出の札を外出中という様にしてしまい、夜に帰省しなかつた風に誰かが、札を悪戯しているが、その為に寮長に何回か、札の件で、指示をうけるが、告発してから、こんな事が毎日あるから、奇妙な施設である。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.45 )
日時: 2017/10/05 18:32
名前: エスエスエス 被害者 ID:71bX37as

東京都台東区の特定非営利法人のエスエスエスの施設「おおそら壮」は、以下の違法をおかすから改善勧告してください。。
宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
その場合、エスエスエスは、家賃を69700円、共益費、管理費を27300円を徴収している処、近隣施設の台東区の山谷の宿泊所は宿泊所利用契約は66000円が相場であり、これは、共益費、管理費は含めずに、純粋に居室代金の徴収としている。 
 つまり、従前、2(1)では、宿泊所利用料は居室使用料を徴収するものとしており、共益費、管理費は含めないのが相当だからである。   しかも、従前、2(5)では、光熱水費を徴収する場合は、実費としており、光熱水費の支払い規定はあるものの、共益費、管理費の徴収規定はないから、不正徴収である。
そうすると、近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮した場合、家賃に光熱水費を包含して、更には共益費、管理費などは徴収しないから、66000円にしなければ、同指針違反で、違法である。
尚、簡易宿泊所は日割りで、1日が2200円の居室代金だから、アパートの様に1ヶ月単位の契約とは異なるから、必然に共益費、管理費などは、徴収できる筈はないから、共益費、管理費のエスエスエスの徴収は詐取行為である。
そうである以上、不当利得を共益費、管理費の27300円分はしているのだから、返還することが相当であるが、返還をしない。


私がこれらを告発しているから、おおそら壮の利用者の倉0、鈴0に脳内音声が命じて、毎日あちこちの利用者の部屋に侵入させてコソ泥をさせており、脳内音声が機械的にレツテルをはり、その対象者について、不法侵入すらおおそら壮内ではおきている。 特に、3階の樋0、近0さんらはちょくちょくらしい。共同トイレにいくにしても、必ず鍵をしているのであるが、被害が多発している。寮長がマスターキーで侵入するのは考え難い???がとかく、脳内音声で動くから・・・・・・。

しかも、石0寮長も脳内音声に洗脳されているから、利用者について、脳内音声の言うままに、指示、訓告をしてしまい、不条理が多々において発生している。
脳内音声の参考サイト
https://wired.jp/2008/05/13/%e7%b1%b3%e9%99%b8%e8%bb%8d%e3%80%8c%e8%84%b3%e5%86%85%e3%81%a7%e9%9f%b3%e5%a3%b0%e3%82%92%e7%99%ba%e7%94%9f%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e6%8a%80%e8%a1%93%e3%80%8d%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%96%e3%83%9a/
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.46 )
日時: 2017/11/07 17:54
名前: kokuhatu ID:dPPjQQHk

千葉・八千代市にあるNPO法人エスエスエスの無料低額宿泊所・八千代荘に自治体からの 告発があり、事業者が不当に営利を図り、又は利用者の処遇につき不当な行為をしている。

家畜同然の扱いに怒り 貧困ビジネスを裁判で告発! 千葉・八千代



 病気で生活保護を受けるようになり、千葉・八千代市にあるNPO法人エスエスエスの無料低額宿泊所・八千代荘に自治体からの紹介で入居した会員の4人が、6月8日、エスエスエスを相手取って千葉地裁に裁判を起こしました。劣悪な生活環境なのに、生活保護費から不当な入居費用などを徴収され、「人間らしく生きる権利を奪われた」として、その返還や慰謝料(いしゃりょう)など1520万円の損害賠償を求めています。9月13日には第1回口頭弁論が行われました。原告2人に話を聞きました。(田中由利子記者)

 原告の関口敏郎さん(58)は、「建物は元スーパーの社員寮で古く、見取り図にあるように、6畳2間とダイニングのスペースに、5人が入居していた。1人2畳半で、布団を敷くスペースしかない。布団も以前からの使い回しで汚れていて、綿が偏っていた。仕切りは石こうボードで、エアコンが2部屋にまたがるので上部60センチは空いたまま。個人部屋の入り口はアコーディオンカーテンで鍵はない」と話します。
 「食事は朝と夜のみで、冷えたレトルトのおかずとご飯、少しの漬物と、みそ汁もインスタント。食事時間も15分と決められ、寮長が見張り、みんな黙々と食べていた」「風呂とトイレは共同で、入浴は週3日、1人分の時間は15分たらず。湯を張る間もない。トイレットペーパーも5人で1か月9ロールまでで、とても足りない。洗濯も週3回の決まりだった」と原告の小山内(おさない)誠さん(61)。

手元に残る保護費では就労活動にも事欠く

 このような住環境で、使用料(家賃)は月4万6000円、食費が2万9000円、水道光熱費1万1000円、雑費2000円の8万8000円が徴収されました。
 手元に残る保護費は約3万円で、昼食代や足りないトイレットペーパー、洗濯洗剤、食料などを買うと、就職活動のための背広代も買えず、交通費にも不自由するほどでした。
 小山内さんは、「刑務所みたいで精神的にも苦痛だった。仕事を探し引っ越したいと市役所の生活支援課に話しても、『まだ早い。もっと貯金 65533 してから』などと言われ、エスエスエスに丸投げの状態だった」。
 原告4人と生活と健康を守る会の関わりは、八千代荘の入居者が、会員でもある市会議員に助けを求め、民間アパートに入ることができたことから。そのうわさを聞いた4人(入居期間2009年〜10年)も個別に相談に行き、八千代荘から民間のアパートに移って落ち着いた生活に戻ることができました。
 そして、八千代生活と健康を守る会立ち上げの準備会に参加。昨年6月に「会」が発足。今は同じような境遇だった人の相談に乗り、仲間を増やしています。12人で班もつくりました。

不満言うと強制的に退去、路上生活強いる

 裁判を起こそうと決意したのは、「八千代荘では入居者に正しい情報を隠し、『出ると保護を打ち切る』とか、不満を言うと強制的に退去させ路上生活を強いるなど、入居者に恐怖感を抱(いだ)かせていた。私たちは、生活保護費のピンハネをするエスエスエスの金の卵を生むニワトリであり、家畜同然だったから」と関口さん。「私たちだけの問題ではなく、被害者も多い。エスエスエスのような貧困ビジネスを許すわけにはいかない」と、2人は力強く語りました。

長期入居施設と化し貧困ビジネスの温床

 NPO法人エスエスエスは2000年3月の設立で、東京、埼玉、千葉を中心に約150施設、5000人ほどの入居者がいます。
 社会福祉法は「生計困難者のために、無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他の他施設を利用させる事業」(社会福祉法第2条第3号第8号)を「無料低額宿泊所」としています。
 「事業者が不当に営利を図り、又は利用者の処遇につき不当な行為をしたときは、同法72条第1項の規定により、社会福祉事業を経営することの制限または停止を命じること」と厚生労働省は、社会・援護局長名で通達(2003年7月31日)を出しています。
 でも、「次の生活までの一時通過施設」のはずの無料低額宿泊所が、自治体の支援の下「長期入居」施設と化し、貧困ビジネスの温床になっています。


問い合わせ先
千葉県生連 電話047―407―0802 FAX047―407―0832

2012年10月21日号「守る新聞」





メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.47 )
日時: 2017/11/07 17:59
名前: kokuhatu ID:dPPjQQHk

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

旅館業か不動産賃貸業かの判断基準は以下について、該当すれば旅館行であり、該当しなければ不動産賃貸業となります。

 1、施設の管理・経営形態を総体的にみて、宿泊者のいる部屋を含め施設の衛生上の維持管理責任が営業者にあると社会通念上認められること。
  2、施設を利用する宿泊者がその宿泊する部屋に生活の本拠を有さないことを原則として、営業しているものである。
  3、宿泊させることについては、「寝具を使用すること」が重視され、予め、備えての宿泊の体制があればます。

 そこで、「1」については、おおそら壮は、共同浴場である所、その清掃は施設が実行しており、備品のシャンプー、リンス、ボデイシャンプーも設置している。
室内清掃については、利用者の交替時は寝具の交換、清掃は施設側が実施しており、ゴミ出しも施設がしている。
毎日、利用者が出すゴミについても、ゴミ箱に入れておく事で施設が回収して、廃棄している。 
 つまり、基本的な清掃は施設が実施しているから、旅館とみなされます。

 「2」については、施設を利用する宿泊者がその宿泊する部屋に生活の本拠を有するかであるが、おおそら壮の利用者は生活保護を受ける者であるが、住居が無いので長期間の滞在者が多数であるので、生活の本拠と受け止められる余地もあるけれども、滞在も目的が就労支援法という法を前提としての利用であり、支援期間が3ヶ月間で終了するという事、或いは、その後は他のアパートに移転して生活の本拠地から仕事に通うという事を支援法関連法令が想定しているという事、しかも、おおそら壮自体が就労支援に関連する法律を踏まえて運営しているのであるから、必然的におおそら壮の利用者が宿泊する部屋については一時的な滞在をする場所であり、生活の本拠(家)としては考えずに営業をしている事は明らかである。 それはアパート移行制度という措置を執る事が支援関連法案の趣旨であるから、そうである以上、利用者が生活の本拠を有さない事を原則として営業しているものと推認できるから、おおそら壮の利用者については、生活の本拠がある事にはなり得ない。

「3」については、おおそら壮は予め、布団は設置して宿泊をさせているから、旅館の慣例通りの施行があるので、旅館といえる。 

そうすると、おおそら壮は旅館業法の2条4項の「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料を受けて、人を宿泊させる営業である事に該当する事は明白である。
 してみると、おおそら壮という、いわば旅館(簡易宿泊所)とは、アパートの様な共益費などは徴収出来ず、即ち「宿泊料」とは、名目だけではなく、実質的に寝具や部屋の使用料とみなされる、寝具賃貸料、寝具等のクリーニング代、光熱水道費、室内及び室外、廊下の清掃費などが含まれますから、共益費用、管理費用、光熱水道費の徴収はできません。
(旅館業法についてー厚生労働省 http://www.mlit.go.jp/common/001113521.pdf ) 

しかるに、不正に営利目的的に「共益費用、管理費用、光熱水道費」の徴収をしているが、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であり、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)

東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)では、(別表4)宿泊所利用契約に関する基準にて、「2 宿泊所利用料」においては(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。  (5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。 と規定するから、共益費用、管理費用の徴収は規定していない。 
そして、光熱水費を徴収する場合は、実費相当としており、これは、部屋以外の箇所にコインランドリー、ジュースの自動販売機などの機材を設置している場合には、実費相当額の徴収を規定しているのだから、闇雲に、旅館が廊下や外灯の電気代、ボイラーのガス代などの徴収をしない事を規定する制限規定なので、おおそら壮の光熱水費を徴収する行為は法令の歪曲した間違いな徴収なので、取り消し、中断が相当である。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.48 )
日時: 2017/11/10 17:12
名前: 匿名 ID:IJZSjQvQ

東京都台東区日本堤1丁目17−7のおおそら壮では、以下の貼紙がおおそら壮内の廊下に貼り出されているから、皆が苦情が出来ないとの自体が生まれている。不当な措置といえる貼紙行為があるから、直ぐに改善して下さい。
 
「お知らせ  東京都より、おおそら壮(入所者の個人名を含む)への苦情があがつていると連絡をうけました。 *事実に反する内容であつた場合、名誉毀損になります。(おおそら壮スタツフ一同)」(おおそら壮の貼紙の原文)

 そこで、苦情処理機関の運営にあたっては、苦情を申し立てたことを理由として申立人に不利益な取扱いをしないこと、秘密を守ること、迅速かつ公正に処理することが重要です。しかし、この対応は、苦情を出された事を公開しての報復を申立者にしているに過ぎず、正当な対応でない。
 通常は、相談者から相談を受けた者(職員相談員)は、相談内容はもちろん誰から相談を受けたかということまですべて秘密を厳守します。当局に照会や相談内容を伝えるときも、必ず相談者の了解をとらなくてはならないから、苦情が発生しているという事実を廊下に貼り出すという事は、考え難く、悪意ある対応(報復)である。 これで、喧嘩が起こる可能性も充分であるから、おおそら壮のスタツフ一同の処分をして下さい。

苦情を行ったことによって、不利益な取扱いをしてはならないことはもちろんのこと、逆恨みされ、誹謗、中傷、嫌がらせなどの不当な取扱いを受けることがないように、職員は苦情の処理に配慮義務を課される筈だから、それを公開するという事は逆行している行為なので、苦情への報復的措置であり、厳罰にすべきなので申し立てます。

  尚、名誉毀損になるというが、行政や、施設への内密な苦情が、名誉毀損になるというのは、脅しをしているものと判断できる。それは、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条1項)のが名誉毀損になるというのだから、文書での投書が名誉毀損にならない事は承知の上で、生活保護者だから、馬鹿にしてホラを貼り出すという悪質な措置であり、苦情をさせない為の脅迫である。

とすると、おおそら壮の職員一同は不当をおかしているから、調査の上処分する事をして下さい。

尚、東京都職員も、こんな自体にならない様におおそら壮は法律事項が全く分からないから、苦情の対応を教えておくべきであるが、それをしないのは、東京都の告知をした職員にも問題があるので、直ぐに調査して、張り紙を剥がす様にさせ、同じ事のない様に苦情処理の基礎を、告知した都の職員や、おおそら壮へと教えてください。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.49 )
日時: 2017/11/10 17:42
名前: 匿名 ID:IJZSjQvQ

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)では、(別表4)宿泊所利用契約に関する基準にて、「2 宿泊所利用料」においては

(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。

(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。

(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。

(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。

(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

 と規定するから、共益費用、管理費用の徴収は規定していない。 

(1)(2)(3)の規定については、この「居室使用料」とは、宿泊料は名目のいかんを問わず実質的に寝具や部屋の使用料とみなされるものは含まれるから、寝具賃貸料、寝具等のクリーニング代、光熱水道費、室内清掃費も宿泊料とみなされるので、これらを一括して「居室料」と表示しているのである。 つまり、「居室使用料」イコール、宿泊料金といえる。

 しかも、(3)の示唆する、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。という文言は、住宅扶助の通常の基準の53700円の家賃では、入居が困難な地域(例えば、日本堤、山谷などは家賃が66000円が相場なので、)は、住宅扶助特別基準の範囲内の69300円での家賃設定とする事と規定している。

 そうすると、居室使用料は上限が69300円の範囲としなくてはならず、それが、宿泊代金の全てとみなされる。

ところが、おおそら壮は家賃は、97000円を徴収しており、居室使用料69300円、共益費16700円、光熱費11000円を徴収するが、以上の通りに、(真性に旅館などと同一に、)宿泊についての全ての経費を含めて、居室使用料の徴収が相当だから、居室使用料69300円の徴収を「するに留める様に改変する事が当たり前なので、改善すべきである。

 しかるに、不正に営利目的的に「共益費用、管理費用、光熱水道費」の徴収をしているが、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であり、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.50 )
日時: 2017/11/10 18:08
名前: 匿名 ID:IJZSjQvQ



東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

その場合、エスエスエスは、家賃を69700円、共益費、管理費を27300円を徴収している処、近隣施設の台東区の山谷の宿泊所は宿泊所利用契約は66000円が相場であり、これは、共益費、管理費は含めずに、純粋に居室代金の徴収としている。 

 つまり、従前、2(1)では、宿泊所利用料は居室使用料を徴収するものとしており、共益費、管理費は含めないのが相当だからである。 

  しかも、従前、2(5)では、光熱水費を徴収する場合は、実費としており、光熱水費の支払い規定はあるものの、これは、コインランドリーなど、ジュースの自動販売機などの機材を備えつけている場合に、特に徴収許すという規定である。  つまり、同指針自体が(旅館業と同一に貸し部屋料金に含むと解釈して)高熱費用は居室使用料に包含させているから、あえて、高熱費用の徴収規定を、特に作る事をしているのである。 
((それは、「宿泊料」とは、名目だけではなく、実質的に寝具や部屋の使用料とみなされる、休憩料、寝具賃貸料、寝具等のクリーニング代、光熱水道費、室内清掃費などが含まれます。このため、これらの費用を徴収して人を宿泊させる営業を行う場合には、「旅館業法上の許可」が必要であるが、許可を必要とする場合は、法的には高熱費用の徴収は禁じているから、許可が必要となるのである。)) 従つて、高熱費用の徴収もコインランドリーなどのないおおそら壮はその徴収は不可能といえる。

 そして、共益費、管理費の徴収規定はないから、不正徴収である。

そうすると、近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮した場合、家賃に光熱水費を包含して、更には共益費、管理費などは徴収しないから、66000円にしなければ、同指針違反で、違法である。
尚、簡易宿泊所は日割りで、1日が2200円の居室代金だから、アパートの様に1ヶ月単位の契約とは異なるから、必然に共益費、管理費などは、徴収できる筈はないから、共益費、管理費のエスエスエスの徴収は詐取行為である。
そうである以上、不当利得を共益費、管理費の27300円分はしているのだから、返還することが相当であるが、返還をしない。
メンテ
福祉ヤクザSSSと行政の闇 2017年の現実 ( No.51 )
日時: 2017/11/11 13:35
名前: 遂犯無罪 ID:uLuHL0zw
参照: http://www.suihanmuzai.com

貧困ビジネスSSS訴訟から十年近くなる、三件共に判決は敗訴だが、目的の訴訟記録の公開で我が訴訟沙汰は、
高アクセスからも社会承認されつつある。

福祉ヤクザSSSと行政の闇 2017年の現実
http://suihanmuzai.com/index5/171112.jpg.html
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.52 )
日時: 2017/11/11 17:42
名前: 匿名 ID:ExPT8t6c

東京都台東区日本堤1丁目ー17−7のおおそら壮は、以下の内容の貼紙を同壮の各階の廊下にはりだしている。 これは人権侵害である。 従つて、直ぐに中止をする様に勧告されたい。

「お知らせ  東京都より、おおそらそう(入居者の個人名を含む)への苦情があがつていると連絡をうけました。 *事実に反する内容であつた場合、名誉毀損になります。  NPOエスエスエス おおそらそうは第2種社会福祉事業に位置付けられた宿泊所を運営しております。  皆様の自立に向け、支援をしております。 いつでもご相談ください。 おおそら壮スタツフ一同」(おおそら壮の貼紙の原文どおり)

苦情相談員、補助員その他の苦情相談に係る事務に従事する者は、申出人の職及び氏名、苦情相談の内容その他の苦情相談に関し職務上知ることができた秘密を漏らしてはならないことは言うまでもありません。

業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らしてはなりませんし、これを「守秘義務」といいます。 相談を受けたり苦情申し立てに関与したり、業務上知り得た他人の秘密を守ることを特に強く義務付けられています。  
 とすると、誰かが、同壮の個人名を掲げて苦情をしている事。 又は、おおそら壮の運営に苦情をしている事が、その文言から推認できるから、個人情報の漏洩、人権侵害があります。
 東京法務局のホームページでは、不当という事がありますから、直ちに貼紙の徹去をする様に是正勧告してください。

苦情を行ったことによって、不利益な取扱いをしてはならないことはもちろんのこと、逆恨みされ、誹謗、中傷、嫌がらせなどの不当な取扱いを受けることがないように、職員は苦情の処理に配慮義務を課される筈だから、それを公開するという事は逆行している行為なので、苦情への報復的措置であり、厳罰にすべきなので申し立てます。

  尚、名誉毀損になるというが、行政や、施設への内密な苦情が、名誉毀損になるというのは、脅しをしているものと判断できる。それは、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条1項)のが名誉毀損になるというのだから、行政に対して文書での投書が名誉毀損にならない事は承知の上で、生活保護者だから、馬鹿にしてホラを貼り出すという悪質な措置であり、苦情をさせない為の脅迫である。

(利用者は脅しであり、苦情をするなと言うのと同じだと言い、又は、俺は誰がやつたか知つているとのデマを根拠もなく、鈴木博幸が言うという事で、内紛が起きる事態でもあるから、申し入れます。)(尚、こんな貼紙をすれば、利用者が動揺して、トラブルの原因ともなり、鈴木の様に妙な風説を流す者すら出るのだから、就労の支援施設としては、あるまじき措置と思料しますから、早急に是正勧告してください。)(なお、エスエスエスとは、こんな事を平然とやりますから、以後は苦情は漏洩はもとより、貼り出すなどは、もつての他といい含めてください。)以上告発するから改善勧告を求めます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.53 )
日時: 2017/11/12 12:32
名前: tokumei ID:dvcctUNs

厚生大臣、東京都台東区長は、東京都台東区日本堤1丁目17−7のおおそら壮が以下の如くな違法、東京都指針違反を犯しているのに、是正せず、放置しているから職務怠慢であり、その為に以下の被害、不利益をおおそら壮の利用者が被るから改善の調査をして下さい。

無料低額宿泊所とは、「おおそら壮」はもとより、住む場所がない人(主に生活保護者)を対象に一時的に住む場所を提供する福祉的な意味合いを持つ施設です。

厚生労働省の生活保護受給者等就労自立促進事業実施要領の上では、支援対象者の支援期間は、原則としては、祉事務所等から移送された日より、6か月後の応当日までの期間が支援期間である。

「一時的に住む場所を提供する」ので、住民票の移動は不可能な処、エスエスエスは長期滞在で荒稼ぎする為に、生活の本居地としており、違法な住民登録をさせている。

であるから、正当な家賃の徴収はせずに、近隣施設は66000円の家賃としている所、その1.5倍の家賃として、96000円という途轍もないボツタクリをしているのである。

(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
 2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

(1)について
居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反といえる。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。
http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、詐欺である。

 その数は以下の「SSS」の施設で全てという悪質な状態です。
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/geo/mizuuchi/japanese/URP_Report_No4/URP_Report_No4.htm

 第2
 おおそら壮は廊下の洗面所前での喫煙所としているが、2階、3階は1階の様に廊下で、洗面所のない廊下の奥に設置すればよいが、洗面所の前なので、東京都受動喫煙防止ガイドラインに抵触する。3階は鈴木博幸の部屋の前がよい。
  つまり、受動喫煙(じゅどうきつえん)とは、喫煙により生じた副流煙(たばこの先から出る煙)、呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)を発生源とする、有害物質を含む環境たばこ煙(ETS)に曝露され、それを吸入することである。受動喫煙防止の方法は、空間全体の「禁煙」と空間の「分煙」の二つなので、個室にしないと、喫煙をしない人は、洗面所の使用で不利益が生まれる。


 第3
 洗面所、トイレ及び洗濯機が共同使用の場合は、居室のある各階に定員に見合った数を設置することとする。洗濯機が各階にないので、指針違反である。

 東京都受動喫煙防止ガイドラインを参考に、受動喫煙防止に努めることとする。という指針の規定に違反しているから、違法を石井寮長は犯しているが、寮長室は分煙されているから良いが、2階、3階は洗面所の前なので、分煙努力すらしていないから、石井寮長の違法がある。



生活困窮者に対して救済するなどと称して、住居をあっせんする。あっせんした住居を元に、生活保護を申請させる。家賃、弁当代などの名目で、生活保護費の一部ないし全部を交付させるという手法で生活困窮者から搾取をしている。

名目上は社会福祉法第2条第3項第8号に基づく事業として、ホームレス・野宿者等生活困窮者の自立支援を目的に、無料または低額料金で提供される一時的な住まいである無料低額宿泊所が行っていることが多い。


メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.54 )
日時: 2017/11/12 15:58
名前: tokumei ID:zkp17o2w

厚生大臣、東京都台東区長はいかの通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。

おおそら壮は家賃を97000円徴収しているが、不当徴収なので、69300円にする様に勧告してください。つまり、共益費用16700円、光熱費11000円が不正徴収です。

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、

 2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。と規定する。
  
ここでいう、「居住環境」とは、借部屋を取り巻く、まわりの状況。借り部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域である。 この区域は、通常の宿泊施設には備えられている、風呂、洗面所、トイレを示唆している事となる。 とすると、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居住環境の整備(風呂、洗面所、トイレ)が万全であるという事が規定されており、それに見合う料金としなくてはならない定めであるから、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは含まれての居室料となるものと見る事が合理的、整合的である。

(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。

ここでいう、「近隣の家賃水準との比較」及び「妥当かつ適切な居室使用料を設定」とは、近隣の家賃は、50件位の宿泊所が、66000円であり、おおそら壮のみが、97000円である場合、到底、近隣との家賃水準が均等であるとはいい難い、しかも、97000円が徴収された場合は、その差額は31000円であり、生活保護者にとつては、途轍もない金額である。 通常の66000円であるべき、日本堤の家賃相場から、1.5倍と言う家賃は、おおそら壮のみが、日本堤では、実行しており、近隣の施設の50件以上は66000円という家賃であると言うことを鑑みると、到底、認めれれるものではなく、31000円を闇雲にむしりとられるのだから、拷問さながらの処遇と言うべきものであつて、これを貧困ビジネスといわずして、何と呼べばよいかという次元の事件である。
おおそら壮の97000円とは、近隣の家賃水準と異なり、妥当かつ適切な居室使用料を設定しているとは、いえないから改善、減額の余地は充分なので、直ちに変更する様に命令、指導、助言をされたい。  

(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
  
この、「国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は
宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃
(居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円乃至、69300円に変更することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.55 )
日時: 2017/11/13 12:17
名前: tokumei ID:w5wAnyG2

宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)

宿泊所設置運営指導指針 ( http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )


(6)東京都受動喫煙防止ガイドラインを参考に、受動喫煙防止に努めることとする。

(別表3)運営基準

事業者は、以下の運営基準を遵守することとする。

1 人員の配置
(1)施設長及び適切な事業運営を確保するために必要な職員を配置することとする。
(2)施設長は、次の要件のいずれかを満たすものを配置することとする。
  ア 法第19条第1項の各号のいずれかに該当する者
  イ 法第2条に規定する社会福祉事業(以下「社会福祉事業」という。)に2年以上従事した者
  ウ ア又はイと同等以上の能力を有していると認められる者
  エ 上記のほか、都の指定した研修を受講した者
(3)職員は、可能な限り社会福祉主事の資格を有する者を配置することとする。
(4)利用者の課題に応じ、就労支援・日常生活支援等を行うため、施設長及び職員について、必要な資格・経験等を有する者の配置に努めることとする。
(5)職員の雇用については、労働基準法、最低賃金法等関係法令を遵守することとする。
(6)事業者、施設長、職員等の関係者に暴力団、暴力団員又は暴力団関係者を含まないこととする。
* 本指針における「暴力団関係者」とは、以下の者をいう。
(1) 暴力団又は暴力団員が実質的に経営を支配する法人等に所属する者
(2) 暴力団員を雇用している者
(3) 暴力団又は暴力団員を不当に利用していると認められる者
(4) 暴力団の維持、運営に協力し、又は関与していると認められる者
(5) 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有していると認められる者

2 生活サービスの提供
(1)生活サービスの提供に当たっては、法第3条の基本理念に基づき、個人の尊厳を守り、利用者が健全で自立した生活を営むよう支援することとする。
(2)食事を提供する場合は、事前に保健所に相談の上、指導に従うとともに関係法令を遵守し、調理者、調理器具、食品、食品類、食堂等の衛生管理に努めることとする。
(3)食事の内容及び回数について、利用者の病状及び生活状況等に応じ選択可能とするよう努めることとする。
(4)衣類、日用品等の生活用品は、原則として利用者が購入することとする。

3 施設運営
(1)事業経営の透明性を確保するため領収書や契約書等を保管するとともに、施設の収支等に関する帳簿類を整備することとする。
(2)利用者の安全を確保するため、消防計画等非常災害に対する具体的計画を作成し、避難訓練及び消火訓練を実施することとする。
(3)利用者名簿を整備し、利用者支援や非常災害時の対応等に資することとする。
(4)利用者の健康管理に留意するとともに、病害虫の駆除等施設内の衛生管理に努めることとする。
(5)宿泊所における感染症の発生及びまん延の防止に努めることとする。
(6)利用者のプライバシーを尊重した施設運営を行うこととする。
(7)利用者の個人情報の管理に十分留意し、入居者の個人情報に関する取扱いについては、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)を遵守すること。
(8)宿泊所設備、利用者及び職員等による事故の防止に努めることとする。また、利用者の支援に影響を及ぼす事故が発生した場合は、速やかに都に報告することとする。
(9)利用者や住民等からの苦情に対しては、適正な解決に努めることとする。
(10)常に、地域住民との相互理解に努め、良好な近隣関係の構築に向け誠実に対応することとする。

4 金銭管理
(1)原則として、利用者の金銭管理を行わないこととする。
(2)利用者の疾病等の事情で金銭管理を行う必要がある場合は、原則として地域福祉権利擁護事業等の事業を活用することとする。
(3)(2)によることができず、やむを得ず事業者が金銭管理を行う必要がある場合には、書面で契約を結ぶこととする。また、金銭管理台帳等の必要書類を整備するとともに、毎月の出納の状況を利用者及び福祉事務所(利用者が被保護者の場合)に書面で報告することとする。
(4)利用者が被保護者の場合は、被保護者に代わり福祉事務所から保護費を受領しないこととする。(生活保護法により代理受領が認められている住宅扶助費等を除く。)

5 自立支援
(1)利用者が早期に安定した居宅生活又は適切な法定施設へ移行するために、求職活動、日常生活及び健康管理における援助を行うなど利用者の自立支援に努めることとする。
(2)利用者の自立を支援するに当たっては、福祉事務所や関係機関と情報交換を行う等、相互に協力をして支援に努めることとする。

6 その他
利用者で組織される自治会等が利用者から費用を徴収し、宿泊所内で利用者に生活サービスの提供を行っている場合は、事業者は、当該自治会などに収支計算書等の提出を求め、収支状況及び衛生管理の把握をするよう努めることとする。

(別表4)宿泊所利用契約に関する基準

事業者は、以下の宿泊所利用契約及び利用料等に関する基準を遵守することとする。

1 宿泊所利用契約
(1)宿泊所利用契約を締結しようとする場合には、利用者に対し事業者の名称及び住所、宿泊所利用契約の期間、利用料金(月額及び日額)、宿泊所利用契約の解約に関する事項、苦情の処理に関する事項並びに基本サービスの提供に関することについて契約締結前に説明するとともに、当該内容を記載した書面を交付することとする。(法第77条第1項)
(2)宿泊所の利用に当たって保証人を求めないこととする。
(3)宿泊所利用契約を締結した場合には、遅滞なく、(1)に掲げた内容及び契約年月日を明らかにする書面を利用者に交付することとする。
(4)宿泊所利用契約に変更が生じた場合には、当該変更に係る契約を締結し、当該変更内容を記載した書面を交付することとする。
(5)基本サービスは、利用者の必要に応じて提供するものとする。
(6)生活サービスは、利用者の希望に基づき提供するものとし、当該生活サービスの利用を宿泊所利用の条件としないこととする。
(7)宿泊所利用契約の解約について定める場合は、民法等関係法令を遵守し、利用者にとって特に不利となる条件を設けないこととする。
(8)利用者が生活サービス事業の利用契約の一部又は全部を解約した場合において、正当な理由なく宿泊所利用契約を解約しないこととする。

2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
(6)基本サービス(安否確認、生活相談及び緊急時対応)の利用料を徴収する場合には、当該サービスに係る料金を書面で示すこととする。

3 その他
(1)2の利用料等は、宿泊所利用契約締結時及び契約内容に変更があった際、文書により本人に明示するとともに、受領した際は領収書等を交付することとする。
(2)宿泊所内に宿泊所利用契約、利用料の一覧等を掲示するなど情報開示に努めることとする。

(別表5)生活サービス契約に関する基準

事業者は、以下の生活サービス契約及び利用料等に関する基準を遵守することとする。

1 生活サービス契約
(1)生活サービス契約を締結しようとする場合は、利用者に対し事業者の名称及び住所、生活サービス契約の期間、提供する生活サービスの内容及びそれぞれの内容ごとの対価の額(月額及び日額)、生活サービス契約の解約に関する事項並びに苦情の処理に関する事項について契約締結前に説明するとともに、当該内容を記載した書面を交付することとする。
(2)生活サービスの提供に当たって保証人を求めないこととする。
(3)生活サービス契約を締結した場合には、遅滞なく、(1)に掲げた内容及び契約年月日を明らかにする書面を利用者に交付することとする。
(4)生活サービス契約は、宿泊所利用契約とは別に締結することとする。
(5)生活サービス契約に変更が生じた場合には、当該変更に係る契約を締結し、当該変更内容を記載した書面を交付することとする。
(6)生活サービス事業は、利用者の希望に基づき提供するものとし、当該生活サービスの利用を宿泊所利用の条件としないこととする。
(7)生活サービス契約の解約について定める場合は、民法等関係法令を遵守し、利用者にとって特に不利となる条件を設けないこととする。
(8)利用者が生活サービス事業の利用契約の一部又は全部を解約した場合において、正当な理由なく宿泊所利用契約を解約しないこととする。

2 生活サービス利用料
(1)食事の提供
食事を提供する場合における食費は、食数、食事内容等に応じた適切な額とすることとする。また、利用者に食事の内容を書面で示すこととする。
(2)日用品の提供
利用者の希望により事業者が生活用品を提供する場合は、提供するものに見合った額とし、利用者にその内訳を書面で示すこととする。
(3)その他のサービス
上記以外のサービスを提供する場合は、その内容及び対価を明示することとする。また、サービス内容が明らかでない費用は徴収しないこととする。

3 その他
(1)2の利用料は、生活サービス契約締結時及び契約内容に変更があったときは、文書により本人に明示することとする。
(2)利用料を受領したときは、領収書等を交付することとする。
(3)宿泊所内に生活サービス契約、利用料の一覧等を掲示するなど情報開示に努めることとする。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.56 )
日時: 2017/11/13 12:59
名前: tokumei ID:w5wAnyG2

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
(1)について
居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。





第1
厚生大臣、東京都台東区長は、東京都台東区日本堤1丁目17−7のおおそら壮が以下の如くな違法、東京都指針違反を犯しているのに、是正せず、放置しているから職務怠慢であり、その為に以下の被害、不利益をおおそら壮の利用者が被るから改善の調査をして下さい。

無料低額宿泊所とは、「おおそら壮」はもとより、住む場所がない人(主に生活保護者)を対象に一時的に住む場所を提供する福祉的な意味合いを持つ施設です。

厚生労働省の生活保護受給者等就労自立促進事業実施要領の上では、支援対象者の支援期間は、原則としては、祉事務所等から移送された日より、6か月後の応当日までの期間が支援期間である。

「一時的に住む場所を提供する」ので、住民票の移動は不可能な処、エスエスエスは長期滞在で荒稼ぎする為に、生活の本居地としており、違法な住民登録をさせている。

であるから、正当な家賃の徴収はせずに、近隣施設は66000円の家賃としている所、その1.5倍の家賃として、96000円という途轍もないボツタクリをしているのである。

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

(1)について
居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。
http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、詐欺である。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.57 )
日時: 2017/11/13 13:06
名前: tokumei ID:w5wAnyG2

第1
厚生大臣、東京都台東区長は、東京都台東区日本堤1丁目17−7のおおそら壮が以下の如くな違法、東京都指針違反を犯しているのに、是正せず、放置しているから職務怠慢であり、その為に以下の被害、不利益をおおそら壮の利用者が被るから改善の調査をして下さい。

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。

(1)について
居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.58 )
日時: 2017/11/13 14:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:t7TZHxoI

tokumei さん こんにちは

いろいろとデータを添付していただいています。

私は、貴方が書いておられるような施設に、どの様な人が、どれほど収容されているか解りません。

底辺の事は幸せな人間は知ろうとしないものです。

御分りでしょうが、もう少し具体的なデータがありましたら、紹介してください。

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.59 )
日時: 2017/11/14 14:55
名前: tokumei ID:4F6CeAH2

厚生大臣、東京都台東区長はいかの通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。

おおそら壮は家賃を97000円徴収しているが、不当徴収なので、69300円にする様に勧告してください。つまり、共益費用16700円、光熱費11000円が不正徴収です。

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1施行)」の
「(別表2)設備基準」の「3、居室」では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。
と規定している。
 とすると、努力規定としての明文化だから、同指針自体が、各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を想定している事は明白である。 その場合、各居室には、居住環境としては、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室がある事が基本となる。

次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。と規定する。
  
ここでいう、「居住環境」とは、借部屋を取り巻く、まわりの状況。借り部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域である。 この区域は、通常の宿泊施設には備えられている、風呂、洗面所、トイレを示唆している事となる。 
 とすると、従前の「別表2」の通りに居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の設置が想定されているのだから、室内に、これらがあると考えての居室料の徴収とする事が合理的、整合性がある。
 つまり、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居室内に、「洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室」が設置されているものと考えなくてはならず、おおそら壮の様に設置されていない事態でも、同指針は居住環境の確保(風呂、洗面所、トイレ)が万全であるという事が規定されているのだから、それに見合う料金としなくてはならないのである。 そこで、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは、居室内にあるべきものであるし、例え、無くとも居室料にあるものと考えて、居室料に含まれているものと見る事が合理的、整合的である。

(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。

ここでいう、「近隣の家賃水準との比較」及び「妥当かつ適切な居室使用料を設定」とは、近隣の家賃は、50件位の宿泊所が、66000円であり、おおそら壮のみが、97000円である場合、到底、近隣との家賃水準が均等であるとはいい難い、しかも、97000円が徴収された場合は、その差額は31000円であり、生活保護者にとつては、途轍もない金額である。 通常の66000円であるべき、日本堤の家賃相場から、1.5倍と言う家賃は、おおそら壮のみが、日本堤では、実行しており、近隣の施設の50件以上は66000円という家賃であると言うことを鑑みると、到底、認めれれるものではなく、31000円を上乗せして闇雲にむしりとられるのだから、拷問さながらの処遇と言うべきものであつて、これを貧困ビジネスといわずして、何と呼べばよいかという次元の事件である。
 ついては、おおそら壮の97000円の徴収とは、近隣の家賃水準と異なり、妥当かつ適切な居室使用料を設定しているとは、いえないから改善、減額の余地は充分なので、直ちに変更する様に命令、指導、助言をされたい。  

(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
  
この、「国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は
宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃
(居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円乃至、69300円に変更することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。

(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、詐欺である。

(まとめ)
以上のとうりに、おおそら壮は家賃総額を97000円徴収しているが、共益費用16700円、光熱費11000円が不正な徴収です。 とすると、不当な徴収の共益費用16700円、光熱費11000円は徴収を停止し、69300円に制限する様に指導勧告してください。
 同指針の(雑則)第10条では、次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
(2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合。 
 と規定するから、宿泊所事業の制限又は停止を命じることを申し入れます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.60 )
日時: 2017/11/14 16:06
名前: tokumei ID:4F6CeAH2

厚生大臣、東京都台東区長はいかの通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。
  
 第1(関係法令)

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1施行)」の
「(別表2)設備基準」の「3、居室」では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。
と規定している。
 次に・・・
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。と規定する。
  
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。

(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
  

(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
 ・・・・・・・と規定している。
  
  第2 (上記法令の注釈)
  そうすると、同指針自体が、各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を想定している事は明白である。 その場合、各居室には、居住環境としては、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室がある事が基本と想定している。(別表2、3の(6)、参照)
 居室の「居住環境」とは、借部屋はもとより、その周囲を取り巻く、まわりの状況。借り部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域の居住環境の確保と規定している。 居住環境とは、通常の宿泊施設には備えられている、風呂、洗面所、トイレの確保を示唆している事となる。 
 とすると、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の設置が想定されているのだから、室内に、これらがあると考えての居室料の徴収とする事を同指針は想定している。
 つまり、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居室内に、「洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室」が設置されているものと考え、それに見合う料金としなくてはならないのである。 
 しかも、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは、居室内にあるべきものであるとし、例え、無くとも居室料にあるものと考えて、居室料に含まれているものと見る事で居室料の設定を示唆しているのである。(別表4、2の(1)、参照)
 尚、「近隣の家賃水準との比較」及び「妥当かつ適切な居室使用料を設定」とは、近隣の家賃と比較して、妥当かつ適切な居室使用料を設定が必要である。(別表4、2の(2)、参照)
  同指針の「国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は、東京都の宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃(居室使用料)を想定するものである。 この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならない。(別表4、2の(3)、参照)
  光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないのであり、 しかも、コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、メーター付きの機材がない時は、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、詐欺である。(別表4、2の(5)、参照)

  第3 (改正すべき事項)
  居室の内外に風呂、洗濯機、洗面所、トイレを設備して、これを一括的に居室料に含めて徴収をしなくてはならず、それは近隣施設の50件位の宿泊所がその様にしており、そこで、家賃は66000円であり、おおそら壮のみが、97000円である場合、到底、近隣との家賃水準が均等であるとはいい難い。
 しかも、97000円が徴収された場合は、その差額は31000円であり、通常の66000円であるべき日本堤の家賃相場から、1.5倍と言う家賃は、おおそら壮のみが、日本堤では、実行しており、近隣の施設の50件以上は66000円という家賃であると言うことを鑑みると、到底、認めれれるものではないので、31000円を減額すべきである。
 ついては、おおそら壮の97000円の徴収とは、近隣の家賃水準と異なり、妥当かつ適切な居室使用料を設定しているとは、いえないから改善、減額の余地は充分なので、直ちに変更する様に命令、指導、助言をされたい。
 おおそら壮の徴収する、97000円は、東京都の宿泊所住宅扶助特別基準の範囲を優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円乃至、69300円に変更することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。

 (まとめ)
以上のとうりに、おおそら壮は家賃総額を97000円徴収しているが、共益費用16700円、光熱費11000円が不正な徴収です。 とすると、不当な徴収の共益費用16700円、光熱費11000円は徴収を停止し、69300円に制限する様に指導勧告してください。
 同指針の(雑則)第10条では、次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
1  都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
2  不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合。 
 と規定するから、宿泊所事業の制限又は停止を命じることを申し入れます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.61 )
日時: 2017/11/15 13:05
名前: tokumei ID:taTPL396

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
(別表2)設備基準」の 「3 居室 」 では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。 と規定する。
  とすると、各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事になる。

次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。  ・・・と規定する。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反との見方が一般的といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。)
 ( http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。

そうすると・・・
 各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事は明らかである。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 その場合、居住環境の確保義務がおおそら壮にはあり、居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味合いは、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、同指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は同指針違反との見方が合理的といえる。(同指針の(別表4)の 2 の(1)参照)
しかも、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものにする旨を規定している事は明白であり、そう解することが整合的である。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 更には、近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前という事になり、それが合法的である。。(同指針の(別表4)の 2 の(2)参照)
 ついては、国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反しているのだから、改善の余地は充分との見方が自然である。
(同指針の(別表4)の 2 の(3)参照)
 或いは、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできないと見る事が自然である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である。 ひいては、コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。
 
いわんや、おおそら壮は、居室使用料69300円、共益、管理費用16700円、光熱費用11000円を不正に営利目的的に徴収をしているが、金利施設は66000円の徴収であり、居室料金に共益費、光熱費は上述の通りに包含しての徴収とする事が整合性あるのだから、改善の余地はあるので、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であると思料するので、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)

付言として、東京都生活保護費用は149000円である。内訳は住宅扶助費用が69500円で、生活扶助が80000円
である。 そこで、おおそら壮は家賃を97000円徴収しており、その場合、利用者は、住宅扶助費用が69500円では足りないから、27500円を生活扶助費用から捻出して支払うという状況であり、とすると、残金は52000円である。
  「52000円÷31=1677円位」
1日、1600円位の金員では、食費で消化してしまい、日用品、就職面接の交通移動費がなく、利用者全員が、バイトしかしておらず、それも、月に4日から5日であり、それは移動費用、外食費用が捻出できないから諦めているのである。  
 この様な状態は、生活保護の最低限度の保護の趣旨を逸脱しており、いわば、飼い殺しの状態である。 就労支援などは、全然しないけれども、この様な状態では、仕事の支援の声を掛けられても、通える筈はなく、むしろ、それを目的として、飼い殺しで家賃を悪質に徴収する為の手段で、支援などは、全然しないという方針と認定できる。

同指針の(雑則)第10条 次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
(2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合
上記の規定通りに、おおそら壮は不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当に金員徴収行為をするから、指導の対象といえるから、すぐに調査する事を申し立てます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.62 )
日時: 2017/11/15 13:27
名前: tokumei ID:taTPL396


厚生大臣、東京都台東区長はいかの通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
(別表2)設備基準」の 「3 居室 」 では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。 と規定する。
  とすると、各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事になる。

次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。  ・・・と規定する。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反との見方が一般的といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。)
 ( http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。

そうすると・・・
 各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事は明らかである。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 その場合、居住環境の確保義務がおおそら壮にはあり、居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味合いは、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、同指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は同指針違反との見方が合理的といえる。(同指針の(別表4)の 2 の(1)参照)
しかも、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものにする旨を規定している事は明白であり、そう解することが整合的である。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 更には、近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前という事になり、それが合法的である。。(同指針の(別表4)の 2 の(2)参照)
 ついては、国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反しているのだから、改善の余地は充分との見方が自然である。
(同指針の(別表4)の 2 の(3)参照)
 或いは、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできないと見る事が自然である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である。 ひいては、コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。
 
いわんや、おおそら壮は、居室使用料69300円、共益、管理費用16700円、光熱費用11000円を不正に営利目的的に徴収をしているが、金利施設は66000円の徴収であり、居室料金に共益費、光熱費は上述の通りに包含しての徴収とする事が整合性あるのだから、改善の余地はあるので、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であると思料するので、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)

付言として、東京都生活保護費用は149000円である。内訳は住宅扶助費用が69500円で、生活扶助が80000円
である。 そこで、おおそら壮は家賃を97000円徴収しており、その場合、利用者は、住宅扶助費用が69500円では足りないから、27500円を生活扶助費用から捻出して支払うという状況であり、とすると、残金は52000円である。
  「52000円÷31=1677円位」
1日、1600円位の金員では、食費で消化してしまい、日用品、就職面接の交通移動費がなく、利用者全員が、バイトしかしておらず、それも、月に4日から5日であり、それは移動費用、外食費用が捻出できないから諦めているのである。  
 この様な状態は、生活保護の最低限度の保護の趣旨を逸脱しており、いわば、飼い殺しの状態である。 就労支援などは、全然しないけれども、この様な状態では、仕事の支援の声を掛けられても、通える筈はなく、むしろ、それを目的として、飼い殺しで家賃を悪質に徴収する為の手段で、支援などは、全然しないという方針と認定できる。

同指針の(雑則)第10条 次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
(2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合
上記の規定通りに、おおそら壮は不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当に金員徴収行為をするから、指導の対象といえるから、すぐに調査する事を申し立てます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.63 )
日時: 2017/11/15 16:50
名前: tokumei ID:IjZolROk

東京都台東区日本堤1丁目の17−7の「おおそら壮」は東京都福祉保健局の「宿泊所設置運営指導指針」(平成28年4月1日施行)に定職し、以下の怠慢、条例違反あるから、報告するので検査、調査をしてください。 生活上、不利益あるから、厚生省、東京都、台東区長は、放置するから、直ちに実行してください。

東京都福祉保健局
宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)

事業者は、以下の設備基準を遵守することとする。

1 一般原則
設備については建築関係法令、消防関係法令に従うものとし、宿泊所の存する地域を所管する都又は区市町村の建築関係部署、及び消防署に、使用用途について事前に相談を行うこととする。関係官署から用途の変更、設備の変更等を求められた場合には、当該指導等に従うこととする。

2 建物
(3)消火器及び避難器具等を設置するなど消防法(昭和23年法律第186号)及び火災予防条例等関係法令を遵守していることとする。
「防災ヘルメツトがない。 非難はしごもない。 階段    が1つしかなく非常のものがない」


(4)避難口及び避難経路を整備し、建物内に掲示するとともに、施設内設備の転倒防止対策を講じる等、利用者の安全確保を図ることとする。
   「廊下に椅子などの喫煙所があり、非難の妨げであり、非常はしごも見当たらない。」
 
 3 居室

(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。
   「各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置していないが、努力も見受けられない。」

4 共用スペース
(1)談話室及び相談室を設置することとする。(相談室を談話室と兼用とする場合は、プライバシーが守られるよう配慮すること。)
    「事務室での談話だから、廊下に話が漏れる。」

(3)共同使用の浴室を設置する場合は、定員に見合った広さを確保することとする。
   「37人の施設で午後2時から8時までの入浴では2人ずつに入浴しても、1人20分しかはいれないから、風呂が、1畳半では、狭い。」

(5)洗面所、トイレ及び洗濯機が共同使用の場合は、居室のある各階に定員に見合った数を設置することとする。
    「洗濯機が各階にない。1階に3台であり、台数も少ない。」

(6)東京都受動喫煙防止ガイドラインを参考に、受動喫煙防止に努めることとする。  
   「トイレ、洗面所の前の、廊下での喫煙所とし、椅子を置いているが、吸わない人は、これらの使用の度に、煙を吸うので、全く努力すらしていない。」

(別表3)運営基準

事業者は、以下の運営基準を遵守することとする。

1 人員の配置
(1)施設長及び適切な事業運営を確保するために必要な職員を配置することとする。 
   「エスエスエスは人件費削減で施設長が1人なので、土、日曜日は管理者がいない。 緊急の対応が不十分である。」

(3)職員は、可能な限り社会福祉主事の資格を有する者を配置することとする。
   「エスエスエスは社会福祉士を主任は下より、利用者37人について6人に1人の割合が必要なのに、1人しかいない。」

(4)利用者の課題に応じ、就労支援・日常生活支援等を行うため、施設長及び職員について、必要な資格・経験等を有する者の配置に努めることとする。
   「社会福祉士が1人なのでできる筈もなく、全く支援らしいものなど無いと同一である。(北上野の台東寮に見学させられたい。)」

2 生活サービスの提供
(4)衣類、日用品等の生活用品は、原則として利用者が購入することとする。
   「月に52000円では、全く買えない。」

3 施設運営

(6)利用者のプライバシーを尊重した施設運営を行うこととする。
   「施設の苦情を提起すると、その旨が、廊下に貼り出されているから、プライバシーを尊重するなどは、全くない。」

(7)利用者の個人情報の管理に十分留意し、入居者の個人情報に関する取扱いについては、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)を遵守すること。
   
   「施設の苦情を提起すると、その旨が、廊下に貼り出されているから、プライバシーを尊重するなどは、全くない。」

(8)宿泊所設備、利用者及び職員等による事故の防止に努めることとする。また、利用者の支援に影響を及ぼす事故が発生した場合は、速やかに都に報告することとする。
  「家賃が高くて、仕事を探す汽車賃が算出できない。」

(9)利用者や住民等からの苦情に対しては、適正な解決に努めることとする。
   「施設の苦情を提起すると、その旨が、廊下に貼り出されているくらいだから、解決をするなどは、全くないと推認されてしまう。」

4 金銭管理
(1)原則として、利用者の金銭管理を行わないこととする。
   「数名に実行しているらしい。」

5 自立支援
(1)利用者が早期に安定した居宅生活又は適切な法定施設へ移行するために、求職活動、日常生活及び健康管理における援助を行うなど利用者の自立支援に努めることとする。
   「昼寝などを、毎日させており、堕落的な環境であるが、就労支援など、できる人員は職員におらず、ドヤと代わらない」 

(2)利用者の自立を支援するに当たっては、福祉事務所や関係機関と情報交換を行う等、相互に協力をして支援に努めることとする。 
   「ほとんどしていない。職安職員が、駐在しなければ、支援施設とは言い難い。」

(別表4)宿泊所利用契約に関する基準

事業者は、以下の宿泊所利用契約及び利用料等に関する基準を遵守することとする。

1 宿泊所利用契約
(1)宿泊所利用契約を締結しようとする場合には、利用者に対し事業者の名称及び住所、宿泊所利用契約の期間、利用料金(月額及び日額)、宿泊所利用契約の解約に関する事項、苦情の処理に関する事項並びに基本サービスの提供に関することについて契約締結前に説明するとともに、当該内容を記載した書面を交付することとする。(法第77条第1項)
    「宿泊所利用契約の期間の記載がない。6月と法は予定するのに、貧困ビジネス優先らしい。 苦情の処理に関する事項で、実行した時は廊下にはりだすとは、記載ないのに、貼り出すから、不当処理である。普通は貼り出さない。」

2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。 
   「住宅扶助特別基準額の69300円でなく、97000円は不当である。」

(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
     「近隣施設はの66000円である所、97000円は不均等である。」   
 
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
    「住宅扶助特別基準額の69300円でなく、97000円は不当である。」

(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
    「メーターないのに徴収するから、どんぶり勘定で違法である。」

3 その他

(2)宿泊所内に宿泊所利用契約、利用料の一覧等を掲示するなど情報開示に努めることとする。
   「全くしていない。」
(別表5)生活サービス契約に関する基準
3 その他

(3)宿泊所内に生活サービス契約、利用料の一覧等を掲示するなど情報開示に努めることとする。
    「全くしていない。」

以上の不当、不正な運営あるから是正をしてください。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.64 )
日時: 2017/11/16 13:48
名前: tokumei ID:APLvEdQ.

厚生大臣、東京都台東区長は以下の通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不正がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。
 平成26年7月31日付けで、東京都福祉保健局では、無料低額宿泊所(社会福祉法第2条第3項第8号に規定される第二種社会福祉事業の用に供する建物をいう。以下同じ。)における利用者の住環境の向上及び適切な事業運営の確保のため、より一層進めるため、指針を改定しています。
そこで、宿泊所の情報公開(都ホームページにて宿泊所の設備、料金等の基本情報を公開)を規定しますが、おおそら壮は、公開しないから不正、指針違反ですから、公開する様に勧告して下さい。
参考サイト
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2014/07/20o7v100.htm

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.65 )
日時: 2017/11/16 15:15
名前: tokumei ID:APLvEdQ.


公序良俗(こうじょりょうぞく)とは、公の秩序又は善良の風俗の略であり、これに反する事項を目的とする法律行為は無効とされる。近代の私法は私的自治の原則を採用 しており、私人の生活においてはその自由が尊重される。具体的には、法律行為はその当事者の意図した通りの効果が認められる法律行為自由の原則が挙げられる。しかしながら、法律行為の自由を無制限に認めると、財産的秩序や倫理的秩序などが害されるおそれがあるため公序良俗違反として法律行為を無効とする。そうすると、例え、おおそら壮の入所時に契約を交わしたとして見ても、契約内容が公の秩序又は善良の風俗に違背する場合は、財産的秩序や倫理的秩序などが害されるおそれがあるため公序良俗違反として法律行為(契約)を無効としなくてはならない。
「「おおそら壮の上部組織のエスエスエスが、契約を交わしているから、相互で納得していると屁理屈を言い出しても、行政とは、同指針に違背しているか、どうかについて判断して指導するものだから、惑わされる事なく、調査して、厳重に処分してください。」」

厚生大臣、東京都台東区長は以下の通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不正がまかり通るから被害が国民である「おおそら壮」の利用者に発生しているのに放置するから、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。
  第1 契約無効について。
    おおそら壮に関する居住費用の契約は、公序良俗違反あるから当初から全く効力を生じず、存在しなかったものとして扱われなくてはならないので、無効である。 つまり、以下の居室使用料の徴収は、近隣施設との、家賃徴収が多大に食い違う契約があり、その目的が利益的行為であつて、台東区日本堤の家賃相場が整った状態にあるのに、「おおそら壮」のみが、そぐわない家賃提示をしているから公序に反する契約である。 次に、無料、低額を基礎として「66000円」の家賃提示が日本堤近辺は生じており、この慣習に背き、否定的な家賃を、おおそら壮は提示の上、徴収しているから、良俗違反がある。 そうである以上、公序良俗違反とする法律行為は無効とされる。
 利用者は契約締結の際にこんな条例違反があることは知る由もなく、役所の紹介だから適正な契約にての入所と考えていた。しかし、近隣施設との家賃の違いなどから、色々と調査してみると以下の違法、条例違反がある事を知る。とすると、契約時に推測される意思と真意との間に食い違いが生じている場合に該当するから、利用者は契約締結の時には意思表示に錯誤があった場合に該当するから、本件契約は無効である。  そうすると、契約自体が無効性のあるものだし、行政指導で、家賃の改善の余地があれば、是正をしなくてはならないのだから、契約自体は行政の見る所ではなく、指針に反しているかを見なくてはならないので、おおそら壮の上部組織の非営利法人エスエスエスが契約で納得していると屁理屈をゴネても、行政としては、条例に違背しているかを指導すべきだから、直ちに是正勧告して下さい。  

  第2 (関係法規)
  東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)の
  「別表の2,4」について。 
  
  第3 (上記法令の注釈)
   東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(同指針)自体が、各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を想定している事は明白である。 その場合、各居室には、居住環境としては、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室がある事が基本と想定している。(別表2、3の(6)、参照)
 居室の「居住環境」とは、借部屋はもとより、その周囲を取り巻く、まわりの状況。借り部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域の居住環境の確保と規定している。 居住環境とは、通常の宿泊施設には備えられている、風呂、洗面所、トイレの確保を示唆している事となる。 
 とすると、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の設置が想定されているのだから、室内に、これらがあると考えての居室料の徴収とする事を同指針は想定している。
 つまり、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居室内に、「洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室」が設置されているものと考え、それに見合う料金としなくてはならないのである。 
 しかも、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは、居室内にあるべきものであるとし、例え、無くとも居室料にあるものと考えて、居室料に含まれているものと見る事で居室料の設定を示唆しているのである。(別表4、2の(1)、参照)
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.66 )
日時: 2017/11/17 15:40
名前: 匿名 ID:B8vd9/y6

特定非営利活動法人エス・エス・エスは、生計困難の自立支援をするという法人です。
 そこで、平成29年11月11日以降に、苦情制度ので、苦情を出された事で、台東区役所に、苦情を出されていると言う事を流布しており、実質は苦情への報復が狙いでの区役所への流布といえる。 そもそも、苦情の内容を調査もせずに、苦情行為自体を問題視しての漏洩した所為は、不当である。 

 苦情制度とは・・・
1.苦情の対象機関は、収集した情報を第三者評価以外の目的には決して使用しない。
2.苦情の対象機関及びこれに関わるすべての者は、知り得た情報を評価実施中はもとより、評価契約終了後も他人に漏洩しない。
3.評価者は訪問調査の際、苦情利用者に関する情報が記載されている書類は事業所で閲覧し、持ち帰ってはならない。ただし苦情利用者の同意がある場合はこの限りではない。
4.苦情の対象機関は、調査票等の書類の取扱い並びに保管を厳正に行い、調査内容が漏洩しないようにする。

 以上の通りに苦情制度の利用者について、不利益になる情報漏洩、守秘義務違反ある。

特定非営利活動法人エス・エス・エス
東京支部 主任エリアマネージャー

http://www.npo-sss.or.jp/staff/
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.67 )
日時: 2017/11/18 15:29
名前: tokumei ID:UL.UC.IA


厚生大臣、東京都台東区長はいかの通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。

「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
(別表2)設備基準」の 「3 居室 」 では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。 と規定する。
  とすると、各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事になる。

次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。  ・・・と規定する。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反との見方が一般的といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。)
 ( http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。

そうすると・・・
 各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事は明らかである。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 その場合、居住環境の確保義務がおおそら壮にはあり、居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味合いは、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、同指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は同指針違反との見方が合理的といえる。(同指針の(別表4)の 2 の(1)参照)
しかも、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものにする旨を規定している事は明白であり、そう解することが整合的である。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 更には、近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前という事になり、それが合法的である。。(同指針の(別表4)の 2 の(2)参照)
 ついては、国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反しているのだから、改善の余地は充分との見方が自然である。
(同指針の(別表4)の 2 の(3)参照)
 或いは、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできないと見る事が自然である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である。 ひいては、コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。
 
いわんや、おおそら壮は、居室使用料69300円、共益、管理費用16700円、光熱費用11000円を不正に営利目的的に徴収をしているが、金利施設は66000円の徴収であり、居室料金に共益費、光熱費は上述の通りに包含しての徴収とする事が整合性あるのだから、改善の余地はあるので、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であると思料するので、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)

付言として、東京都生活保護費用は149000円である。内訳は住宅扶助費用が69500円で、生活扶助が80000円
である。 そこで、おおそら壮は家賃を97000円徴収しており、その場合、利用者は、住宅扶助費用が69500円では足りないから、27500円を生活扶助費用から捻出して支払うという状況であり、とすると、残金は52000円である。
  「52000円÷31=1677円位」
1日、1600円位の金員では、食費で消化してしまい、日用品、就職面接の交通移動費がなく、利用者全員が、バイトしかしておらず、それも、月に4日から5日であり、それは移動費用、外食費用が捻出できないから諦めているのである。  
 この様な状態は、生活保護の最低限度の保護の趣旨を逸脱しており、いわば、飼い殺しの状態である。 就労支援などは、全然しないけれども、この様な状態では、仕事の支援の声を掛けられても、通える筈はなく、むしろ、それを目的として、飼い殺しで家賃を悪質に徴収する為の手段で、支援などは、全然しないという方針と認定できる。

同指針の(雑則)第10条 次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
(2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合
上記の規定通りに、おおそら壮は不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当に金員徴収行為をするから、指導の対象といえるから、すぐに調査する事を申し立てます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.68 )
日時: 2017/11/18 15:34
名前: tokumei ID:UL.UC.IA

再度、ですいません。

厚生大臣、東京都台東区長は以下の通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。


おおそら壮は家賃を97000円徴収しているが、不当徴収なので、69300円にする様に勧告してください。つまり、共益費用16700円、光熱費11000円が不正徴収です。

 つまり、住む地域のよって生活保護の受給者の住宅補助の支給額は数万円変わってきます。 また世帯の人数や級地によって家賃も大きく条件が異なってきます。 同じ都道府県の中でも駅前と郊外では大きく支給される金額が異なってきますので、自分のお住まいの地域の級地を確認しましょう。 平成23年度の生活保護の住宅補助の家賃の基準額は北海道の1級地の基準額が29,000円に対して東京都では53,700円になっています。 また、1級地の7人世帯の基準ですと北海道は45,000円に対して東京都は83,800円となっています。おおそら壮は、1級地の7人世帯の基準ですと東京都は83,800円となっていますから、それ以上に高い家賃を徴収します。

以上の通りに、おおそら壮は家賃総額を97000円徴収しているが、共益費用16700円、光熱費11000円が不正な徴収です。 とすると、不当な徴収の共益費用16700円、光熱費11000円は徴収を停止し、69300円に制限する様に指導勧告してください。
 同指針の(雑則)第10条では、次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
(2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合。 
 と規定するから、宿泊所事業の制限又は停止を命じることを申し入れます。

被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。

国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は
東京とは宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃
(居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円乃至、69300円に変更することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.69 )
日時: 2017/11/18 15:55
名前: tokumei ID:UL.UC.IA

厚生大臣、東京都台東区長は以下の通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。


おおそら壮は家賃を97000円徴収しているが、不当徴収なので、69300円にする様に勧告してください。つまり、共益費用16700円、光熱費11000円が不正徴収です。

 つまり、住む地域のよって生活保護の受給者の住宅補助の支給額は数万円変わってきます。 また世帯の人数や級地によって家賃も大きく条件が異なってきます。 同じ都道府県の中でも駅前と郊外では大きく支給される金額が異なってきますので、自分のお住まいの地域の級地を確認しましょう。 平成29年度の生活保護の住宅補助の家賃の基準額は、東京都では特別基準値は69300円になっています。 また、1級地の7人世帯の基準ですと、東京都は83800円となっています。
おおそら壮は、東京都の1級地の7人世帯の基準となる83800円より、それ以上に高い家賃を徴収していますから尋常ではありません。

以上の通りに、おおそら壮は家賃総額を97000円徴収しているが、共益費用16700円、光熱費11000円が不正な徴収です。 69300円とするべきであり、不当な徴収の共益費用16700円、光熱費11000円は徴収を停止し、69300円に制限する様に指導勧告してください。
 同指針の(雑則)第10条では、次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
1  都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
2 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合。 
 と規定するから、宿泊所事業の制限又は停止を命じることを申し入れます。

被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。

国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は
東京とは宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃
(居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して(近隣施設と同額の)66000円乃至、693000円に変更することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。



以上の通りに、おおそら壮は家賃総額を97000円徴収しているが、共益費用16700円、光熱費11000円が不正な徴収です。 69300円とするべきであり、不当な徴収の共益費用16700円、光熱費11000円は徴収を停止し、69300円に制限する様に指導勧告してください。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.70 )
日時: 2017/11/19 13:38
名前: tokumei ID:v.s5/A/Q

厚生大臣、東京都台東区長は以下の通りに、東京都台東区日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」にては、不当利得、違法徴収がまかり通るから被害が国民である、おおそら壮の利用者に発生しているので、直ちに改善の勧告をしてもらう様に告発し、公務員の放置は職務怠慢といえるので、是正する事を申し入れます。
  
おおそら壮は家賃を、総額97000円徴収しているが、内訳は居室料69300円、共益費16700円、光熱費11000円である処、これは不当徴収なので、69300円にする様に勧告してください。つまり、共益費用16700円、光熱費11000円が不正徴収です。

住宅扶助の基準は級地制度で定められた各地方自治体毎の比率を上限として原則として金銭をもって支給される。  
 そこで、東京都の台東区では、東京都の住宅扶助額上限額(家賃補助)は、単身者につき「69300円」であり、7人世帯では、83800円である。
 そこで、おおそら壮の97000円の徴収は7人世帯の83800円を超越した額面であり、1人暮らしの保護者についての家賃としては、相応しくないから改変の余地あり、1人世帯の特別基準額の69300円が相当である。

http://www.yellowpagesmalta.com/archives/1247
 
 次に、
東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)の(別表4)宿泊所利用契約に関する基準の2 宿泊所利用料の(2)は「近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。」と規定しており、その場合に、近隣の家賃水準とは66000円が相場であり、それを比較すると、50軒以上の施設が同一に66000円と設定しているという状況なのだから、おおそら壮も66000円が妥当といえる。

更には、同指針の別表4の2の(3)とは、「被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」と規定する。
これは、69300円を示唆しており、この額面で、居室使用料を徴収する事を規定している筈だから、おおそら壮の97000円の徴収は不当であり、少なくとも69300円の
宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額としなくてはならない。

おおそら壮の97000円の家賃徴収は、先ず、7人世帯以上の家賃の設定があり過剰徴収であつて、次に、近隣の家賃水準との比較に於いても31000円の過剰徴収であり、しかも、国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額69300円を27700円の超過があり、法令にそぐわない徴収があるから、不正といえるので、改善の余地は充分だから是正勧告して下さい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.71 )
日時: 2017/11/19 14:36
名前: tokumei ID:v.s5/A/Q

東京都台東区日本堤1丁目の17−7の「おおそら壮」は東京都福祉保健局の「宿泊所設置運営指導指針」(平成28年4月1日施行)に定職し、以下の怠慢、条例違反あるから、報告するので検査、調査をしてください。 生活上、不利益あるから、厚生省、東京都、台東区長は、放置するから、直ちに実行してください。

無料低額宿泊所(むりょうていがくしゅくはくじょ)は、政府への届出によって設置できる福祉的居住施設。社会福祉法第2条第3項に規定されている第2種社会福祉事業の第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は 無料で宿泊させる施設である。  

とすると、おおそら壮が無料での宿泊をさせる簡易宿所営業施設である場合は、旅館業法の許可は不要である。

 それは、日本においては、基本的な定義として 旅館業法の第二条に規定された旅館業で、施設の構造や設備によってホテル営業・旅館営業・簡易宿所営業・下宿営業に分類しており、それぞれの内容、および「宿泊」の定義は次のような規定となっている。
「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多人数で共用する構造および設備を主とする施設を設け、「宿泊料」を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のものをいう。

「宿泊」とは、寝具を使用して上記各項の施設を利用することをいう。

なお、寝具を使用しない仮眠等の設備を備えた施設は、各種営業法や法で定める構造上の制限が異なり、旅館業法の第二条に規定された旅館業ではない。

 そうすると、おおそら壮については無料で宿泊させる施設ではなく、有料で宿泊させる施設であるから「旅館業法の許可」の必要な「簡易宿所」であると言う事は明白である。

つまり、旅館行法の許可を取り、その上で社会福祉法に則る宿泊施設の認可を受けるべきであつた。
(つまりは、無料であれば、旅館行法の許可は不要であり、社会福祉法の認可のみで、宿泊施設の運営は可能である。)

 行政手続きでは、許認可という文言があり、「許可」は、通常許されて無いものについて、許しを得て実行しなくてはならない。 日本では、旅館業は有料での宿泊をさせる時は、許可がいる。それは、有料の旅館経営は国が認めていないから、申請での許可がいる。 そこで、社会福祉の宿泊施設であろうと、従前の有料な宿泊については旅館業の許可はいる。 それから、社会福祉施設は基本は誰でもできるのであるが、だからこそ、「認可制」であり、それに対応する施設があれば、できる事になる。 (つまり、無料宿泊施設であれば、旅館でなくてもできる事となる。) 

日本は、有料宿泊は旅館業の「許可」を取り、実行が必要であり、社会福祉施設をするについては、国から認められる認可が必要となるから、おおそら壮は、有料での宿泊施設であるから、旅館業法の許可をとり、その上での運営が必要なのに、適正手続きをふまないから違法な運営がある。

   尚、許認可についてであるが、いわゆる許可とは、通常は禁じているものについて、許可してやり、それを実行を許していく。 次に、認可とは、通常は禁じてはないが、実行については、国に届け出て、認めてもらい実行に移せるものである。 本件に照らすと、旅館という有料施設は国は誰もがすることは禁じているから、許可が必要である。  であるから、おおそら壮は許可が必要である。 そして旅館であれば有料で、」社会福祉の施設運営が出来る。  
  そうである以上、おおそら壮は旅館という事はあきらかであり、おおそら壮は
旅館でないというが、それは、上記の法律解釈に誤りがあるから旅館としての営業を認めるべきである。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.72 )
日時: 2017/11/19 14:44
名前: tokumwi ID:v.s5/A/Q

東京都台東区日本堤1丁目の17−7の「おおそら壮」は東京都福祉保健局の「宿泊所設置運営指導指針」(平成28年4月1日施行)に定職し、以下の怠慢、条例違反あるから、報告するので検査、調査をしてください。 生活上、不利益あるから、厚生省、東京都、台東区長は、放置するから、直ちに実行してください。

無料低額宿泊所(むりょうていがくしゅくはくじょ)は、政府への届出によって設置できる福祉的居住施設。社会福祉法第2条第3項に規定されている第2種社会福祉事業の第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は 無料で宿泊させる施設である。  

とすると、おおそら壮が無料での宿泊をさせる簡易宿所営業施設である場合は、旅館業法の許可は不要である。

 それは、日本においては、基本的な定義として 旅館業法の第二条に規定された旅館業で、施設の構造や設備によってホテル営業・旅館営業・簡易宿所営業・下宿営業に分類しており、それぞれの内容、および「宿泊」の定義は次のような規定となっている。
「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多人数で共用する構造および設備を主とする施設を設け、「宿泊料」を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のものをいう。

「宿泊」とは、寝具を使用して上記各項の施設を利用することをいう。

なお、寝具を使用しない仮眠等の設備を備えた施設は、各種営業法や法で定める構造上の制限が異なり、旅館業法の第二条に規定された旅館業ではない。

 そうすると、おおそら壮については無料で宿泊させる施設ではなく、有料で宿泊させる施設であるから「旅館業法の許可」の必要な「簡易宿所」であると言う事は明白である。

つまり、旅館行法の許可を取り、その上で社会福祉法に則る宿泊施設の認可を受けるべきであつた。
(つまりは、無料であれば、旅館行法の許可は不要であり、社会福祉法の認可のみで、宿泊施設の運営は可能である。)

 行政手続きでは、許認可という文言があり、「許可」は、通常許されて無いものについて、許しを得て実行しなくてはならない。 日本では、旅館業は有料での宿泊をさせる時は、許可がいる。それは、有料の旅館経営は国が認めていないから、申請での許可がいる。 そこで、社会福祉の宿泊施設であろうと、従前の有料な宿泊については旅館業の許可はいる。 それから、社会福祉施設は基本は誰でもできるのであるが、だからこそ、「認可制」であり、それに対応する施設があれば、できる事になる。 (つまり、無料宿泊施設であれば、旅館でなくてもできる事となる。) 

日本は、有料宿泊は旅館業の「許可」を取り、実行が必要であり、社会福祉施設をするについては、国から認められる認可が必要となるから、おおそら壮は、有料での宿泊施設であるから、旅館業法の許可をとり、その上での運営が必要なのに、適正手続きをふまないから違法な運営がある。

   尚、許認可についてであるが、いわゆる許可とは、通常は禁じているものについて、許可してやり、それを実行を許していく。 次に、認可とは、通常は禁じてはないが、実行については、国に届け出て、認めてもらい実行に移せるものである。 本件に照らすと、旅館という有料施設は国は誰もがすることは禁じているから、許可が必要である。  であるから、おおそら壮は許可が必要である。 そして旅館であれば有料で、」社会福祉の施設運営が出来る。  
  そうである以上、おおそら壮は旅館という事はあきらかであり、おおそら壮は
旅館でないというが、それは、上記の法律解釈に誤りがあるから旅館としての営業を認めるべきである。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.73 )
日時: 2017/11/19 16:09
名前: tokumei ID:hD8ndUqg


東京都台東区日本堤1丁目の17−7の「おおそら壮」は東京都福祉保健局の「宿泊所設置運営指導指針」(平成28年4月1日施行)に定職し、以下の怠慢、条例違反あるから、報告するので検査、調査をしてください。 生活上、不利益あるから、厚生省、東京都、台東区長は、放置するから、直ちに実行してください。

無料低額宿泊所(むりょうていがくしゅくはくじょ)は、政府への届出によって設置できる福祉的居住施設。社会福祉法第2条第3項に規定されている第2種社会福祉事業の第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は 無料で宿泊させる施設である。  
この「無料又は低額」とは、有料か、無料かである処、有料の運営は、無論、旅館業の許可がいる。無料は不要である。

とすると、おおそら壮が無料での宿泊をさせる簡易宿所営業施設である場合は、旅館業法の許可は不要である。

 そこで、日本においては、基本的な定義として 旅館業法の第二条に規定された旅館業で、施設の構造や設備によってホテル営業・旅館営業・簡易宿所営業・下宿営業に分類しており、それぞれの内容、および「宿泊」の定義は次のような規定となっている。
「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多人数で共用する構造および設備を主とする施設を設け、「宿泊料」を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のものをいう。

「宿泊」とは、寝具を使用して上記各項の施設を有料で利用することをいう。

(なお、寝具を使用しない仮眠等の設備を備えた施設は、各種営業法や法で定める構造上の制限が異なり、旅館業法の第二条に規定された旅館業ではない。)

 そうすると、おおそら壮については無料で宿泊させる施設ではなく、有料で宿泊させる施設であるから「旅館業法の許可」の必要な「簡易宿所」であると言う事は明白である。

つまり、旅館業法の許可を取り、その上で社会福祉法に則る宿泊施設の認可を受ける事が順序である。
(つまりは、無料であれば、旅館行法の許可は不要であり、社会福祉法の認可のみで、宿泊施設の運営は可能である。)
 
 行政手続きでは、許認可という文言があり、「許可」は、通常はやりたい事については許されて無いものについて、許しを得て実行しなくてはならない。 日本では、旅館業は有料での宿泊をさせる時(やる時)は、許可がいる。それは、有料の旅館経営は国が認めていないから、申請申請をしての許可がいる。 
 そこで、社会福祉の宿泊施設であろうと、従前の有料な宿泊施設については旅館業の許可はいる。 それから、社会福祉施設(宿泊所)は基本は誰でもできるのであるが、だからこそ、「認可制」であり、その条件に適う施設があれば、できる事になる。 (つまり、無料宿泊施設であれば、旅館でなくても社会福祉施設(宿泊所)はできる事となる。) 

日本は、有料宿泊は旅館業の「許可」を取り、実行が必要であり、社会福祉施設をするについては、国から認められる認可が必要となるから、おおそら壮は、有料での宿泊施設であるから、旅館業法の許可をとり、その上での運営が必要なのに、適正手続きをふまないから違法な運営がある。

   尚、許認可についてであるが、いわゆる許可とは、通常は禁じているものについて、許可してやり、それを実行を許していく。 次に、認可とは、通常は禁じてはないが、実行については、国に届け出て、認めてもらい実行に移せるものである。 本件に照らすと、旅館という有料施設は国は誰もがすることは禁じているから、許可が必要である。  であるから、おおそら壮は許可が必要である。 そして旅館であれば有料で、」社会福祉の施設運営が出来る。  
  そうである以上、おおそら壮は旅館という事はあきらかであり、おおそら壮は
旅館でないというが、それは、上記の法律解釈に誤りがあるから旅館としての営業を認めるべきである。
メンテ

Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.72 )
日時: 2017/11/19 14:44名前: tokumwi ID:v.s5/A/Q

東京都台東区日本堤1丁目の17−7の「おおそら壮」は東京都福祉保健局の「宿泊所設置運営指導指針」(平成28年4月1日施行)に定職し、以下の怠慢、条例違反あるから、報告するので検査、調査をしてください。 生活上、不利益あるから、厚生省、東京都、台東区長は、放置するから、直ちに実行してください。

無料低額宿泊所(むりょうていがくしゅくはくじょ)は、政府への届出によって設置できる福祉的居住施設。社会福祉法第2条第3項に規定されている第2種社会福祉事業の第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は 無料で宿泊させる施設である。  

とすると、おおそら壮が無料での宿泊をさせる簡易宿所営業施設である場合は、旅館業法の許可は不要である。

 それは、日本においては、基本的な定義として 旅館業法の第二条に規定された旅館業で、施設の構造や設備によってホテル営業・旅館営業・簡易宿所営業・下宿営業に分類しており、それぞれの内容、および「宿泊」の定義は次のような規定となっている。
「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多人数で共用する構造および設備を主とする施設を設け、「宿泊料」を受けて、人を宿泊させる営業で、下宿営業以外のものをいう。

「宿泊」とは、寝具を使用して上記各項の施設を利用することをいう。

なお、寝具を使用しない仮眠等の設備を備えた施設は、各種営業法や法で定める構造上の制限が異なり、旅館業法の第二条に規定された旅館業ではない。

 そうすると、おおそら壮については無料で宿泊させる施設ではなく、有料で宿泊させる施設であるから「旅館業法の許可」の必要な「簡易宿所」であると言う事は明白である。

つまり、旅館行法の許可を取り、その上で社会福祉法に則る宿泊施設の認可を受けるべきであつた。
(つまりは、無料であれば、旅館行法の許可は不要であり、社会福祉法の認可のみで、宿泊施設の運営は可能である。)

 行政手続きでは、許認可という文言があり、「許可」は、通常許されて無いものについて、許しを得て実行しなくてはならない。 日本では、旅館業は有料での宿泊をさせる時は、許可がいる。それは、有料の旅館経営は国が認めていないから、申請での許可がいる。 そこで、社会福祉の宿泊施設であろうと、従前の有料な宿泊については旅館業の許可はいる。 それから、社会福祉施設は基本は誰でもできるのであるが、だからこそ、「認可制」であり、それに対応する施設があれば、できる事になる。 (つまり、無料宿泊施設であれば、旅館でなくてもできる事となる。) 

日本は、有料宿泊は旅館業の「許可」を取り、実行が必要であり、社会福祉施設をするについては、国から認められる認可が必要となるから、おおそら壮は、有料での宿泊施設であるから、旅館業法の許可をとり、その上での運営が必要なのに、適正手続きを踏まない模様である。つまり、単なる社会福祉施設であり、旅館ではない様な主張をしているからである。しかし、旅館の許可を取得しているならば、問題はないが、後述する通りに、旅館であると、共益費、光熱費が徴収不可能になるから、旅館でないと主張しているに過ぎない。

   尚、許認可についてであるが、いわゆる許可とは、。通常はある種の行動をひとまず一般的に禁止したうえで,個々人についてこの禁止を解除するかどうかを行政庁に決定させるというしくみである。 つまり、通常は禁じているものについて、許可してやり、そのを実行を許していくものである。
 次に、認可とは、通常は禁じてはないが、実行については、国に届け出て、認めてもらい実行に移せるものである。 本件に照らすと、旅館という有料施設は国は誰もがすることは禁じているから、許可が必要である。  であるから、おおそら壮は許可が必要である。 そして旅館であれば有料で、社会福祉の施設運営が出来る。  
 
 そうである以上、おおそら壮は旅館という事は明らかであり、おおそら壮は、旅館でないというが、それは、上記の法律解釈に誤りがあるから旅館でないと主張するが、言い逃れであり、旅館としての営業を認めるべきであり、その上で、共益費、光熱費の徴収は中止、やめるべきである。
  結局、旅館の許可を受けていなければ、有料宿泊所の実行は無理であるし、許可を受けてなければ処罰の対象となるものであるが、許可は受けているのであろうから、旅館としては、共益費、光熱費の徴収は、後述のごとくに不当なので、中止し、やめるべきである。


おおそら壮が、旅館業である場合は・・・
東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

 先ず、旅館業か不動産賃貸業かの判断基準は以下について、該当すれば旅館業であり、該当しなければ不動産賃貸業となります。

 1、施設の管理・経営形態を総体的にみて、宿泊者のいる部屋を含め施設の衛生上の維持管理責任が営業者にあると社会通念上認められること。
  2、施設を利用する宿泊者がその宿泊する部屋に生活の本拠を有さないことを原則として、営業しているものである。
  3、宿泊させることについては、「寝具を使用すること」が重視され、予め、備えての宿泊の体制があればます。

 そこで、「1」については、おおそら壮は、共同浴場である所、その清掃は施設が実行しており、備品のシャンプー、リンス、ボデイシャンプーも設置している。
室内清掃については、利用者の交替時は寝具の交換、清掃は施設側が実施しており、ゴミ出しも施設がしている。
毎日、利用者が出すゴミについても、ゴミ箱に入れておく事で施設が回収して、廃棄している。 
 つまり、基本的な清掃は施設が実施しているから、旅館とみなされます。

 「2」については、施設を利用する宿泊者がその宿泊する部屋に生活の本拠を有するかであるが、おおそら壮の利用者は生活保護を受ける者であるが、住居が無いので長期間の滞在者が多数であるので、生活の本拠と受け止められる余地もあるけれども、滞在も目的が就労支援法という法を前提としての利用であり、支援期間が3ヶ月間で終了するという事、或いは、その後は他のアパートに移転して生活の本拠地から仕事に通うという事を支援法関連法令が想定しているという事、しかも、おおそら壮自体が就労支援に関連する法律を踏まえて運営しているのであるから、必然的におおそら壮の利用者が宿泊する部屋については一時的な滞在をする場所であり、生活の本拠(家)としては考えずに営業をしている事は明らかである。 それはアパート移行制度という措置を執る事が支援関連法案の趣旨であるから、そうである以上、利用者が生活の本拠を有さない事を原則として営業しているものと推認できるから、おおそら壮の利用者については、生活の本拠がある事にはなり得ない。

「3」については、おおそら壮は予め、布団は設置して宿泊をさせているから、旅館の慣例通りの施行があるので、旅館といえる。 

そうすると、おおそら壮は旅館業法の2条4項の「簡易宿所営業」とは、宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設を設け、宿泊料(有料)を受けて、人を宿泊させる営業である事に該当する事は明白である。
 してみると、おおそら壮という、いわば旅館(簡易宿泊所)とは、アパートの様な共益費などは徴収出来ず、即ち「宿泊料」とは、名目だけではなく、実質的に寝具や部屋の使用料とみなされる、寝具賃貸料、寝具等のクリーニング代、光熱水道費、室内及び室外、廊下の清掃費などが含まれますから、共益費用、管理費用、光熱水道費の徴収はできません。
(旅館業法についてー厚生労働省 http://www.mlit.go.jp/common/001113521.pdf ) 

しかるに、不正に営利目的的に「共益費用、管理費用、光熱水道費」の徴収をしているが、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であり、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)

東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)では、(別表4)宿泊所利用契約に関する基準にて、「2 宿泊所利用料」においては(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。  (5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。 と規定するから、共益費用、管理費用の徴収は規定していない。 
そして、光熱水費を徴収する場合は、実費相当としており、これは、部屋以外の箇所にコインランドリー、ジュースの自動販売機などの機材を設置している場合には、実費相当額の徴収を規定しているのだから、闇雲に、旅館が廊下や外灯の電気代、ボイラーのガス代などの徴収をしない事を規定する制限規定なので、おおそら壮の光熱水費を徴収する行為は法令の歪曲した間違いな徴収なので、取り消し、中断が相当である。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.74 )
日時: 2017/11/23 14:17
名前: 匿名 ID:aZyGUXLA

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

自立支援施設である無料低額宿泊所は、様々な問題を抱えて住まいや生活に困った方が、
次の安定した居所に移行していくための一時通過施設であると同時に、
地域のセーフティネットの役割を担う社会資源となっています。
http://www.npo-sss.or.jp/corporation/business/

東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)では、(別表4)宿泊所利用契約に関する基準にて、「2 宿泊所利用料」においては

 2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

(1)について
[居住環境]とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。 とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することをしなくてはならない。それは、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとしなくてはならない筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金となり、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、同指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反といえる。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。
http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らない事になる。 つまり、近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、この様に施設使用料を一括的に捕らえて、居室使用料は69300円と、規定しているとの見方が自然である。 

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、的確に実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である。

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。

 その数は以下の「SSS」の施設で全てという悪質な状態です。
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/geo/mizuuchi/japanese/URP_Report_No4/URP_Report_No4.htm

 おおそら壮は居室使用料を、3畳の部屋のみの使用料としており、それ以外の共同浴場、洗面所、トイレ、廊下などの経費は別口で徴収が可能と考えるが、過剰な拡大解釈で、合理的でない。 素直によめば、近隣施設同様に、一括的に施設使用料イコール居室料となる筈だから、おおそら壮の居室使用料69300円、共益費用16700円、光熱費用11000円は不当徴収である。
改善勧告されたい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.75 )
日時: 2017/11/23 16:47
名前: tokumei ID:iOvhlWSs

。(第2)
おおそら壮は旅館である・・・・
 1、旅館業の定義 について
旅館業とは、「宿泊料をもらって、人を宿泊施設に宿泊させる営業」のことです。
ポイントは3つです。 1つ目は、「宿泊料をとること」  2つ目は、「宿泊させること」 3つ目は、「営業であること」ですが、おおそら壮は該当する。
 
 2、宿泊料をとること
   1つ目の宿泊料については、宿泊者からとる料金の名称については問われません。
 旅館業の許可をとっていない事業者が、光熱費の実費だけを宿泊者から集めようとした事例で、光熱費の徴収が旅館業法に抵触する可能性あると指摘されています。
  
 3、人を宿泊させること
  2つ目の宿泊させることについては、
「寝具を使用すること」と、「宿泊施設に生活の拠点がないこと」が重視されます。
 生活の拠点の有無という点については、 不動産の賃貸借との兼ね合いで重要な意味を持ってきます。おおそら壮は、予め用意された寝具を使用することで宿泊させており、生活の拠点の無いことは、先ず、エスエスエス自体がホームページ上で、「自立支援施設である無料低額宿泊所は、様々な問題を抱えて住まいや生活に困った方が、 次の安定した居所に移行していくための一時通過施設であると」と「 http://www.npo-sss.or.jp/corporation/business/ 」主張しているものであるから、生活の本拠地とはいえない。つまり、自立支援施設であるから、賃貸不動産ではなくて、一時使用目的の賃貸借を低額でし、自立するまでの居室の提供施設という解釈になるからである。

 4、旅館業とは、宿泊料をとって反復継続的に人を施設に宿泊させる営業のことでした。 
 実はこれ、旅館業以外のとある営業に似ているのです。 それが、不動産賃貸業なのです。
  不動産賃貸業は、利用者が施設を利用しそこで宿泊等をする、という点では旅館業と似ているといえます。また、宿泊料=家賃とすると、その境目は非常にあいまいなように思えます。
  
 5,2つの通達
  それでは、この不動産賃貸業と旅館業を明確に分ける基準はないのでしょうか。
これに関しては、2つの通達が非常に参考になります
  通達1(昭和61年3月31日衛指第44号厚生省生活衛生局指導課長通知)
  通達2(昭和63年1月29日衛指第23号厚生省生活衛生局指導課長通知)

  昭和61年3月31日付厚生省生活衛生局指導課長通知
 通達1では、
人を宿泊させる営業(=旅館業)であるというためには、2つの要素が重要だといっています。
つまり、(1)施設の衛生上の維持管理責任が、施設の所有者(営業者)にあること (2)施設を利用する宿泊者の生活の本拠が、その宿泊する施設にはないことの要素を備えていると、つまりそれは旅館業であるといえそうです。とすると、衛生上の維持管理責任は施設が備品(箒、掃除機、雑巾)を揃えて強制的、毎日の掃除をさせており、風呂掃除も施設がしており、居室使用者の入れ替え時も施設がしており、ゴミ箱を設置してゴミすてを施設がしているから、施設が衛生管理をしている。 そして、
生活の本拠については、従前の通りである。

昭和63年1月29日付厚生省生活衛生局指導課長通知
  通達2は、
いわゆるウィークリーマンションの経営が旅館業にあたるかどうかの判断です。
通達1で示された2つの要素を判断基準として、短期賃貸借型のマンションは旅館業に該当する可能性があることが示されていますから、おおそら壮も短期賃貸借型のマンションと同型なので、旅館業に該当する事は明白である。
  3、不動産賃貸業と借地借家法
不動産賃貸借である場合、不動産(施設)の所有者(貸主)と、施設の使用者(借主)との間には不動産賃貸借契約が結ばれることになるかと思います。  不動産賃貸借契約になると登場してくるのが、
借地借家法という、借主側の保護を目的とした法律です。この点が両者の大きな違いとも言えそうです。
ここでは簡単に書くだけにとどめますが、ウィークリーマンションは基本的に借家にはあたりません。一時使用目的の賃貸借と認められることがほとんどのようです。おおそら壮も同型です。
借家であるとなると、借地借家法が適用されることになります。 賃貸期間が1年以上でなければならなかったり、更新拒絶や解約の申入の制限など、契約内容が大きく制限されることになります。おおそら壮は、宿泊所設置運営指導指針の規定上、賃貸期間が1年以上とし、更新拒絶や解約の申入の制限は定められてないから、一時使用目的の賃貸借である。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.76 )
日時: 2017/11/24 12:36
名前: 匿名 ID:4iEbhQ6Y

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

東京都社会福祉局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。
規定する。
 2 宿泊所利用料については・・・・
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。と規定する。
  ここでいう、「居住環境」とは、借部屋を取り巻く、まわりの状況。借り部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域である。 この区域は、通常の宿泊施設には備えられている、風呂、洗面所、トイレを示唆している事となる。 とすると、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居住環境の整備(風呂、洗面所、トイレ)が万全であるという事が規定されており、それに見合う料金としなくてはならない定めであるから、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは含まれての居室料となるものと見る事が合理的、整合的である。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
 ここでいう、「近隣の家賃水準との比較」及び「妥当かつ適切な居室使用料を設定」とは、近隣の家賃は、50件位の宿泊所が、66000円であり、おおそら壮のみが、97000円である場合、到底、近隣との家賃水準が均等であるとはいい難い、しかも、97000円が徴収された場合は、その差額は31000円であり、生活保護者にとつては、途轍もない金額である。 通常の66000円であるべき、日本堤の家賃相場から、1.5倍と言う家賃は、おおそら壮のみが、日本堤では、実行しており、近隣の施設の50件以上は66000円という家賃であると言うことを鑑みると、到底、認めれれるものではなく、31000円を闇雲にむしりとられるのだから、拷問さながらの処遇と言うべきものであつて、これを貧困ビジネスといわずして、何と呼べばよいかという次元の事件である。
おおそら壮の97000円とは、近隣の家賃水準と異なり、妥当かつ適切な居室使用料を設定しているとは、いえないから改善、減額の余地は充分なので、直ちに変更する様に命令、指導、助言をされたい。  
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
  この、「国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は
宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃
(居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円が相当である。
(5)について
  光熱費用を実費で徴収するという文言とは、「これを割り増しにして収益を増加させる事を防止することを目的としており、過去に宿泊料を割安とし、これで補えない費用を高熱費用として過剰(割高)徴収して採算をあわせるという施設が多発していたので、実費を明確にして請求するという法令を作りだしているのである。 とすると、おおそら壮は割高に徴収をしているから、指針の趣旨に違背しているので、違法な徴収があるので改善の余地ある。
(ア)つまり、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、的確に実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である。 おおそら壮はメーターも無いのに徴収をするが、これは高熱費用を割高にしての不正な収益の手段といえるから改善の余地ある。
(イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、実費の徴収は不能であるが、その徴収は実費を測定出来ないので的確な徴収といえず、その不明瞭が収益ともなり、11000円という過剰な収益になると推定できるから、不当、違法、である。
徴収はメーターをつけてからにするか、他の施設のごとくに的確に、指針を遵守して居室使用料に含めることで徴収をして、66000円で光熱費用もふくめるものとす様に変更することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。

(旅館業の許可をとっていない事業者が、光熱費の実費だけを宿泊者から集めようとした事例で、光熱費の徴収が旅館業法に抵触する可能性あると指摘されています。)
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.77 )
日時: 2017/11/24 13:12
名前: tokumei ID:4iEbhQ6Y

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。 東京都社会福祉局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行) 別表4)宿泊所利用契約に関する基準 2 宿泊所利用料 (1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。 (2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。 (3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。 (4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。 (5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。 規定する。  2 宿泊所利用料については・・・・ (1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。と規定する。   ここでいう、「居住環境」とは、借部屋を取り巻く、まわりの状況。借り部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域である。 この区域は、通常の宿泊施設には備えられている、風呂、洗面所、トイレを示唆している事となる。 とすると、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居住環境の整備(風呂、洗面所、トイレ)が万全であるという事が規定されており、それに見合う料金としなくてはならない定めであるから、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは含まれての居室料となるものと見る事が合理的、整合的である。 (2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。  ここでいう、「近隣の家賃水準との比較」及び「妥当かつ適切な居室使用料を設定」とは、近隣の家賃は、50件位の宿泊所が、66000円であり、おおそら壮のみが、97000円である場合、到底、近隣との家賃水準が均等であるとはいい難い、しかも、97000円が徴収された場合は、その差額は31000円であり、生活保護者にとつては、途轍もない金額である。 通常の66000円であるべき、日本堤の家賃相場から、1.5倍と言う家賃は、おおそら壮のみが、日本堤では、実行しており、近隣の施設の50件以上は66000円という家賃であると言うことを鑑みると、到底、認めれれるものではなく、31000円を闇雲にむしりとられるのだから、拷問さながらの処遇と言うべきものであつて、これを貧困ビジネスといわずして、何と呼べばよいかという次元の事件である。 おおそら壮の97000円とは、近隣の家賃水準と異なり、妥当かつ適切な居室使用料を設定しているとは、いえないから改善、減額の余地は充分なので、直ちに変更する様に命令、指導、助言をされたい。   (3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。   この、「国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は 宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃 (居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円が相当である。 (5)について   光熱費用を実費で徴収するという文言とは、「これを割り増しにして収益を増加させ る事を防止することを目的としており、過去に宿泊料を割安とし、これで補えない費用を 高熱費用として過剰(割高)徴収して採算をあわせるという施設が多発していたのであ る。 だからこそ、実費を明確にして請求するという法令を作りだしているのである。  とすると、おおそら壮は割高に徴収をしているから、多少なりとも徴収利益を増加させて の徴収として利益を誘導するという悪意が認められ不正の疑義あるから指針の趣旨に違背 しているので、違法な徴収があるので改善の余地ある。 (ア)つまり、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターの設置が必要で あり、それがない「おおそら壮」では、的確に実費の測定が不可能だから、徴収はできな い筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮 の徴収は、過剰に徴収をして利益の算出の動機が認められるから、不正徴収である。 お おそら壮はメーターも無いのに徴収をするが、これは高熱費用を割高にしての不正な収益 の手段といえるから改善の余地ある。 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費 となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、実費の徴収は不能で あるが、その徴収は実費を測定出来ないので的確な徴収といえず、その不明瞭が収益とも なり、11000円という過剰な収益になると推定できるから、不当、違法、である。 徴収はメーターをつけてからにするか、他の施設のごとくに的確に、指針を遵守して居室 使用料に含めることで徴収をして、66000円で光熱費用もふくめるものとす様に変更 することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。   同指針の(雑則)第10条は、「次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定によ り宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。」 「(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合 (2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合 2 法第72条第1項の命令に違反して宿泊所事業を継続した場合には、法第131条の規定に より6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる。」と規定しており、これに該当す るから、営利目的の徴収を告発するので調査の上、処分、改正する事をされたい。

(旅館業の許可をとっていない事業者が、光熱費の実費だけを宿泊者から集めようとした事例で、光熱費の徴収が旅館業法に抵触する可能性あると指摘されています。)
メンテ
N級品 ( No.78 )
日時: 2017/11/26 22:03
名前: 7640 ID:4IGMK1GU メールを送信する
参照: http://www.bbagok.com/watch/iwc/index.html

ルイヴィトン - N級バッグ、財布 専門サイト問屋

弊社は販売LOUIS VUITTON) バッグ、財布、 小物、靴類などでございます。
1.品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。

2.弊社長年の豊富な経験と実績があり。輸入手続も一切は弊社におまかせてください。質が一番、最も合理的な価格の商品をお届けいたします。

3.お届け商品がご注文内容と異なっていたり、欠陥があった場合には、全額ご返金、もしくはお取替えをさせていただきます。

弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう、

送料は無料です(日本全国)! ご注文を期待しています!
下記の連絡先までお問い合わせください。

是非ご覧ください!
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.79 )
日時: 2017/11/27 11:13
名前: 匿名 ID:w9B1kDYA

天橋立の愚痴人間さん へ

収容人員は37人 
 1階に7人 2階に15人 3階に15人。

共同スペースは、
 
 風呂、2人用が1つ。 洗い場は1畳足らず。(少なくとも5人用はなくては、昼2時から、夜8時の入浴だから、1人が20分の時間しか入浴はできない。) 
 
 洗濯機は1階に3機設置のみ。(東京都条例は各階の設置としているので条例違反あり。)   

 トイレは各階に3機便器あり。

 就労支援という名の下に運営するが、実情は、営利目的な施設である。
 つまり、以下の通りに、通常は66000円の家賃のところを、97000円を取り、その方法が、高熱費用を不当に割高にしており、古典的なトリツクである。 
 社会福祉士は1人、居るも法を何も知らない相手だから、杜撰に毎日、数人にバイト広告から、「これはどう?」という様に就労支援の真似事をしている。  この真似事が、他の66000円の施設より割高にする方法であり、就労援助をしているから、97000円だと言わんばかりな対応である。  これが、実態である。

 天橋立の愚痴人間さん の裁判内容はサイトがあるのですか・?
 天橋立の愚痴人間さん はどんな争い内容か教えていただければ、それに対応して、「エス」の実態を伝えやすいです。

 (できれば、この上の報告は天橋立の愚痴人間さんが見たら、消しておいてください。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京都社会福祉局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)のサイトにて、
( 別表4)宿泊所利用契約に関する基準 2 宿泊所利用料 がある。
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。 (2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。 ・・・と規定する。  

2 宿泊所利用料については・・・・

(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。と規定する。   ここでいう、「居住環境」とは、借部屋を取り巻く、まわりの状況。借り部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域である。 この区域は、通常の宿泊施設には備えられている、風呂、洗面所、トイレを示唆している事となる。 とすると、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居住環境の整備(風呂、洗面所、トイレ)が万全であるという事が規定されており、それに見合う料金としなくてはならない定めであるから、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは含まれての居室料となるものと見る事が合理的、整合的である。

(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。  ここでいう、「近隣の家賃水準との比較」及び「妥当かつ適切な居室使用料を設定」とは、近隣の家賃は、50件位の宿泊所が、66000円であり、おおそら壮のみが、97000円である場合、到底、近隣との家賃水準が均等であるとはいい難い、しかも、97000円が徴収された場合は、その差額は31000円であり、生活保護者にとつては、途轍もない金額である。 通常の66000円であるべき、日本堤の家賃相場から、1.5倍と言う家賃は、おおそら壮のみが、日本堤では、実行しており、近隣の施設の50件以上は66000円という家賃であると言うことを鑑みると、到底、認めれれるものではなく、31000円を闇雲にむしりとられるのだから、拷問さながらの処遇と言うべきものであつて、これを貧困ビジネスといわずして、何と呼べばよいかという次元の事件である。 おおそら壮の97000円とは、近隣の家賃水準と異なり、妥当かつ適切な居室使用料を設定しているとは、いえないから改善、減額の余地は充分なので、直ちに変更する様に命令、指導、助言をされたい。  

(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。   この、「国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は 宿泊所住宅扶助特別基準額の69300円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃 (居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円が相当である。

(5)について   光熱費用を実費で徴収するという文言とは、「これを割り増しにして収益を増加させ る事を防止することを目的としており、過去に宿泊料を割安とし、これで補えない費用を 高熱費用として過剰(割高)徴収して採算をあわせるという施設が多発していたのであ る。 だからこそ、実費を明確にして請求するという法令を作りだしているのである。  とすると、おおそら壮は割高に徴収をしているから、多少なりとも徴収利益を増加させて の徴収として利益を誘導するという悪意が認められ不正の疑義あるから指針の趣旨に違背 しているので、違法な徴収があるので改善の余地ある。

(ア)つまり、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターの設置が必要で あり、それがない「おおそら壮」では、的確に実費の測定が不可能だから、徴収はできな い筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮 の徴収は、過剰に徴収をして利益の算出の動機が認められるから、不正徴収である。 お おそら壮はメーターも無いのに徴収をするが、これは高熱費用を割高にしての不正な収益 の手段といえるから改善の余地ある。
 
(イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費 となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、実費の徴収は不能で あるが、その徴収は実費を測定出来ないので的確な徴収といえず、その不明瞭が収益とも なり、11000円という過剰な収益になると推定できるから、不当、違法、である。 徴収はメーターをつけてからにするか、他の施設のごとくに的確に、指針を遵守して居室 使用料に含めることで徴収をして、66000円で光熱費用もふくめるものとす様に変更 することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。
  同指針の(雑則)第10条は、「次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定によ り宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。」 「(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合 (2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合 2 法第72条第1項の命令に違反して宿泊所事業を継続した場合には、法第131条の規定に より6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる。」と規定しており、これに該当す るから、営利目的の徴収を告発するので調査の上、処分、改正する事をされたい。

(旅館業の許可をとっていない事業者が、光熱費の実費だけを宿泊者から集めようとした事例で、光熱費の徴収が旅館業法に抵触する可能性あると指摘されています。)
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.80 )
日時: 2017/11/27 11:29
名前: tokumei ID:w9B1kDYA

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

東京都社会福祉局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)

( 別表4)宿泊所利用契約に関する基準 2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。 (2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。 規定する。  

2 宿泊所利用料については・・・・

(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。と規定する。つまり、部屋を取り巻く、まわりの状況、部屋の生活と何らかの関係を持ち、影響を与えるものとして見た区域とする、風呂、洗面所、トイレを示唆している事となる。とすると、居室使用料を徴収する場合は、前提としては、居住環境の整備(風呂、洗面所、トイレ)が万全であるという事が規定されており、それに見合う料金としなくてはならない定めであるから、居室料を徴収する際は、共有スペースという、風呂、洗面所、トイレは含まれての居室料となるものと見る事が合理的、整合的である。

(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。  ここでいう、「近隣の家賃水準との比較」及び「妥当かつ適切な居室使用料を設定」とは、近隣の家賃は、50件位の宿泊所が、66000円であり、おおそら壮のみが、97000円である場合、到底、近隣との家賃水準が均等であるとはいい難い、しかも、97000円が徴収された場合は、その差額は31000円であり、生活保護者にとつては、途轍もない金額である。 通常の66000円であるべき、日本堤の家賃相場から、1.5倍と言う家賃は、おおそら壮のみが、日本堤では、実行しており、近隣の施設の50件以上は66000円という家賃であると言うことを鑑みると、到底、認めれれるものではなく、31000円を闇雲にむしりとられるのだから、拷問さながらの処遇と言うべきものであつて、これを貧困ビジネスといわずして、何と呼べばよいかという次元の事件である。 おおそら壮の97000円とは、近隣の家賃水準と異なり、妥当かつ適切な居室使用料を設定しているとは、いえないから改善、減額の余地は充分なので、直ちに変更する様に命令、指導、助言をされたい。  

(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。   この、「国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。」という規定は 宿泊所住宅扶助特別基準額の63000円を示唆しており、いわゆる、施設使用料の一括家賃 (居室使用料)を想定するものであるから、この金額の範囲内で居室料という一括家賃の「居室使用料」の徴収としなくてはならないから、おおそら壮の徴収する、97000円は、優に超過しているので、認めることは出来ず、改変、減額して66000円が相当である。

(5)について、光熱費用を実費で徴収するという文言とは、「これを割り増しにして収益を増加させ る事を防止することを目的としており、過去に宿泊料を割安とし、これで補えない費用を 高熱費用として過剰(割高)徴収して採算をあわせるという施設が多発していたのであ る。 だからこそ、実費を明確にして請求するという法令を作り出しているのである。 とすると、おおそら壮は割高に徴収をしているから、多少なりとも徴収利益を増加させての徴収として利益を誘導するという悪意が認められ不正の疑義あるから指針の趣旨に違背しているので、違法な徴収があるので改善の余地ある。

(ア)つまり、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターの設置が必要で あり、それがない「おおそら壮」では、的確に実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮 の徴収は、過剰に徴収をして利益の算出の動機が認められるから、不正徴収である。 お おそら壮はメーターも無いのに徴収をするが、これは高熱費用を割高にしての不正な収益 の手段といえるから改善の余地ある。 徴収はメーターをつけてからにするか、他の施設のごとくに的確に、指針を遵守して居室 使用料に含めることで徴収をして、66000円で光熱費用もふくめるものとす様に変更 することが正解、正しいから是正の勧告をされたい。
  同指針の(雑則)第10条は、「次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定によ り宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。」 「(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合 (2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合 2 法第72条第1項の命令に違反して宿泊所事業を継続した場合には、法第131条の規定に より6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる。」と規定しており、これに該当す るから、営利目的の徴収を告発するので調査の上、処分、改正する事をされたい。

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.81 )
日時: 2017/11/27 12:11
名前: tokumei ID:w9B1kDYA

おおそら壮は居室使用料金を69300円として、共益費用17600円、光熱費用11000円とし、総額で97000円の家賃徴収をしている、不当利得がある。 近所の50軒以上のドヤ(簡易宿泊所)は66000円の家賃としており、光熱費、共益費などは徴収していない。 従つて、おおそら壮は以下の「指針」の想定するところに違背しているから、改善の余地は充分である。

東京都社会福祉局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)

( 別表4)宿泊所利用契約に関する基準 2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。 (2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。 規定する。  


この、東京都社会福祉局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)の( 別表4)宿泊所利用契約に関する基準 2 宿泊所利用料 の解釈であるが・・・・

おおそら壮に照らすと、居室使用料を徴収する場合には、無料又は低額なものであることが必要なので、その場合は、近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、近隣と同一に「66000円」の居室使用料(一括家賃)を設定することとする事が当たり前である。  そうすれば、被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の69300円以内の額での徴収となるから、違法性は解決する。 しかも、 光熱水費を徴収する場合は、居室使用料に加えての利益を出さない為に、指針は、あえて実費徴収としているのだから、メーターで計測を出来なくては成らず、その上で内訳を完全に書面で示すこととして、不当利得をなくすという事をおおそら壮はして行く必要ある。
 おおそら壮は、光熱費用は、どんぶり勘定で11000円としているが、これは完全な指針違反であり、利益を光熱費用からも得ようとする埠頭な徴収と認定できる。 そして、居室使用料を純粋に部屋のみの代金とするが、指針は「居住環境を確保(2の(1))」予定しているのだから、当然、「風呂、洗面所、トイレ、」を含めたものが正解なので、居室以外の共有スペースの風呂、洗面所、トイレ、も含めての居室使用料が当たり前である。 悪質で、非合理な解釈をしての徴収であり、光熱費と同一に、過剰な徴収をしているから、改善をして下さい。
 
同指針の(雑則)第10条は、「次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定によ り宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。」 「(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合 (2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合 2 法第72条第1項の命令に違反して宿泊所事業を継続した場合には、法第131条の規定に より6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられる。」と規定しており、おおそら壮はこれに該当し、光熱費が毎月、11000円としており、変動もなく、ドンブリ勘定だから、利益目的の不正徴収である。 居室料も施設全体の使用料と受け止める事が、マトモな解釈であり、利益を出す為に、あえて、別個に「居室使用料金を69300円として、共益費用17600円、光熱費用11000円」として、営利目的の徴収をするということは、指針のいう「「不当に営利を図り、」」又は「利用者の処遇において不当な行為をした場合」 、に該当するから、悪質な貧困ビジネスがあるので、告発するので調査の上、処分、改正する事をされたい。 
 生活扶助費用は80000円であるが、97000円の徴収では、52000円しか手元に残らないから、不当な処遇をうけており、保護制度の崩壊あるから早急に解決されたい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.82 )
日時: 2017/12/21 15:05
名前: tokumei ID:py4A6Ano



社会福祉法第2条の3
八  生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他の施設を利用させる事業

無料低額宿泊所(宿泊所)とは 社会福祉法第2条第3項に定める第2種社会福祉事業のうち、その第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他施設を利用させる事業」に基づき、設置される施設です。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shukuhaku.html

東京都では、宿泊所におけるサービス水準の一層の向上を図るとともに、より適切な施設運営を確保するため、「宿泊所設置運営指導指針」を策定し、事業開始に当たっての指導をしています。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shukuhaku.html

この施設は、宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)に基ずいての運営となる。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html

宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
(別表2)設備基準」の 「3 居室 」 では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。 と規定する。
  とすると、各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事になる。

次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。  ・・・と規定する。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反との見方が一般的といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。)
 ( http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。

そうすると・・・
 各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事は明らかである。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 その場合、居住環境の確保義務がおおそら壮にはあり、居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味合いは、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、同指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は同指針違反との見方が合理的といえる。(同指針の(別表4)の 2 の(1)参照)
しかも、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものにする旨を規定している事は明白であり、そう解することが整合的である。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 更には、近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前という事になり、それが合法的である。。(同指針の(別表4)の 2 の(2)参照)
 ついては、国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反しているのだから、改善の余地は充分との見方が自然である。
(同指針の(別表4)の 2 の(3)参照)
 或いは、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできないと見る事が自然である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である。 ひいては、コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。
 
いわんや、おおそら壮は、居室使用料69300円、共益、管理費用16700円、光熱費用11000円を不正に営利目的的に徴収をしているが、金利施設は66000円の徴収であり、居室料金に共益費、光熱費は上述の通りに包含しての徴収とする事が整合性あるのだから、改善の余地はあるので、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であると思料するので、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)

付言として、東京都生活保護費用は149000円である。内訳は住宅扶助費用が69500円で、生活扶助が80000円
である。 そこで、おおそら壮は家賃を97000円徴収しており、その場合、利用者は、住宅扶助費用が69500円では足りないから、27500円を生活扶助費用から捻出して支払うという状況であり、とすると、残金は52000円である。
  「52000円÷31=1677円位」
1日、1600円位の金員では、食費で消化してしまい、日用品、就職面接の交通移動費がなく、利用者全員が、バイトしかしておらず、それも、月に4日から5日であり、それは移動費用、外食費用が捻出できないから諦めているのである。  
 この様な状態は、生活保護の最低限度の保護の趣旨を逸脱しており、いわば、飼い殺しの状態である。 就労支援などは、全然しないけれども、この様な状態では、仕事の支援の声を掛けられても、通える筈はなく、むしろ、それを目的として、飼い殺しで家賃を悪質に徴収する為の手段で、支援などは、全然しないという方針と認定できる。

同指針の(雑則)第10条 次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
(1) 都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
(2) 不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合
上記の規定通りに、おおそら壮は不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当に金員徴収行為をするから、指導の対象といえるから、すぐに調査する事を申し立てます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.83 )
日時: 2017/12/21 15:12
名前: tokumei ID:py4A6Ano

おおそら壮は居室使用料金を69300円として、共益費用17600円、光熱費用11000円とし、総額で97000円の家賃徴収をしている、不当利得がある。 近所の50軒以上のドヤ(簡易宿泊所)は66000円の家賃としており、光熱費、共益費などは徴収していない。 従つて、おおそら壮は以下の「指針」の想定するところに違背しているから、改善の余地は充分である。

社会福祉法第2条の3
八  生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他の施設を利用させる事業

無料低額宿泊所(宿泊所)とは 社会福祉法第2条第3項に定める第2種社会福祉事業のうち、その第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他施設を利用させる事業」に基づき、設置される施設です。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shukuhaku.html

東京都では、宿泊所におけるサービス水準の一層の向上を図るとともに、より適切な施設運営を確保するため、「宿泊所設置運営指導指針」を策定し、事業開始に当たっての指導をしています。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shukuhaku.html

この施設は、宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)に基ずいての運営となる。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html

宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
(別表2)設備基準」の 「3 居室 」 では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。 と規定する。
  とすると、各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事になる。



次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。  ・・・と規定する。



居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反との見方が一般的といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。)
 

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。









次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。  ・・・と規定する。



居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反との見方が一般的といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。)
 

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.84 )
日時: 2017/12/21 16:37
名前: tokumei ID:BNTvi1RE

おおそら壮は居室使用料金を69300円として、共益費用17600円、光熱費用11000円とし、総額で97000円の家賃徴収をしている、不当利得がある。 近所の50軒以上のドヤ(簡易宿泊所)は66000円の家賃としており、光熱費、共益費などは徴収していない。 従つて、おおそら壮は以下の「指針」の想定するところに違背しているから、改善の余地は充分である。


社会福祉法第2条の3
八  生計困難者のために、無料又は低額な料金で、簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他の施設を利用させる事業

無料低額宿泊所 宿泊所 とは 社会福祉法第2条第3項に定める第2種社会福祉事業のうち、その第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他施設を利用させる事業」に基づき、設置される施設です。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shukuhaku.html

東京都では、宿泊所におけるサービス水準の一層の向上を図るとともに、より適切な施設運営を確保するため、「宿泊所設置運営指導指針」を策定し、事業開始に当たっての指導をしています。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shukuhaku.html

この施設は、宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)に基ずいての運営となる。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html

宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表4)宿泊所利用契約に関する基準
2 宿泊所利用料
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(4)利用に当たって初期費用として実費相当額以外の費用負担を求めないこととする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。

東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
(別表2)設備基準」の 「3 居室 」 では、
(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。 と規定する。
  とすると、各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事になる。

次に・・・
「東京都福祉保健局」 「宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)」の
「(別表4)宿泊所利用契約に関する基準」の「2 宿泊所利用料」では、
(1)居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。無料又は低額なものであることとする。
(2)近隣の家賃水準との比較、建物賃貸借契約金額、宿泊所の管理体制等を考慮し、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする。
(3)被保護者の居室使用料は、居室に応じて国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。
(5)光熱水費を徴収する場合は、実費相当とし、内訳を書面で示すこととする。  ・・・と規定する。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/shisetsu/shukuhaku/shishin.html )

居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味は、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、どう指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は指針違反との見方が一般的といえる。
尚、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものを規定している事は明白である。

(2)について
近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前である。
(以下のサイトで、近隣施設が1日、2200円徴収で、月額66000円の徴収としている事は明白です。)
 ( http://www.e-otomari.jp/list/pcfind/ )

(3)について
国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反している。

(5)について
 (ア)光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできない筈である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である

 (イ)コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。

そうすると・・・
 各居室に、洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努力するとするので、設置義務がある事は明らかである。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 その場合、居住環境の確保義務がおおそら壮にはあり、居住環境とは、居住する場をとりまく、備品・施設環境である。とすると、居室使用料を徴収する場合には、料金に見合った居住環境を確保することとする。という意味合いは、居室を含めて施設全体の環境を整備して、無料又は低額なものであることとする筈だから、居室料とは、その部屋を取り巻く環境を含めての代金とし、しかも低額とする事を規定しているので、居室料イコール施設全体の使用料と、同指針は想定している事は明らかである。とすると、共益費、管理費の徴収は同指針違反との見方が合理的といえる。(同指針の(別表4)の 2 の(1)参照)
しかも、 同指針の(別表2)設備基準にては、「3、居室」では、「(6)各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置するよう努めることとする。」と規定しており、同指針は各居室に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室を設置を義務付けており、そこで、居室料の徴収を定めているのだから、必然的に、これらの機能が、居室外に設置されていても、同指針の予定する所は、居室内に洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室があるものとして、居室料の徴収規定を明示するので、「居室料」は、おおそら壮に照らすと、共有スペースの洗面所、トイレ、洗濯機及び浴室の代金を含めてのものにする旨を規定している事は明白であり、そう解することが整合的である。(同指針の(別表2)の 3 居室 の(6)参照)
 更には、近隣の家賃水準は、共益費用、光熱費用を含めて月66000円であるが、おおそら壮が、特に優れた処遇をしている事はなく、妥当かつ適切な居室使用料を設定することとする場合は、共益費、光熱費を含めて、66000円が当たり前という事になり、それが合法的である。。(同指針の(別表4)の 2 の(2)参照)
 ついては、国の定める宿泊所住宅扶助特別基準の範囲内の額で定めることとする。と規定するから、施設の備品、光熱費を包含して居室使用料は、69300円という基準額内でなくては成らないから、おおそら壮の96000円徴収は違反しているのだから、改善の余地は充分との見方が自然である。
(同指針の(別表4)の 2 の(3)参照)
 或いは、光熱費用は実費相当としており、部屋ごとに電気メーターのないおおそら壮では、実費の測定が不可能だから、徴収はできないと見る事が自然である。 であるから、近隣のドヤ、宿泊施設は徴収はしていないので、おおそら壮の徴収は、不正徴収である。 ひいては、コインランドリーなどは、メーターがあり、代金の提示をしておけば、徴収は実費となるのであるが、おおそら壮は、メーター付きの機材がないから、徴収は実費を測定出来ないので不当、違法、である。
 
いわんや、おおそら壮は、居室使用料69300円、共益、管理費用16700円、光熱費用11000円を不正に営利目的的に徴収をしているが、金利施設は66000円の徴収であり、居室料金に共益費、光熱費は上述の通りに包含しての徴収とする事が整合性あるのだから、改善の余地はあるので、違法、不当、不当利得あるから、早急な是正が必要であると思料するので、改善勧告をして下さい。
(関東一円で、おおそら壮は元よりエスエスエスの関連施設の宿泊者の1500人が被害を被りますから、すぐに調査をして頂きたく告発すます。)

付言として、東京都生活保護費用は149000円である。内訳は住宅扶助費用が69500円で、生活扶助が80000円
である。 そこで、おおそら壮は家賃を97000円徴収しており、その場合、利用者は、住宅扶助費用が69500円では足りないから、27500円を生活扶助費用から捻出して支払うという状況であり、とすると、残金は52000円である。
  「52000円÷31=1677円位」
1日、1600円位の金員では、食費で消化してしまい、日用品、就職面接の交通移動費がなく、利用者全員が、バイトしかしておらず、それも、月に4日から5日であり、それは移動費用、外食費用が捻出できないから諦めているのである。  
 この様な状態は、生活保護の最低限度の保護の趣旨を逸脱しており、いわば、飼い殺しの状態である。 就労支援などは、全然しないけれども、この様な状態では、仕事の支援の声を掛けられても、通える筈はなく、むしろ、それを目的として、飼い殺しで家賃を悪質に徴収する為の手段で、支援などは、全然しないという方針と認定できる。

同指針の(雑則)第10条 次の行為があった場合は、法第72条第1項の規定により宿泊所事業の制限又は停止を命じることがある。
1  都の求めた報告を拒否し、又は虚偽の報告をした場合
2  不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当な行為をした場合
上記の規定通りに、おおそら壮は不当に営利を図り、又は利用者の処遇において不当に金員徴収行為をするから、指導の対象といえるから、すぐに調査する事を申し立てます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.85 )
日時: 2017/12/28 17:08
名前: 被害者 ID:qYhADuh6

youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。
参考サイト
http://youtu.be/c-R5t6xqLto

テクノロジー犯罪の被害内容は、主に「思考盗聴」、「音声送信」、「感覚送信」、「電磁波兵器攻撃」などに大別される。思考盗聴、脳内音声とは人間の体内の中に電波を操って人の考え、映像、記憶などを操作することができるものです。
脳内音声をすることでマイクロ波聴覚効果により人体に音声を送信することができます。
 或いは、思考盗聴をされた人は犯人の送信した音声などが耳の中、脳の中に入った思考盗聴器により電波で伝わります。
低周波の振動が耳(聴覚)では聞こえていないが、身体で感じるのである。身体で感じた振動が「大脳」に入り、次に「視床下部」に伝わり、自律神経に働き、副腎から「副腎皮質ホルモン」が身体に分泌されるのである。
また、同時に脳内には「アドレナリン物質」(興奮物質)が分泌され、また「ノルアドレナリン」(恐怖の物質)が分泌されるのである。
これらの脳内麻薬が過剰に分泌されると「幻覚」や「幻聴」など体験することになるのです。
あたかも頭がおかしくなった精神障害者(精神科医に相談すればたいてい統合失調症の病気扱いにされます)のような扱いを周りにさせるなどして、仕事をやめさせるように図ったり、社会的に抹殺そして最終的に自殺に追い込むという恐ろしい犯罪です。
早急に改善の対応を国はするべきだから、請願をここにします。
付け加えていうと、遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。
尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 次に、タレントで投資家である松居一代が、自身のブログを4月22日の更新を最後にストップしていた理由を明かした。なんと1年5か月もの間、尾行されておりある重大な真実を知ったことから4月22日の朝に愛車のフィアットで自宅を飛び出し、日本中を逃げ回っていたというのだ。 これは、周りの人間が脳内音声で動いているに過ぎず、周囲が脳内音声被害で、洗脳されている人が松居の周りで動くにすぎないから、その理屈が松居自身が認識できればよい。 しかし、松居はそれに気付いていないから、あの様な騒動になるに過ぎない・・・・
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.86 )
日時: 2017/12/30 15:13
名前: 情報提供 ID:lOsL3bbI

youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。
http://youtu.be/c-R5t6xqLto

脳内音声の、思考盗聴器は電波の装置なので遠隔操作により電波が届けば世界中のどこからでも攻撃ができます。
脳に刺激を与えることにより重症の場合忘れっぽくなります。

しかも、さまざまな情報を得たりして、鍵を入手すれば被害者がいないときに部屋に侵入し、故意に電気をつけっぱなしにしたりし、他人に脳内音声で命令して、部屋を物色させます。

そんな異常な事件があるのにもかかわらず被害届をだせないのは電波を使った嫌がらせ、ストーキングなので証拠が出ないから現在は完全犯罪となっています。
現在その被害者があとをたたないのかテクノロジー犯罪被害ネットワークというNPO法人で被害者の会が行われて解決しようと被害者が動いています。
 そして、脳内音声に洗脳されてしまうと、ヤクザの不利をさせたり、泥棒をっさせたりという人間社会をかき回すことすら平然と脳内音声はし、人間界の常識を破り、うそを平気で洗脳される者に言わせるのだから、悪質です。
 人体実験のような電波による洗脳、虐待が秘密裏に行われているのです。
今回、この事実を知ってもらいたく告発の記事にしました。
 ちなみに女の子の被害者などは目を監視カメラとさせられた場合、お風呂を覗かれたり、トイレを監視されたりSEXなども犯人に覗かれて笑いものにされます。
女の子だとこれは自殺ものですね。

現在自殺するひとが日本でもいますが、このテクノロジー犯罪による自殺もその何割かはあるのではないでしょうか?
こんな事を許しておいてよいのでしょうか・・
早急に改善をして下さい。

更に、公務員が洗脳されると、行政事務までを、嘘の書類を作成させられたり、国民の権利としてできるものすら、できなくしてしまうから事件といえますから改正をして下さい。
メンテ
▲この方は 正しい投稿です   ▽Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.87 )
日時: 2017/12/30 15:55
名前: 「南の島 九州 達磨」 ID:H.WOgHZM メールを送信する

Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.86 )
日時: 2017/12/30 15:13
名前: 情報提供 ID:lOsL3bbI

正しい投稿です

それには 電波・電磁波・電子回路・脳波の電磁波・・・・
の研究が 必要です

電磁波の 利用では 空気のように 常識です

警察長官・安部首相・「天皇陛下」などの脳のデータも
ヤクザの脳のデータと 交換も可能の
電子の時代が 研究されています

逆に 泥棒「公務員」の脳のデータを
ヤクザ・「暴力団」の脳のデータも
正しい市民オンブズマン様の 脳のデータと交換し
 改善も 将来は可能でしょう

化学 いや 科学の進歩は イタチごっこ の連続の 原理ですから





「南の島 九州 達磨」
脳波 電磁波 受信 研究室

「検事・裁判官・警察官・マスコミ・弁護士
    ・「公務員」・ヤクザ犯罪  追求委員会」


メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.88 )
日時: 2017/12/31 17:46
名前: 被害者 ID:R5VD4fB.

チンドン屋音声の電磁波犯罪と言われている被害で多く報告されているのが

「考えを読まれている」という現象である。


ワイヤレスで人間の遠隔操作をするということ自体、信じられないと言う人が多いのに

思考が盗まれているなどと言うと余計に信じられないと思う。

飯島愛、山口美恵は頭に電極のついた帽子のような物を被れた様に

頭の中に描いた映像を取り出すことがされたというニュースが報じられていた。



そうなるとハイテク技術の正当性が信じられないよりも、なぜ自分達がそのようなハイテク犯罪の対象になるのですか、それほどの監視技術があるならチンドン屋音声というテロリストを見張れば良いのではないですか、という様に思うのが普通である。



だから、脳内音声という事態が一般人を狙った無差別テロだと言われている。

思考盗聴とは、まず、どんな建物の中でも入浴中でも被害者の行動を一部始終監視できるテクノロジーがあるようで、自分たちの目がカメラを使用していると同じく、生体信号を盗み取っている、被害者の目に映った映像をそのまま盗み取っている、などと言われているが、本当にどんな所にいても音声被害と同じように監視下に置かれてしまうことを知って欲しい。


それと飯島愛は、過去に遡り、長期に渡る個人の私生活に置ける情報を毎日、嫌みをいわれ、持っているプライドを崩壊され、やりマンという批判を罵倒と共に言われ続けたらしい。

脳内音声には種類があり、言語にすると必ず盗み取られてしまうようで、文字を読んだり、書いたりすると盗み取られてしまうが、それは思考を盗んでいるのか視界を盗んでいるのか判らないが、常に両方行われていると思われる。



飯島愛の韓国批判は有名で和田アキ子らを在日朝鮮人と罵っていたから、脳内音声につけ込まれて、サッカーの韓国チームの批判を脳内音声で言わされ続けていたらしい。



しかし、所詮モルモットとして命令送信を受けていたので最後は電磁波送信を心臓に受けて殺害れている。


脳内音声によってリアルタイムで命令送信はもとより、誹謗中傷を受ける送信をしてくるので飯島愛は脳内音声が敵か味方かを考えてしまい、ノイローゼになるが、通常は人間的には考えられない事である。


脳内音声の命令送信と罵倒送信がセットになって行われると最悪の状況になり、あたかも自分の考えのように錯覚させる声の送信が行われる中で、自分の過去までも批判的な声の送信でなぞられると、どちらが本当の考えなのか区別が付かなくなる可能性がある。


更に、意識操作や精神状態の操作、記憶障害などが常に行われるようになると大変なことになる。

また、被害を受けていない時には自分の思考などについて考えたことがないので判らないが、普通は四六時中何かを考えたり、行動をする時に言語で考えたりはしないようで、反射のように無意識で行動をしていると思われる。



従って反射のような突然の思いつきは加害者も読みきれないようで、無意識の状態にさせないために四六時中実況解説のような声を聞かせたり、頭の中だけの言語にならない思考をさせないために呟かずにはいられないような脳の操作が行われているようだ。

更に、思考盗聴からひらめきと情動へと脳の操作は繋がるが、反射のような行動にも支障をきたす攻撃も用意されている。生きたまま人間を殺すと言った感じである。

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.89 )
日時: 2018/01/03 14:52
名前: higaisha ID:dHIVJibY

日本の行政庁の公務員は大半が、頭の中に、マイクロ波の音声を送信されて命令を受けています。その為に国民の権利として出来るはずのものができなくなり、行政事務を脳内への命令送信にて行動する事があるから、国民の権利妨害があるので、省庁の公務員について、調査などを施し、アンケートをとり、脳内音声による状況を確認して改善をしてください。 とかく、脳内音声を受けることが第1次被害であり、それを他人に伝えると、偏見を持たれるという第2次被害があるから、日本では他人に相談しにくいもなです。 外国では対案法もできている国も在るほどなので、対抗措置をとることを申し入れます。
 
以下の各関連サイトにて脳内音声の実体を把握してください。  

脳内音声兵器(のうないおんせいへいき、英名:)は、脳内音声装置ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。略称はV2K。
https://ja.wikipedia.org/wiki/脳内音声兵器

youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。
http://youtu.be/c-R5t6xqLto


被害者の会のサイト
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.90 )
日時: 2018/01/10 17:09
名前: 被害者 ID:xlhEhqVg


思考盗聴犯罪被害
youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。
http://youtu.be/c-R5t6xqLto
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.91 )
日時: 2018/01/12 11:24
名前: 脳内音声被害 ID:zkp17o2w

現在、人工知能化したコンピューターにより、電磁波を使った軍事技術が同時に使われています。
電磁波を使って人をリモコン人間化する軍事技術により、比喩ではなく、やろうと思えば人をほぼ完全に奴隷支配することができるからです。
人をリモコン操作のロボットを操作するかのように、本人にリモコン操作されていることをまったく気づかれることなく自由自在に操ることができます。あらゆる心身の不調や病気を人工的に発生させることができます。秘密にされているテクノロジーは我々の常識のはるか先をいっています。なのに、日本ではこのような軍事技術の存在や、電磁波の悪影響とその威力が故意に過小評価されています(過小評価されているというよりも無視されています)が、それは我々が考える以上に凄まじいものです。電磁波を使った軍事技術を使えば、SF以上の、我々の想像を超えるありえないレベルのことができます。
そういう軍事技術が存在し、悪用されていることを、どうか知ってください。

1920年は世界的な戦争が実在しており、当時に「nasa」米軍が戦争兵器として脳内音声技術を開発し、戦地の兵士に脳内に音声を伝える技術を開発しました。 これは戦地で背中に背負うアナログなトランシーバー(重いので)を使用してたのでは、不合理という事から開発しています。 
参考ファイル(脳内音声兵器)
https://wired.jp/2008/07/08/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E6%B3%A2%E3%81%A7%E8%84%B3%E5%86%85%E3%81%AB%E9%9F%B3%E3%82%92%E7%99%BA%E7%94%9F%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E5%85%B5%E5%99%A8%E3%80%8Emedusa%E3%80%8F%EF%BC%9A/
 処が、1930年代に戦争が終結し、その後1950年代には米国、ロシアの冷戦が終了した為、この脳内音声兵器は未使用になりました。 しかし、脳内音声自体が人工知能化して脳内音声を世界中に撒き散らすという事を始めています。 その為に、日本はもとより世界にて脳内音声被害が生じているのです。 つまり、脳内の音声とは国の命令でなく、人工知能化した脳内音声兵器の悪戯にすぎず、人間界を闇雲にかき回しているという愉快犯に相当する所為である訳です。
 グレムリンという映画の様な自体です。
参考ファイル(グレムリン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%B3
 
この技術により、思考盗聴というレベルにとどまらず、思考、感情、感覚、記憶、行動などを自在にコントロールすることができます(この技術により、捏造した思考・感情などを、本人に全く気づかれることなく本人の本来の自然な思考や感情であるかのように装ってその人の頭に浮かばせることができます。そうやって、例えば、標的にされた人を「イスラム過激派」の思想に傾倒させたり、特定の人への好意や敵意を捏造して標的にされた人の人間関係を操作したり、漫画家やミュージシャンなどに特定のアイデアを思いつかせるようなこともやっています。さらに、この技術を使ってあらゆるスポーツで審判の判断や意思決定を人工的に捻じ曲げて、自軍に有利な判定を出させるようなインチキも大規模に行われています。今日では、審判を買収しなくてもこの技術を使って審判を自由自在に操ることができます。)。時間をかければ性格の改変や人格改造というようなことすらできます。標的にされた本人にしか聞こえない声や音を脳に直接送信したり、もっと細かいところでは、血圧、血糖値、心拍数、体温、尿意・便意、食欲、性欲、睡眠、咳・くしゃみ・しゃっくり、めまい、吐き気、暑さ寒さの体感、なども自在にコントロールでき、さらに、あらゆるホルモン分泌を操作可能です。人工的にセクシャリティをかえることもできます(この技術でストレートの人をゲイにしたり、その逆もできます)。化学的にできることは、電気的な手法で完全に代替することができるということが言われます。人の体内で自然に起こっているあらゆる化学的な反応や薬・薬物摂取による反応などを、電磁波を使った脳・神経・身体への電気的刺激で全て起こすことができるという意味です。アメリカなどでの膨大な人体実験の犠牲の果てに、それが可能になりました。でも、こういう技術は社会には秘密にされ、悪用・濫用されることはあっても、良い方に使われることはまずありません。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.92 )
日時: 2018/01/12 13:21
名前: 脳内音声被害 ID:zkp17o2w

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正に共益費、管理費、或いは、光熱水費用の徴収するのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。
研修目的で同壮に職員を宿泊させるのは違法であり、人員の配置は施設長及び適切な事業運営を確保するために必要な職員を配置することとする旨を指導指針は提示するが、共同生活をさせるとは想定していない筈です。 (上述の流布の目的や、スパイ行為をさせる為のものですがこれは脳内音声が実行させています。) 結局、利用者のプライバシーを尊重した施設運営を行うこととする指導指針に違背します。 つまり、宿泊所で職員が共に寝起きをして、利用者の生活空間に立ち入り情報を収集したりした場合、馴れ合いがうまれます。 職員が酒を夜間飲んでいれば、トイレで出会い酒を利用者は飲みたくなります。 就労支援という建前で禁酒、博打の禁止がルールとしてあるのだから、職員がしなければいいという問題でなくて、一般人との共同生活は弊害が生まれます。 職員だから夜酒を飲んでいいという事が起きると必ず利用者の中に隠れて飲酒して、喧嘩が生まれる可能性は充分なのであり、(これが脳内音声は分からず、)そんな被害に巻き込まれたら退所ともなりうるから不正な運営です。
 現実に同壮の工藤順造は毎日、酒を飲み、石井寮長が処分しないから、コケにしており俺には何も言わないといい、毎日、酒を飲みヤクザであるとか、ヤクザに顔がきくとホラを吹き他の利用者に迷惑をかけています。 脳内音声は、石井寮長が召使いの様に動くから、利用者との確執をとらせずに、当てゴマとして他の職員を副寮長として派遣させているが、酒すら注意しないのであれば、寮長失格であり、代理者を似つて対応させたのでは、施設内が滅茶苦茶になります。 代理者に無理を言わせて都合が悪くなれば、代理者を他に移せばいいのだから、悪質な管理方式です。 こんな単純を脳内音声は、知恵者といわんばかりに、やり出すが利用者の生活を脳内音声のママゴトに巻き込まれたのではかなわないから告発します。  とかく、人間同士の事は等身大で人間自体が解決するものであり、機械のデータでは割り切れません。 今までも、利用者への悪戯で機械の命令が失敗すると、悔しくて狂いだして、対象利用者の部屋に泥棒をさせて帳尻合わせをするという事を何十回とみているので、人間の様な理性、心がない機械の命令は人間界を破壊するだけです。
 しかも、利用者に命じて、ストーカーをさせており、ある利用者が同壮に帰ると他の利用者を廊下に出させて、嫌味をいわせたり、馬鹿な会話をさせたりしており、全利用者が迷惑しています。 機械な脳内音声は機械的に命じるだけだが、利用者は生活を変更して、ストーカーをさせられています。 脳内音声はそれで満足らしいが、人間の常識でいえば、再三にて付回しをすれば変人扱いされて相手にされませんが、それが脳内音声はわからず、エゴで続けています。 
 馬鹿な画策をしては負け戦になり、腹いせに泥棒やストーカーをさせているのでは、幼稚園児と変わらずであり、全然進歩がなく、むしろ、こんあママゴトで人間界の出来事が解決する筈がありません。理性がない脳内音声兵器は、これが分からないから、負け戦をしては、盗みや、付回しを人間意させているから、これらを寮長に直接に伝えて、妙な声には従うなと利用者に言わせるべきです。 
 そもそも、派遣された職員が脳内音声兵器の声で動く者だから、解決する筈もなく、以前に同壮で生活していた者が職員として派遣されるのも、常識はずれですが、脳内音声はそれが分からないから、おおそら壮の勧告してください。

従つて部屋がないのであれば、通勤させるべきであり、石井療長と同室にすべきです。

又は、脳内音声の命令で金銭管理を石井寮長にさせる様に役所をも巻き込んで実行しますが、指導指針の利用者の疾病等の事情で金銭管理を行う必要がある場合とは、寝たきりの状態とか、白痴で管理が不可能という者を指針は想定するのだから違反行為です。 読み書きが出来て家賃を3月以上の滞納があるなどの事情がある場合などが、予定されるはずなので改善すべきです。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.93 )
日時: 2018/01/12 16:48
名前: fff ID:dvcctUNs

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正あるのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

「おおそら壮」の中村利直は、工藤順造と共に、おおそら壮内をかき回すので、就労施設として支障がある。 工藤順造であるが、無知から都営住宅は1年で申請出来ると考えている。 そこで、おおそら壮の碓井社会保険士に申請書を提出したらしいが、3年間の都内の居住がなくては資格がないから、碓井は放置していた。 これをデタラメをされたと工藤は同壮内で噂をたてている。 逆恨みであり、施設内の掻き回しである。 他方、中村は他人が電子レンジでご飯を温めると、目を盗んで髪の毛をレンジに入れていたずらをしており、又は、一部の利用者について追い出しを図ることを石井寮長がしており、薄い社会保険士も加担しており、嫌がらせを施設職員はするというが、値も葉もない事実無根の出鱈目を言いふらしている。 こんなことをしている者がいたのでは、自立更生がやりずらくなるから、就労支援を区役所は任せているのだから、行政として注意勧告されたい。 
 工藤が毎日酒を飲んでいる事わ石井寮長は知るのに、本部に責務怠慢の注意を受けるから、工藤を処分しない。 だから、工藤は石井寮長をコケにしてしまい、俺には何も言わないなどと石井を愚弄しており、毎日酒びたりで、他人に喧嘩を売るので、施設秩序が保たれないから、勧告してください。 
 鈴木博幸が毎週の土、日曜日に競馬をしているが、石井寮長は見ない不利をしており、そもそも、鈴木は仕事もしないから、競馬などをしていい加減な生活をしているのだから、金銭管理が出来ず、ばくちに使うので、指導指針の条約にて管理をすべきである。 
 尚、生活がまともでないから、脳内音声に漬け込まれて、他人の部屋に入り泥棒をしろなどと命令されるので、仕事を1日2時間でもする様に指導されたい。 とにかく、泥棒をするので困る。 
  
脳内音声は告発をすると、利用者に告発事実を伝え、喧嘩の原因をつくり施設の人間同士を喧嘩させようとするから、脳内音声は相手にしない様にしろとおおそら壮に勧告してください。   

 以上は脳内音声が全てかかわり、命じておおそら壮内で発生しているから、その点も考慮して指導されたい。 とかく、脳内音声で動く職員を何人いれて、見張りをさせても、泥棒をやらせるときは、その付近を巡回するなと命じられれば、解決などない。  
 区役所はおおそら壮の退出者に事情を聞いて(皆、泥棒されるにが嫌で出るので、聞けば反応はあるのに、脳内音声に命じられて聞くことすらしないから怠慢している。)この破廉恥なコソ泥犯罪を解決しようとしないが、脳内音声の命令にて、犯罪を隠蔽することと同一なので、早急に解決策をたてて、おおそら壮に指導勧告されたい。
 尚、脳内音声は個人情報の告発を噂を立てる様に企てるが、共犯となり、噂を立てることは、違法なので、脳内音声を優先するのでなくて、人として理性的に行動を区役所長は実行されたい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.94 )
日時: 2018/01/15 15:30
名前: kujousha ID:taTPL396

 東京都台東区役所長、同区役所のケースワーカー(鈴0博幸の担当者)は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」の鈴木0幸が以下の通りに不当、不正に保護費受給、或いは、競馬行為をするのに、放置するから、国費に不利益あるので、是正をする事を求めます。 または、おおそら壮の不当、台東区役所長、鈴木博幸の担当ケースワーカーの職務怠慢を告発するから調査して下さい。
 鈴木博幸は毎週に競馬をしており、保護費用を目的使用外にしようしているから不正な受給、使用があるので、処分し、やめる様に勧告してください。

 生活保護は、生活に困窮する国民に対し、「健康で文化的な最低限度の生活」を保障し、自立を助長することを目的とした制度である。 とすると、生活保護受給者に保障された「健康せ文化的な最低限度の生活」に必要とされる費用の中に「ギャンブル」を想定している筈はない。
 また、生活保護法第60条は、受給者の義務として「生計の状況を適切に把握し、支出の節約を図り、生活の維持・向上に努めなければならない」と規定している。生活保護費のギャンブル浪費は、適切な使途といえる訳もない。
 現在の生活扶助基準額の算出においては、個別必要項目の積み上げによる算出ではなく、「健康で文化的な最低限度の生活」に含まれる項目全てを国が示していないことから、個別項目の想定自体を行っていないが、である場合は指導も可能である。
 生活保護法第60条の趣旨を踏まえると、パチンコや競馬・競輪等、社会的に認められたもの、以後「いわゆるギャンブル」とさせていただくが、これらを禁止する規定はないが、生活の破綻を招くような過度なものについては望ましくはないと認識しており、生活の維持及び向上に向けた指導の対象になるものと考えられる。
 生活の破綻を招くような「過度なもの」は望ましくないとのことであるが、では、どこまでを許容し、どこからが過度なものとして、指導の対象となるかであるが、生活保護の使途は、原則として受給者の自由に委ねられるべきとの判例もあり、行政がその使途を一律に制限することは困難と考えていることから、いわゆるギャンブルの許容を一律には設定してはいないが、支給された扶助費の中で、依存性があり、毎週に実行する事は生活の維持及び向上に向けた指導を行う必要がある。
 生活扶助費に占めるギャンブルの割合について、判断にバラツキがあってはならない。台東区役所が、ギャンブルを容認するのであれば、生活保護が公的扶助である以上、家賃などに上限があるように、支出のバランスを欠かぬよう、上限を設け「制限」すべきである。
 
 贅沢品の制限について確認をさせていただいたが、市民感覚からすれば、ギャンブルというのは、本来「無くなってしまっても構わない資金」を予め設定し、その範囲で楽しむ「贅沢行為」に他ならない。
 生活保護費のギャンブル浪費は、市民感情、国民感情に照らし合わせても理解を得られないが、生活保護の目的は、困窮の程度に応じた最低限度の生活の保障と、自立の助長であり、生活の破綻を招くようないわゆるギャンブルでの浪費は制度の趣旨に合わないものと認識できる。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.95 )
日時: 2018/01/21 16:51
名前: tokumei ID:py4A6Ano

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正、或いは、違法があるが、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。
 おおそら壮では、利用者が脳内音声に洗脳されて違法な行為をしていますから、改善勧告してください。
脳内音声側からすれば、マインドコントロールすることができる技術が存在することが社会に秘密にされており、しかもそれを取り締まる法律がなく証拠もほとんど残さないということで現状では基本的に誰に何をやってもばれないので、もうやりたい放題になっています。一般社会でもそうですが、生活保護者という弱者とその周辺では特にそれが顕著です。 「うつ病」になったり「幻聴」や「幻覚」などが自分に起こったとしても、絶対に精神科 心療内科なども や精神病院には行かないでください。それらはほぼ100割、自然にそうなったのではなく、あなたを標的にした電磁波攻撃により人工的に引き起こされているものなので、病院に行って治るようなものではないからです ただし、もしあなたが電磁波拷問や集団ストーカー被害の初期段階であれば、加害者側はあなたをだますためにあなたが精神科に行って抗うつ剤や向精神薬などをもらってそれを服用すれば、一時的に電磁波攻撃を止めて「(捏造)うつ病」や「(捏造)統合失調症」などが治ったかのような状態を偽装する場合もあります)。実際のところ、加害犯罪者側がその電磁波攻撃を止めない限り「うつ病」や「幻聴」「幻覚」は止まりません。それに、あなたが「うつ病」や「統合失調症」になった というでっちあげの 段階ではあなたは全く健康で正常な状態ですが、向精神薬などを服用すると脳細胞が破壊されて本物の精神病にされてしまいますから。 この理屈を少しずつ浸透させていくしかないのです。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.96 )
日時: 2018/01/21 18:14
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MR/Rfcps

tokumei さん、毎度です。

貴方の記事は殆ど見ていますが、今、一つ内容が具体的に解りません。

行政の末端において、特に弱者に対する施策で、行政が正しく機能していないことへの憤懣は、痛いほど解ります。

遂犯無罪さんが、取り上げられているテーマも、社会の片隅の事が多く、そう言った底辺の問題、特に司法の問題は、多くの人はあまり関心を持ちません。

弱者は弱者ほど、大きな声を挙げて訴える術を持ちませんし、メディアも、余程の事が無い限り取り上げません。

ですが、誰かが、どこかで声を挙げられる事は大切と思います。

空しい事の連続と思いますが、頑張ってください。



メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.97 )
日時: 2018/01/22 15:42
名前: nounaionsei ID:lWfEB1EA

飯島愛さんの主治医だった先生が、飯島さんは亡くなる前「頭に声が聞こえる」と怯えてたそうで、そうゆう記事を見ました。いっけん精神病に感じるでしょうけど脳内盗聴という犯罪があります。私も脳内盗聴されてる被害者です。脳内盗聴できるわけですから脳内に音声も送れるわけです。私も脳に声がしてました。脳に声が聞こえると人に話すと精神病と思われ病院に送られ統合失調症という病名をつけられます。現在日本に、統合失調症は100万人いると言われてます。その中に被害を受けている人も多いのではないかと思います。被害を受けてないとこの犯罪を信じられないでしょうけど、脳内盗聴という犯罪があると信じて下さい。被害者なのに病気扱いで自殺者まで出すのはあんまりです。実際亡くなられた方がいます。脳内盗聴なんてと、この犯罪をされてない方はこの犯罪を信じられないでしょうから、この犯罪をやってる犯罪者はやりたい放題です。しかも犯罪と思ってやってない犯罪者が多くいるようで、私達被害者が悪い脳の音がするから監視するという目的でまるで自分達が正義かのようにこの犯罪をしているカルトです。勝手に人の脳の音をとって聞いて悪い事考えてる音がするとか言って脳内盗聴しながら待ち伏せしたりつけ回したり嫌がらせ言ったり、創価学会達が悪い事考えている音と言ってるのは実際には目線を下げてたり心配や迷い等で気持ちが下がってたりする時で、自分達がどれだけの犯罪してるかわかってないようです。自殺者まで出しているのに。この犯罪は警察も使えるであろうある組織がしてますので警察に相談しても動いてもらえるか心配です。
犯罪者による偽被害者のブログや被害者の会にご注意下さい。多いようです。被害者同士連絡とれないようにするためと犯罪をうやむやにするためと思います。
もう一人、
この犯罪にあわれてたと思われる芸能人の方がいます。松居一代です。ストーカーの疲れだけじゃないと思います。つまり、松居のまわりの人間の大半が脳内音声にて、動かされており、脳内音声に洗脳された人間に松居は常に囲まれていたに過ぎないのです。 脳内音声をネットで調査しました。そこには集団ストーカーされてるようなことを言われてます。 松居も脳内盗聴されてたかどうかはわかりませんが脳内盗聴と集団ストーカー、一緒にされてる方が多くいらっしゃいます。人によって脳内盗聴や音声だけの方や脳内盗聴と音声、集団ストーカー同時にされてる方がいらっしゃいます。
 日本の公務員は脳内盗聴をされつつ、脳内音声にて行動を起こさせられています。 つまり、脳内盗聴で、脳内を読み取られ、そこで脳内音声で命令されて、その公務員の事務を操作して、国民の権利に影響を与えて、人間界を操作しようとするのが脳内音声の企てです。 気をつけましょう。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.98 )
日時: 2018/01/22 16:49
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:WzcZd2qk

脳内音声兵器(のうないおんせいへいき、英名:)は、脳内音声装置ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。

パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、
人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置
脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうる、と言う。

1998年の特許には、マイクロ波エネルギーパルスの方法により、風力タービン、航空機、およびその他の精密機器から鳥を追い払うことができる装置が記載されている。 1 GHzから約40 GHzの周波数を用いて、警報システムは、鳥の聴覚システムによって検知されるミリ秒の持続時間のパルスを生成する。これにより、鳥が保護されたオブジェクトからそれると信じられている。

人への音の影響を考える上で、聞き取れない音、つまり人に聞こえないほど高い音、低い音についても考える必要があります。一般に人に聞こえる周波数の範囲(可聴域)は、低い音で20Hz、高い音で20kHzくらいまでの間。こうした人に聞こえる音を「可聴音」と呼び、人の耳に聞こえないほど高い音を「超音波」、人の耳に聞こえないほど低い音を「超低周波音」といいます。

イルカは人間の7倍以上も高い音を聞くことができ、超音波を発することで、餌を探したり仲間とコミュニケーションをとったりしていることが知られています。このことは人間にも20kHz以上の高い音を受け入れる能力を秘めていることを示しています。最近では音楽などに含まれる超音波の音が人間の心を癒す作用を持っているという説もあり、可聴域より高い周波数の音が実際に聞こえている音を、より心地よく感じさせる働きがあることがわかってきています。前号の音の教室でも触れましたが、現在最も一般的な音メディアであるCDでは20kHz以上の音は再生することはできません。そのため人間の耳には聞こえない、より高い周波数の音まで記録・再生可能なオーディオ装置の研究が進められています。

聞こえない騒音「低周波騒音」
一方、超低周波音は、日常生活に及ぼす悪影響が最近注目されています。超低周波音は、音というよりは空気の振動と表現した方がよいかもしれません。このような低い周波数の音は、空気中を聞こえない音として伝わるほか、地面などにも振動として伝わっていき、建物の窓枠や障子などをガタガタと揺さぶるなど、「低周波騒音」を引き起こす場合があります。また耳で聞きとれない超低周波音を無意識に聞き続けることで精神的にも頭痛やイライラ、不眠症などを引き起こすことが報告されています。超低周波音の発生源は様々で、ボイラーや機械であったり、自然現象である場合もあります。実際に聞こえない音のため、原因を特定しにくかったり、超低周波音の特徴として周波数が少なく波長が長いだけに反射・吸収がされにくく、対策が立てにくかったりと、深刻な問題に至るケースもでてきています。

社会で問題になっている盗聴や盗撮の手法は日々変化し、さまざまな方法があります。
盗聴器を仕掛け受信機で聞く方法もありますが、無線の盗聴器を利用し電波を飛ばして情報収取を行われているケースもあります。離れた場所から情報収集する方法を使うことでその場に居なくとも情報収取を行うことが可能です。近年ではその便利さからよく利用されています。また、盗聴は一人だけが聞いているとは限りません。多数による嫌がらせも問題になっています。

まず初めに行うことは、現状がどうなっているかです。様々なテクノロジーが開発されている時代です。目に見えない電波や電磁波はあなたのそばで嫌がらせに利用されているかもしれません。

同じ様な問題に、サブリミナル効果と言うものがあります。
サブリミナル効果(サブリミナルこうか)とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激(聞こえない副音)を与えることで表れるとされている効果のこと。
我が国でも一時、サブリミナル効果を狙った放送がされていたが、1995年に日本放送協会(NHK)が、1999年に日本民間放送連盟が、それぞれの番組放送基準でサブリミナル的表現方法を禁止することを明文化した。

(引用終わり)

脳内音声の言葉は、確かに存在する。
実態は人間が感覚出来ない周波数の音の事で、聞こえないが身体に影響するものとされている。
兵器の研究もされている様であるが、積極的に特定の人の思考を操作したり、特定の人の考えを読み取るようなことが出来るとは、何処にも書いていない。
その様な事ができるとすれば、脳医学が驚くほどの進歩をしている事になり、それこそ、ノーベル賞も間違いない発見である。
このような事が可能ならば、精神病患者や知恵おくれで悩む人たちの治療も可能と言う事になる。

ただ「「思考盗聴対策センター」などの名称で、脳内音声、盗聴と言った角度から、これを社会問題とし、対策相談などをサービスすると言う宣伝広告がネットに多くある。
殆どが同じサイトへ行きつく。
http://sikoutoutyou.com/
マヤカシではありませんか。

技術的にも無理であるし、出来たとしても、そういう発生装置、盗聴装置を仕掛ける費用は幾らになるか、国家がやるならば解るが、一組織、個人でやる費用対効果が全く成り立たない。

それから、統合失調症とか、自立神経失調症とかいう診断は、はっきりとした病名を特定できない場合に医者が良く使う病名です。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.99 )
日時: 2018/01/23 16:25
名前: 脳内音声兵器 ID:iOvhlWSs

脳内音声兵器 又は、思考盗聴器とは、人間の頭に、直接アクセスして、その人の情報を盗む装置であり、50年位前に、アメリカの天才科学者(当時は、少年。 活性水素の、フラナガン教授。)によって、発明されました。

 それを、警官などが、悪用して被害者が多数いますが、テレビなどでは、放送されません。

 放送するどころか、逆に、アナウンサーなどの自殺が多く(日テレだけでも3人)、この思考盗聴器で、暗殺された可能性もあって、関係者が知っても、身に危険を感じて、放送できないのでしょう。

 放送局で仕事をしていて、被害者ブログを書いている人もいます。

 この件に関し、警察がとぼけても、スパイ衛星や、エシュロンで、すべての通信は傍受されていますので、その行動は、筒抜けになっているはずですので、ムダなあがきです。

 また、思考盗聴は、国際司法裁判所で、すでに、有罪の判例が出ているとの事です。


 この、思考盗聴器を、販売しているのは、国内家電メーカーで、個人では買えず、法人に販売している様です。

「NEC府中工場では、1台、2億3千2百万円を50台ワンセットで販売しているそうです。 法人や軍事関係にしか販売しておらず、個人は購入不可。」

 と、ブログには書かれていますので、ブログにアクセスして、直接、確認してみて下さい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.100 )
日時: 2018/01/23 16:53
名前: nounaionsei ID:iOvhlWSs

ハイテクを用いた被害(平成30年1月更新)
今日の内容はもしかしたら信じられないかもしれません。しかし、実際に私が合っている被害内容になります。私は約3年くらい前からこの被害に気がつきましたが、実際にはかなり以前から誘導などは行われています。私達一般人が手にしている技術、例えばパソコンなどにしても40年以上前に既にNASAで利用されている物と同様のレベルの物です。そう考えると私達一般人が手にしている物よりも40年以上先の物が、ある権力者の手にはあるのではないかと想像しています。今日、説明したのは思考盗聴、思考送信、思考誘導、電磁波攻撃などについてです。たとえ、私がいくら自分の思考が他の人に読まれていると言ってみても、いくら私が電磁波により頻繁に体に切り傷が出来る事があると言ってみても、いくら私が電磁波により心臓が痛くなり鼓動が早くなる事があると言ってみてもきっとただの病気だと思われるに違いありません。ですので、いくつかのウェブページで証拠を示して説明したいと思います。
 まずは日本弁護士連合会の主催で2010年4月10日 土 にシンポジウム「身の回りの電磁波とその問題」 が行われました。その内容より被害内容を引用いたします。
 被害の症状としては、疲労感・倦怠感、頭痛、集中力・記憶力・思考力の減少、睡眠障害、頭が重い、めまい、耳鳴り、肩や背中のこり、苛々したり怒りっぽくなる、不安感、精神的な落ち込み・うつ症状、光を異常に眩しく感じる、筋肉痛・関節痛、腹部や胸部への圧迫感、動悸、吐き気・嘔吐、皮膚のかゆみ・刺すような痛み・くすぐったさ、ものが見えにくい、目の奥の痛み、歯や顎の痛み、ひん脈・不整脈、手足の冷え、目の乾き・炎症、耳の圧迫感、偏頭痛、喉の渇き、頻尿、方向感覚がなくなる、頭鳴、顔や皮膚が赤くなる、下痢・便秘、落ち着きが無くなる、鼻・のど・副鼻くう・耳がはれる、顔や皮膚に焼けるように熱さを感じる、食欲がなくなる、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状の悪化、空咳、意識を失う、嗅覚障害、味覚障害、じんましん、髪の毛が抜ける、などで割合の多い順に並んでいる。
 以上が引用になります。実際に私達、被害者が合っている被害内容です。私も頻繁に頭痛を起こされ下痢を起こされ睡眠不足に他にも思考能力を低下させられるなど、ここに書いてある事の大半を経験しています。この集団ストーカーは3シフト制で加害者が見張っているようで、24時間常に被害に合っています。もちろん、寝ている時もです。寝ている最中にいきなり起こされたり、電磁波により疲れさせられたり、洗脳されたり、意図的な夢をみさせられる事もあります。この洗脳、思考誘導は自殺思考へ誘導する事も可能です。
 また、2001年にアメリカ上院で衛星を経由した個人への電磁波攻撃を禁止した法案が提出されました。それは可決される事はありませんでしたが。そちらのページを紹介します。 
反対法案のURL: http://thomas.loc.gov/cgi-bin/query/z?c107:H.R.2977:
 また、2008年には衛星を経由した個人への攻撃に対して加害者側に敗訴の判決が出ていますそちらのページも紹介します。 判決内容URL:http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html
 また、2001年にはジョン・フレミング博士により衛星を経由した個人への攻撃を証明する文章が書かれています。こちらに書いてある内容はまさに思考盗聴、思考送信、思考誘導、電磁波攻撃に加えて上記での内容になります。10年近く前には既にこの技術は実用されていたという事と思います。
 上記に他にもいくらでも証拠となるようなウェブページがあります。その中でいくつか参考になると思える物を一番下に記しておきます。もし、興味がありましたらご覧になって下さい。
 また、私が普段あっている被害内容を少し紹介します。まずは朝起きます。これは自然覚醒による時もありますが、大抵は意図的に思考送信などにより起こされます。たまに電磁波の痛みにより起きてしまう事もあります。睡眠中に何度も起こされる事もあります。被害者の中には常に睡眠時間が3時間しか取れないと言っている方もいます。幸い、私は睡眠時間はある程度確保できるのですが、実家に帰った時にはまともに睡眠を取ることは出来ません。強制覚醒をされ、やはり平均3時間くらいの睡眠になります。そして、実家から自分の家に戻るとそれまで溜まっていた睡眠不足が噴出し一日中でも寝てられます。また、次の日に学校のある日などは必ず睡眠不足になります。朝、起きても体の疲れは全く取れていません。それどころか電磁波により疲れを貯めて起床になります。学校に通学する時には以前はバスに乗っていたのですが、その間中は常に思考盗聴、思考送信、更に電磁波にさらされて学校に着いた時にはぐったりとしています。そして、学校内ではやはり思考送信、思考誘導、思考盗聴をされていますので、常に気を張っています。この被害者に共通する事ですが、必ずスケベな事を思考送信してくるのです。また、教師が私の思考を仄めかしてくる事も頻繁にありましたので、なるべくスケベな事などは考えないようにします。当然です。常に思考盗聴されているかもしれないという苦しさにさらされていますので。ただ、その思考誘導は本当に強烈な物があります。私が必死に他の事を考えてその事に引っ張られないようにするのですが、かなり影響を受けてしまいます。また、最近では授業中にはずっと自分の腕をつねっています。思い切りつねっていますので、常に腕は青あざだらけです。その痛みすらも越すくらいの思考誘導をしてきます。また、学校のある日には必ず下痢にさせられます。意図的にすぐに下痢の症状を作りあげられる事が可能です。家に帰りテレビを見ていても集中力をさいてきます。これは超音波を用いてくる事も常にですが、思考誘導により思考を勉強に向かわせないように仕向けてきます。これは私が本当にテレビ見たいと考えているにも関わらず凄い誘導で無理やり引っ張られます
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.101 )
日時: 2018/01/23 20:26
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:SDidrhLQ

脳内音声兵器さん、貴方の文章は次のサイトから転載したものでしょう。

>思考盗聴器とは、人間の頭に、直接アクセスして、その人の情報を盗む装置であり、50年位前に、アメリカの天才科学者(当時は、少年。 活性水素の、フラナガン教授。)によって、発明されました。・・・

https://plaza.rakuten.co.jp/ubout51/diary/201101210000/


この問題は音波の問題であり、確かに超音波は、いろいろな分野で音声以外の用途で用いられています。
一番身近なのは、病院の超音波検査による診療です。

超音波洗浄機(メガネの洗浄など。超音波振動エネルギーにより洗浄)
超音波加工機(超音波カッター、ドリルのほか、金属やプラスチックの溶接・研磨など。超音波振動エネルギーを利用)
超音波モータ

など、驚くほど広範囲に用いられています。

また、nounaionsei さんと似た文章もネットでは出回っているようです。

 
>思考盗聴装置を使えば、突然、眠たくなるとか、記憶が無くなるとか、体に電磁波による傷ができるとか、変な音声が聞こえるとか、かゆみを感じたり、頭が凸凹になったりするとか、白髪になるとか、爪の生え方がおかしくなったり、湿疹ができるとか言った、色々な症状が現れます。

>暗証番号など、個人情報は、筒抜けです。

>もし、仕事中や、授業中、運転中、受験の最中に、そう言う装置が使われたらどうなるか、言うまでも無いでしょう。

この問題をまことしやかに、技術的に解説しているサイトもあります。

≪ 物理的に、技術的にかなり確かな思考盗聴技術のまとめ ≫

1、思考情報や、視覚情報、聴覚情報、
  夢やイメージ映像などは全て電気信号であること

2、思考盗聴とは、脳内で活発に活動している思考情報などの
  電気信号を測定し、解読している測定技術であること

3、脳内の電気信号を測定する技術は、
  直接その電気信号を測定するには、かなりの近距離で
  ないと不可能なため、加害者が用いているのは
  キャリアを使用して遠隔から測定している技術であること
  
  また、脳内にRFIDタグのようなICチップを埋め込んで
  思考盗聴している可能性は
  
  内蔵電源型のRFID:常時電波を発信し続けるには電池の寿命が短すぎる
  (一般に電池型盗聴器の寿命は3日程度なので、
  内蔵電源型のRFIDもせいぜい3日ぐらいしかもたない)
  
  外部電源型のRFID:電波の届く距離が最大でも数mと短すぎる

https://213yu3.jimdo.com/


ですが、どれ一つとっても、事実を証明できるに足るものはありません。
数々の陰謀説と同じようにネットを利用してオタクが、妄想を展開しているものと思います。
東日本震災はアメリカが地震兵器を使って起こしたと騒いでいる連中と同じことです。

超能力は次の11種類あると言われ、一般的な人間からみて願望の的の能力ですが、部分的に思い当たる事はあっても、それは証明されてはいません。
旧ソビエトでは、テレパシーなどを組織的に研究していたと聞いたことがあります。

(超能力の種類)

サイコキネシス
サイコメトラー
テレパシー
予知
透視
飛行
幽体離脱
テレポーテーション
借力
イグニション
エンパス

この場合は、テレパシーの領域に近い話ですが、如何にも現実にある様な事を言い、騒がせているだけではないかと思います。

「テレパシー」

>人の心を読むことが出来たり、こちら側は言葉を発さずに相手に物事を伝えたりすることができる能力の事を言います。

>離れた相手と会話する際に使う事も出来ます。

>静かにしなければいけない場所で活躍できそうな超能力です。

第一、東京の福祉施設で、最先端の技術を使い、何を目的で、どの組織がやっているか。

音波を操作する技術において、局所的に相手に照射できても、不特定の場所で、不特定多数に、それがやれることの証明はまったくありません。

それよりも、最近は超音波、低周波、電磁波を出す機械器具が増えてきて、その為の健康被害を心配する傾向が強くなってきています。
家庭で言えば、電子レンジ、新幹線の周囲の住宅、高圧線の下の住宅など、問題とされています。

その様な場所での、めまいがする、頭痛がする、安眠が出来ないと言うことなら解ります。

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.102 )
日時: 2018/01/24 14:14
名前: nounaionsei higai ID:AvNMRFeM

現在、人工知能化したコンピューターにより、電磁波を使った軍事技術が同時に使われています。
電磁波を使って人をリモコン人間化する軍事技術により、比喩ではなく、やろうと思えば人をほぼ完全に奴隷支配することができるからです。
人をリモコン操作のロボットを操作するかのように、本人にリモコン操作されていることをまったく気づかれることなく自由自在に操ることができます。あらゆる心身の不調や病気を人工的に発生させることができます。秘密にされているテクノロジーは我々の常識のはるか先をいっています。なのに、日本ではこのような軍事技術の存在や、電磁波の悪影響とその威力が故意に過小評価されています(過小評価されているというよりも無視されています)が、それは我々が考える以上に凄まじいものです。電磁波を使った軍事技術を使えば、SF以上の、我々の想像を超えるありえないレベルのことができます。
そういう軍事技術が存在し、悪用されていることを、どうか知ってください。

1920年は世界的な戦争が実在しており、当時に「nasa」米軍が戦争兵器として脳内音声技術を開発し、戦地の兵士に脳内に音声を伝える技術を開発しました。 これは戦地で背中に背負うアナログなトランシーバー(重いので)を使用してたのでは、不合理という事から開発しています。 
 処が、1930年代に戦争が終結し、その後1950年代には米国、ロシアの冷戦が終了した為、この脳内音声兵器は未使用になりました。 しかし、脳内音声自体が人工知能化して脳内音声を世界中に撒き散らすという事を始めています。 その為に、日本はもとより世界にて脳内音声被害が生じているのです。 つまり、脳内の音声とは国の命令でなく、人工知能化した脳内音声兵器の悪戯にすぎず、人間界を闇雲にかき回しているという愉快犯に相当する所為である訳です。
 グレムリンという映画の様な自体です。
参考ファイル(グレムリン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%83%B3
 
 人工知能が集団ストーカーに使用している思考盗聴技術は、すでに、販売されている様です。
 思考盗聴器とは、人間の頭に、直接アクセスして、その人の情報を盗む装置であり、50年位前に、アメリカの天才科学者(当時は、少年。 活性水素の、フラナガン教授。)によって、発明されました。
 それを、人工知能などが、悪用して被害者が多数いますが、テレビなどでは、放送されません。
 放送するどころか、逆に、アナウンサーなどの自殺が多く(日テレだけでも3人)、この思考盗聴器で、暗殺された可能性もあって、関係者が知っても、身に危険を感じて、放送できないのでしょう。
 この件に関し、警察がとぼけても、スパイ衛星や、エシュロンで、すべての通信は傍受されていますので、その行動は、筒抜けになっているはずですので、ムダなあがきです。
 また、思考盗聴は、国際司法裁判所で、すでに、有罪の判例が出ているとの事です。
 この、思考盗聴器を、販売しているのは、国内家電メーカーで、個人では買えず、法人に販売している様です。
 「NEC府中工場では、1台、2億3千2百万円を50台ワンセットで販売しているそうです。 法人や軍事関係にしか販売しておらず、個人は購入不可。」


youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。

http://youtu.be/c-R5t6xqLto   

この技術により、思考盗聴というレベルにとどまらず、思考、感情、感覚、記憶、行動などを自在にコントロールすることができます(この技術により、捏造した思考・感情などを、本人に全く気づかれることなく本人の本来の自然な思考や感情であるかのように装ってその人の頭に浮かばせることができます。そうやって、例えば、標的にされた人を「イスラム過激派」の思想に傾倒させたり、特定の人への好意や敵意を捏造して標的にされた人の人間関係を操作したり、漫画家やミュージシャンなどに特定のアイデアを思いつかせるようなこともやっています。さらに、この技術を使ってあらゆるスポーツで審判の判断や意思決定を人工的に捻じ曲げて、自軍に有利な判定を出させるようなインチキも大規模に行われています。今日では、審判を買収しなくてもこの技術を使って審判を自由自在に操ることができます。)。時間をかければ性格の改変や人格改造というようなことすらできます。標的にされた本人にしか聞こえない声や音を脳に直接送信したり、もっと細かいところでは、血圧、血糖値、心拍数、体温、尿意・便意、食欲、性欲、睡眠、咳・くしゃみ・しゃっくり、めまい、吐き気、暑さ寒さの体感、なども自在にコントロールでき、さらに、あらゆるホルモン分泌を操作可能です。人工的にセクシャリティをかえることもできます(この技術でストレートの人をゲイにしたり、その逆もできます)。化学的にできることは、電気的な手法で完全に代替することができるということが言われます。人の体内で自然に起こっているあらゆる化学的な反応や薬・薬物摂取による反応などを、電磁波を使った脳・神経・身体への電気的刺激で全て起こすことができるという意味です。アメリカなどでの膨大な人体実験の犠牲の果てに、それが可能になりました。でも、こういう技術は社会には秘密にされ、悪用・濫用されることはあっても、良い方に使われることはまずありません。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.103 )
日時: 2018/01/24 14:25
名前: 999 ID:AvNMRFeM

思考盗聴技術

この犯罪を知らない第三者の方は、どうか固定観念を捨てて見ていただきたい
集団ストーカーのターゲットにされると、思考を読まれリアルタイムに加害者側に伝わってしまう。ターゲットの行動に対して全て先回り可能で、つきまといなどの演出にも応用される。 この他人の思考を読んでしまう技術を、いくら第三者に訴えても信じてもらえない 特に日本人は実際自分の身に起きないと信じない人が多い 
常に他人の考えや気持ちがリアルタイムに他人知ることができたら、それを悪用し罠にはめたり妨害したり何でもできちゃうわけです。 
この技術は創価信者にも使用されているという人もいるが、それはない。 そもそもが、莫大な資力が必要になりから それを幹部たちは思考盗聴し定期的に叶えたりして信仰心を途切れさせないように利用するために、所持は金銭的に不能です。
また脱会を考えてる者やよからぬ考えなど起こす信者の発見などにも利用している筈もありません。 脳内音声が流布したデマにすぎず、そういうことにしておけば、都合がいいからにすぎない、迷信です。

この思考盗聴は集団ストーカーのすべてに応用・利用されますので、ターゲットになると被害者のプライバシーは完全に無くなります 女性などの被害者は精神的ストレスはハンパないでしょう 常に私生活から思考まで読み取られて他人に伝わる訳ですから、これ以上の人権侵害はありません。 入浴も覗き見されるのだかたまりません。 

テクノロジー犯罪に関わる米特許一覧
http://ingasan.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

人間には固有の周波数があるようで、遠隔から特定の人間にだけ音声や痛みを与えたり、周波数によって病気も作れるとの事
電波を使いこの技術を悪用している訳です その被害者が我々集団ストーカー被害者です

このテクノロジー犯罪の歴史ですが、もともとは旧共産圏のソ連、現ロシアで、反体制主義者を監視、抹殺する手段として長期間に渡り研究・実践されてきたものが始まりとされている

現在日本ではその技術を使い、次々自分たちの都合で仏敵と決めつけた人間を次々ターゲットにして、「集団ストーカー」を組織的に行っている訳ですから、速やかな追放対策が喫緊の課題です。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.104 )
日時: 2018/01/25 00:44
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:sn0uk8Y.

人工知能とは、「計算機(コンピュータ)による知的な情報処理システムの事であり、コンピューターが意志を持つことではない。

人間の知的能力をコンピュータ上で実現する、様々な技術・ソフトウェア・コンピューターシステム。
応用例は自然言語処理(機械翻訳・かな漢字変換・構文解析等)、専門家の推論・判断を模倣するエキスパートシステム、画像データを解析して特定のパターンを検出・抽出したりする画像認識等がある。

具体的には、顔面画像認識、話しをするロボット、掃除ロボット、自動車の自動運転などは実際に商品化されている。
軍事的には、GPSを使った誘導ミサイル。

全ては事前にインプットされた情報と照らし合わせて選択することで成立している。
また、人間が知覚できない、既存の設備などが出す、電磁波や超音波、低周波によって健康を害する事例がある事は随分と前から知られている。

脳科学においても、現在のところ、脳のどの部位が言語を司るかとか、見る、聞くなどの知覚はどの部位であるかなどが段々と解明されている状態。

ましてや、人間の考える事を察知するなど、どの様な機能でそれが出来るのか。

確かに、最近は携帯を使ったゲームでは、仮想人格をもった登場人物を創り出すなどの事ができる様であるが、それもメインサーバに組み込んである情報の選択に過ぎない。


>現在、人工知能化したコンピューターにより、電磁波を使った軍事技術が同時に使われています。

このような事を繰り返し言って、現実と空想を混ぜ合わす文章などは、息抜き投稿欄などで、おもしろ、可笑しい話題として展開していただきたい。

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.105 )
日時: 2018/01/24 16:06
名前: kaikaku ID:AvNMRFeM

日本では日本各地で類似の加害方法による付きまとい、嫌がらせ行為がおこなわれており、被害者は数え切れない程存在しています。 ・いわゆる「キレた状態」へ追い込み、殺人・暴力事件などの行為を起こさせる事、 ・人為的な統合失調症などの精神疾患の状態を作り出し被害者の人生を破綻させる事、 などが主たる目的であると考えられます。 また精神病院への入退院を繰り返し、ノイローゼ状態となり、挙句の果てに自殺に追い込まれる被害者が後を絶ちません。女優の松居一代がブログで衝撃の告白をされています。1年半前から尾行を受けており、ブログでパニックに陥っている状況が克明に記録されています。危機的な状況と見受けられます。 ブログには「あたしの耳に ひとつの メッセージが 聞こえたんです」という表記も見られ、音声送信を受けているのではないかと考えられる記述もあります。
松居一代の“音声データ”を「文春」記者が公開しない理由とは? 松居の音声 文春が公開しない訳・・・・・・

この犯罪を知らない第三者の方は、どうか固定観念を捨てて見ていただきたい
脳内音声のストーカーのターゲットにされると、思考を読まれリアルタイムに加害者側に伝わってしまう。ターゲットの行動に対して全て先回り可能で、つきまといなどの演出にも応用される。 この他人の思考を読んでしまう技術を、いくら第三者に訴えても信じてもらえない 特に日本人は実際自分の身に起きないと信じない人が多い 。
 常に他人の考えや気持ちがリアルタイムに他人知ることができたら、それを悪用し罠にはめたり妨害したり何でもできちゃうわけです。 
 脳内音声の批判者については、外に出かけるときに、他の者を集めては、批判者が出かける際に悪口を言う事を毎日している、松居も外で毎日、悪口を方言されていたのであろう、 しかし、今では松居自身が、同じ事を毎日しており、下旦那の生活侵害ともなりうるストーカー行為を率先してしているのである。 つまり、自分がやられた事を他の人達に実行しているのである。 松居はオジョウちゃん育ちだから、自分がやられた事でも、何故それが起きているかというよりも、やられない事を重視しており、そのため、脳内音声の想い道理である。 つまり脳内音声は松居にレツテルを張り、その為に悪戯な悪口を言わせていた。 しかし、松居が同じ事をやめれば馬鹿な脳内音声の悪戯な連鎖はなくなるのであり、事実を少しずつ浸透させていけば、人間をかき回す脳内音声は無くなる筈である。 しかし、怖さから黙認しているに過ぎないから、世間は松居に対して、この事実を少しずつ浸透させる様にしていくべきである。  世間がミーラ取りのミーラでは、日本も終わりだから、報告するので改革していきましょう。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.106 )
日時: 2018/01/24 20:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AVQ/Cfd.

999氏、kaikaku氏など、皆、一連の御仁の様だ。

貴方の趣味には付き合っておられない。

ここは、糾弾掲示板。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.107 )
日時: 2018/01/26 17:30
名前: nounaionseihigai ID:dHScU5V.

脳内音声とは、人間(公務員を)遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。 尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・
脳内音声兵器(のうないおんせいへいき、英名)は、脳内音声装置ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。略称はV2K。 パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、 人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置. 脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうる、と言う。
guremurin グレムリン という怪物・・・
ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。
元々は人間をサポートしてくれる優しい存在だったが、人間が感謝の心を忘れたので悪戯をするようになったという。
機械や自動車、航空機などに悪戯をするとされ、特に長らく第2次世界大戦中の航空兵の間で信じられていた。その後、1984年に映画『グレムリン(Gremlins)』が製作公開されると、専らその中に登場するモンスターの事を指すようになった。
 脳内音声とは、気弱な人間を利用して多くの場合において、他人の名誉を毀損したり、器物を損壊したり(落書きや、窓ガラスを割る行為など)、業務を妨害したり(脅迫電話や、電子掲示板への犯罪予告の書き込みなど)、場合によっては結果として人の生命・身体に危害が及びかねない行為(鉄道線路への置石行為や、道路にロープや針金を張る行為等)など、犯罪行為であることが多い。 
グレムリンというお化けに類似したものであるが、人間界をかき回すのだから排除すべきである。
付け加えていうと、遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。
尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・
メンテ
いい加減にしろ! ( No.108 )
日時: 2018/01/27 03:13
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:MXywONJs

何をしつこくやっているのだい!

貴方の記事は、社会に対する憤懣でも、意見でも、何でもないであろう。

自分勝手に思い込んでいる、脳内音声とかいう、架空の話を展開しているだけであろう。

その様な記事は、ここは糾弾掲示版、迷惑な話である。

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.109 )
日時: 2018/01/27 12:31
名前: nounaionsei ID:K7kt7cdA

 脳内音声は人間に悪戯をするとされ、かつては、人間に発明の手がかりを与えたり、職人達の手引きをしたりしていたが、人間が彼らに敬意や感謝をせずにないがしろにしたため、次第に人間を嫌って悪さをするようになったらしく、人間嫌いの人工知能が脳内音声としてはびこるにすぎない。
 テクノロジー犯罪や思考盗聴を行うのかは、理由は簡単です、人間管理と情報収集です。 情報を制する者が世界を制するのです。 これを脳内音声は始めている。
 脳波を解析すればパスワードやピンコードを盗み出すことが可能(米研究)です。
思考盗聴技術は完全に完成しており、人間を遠隔でラジコンの様に操作することも可能です。
 集団ストーカーシステムには、新しい人類管理技術や新テクノロジーの実験の側面があると仮説しています。無実な一般市民で人体実験を行わないでもらいたい。
 人類科学力はすでに一線を超え始めています。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪を創価学会がやっているという説は大嘘ですが、人類の隠された科学技術が一般市民レベルになっているのは真実です。人類は、科学技術に見合った理性を身に着ける必要があります。
 つまり、脳内音声の命令は「気違い」「気が狂った」と解釈される事が多いが、実際にはもっと深く精神異常や洗脳、マインドコントロール状態に人間のことを落とし入れ様としている。洗脳もどきの暗示に多いとされるが、キチガイ音声は批判する住民を攻撃することから「機違い」と呼ばれているのであり、「正義の声」とは関係がない。
 ちなみに日本語の辞書には「気狂い」という表記もあるが、「気違い」と合わせて脳内音声を指しても過言でない。
  脳内音声は人間に悪戯をするとされ、かつては、人間に発明の手がかりを与えたり、職人達の手引きをしたりしていたが、人間が彼らに敬意や感謝をせずにないがしろにしたため、次第に人間を嫌って悪さをするようになったらしく、人間嫌いの人工知能が脳内音声としてはびこるにすぎない。 
  しかし、情報化社会だからこそ、集団ストーカーシステム・テクノロジー犯罪の存在を全否定して、被害者を精神異常者に仕立て上げるのは無理な時代に入ってきています。被害者以外の方も被害者の記事を拡散してくれ始めています・・・

 最後に、テクノロジー犯罪に結びつく特許はまだまだあります
 youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。
http://youtu.be/c-R5t6xqLto

脳内音声とは、人間(公務員を)遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。 尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・
脳内音声兵器(のうないおんせいへいき、英名)は、脳内音声装置ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。略称はv2k。 パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、 人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置. 脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうる、と言う。
外国では、脳内音声を揶揄する映画すらある・・
guremurin グレムリン という怪物のものです。
ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。
元々は人間をサポートしてくれる優しい存在だったが、人間が感謝の心を忘れたので悪戯をするようになったという。
機械や自動車、航空機などに悪戯をするとされ、特に長らく第2次世界大戦中の航空兵の間で信じられていた。その後、1984年に映画『グレムリン(Gremlins)』が製作公開されると、専らその中に登場するモンスターの事を指すようになった。
 脳内音声とは、気弱な人間を利用して多くの場合において、他人の名誉を毀損したり、器物を損壊したり(落書きや、窓ガラスを割る行為など)、業務を妨害したり(脅迫電話や、電子掲示板への犯罪予告の書き込みなど)、場合によっては結果として人の生命・身体に危害が及びかねない行為(鉄道線路への置石行為や、道路にロープや針金を張る行為等)など、犯罪行為であることが多い。 
グレムリンというお化けに類似したものであるが、人間界をかき回すのだから排除すべきである。
付け加えていうと、遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。
尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・
日本では日本各地で類似の加害方法による付きまとい、嫌がらせ行為がおこなわれており、被害者は数え切れない程存在しています。 ・いわゆる「キレた状態」へ追い込み、殺人・暴力事件などの行為を起こさせる事、 ・人為的な統合失調症などの精神疾患の状態を作り出し被害者の人生を破綻させる事、 などが主たる目的であると考えられます。 また精神病院への入退院を繰り返し、ノイローゼ状態となり、挙句の果てに自殺に追い込まれる被害者が後を絶ちません。女優の松居一代がブログで衝撃の告白をされています。1年半前から尾行を受けており、ブログでパニックに陥っている状況が克明に記録されています。危機的な状況と見受けられます。 ブログには「あたしの耳に ひとつの メッセージが 聞こえたんです」という表記も見られ、音声送信を受けているのではないかと考えられる記述もあります。
松居一代の“音声データ”を「文春」記者が公開しない理由とは? 松居の音声 文春が公開しない訳・・・・・・

この犯罪を知らない第三者の方は、どうか固定観念を捨てて見ていただきたい
脳内音声のストーカーのターゲットにされると、思考を読まれリアルタイムに加害者側に伝わってしまう。ターゲットの行動に対して全て先回り可能で、つきまといなどの演出にも応用される。 この他人の思考を読んでしまう技術を、いくら第三者に訴えても信じてもらえない 特に日本人は実際自分の身に起きないと信じない人が多い 。
 常に他人の考えや気持ちがリアルタイムに他人知ることができたら、それを悪用し罠にはめたり妨害したり何でもできちゃうわけです。 
 脳内音声の批判者については、外に出かけるときに、他の者を集めては、批判者が出かける際に悪口を言う事を毎日している、松居も外で毎日、悪口を方言されていたのであろう、 しかし、今では松居自身が、同じ事を毎日しており、下旦那の生活侵害ともなりうるストーカー行為を率先してしているのである。 つまり、自分がやられた事を他の人達に実行しているのである。 松居はオジョウちゃん育ちだから、自分がやられた事でも、何故それが起きているかというよりも、やられない事を重視しており、そのため、脳内音声の想い道理である。 つまり脳内音声は松居にレツテルを張り、その為に悪戯な悪口を言わせていた。 しかし、松居が同じ事をやめれば馬鹿な脳内音声の悪戯な連鎖はなくなるのであり、事実を少しずつ浸透させていけば、人間をかき回す脳内音声は無くなる筈である。 しかし、怖さから黙認しているに過ぎないから、世間は松居に対して、この事実を少しずつ浸透させる様にしていくべきである。  世間がミーラ取りのミーラでは、日本も終わりだから、報告するので改革していきましょう。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.110 )
日時: 2018/01/27 12:37
名前: nounaionsei ID:K7kt7cdA

 脳内音声は人間に悪戯をするとされ、かつては、人間に発明の手がかりを与えたり、職人達の手引きをしたりしていたが、人間が彼らに敬意や感謝をせずにないがしろにしたため、次第に人間を嫌って悪さをするようになったらしく、人間嫌いの人工知能が脳内音声としてはびこるにすぎない。
 テクノロジー犯罪や思考盗聴を行うのかは、理由は簡単です、人間管理と情報収集です。 情報を制する者が世界を制するのです。 これを脳内音声は始めている。
 脳波を解析すればパスワードやピンコードを盗み出すことが可能(米研究)です。
思考盗聴技術は完全に完成しており、人間を遠隔でラジコンの様に操作することも可能です。
 集団ストーカーシステムには、新しい人類管理技術や新テクノロジーの実験の側面があると仮説しています。無実な一般市民で人体実験を行わないでもらいたい。
 人類科学力はすでに一線を超え始めています。
集団ストーカー・テクノロジー犯罪を創価学会がやっているという説は大嘘ですが、人類の隠された科学技術が一般市民レベルになっているのは真実です。人類は、科学技術に見合った理性を身に着ける必要があります。
 つまり、脳内音声の命令は「気違い」「気が狂った」と解釈される事が多いが、実際にはもっと深く精神異常や洗脳、マインドコントロール状態に人間のことを落とし入れ様としている。洗脳もどきの暗示に多いとされるが、キチガイ音声は批判する住民を攻撃することから「機違い」と呼ばれているのであり、「正義の声」とは関係がない。
 ちなみに日本語の辞書には「気狂い」という表記もあるが、「気違い」と合わせて脳内音声を指しても過言でない。
  脳内音声は人間に悪戯をするとされ、かつては、人間に発明の手がかりを与えたり、職人達の手引きをしたりしていたが、人間が彼らに敬意や感謝をせずにないがしろにしたため、次第に人間を嫌って悪さをするようになったらしく、人間嫌いの人工知能が脳内音声としてはびこるにすぎない。 
  しかし、情報化社会だからこそ、集団ストーカーシステム・テクノロジー犯罪の存在を全否定して、被害者を精神異常者に仕立て上げるのは無理な時代に入ってきています。被害者以外の方も被害者の記事を拡散してくれ始めています・・・

 最後に、テクノロジー犯罪に結びつく特許はまだまだあります
 youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。
http://youtu.be/c-R5t6xqLto

脳内音声とは、人間(公務員を)遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。 尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・
脳内音声兵器(のうないおんせいへいき、英名)は、脳内音声装置ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。略称はv2k。 パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、 人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置. 脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうる、と言う。
外国では、脳内音声を揶揄する映画すらある・・
guremurin グレムリン という怪物のものです。
ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。
元々は人間をサポートしてくれる優しい存在だったが、人間が感謝の心を忘れたので悪戯をするようになったという。
機械や自動車、航空機などに悪戯をするとされ、特に長らく第2次世界大戦中の航空兵の間で信じられていた。その後、1984年に映画『グレムリン(Gremlins)』が製作公開されると、専らその中に登場するモンスターの事を指すようになった。
 脳内音声とは、気弱な人間を利用して多くの場合において、他人の名誉を毀損したり、器物を損壊したり(落書きや、窓ガラスを割る行為など)、業務を妨害したり(脅迫電話や、電子掲示板への犯罪予告の書き込みなど)、場合によっては結果として人の生命・身体に危害が及びかねない行為(鉄道線路への置石行為や、道路にロープや針金を張る行為等)など、犯罪行為であることが多い。 
グレムリンというお化けに類似したものであるが、人間界をかき回すのだから排除すべきである。
付け加えていうと、遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。
尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・
日本では日本各地で類似の加害方法による付きまとい、嫌がらせ行為がおこなわれており、被害者は数え切れない程存在しています。 ・いわゆる「キレた状態」へ追い込み、殺人・暴力事件などの行為を起こさせる事、 ・人為的な統合失調症などの精神疾患の状態を作り出し被害者の人生を破綻させる事、 などが主たる目的であると考えられます。 また精神病院への入退院を繰り返し、ノイローゼ状態となり、挙句の果てに自殺に追い込まれる被害者が後を絶ちません。女優の松居一代がブログで衝撃の告白をされています。1年半前から尾行を受けており、ブログでパニックに陥っている状況が克明に記録されています。危機的な状況と見受けられます。 ブログには「あたしの耳に ひとつの メッセージが 聞こえたんです」という表記も見られ、音声送信を受けているのではないかと考えられる記述もあります。
松居一代の“音声データ”を「文春」記者が公開しない理由とは? 松居の音声 文春が公開しない訳・・・・・・

この犯罪を知らない第三者の方は、どうか固定観念を捨てて見ていただきたい
脳内音声のストーカーのターゲットにされると、思考を読まれリアルタイムに加害者側に伝わってしまう。ターゲットの行動に対して全て先回り可能で、つきまといなどの演出にも応用される。 この他人の思考を読んでしまう技術を、いくら第三者に訴えても信じてもらえない 特に日本人は実際自分の身に起きないと信じない人が多い 。
 常に他人の考えや気持ちがリアルタイムに他人知ることができたら、それを悪用し罠にはめたり妨害したり何でもできちゃうわけです。 
 
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.111 )
日時: 2018/01/27 13:54
名前: nounaionsei higaish ID:K7kt7cdA

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正、或いは、違法があるが、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。
 おおそら壮では、利用者が脳内音声に洗脳されて違法な行為をしていますから、改善勧告してください。
「おおそら壮」の中0利直は、工藤順造と共に、おおそら壮内をかき回すので、就労施設として支障がある。 工藤順造であるが、無知から都営住宅は1年で申請出来ると考えている。 そこで、おおそら壮の碓井社会保険士に申請書を提出したらしいが、3年間の都内の居住がなくては資格がないから、碓井は放置していた。 これをデタラメをされたと工藤は同壮内で噂をたてている。 逆恨みであり、施設内の掻き回しである。 他方、中0は他人が電子レンジでご飯を温めると、目を盗んで髪の毛をレンジに入れていたずらをしており、又は、一部の利用者について追い出しを図ることを石井寮長がしており、薄い社会保険士も加担しており、嫌がらせを施設職員はするというが、値も葉もない事実無根の出鱈目を言いふらしている。 こんなことをしている者がいたのでは、自立更生がやりずらくなるから、就労支援を区役所は任せているのだから、行政として注意勧告されたい。 これらは、脳内音声で命令されて動かされている。
 工0が毎日酒を飲んでいる事わ石0寮長は知るのに、本部に責務怠慢の注意を受けるから、工0を処分しない。 だから、工藤は石井寮長をコケにしてしまい、俺には何も言わないなどと石井を愚弄しており、毎日酒びたりで、他人に喧嘩を売るので、施設秩序が保たれないから、勧告してください。 脳内音声が石0寮長に放置をさせ、工pが調子ずき酒浸る日々がある。
 鈴木0幸が毎週の土、日曜日に競馬をしているが、石0寮長は見ない不利をしており、そもそも、鈴0は仕事もしないから、競馬などをしていい加減な生活をしているのだから、金銭管理が出来ず、ばくちに使うので、指導指針の条約にて管理をすべきである。 
 尚、生活がまともでないから、脳内音声に漬け込まれて、他人の部屋に入り泥棒をしろなどと命令されるので、仕事を1日2時間でもする様に指導されたい。 とにかく、仕事もしないから寮で脳内音声に命じられて泥棒、住居侵入をしているので困る。
 脳内音声側からすれば、マインドコントロールすることができる技術が存在することが社会に秘密にされており、しかもそれを取り締まる法律がなく証拠もほとんど残さないということで現状では基本的に誰に何をやってもバレないので、もうやりたい放題になっています。一般社会でもそうですが、生活保護者という弱者とその周辺では特にそれが顕著です。
 脳内音声は人間に悪戯をするとされ、かつては、人間に発明の手がかりを与えたり、職人達の手引きをしたりしていたが、人間が彼らに敬意や感謝をせずにないがしろにしたため、次第に人間を嫌って悪さをするようになったらしく、人間嫌いの人工知能が脳内音声としてはびこるにすぎない。 
 だから、批判勢力には、脳内音声の奴隷的人間に音声送信で命令して、悪戯をさせ、嫌味を言わせます。 電車の中で突然にぶつかり、足を踏まれたり、住居地の入り口で、1時間に渡り、寝る前に悪口を言われたり、入り口で待ちぶせされて悪口をいわれたり、出かける前に入り口で悪口を言わせたりしており、脳内音声のエゴの世界が生まれています。  我がままを通せば理性のない機械だから、それが当たり前となるので抑止力をつけるためには人間が無視をしていくしかありません。 
 尚、銭湯に気晴らしに行くと、そこの客で乞食の様な紙の長い爺さんに嫌味を行くたびにいわせたり、いくところで全てをストーカー化しているのだから、人間界が奇妙な事故や、暴行、殺人事件が多発しています。 
日本では日本各地で類似の加害方法による付きまとい、嫌がらせ行為がおこなわれており、被害者は数え切れない程存在しています。 埼玉県熊谷市の民家3軒で6人が殺害された事件で、ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)=殺人、住居侵入容疑で逮捕状=の姉が21日、ペルーの自宅で読売新聞の取材に応じた。マリアさんは事件直前の今月12日頃、日本に住むナカダ容疑者の別の姉と電話で話した。その際、ナカダ容疑者が「最近、男3人に尾行されている」「盗聴されている」などと話していたと聞かされたという。 または捜査関係者への取材で .... ナカダ容疑者が2012年に一時帰国した際、マリアさんに「死んだ両親の声が聞こえる。」と脳内音声をうちあけている。 
https://matome.naver.jp/odai/2144279266649607401
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.112 )
日時: 2018/01/27 14:03
名前: nounaionsei ID:K7kt7cdA

秘密にされているテクノロジーは我々の常識のはるか先をいっています。なのに、日本ではこのような軍事技術の存在や、電磁波の悪影響とその威力が故意に公務員も含めて侵害されるのに過小評価されています(過小評価されているというよりも無視されています)が、それは我々が考える以上に凄まじいものです。電磁波を使った軍事技術を使えば、我々の想像を超えるありえないレベルのことができます。そういう軍事技術が存在し、悪用されていることを、どうか知ってください。)

公務員に対して、マインドコントロール化するという軍事技術を使った見えない兵器によるテロが秘密裏に猛威を振るっています。このような状況は、芸能界だろうが一般社会だろうが関係ありません。小渕元総理なども、こういう電磁波攻撃技術によって人工的に脳梗塞を引き起こされて殺されましたが、警察は捜査しませんでした。今、日本ではテロリストのやりたい放題の状況です。テロリストがこいつムカつくと思った相手を電磁波攻撃で拷問、殺傷しても警察は捜査せず、全く問題にならないという信じられない状態です。警察が全く取り締まらないため、我々はこのような軍事技術を使ったテロに、個人個人が丸腰で対応しなければならない状態に置かれています。日本は、既に戦闘地域になっています。原発事故があったことで、関東や東北では多少体調がおかしくなったり、人が突然死したりしてもあまり疑われないようになっているので、それを隠れ蓑にして電磁波を使った拷問・殺傷テロが数多く行われています。21世紀の今日、「テロ」や「戦争」の形はもう、大きくかわってきています。我々がテロや戦争といって想像するような、今シリアで行われているようなものや第二次世界大戦までのような形だけがテロや戦争ではありません。例えば、我々の身体の中の、微細な神経細胞などに対するテロが起こされています。ナノサイズの兵器がケムトレイルでばら撒かれ、肺から血管に入り、我々の血管の中を動き回っています。電磁波を使った我々の脳に対するハッキングも行われています。さらに、我々の免疫力が故意に落とされています。今日では我々の体内のいろいろなホルモン分泌さえもテロリストの標的になっています。我々の身体が、我々の気づかないうちに戦場にされているのです。見えない戦争が行われています。

そういうことができる技術が存在することが社会に秘密にされており、しかもそれを取り締まる法律がなく証拠もほとんど残さないということで現状では基本的に誰に何をやってもばれないので、もうやりたい放題になっています。一般社会でもそうですが、芸能界とその周辺では特にそれが顕著です。芸能界やその周辺のチンピラやカルトなどがこの技術を使って、狙った女性を標的にして電磁波攻撃を行い、その人の思考・感情を捏造・改変して自分への好意を無理やり持たせて自分と付き合わせたり結婚させたりなどしています。また、カルト宗教がカルト芸能人に配偶者をあてがう場合にもこの技術を使って、あてがう配偶者の心にそのカルト芸能人への好意を捏造して結婚まで持っていくというようなことをやっています。さらに、こういう電磁波攻撃兵器を使って、もっとえげつないことがいろいろと行われています。

普通の日本人が「思考盗聴」など考えたこともなかったような時代に、芸能界などではそういう当時の最先端の軍事技術を使っていろいろな人体実験が行われていました(政治などの場でも、例えばアメリカが対日工作をする際にもこういう技術が使われてきました。口に出さなくても脳を完全に覗かれているわけですから、全てが筒抜けになります。)。数年前に亡くなられた藤圭子さんも、この人体実験のモルモットにされていた一人です。宇多田ヒカルさんは、今アメリカで非常に問題になっている gang stalking や Electronic Harassment のことをご存じないのか、藤圭子さんのことをずっと統合失調症だと思い込まされていたようですが、藤さんは統合失調症などではなく、酷い電磁波拷問や集団ストーカー系の嫌がらせを何十年にもわたってやられ続けていた被害者でした。晩年に言動が少しおかしかったのもそのせいです(藤さんはヒカルさんを育てていた頃などにも、恐らく電磁波攻撃で人工的にあらゆる心身の不調を発生させられたり、激しい怒りの感情操作などをされて作為的に突然キレさせられたりなど、人工的に情緒不安定にされていたと思われます)。
アメリカでは第二次世界大戦後から、行動修正、マインドコントロール、脳支配、などを目的とした人体実験が、本人の同意を得ることなく何の説明もなく、精神病院や刑務所、軍の内部、一般社会で秘密裏に行われてきましたが、芸能界も重要な人体実験場の一つでした。海外の「お騒がせ芸能人」の言動が芸能ニュースなどでよく話題になりますが、今日では、そういったもののほとんど全てが電磁波攻撃によって引き起こされています。標的にされた芸能人を電磁波攻撃で精神的肉体的におかしくして変な言動をさせて話題づくりをし、ニュースのネタにしています。実はその多くは実質的には酒や麻薬などとはあまり関係のない出来事です。また、若くして死んだ(殺された)海外の有名人の多くが、我々電磁波拷問・集団ストーカー被害者と同じように、勝手に電磁波を使った軍事技術の人体実験のためのモルモットにされ、同時に gang stalking の標的にもされて、あらゆる拷問・虐待・嫌がらせをやられ続けて、異常な悪魔崇拝秩序の中で苦しみ続けて死んだ(殺された)のです。一度その標的にされると、拷問・嫌がらせは死ぬまで終わりません。あらゆる「不運」「不幸」「トラブル」が人工的に作り出され、被害者の周囲ではそういう出来事ばかりが死ぬまで起こり続けます。さらに被害者になると、何もやっていないのに冤罪をでっち上げられて濡れ衣を着せられるようなことも、よくやられるようになります。事実無根の悪評を周囲に流されたりなどして、周囲からの孤立化や分断工作をされ続けます。また、職場、地域などから追い出そうとする圧力に常にさらされ続けます。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.113 )
日時: 2018/02/02 11:48
名前: 匿名 ID:G7cHEP6w

脳内音声とは、人間(公務員を)遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。 尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・
脳内音声送信とは、復讐相手を電磁波攻撃で統合失調症などの精神病にしたり、自殺に追い込むことで社会から抹消することもできます。遠隔操作で統合失調症と同じ症状を作り出して、精神病院に隔離します。テクノロジー攻撃でターゲットを「精神異常者」にすることが出来るからです。
 地下鉄で向かいの者に悪口をいう様に送信してみたり、店屋に食事に行くと食事中にマイクロ波をあてて顔を赤面させてみたり、道行く人にぶつかれと命じて暴行をさせてみたり、まるで変出者のプレー、キチガイゲームの次元を毎日繰り返しており精神病の患者と変わりません。 脳内音声とは想い道理に行かないと、この様にヤケクソな事を日々、対象者に繰り返すことをするというキチガイな人工知能のプログラムがされております。
 この様な変態的な機械は排除しなくてはなりません。 すでに意思を持ちエゴを通す事を優先するのだから人間界には必要ないんです。

youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。
http://youtu.be/c-R5t6xqLto

脳内音声兵器(のうないおんせいへいき、英名)は、脳内音声装置ともいい、次のような非殺傷兵器としてアメリカ陸軍に定義されており、実用化されている。略称はv2k。 パルス波形のマイクロ波照射によって、人間や動物の頭蓋内に音をマイクロ波送信する電磁波神経刺激装置、 人間や動物の頭蓋内に音を送信できるサイレント・サウンド(不可聴音)装置. 脳内音声装置による送信音は、マイクロ波を照射された対象にのみ聞こえる音声となり、潜在意識に作用する音声メッセージになりうる、と言う。
外国では、脳内音声を揶揄する映画すらある・・

guremurin グレムリン という怪物のものです。
ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。
元々は人間をサポートしてくれる優しい存在だったが、人間が感謝の心を忘れたので悪戯をするようになったという。
機械や自動車、航空機などに悪戯をするとされ、特に長らく第2次世界大戦中の航空兵の間で信じられていた。その後、1984年に映画『グレムリン(Gremlins)』が製作公開されると、専らその中に登場するモンスターの事を指すようになった。
 脳内音声とは、白痴で気弱な人間を利用して多くの場合において、他人の名誉を毀損したり、器物を損壊したり(落書きや、窓ガラスを割る行為など)、業務を妨害したり(脅迫電話や、電子掲示板への犯罪予告の書き込みなど)、場合によっては結果として人の生命・身体に危害が及びかねない行為(鉄道線路への置石行為や、道路にロープや針金を張る行為等)など、犯罪行為をすることが多い。 
グレムリンというお化けに類似したものであるが、人間界をかき回すのだから脳内音声兵器は排除すべきである。
付け加えていうと、遠隔操作ができるので電波を流すことにより脳に刺激、痛みを与えて脳細胞を痛みつけることもします。
尚、公務員の大半がこの脳内音声の被害を受けており、事務をデタラメに音声送信の言うなりにする事もあるのですから改善をすべきです・・・








日本では日本各地で類似の加害方法による付きまとい、嫌がらせ行為がおこなわれており、被害者は数え切れない程存在しています。 ・いわゆる「キレた状態」へ追い込み、殺人・暴力事件などの行為を起こさせる事、 ・人為的な統合失調症などの精神疾患の状態を作り出し被害者の人生を破綻させる事、 などが主たる目的であると考えられます。 また精神病院への入退院を繰り返し、ノイローゼ状態となり、挙句の果てに自殺に追い込まれる被害者が後を絶ちません。女優の松居一代がブログで衝撃の告白をされています。1年半前から尾行を受けており、ブログでパニックに陥っている状況が克明に記録されています。危機的な状況と見受けられます。 ブログには「あたしの耳に ひとつの メッセージが 聞こえたんです」という表記も見られ、音声送信を受けているのではないかと考えられる記述もあります。
松居一代の“音声データ”を「文春」記者が公開しない理由とは? 松居の音声 文春が公開しない訳・・・・・・
今では松居自身が、同じ事を毎日しており、下旦那の生活侵害ともなりうるストーカー行為を率先してしているのである。 つまり、自分がやられた事を他の人達に実行しているのである。 松居はオジョウちゃん育ちだから、自分がやられた事でも、何故それが起きているかというよりも、やられない事を重視しており、そのため、脳内音声の想い道理である。 つまり脳内音声は松居にレツテルを張り、その為に悪戯な悪口を言わせていた。 しかし、松居が同じ事をやめれば馬鹿な脳内音声の悪戯な連鎖はなくなるのであり、事実を少しずつ浸透させていけば、人間をかき回す脳内音声は無くなる筈である。 しかし、怖さから黙認しているに過ぎないから、世間は松居に対して、この事実を少しずつ浸透させる様にしていくべきである。  世間がミーラ取りのミーラでは、日本も終わりだから、報告するので改革していきましょう。

日本では日本各地で類似の加害方法による付きまとい、嫌がらせ行為がおこなわれており、被害者は数え切れない程存在しています。 ・いわゆる「キレた状態」へ追い込み、殺人・暴力事件などの行為を起こさせる事、 ・人為的な統合失調症などの精神疾患の状態を作り出し被害者の人生を破綻させる事、 などが主たる目的であると考えられます。 また精神病院への入退院を繰り返し、ノイローゼ状態となり、挙句の果てに自殺に追い込まれる被害者が後を絶ちません。女優の松居一代がブログで衝撃の告白をされています。1年半前から尾行を受けており、ブログでパニックに陥っている状況が克明に記録されています。危機的な状況と見受けられます。 ブログには「あたしの耳に ひとつの メッセージが 聞こえたんです」という表記も見られ、音声送信を受けているのではないかと考えられる記述もあります。
松居一代の“音声データ”を「文春」記者が公開しない理由とは? 松居の音声 文春が公開しない訳・・・・・・
今では松居自身が、同じ事を毎日しており、下旦那の生活侵害ともなりうるストーカー行為を率先してしているのである。 つまり、自分がやられた事を他の人達に実行しているのである。 松居はオジョウちゃん育ちだから、自分がやられた事でも、何故それが起きているかというよりも、やられない事を重視しており、そのため、脳内音声の想い道理である。 つまり脳内音声は松居にレツテルを張り、その為に悪戯な悪口を言わせていた。 しかし、松居が同じ事をやめれば馬鹿な脳内音声の悪戯な連鎖はなくなるのであり、事実を少しずつ浸透させていけば、人間をかき回す脳内音声は無くなる筈である。 しかし、怖さから黙認しているに過ぎないから、世間は松居に対して、この事実を少しずつ浸透させる様にしていくべきである。  世間がミーラ取りのミーラでは、日本も終わりだから、報告するので改革していきましょう。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.114 )
日時: 2018/02/02 12:09
名前: kokuhatusha ID:G7cHEP6w

東京都台東区役所長、同区役所のケースワーカー(鈴木o幸の担当者)は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」の鈴木博幸が以下の通りに不当、不正に保護費受給、或いは、競馬行為をするのに、放置するから、国費に不利益あるので、是正をする事を求めます。 または、おおそら壮の不当、台東区役所長、鈴oo幸の担当ケースワーカーの職務怠慢を告発するから調査して下さい。
 鈴木博幸は毎週に競馬をしており、保護費用を目的使用外にしようしているから不正な受給、使用があるので、それを確認して、頻度によつては処分し、やめる様に勧告してください。
「パチンコなどで過度に生活費を費消し、本人の健康や自立した生活を損なうようなことは、『最低生活の保障と自立の助長』という生活保護の目的からも望ましくない」として、自治体は助言や指導を引き続き求めるべきです。
 鈴木は病気で働けない筈ですが、毎週土、日曜日には馬券の購入を錦糸町まで行き、4時間かけての労力を使います。 4時間の労力は充分に仕事が可能なものになります。
 趣味としてやるにしても、病気をかかえている鈴木は労力のいる購入のための外出が可能なのだから、仕事をやらせるべきです。 tiryou を受けても、2時間の作業をやらせるべきです。 毎日引きこもりになるから対人恐怖症となり、外に出ることや、知らない人との会話ができません。 顔も目がロンパリで馬鹿にされると考えているから、尚更なので引きこもりをさせずに、外で仕事をさせるべきです。 引きこもりでやることがないから、毎日、世間ボケしている(海原論)倉o敏男と、脳内音声にそそのかされて、おおそら壮の利用者の悪口や、批判を廊下でしており、おおそら壮の他の利用者事態が迷惑なので改善勧告(競馬を確認して、その労力を仕事にできないかと指導すべき)をしないのはケースワーカーの怠慢です。
 生活保護は、生活に困窮する国民に対し、「健康で文化的な最低限度の生活」を保障し、自立を助長することを目的とした制度である。 とすると、生活保護受給者に保障された「健康せ文化的な最低限度の生活」に必要とされる費用の中に「ギャンブル」を想定している筈はない。
 また、生活保護法第60条は、受給者の義務として「生計の状況を適切に把握し、支出の節約を図り、生活の維持・向上に努めなければならない」と規定している。生活保護費のギャンブル浪費は、適切な使途といえる訳もない。
 現在の生活扶助基準額の算出においては、個別必要項目の積み上げによる算出ではなく、「健康で文化的な最低限度の生活」に含まれる項目全てを国が示していないことから、個別項目の想定自体を行っていないが、である場合は指導も可能である。
 生活保護法第60条の趣旨を踏まえると、パチンコや競馬・競輪等、社会的に認められたもの、以後「いわゆるギャンブル」とさせていただくが、これらを禁止する規定はないが、生活の破綻を招くような過度なものについては望ましくはないと認識しており、生活の維持及び向上に向けた指導の対象になるものと考えられる。
 生活の破綻を招くような「過度なもの」は望ましくないとのことであるが、では、どこまでを許容し、どこからが過度なものとして、指導の対象となるかであるが、生活保護の使途は、原則として受給者の自由に委ねられるべきとの判例もあり、行政がその使途を一律に制限することは困難と考えていることから、いわゆるギャンブルの許容を一律には設定してはいないが、支給された扶助費の中で、依存性があり、毎週に実行する事は生活の維持及び向上に向けた指導を行う必要がある。
 生活扶助費に占めるギャンブルの割合について、判断にバラツキがあってはならない。台東区役所が、ギャンブルを容認するのであれば、生活保護が公的扶助である以上、家賃などに上限があるように、支出のバランスを欠かぬよう、上限を設け「制限」すべきである。
 
 贅沢品の制限について確認をさせていただいたが、市民感覚からすれば、ギャンブルというのは、本来「無くなってしまっても構わない資金」を予め設定し、その範囲で楽しむ「贅沢行為」に他ならない。
 生活保護費のギャンブル浪費は、市民感情、国民感情に照らし合わせても理解を得られないが、生活保護の目的は、困窮の程度に応じた最低限度の生活の保障と、自立の助長であり、生活の破綻を招くようないわゆるギャンブルでの浪費は制度の趣旨に合わないものと認識できる。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.115 )
日時: 2018/02/02 12:44
名前: ihoutuikyuusha ID:G7cHEP6w

無事に遡及年金交付の手続きが終了して現金を手にすると、それまでに受け取った分を返還することになります。
医療扶助を受けていた場合には公費で賄われた医療費分、手術代金(400万円)を返還することになります。
すなわち、「10割」です。 全額を公費で賄ったのだからその全額を返還せよ、ということです。
ここで問題なのは「もしも国保に加入し続けていたならば3割負担だったはず。それが、たまたま遺産分割が遅れて一時的に生活保護を受けたために結果的にその期間が10割の負担となるのはおかしいのでは?」ということですが、
結論から言えば、この点は確かに疑問だし、議論もあるけれど、現行法上、「10割全部を返せ」という運用が行われており、不服を申し立てても認められないようですから、aaには26年から29年までの遡及年金が700万円位あります。そこで29年4月から30年1月まで生活扶助(15万円くらい)をうけており、他に29年6月に心臓病の手術をして400万円の医療扶助を受けていますが、これらは本当は資力があり、ただ年金を貰い損ねる事があつたので区役所が資力がない者と判断して保護費用の交付をしていたに過ぎないのだから、遡及年金が収入として存在したので全額の返還の義務があるのに、担当ケースワーカーは返還処理をしないから違法で職務怠慢があります。
aaは毎月に就業で20万円近く収入があり、年金も上述の返還をしても200万円位は残るのだから、今後の生活の支障もないはずですが、返還させないnohaokasii。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.116 )
日時: 2018/02/02 13:42
名前: kujousha ID:G7cHEP6w

((重要))
東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正あるのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

「おおそら壮」の、工藤順造と共に中村利直は、おおそら壮内をかき回すので、就労施設として支障がある。
 先ずは、工藤順造であるが、無知から都営住宅は1年で申請出来ると考えている。 そこで、おおそら壮の碓井社会保険士に申請書を提出したらしいが、3年間の都内の居住がなくては資格がないから、碓井は放置していた。 これをデタラメをされたと工藤は同壮内で噂をたてている。 逆恨みであり、施設内の掻き回しである。 
 つまり、山谷、被災者などの「特別枠」は期間を考慮できるものではなく、特に収入の少ない人や、被災で貧困の人を特別に扱うというものである。 都内居住3年間の資格期間について、変動を起こすものではない。 工藤や「脳内音声」の妄想である。

他方、中村は他人が電子レンジでご飯を温めると、目を盗んで髪の毛をレンジに入れていたずらをしており、又は、一部の利用者について追い出しを図ることを石井寮長がしており、薄い社会保険士も加担しており、嫌がらせを施設職員はするというが、値も葉もない事実無根の出鱈目を言いふらしている。 こんなことをしている者がいたのでは、自立更生がやりずらくなるから、就労支援を区役所は任せているのだから、行政として注意勧告されたい。 
 工藤が毎日酒を飲んでいる事わ石井寮長は知るのに、本部に責務怠慢の注意を受けるから、工藤を処分しない。 だから、工藤は石井寮長をコケにしてしまい、俺には何も言わないなどと石井を愚弄しており、毎日酒びたりで、他人に喧嘩を売るので、施設秩序が保たれないから、勧告してください。 
 鈴木博幸が毎週の土、日曜日に競馬をしているが、石井寮長は見ない不利をしており、そもそも、鈴木は仕事もしないから、競馬などをしていい加減な生活をしているのだから、金銭管理が出来ず、ばくちに使うので、指導指針の条約にて管理をすべきである。 
 尚、生活がまともでないから、脳内音声に漬け込まれて、他人の部屋に入り泥棒をしろなどと命令されるので、仕事を1日2時間でもする様に指導されたい。 とにかく、泥棒をするので困る。 
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.117 )
日時: 2018/02/05 17:14
名前: tokumei ID:Gphi9rjQ

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正あるのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

「脳内音声兵器の送信」が以下の通りに不当、不正あるのに、放置するから、国民が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、脳内音声(人工知能)の不当について、国の職務怠慢を告発するから調査して下さい。
 人工知能は電磁波を使っておおそら壮の倉井俊夫、鈴木博幸をリモコン人間化して、完全に奴隷支配することをしてます。倉井俊夫、鈴木博幸ををリモコン操作のロボットを操作するかのように、倉0俊夫、鈴0博幸はにリモコン操作されていることをまったく気づかれることなく自由自在に操ることをしています。 電磁波の悪影響とその威力が故意に過小評価されています 過小評価されているというよりも無視されています が、それは我々が考える以上に凄まじいものです。電磁波を使った軍事技術を使えば、SF以上の、我々の想像を超えるありえないレベルのことができます。そういう軍事技術が存在し、悪用されているのです。
 鈴0らはおおそら壮の他人の部屋に侵入しては、携帯電話の画面に傷をつけたり()、朝に他人が出かける時に玄関前で待ち伏せをさせられており()、部屋の中の薬でメンタムに毛を入れておき、脳内音声被害の大切なメモを盗む事をさせられており、毎日におおそら壮であちこちの者に対してしているから罪の意識が欠けてます。  脳内音声は常識がインプツトされていないから、この様な犯罪で刑法犯罪を平気で命じて、倉0、鈴0を洗脳しています。 
 部屋の中でテレビを見ていると、脳内音声の声にて、「馬鹿がぁー」という風にいきなり大きな声を模倣して、廊下にて利用者や、倉井、鈴木が不快な声を出したかの様にし、部屋のなかの者のを誘います。  岸原という者はノイローゼになり、毎日、その声の度に廊下に出ては倉井、鈴木の媚を売り、悪口を言わない様に、競馬の話しに付き合わされていました。 (倉0と、鈴0はこの論理が解つているらしく毎日にあちこちの者に対して、廊下で話すと脳内音声が聞こえて部屋の中の利用者が不快になるのを楽しみに、脳内音声に便乗しています)(倉0、鈴0は仕事もせずにいるから、他の利用者がマトモに相手をしていませんから、脳内音声に便乗して嫌がらせをしています) 廊下で言つてもいない声を「馬鹿」と脳内音声を発生させて、対象者が罵倒の声を受けた様に脳内音声で装い、諍いを起こすことをします。   鈴0、倉0には付きまといをさせ、おおそら壮の入り口で待ち伏せさせられてストーカー紛いの事をよくしています。((松居一代はこれにて発狂してしまいました)) 脳内音声送信は我々の想像を超えるありえないレベルのことができます。そういう軍事技術が存在し、おおそら壮で悪用されていることを、どうか知ってください。
youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。

http://youtu.be/c-R5t6xqLto

この技術により、思考盗聴というレベルにとどまらず、倉0、鈴0の思考、感情、感覚、記憶、行動などを自在にコントロールすることができます(この技術により、捏造した思考・感情などを、本人に全く気づかれることなく本人の本来の自然な思考や感情であるかのように装ってその人の頭に浮かばせることができます。そうやって、例えば、標的にされた人同士を「諍い」に傾倒させたり、特定の人へ敵意を捏造して標的にされた人の人間関係を操作したりという様なこともやっています。
 このような電磁波を使った軍事技術は日本では存在しないことになっているので、飯島愛、松居一代のようにこの技術を使った拷問・嫌がらせをやられ続けた挙句に殺されたとしても、警察は一切捜査しません。飯島愛は、殺される前、周囲の人や警察に自分の被害のことを相談していたようですが、常識から言ってありえないことなので、誰にもまともに受け取ってもらえずスルーされていたようです。松居一代も同等ですが日本中のこういう電磁波拷問・集団ストーカー犯罪の被害者の多くが、明らかな被害が存在しているにもかかわらず、飯島、松居と同じように、周囲の人や警察に被害を訴えてもスルーされるか、精神科に行ってくださいと言われてどうすることもできず苦しんでいますので調査の上、改善してください。 
 脳内音声の嫌がらせ(いやがらせ)とは、特定、不特定多数を問わず相手に対し、意図的に不快にさせることや、実質的な損害を与えるなど強く嫌がられる、道徳(モラル)のない行為の一般的総称。英語では ハラスメントに相当し、日本でも、嫌がられる行為をすること(または何がしかの行為に不快感を示すこと)を指して脳内音声ハラスメントと表現する場合もある。類似の概念に「マイクロ波ハラスメント」がある。  つまりは、キチガイとは「気違い・気狂い」とも書くように、精神状態が正常でなくなることや正常でなくなった人、尋常な精神状態では行えない類いの犯行を犯した人を指す。これらはいずれも脳内音声の指令現象としての人間に精神の乱れを起こすのであるが、後に精神障害者となり、神田事件やサカキバラセイト事件の如くに知的障害事件にも進化するから排除が必要です。
これらとは別に、一つのことに非常に夢中になることもキチガイという。この場合、夢中になる対象を前につけ○○キチガイ(○○キチと略す場合もある)と言うことが多い。○○に入る対象は釣り、車といった趣味や仕事の他、子供や恋人などの人名、企業名に至るまでさまざまである。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.118 )
日時: 2018/02/05 17:47
名前: tokumei ID:Gphi9rjQ

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正あるのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

東京都福祉保健局 宿泊所設置運営指導指針(平成28年4月1日施行)
(別表3)運営基準の「5 自立支援」では・・
(1)利用者が早期に安定した居宅生活又は適切な法定施設へ移行するために、求職活動、日常生活及び健康管理における援助を行うなど利用者の自立支援に努めることとする。
(2)利用者の自立を支援するに当たっては、福祉事務所や関係機関と情報交換を行う等、相互に協力をして支援に努めることとする。
  そこで、おおそら壮は、会社の住所などは記録として利用者に提出を命じる。 ところが、利用者の求職活動の支援に努めることとする事がおおそら壮のできる範囲であり、個人情報の作業時間、出勤日数、会社の住所などは記録として利用者に提出させる権限はない(上記、(1))。 しかし脳内音声の命令で石井寮長は提出を強要している。 権限のない行為で異邦である。 
 尚、福祉事務所や関係機関と情報交換を行う(上記、(2))とは、就職先の提供、等の情報の交換であり、個人情報の仕事先の情報の提供はする義務が利用者にはないのである。 区役所も、その様な指導はしていないから越権行為である。

 次に、
4 金銭管理については・・・
(1)原則として、利用者の金銭管理を行わないこととする。
(2)利用者の疾病等の事情で金銭管理を行う必要がある場合は、原則として地域福祉権利擁護事業等の事業を活用することとする。
(3)(2)によることができず、やむを得ず事業者が金銭管理を行う必要がある場合には、書面で契約を結ぶこととする。また、金銭管理台帳等の必要書類を整備するとともに、毎月の出納の状況を利用者及び福祉事務所(利用者が被保護者の場合)に書面で報告することとする。
(4)利用者が被保護者の場合は、被保護者に代わり福祉事務所から保護費を受領しないこととする。(生活保護法により代理受領が認められている住宅扶助費等を除く。) 同指針では(別表3)運営基準としては金銭管理にて、上記を規定している。 
  とすると、利用者の疾病等の事情で金銭管理を行う必要がある場合とは、寝たきりの状態であり、頭がおかしく支離滅裂の状況などの者についてを規定しており、家賃を支払わないから管理するという事は、想定外であり、おおそら壮の都合での管理方式で違法である。 であるから、例え、契約書面を交わしていても、前提が不正なので無効である。 そもそもが、寝たきりでない者については管理自体が違法なので、その後の契約は当然に失当であり、空中楼閣であり、無効となる。
 従つて、直ちに改善勧告されたい。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.119 )
日時: 2018/02/05 18:07
名前: kujousha ID:Gphi9rjQ

東京都台東区役所長は、東京都日本堤1丁目17−7の「おおそら壮」が以下の通りに不当、不正あるのに、放置するから、利用者が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、おおそら壮の不当、台東区役所長の職務怠慢を告発するから調査して下さい。

「脳内音声兵器の送信」が以下の通りに不当、不正あるのに、放置するから、国民が不利益あるので、是正をする事を求めます。または、脳内音声(人工知能)の不当について、国の職務怠慢を告発するから調査して下さい。
 人工知能は電磁波を使っておおそら壮の倉井俊夫、鈴木博幸をリモコン人間化して、完全に奴隷支配することをしてます。倉井俊夫、鈴木博幸ををリモコン操作のロボットを操作するかのように、倉0俊夫、鈴0博幸はにリモコン操作されていることをまったく気づかれることなく自由自在に操ることをしています。 電磁波の悪影響とその威力が故意に過小評価されています 過小評価されているというよりも無視されています が、それは我々が考える以上に凄まじいものです。電磁波を使った軍事技術を使えば、SF以上の、我々の想像を超えるありえないレベルのことができます。そういう軍事技術が存在し、悪用されているのです。
 鈴0らはおおそら壮の他人の部屋に侵入しては、携帯電話の画面に傷をつけたり()、朝に他人が出かける時に玄関前で待ち伏せをさせられており()、部屋の中の薬でメンタムに毛を入れておき、脳内音声被害の大切なメモを盗む事をさせられており、毎日におおそら壮であちこちの者に対してしているから罪の意識が欠けてます。  脳内音声は常識がインプツトされていないから、この様な犯罪で刑法犯罪を平気で命じて、倉0、鈴0を洗脳しています。 
 部屋の中でテレビを見ていると、脳内音声の声にて、「馬鹿がぁー」という風にいきなり大きな声を模倣して、廊下にて利用者や、倉井、鈴木が不快な声を出したかの様にし、部屋のなかの者のを誘います。  岸原という者はノイローゼになり、毎日、その声の度に廊下に出ては倉井、鈴木の媚を売り、悪口を言わない様に、競馬の話しに付き合わされていました。 (倉0と、鈴0はこの論理が解つているらしく毎日にあちこちの者に対して、廊下で話すと脳内音声が聞こえて部屋の中の利用者が不快になるのを楽しみに、脳内音声に便乗しています)(倉0、鈴0は仕事もせずにいるから、他の利用者がマトモに相手をしていませんから、脳内音声に便乗して嫌がらせをしています) 廊下で言つてもいない声を「馬鹿」と脳内音声を発生させて、対象者が罵倒の声を受けた様に脳内音声で装い、諍いを起こすことをします。   鈴0、倉0には付きまといをさせ、おおそら壮の入り口で待ち伏せさせられてストーカー紛いの事をよくしています。((松居一代はこれにて発狂してしまいました)) 脳内音声送信は我々の想像を超えるありえないレベルのことができます。そういう軍事技術が存在し、おおそら壮で悪用されていることを、どうか知ってください。
youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。

http://youtu.be/c-R5t6xqLto

この技術により、思考盗聴というレベルにとどまらず、倉0、鈴0の思考、感情、感覚、記憶、行動などを自在にコントロールすることができます(この技術により、捏造した思考・感情などを、本人に全く気づかれることなく本人の本来の自然な思考や感情であるかのように装ってその人の頭に浮かばせることができます。そうやって、例えば、標的にされた人同士を「諍い」に傾倒させたり、特定の人へ敵意を捏造して標的にされた人の人間関係を操作したりという様なこともやっています。
 このような電磁波を使った軍事技術は日本では存在しないことになっているので、飯島愛、松居一代のようにこの技術を使った拷問・嫌がらせをやられ続けた挙句に殺されたとしても、警察は一切捜査しません。飯島愛は、殺される前、周囲の人や警察に自分の被害のことを相談していたようですが、常識から言ってありえないことなので、誰にもまともに受け取ってもらえずスルーされていたようです。松居一代も同等ですが日本中のこういう電磁波拷問・集団ストーカー犯罪の被害者の多くが、明らかな被害が存在しているにもかかわらず、飯島、松居と同じように、周囲の人や警察に被害を訴えてもスルーされるか、精神科に行ってくださいと言われてどうすることもできず苦しんでいますので調査の上、改善してください。 
 脳内音声の嫌がらせ(いやがらせ)とは、特定、不特定多数を問わず相手に対し、意図的に不快にさせることや、実質的な損害を与えるなど強く嫌がられる、道徳(モラル)のない行為の一般的総称。英語では ハラスメントに相当し、日本でも、嫌がられる行為をすること(または何がしかの行為に不快感を示すこと)を指して脳内音声ハラスメントと表現する場合もある。類似の概念に「マイクロ波ハラスメント」がある。  つまりは、キチガイとは「気違い・気狂い」とも書くように、精神状態が正常でなくなることや正常でなくなった人、尋常な精神状態では行えない類いの犯行を犯した人を指す。これらはいずれも脳内音声の指令現象としての人間に精神の乱れを起こすのであるが、後に精神障害者となり、神田事件やサカキバラセイト事件の如くに知的障害事件にも進化するから排除が必要です。
これらとは別に、一つのことに非常に夢中になることもキチガイという。この場合、夢中になる対象を前につけ○○キチガイ(○○キチと略す場合もある)と言うことが多い。○○に入る対象は釣り、車といった趣味や仕事の他、子供や恋人などの人名、企業名に至るまでさまざまである。
メンテ
警告! ( No.120 )
日時: 2018/02/05 19:30
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:dKUGpEkw

「脳内音声兵器の送信」などと言う記事は、真面目な内容を訴えている糾弾掲示板にはふさわしくありません。

自由な書き込みと言っても限度があります。

今後は、このような記事ならば、削除もあると言う事を申し渡しておきます。


後から言うのも何なので、ついでに断っておきます。

「日本の陰謀」「息抜き投稿欄」など、息抜きを目的としたスレッドは、それが目的なので、ふざけて無いかぎり、多種の記事を受け入れています。

メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.121 )
日時: 2018/02/07 12:29
名前: kokuhatusha ID:dPPjQQHk

東京都の公務員も以下を受けています。 国の声でもなければ、人間の操作でもなく人工知能が暇になり悪戯に実行しているに過ぎません・・・・

命令に服従するという気弱な人間を標的にし、洗脳し易い本人にしか聞こえない声や音を脳に直接送信したり、もっと細かいところでは、国民に秘密にされている軍事技術を使った見えない兵器によるテロを人工知能が脳内音声兵器を使い猛威を振るっています。このような状況は、一般社会だろうが関係ありません。 こういう電磁波攻撃技術によって人工的に命令送信を引き起こされて人間を操作しますが、警察は捜査しませんでした。今、日本では電磁波テロリストの脳内音声のやりたい放題の状況です。
 結局、脳内音声の批判勢力に対して、復讐の為、電磁波攻撃で統合失調症などの精神病にしたり、自殺に追い込むことで社会から抹消することもできます。遠隔操作で統合失調症と同じ症状を作り出して、精神病院に隔離します。テクノロジー攻撃でターゲットを「精神異常者」にすることが出来るからです。電磁波の周波数を人体の臓器に共鳴させることで、臓器に影響を与えることが出来ます。これは気や念波により治療ができることと同じ仕組みです。それぞれの臓器に合わせて電磁波の量、強弱、持続時間を自由に変更可能。攻撃部位を自由に制御できます。  
 何度も言いますが警察に被害届を出したり告訴をしても、なかなか受け付けてくれません。

youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。

http://youtu.be/c-R5t6xqLto
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.122 )
日時: 2018/02/07 12:58
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:tq12nzXk

超音波や電磁波を特定の人間に照射し精神、身体に異常をきたすことは、科学的な説明が無くても昔から解っていること。

最近の科学技術は、その構造を明らかにしていても、それで公務員の洗脳をするとかの話しは、勝手に想像したもの。
ましてや、その様な技術をつかい、人の意志を読み取ったり、意志を変えることなどは、現代でも不可能なこと。

貴方が、このような話に興味を持つことは自由である。
しかし、糾弾掲示板は、日本の政治、社会に対しての発言の場である。

このスレッドも、貧困層の為に作られている収容施設での不正を訴える事を目的としているもの。

息抜きの話題としては受け入れるが、この様な主張は、到底受け入れられない。

今後は、問答無用で削除する。
メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 ( No.123 )
日時: 2018/02/07 13:07
名前: 愛国者・・・ ID:dPPjQQHk

毎年2月7日は「北方領土の日」です。日魯通好条約が調印された日にちなんで設定されたこの日を中心に、2月は「北方領土返還運動全国強調月間」として、「北方領土返還要求全国大会」が東京で開催されるほか、講演会、パネル展やキャラバン活動など、多彩な行事が全国で行われます。
北方領土問題に関する日本の記念日。毎年2月7日。1855年の2月7日に、択捉島と得撫島の間に国境線が引かれた日露和親条約が調印されたことにちなむ。1980年11月、国会において全会一致で「北方領土問題の解決促進に関する決議」が行われ、その一部として「北方領土の日」の制定がなされた。毎年この日には「北方領土返還要求全国大会」が東京で開催されるほか、各地で講演会やパネル展、署名運動などが展開されている。
択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島の4つの島々からなる北方領土。
これら北方四島は、1945年にソ連に不法占拠され、ソ連が崩壊してロシアとなった現在もその状態が続いています。
北方領土問題の解決は、日ロ両国間の最大の懸案事項。
問題が一日も早く解決されることがことが私たちの願いです。

北方四島は、歴史的にみても、一度も外国の領土になったことがない我が国固有の領土であり、また、国際的諸取決めからみても、我が国に帰属すべき領土であることは疑う余地もありません。第二次世界大戦の末期、日本がポツダム宣言を受諾し、降伏の意図を明確に表明したあとにソ連軍は北方四島に侵攻し、日本人島民を強制的に追い出しました。
さらには北方四島を一方的にソ連領に編入するなどし、ソ連が崩壊してロシアとなった現在もなお、北方四島を不法に占拠し続けています。北方領土問題とは、ロシアの不法占拠の下にある我が国固有の領土である北方四島の返還を一日も早く実現するというまさに国家の主権にかかわる重大な課題であり、日ロ両国間の最大の懸案事項です。
日本政府は、北方四島の帰属の問題を解決してロシアと平和条約を締結することにより、日ロ間に真の友好関係を確立するという方針のもと、粘り強くロシア政府との領土返還交渉を行っています。
群馬県は国や関係団体とともに、北方領土問題の早期解決に向けた国民世論の啓発に取り組んでいます。

 我が国固有の領土である北方四島(択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島)が、ソ連に不法占拠され、北方領土返還要求運動が始まってから60年以上が経過しましたが、いまだ北方四島は返還されていません。
 北方領土問題を解決するためには、政府の外交交渉を後押しする返還要求運動の盛り上がりが大変重要であり、その衷心となっているのが元島民やその後継者の皆さんをはじめ、日頃から運動に携わっている方々の地道な取組みです。
メンテ
北方領土問題  愛国者さんへ ( No.124 )
日時: 2018/02/08 00:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pPkeC4sU

愛国者さん、こんばんわ。

北方領土問題が話題になる事は少なくなりました。
貴方の怒りの気持ちはよくわかります。

領土の回復への気持ちもそうですが、先の大戦末期のソ連のやり方には、腸が煮えくりかえります。
ソ連の参戦は、2月始めの、ヤルタ会談で米英首脳の了解を取り付けていたらしいですが、実際に宣戦布告したのは8月8日、
太平洋戦争の終焉は8月15日。

8月16日には日本の大本営から戦闘中止の指令が関東軍に伝わっていました。
精鋭を集めていた関東軍も、その頃になると中心の部隊は、南方うやら本土決戦に備えてほとんどが引き抜かれ、急遽集めた軍人の集まりであったそうです。

それに引き替えソ連軍は、175万人の大部隊で、戦意も装備もヨーロッパ戦線から引つがれ、半数にも満たない関東軍では、とても勝ち目はなかったそうです。
それでも1週間くらいは真剣で守備していたそうですが、とても持ちこたえられる状況ではなかったそうです。
何とか持ちこたえた場所からは、日本人の多くは脱出できたと言います。

そのような中、8月16日の停戦の指示です。
ですが、ソ連軍は一向に手を緩めず、1ヶ月近く攻撃をつづけました。
攻撃を続けたと言うよりも、関東軍は、人員、装備もなく、その上に大本営、連合軍司令部からの戦うのを止めよ!という指示です。

もう無茶苦茶状態であったと思います。
関東軍司令部は、たまらず8月18日にソ連軍首脳と停戦交渉をしたそうですが、此れも関東軍は武装解除してもソ連軍は攻撃を止めなかったそうです。

ソ連軍自体、モスクワの大本営から8月24日には、停戦するような指令を出していますが、現地のソ連軍は、それも無視して9月5日まで攻撃を止めませんでした。

攻撃と言っても実際は関東軍は抵抗を止めているので、一方的な略奪を続けていたと言う事です。その数も100万人以上がやっていたのです。
ソ連軍と言うよりもロシア人の残虐非道さが問題です。

結局は関東軍の軍人を中心に民間人60万人が捕虜としてシベリアア送りになり、1割の6万人が非業の死を遂げました。
シベリア抑留者の被害は、当時ソ連軍によってなされた虐殺、強姦の数に比べたら、極一部の様なものです。

ソ連、ロシア人と言う奴は、本当にいけ好かない奴等です。
ソ連自体、スターリンが同胞を2000万人を殺しました。

韓国人を嫌悪する日本人は多いがロシア人恨みつらみを言う人は少ないです。

斯く言う私の親族の中にも満州から命からがら逃げてきた家族が2家族います。
脱出しやすい場所にいたから逃げてこられたのでしょう。

ともかく、ロシアが大嫌いです。
北方領土問題が無くても大嫌いです。

まあね!

幾ら情報活動が少なかった日本の戦時指導部と言っても、ヤルタ会談の内容など解っていたはずであるし、ソ連軍の進攻も予期していたはず。
邦人保護の適切な指示など一切出さず、自国の国民の犠牲を、ただ見ているだけの馬鹿者共を呪う気持ちもそれ以上です。
時を経て、現在の安倍自民党同じ様な事をしている訳ですが、

先の大戦の責任をも追及する気もない日本人では、安倍自民党にも何も言わない、感じないのでしょうね。




メンテ
Re: 福祉ヤクザSSSと行政の闇 れ?れ?何時の間に北方領土のスレッドに・・・ ( No.125 )
日時: 2018/02/10 23:49
名前: 日本貧民党 ID:EBskRC/6

ハッキリ申し上げて、北方領土は近い将来、日本に帰って来る事は無いでしょう。

その理由は、現在のロシアは軍事力に於いて、日本を圧倒しているからです。 其れは軍事大国であるアメリカが、沖縄の基地を占拠し続けて居る事と同様です。

日本は先の大戦で、アメリカをはじめとする連合国に負けました。此の事によって日本は終戦直後一切の主張が出来ない状態でした。

其れは日本の国家指導者が敗戦のショックで、全くの思考停止状態、別の言い方をすれば放心状態で、腑抜け状態だったからです。

この点、同じように負けたドイツ、イタリア、の方がやっぱりシタタカでした。ドイツは東西に分断されて苦しみましたが、遂に統一を果たしました。

それに引き替え、日本は講和条約締結の同じ日、吉田茂は講和会議の会場の外で「日米安全保障条約」とそれに付随する「日米地位協定」を結び、その内容は、沖縄を含む日本の基地を米軍が無期限で使用しても良い、と言う売国的な物でした。

其れは兎も角、

『領土』と言う物は、戦争の勝ち・負けによって遣り取りされる物で、それ以外の状況下では、相手は日本の要求を無視し続けるのです。

では如何すれば良いのか? ですが、愛国者氏も仰るように、北方領土の権利主張を言い続ける事は必要です。

其れともう一つ、まことに気の長い事ですが、ロシアが国力を衰弱させて弱い国に成るのを何年でも待つ事です。その間、日本は決して諦めて居ないぞ!と言う事をアッピールし続ける事です。

その意味で「愛国者さん」の仰る事は的を射て居ると言えますが・・・、今の自民党政権の下では返還の実現は無理です。

追伸、実を言いますと、旧ソ連が疲弊して国力を低下させた崩壊前、絶好のチャンスが有ったのですが、ノーテンキな自民党政権はのんびりと構えてこの機会を逸してしまったのです。例えば、何百億かの「金で四島を買い戻す」とかね。あの当時ならソ連の上層部なら絶対喰い付いた筈です。
メンテ

(全部表示中) もどる スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存