ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[39] 息抜き投稿蘭です
日時: 2009/08/04 13:49
名前: 天橋立の愚痴人間

<< 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

 秦の趙高(ちょうこう)、漢の王莽(おうもう)、梁の周伊(しゅい)、唐の禄山(ろくさん−安禄山)らも旧主先皇の政治に従わず、楽しみをきわめ諫言も聞かず、天下の乱れも知らず、民衆の憂いも顧みないので亡びてしまった。>>

我が国の現状、何をか況や。平家にあらずんば人にあらず。公務員にあらずんば国民にあらず。

少し前の時代、未曾有の経済の発展を遂げた我が国は、思いあがり、浮かれきっていたのもつかの間のこと。

気が付けば、多くの民は疲弊し、世は乱れ、為政者はまつりごとを忘れ、都に住む栄誉の一族のみが繁栄を貪り続けている。

やがて来るべき暗黒の世を知らず。

民を忘れた為政者は、民を見る勇気を持たず、打ちひしがれた弱き者たちは怠惰と享楽に身を任せ、悪霊ばかりが横行する。

そのような世の中を正す、一傑の英雄の現われることなく、空しく時は過ぎ去る。
夢か、うつつか、目を覚ませ。一時の繁栄に我を忘れた諸人よ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

桜満開  もうすぐ! ( No.117 )
日時: 2019/03/30 22:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AFdTUrWw

ワシントンの桜の画像です、スライドショーで楽しんでください。

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3+%E6%A1%9C


ストックホルムの桜(動画です)

https://www.youtube.com/watch?v=zTpeoOV51vo


日本の桜の画像

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E6%A1%9C

桜と鉄道 動画

https://www.nicovideo.jp/watch/sm23280780
メンテ
ツタンカーメン ( No.118 )
日時: 2019/04/07 16:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:TZi7dvRM

今日は日曜日でもあり、のんびりとネットの動画を見ていた。
ツタンカーメンの財宝についての動画であった。

ツタンカーメンは古代エジプト第18王朝の王であり9歳で即位して19歳で亡くなっている。
その墳墓は殆ど盗掘されてないことで貴重な歴史的資料とされている。

時代は紀元前1300年代、現在から言えば3300年前のことである。
その装飾品の精巧なことには驚かされる。
現代でも、それを作れる技術者は限られるであろう。

そのツタンカーメンは病弱で彼の死には暗殺説などがあり、悲劇の少年王と言うイメージが強い。
しかしながら、その動画では、当時のエジプトでは14歳で立派な成人。ツタンカーメンは戦う王であり戦場で死んだとも想定している。

興味深いのは、装飾品からも知られる古代エジプトの敵対国である。
古代エジプトは、北はシナイ半島、西は現在のシリア、南は現在のスーダン方面からの侵略にさらされていたようだ。

古代エジプトの歴史は5000年。
ギザの大ピラミッドが作られたのは、今から4500年前の紀元前2500年。
ツタンカーメンから遡ること1200年。

日本では縄文時代の真っ只中。
ギザのピラミッドにしても、その科学的技術は称賛に当たる。
その当時も、エイジプトは、やはりシナイ半島、シリア、スーダンからの攻撃の対象であったらしい。

古代エジプトの文化の程度に驚嘆するが、同時に、そのエジプトを脅かしていた周辺地域の文明も相当優れたものであったのであろう。
人類の悠久の歴史に驚かされた動画でした。

現代人は自惚れ、停滞しているのではないか。

https://www.happyon.jp/watch/100031714
メンテ
新一万円札に渋沢栄一 ( No.119 )
日時: 2019/04/10 00:42
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:ntwZ.beE

>【ソウル共同】日本政府が新1万円札に実業家渋沢栄一の肖像画を採用すると発表したことを受け、韓国メディアは9日、渋沢が「日本の帝国主義時代に朝鮮半島の経済を奪い取った主役だった」と強調した。

 聯合ニュースは、渋沢が設立した第一銀行が大韓帝国時代の1902〜04年に朝鮮半島で発行した紙幣にも渋沢の肖像画が使われたとし、「朝鮮半島の初めての近代的な紙幣に登場し、韓国に恥辱を抱かせた」と主張した。

 KBSテレビも、朝鮮半島の収奪の歴史を象徴する人物の肖像を採用するのは「過去の歴史を否定する安倍政権の歴史修正主義が反映された可能性がある」との見方を伝えた。

(引用終わり)

紙幣が改編されることなど知らなかった。ましてや渋沢栄一が1万円札の顔となるなど。
韓国の反応は抜きにして、どうして渋沢栄一は解らない。
渋沢などは、明治の経済界の大立者。
次に歴代の紙幣に登場する人物を紹介するが経済界からは渋沢だけ。
1万円札とは、日本銀行の総裁を持ち出すようで歓迎できない。

まあね、そうかと言って紙幣の顔にして皆が納得するような人物は見当たらない。
そういう点では聖徳太子が一番であった。
聖徳太子は、100円札から1万円札まで、全ての紙幣の顔を演じてきた。
おそらく時代時代の最高額紙幣は全て聖徳太子であったのであろう。                         

何のために変えるのか、贋金つくりの予防のためか。
私としては、最高額紙幣は聖徳太子でよい。
5000円札は名僧、良寛でも一休禅師でも良い。
1000円札は、それこそ人気投票並みに、ころころと変えることも趣がある。

(参考 歴代紙幣の顔)

2024年 渋沢栄一   1万円札(予定)
2024年 津田梅子   5000円札(予定)
2024年 北里柴三郎 1000円札(予定)
2004年 樋口一葉   5000円札
2004年 野口英世  1000円札
2000年 紫式部   2000円札
1984年 福沢諭吉   1万円札
1984年 新渡戸稲造  5000円札(過去)
1984年 夏目漱石  1000円札(過去)
1963年 伊藤博文  1000円札(過去)
1951年 岩倉具視  500円札(過去)
1951年 高橋是清 その他(過去)
1948年 板垣退助 100円札(過去)
1946年 二宮尊徳 その他(過去)
1945年 日本武尊  1000円札(過去)
1930年 聖徳太子    1万円札・5000円札・1000円札・100円札(過去)
1891年 藤原鎌足  その他(過去)
1890年 和気清麿呂 その他(過去)
1889年 武内宿禰  その他(過去)
1888年 菅原道真  その他(過去)
1881年 神功皇后     その他(過去)

※ 私は1万円札はまだ聖徳太子とばかり思いこんでいた。

メンテ
ついに、ブラックホールの撮影に成功した ( No.120 )
日時: 2019/04/11 10:45
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3KdNq.6U

「ブラックホールの撮影に成功 世界初 一般相対性理論を証明」

界で初めてブラックホールの影を撮影することに成功したと、日米欧などの国際研究チームが10日、発表した。ブラックホールの存在は約100年前にアインシュタインの一般相対性理論によって予測されたが、強大な重力で光さえも外に出られないため、観測が難しかった。研究チームは高解像度の電波望遠鏡を利用してブラックホールのごく近傍のガスが発する電波を精密に観測し、影絵のようにブラックホールを浮かび上がらせた。

 一般相対性理論の正しさを証明するとともに、銀河の中心にあると考えられてきた巨大ブラックホールを直接確認した成果。ブラックホールの影の大きさから質量などを算出し、銀河の起源や進化を解明する重要な手がかりとなる。

 チームは2017年4月、おとめ座の方向にあり、地球から約5500万光年離れた楕円(だえん)銀河「M87」の中心にあると考えられていた宇宙最大級のブラックホールを観測。南米チリにある「アルマ」をはじめハワイ、南極など世界6カ所にある8台の電波望遠鏡の観測データを約2年かけて慎重に解析した。

 その結果、ブラックホール周辺部のガスがリング状に輝き、中心が影のように暗くなっている画像が得られた。リングの直径は約1000億キロで、そこからM87の中心にあるブラックホールの質量は太陽の約65億倍だと算定できるという。

 プロジェクトには約200人の研究者が参加。日本の研究者の代表を務める本間希樹(まれき)・国立天文台教授(銀河天文学)は「誰もその姿を見たことがなかったブラックホールの姿を撮影でき、アインシュタインの一般相対性理論を裏付ける結果となった。過去100年にわたる物理学的、天文学的な問いに対する明確な答えだ」と話した。

 ◇ブラックホール

 極めて高密度、大質量で重力が非常に強く、周囲にあるガスなどの物質を引き込む天体。光の速度でも脱出できない。角砂糖の大きさで地球ほどの質量を持った物体はブラックホールになるとされる。重い星が一生の最後に自己の重力によって収縮してできるタイプのほか、銀河中心に巨大ブラックホールがあると考えられているが、巨大ブラックホールの成因はよく分かっていない。

(引用終わり)

画像は下で

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000094-mai-sctch


名前くらいは知っている。
幾ら文字で説明されても、理解など出来ない。

こういうのを理解している人は、どんな頭をしているのであろう。
また、ブラックホールの存在を予言した、アインシュタインとは、この人も名前だけは知っているが、日本にも来たことがあるらしいが、同じ人間とは思えない。

>地球から約5500万光年離れた楕円(だえん)銀河「M87」の中心にあると考えられていた

銀河系の直径が10万光年とか、太陽系の直径は、0.000475光年。
人類が作るロケットは、その0.000475光年先へも行っていない。

ましてや5500万光年先のブラックホール
人類が1000万年生きてもブラックホールへは到達できない。

(興味があるので計算して見ましょう)

0.00475光年と言うのは4時間あまりで進む距離。
光速で「M87」銀河へ行くには
光速で5500万年かかります。
現在の宇宙ロケットは秒速7〜8km。光速の3万分の1
と言うことは、現在のロケットで「M87」銀河へ行くには5500万年×3万=1650000000000年かかります
1兆6500億年です。
宇宙の年齢は150億年といわれています。
人類など、全くお呼びでないですね。

ウルトラマンの故郷は「M87」銀河といわれています。
どうして地球へ来たのでしょう。

そのようなものなど、どうでもよい。
とは思いながら気になって仕方がない。

そんな世界で生きている天文学者。
我々から見れば、エイリアンという方が理解しやすい。

まあ、大した壮挙ということであろう。
この様な話題もたまには良い。

何せ、これ以外真っ白となる。


メンテ
人間の能力 第6感の話 ( No.121 )
日時: 2019/04/19 14:56
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:gBUW2PNk

通常我々は五感によって生活しています。
それも現代では、視覚、聴覚が中心です。

その五感とは、

動物やヒトが外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来の分類による5種類、すなわち視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚をさす。この伝統的な分類を前提として、人間の感覚全体を指すために「五感」という表現が用いられる場合もある(「五感を鋭くする」など)。

でも実際に人間が感じられる感覚の数は次の通りで20種類もあるといわれています。

触覚と呼ばれているものは、生理学的には体性感覚と呼ばれるものにほぼ相当すると思われるが、体性感覚は決して単純に皮膚の感覚を脳に伝えるものなどではなく、表在感覚(触覚、痛覚、温度覚)、深部覚(圧覚、位置覚、振動覚など)、皮質性感覚(二点識別覚、立体識別能力など)など多様な機能を含んでいる。

それ以外にも、感覚には内臓感覚、平衡感覚などが存在する。

ところで、よく使われる言葉に、第六感というものがあります。

この場合、人間の枠を広げて生物としてみてみましょう。

>それは大きく分けて電気的な要因に起因するもの、

微弱な電気を感じ取る能力が「第六感」と捉えられることがある。生物の一部には電位の変化を感知する能力を持つものが知られており、例えばサメにあるロレンチー二器官は1960年代に微弱な電気(電場)を感知できる器官であることが判明している。

>磁気的な要因に起因するもの

磁気(地磁気)を感じ取る能力(磁覚)が「第六感」と捉えられることもあり、2019年3月、東京大学やカリフォルニア工科大学などの共同研究チームがヒトには地磁気を大まかに感じ取る能力があるとする研究成果を米国の専門誌に発表した[3]。なお、地磁気を感じる磁覚については渡り鳥などの鳥類、サケ、ミツバチなどにその能力が見られる[3]。

>霊感(これは人間だけかも知れない)

中村天風は霊感を、五感を超えているところから「第六感」とも呼んだ。その身近な例としては「虫の知らせ」というのがある[7]。もともと人間として生命を得たからには、誰でもこの感覚を持っているのだが、文明人になるにしたがって、この働きが弱くなってしまった、と述べ、「だからこの霊感(自覚正念)を磨けば、無念無想になれる」と中村天風は述べた。中村天風は意識を「肉性意識」と「心性意識」と「霊性意識」に分類し、3つめの「霊性意識」の中に第六感(霊感)も含まれている、とした。


※ 私の霊感に関する体験談として、次のようなことがありました。

「霊が呼んでいる」

お話 1 (私の体験談)
私の父親が外出先で急死したとき。丁度その時間、私は自動車で少し遠出していた、その帰り道、走行中に突然マフラーが外れて路面に転がった、マフラーの異常については全く意識に無かったので不思議に思い帰宅したとたん、父親の死を知らされた。死亡時間も殆どマフラーの脱却時間と合っていた。

お話 2 (私の体験談)
私の叔母の話し。叔母が癌を患い、手術をしたが、殆ど時間の問題で助からないとは聞いていた。ある日の午後11時すぎ、何かを感じて、見舞いに行こうと、私が言い出し、両親も何故か時間が時間であるにかかわらず素直に賛成して出かけることになった。病院は自動車で2時間の距離。その病院について見ると、叔母が息を引き取って10分後であった。付き添っていた親族も何故解ったと不思議がっていた。私も何故、あの時間に出かけようと思い立ったのか、後から考えれば不思議である。

「霊を見る試み」

お話 9 (私の体験談)
これも古い話になります。25年くらい前、私の父親が経営していた事業が倒産し、私も別の理由ですが、離婚をしていた。不幸なことが続くことを憂慮した母親が、先祖のたたりでもあるのか心配して他愛もない理由で、近くの霊感豊かで有名な御婆さんに見てもらうことになった。当日、私は付き添いで父親を連れて霊感御婆さんのところへ行った。御婆さんは父親の背中をさすりながら、遠慮深げに、この方には、何の問題も感じられないが、其処の息子に問題があるのではとはっきり断言した。それで、想定外に、私も見ていただいた。御婆さんが言うには、女と子供が悲しんでいる。中にも一人女がいる。お前は何か悪いことをした覚えがないかと問うてきた。ずばり、母親が5才の子供をつれて離婚してから半年余りの時期であった。断っておきますが、もう一人の女と言うのは、浮気ではありません。嫁、姑の対立が大きな離婚の要因だったのです。なんとも言えない気持ちで、私のほうが元気が無くなりました。

(以上)

五感が全てと思い込みがちな毎日ですが、この様なことも無意識の内に体験しているのです。

ついでに、これは飛躍しすぎですが、超能力のことも挙げてみましょう。
ロシアなどでは、本格的に研究している機関もあるようです。

超能力の種類

超感覚的知覚(英:ExtraSensory Perception、ESP) テレパシー(英:Telepathy)「遠方の」tele「感覚」pathy
予知(プレコグニション 英:Precognition) pre「事前に」cognition「認識」
透視、千里眼 (クレヤボヤンス 仏:Clairvoyance) clair「明白な」voyant「視覚」

念力、念動力(サイコキネシス 英:Psychokinesis)「精神の」psycho「動き」kinesis(ともにギリシャ語) ※手を触れずに物を動かすため、テレキネシス(英:Telekinesis)「遠方の」tele「動き」kinesis とも。
他 サイコメトリー(英:Psychometry)「精神の」psycho「測定・分析」metry
瞬間移動(テレポーテーション 英:Teleportation)「遠方の」tele「運ぶ」port(portはラテン語のportreから)
念写(英:Thoughtography, Projected thermography, Nengraphy)「考えた」thought「記録」graphy
発火能力(パイロキネシス 英:Pyrokinesis)「火の」pyro「動き」kinesis
物体取り寄せ(アポート 英:apport

メンテ
宇宙の大きさを感じる! ( No.122 )
日時: 2019/04/22 12:10
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Pb88EquM

またまた宇宙の話。

地球の大きさは直径          12700km
太陽系の直径は            1391600km(光年で言えば 0.00475光年糾しこれは冥王星まで)
太陽系が属する天の川銀河の直径は   1,000,000,000,000,000,000km(10万光年)
天の川銀河が属するラケニア超銀河団  5,00,000,000,000,000,000,000km(1億光年)

これで驚いてはいけない、ラケニア超銀河団には10万個の銀河があるとされている。
宇宙全体では、最近になって銀河は2兆個存在するといわれている。
であるなら、ラケニア超銀河団と同じようなものが2000万個存在することになる。

皆さん、この辺で着いてはこれないことでしょう。


まず太陽系の大きさですが、
太陽から、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の惑星があります。
残念ながら冥王星は近年惑星とは認められなくなりました。
太陽から地球までの距離を1天文単位(1億5000万km)とします。
太陽からの各惑星までの距離は
水星ーー5800万km
金星ーー1億800万km
地球ーー1億5000万km
火星ーー2億2800万km
木星ーー7億7800万km
土星ーー14億3000万km
天王星ーー28億8000万km
海王星ーー45億km
冥王星ーー59億km

ちなみに、冥王星までの距離が39.5天文単位です。
海王星から約1000天文単位までの間に、
微小天体がドーナッツ型に分布しています。
これを”カイパーベルト”と呼ばれています。
その中に、90−125天文単位に太陽圏があり、
宇宙からの有害な宇宙線を地球に届かないように
防いでくれています。
太陽圏は太陽から吹く太陽風のスピードが落ちて
ゼロになる所です。

この太陽圏の外側に、オールトの雲が広がっています。
オールトの雲は”彗星の巣”と言われ、
太陽から5万天文単位付近(約1光年)のところで
球状に太陽を取り巻いています。
かろうじて、太陽の重力が及んでいます。
ここまでを太陽系の一員と推測されてます。
ですから、我々の太陽系は直径2光年の大きさだと推測されます。

1光年は10,000,000,000,000kmなので、先に上げた太陽系の直径は 20,000,000,000,000km(2光年)となります。

そこで別の見方をして見ましょう。
10円硬貨を太陽系としてみます。
天の川銀河には太陽系のような恒星が2000億個あるといわれています。
天の川銀河で太陽に一番近い恒星(プロキシマケンタウリ)までは4.2光年。

つまり太陽系の10円硬貨の5cmとなりにはプロキシマケンタウリがあるということになります。
太陽系と同じように天の川銀河も、おおむね中央部が膨らんだ楕円形をしています。

5cm間隔で、2000億個の10円硬貨を並べてみましょう。
少しは厚みがあるので、1/5の400億個として平面を探ってみましょう。
2000億個の恒星が存在するための銀河の広さは、1万km四方、つまり1億kuになります。
海を含めた地球の表面積は5億Kuなので、10円硬貨を敷き詰めるには地球の陸地のほぼ全体がいります。

皆さん、10円硬貨の一つに入ったとして、地球の陸地の全てが天の川銀河の大きさと言えます。
アメリカが宇宙の探査ロケットを打ち上げていますが、まだ太陽系の端までの(10円硬貨の端)1/5000くらいのところまで達したのみです。

次に超銀河団の大きさですが、
天の川銀河に一番近い銀河といわれているのは大マゼラン星雲と少マゼラン星雲があり、おおむね20万光年離れています。
ちなみに有名なアンドロメダ銀河は250万光年離れています。
天の川銀河の直径10万光年の25倍の距離です。

さて超銀河団には、10万個の銀河が含まれているということです。
では同じように天の川銀河を10円硬貨に置き換えて、超銀河団の大きさを見てみましょう。

銀河同士は平均で50万光年離れていると仮定し碁盤の目で配置してみましょう。
この場合もやはり碁盤の目の間隔は5cmです。
1uの中に存在する10円硬貨は400個です
平面的に捉えて銀河の数を600万とします。
これによると、400m×400m=15000uの広さが必要になります

小学校のグラウンドで言えば、3〜5個分です。

ただしですね、宇宙には2000万個の超銀河団があります。
2000万個分というのは550km四方です。
日本の本州を10円硬貨で敷き詰めても少し足りません。
が、一応は目にすることが出来る形で宇宙の広さを測りました。

如何でしょうか、この様に考えれば宇宙も有限のように見えますね。

結論、地球の平面面積(1兆1300万Ku)×120兆倍=太陽系の面積
   太陽系の面積×2000億(銀河系の面積)×10.0万(超銀河団面積)×2000万(宇宙の面積)
ただし、これには空隙率が入ってないので実際には、かける(3〜5)を追加する。
要するに、宇宙の広さは 1130000000000Ku(地球の平面積)×120000000000000(太陽系の面積)× 200000000000(銀河の面積)×100000(超銀河団の面積)×20000000×5(間隙率)=1081800000000000000000000000000000000000000000ku

ただし、これは宇宙を平面的に捉えただけのもので実際は立体になります。
容積的には、さらに500000000000000000000000000000000000000000000倍にもなるでしょう。

宇宙の実際の大きさ(容積)=540900000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000   Km3            

※ と言っても広さは想像できないでしょう。
そのときは、空を見上げてください。 
  見渡す限り、貴方の宇宙です。



逆に益々解らなくなったとか!
まあね、宇宙の広さなどと考えない方が正解でしょうね。

以上の話は現在認識されていることによるもので、その先もあるのではないでしょうか。


※ ついでに言っておきたい
 お金も 100,000,000円もあれば十分で、それ以上の0は不要なのでは。
 私などは 10,000,000円でも満足できる。
それが人間の身の丈にあった感覚で宇宙を望んでは空しさに苛まれる。
メンテ
Re: 息抜き投稿蘭です ( No.123 )
日時: 2019/08/17 09:40
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:JmhTfyTE

書かれる方も、読まれる方も、毎日御苦労様です。
ここらで一息入れてください。



宇宙の写真集

http://www.jiji.com/jc/d2?p=csm00101-0957673&d=004soc&rel=y&g=soc



スペインの建築家 アントニオ・ガウディ

悪魔か、天才か  

  バルセロナ南西の商業都市レウスに銅板機具職の子として生まれたアントニ・ガウディ(1852-1926)は、 16歳の時、バルセロナ県立建築専門学校予科に入学する。当時、バルセロナは繊維などの新興産業によって大きく発展している最中であった。 同時に多くのアナーキスト達が、スペインからの独立運動を繰り広げていた。

 アルバイトをしながら苦労して学校を卒業したガウディは、内装や装飾の仕事を手掛け始める。 そしてガウディの建築の良き理解者であると同時に、彼の生涯の友ともなるバルセロナを代表する資本家アウゼビ・グエルと出会う。 パリ万国博に出品された手袋店のショーケースを見てガウディの才能を見て取ったグエルは、彼の想像力を引き出すかのように次々と斬新な計画を持ち掛ける。 グエル邸、グエル公園、コロニア・グエル教会など、ガウディの建築にはいくつもグエルの名前が冠してある。



ガウディも私も建築家ですが、彼は化け物ほどに近寄りがたい存在です。

普通の皆様は、間違っても彼に住宅の設計など頼まれないことです。どんなに急いでも、十年以上の歳月と数十億円の建設費が必要です。

それでは、しばしの間、ガウディの世界へ招待します。

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=Q8rXEmIKU70



漢詩の世界

 春眠不覚暁
 処処聞啼鳥
 夜来風雨声
 花落知多少

http://www2.ttcn.ne.jp/~hillmountain/kansinosekai/kansipage.htm
メンテ
初夢は・・・ ( No.125 )
日時: 2020/01/03 11:00
名前: 遂犯無罪 ID:fYDfon/.
参照: http://suihanmuzai.com/

北詰淳司は性犯罪者であるとの疑惑は以前からあった、今回に明らかになった高齢者北詰が女性に自慰を見せて拝観料一万円を取るという性癖は、前件の婦女暴行にいえる、また北詰宅前の店主殿からも女性の出入りが多いと聞いている、これらから論証して来月から始まる高畑訴訟で明らかにしたいものだ、10年も北詰との紛争は続いており今年こそ終止符を打ちたいものだな。

社会運動家ウオッチャーのブログhttp://kichigaiwatch.livedoor.blog/archives/2019-12-29.html

孤立無援の冤罪主張者の生活は猫と質素な二人暮らしという、他者から見れば大層孤独な人間に映るだろう、しかし、この貧困と被冤罪者という「孤独」の奥処にこそ創造の源泉がある、もしもカネでも有ったならば絵などは描いていない、我がお気に入りはポップ調の北欧・ロシアの音楽、この中のこの動画を繰り返し見ていたせいなのか、初夢は小成金となりネオン街でカネをばらまくでした。
https://www.youtube.com/watch?v=5i4KJrkUDA0&list=RD5i4KJrkUDA0&start_radio=1

抽象画を描いてきたので売り絵はしたことがなく、果たしてネットで売れるものか躊躇している、しかし背に腹は代えられず春先には敢行したいもの
http://enzaiart.com/index-6.html
メンテ
怨霊伝説の世界 1 ( No.126 )
日時: 2020/06/11 09:43
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

神話と伝説。

人類には既知の生活圏内においても、どうしても克服できない恐怖が付きまといます。たびたび襲い掛かる地震や噴火などの天災、疫病です。昔の人は、これらの原因を科学的に理解することができず、従って解決できなかったのです。この未知なるものへの「恐怖」が、神や悪魔、亡霊や怨霊といった存在を生み出したのです。
世界中の国に神話と伝説があります。
国の成り立ちに関しても、こういう人々の恐怖心に絡めて神話により説明されていることが多くあります。
まず我が国の建国の神話の代表的なものを紹介しましょう・
日本の国土を創生した神々

太古の昔、混沌としていた天地がやっとおぼろげながら分かれたとき、高天原(たかまがはら) 《天上界》に天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)をはじめとする五柱(いゆはしら)の神が 生まれた。

これらの神々は国土創生の基礎固めをしたため、「別天津神」(ことあまつかみ)といわれ、 特別な神として敬われている。

神世七代までに、世界のおおよその姿はできあがった。
しかし、いまだ完全ではなかったので別天津神たち一同は、イザナギノミコト(伊邪那岐の命)とイザナミノミコト(伊邪那美の命)に世界を完成するよう命じた。

そこで、二人が国造りに励み、大八島国(おおやしろのくに)《日本列島》ができあがった。


このように、古代人は、この世の物はすべて神が作り成したものと考え、逆に、自然界のあらゆる 現象や物(山川草木など)に、神霊が宿っていると信じていたのである。



「天岩戸(あまのいわと)の神話」

イザナギノミコトが黄泉国(よみのくに)《死者の国》の穢れを祓うために禊をしたときに、 三貴子(みはしらのうずみのみこ)が誕生した。

すなわち、左の目を洗っているときに生まれた神が天照大御神(あまてらすおおみかみ)で、 右の目を洗っているときに生まれたのが月読命(つきよみのみこと)で、 最後に鼻を洗っているときに生まれた神が須佐之男命(すさのおのみこと)である。

父のイザナギは、姉の天照大御神(あまてらすおおみかみ)には高天原を、次の兄の月読命には夜の国を、 そしてスサノオには海原を治めるように命じた。

二人は父の命に従ったが、須佐之男命(すさのおのみこと)は従わず、なきわめくばかりだった。
あげくのはてには、数々の狼藉を働きはじめ、しまいには天衣を織る神聖なはたやに皮を剥いだ馬を投げ込むという暴挙に出た。

これに激怒した天照大御神は、天岩戸(あまのいわと)に隠れてしまう。世の中は真っ暗になり、悪神がはびこりだした。

そこで八百万(やおろず)の神が天照大御神を岩戸から引き出す作戦を練り、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が裸で、今で云うストリップをはじめると、 天照大御神はよく見ようと体を少し岩戸の外へ乗り出した。

その時、待ち受けていた天手力男命(あめのたじからおのみこと)が、 天照大御神の手を取って外へ連れ出し、すかさず布刀玉命(ふとだまのみこと)が、 岩戸の前に注連縄をはりめぐらして再び中に入れないようにした。

世の中に明るさが戻った。この時の天宇受売命の舞は神楽の起原とされ、今日のお多福面の神である。



この物語は、天照大御神が天地(日本国)の統治者であることを述べようとしたものである。

このため、須佐之男命をやんちゃ者として海の国を統治する地位から追放しただけでなく、乱暴をはたらいた者として高天原から追放した。

いかにも悪神であったかのように説いているが、須佐之男命は武勇にすぐれた英雄であり、八俣(やまた)の大蛇(おろち)退治がそれを立証している。

古代には国や豪族などの重大事にあたっては、最上位にある神が、各族(氏)の長を集めて会議を開き、事を決定していた。
出雲の国譲り以前には高天原の神にとっては出雲族は強敵でその恐怖心が天岩戸の伝説となった。



「大国主命(おおくにぬしのみこと)と因幡(いなば)の白兎の神話」

大国主命(おおくにぬしのみこと)と因幡(いなば)の白兎 大国主命は須佐之男命の六代目の孫で、八十神(やそがみ)《八十柱の神》といわれるほど多くの兄弟がおり、大国主命はそのいちばん末の弟だった。

あるとき、因幡国(鳥取県東部)に八上比売(やがみひめ)という美しい娘がいることを知った八十神は、そろって求婚の旅に出る。

兄弟の荷物を持たされて大きな袋を担いだ大国主命は、兄弟たちに遅れてついていった。 八十神が気多の岬にさしかかると、一匹の白兎が皮を剥がされ赤裸になって泣いていた。

兎が助けを請うと、八十神は、海水を浴び、小高い丘の上に横たわって風に当たっていれば自然に治ると、兎をからかって嘘を教えた。

兎は言われたとおりにした。 そのため、風に当たって皮膚がひび割れ、ますます痛みがひどくなって苦しんでいた。

ちょうどそこに大国主命が遅れてやって来て、兎が苦しんでいる訳を尋ねた。
兎は隠岐島に住んでいた私は、本土に渡ってみたいと思いましたが、渡る手段がありません。そこで、一計を案じて海のワニザメをだまし、「私の兎族と、君のワニザメ族と、 どちらが多いか一つ比べっこをしよう」と持ちかけました。

するとワニザメは私の言葉を真に受けて、隠岐島から対岸の気多の岬まで仲間を一列に並ばせました。
私はワニザメの背中の上を飛びながら、数えるふりをして渡ってきました。

そして渡り終わろうとしたときに『うまいこと、だましてやったぞ。私は対岸へ渡りたかったのだ!』 とつい思わず言ってしまいました。

その途端、いちばん最後に並んでいたワニザメが私に襲いかかって、このとおり皮を剥がれてしまったのです。
そこで、先に通りかかった八十神に助けを求めてその教えに従ったところ、ますますひどくなってしまいました。 」と答えた。これを聞いた大国主命は兎を憐れみ、すぐに真水で体をよく洗って、蒲の穂綿にくるまるようにと教えた。

兎は、教えられたとおりにしたところ、傷は見る間に治ってもとのような美しい姿になった。


喜んだ兎は大国主命に、「八十神は決して八上比売を射止めることはできません。
今は大きな袋を担いで下働きをなさっていますが、あなたこそが八上比売をめとるのに相応しい方でございます」と言った。

果たして兎の言葉どおり八上比売は八十神たちのプロポーズをことごとく断り、大国主命との結婚を誓う。

八十神たちはこれに激怒して、大国主命を殺そうとする。
しかし、最後には大国主命が勝利し、八上比売を娶って豊葦原中国の王、すなわち国津神の代表となったのである。

八十神とは、大国主命の腹違いの多くの兄弟を言い、大国主命に対抗する豪族である。

大国主命は、末子として生まれ、慈愛深い神であったので、八十神から常々ねたまれていたが、妻争いのことから彼らの恨みをかい、数々の迫害を受けた。

しかし、大国主命は白兎によって象徴される部族に救いの手をさしのべ、その部族は恩を感じて命の国土経営を手伝った と言うのがこの物語である。


「大 蛇 退 治の神話」

高天原(たかまがはら)を追放された須佐之男命(すさのおのみこと)は孤独な漂泊の旅に出た。
出雲国の肥河の川上で、三人の親子が嘆き悲しんでいるので、その訳を尋ねた。

老人は大山津見神(おおやまづみのかみ)の子供で足名椎(あしなづち)、老妻は手名椎(てなづち)、 娘の名は櫛名田比売(くしなだひめ)という。

この地では毎年、八俣(やまた)の大蛇(おろち)《頭が八つある大蛇》が来て若い娘を食らうと言う。
自分達には八人の娘がいたが、みな大蛇に食われてしまい最後に残ったこの娘も食われてしまう。
それで三人で泣いているのだという。

そこで、須佐之男命は八俣の大蛇を退治するから櫛名田比売を嫁にもらう約束をし、八つの樽に酒を満 たして待っていると、大蛇は酒の匂いを嗅ぐと先を争って八つの酒樽に一つずつ頭を突っ込んで酒をむさぼり飲んだ。

大蛇がしたたか酔ったところを十挙剣(とつかのつるぎ)で斬りつけ、見事に退治することができた。
そのとき、大蛇の尾から剣が出てきた。これが三種の神器の一つ、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)だ。
大敵を退治した須佐之男命は約束どおり櫛名田比売と結婚して多くの神々を生んだ。
その六代目が大国主命(おおくにぬしのみこと)である。


昔は、深山にいる大きい蛇を山の精霊と考え、これをオロチ(山の霊)といっていた。
そして、この山の霊であるオロチの暴威によって、暴風や洪水も起こるものと考えていた。

この物語は、斐伊川が毎年のようにはんらんして、稲田を荒らし、採鉄作業を妨げるのを、この蛇の しわざと考えた。

須佐之男命がこの蛇を切ることによって、このような洪水がなくなり、稲田の農作や 製鉄も行われるようになり、櫛名田比売は水田の守り神、つるぎの出現は製鉄の正常化を示した。

このように建国の英雄は人々の恐怖を取り除くことで統治圏を認知させることになっています。
建国にまつわること以外でも人々は「未知の恐怖」と対峙し多くの伝説を生んできたのです。そうして神話や伝説の中に、宗教や哲学以前の人々の生き様を垣間見ることが出来るのではないでしょうか。
近世に至るまで、天災や疫病や精神病といった「目に見えない恐怖」は、悪魔や怨霊の仕業と信じられていました。それが西洋(キリスト教圏)では悪魔、我が国では怨霊伝説として残っています。
これから日本の神話、伝説を見るとともに、中国、インド、イスラム、アングロサクソン圏のそれと比較して我が国の古代の生活がどのようなものであったか、どのような個性を持った民族であったかを見てみたいと思います。

まず、怨霊とは何か?それは、恨みを呑んで死んでいった人の霊魂です。怨霊は、一神教世界の悪魔と異なり、個別的で具体的な存在なのです。東洋世界では、怨霊は、恨みを晴らすために仇の命を付け狙い、あるいは天災や疫病を引き起こす邪悪な存在だと考えられていました。これを退治する方法は、供養を重ねて怒りを和らげることで、成仏してもらうしかありません。あるいは、仇討ちを成就させてあげるしかありません。

歴史的に見て誰もが認める怨霊としては、崇徳上皇、菅原道真、平将門、佐倉惣五郎、西郷隆盛などがある。また、最近では、これに加えて、一部の歴史家、小説家が検証した怨霊としては、蘇我入鹿、聖徳太子、長屋王、藤原三代などがある。

これら、怨霊となった人々の共通点は、いずれも不慮の死を遂げていることである。しかも、これらの人々は、理想を掲げて活動していたが、政敵により殺害された人達である。そして、崇徳上皇、菅原道真のように政敵に対して深い恨みを抱き、後世に災いを引き起こしたと見られている。
 
権力者(藤原氏)は、自身の後ろめたさから、民衆と一緒に道真を「天神様」として祀りあげるのである。これにより、権力者自身、道真と民衆から、許しを請うているのである。そうすることで、怨霊も民衆もそれ以上は、権力者を憎むことはなかった。

これこそが、日本の「怨霊思想」である。一見、非科学的な、祟りの話であるが、その中身は、政治、人事に対する民衆の怒り、それに対する、権力者の贖罪、そして、新たな平和の到来、といった政治問題の解決の手段なのである。

出雲大社の謂れにしても、それはヤマト王権成立の過程で、オオクニヌシノカミ(大国主神)が葦原中国(あしはらなかつくに、日本の古称)を天孫に譲った功績に対して、アマテラスオオミカミ(天照大神)が造営してやった壮大な宮殿とされているが、実際は「オオクニヌシノカミは本心から納得して素直に国譲りをしたのではない、戦いに破れて激しい怨念を抱いたままこの世を去ったというのだ。その怨霊を鎮めるため、幽事(あの世のこと)の支配者としておだて上げ、その宮殿としてアマテラスオオミカミの子孫の住まいより大きい大神殿を建ててやった」と主張されている歴史家がいます。

続く
メンテ
怨霊伝説の世界 2 ( No.127 )
日時: 2020/06/11 10:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:3SQDi4bg

それでは日本三大怨霊伝説を紹介します。
怨霊伝説考

参照 
http://www.din.or.jp/~a-kotaro/gods/kamigami/mitizane.html
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2007/08/post_38e9.html

「道真公怨霊伝説」
  東風(こち)吹かば 思いおこせよ 梅の花 主無しとて 春な忘れそ
この梅の木は道真が亡くなると主を慕って九州まで飛んできて、道真の墓の側に移ったといい、これを「飛梅」といいます。その何世代か後の梅の木が今もその地太宰府天満宮に残っています。
道真が太宰府で死んだ頃から、都では天変地異が続くようになり、まず道真を讒言した張本人の藤原時平が39歳で急死。疫病がはやり、日照りが続き、20年後には醍醐天皇の皇太子が死亡、次の皇太子も数年後に亡くなり、人々はすべて菅公の怨霊の祟りとして恐れた。きわめつけは、延長8年(930)に宮廷の紫宸殿に落雷があり、死傷者が多数出たことであった。

これにより、道真の怨霊は雷神と結びつけられることになった。もともと教との北野の地には、農作物に雨の恵みをもたらす火雷天神という地主神が祀られていたことから、それが道真の怨霊と合体したものといわれる。そこで怨霊の怒りを鎮めるため、天暦元年(947)にこの地に北野天満宮が創祀されたのである。その後、永延元年(987)に勅祭(天皇が命じた特使による祭祀)が行われ、このときに正式に「北野天満宮大神」と称号されるようになった。

後に普段天神様と呼ばれて、学問、受験合格の神さまとして親しまれている神である。受験シーズンにもなると天神様は大忙しになる。受験生はもちろん、その父兄やら関係者までが神社に押し寄せるからだ。受験戦争の社会を象徴する悲しい現象とはいえ、とにかく若い世代にまで深く浸透している神さまといったらこの神をおいて他にはいない。

政敵を恨んで死んで行った道真の怨霊も結局は庶民を守る神様として広く社会に敬われています。

「平将門の怨霊伝説」

平将門の首塚というものがある。

将門の乱のあと、京で梟首にされた将門の首は歯噛みして復讐を誓った、という伝説がある。首が関東まで飛んできた、という首塚伝説もある。非業の死をとげたものが怨霊となる、という古来からの考えがあり、鎮魂するため御霊社が多いようだ。

将門の怨霊伝説はここから始まります。

京都・三条河原にさらされた首は、毎夜青白い光を放ち「わが身体はどこにある!ここに来て首とつながり、もう一戦交えよう!」と叫び、いつまでたっても腐る事はなかったと言います。
ある晩、その首が空高く舞い上がり、胴体を求めて東の空に舞い上がり飛んでいきました。
そして、力尽きて落ちた場所が、東京の神田橋のたもと・・・人々は“神田明神”を建て丁重に葬ります。
やがて1307年に真教上人という僧が、将門の霊を供養し建てた石塔が、大手町のオフィス街の一角にある“将門の首塚”です。
この首塚は、この平成の世でも、動かせば祟りがあるとして恐れられています。
都では、はびこる藤原政権に民衆は不満ムンムン。
それなのに東国では、民衆のハートをバッチリ掴んだヒーローが力をつけて“新皇”を名乗りだす。

「彼を消せば何とかなるだろう」と思って、討伐してみたけれど、彼が死んでも、彼を愛する東国の人々の心はどうにもならない・・・。
死んでもなお、人気の衰えない東国のヒーローを、誰よりも怖かったのは、都にいた朝廷の人々であったに違いないと思うのです。
そして、そこに拍手を送るのは、民衆。
彼ら民衆が、死んでもなお、朝廷を怖がらせる東国の英雄に、密かに感謝していた事は間違いありません。

何故か、現代の検察による小沢叩きと重複するように思えるのは、私だけか。


「崇徳上皇の怨霊」は日本最強の怨霊と言われています。

♪瀬を早み 岩にせかるる 滝川の
 われても末に 逢わんとぞ思ふ♪

「流れの速い川の水が、岩にはばまれ分かれてしまっても、やがては同じ流れに戻るように、今は離ればなれになる二人だけれど、いつか、また、会える時が来るよ」

崇徳上皇が天皇時代に読んだこのような「恋歌」を読んだ頃は良いとして、その後に起きた後白河天皇との身内による壮絶な権力争いの結果、讃岐(香川県)へ流罪となります。

「大魔王となって、この日本の国を転覆させてやる〜」と、誓文を書きつづって海に沈め、以来、髪も切らず、爪も切らず、その風貌は「生きながら天狗になった」と噂されるほどの変貌を見せます。
そして、とうとう長寛二年(1164年)8月26日、鬼のような姿のまま、崇徳さんは46歳で、この世を去ります。
生前は、「いつか都に戻りたい」と願っていた崇徳さんでしたが、死んでもなお許されず、その遺骨は、四国の白峰山に埋葬されました。
埋葬時には、一点にわかに掻き曇り、激しい風雨が襲い、突然の雷鳴も轟き、その棺からは真っ赤な血が流れ出し、その火葬の煙は都に向かってまっすぐにたなびいたと言います。
さぁ、ここから崇徳さんの怨霊伝説が始まります。
都には疫病が流行り、祟りと称される異変が次々と起こります。
平治元年(1159年)に起こった平治の乱(12月26日参照>>)でさえ、もともとは崇徳さんの怨念の仕業とまで囁かれます・・・って、そん時はまだ生きとるやんけ!
今から900年前の出来事でした。
生前に親しくしていた阿波内侍の持っていた崇徳さんの遺髪を納めた「崇徳天皇廟」や寺院を京都に建て、その鎮魂を願いましたが、養和元年(1181年)に、恐ろしいほどの熱を出して、苦しみ抜いて死んでいった平清盛の死(2月4日参照>>)も、崇徳さんの怨霊の祟りであると言われました。
鎌倉時代の動乱を描いた『太平記』には、当時の魔界ランキングで、崇徳さんを魔界の王と位置づけています。
つまり、あの南北朝の動乱(8月16日参照>>)さえも、彼の怨念の仕業というわけです。
崇徳さんの怨霊は、天皇が表舞台に立った時に現れ、国家の転覆を企てるそうで、その対象はあくまで、天皇家・・・それ以外の国家権力には向けられないというのですが、その怨霊が、史上最強と称されるのは、何と言っても、その恐怖が語り継がれた長さにあると言えます。


当時の日本では、
その人を不幸に追いやった人物が、少しでも「悪い事をしてしまった」と、自分の行いに反省したり、後悔したり、負い目を感じたりする気持ちが、その伝説を生み出しているのだと思います。
そう考えると、もし、他人を不幸に追いやっておいて、まったくその負い目を感じないと人がいたとしたら、それが、怨霊よりもはるかに怖い事なのかも知れません。

それに比べて中国、西欧の権力争いは、トコトン皆殺しが前提で怨霊などが徘徊する余地も残しません。

これに対して西欧の怨霊は、悪魔と呼ばれ常に邪悪で、庶民が帰依しなければならないキリストの敵として位置付けられています。
もうドラマなど入る余地がありません。

日本のそれ(心=怨霊さえも)は実に優しく人間的で、西欧の真似などすることはありません。


また世界中に「竜神伝説」と言うものがあります。我が国の竜神伝説の各地にあり大変多いのですが、その一部を紹介します。

「龍ヶ谷の龍神伝説」
その昔、龍穏寺のあたりは大きな沼でした。秩父に向かう旅人は、どうしてもこの深い沼の側を通っていかなければならなかったのですが、そこには悪龍が住んでいました。
村人達はこの沼に住む悪龍の機嫌を損ねないようにお供えをして、あちこちに龍神を祭り、荒々しい心を鎮めるように祈りました。その恐れおののく声は太田道灌さんまで伝わり、村人の切実な願いを聞いた道灌さんは、この悪龍を鎮めるために、日頃より師として尊敬している高僧の雲崗俊徳和尚(龍穏寺第五世住職)を遣わしました。

雲崗俊徳和尚は、沼を目前とする愛宕山に登って教典を読み上げ、幾日もの間、悪龍を押さえ込む闘いが続き、やがて雲崗和尚さんの霊験によって悪龍は過去の悪行を断ち切って、善龍となって奉仕することを誓いました。そして、雲を呼び竜巻にのって天に昇っていってしまったということです。その時、沼は竜巻が起きたため大嵐となり、水があふれ出て沼の底まで見え、数年経って平地となりました。あふれ出た水は現在の越辺川になったといいます。

雲崗和尚さんは、龍の心が静かになり善龍になった事を記念し、道灌さんに援助をお願いして大きなお寺を建てました。そのお寺の名前は、龍の心が穏やかになったという意味から、龍穏寺と名付けられたのです。そして龍が住んでいたということから龍ヶ谷(たつがや)という地名が生まれたということです。

「龍の棲む池」

龍神伝説なんて日本中どこにでもある。もちろん富山にだってある(城端町の縄ヶ池がそう)。もしかしたら龍神伝説のない池なんて、ダムでできた人口湖ぐらいではないだろうか?そして、その龍神伝説はここにもあった。

ひまわり畑を見た後、龍神伝説があるという池に行ってみた。
その伝説とは・・・。

ある年長い日照りが続き、村人はヒエやアワどころか水一滴なく苦しい生活をしていました。
 ある時一人の青年が食べ物を探しに出かけると、昼寝をしている龍の側に卵があるのを見つけ、 盗み出しました。村に帰り、せめて年寄りや子供にだけでも食べさせようと卵を割ると、 中から龍の子が現れ母親に助けを求めたのです。怒りに狂った母親龍が村人を食い殺そうとすると、 村人は「子供だけは助けてほしい」と必死で頼みました。龍はその心に打たれ、村人のために3日3晩雨を降らせ池を作ってやりました。 そして「この池はおまえたちの美しい心の象徴だ。しかし人の心の曇るとき、この池は涸れてしまうであろう」と言い残して消えました。 村人はこの池を『龍ヶ窪』と名付けて大切にし、龍神様をおまつりしたということです。


その他、伝説と言うものは各地に散在し数え切れないくらいあります。
「浅茅ヶ原の鬼婆伝説」
用明天皇の時代の頃。花川戸周辺に浅茅ヶ原と呼ばれる地があり、奥州や下総を結ぶ唯一の小道があったが、宿泊できるような場所がまったくない荒地で、旅人たちは唯一の人家であるあばら家に宿を借りていた。この家には老婆と若く美しい娘が2人で住んでいたが、実は老婆は旅人を泊めると見せかけ、寝床を襲って石枕で頭を叩き割って殺害し、亡骸は近くの池に投げ捨て、奪った金品で生計を立てるという非道な鬼婆だった。娘はその行いを諌めていたが、聞き入れられることはなかった。
老婆の殺した旅人が999人に達したある日、1人旅の稚児が宿を借りた。老婆は躊躇することなく、寝床についた稚児の頭を石で叩き割った。しかし寝床の中の亡骸をよく見ると、それは自分の娘だった。娘は稚児に変装して身代わりとなり、自分の命をもって老婆の行いを咎めようとしていたのだった。
老婆が自分の行いを悔いていたところ、家を訪れていた稚児が現れた。実は稚児は、老婆の行いを哀れんだ浅草寺の観音菩薩の化身であり、老婆に人道を説くために稚児の姿で家を訪れたのだった。その後は、観音菩薩の力で竜と化した老婆が娘の亡骸とともに池へ消えたとも[1]、観音菩薩が娘の亡骸を抱いて消えた後、老婆が池に身を投げたとも、老婆は仏門に入って死者たちを弔ったともいわれている[2]。

「羽衣伝説」
これは日本各地に同じような伝説が伝えられている。
これらの説話の共通点として、基本的な登場人物が
&#8226; 羽衣によって天から降りてきた天女(てんにょ)
&#8226; その天女に恋する男
の2人である事が挙げられる。
ストーリー
1. 水源地(湖水)に白鳥が降りて水浴びし、人間の女性(以下天女)の姿を現す。
2. 天女が水浴びをしている間に、天女の美しさに心を奪われたその様子を覗き見る存在(男、老人)が、天女を天に帰すまいとして、その衣服(羽衣)を隠してしまう。
3. 1人の天女が飛びあがれなくなる(天に帰れなくなる)
ここから近江型と丹後型でわかれる。
&#8226; 近江型(一般型)
1. 天に帰れなくなった天女は男と結婚し子供を残す(幸をもたらす)。
2. 天女は羽衣を見つけて天上へ戻る
3. 後日談(後述)
&#8226; 丹後型
1. 天に帰れなくなった天女は老夫婦の子として引き取られる
2. 天女は酒造りにたけ、老夫婦は裕福となる
3. 老夫婦は自分の子ではないと言って追い出す
4. 天女はさまよった末ある地に留まる(トヨウケビメ)
紹介はこれくらいにしますが、下記(ウィキペディア)でも多く紹介されています。
総じて日本の伝説は人々に優しいもので結論だ出されており、其処に「和」の心の原点も存在しているのではないでしょうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存