ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[39] 息抜き投稿蘭です
日時: 2009/08/04 13:49
名前: 天橋立の愚痴人間

<< 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

 秦の趙高(ちょうこう)、漢の王莽(おうもう)、梁の周伊(しゅい)、唐の禄山(ろくさん−安禄山)らも旧主先皇の政治に従わず、楽しみをきわめ諫言も聞かず、天下の乱れも知らず、民衆の憂いも顧みないので亡びてしまった。>>

我が国の現状、何をか況や。平家にあらずんば人にあらず。公務員にあらずんば国民にあらず。

少し前の時代、未曾有の経済の発展を遂げた我が国は、思いあがり、浮かれきっていたのもつかの間のこと。

気が付けば、多くの民は疲弊し、世は乱れ、為政者はまつりごとを忘れ、都に住む栄誉の一族のみが繁栄を貪り続けている。

やがて来るべき暗黒の世を知らず。

民を忘れた為政者は、民を見る勇気を持たず、打ちひしがれた弱き者たちは怠惰と享楽に身を任せ、悪霊ばかりが横行する。

そのような世の中を正す、一傑の英雄の現われることなく、空しく時は過ぎ去る。
夢か、うつつか、目を覚ませ。一時の繁栄に我を忘れた諸人よ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

人口統計の話 ( No.70 )
日時: 2017/05/14 21:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:4xva81gk

自然知能さん、人口統計の問題に関連して、日本の現状を憂う記事が続いています。
政治の事もですが、それ以前に日本の有り様も問題ですね。

人口統計に関する不審について、私は出生数から見てみました。
以下の数字は出生数なので実際の人口を現している訳ではありません。
生まれた人が全員該当の年まで生きていることを前提としています。
50歳以下の人たちについては、比較してみる分には有効でしょう。
50歳以上は、結構な人が、事故死、病死をしていますので、数字は半分以下、高齢者の場合は7割も8割も引いて考えねばなりません。
ですが我が国の人口の動性を探る参考にはなるのではないでしょうか。
我が国で出生数が減り始めたのは昭和30年代からの様です。
今から思えば、イケイケドンドンの時代で、何が、そうさせたのでしょうね。
近年のそれは、戦前、戦後を通して半分以下で気になります。

この数字から見ても、あなたが言われているように、若い世代の人口が増えているはずはないのではないでしょうか。

(年次別出生数)
http://nenji-toukei.com/n/kiji/10011/%E5%87%BA%E7%94%9F%E6%95%B0


年齢別  平成24年人口 平成29年人口  増減    出生年度
0〜4歳     537万人               (平成23年〜平成19)
5〜9歳     553    537    ―16万人   (平成18〜平成14年)
10〜14歳    592    553    ―39     (平成13年〜平成9年)
15〜19歳    601    592    ―9     (平成8年〜平成4年)
20〜24歳    634    601    ―33     (平成3年〜昭和62年)
25〜29歳    731    634    ―97     (昭和61年〜昭和57年)
30〜34歳    819    731    ―88     (昭和56年〜昭和52年)
35〜39歳    989    819    ―170    (昭和51年〜昭和47年)
40〜44歳    962    989    +27     (昭和46年〜昭和42年)
45〜49歳    817    962    +145    (昭和41年〜昭和37年)
50〜54歳    803    817    +14     (昭和36年〜昭和32年)
55〜59歳    903    803    ―100    (昭和31年〜昭和27年)
60〜64歳    1252   903    ー349     (昭和26年〜昭和22年)
65〜69歳    1023   1252    +229    (昭和21年〜昭和17年)
70〜74歳    1039   1023    ―16     (昭和16年〜昭和12年)
75〜79歳    1064   1039    ―25     (昭和11年〜昭和7年)
80〜84歳    1045   1064    +19     (昭和6年〜昭和2年)
85〜89歳    1019   1045    +26     (昭和1年〜大正11年)
90〜94歳    939   1019    +80     (大正10年〜大正6年)
95〜99歳    890   939     +49     (大正5年〜大正1年)
100〜104歳   842   890     +48     (明治43年〜明治39年)

人口統計を考えるばあい、実際の、その年度の人口数と、この表の関係を見比べると参考になるでしょうね。
この表は平成24年と29年の比較ですが、過去、50年分くらいを書いて見れば、人口構成の動向がもっと解るのではないでしょうか。

メンテ
田舎の春祭り ( No.71 )
日時: 2017/05/15 18:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:XeGAoUtI

4月、5月は私が住んでいる京都北部の宮津、与謝地方の春祭りのシーズンです。
各地でそれぞれの村祭りの伝統を守っております。
何かとせちがらい世の中ですが、祭りの準備を含めて1か月くらいは住民が参加することによって、利害、善悪の枠外の何ものにも代えられない充足感を得ています。
このようなものの心の伝統は末永く守っていきたいものですね。


元伊勢籠神社 葵祭
https://www.youtube.com/watch?v=PLbuV5-RQC4

宮津祭り浮き太鼓
https://www.youtube.com/watch?v=N-1_UKaKzS4

須津祭りの御旅行列
https://www.youtube.com/watch?v=iVZipLmbqlM

須津祭りの神楽舞
https://www.youtube.com/watch?v=vsxN6kIHaGo

加悦谷祭り神輿巡航・芸屋台
https://www.youtube.com/watch?v=3hCOGt4ST6w
メンテ
人口推移を基本とする社会構造とそのグローバルな未来! ( No.72 )
日時: 2017/06/03 09:07
名前: 自然知能 ID:dCxIxRzY

天橋立さんに色々返答していただいて感謝しています。

ところで、ものすごく解りやすい人口推移のグラフと数字を見つけました。

 https://ecitizen.jp/Population/CountryPyramid/JP

これでわかることは、40歳から44歳の人口が最も多いことと、次はもちろんベビーブーマーの65歳から69歳までです。

そしてやはり出産減少で0歳から4歳までの人口は1千万人弱となりました。 これは男性では75歳から79歳、女性では80歳から84歳までの人口数とほぼ同じであることがわかります。

そして2045年までには総人口は1000万人の減少となっています。

今の政府や都知事の小池百合子はこう考えるそうです。

 これから50代以上の女性がたくさん働ける場をつくらなければいけない。(60代で年金で暮らしてもらっては困る!ということ。)

 とりわけ現代のインターネット社会では、一人でものをつくってアマゾンなどを利用して世界中を相手にものを売ることが流行っている。(アマゾンなどの今流行っていることはいずれ廃れる!)

 都庁では現在都庁の職員の4割が女性で、そのうち3割以上が係長、2割が管理職! 政府は2020年までに指導的地位を占める女性の割合を、少なくとも30%程度にする「2030」プロジェクトを進めている。 (つまり人工知能で労働者が極端に減少しはじめ、女性の社会進出が増えれば、男性の労働が減少し、結婚できない人々が増え、餓死する日本人男性が増え、女性の社会進出により、子供を持ちたいと思う気持ちが縮小してしまい、相当な日本人の人口が現在の30代が100歳近くになった時、減少してしまうことになります。)

それに比べ、韓国の人口は4千万人弱だったにもかかわらず、現在は若者が職に就けない状態でも5千万人以上に達しています。

北朝鮮でも、餓死する人々が多いと報道されているにもかかわらず2千5百万人以上に人口は増えています。

ということは、現在の安倍政権が意図的に日本人の人口を減少させようとしていることです!!!


★グローバル化の中央銀行などは、人口が3千万人くらいがその国全体を支配しやすいということは、イラクの人口3千6百万人や北朝鮮の人口2千5百万人である事実から、裏社会のNWOの思想がよくうかがえます。
メンテ
Re: 人口推移を基本とする社会構造とそのグローバルな未来!<自然知能さん ( No.73 )
日時: 2017/06/03 13:24
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:4mdeIA0Y

自然知能さん、データをありがとうございます。

明治時代の人口は。確か6000万人と言われていました。
日本の人口もやがて8000万人くらいに減ると言う予測もある様ですね。
8000万人くらいになれば、国土に余裕ができて快適な様にも見えますが、

私の地域の小学校の1学年の生徒は、とうとう10人を切る状態になったそうです。
私のころは50人はいました。

小学校の統合も進んでいます。
子供の数が少ない社会はさみしいものです。
これ以上は減って欲しくはないですね。

貴方が指摘されている、その他の問題。
是非、スレッドを立てられて話がしたいものです。
メンテ
息抜きよりも溜息。人口推移からみた恐怖! ( No.74 )
日時: 2017/06/04 12:13
名前: 自然知能 ID:SaBfiE..

北朝鮮と韓国の人口グラフです。

 https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE+%E4%BA%BA%E5%8F%A3&spf=1496544790725

 もしこの二つの国が統合されれば、人口はそのうちに8000万人になるでしょう。

 そして我が国では、安倍政権下での出産数は極端に減少してしまっている!

 そのような数字になるように若者が結婚できない状況を意図的につくりだしている!

 人件費削減や企業の買収や合併などの統合で、大株主だけが儲かる仕組みになっている!

 労働者を減らすことによってその国や地域の人口もコントロールすることができる!

 どうやら安倍政権は、1965年に慰安婦問題は解決してしまっているのに、いまだ問題が解決されないと嘘を吐きながら、相当なお金を韓国に貢いでいるようです。 韓国では4年制大学を卒業しても職に就けない人が50%以上居ると聞きます。だのになぜ人口が増えるのか? 

 このままいけば、韓国や北朝鮮のほうが人口が多くなる手筈になるように安倍政権は政治を行っているのでしょう。

 今では、若者はもはや人工知能がすでに入り込んでいるスマートフォンの奴隷みたいなものですから。

 ガラ携:ガラクタ携帯はもう生産されないようですので。 
メンテ
大和魂 ( No.75 )
日時: 2017/06/04 22:13
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:FGQcIkrk

大和魂と言いますと、すぐに戦前の特高精神、街宣右翼が使う言葉の様に考えられます。

ウィキペディアによりますと、そうではなく

大和魂

外国と比して日本流であると考えられる精神や知恵・才覚などを指す用語・概念。大和心。和魂。儒教や仏教などが入ってくる以前からの、日本人の本来的なものの考え方や見方を支えている精神である。
とあります。
大和魂という言葉が使われたのは、『源氏物語』の『少女』帖とされている。大和魂の語・概念は、漢才という語・概念と対のものとして生まれ、和魂漢才と言うこともあった。漢才、すなわち中国などから流入してきた知識・学問をそのまま日本へ移植するのではなく、あくまで基礎的教養として採り入れ、それを日本の実情に合わせて応用的に政治や生活の場面で発揮することが大和魂とされた。

源氏物語 乙女の帖
第二章 夕霧の物語 光る源氏の子息教育の物語
[第一段 子息夕霧の元服と教育論]

「高き家の子として、官位爵位心にかなひ、世の中盛りにおごりならひぬれば、学問などに身を苦しめむことは、いと遠くなむおぼゆべかめる。戯れ遊びを好みて、心のままなる官爵に昇りぬれば、時に従ふ世人の、下には鼻まじろきをしつつ、追従し、けしきとりつつ従ふほどは、おのづから人とおぼえて、やむごとなきやうなれど、時移り、さるべき人に立ちおくれて、世衰ふる末には、人に軽めあなづらるるに、取るところなきことになむはべる。

なほ、才をもととしてこそ、大和魂の世に用ゐらるる方も強うはべらめ。」

に出てきます。
(れを現代訳しますと下記になります)

「高貴な家の子弟として、官位爵位が心にかない、世の中の栄華におごる癖がついてしまいますと、学問などで苦労するようなことは、とても縁遠いことのように思うようです。遊び事や音楽ばかりを好んで、思いのままの官爵に昇ってしまうと、時勢に従う世の人が、内心ではばかにしながら、追従し、機嫌をとりながら従っているうちは、自然とひとかどの人物らしく立派なようですが、時勢が移り、頼む人に先立たれて、運勢が衰えた末には、人に軽んじらればかにされて、取り柄とするところがないものでございます。

やはり、学問を基礎にしてこそ、「政治家としての心の働き」が世間に認められるところもしっかりしたものでございましょう。」
(以上)

ここに出てくる「政治家としての心の働き」が大和魂なのです。
最初に言いました現代風の解釈とは全く違います。
現代の政治家は、この大和魂の片りんも持ち合わせていないことが嘆かれます。
大和魂はフランスの騎士道、ノブレスオブルージュにつながるものがあるでしょう。

大和魂と同じような概念に
イギリスのジョンブル魂
不屈の精神を持つ本当の意味でのイギリス人という意味で使われる言葉。

アメリカのフロンティアスピリット
アメリカ人が困難に打ち勝って西部に土地を開拓した時のような、進取・自由の精神。開拓者魂。フロンティア精神。

ドイツのゲルマン魂
その勝負強さ、最後まであきらめない精神力を称する言葉

このように民族のバックボーン、誇りを持つことに何の問題がありますか。
大和魂を忘れた現代日本の有り様は、西欧民主主義を見習う事明け暮れ、結局は西欧人にもなりきれず、さまよっている状態です。

以上、極単に偏向された「大和魂」と言う言葉の説明をしました

メンテ
暑中お見舞い申し上げます ( No.76 )
日時: 2017/08/05 04:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:CVEB5slo

今日は丹後半島の中央部を紹介します。

上世屋集落

http://www.sato100.com/?page_id=191

上世屋の動画

http://kamiseya.com/

上記に紹介した上世屋部落から、さらに車で10分足らず、木子という部落は家の軒数、6〜7軒の更なる別天地であります。


森の生活 木子集落

http://tenkyo.exblog.jp/15119370/

最も、昔から住んでおられる方は殆どいなく、多くは都会からの移住者です。
その人たちが経営するペンションも2軒あり、都会からの常連客で賑わっています。
夏でもクーラーなどは使わないと言うことです。


んっ

私の住んでいるところ!

いや何、同じ宮津市でも、此処から車で25分の、も少し都会に住んでいます。


ついでに私の住んでいる部落の春祭りの動画をどうぞ(実は私も映っています)

https://www.youtube.com/watch?v=5g6H7jzX2RU

太刀振り

https://www.youtube.com/watch?v=GQemnlhXzcM
メンテ
そういえば、丹後って、稲田朋美の実家がある場所とか! 名前は椿原! ( No.77 )
日時: 2017/08/11 22:03
名前: イントィッション ID:eSc7jYp6

稲田朋美前防衛大臣! それも不正選挙で当選したかの牢屋行大罪人!

それが、防衛大臣をやめて発言した言葉が「私、何か悪いことしたかな? ただ防衛大臣務めただけなのに〜。」

と。。。 どれだけ能無しかわかりませんか? それも国民の税金から給与もらって生活している人間が言う言葉か???

呆れてとんでもないバカで能無し! 幼稚園以下!

こんな人間が、「自分の国は自分で守る。」なんて発言するからとんでもである。。。

「国民が一人一人血を流す!」 って、ユダヤ金融悪魔の人口削減の話かよ!!! である。。。
メンテ
丹後半島の事 ( No.78 )
日時: 2017/08/12 10:57
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:lgvsliH.

稲田朋美が私に断りもなく、防衛大臣を受けたとはけしからん!
と思いながら、考えてみると彼女は福井県越前市の生まれで、高校は京都市近郊の学校を卒業しています。

ところで丹後半島に関係のある人物と言えば、

古い順番から言えば

徐福

秦の始皇帝の時代に徐福と言う者が不老長寿の薬を求めて日本に来ています。
その徐福が上陸した所が丹後半島の突端、新井(にい)と言う村で、今でもある新井神社は徐福を祀っていると言います。

顕宗天皇(24代)
仁賢天皇(25代)

2人は兄弟ですが天皇の後継争いで父親が雄略天皇に殺され、子供のころ丹後半島に逃れてきて、30年後に天皇に復活しました。
私の住んでいる地域には、両天皇が建立したと言う神社があります。

間人(たいざ)皇后

彼女は聖徳太子の生母で、当時蘇我氏と物部氏の戦いを避けて丹後半島の間人と言うところへ避難していたと言います。

小野小町

平安時代の歌人で、出所ははっきりせず、墓も全国に散らばっているとか。
丹後半島の中央部も、小町終焉の地と言われています。

チョット古すぎる資料でした。

古いと言えば、もっと古い物語があります。

丹後王国論。

歴史学者の門脇禎二氏が主張されていることですか。
丹後半島周辺は4〜5世紀には、後に登場する大和政権と肩を並べるくらいの勢力があったとされています。

近くの神社の宮司、海部家の系譜は、天皇家のそれよりも古いと言われ国宝になっています。
丹後半島には古墳が多くあり、大きなものでは全長200mもあります。

私は丹後半島の付け根の部分に住んでいますが、限られた地域でも500〜700の古墳があるそうです。
それだけ有力者が沢山いた証明です。

半島中央部に近い南太田古墳からは、青銅鏡が発見されています。
その青銅鏡は3世紀の初め卑弥呼が中国の魏に使いを送りもらったものの1枚と言われています。
http://inoues.net/tango/ohta_minami.html


最後に平安時代の貴族が当地(ほとんど天橋立周辺)の事を読んだ歌を紹介します。

万葉集
       五月雨くらはし山の杜鵑
           おほつかなくも鳴渡るなり
       白雲のたな引いたる倉椅の
          山の松とも君はしらすや      貫之
       霧はれぬくらはし山の秋風の
         音にや月を鳴き渡るらん       慈鎮
       倉椅の山のかひより春霞
          としをみつゝやなり渡るらん    朝忠
続古今集 
       橋立の倉椅川にかる螢
          永き日くらし涼む頃かな      後鳥羽院
     
       飛螢もへこそ渡れ橋立の
       倉椅川のくらき波間に       頓阿法師


現在は、水上勉の小説「五番町夕霧楼」など、華やかさとは裏腹の貧困地域の代名詞のようにもなっていますね。
メンテ
Re: 息抜き投稿蘭です ( No.79 )
日時: 2017/08/14 12:18
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:j0DWt/fk

私の住んでいるところは京都北部の田舎町です。
時折、京阪神へ車で行くのですが、途中の内陸部の過疎地域(と言っても私が住んでいる町とそんなに変わらないのですが)と通るとき、ポツン、ポツンとある家に洗濯物が干してある光景が見えます。

こんなところにも家族がいて、奥さんが毎日、毎日家を守って生活しているのだ。
何の刺激もないようなこの場所で、いったい何を張り合いに生活しているのであろうと。勝手に同情して人生の儚さを感じます。

そうして、その後で、何時もの事ですが、人生とは何であろうと言うことへ向かいます。
妻のことを伴侶とも呼ぶように、妻でなくとも人生には伴侶がなくては空しさに耐えられないのではと思います。

そういうものが何処から来るのかは、別の範疇の問題として、人は多くの人とつながりながら生きていることに心の安寧を感じることだと思います。

その結果、1軒屋の生活を寂しく思い、都市部の密集に我を忘れることになるのでしょう。
まあ、密集と言っても「隣の人は何する人」と言いますように密集の中の孤独と言う概念もあります。

また、単につながりと言いましたが、量的なつながりばかりではないはずであり、小さな集団であっても、その深さにおいて量を凌駕することも考えられます。

結局は、その1軒屋の家族が幸せであれば良いのだと、幸せであることを願って、私の心を納得させるころには、車は数キロ先を走っていることになります。

1軒屋の奥さんにとって、まったく御節介な干渉ではありますが、車で通る時、私自身の心が平穏であるときは繰り返し浮かぶ感傷です。

「人生とは何か」と問うとき、
もっともっと、赤裸々な答えを出すことがあります。

人生論の始めに言ってみたかった経験でした。

少々湿っぽくなり息抜きにはなりませんでした。
そこで気晴らしに

猫の写真をどうぞ

https://www.kyudan.com/funny/cat.htm

犬の写真

https://www.kyudan.com/funny/dog.htm

管理人さんの「気ままコラム」から
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存