ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

最早日本は平成恐慌と言える<菊地英博 ( No.109 )
日時: 2010/08/08 22:16
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AJTtBgi6

大恐慌を救った公共投資

 一方、大恐慌を経験したアメリカは、どのようにして立ち直ったのだろうか。
 昭和恐慌が始まる前年の29年10月、ニューヨーク株式市場の株価が大暴落し、一大
金融恐慌に発展した。時のフーバー大統領(共和党)が銀行破綻を放置したので金融シス
テムは崩壊し、経済活動は停滞した。税収の落ち込みをカバーしようと石油税を引き上げ
たために、経済活動は一段と冷え込み、32年には国民所得が29年のほぼ半分にまで低
下してしまった。

 こうした最中、33年3月に大統領に就任した民主党のルーズベルトは、金融と財政面
から大恐慌を救済する政策を実行する。金融面では緊急銀行法を制定して公的資金で銀行
に資本注入する道を開き、新銀行法(グラス・スティーガル法)を制定して、銀行の株式
保有を禁止し、預金保険機構を作った。

 緊急銀行法を制定する前に、政府は7日間のバンク・ホリデー(銀行休日)を設けて銀
行の資産を洗い直し、再開する銀行と破綻させる銀行を仕分けした。銀行が再開される前
夜の炉辺談話で、ルーズベルト大統領は国民に語りかけ、「明日再開される銀行は絶対に
潰れないから、マットの下のおカネは銀行に預けたほうが安全だと私が保証しますよ」と
伝えた。翌日は早朝から銀行の前に列ができ、国民はこぞって「タンス預金」を銀行に預
けに行ったのである。この時点で「デフレ心理」は終わったのだ。

 一方、財政面では4年間も極端なマイナス成長が継続していたため、公共投資で需要を
喚起する以外に経済を復活させる道はなかった。33年から36年にかけて財政支出を毎
年のGDPと比較して平均約6%増加させ、それを公共投資に集中した。高速道路・ダム
建設、大規模な感慨工事、森林保護育成、環境改善と保全、病院・学校新設など、民間投
資では後手に回る分野を中心に政府投資を増加し、民間投資を誘引する政策を進めた。そ
れでも、民間が銀行借り入れにより投資を実行し始めたのは36年ごろからであり、デフ
レ後の民間投資の慎重さがはっきりと現れている。

 昭和恐慌とアメリカ大恐慌を振り返り、結論として言えるのは、「デフレから経済を脱
却させるためには、公共投資しかない」ということだ。また、両方とも国債を発行して政
府の債務が増えても、名目GDPは増加している。それに伴い、政府債務の国民負担率は
当初の1〜2年は増加するものの、3年目ぐらいからは低下している。つまり、景気回復
→ 名目GDP増加 → 雇用増加 → 税収増加となって、名目GDPの増加の方が債務の増
加よりも大きくなるため、政府債務の国民負担率は低下してゆくのである。公共投資・医
療費など財政の投資項目を増加させると、経済規模(名目GDP)の増加、雇用、税収の
増加となって、財政改革につながるのだ。

 1993年に就任したアメリカのクリントン大統領も、予算支出の中味を公共投資・地
域開発・教育訓練などの投資項目に集中する政策を8年間継続し、5年目で財政収支が黒
字になった。また、法人所得と個人所得に累進制を強化して、景気回復による税収の自然
増加をもたらした。

政権交代でデフレを脱け出せ

 百年に一度ともいわれる大不況下でアメリカ大統領に就任したバラク・オバマは、先人
たちの教訓に従っているようだ。

 本年1月にオバマ大統領は、総額7千億ドルを上回る規模の経済対策を発表した。これ
はアメリカのGDPの約6%に相当し、大恐慌のときにルーズベルト大統領が公共投資に
支出した財政規模とほぼ一致する。また、公共投資によって5年間で財政赤字を解消した
クリントン大統領の成功例を政策に取り入れており、思い切った財政支出と経済社会の地
盤強化政策による経済浮揚効果を狙っている。さらに、政権を支えるブレーンには、ロー

レンス・サマーズ(国家経済会議 NEC委員長)、クリスチナ・ローマー(大統領経済諮
問委員会 CEA議長)といった大恐慌の専門家をそろえている。

 反面日本では、依然として市場原理主義者が経済財政諮問会議や官邸・財務省・金融庁
内審議会に巣くっており、建設的な意見はまったく出てこない。日本の政府与党はまさに
脳死状態で、政権が変わらなければ思い切った経済政策は打てないのではないか。

 日本はいまだ、終わりの見えない不況の中にある。「10年デフレ」「10年ゼロ成長」
の原因を分析してみると、新自由主義・市場原理主義という伝染病に冒され、金融・財政
両面で罠に落ち込んでしまったことがよく分かる。

 とくに消費税増税は、市場原理型税制(レーガン型税制)の帰結であり、もし強行すれ
ば、日本は必ず「20年デフレ」に陥るだろう。新自由主義の元祖、ミルトン・フリード
マンは「税率は個人・法人を問わず、一律(フラット)が最も望ましい」という。すなわ
ち、「個人所得が3億円でも300万円でも、税率は10%にする」という主張であり、
税率が持つ所得分配の是正、社会保障制度のための累進課税を否定する。レーガン大統領
時代の82年にかなりフラットな税制を採用したアメリカは、税収が激減し、大幅な財政
赤字となり、85年には債務国に転落してしまった。

 いま日本が「10年デフレ」から脱するには、本稿で述べた「5ヵ年計画」を実行する
とともに、税制を市場原理型税制から日本型税制に改め、所得税と法人税をさらなる累進
型に戻すことが望ましい。そうすれば、景気拡大とともに自然に税収が増え、財政赤字の
縮小と財政再建が可能になり、消費税の引き下げが可能になる。

 歴史が教えるデフレ脱却の基本は、政権交代である。デフレ政策を強行してきた政権が
180度転換した政策を出すことは不可能だ。国民に対しても退任して責任を明確にすべ
きだろう。

 同時に、デフレ政策を支持してきた政府の審議会などの御用学者、マスコミによく出る
エコノミストなども総入れ替えが不可欠である。政権交代による政策と人のチェンジが、
国を救うのだ。

終わり
メンテ
菊池氏の論文を読んで <マクロ経済論> ( No.110 )
日時: 2010/08/08 22:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:AJTtBgi6

「平成の恐慌」を宣言された菊池氏の論文紹介の冒頭で述べたように、「昭和の恐慌」の脱出方法と今回のそれは異質なものであることを認識しなければならない。

一つは貨幣の流通の状態が金本位制下の「昭和の恐慌」時とは比較にならないものであり、1国の裁量の範囲では如何ともし難い要素を含んでいることである。

もう一つは、経済の建て直しの方法であるが、当時は第二次産業所謂、製造業がまだ飛躍的発展を遂げる余地があった。
現代は経済活動をする底辺の1/3が仕事の確保が、絶対的に出来ない状態であるのである。

こういう状況で氏が言われている財政出動100兆円で具体的に何がやれるかである。
単なるバラ撒きであれば、社会をさらに疲弊させるのみである。

このことを直視しない意見は本当の解決方法ではないのである。
そういうものが、現在出てこないことを憂うものである。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.111 )
日時: 2010/08/09 12:23
名前: johnyuan2000 ID:Ptm1m8zU

天橋立さんお久しぶりです。

かれこれ半年近くのお休みになってしまいましたが、その間に情勢もずいぶん変化したようですね。私は元々民主党に批判的でしたが、その後はどうなりましたでしょうか?中国にいると細かい事情は入って来ないのでリハビリをかねて少しお話を伺わせてください。

こちらのトピには天橋立さんの最新投稿というだけの理由でお邪魔しましたが、一応『1000兆円の借金について<マクロ経済論>』というテーマなので、『新しい日本のかたち』の立場で一言:

 民主党政権が終了する事を前提に、財政をもっと拡大して消費税を上げるな。(詰まり財政赤字を拡大して、一切の均衡策を諦めろ)

と言うのが私の考え方です。

どう思われますか?

John
メンテ
ジョンさんへ ( No.112 )
日時: 2010/08/09 19:38
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:zVONs2w2

ジョンさん、全く久しぶりです。

上海の万博は賑わっていますか。
ジョンさんが民主党に批判的であった理由を聞いてみたい気持ちです。
60年間続いた自民党、官僚政治の閉塞感を打破し、新しい日本の形へ向かって踏み出せるものと思い期待していた民主党は、見る影もなく私達の心から消えてしまいました。

枝野、原口、安住など民主党の若手の実行力ついてはもともと疑問符をつけていましたが、その予想をはるかに上回る腰抜けでした。

政策の善し悪しの問題でさえありません。
この掲示板に関わらずあちこちのブログ、掲示板で彼らのことを生徒会の域を出ていないと酷評しています。
加えて、中心となるべき鳩山の軟弱さ、甘さは彼の立場まで上り詰めた人間として到底信じられません。
菅、岡田、仙石その他多数が、まず政治をやれる人間ではなかったのです。
こんな馬鹿な話があって良いものでしょうか。

最近は、何処のサイトでも、奴らのことをオリジナル民主党と言い、まとめて相手にはしていません。

それに加えて民衆の態度は、菅に60%を超える支持率をつけるかと思えば30%台に急降下させ、最近はまたまた40%台に戻るなど、一体何を基準に政治を見ているか話にもなりません。

政治を語るに、良しも悪しも自分の利害を真剣に考えて動くならまだ、政治は動けます。
小沢問題にしても、小沢の政治的信念よりも、小沢と言う政治家の出処進退を弄ぶことに興味があるのです。

菅がどのような政策を取ろうとも良いのです。
自分達が関心があることだけに目くじらを立てていて、新たな関心ごとに触れるとそっちのほうに飛びつきます。

日本人は何事につけても真剣で取り組む気概をなくしてしまいました。
民族の息吹が感じられないのです。
人間力が喪失してしまっています。

これは成人の引きこもりが70万人いることと、さらに引きこもり予備群が150万人いるとされていることでも解ります。

ジョンさんのように外国で渡り合っている人に、本家本元の日本人の愚痴を言うのは申し訳ない気持ちです。

ジョンさんが言われておられる「新しい国の形」のちなんだ、いろいろな方策なども、今の日本、日本人には、それを考える必要性も解らないでしょう。

しかしながら、政治が動かなくても、民衆が馬鹿であっても、出来る人間は将来の指標を作ってやらねばなりません。

表には出てきませんが、本当のことにチャレンジしている学者もいると思います。
政治の問題は別として、掲示板でも、何とか「新しい国の形」を追及したいものです。
最早、日本が変わるのは20年先を待たねばならないと思います。

20年先のためにも、何かの指標を得たいものです。
今日は憤怒の気持ちばかり高ぶってとりとめもない愚痴に終わりましたが、ぜひとも続きをやって欲しいものです。

満天下さんとも、一時マクロ経済のことを話していましたが、私も時間的に余裕がなく、何時も尻切れトンボになっています。
が、しかし以前から一貫して言っておりますことは、まだまだ追求したいと思っています。
メンテ
johnyuan2000さん、よく帰ってきましたね ( No.113 )
日時: 2010/08/09 19:39
名前: ボノボ ID:YfuMMqKk

長い付き合いになったもの。

元気で、ほっとしましたよ。

メンテ
ボノボさん、お久しぶりです。 ( No.114 )
日時: 2010/08/10 12:05
名前: johnyuan2000 ID:CgEoRp5A

ボノボさん、お元気そうで何よりです。

 先日、こちらの中国の友人が東京旅行にいった折、以前から頼んでおいた『芋きん』を買ってきてくれました。

 残念ながら、彼は芋きんが生ものだと言うことを知らずに、賞味期限をだいぶ過ぎてから持ってきてくれたのですが、それでも浅草の思い出を伺うには十分なお土産でした。

 生業が忙しく休み休みではありますが、またお世話になります。

John
メンテ
財政均衡政策を禁止せよ ( No.115 )
日時: 2010/08/11 08:46
名前: johnyuan2000 ID:MGAq8JBU

天橋立さん、早速のレス有り難うございます。

私はマクロ経済学については詳しくもありませんし、特に追求したいとも思っていません。

<経済が良くなる>経済学など存在しないのではいでしょうか?

『***政策をとると』その結果どうなるという予測は経済学の範疇ですが、我々の本来の仕事は『どういう政策をとりたいか?』と考えることで、それを経済学に当てはめてみても本末転倒になるだけです。


---

2年前のリーマンショックの時に『アメリカ良い国だな〜』と思いました。

当時の経済危機は日本の住専問題と同じで資産の無価値の人(債権)にモラルのない金融テクニックをつけて売りまくった事がげんいんのようです。

でもこれって、逆に多くの資産余力のない人に家を買う機会を与えたということになりますよね?

更にアメリカの個人資産はマイナスですから、要するに平均的なアメリカ人なら資産や収入に関係なく「誰にでも家を与える政策」だったとも言えるかもしれません。

--

翻って我が日本ですが、未だに世界一の純資産国です。詰まり、国民一人当たりの資産は世界最大の大金持ちですね。

ところが平均的日本人には家を買うどころか、ワーキングプアーに落ち込まないようにするのがやっとです。

死ぬほど働いて、一生懸命に貯めて、絶対に自分では使わない…これが日本人の現在の姿なのです。

--

自分で使わないから、誰かに使ってもらわないと、巡り巡って自分の収入もなくなって(経済が死んで)しまうので誰かに使ってもらわなくてはいけません。

その誰かの筆頭が日本政府で、次がアメリカ国民、その次が中国政府です。

日本の債権の量からいえば、恐らく、もう少し財政赤字を拡大して、財政均衡政策を向こう20年凍結するという時限立法でも作らないと、日本人の未来の姿はガス欠の産業ロボットのような感じに成ってしまうのではないでしょうか?
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.116 )
日時: 2010/08/11 11:52
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:M0OKv8So

>2年前のリーマンショックの時に『アメリカ良い国だな〜』と思いました。

ジョンさん独特の言い回しですね。
最も表面的な騒動に捉われずに見れば、このようになるのでしょう。

>私はマクロ経済学については詳しくもありませんし、特に追求したいとも思っていません。

と言われておりますが、上記のこともマクロ経済そのものの分析と承ります。


>我が日本ですが、未だに世界一の純資産国です。詰まり、国民一人当たりの資産は世界最大の大金持ちですね。

>ところが平均的日本人には家を買うどころか、ワーキングプアーに落ち込まないようにするのがやっとです。

>死ぬほど働いて、一生懸命に貯めて、絶対に自分では使わない…これが日本人の現在の姿なのです。

この話は良く聞くことですが、これが現実的に理解できないのです。

一つは1000兆円と言われる資金がタンス預金されている訳でもなく、何らかの形で運用されていると思うのです。
おそらくその運用先のことが問題となるのでしょう。

もう一つは、僅かな預貯金よりない人たちがおそらく人口の半分近くあると思うのです。
そうして巨額の金融資産を持っている後の半分は、家電製品は有り余るほど保有し、自動車も複数所有し、住宅は勿論、一部の人は別荘も持っている人もいます。

こういう人たちは、これ以上、そんなに消費をする必要はないのです。
最も王侯貴族のような生活を彼らに求めれば別ですが。

ですので余った資金は、さらに資金としての増殖のために運用されているのだと思います。
民間で運用している先は海外投資か先端企業の設備投資であると思います。
ですので幾ら運用されても国内の末端の経済を活性化するには至っていません。

後一つの問題は、経済的環境の格差の問題(半数がワーキングプアないしそれに近いもの)を覗けば、上層部の人たちにとって現在は何の問題もないのです。
国家としても、財政赤字の問題を除けば世界有数の実力国家なのです。
こういう意味では、日本は改革の必要などないことになります。


最初に戻りまして、

>我が日本ですが、未だに世界一の純資産国です。詰まり、国民一人当たりの資産は世界最大の大金持ちですね。

これを生かして何が出来るかを知りたいものです。
結局は国家の形の問題として国家の有様を考えなければならないことに思います。

何時も堂々巡りに8なりがちですが、それも止むを得ないでしょう。
簡単に解れば、問題になどならないのですから。



ところで、菅首相が100年前の韓国併合について新たに謝罪の意思表示をすることになりました。
このことについて、国内には賛否両論があるそうです。
私などは「今更何を言うのか」と怒りを覚えます。
賛否両論が起きることも、実に情けなく思っています。

中国人の気質では、この様なことをどのように考えるのでしょうか。
答えは、今までのジョンさんの話しから想像できますが、それでも一言聞いてみたく思います。


メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.117 )
日時: 2010/08/11 13:54
名前: johnyuan2000 ID:Ay6NqIVU

>菅首相が100年前の韓国併合について新たに謝罪の意思表示をすることになりました。
>このことについて、国内には賛否両論があるそうです。


以下の点については、もう何度も申し上げているので、簡単にお話ししますと


>私などは「今更何を言うのか」と怒りを覚えます。

同感です。この点から見ても民主党には政権能力がないことは明かです。菅首相にしても小沢氏にしても早く引退してもらいたいところです。


>中国人の気質では、この様なことをどのように考えるのでしょうか。

何も感じていないでしょう。政治的には歓迎すると思いますが、単なる社交辞令です。

巷の中国人は日本の事などもうなにも気にしていません。

元寇があったからといって、日本人がモンゴル人を敵だとか経済的脅威だとかは感じていないのと同じです。

先日、近くの大学へ新卒のリクルートにいった折、友人の教授(アメリカ人)に聞いた話では、平均的な中国学生は日本に実力で第二次大戦に勝ったと考えているようで、表面的にはUN,日本が実質アメリカ軍に破れたということを知らないそうです。

友好的な中国の隙をついて(パールハーバー同様に)中国を急襲し、中国軍の反撃される途中に武力を持たない市民を大量に虐殺して逃げ帰ったのが日本だという見方です。

帰りのタクシーの中で、シンセン市と日本とどちらが大きいか?と運ちゃんに聞かれてビックリしましたが、大体平均的な中国人の日本人観はこんなもんです。(シンセン市は面積・人工共に東京都と同じぐらい)
メンテ
民主党が「腰抜け」なのではない ( No.118 )
日時: 2010/08/13 13:40
名前: johnyuan2000 ID:5jNBdJVw




天橋立さんは民主党支持ながら、その不甲斐無さに落胆されているようですが、私はさほどに感じていません。

どんな新政党、新政権がおこってもこの様な”不甲斐無さ”は起こります。

むしろ、どんな新政権ができても、直ぐにその所信が反映出きるようなシステムが日本にないだけです。

逆の例として、アングロサクソンの連中を見れば明かです。見たことも聞いたこともない政治家が実績・指導力と関係なく、その政策・政見を主な理由として選ばれて即座に新政策が実行されますね。

日本は逆で、新政策はすべて反対、官僚は非協力、政治の話題は新政策の内容でなく、新人事のスキャンダル/実績/単なるミスをついて足を引っ張る事ばかり…。こういうことは他国の政治にもありますが日本は少々ひどすぎます。

かく言う、民主党も野党時代は自民党に同じ事をしていたのですから、別に驚くことではないでしょう。自民党の方が政権についていた時代が長かったために、それなりのコネが官僚やマスコミにできているので民主党よりも足の引っ張りあいがうまいというだけの事です。

こういうことの解決は簡単ではないですが、20年前に堺屋太一がいっていたように、団塊の世代以前の政治家・官僚・民間関係者を(民主党も含めて)全員総引退させて東京から、というか政治・行政機関があるところには近寄ってはいけないという法令でも作るしかないですね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存