ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

小話 ( No.80 )
日時: 2010/04/25 11:36
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:QJOPE47I

ちょいと小話を差し挟みます。

実は本日、テレビでソフトバンクの孫社長が言っていました。

会社経営では、年間5〜10%の成長を実現できないと社長を辞めねばならない。

政府は色々な権限を所有している。

その政府が、5〜10%の成長を実現できないのは理解できない。

ここからが、小話です。


「僕にお金を印刷する権限をいただけるものなら・・・・

ウッフッフ・・・」




マクロ経済の真髄を言いたかったのでしょう。
メンテ
通貨発行権・・・ ( No.81 )
日時: 2010/04/25 15:38
名前: 満天下有人 ID:WrH1ttwE

・・・へぇ〜、孫さんが通貨発行権を、とはねぇ〜・・・

実業家ですから、これ以上の紙風船を作るわけでもないでしょうが(笑)、実需は何なのか、興味ありますね・・・

・・・一国のこととなると、1企業が株式市場を通じての企業巨大化とは、少し趣が違ってきますし・・・。
メンテ
メモのようなもの ( No.82 )
日時: 2010/04/29 23:48
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:395RgcxM

満天下さん、本論を進める余裕がないのですがテレビを見ていて気づいたことを、忘れないようにメモしておきます。

世界の小国の紹介でした。

人口1000人足らずのバチカンを始め、人口10万人足らずの国が結構あるようです。

そういう国の国家経済について思いを馳せました。
勿論、そういう国にも貿易はあるのでしょうが、国内の産業は、それなりに自給自足を確立していて先進諸国におけるような産業の空洞化は起きてはいないのではないかという点に興味を持ちました。

それが本当か、否かは報道の対象ではないので判りません。

巨大国家にに当てはめられないとは思いますが、考えるヒントはあるのではないでしょうか。
メンテ
Re:メモのようなもの@ ( No.83 )
日時: 2010/04/30 12:13
名前: 満天下有人 ID:kD6kBC5w

・・・<本論を進める余裕がないのですがテレビを見ていて気づいたことを、忘れないようにメモしておきます。>・・・

・・・あはは、橋立さん、この問題は1年やそこらでも到達できることでもないし、当然のことです、本源的には人間経済と通貨、通貨と金、金を排除した不換紙幣の歴史、誠に壮大な歴史的過程がありますから・・・

一つはっきりしていることは、世界戦略物資は原油と食糧ですが、それを動かして来たのが不換紙幣であり、よく言われる例えで、赤子を黙らせるには武器はいらない、砲弾を撃ち込む必要も無い、金融戦争を仕掛ければ良いだけだ、というのがあります・・・その原点は19世紀に英イングランド銀行を支配下においたロスチャイルド家の天才的手法である、このことだけは、はっきりしております・・・

当初は貨幣信用の裏付けとしての金に目をつけ、*南ア・ボーア戦争などを通じ金鉱山を支配下に置いて、世界の金取引も支配下におきました・・・

(*1880年ボーア戦争:オランダ東インド会社の指令により、オランダ人を南アに入植させ、金・ダイアモンド鉱山を支配・・・それを奪取するために英国が仕掛けた戦争。
侵略の青写真を描いたのはドイツ人・ミルナー。オックスフード大でアーノルド・トインビーと意気投合し南ア侵略を画策。この甥が橋立さんが時折触れておられるかの有名な歴史学者で同姓同名のアーノルド・トインビー・・・彼は英外務省情報部諜報機関出身ですね彼の歴史観には、その根底に潜む戦略的思考に対して、賛否両論があるようです・・・

・・・オランダ東インド会社の頭目がゴーシェン。その末裔に英大蔵大臣になるゴーシェンが居り、ミルナーはこの大蔵大臣ゴーシェンの秘書に抜擢されて、南ア金塊利権を英国に与える戦争を画策・・・南ア問題は人種差別戦争の前に、金、ウラン鉱山利権の争奪戦が本質です。

このゴーシェン大蔵大臣の末裔がダイアナ妃のダイアナ家です。資産力10兆円とも言われております・・・母方はロスチャイルドの出です・・・

前回、昨年の巨大鉱山会社リオ・テイントとBHPパリバの合併の話に少し触れました・・・この巨大鉱山会社リオ・テイント(ロスチャイルドのもの)はこのボーア戦争で英国が奪取した鉱山です。他に巨大鉱山会社アングロアメリカン、これもロスチャイルドのものですが関係は紙面都合上省略しますが、わが国で最も関係が深いのは三井です・・・

・・・金を支配し、その価格も決定していたのもロスチャイルドです、金本位制の下では鉱物としての金には「政治金属」の本質があるとして・・・正式には1919年,世界5大金取引業者であるモカッタゴールドシュミット、ビクスレイアベル、サミュエルモンターギユー、シャープスウイルキンソンとロスチャイルド銀行との間で、金価格4.189ポンドを7.5ドルにすると定めました・・・両者によって毎朝取引価格が決定されておりました・・・

ところが2004年にロスチャイルドはこの金シンジケートから脱退しました・・・そして銀取引の王者であったAIG(今回サブローン問題で債券保険を大量に発行して破綻しかかった世界最大の保険会社)も、銀取引から撤退しました・・・

これが何を意味したのか、真相は不明ですが、察するに不換紙幣の後始末に最後の砦である金銀との交換が持ち出されると、手の打ちようが無いとの判断があったかもです・・・彼ら通貨戦略の武器は正に不換紙幣なのですから・・・
メンテ
Re:メモのようなものA ( No.84 )
日時: 2010/04/30 12:28
名前: 満天下有人 ID:kD6kBC5w

・・・孫さんが、紙幣発行権をくれたらな、ウッフフと含み笑いをされたとか、彼のような国際経済人は、紙幣本質を良く見極めている、それが含み笑いに現れております(笑)・・・

・・・小国における産業の空洞化が無い現象は、経済のパイが小さければ可能でしょう・・・パイが大きくなるにつれてマルクスではありませんが、多数の商品の媒介手段がどうしても必要になって来ます・・・紙幣が不可欠になって来ます・・・

そうでなくとも世界に影響を残しておきたい向きは、紙幣の力に預かりたい、ヴァチカンなどその代表例でしょう・・・何せゴールドマンサックスがバックについて、結構な資産を築いておりますからね・・・金融業者で法王に謁見を許されるのは、ポールソン前米財務長官(元ゴールドマンサックスCEO)くらいでしょう・・・

このポールソンも、今回の米政府(SEC)によるゴールドマン刑事告発の主要犯罪人として槍玉に上がっております、つまり、金融デリバテイブ商品発売に際し、ポールソンフアンドが関係していて、販売後にその証券が値下がりすることを見込み、顧客に実体を知らせずに、発売と同時にこの証券の空売りを密かにかけていた・・・それが詐欺行為に当たるとして・・・

これはもう、単なる金融商品の規制の問題を超えた、歴史上長きに亘るユダヤ金融資本間の最終戦争のようなものです・・・勿論責任はFRBにあるわけですが、こことてユダヤ金融資本が創業者ですから、中央銀行とは名だけで、150年経った今、英イングランド銀行、FRB創設の時の紙幣発行権を巡る私的バトルが再開されたという構図だと、私は見ております・・・ウオール街と政府の闘い・・・ウオール街のウオールとは、ユダヤ金融資本の城壁という意味で名付けられたものですから・・・

・・・紙幣による世界支配権が金融工学と表裏一体となって加速され、その扱いをどうするかの熾烈なバトルです、古くは1986年のアイヴァン・ボウスキー事件、「アービトラージ(裁定取引=金融工学商品)は最高の科学であるとうそぶいて、インサイダー取引で罰金200億円で懲役は僅か3年・・・

彼はクリントン政権での財務長官ルービン(これもゴールドマンサックス出身)と二大トレーダーとして金融工学の実践面で競争しておりました・・・

近くでは2008年の何と米株式市場ナスダックの会長であったマドフが、世界の銀行を相手にこれまた金融工学を悪用して詐欺事件を起こし、罰金500億円懲役150年で服役中・・・これなど全て、同じユダヤ金融競争におけるセレブに対する下層層の戦いなのです・・・

・・・まあ、勝手にやっておれば良いだけの話ですが、これによって世界中が被害を受けますから、看過できない・・・看過できないどころかこれにヒントを得てヘリマネ論が被害国においても出てくるあり様です・・・不換紙幣とはかくも恐ろしき存在であり、よって十分過ぎるほどの管理監視が求められる所以です・・・

・・・国際金融投機家のジョージソロスは「アカデミー・オブ・フアイナンス」なる著書で、金融の核爆弾、目標は東京」という気を許せない発言をしております・・・どういうことかと申しますと、アメリカ経済への融資者としての日本は、今だにアメリカの陰で成長しようとしている、それを通じて得る金融への強権度を強める狙いがあるなら、その存在は不気味である・・・と・・・
私が、積み重なって行くわが国財政危機、それを回避するためのヘリマネをやれば,国際公準による攻撃を受けてペンペン草も生えないような状態になると危惧しているのは、ソロスのような国際投機家がチャンスを狙っていることを、政府金融筋は視野に入れておくべしという趣意です・・・それに比べ、中国はさすがに華僑の国でもあり通貨本質が良く分かって、しぶとく防御しておりますね・・・
メンテ
Re:メモのようなものB ( No.85 )
日時: 2010/04/30 12:32
名前: 満天下有人 ID:kD6kBC5w

・・・国際金融識者の間での笑い話を一つ・・・

住民マハテールは(アジア通貨危機のとき、国際金融フアンドを追い出したマレーシア首相)、ドロボウに入られ、警官グリーンスパン(前FRB議長)に,犯人はジョージソロス臭いと通報・・・

グリーンスパンは鼻先で笑いながら、「犯人が全て悪いわけではないよ、お前にだって原因があるだろう,お前の家の庭は誰にだって入れるんだからね・・・」

住民マハテイールは怪訝な顔をして「では何故,中国とインドは盗まれないのか?」

グリーンスパン:「中国とインドは塀が高すぎるんだよ、ソロスといえども越えられないんだよ、万が一、塀から落ちて見ろ、俺の余計な仕事が増えるだけだ(米政府が批判される)からな・・・

これを盗み聞きしていたソロスは・・・「壁に穴を開けても入り込めないのか・・・」
グリーンスパン警官は声を潜めて「しっ!既にポールソンを(前米財務長官)中国に行かせているから、そのうち穴も開けられるさ・・・」・・・喜んだソロスは即携帯電話で仲間に・・・
「人はバカだから、こっちには資金はあるし、中国へ行くぞっ!」・・・途中、東京を爆撃するかどうかには、この笑い話は触れていないけど・・・(笑)。

・・・話を金融工学とは何か・・・余り教科書的なことを言うのもはばかれますので、書き手を止めておりますけど、その功罪はほんとに難しいものがあります・・・坂本龍馬が薩長同盟の武器として発想した、長州のコメと薩摩の武器の交換で薩長同盟を成立させた発想にもデリバテイブのカケラが見えます・・・

・・・金融工学においては、その初歩的な面で既に、個人とて、円天事件がそうであったように、あるいは上記米金融工学悪用の金融詐欺などに引っ掛かってしまう専門筋が後を絶たないように、紙切れのカラクリが巧妙に仕組まれていますから、国家単位の話となると、政府日銀筋は余程前後の関係を見抜く繊細な神経が望まれる所為です・・・国家といえどもプラザ合意のように、国際金融筋にコロッとやられてしまいますから、中央銀行・法定通貨の扱いは慎重に願いたいところです・・・。



メンテ
久しぶりで ( No.86 )
日時: 2010/05/08 10:17
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:vfHm8gZQ

今までは、貨幣価値の問題を含めて、1国の中だけのマクロ経済のことに触れてきました。
触れてきたと言いましても、私にとっては匂いを嗅いだ程度の理解ですが。

今度は別の、より難解な面から少しアプローチしてみたいです。
国際金融の問題です。

折も折、ギリシャの破綻で教科書があるようなものです。
私が根本的に解らないのは、1国の、それも10兆円あまりの問題で、何故、世界経済がこれほど大騒ぎしなければならないかということです。

現在の金融システムに大きな瑕疵があるのではと思います。

そのためには、ギリシャの破綻が、何故世界に連動するかを検証し(最も、この部分は満天下さんに説明していただかねば手も足も出ません)、まずシステムを認識できてから他の方法はないのかを探りたいと思います。

巨大ユダヤ資本の暗躍が、資本主義経済のありようを歪なものへ変えているのではないかと思います。
それとも、これは資本主義の宿命的な結果であり、逃れられないものなのでしょうか。
資本主義そのもののありようを考え直すことは出来ないのでしょうか。

少なくともグローバル化を一部であっても規制することは可能ではないでしょうか。
一部というのは、内容的、地域的、それも複層的な概念でやれば色々と方法があるのではないでしょうか。

このようなことを検証したいと思います。

普天間の基地移転問題よりも少し困難かと思いますので、民主党に任せることは出来ないようです。


メンテ
ギリシャ破綻が何故怖いのか・・1 ( No.87 )
日時: 2010/05/08 13:59
名前: 満天下有人 ID:S5xeYcgk

・・・産業革命によってこの世には、膨大な商品が出現して来ました・・・

この商品の交換手段として貨幣への需要が一気に拡大しました、金属貨幣だけでは間に合わなくなって、紙幣が生まれ、でも当初それは価値の裏付けあるものでした(金兌換紙幣)・・・

金の裏付け制限があると、金融業者は紙幣を通じて彼らの商品である紙幣の量を増やすことができない、つまり通貨を全て不換紙幣にしようとする計略動機が生じ、現実にその通りになって今日がある・・・

その量も単に付加価値見合いだけの量の発行では、世界を支配できない、ロスチャイルドの天才的ひらめきは、世界規模で借金を創出しこれに見合う通貨が必要となってくれば、すごい量の貨幣を支配できる(ケインズは、公共投資論=国債発行を抱き合わせてその理論建ての貢献者とも言えます)・・・

・・・18世紀以来、通貨の支配には血で血を洗う闘いが繰り広げられて来ましたが、端的にはアメリカ独立の時、通貨発行権を巡る戦いが象徴的なものでしょう・・・それが80年代に始まった金融工学と表裏一体となって資本主義が金融資本主義に変貌していた、大きな流れを見ることができます・・・

これは、明治維新のときわが国も抱き込まれた長いテーマになりますから、とりあえずギリシャ問題を見てみます・・・

・・・<私が根本的に解らないのは、1国の、それも10兆円あまりの問題で、何故、世界経済がこれほど大騒ぎしなければならないのかということです>・・・

実は、ギリシャの財政赤字がGDPの約13%を占めていた、そのことだけではないのです・・・同国は既に国債発行残高が約2900億ユーロ≒4000億ドル≒40兆円ありました・・・

引受け先はギリシャ国内銀行25%、フランス17%、ドイツ10%、その他EU諸国35%、その他13%・・・この40兆円という数字、似たもののとしてはサブローン破綻の切っ掛けとなったリーマンブラザーズの負債総額がほぼこの額で破産し救済も受けられませんでした・・・これはアメリカ内部における同じユダヤ系金融資本同士の葛藤が絡んで、救済するとは何事だと言う世論の手前、倒産させるしか手がなかった、他は救済しましたからね・・・それでもここから事件の輪が拡大し、世界経済が恐慌一歩手前の事態になりました・・・

ところがまだ実数は把握できていない(把握されていると思いますがインパクトが強くて公表できないと思います)ものに、どうやらギリシャを初めとする金融機関が、ギリシャ国債及びギリシャ金融機関が民間などに融資をし、それのリスクカバーとして発行していた*CDSが、かなりあるのではないか、その疑念が国債リスクに更に輪をかけているようです・・・

*CDS=クレジット・デフオルト・スワップ
例えば橋立企業に満天銀行が融資します・・・橋立企業はしっかりした会社で、利益を拡大するだろう、しかし万一のこともあるから、この貸出し債券に保険をかけて、A保険証券を発行して民間や他の金融機関に売ろう・・・引受人たちは橋立企業を基にした債券の保険証券だから利回り低くても安心だ、よし俺も更にこの保険証券を基にB証券発行して利ざやを稼ごう、さすればA保険を売っておくことになるから、リスクも同時に消せるわけだ・・・

これが順々に輪を広げて行って、何がどうなっているのか訳が分からなくなったのが、サブローン破綻による累損で、推定、兆でなく何京円にも達している・・・これが金融工学が編み出した派生金融商品・デリバテイブの最も原初的形態なのです・・・これが逆回転し始めると、どういうことになるか、説明するまでもなくアメリカが実例を示しておりますね・・・昨日米住宅供給公社のフレデイマックは、かなりの公的資金注入を受けて来たのに更に1兆円の支援を要請するなど、一旦受けた損害を消すには、相当の時間がかかる例でしょう・・・
メンテ
ギリシャ破綻が何故怖いのか・・2 ( No.88 )
日時: 2010/05/08 14:02
名前: 満天下有人 ID:S5xeYcgk

・・・私はよく80年代からの紙幣の本質は、通貨の債務化=債務通貨にあるという表現をさせてもらっておりますが、前記デリバテイブ商品の倍々ゲームによって紙幣も増刷されて行きます・・・債務の「通貨化」はこの過程に照らして見ると理解が早くなると思います・・・詳しくはまたにして、

このギリシャ国債を持つ諸国金融機関の財務状況が悪化すると、そこへテコ入れする他国金融機関のリスクプレミアムが上昇し、そこの金融がフン詰まる連鎖現象が次ぎに拡大されて行きます・・・金利がどんどん上昇し逆に経済活動は沈下して行く・・・極限状態が恐慌という事態ですね・・・

投資銀行JPモルガンの計算では、金融機関へのリスクプレミアムが0.2%上昇しそれを顧客に即ヘッジできない場合、その金融機関の翌年での利益は、8〜11%の利益減になるとのマニュアルを持って商売をやっております・・・

ギリシャはIMF規定によって超緊縮財政を取らねばならず、来年度成長率はマイナス3%になると予想されているようですが、EUにおける連鎖反応を予想するとEU全体では0成長になるでしょう・・・禁じ手のユーロ増刷で対応するとどうなるか、ユーロ暴落に拍車がかかりユーロ債権を持つ諸国への影響が激しくなり、これまた恐慌の引き金になりかねません・・・
・・・ギリシャ国民には申し訳ないけど、食うものも食わずに耐えて行くしか方法はないでしょう、少なくとも債務化された通貨による資本主義時代にあっては・・・もしわが国が同じ状態になったら、どうでしょう、債務国債の額が柔じゃありませんから・・・。
メンテ
リバイアサン ( No.89 )
日時: 2010/05/08 22:39
名前: 天橋立の愚痴人間

早速のレスをありがとうございます。

最初の頃の貨幣(紙幣)が増える話は比較的理解しやすかったと思います。

ところで、

*CDS=クレジット・デフオルト・スワップ

というような言葉は知りませんでした。

損害保険において、結局は英国のロイドに集約されるように金融保障システムが、互いに保障をしあうという形でネズミ講のような枝葉を作り上げているということです。

そうして裏の金融資本は、そのシステムを弄ぶ妖怪じみた存在のようです。
ロスチャイルドの陰謀のように言われていますが、まさしく金融のための金融市場が闊歩していて、この妖怪から逃げることは、それこそ数百万の軍隊を指揮して退治するような力が必要と想像できます。

大体が、融資の保証の保証、其のまた保証が必要なプ巨額の資金が必要なロジェクトなど始めから企画しなければ良いのではありませんか。

ところが、ドバイの巨大プロジェクトなど枚挙にいとまなく、グローバル化に目が眩んだ資本家にはこれを避けて通ることは出来ないようです。

要するに実質10兆円の問題が、数百兆円の問題に化けるシステムがあるということですね。


17世紀イギリスの代表的政治哲学者ホッブズの主著に「リバイアサン」というのがあります。

リバイアサンとは、『旧約聖書』の「ヨブ記」41章に出てくる怪獣の名前で、神を除き、この地上において最強のものを象徴したことば。ホッブズによれば、この最強なるものとは、人々がその生命を守るために契約を結んで設立した政治共同体=コモンウェルス(国家)を意味した。

また、このリバイアサンは海の怪獣、しかも平和の怪獣であったことに注意すべきである。したがって、国家は、人間が生命の安全と平和を確保するために力を合成する契約行為を通じてつくった政治共同体であるから、王族、教会、議会、ギルドなどの集団よりも強い、というわけである。ピューリタン革命という悲惨な政治状況を目の前にして、ホッブズが、いかにして人間の生命や自由を保障できる平和で統一的な政治社会を確立するかを考えて、『リバイアサン』を構想・執筆したことは間違いない。

国家を怪獣に例えたホッブスの気持ちは、民衆を王族、教会、ギルド、ピューリタン革命などの社会的勢力から国民を守れる国家という意味でリバイアサンという概念を使ったということです。

現代は、さしものリバイアサンも、金融資本という妖怪の妖術には適わないのでしょうか。
それとも、リバイアサンの力が弱まったスキに、妖怪が跋扈したのでしょうか。

いずれにしても、経済を、政治を、社会を民衆の手に取り戻すには、このような範疇で対策を考えねばならない様です。


今日のところは、これまでとします。

気が重いテーマです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存