ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.9 )
日時: 2010/03/11 23:42
名前: 天橋立の愚痴人間

seijikeizai111 さん、こんばんは。

経済のことに御詳しい貴方に聞いていただきたい。

「食料鎖国論」は4年も前から展開しています。

格差社会の問題を景気、不景気さらには金融の問題にすり替えて考えていますが、それ以前に、科学の発達による生産技術の進歩が引き起こす職場を無くする人間の増大は、また別の次元の話です。

日本だけを考えても、所謂工業生産品の生産力は、我が国で消費する量をはるかに上回っております。
ですから、今まで一番多くの人を吸収してきた物資の生産の場で、働く人々は非常に少なくてよくなってきています。

今のところ、輸出によって外国で裁くことによりあまり目立っていませんが(実はすでに産業の空洞化による失業者の増加という現象はかなり酷くなってきています)、中国、インドなどが同じように生産力を発達させれば、たちまちその現実が押し寄せます。

こんな時に、現在我が国にいる6500万人の労働者はの幾らくらいが就業可能かです。
ですから、働くということを漫然と考えていては大変です。

そこで考えたのが、第一次産業の復活なのです。
農業に関わらず、林業、漁業共に大変な職業であり、苦労の割には収入が見込まれません。
ですが、たとえ年収が200〜300万円であっても、考えようによっては幸せな生活を送れます。

現在、第一次産業に従事している人は、300〜400万人でしょう。
それを将来は2000万人くらいにすることで、工業生産の分野の余剰人員を吸収できないか、と考えています。

そうして、この分野は不必要に集約化、機械化をすることはいけないと思っています。
人間の知恵として、この分野の進歩は抑制することです。
しかしながら、そうすればたちまちにしてエンゲル係数が上がるとか、住宅建設が高額になるとかの影響が出ます。

こういう選択を我々が出来るか否かは、我々自身の価値観の転換(パラダイムチェンジ)が必要です。
そのほかに、農地の問題や、実際に第一次産業を希望する人間がいるか、否かなど大きな課題があります。

でありますが、これなくしては多くの人々が生活保護など福祉の力をかりて、働かずに生活することになります。
人間、働いてこそ人間性が維持できるのであり、働かない人間の大集団の行き着く先は、それこそ地獄絵図であると思っています。


こういう観点から、まず日本の農業のありようを見直し、多くの人が地方に移住して農業を営めるような環境を国家が用意することです。

そのために与えられた時間は、30〜50年と思っています。
ということは、すぐにも着手しなければならないということになります。

多くの人が地方へ移住すること事態、社会の環境を変えて、他の経済の流れも変わってきます。
今は非常に希薄になってしまった、地域循環型の経済圏が出来てくるという期待もしています。

今の市場主義の発達は、経済圏の循環領域が少なくともアジア単位まで広がり、其処には初期の資本主義の根本原理、需要と供給のバランスが、実質的には、地域にいる限り取れていません。

地域の人たち、都市部の人たちも同じで、グローバル化の波に乗り切れない多くの人にとっては、もはや現代は、資本主義の経済圏にも、昔の自給自足の経済圏にも入っていないのです。

これが格差社会の根本の原因と思っています。

ただし、グローバル化の波に乗っている輸出企業、大手流通業などの系列にいる人たちは、いまだ市場主義の競争に目の色を変えて追っかけている上に、国家も、その後押しをする事だけが国家の使命、国家の興隆と勘違いして、誰もが来るべき危機に備えてはいません。



まあ、食料鎖国論の背景はこんなものです。
ですが、机上の論理はできても、現実は切り替えの資金、財政の問題に行き当たります。

そこで、マクロ経済の分野で、先に紹介したようなことが本当に可能か、否かに興味があるのです。





メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.10 )
日時: 2010/03/12 10:01
名前: 北の国から

 「食料鎖国」を、圧倒的多くの国民に共感してもらうポイントについて考えてみました。
 まず、就業人口のなかで少なくなってしまったとは言え、「一次産業」に従事しておられるかたたち、関連のかたたちは、生活実感としてたいへんな思いをしておられるのですから、ていねいに話せばほとんどのんたたちは「賛成」でしょう。
 「人間、ほんとうは『働く』ことによって幸福感を味わえる」というキャンペーンも、ある意味とても大事なポイントです。わたしも、「仕事がない、住むところもない、お金もあまりない」というかたたちの(ささやかな)相談に乗って、最終的には、生活保護の申請、受給のお手伝いをさせていただいたことがありますが、そういうかたたちでも、そのほとんどは「仕事をしたいなー」と思っているし、「お上の金で暮しているうちに人間ダメになってしまう」と思っている人だって、意外と多いのです。
 国と地方自治体が支出する「生活保護」のお金を、一次産業をまともに再建することで、これを圧縮し、同時に、貧困に陥りそうな人たちに「自分で働いて、自分の暮らしを支える、という人間としての喜びを、みんなでわかちあうことができる。このことに反対する人はほんとうは、いないのではないでしょうか。
 一次産業における、いわゆる大規模化、機械化とのたたかい。これが結構むずかしいですね。
 いまでも、自民党の長年の悪政によって、「小規模」の家族単位の農業はなりたたなくなっています。大規模では、機械化、近代化による借金で(北海道の酪農家の、一戸あたりの借金の平均は、約4千万円)これもたいへんです。
 機械化、近代化は決してマイナスのことではありませんが、農業機械、大規模化とともに、そうした商品を扱う会社の「資本の論理」が、客観的に存在する以上「人間の進歩として、この分野を抑制する」(天橋立さん)は、並大抵のことではありません。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.11 )
日時: 2010/03/12 10:21
名前: 北の国から

 つまり、天橋立の愚痴人間さんが強調されているように、国民の多くの価値観を変えて、たとえば「肉にしても、野菜にしても、ただ安ければいいというものではない」とか「日本で一次産業にたずさわっている人たちの努力で、日本の国の食料と、経済はなりたっている」とか「少し高くても、日本の食料品を使用することによって、国の再建に役立つ」などと言う考えかたが、広く普及していくことは、ひとつの方法で、これは可能でしょう。
 ところが、一次産業を相手に(少なくなったとは言え)、商売している金融、農機具、肥料などの企業が、機械化、近代化をやはり協力におしすすめることによって生き残っていくしか道はないからです。
 しかし、この面でも「まあ、状況が変わっていけば、何とかなるもんだ」というような事例が、ごく最近ありました。
 いいことなのか、どうかは別にして、自家用車保有者の「好みの車種」の大きなかわりようです。(日本だけでなく、世界でも)
 わたし自身も含め、車には「快適さ」をもとめてしまいます。加速、ダートでの壮行性能、長距離を運転しても疲れないなどでしょうか。ところが「燃料が高くなった」「収入が上がらない」ということが数年つづいたなかで、いわゆる「大きい車」の需要はダウンし、町中に「軽自動車」がすごい勢いで増えています。
 つまり、具体的な大きな変化によって、対応する国民だということでもありますね。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.12 )
日時: 2010/03/12 11:21
名前: 北の国から

 天橋立の愚痴人間さんがそうであるように、わたしも「科学と技術の発展」を否定していません。むしろ全面的に肯定しています。(原子力は危険な要素があるものの、原子力の「科学としての」研究は、積極的におこなうべきです)
 第一次産業、とりわけ農業が、科学(自然科学の分野が多い)の進歩を、どう受け入れ、道考えたらいいのか、ということは簡単ではありません。
 たとえば、農業にとって「アンモニアの合成」(ずいぶん昔の話ですが)によって、収穫が飛躍的に改善されたのは、行く知られたことです。そして、その収穫の改善によって、(その当時の)多くの餓死者が、作物の普及によって、劇的に現象したのもよく知られていることです。

 つまり、自然科学の発展、成果は、基本的には人類の幸福に役立っているはずです。
 そして、それは、経済のしくみ(資本主義であろうと社会主義であろうと)、とんでもなく悪用される危険に満ち溢れています。

 しかし、逆に、資本主義経済であっても、(フランス、オランダなどの実績をみるまでもなく)農業と、科学技術、安全ということは、かなりのレベルで、うまく解け合うことはまったく可能なのですね。科学者、研究者、技術者と企業が、どれだけそういう立場にたてるのか、そういう研究をどれだけ、政治として支援できるのか、ということだけなのですから。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.13 )
日時: 2010/03/12 13:28
名前: 天橋立の愚痴人間

ご理解をいただきありがとうございます。
私が言っていますことは、これだけでは、理想屋のそしりを受けると思います。
ですが、現在は400年前から始まったと思われる、西欧第三期文明にたいする、文明史的転換の時代と位置づけています。

科学技術の礼賛、発達と、利己心の開放を促進してきた民主主義、資本主義に対する反省です。
ただし、それら全てを否定する訳ではありません。

ただ進歩という概念を少しばかり制御はしなければならないかと思います。
たしか、「進歩」の概念を皮肉って表現している映像もありました。

勿論、医学や宇宙工学などまだまだ進歩を望む分野もありますが、資本の論理の性急な展開などはコントロールを必要とするでしょう。
400年前から始まった文明の展開の根源は、利己心(人間性)の開放が源泉でした。
これにより人間は新しい幸せを掴むことが出来ました。

ですから私は人間の利己心のコントロールは出来るだけやるべきではないと思います。
しかし、細かいところでは例の禁煙問題など、ルール、マナーとして存在しています。
我が国で大規模営農を禁止する、農業への株式会社の参入は法律で禁止してきました。

コントロールしすぎるということは、人間に束縛感を生じさせ、決して良い社会を築くことにはなりません。カルトの社会になってしまうからです。

それ以前に、人間自身が新しい価値観に目覚めることです。
幸いに、北の国からさんも感じておられるように、物質的な繁栄が、逆に物質の追求欲という面で少しは変化してきている様相も見えるようです。

食料鎖国論と言いますのは、新しい国のかたち(文明)の実現のための単なる象徴的な面に過ぎません。
食料鎖国のような体制を具体的に追及することよりも、これを受け入れられる国民の心を醸成することの方が大変なのです。

私は「大和魂」という命題で、最近は忘れてしまっている人間の精神の良い面を取り戻すように訴えようとしています。
そういうところから解きほぐして行かねばならないのですが、それも遅々として進まない状況です。

最後に、これも言い尽くしていることですが、歴史家のアーノルド・トインビーが40年以上前に「これからの人類の課題は余暇の問題になるであろう」と言っていますように、物質的豊かさと、有り余る余暇の時間は、人間にとって最も困難な事態を引き起こすということも、そろそろ自覚しなければならないのではないでしょうか。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.14 )
日時: 2010/03/12 19:16
名前: 平 國造

天橋立の愚痴人間さん皆々様
毎度勉強させて頂いております。私、昨年の小沢氏の西松問題の報道に疑問を抱き、初めてネットを始めた不勉強者でありました。それからは、政治経済のブログ、それに対するコメントを拝読するうちに極最近「ベーシック・インカム」とゆう言葉を知り下記のURLに記載された講演記録を読み目から鱗の想いを抱いております。天橋立の愚痴人間さん皆々様のご意見ご感想など記載くだされば
嬉しいです。

     http://bijp.net/transcript/article/91
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.15 )
日時: 2010/03/12 23:01
名前: 天橋立の愚痴人間

平 國造 さん、はじめまして。

私も「ベーシック・インカム」という言葉を始めて聞きました。

早速紹介されたサイトへ行ってきました。

ですが、人間にとって生きるために働かねばならないと言う拘束は大変重要な意味を持っていると思います。

みんなが、働かなくても何とかなると思い込んでしまっては、それこそ社会が千路に乱れます。
ちょっとした事で喧嘩をし、殺し合いが始まる社会となるでしょう。

なにせ、働くことなど真剣で考えなくとも良いのですから、人間の欲が何処へ向かうか知れたものではありません。

働かねば食えないという状況は、人間の精神を良くコントロールしているのだと思います。
また人生の充実も、貧富の問題ではなく、喜怒哀楽を潜り抜けてきた人生に対して感じられるものだと思います。

福祉の一環としての救済なら良いですが、一律に「ベーシック・インカム」の制度を適応するのは如何なものでしょう。

ブログを主唱されている方は、そんな制度を取り入れても実際に活用する人は多くはないはずといっておられるようですが、根本的に生きることが国家によって自動的に保証されることになれば、人生の緊張感の大半が希薄になってしまいます。

そこで生まれる精神的な弛緩が、とんでもない社会を現出することになるのではないでしょうか。

政治のことなど、殆どの人が無関心になるでしょう。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.16 )
日時: 2010/03/13 08:04
名前: seijikeizai111

昨日珍しく忙しくお返事遅くなりました。

食料鎖国論の背景については同意します。

財源については、マクロ的には(長期的には)国債を発行すれば問題ありません。

おっしゃるように2000万人分くらいのものです。
300万円×2000万人=60兆円です。

60兆円はどこにあるのだと言われるでしょう。
60兆円は、まわりまわって所得税という形で必ず国に戻ります。
戻らないのは税制に不備があるか、途中で金融資産にされているかですから、儲けた人から税金を取るという税制を整備すればよい。
それでも捕捉できなくて金融資産になってしまったものは国債を発行してまた取り戻せばいいのです。

その金額で経済が均衡していきます。

経済は生き物です。
誰かの支出は誰かの所得。
有機的につながっています。
物の価値にも絶対というものは無く、すべて相対評価ですから、変動しながら落ち着いていきます。
60兆円が所得再配分されるという前提で、経済が動き、やがて有機的なつながりができて、落ち着きます。
その時今の物価がすべて10倍になっていても、所得も10倍になっていればいいわけです。

リンゴ1個=1ドルだとすると

リンゴ1個100円=1ドル
 が
リンゴ1個1000円=1ドル
 となっても

リンゴ1個=1ドルというのは変わらないからです。

リンゴが10倍になっても所得も10倍になるから同じです。
これをインフレだという人、円安にすれば損するという人はおかしいのです。
インフレになっても何も損していません。得もしていません。
円安になっても何も損はしていません。何も得もしていません。

このように物の価値が変動して経済が安定するのです。

だから、経済を破壊してリンゴが作れなくなることが一番ダメなことなのです。
経済を破壊してリンゴが作れなくなってしまえば、1ドルは手に入りません。


ただ、長期的に見てよくても短期的にいいかどうかは別です。

前期の前提は、所得も10倍になればということです。

急激に激変すれば、生身の人間ですからついていけません。
短期的にはすごく得する人とすごく損する人が出てしまいます。
所得が20倍になる人もいれば、変わらない人も出ます。
ですからゆっくりとする必要はあります。
ただし、ゆっくりしてもついてこれない人は他の方法で救済します。(福祉です。)


さて、食料鎖国論という方法がよいかどうかですが、個別にはいろいろ問題はあるとおもいます。

もしよいとしても国全体で同じことをしても需給バランスが保てません。
魚、米、野菜、果物、それぞれ地域特性があります。
水も大きな食料の一つです。
また、農林業といっても食料になるだけではありません。
紙、木材、などもあります。

それぞれの地域で何を作り出すかということを、中央で決めるのでは無理があります。
できるだけ地方で決めさせるようにするべきです。


ベーシックインカムでもよいのではないかといわれるように問題の本質は、所得の再配分の方法です。
ベーシックインカムでもマクロ的には同じですが、天橋立の愚痴人間さんの言われるとおり、それは人間としての生き方の問題であり、社会が成り立たなくなるということになるでしょう。


ですから、都市から地方へお金をどうやって大義名分が立てて戻すかです。
お金のある人からお金のない人にどうやって大義名分が立てて戻すかです。


田中角栄はやはり天才だったと思います。
あの時代では最適な方法でした。
しかし、田中角栄の時代に考え出された公共事業を通じての地方へ配分は、道路など作るものがなくなってしまった段階で行き詰ってきました。
田中角栄が悪いのではなく、いつまでも同じ方法にしがみついていた後の政治家が悪いのです。

私は、国土保全を大義名分に地方にお金を配ればよいと思っています。

地方に配られたお金の使い方は、それぞれの地方で決めればよい。
選択するのは地方です。

国土保全の一環として天橋立の愚痴人間さんの言われるような食料鎖国論としての農業、林業、水産業もあればよいと思います。

また単に、山林の保全だけでもいいでしょう。
生産するだけが、仕事ではありません。
国土保全は広い意味で、人間が生活するためのインフラ事業です。

国などの公機関は、儲からないけど国全体にとって必要なことをするのが仕事だからです。
国土保全は、儲からないから国がやらなければならない事業です。

60兆円を地方に分配するのです。
国土保全が目的ですから、配分は面積割がいいと思っています。
2000万人分の雇用相当分です。

思いつくままに述べましたが、食料鎖国論をたたき台にしていろいろ考えられますね。

食料鎖国論の背景となる基本的な考えには賛成です。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.17 )
日時: 2010/03/13 19:59
名前: 平 國造

天橋立の愚痴人間さま
早々のご返事誠にありがとうございます。

私は飢餓への恐れがちょっとしたことで喧嘩をし、殺し合う社会になることを危惧しております。「このままでは食べて行けない、人として生活できない」
という絶望的な思考が精神を乱し秋葉のような事案が発生したやに思慮しております。そのような人達が集団を組んだら・・・・
その行為の未然防止のためにと個人に対する様々な規制を設けた法律が制定される。そして・・・・

古代ローマは「パンとサーカス」で滅びたとも言われておりそのことを心配されることも解りますが、「パンとたっぷりの教育と少々のサーカス」
であれば良いのではと思った次第でありました。      感謝
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.18 )
日時: 2010/03/13 20:22
名前: 天橋立の愚痴人間

平 國造 さん、

貴方が指摘されていることは、すぐ其処まできている現実に近いでしょう。

最近は、田舎町でも窃盗事件が多くなり、それが何時殺人になるかも知れません。

もはや、泥棒も職業の一つに数えても良いのではないでしょうか。

恐ろしいことが起きようとしています。

個人が、どんなに努力しても食えないのでは仕方ないでしょう。

あきらめて死んで行った私の知人もいます。

力のある人間が食べるための犯罪を犯すことを誰が止められるでしょう。




可能な限りの知恵を絞って

何とかしなければならないと思います。

「ベーシックインカム」を思いついた人も、こういうことを考えられているのでしょう。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存