ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 1000兆円の借金について ( No.1 )
日時: 2010/03/11 00:43
名前: 天橋立の愚痴人間

以下も全文転載です。


投稿者 :
zero_gunnier


米国債は日本政府は売れないのに西郷札じゃないとよく言えますね(笑)

もうちょっと今の現状を知った上で発言してくださいな。

世界は通貨を発行し国力を増大させているのに
日本は通貨を発行せず国力を減退させ続けている。

会計学上貿易黒字国は政府紙幣を発行しなければならないのは確定している。

というのも為替差損という勘定科目が不当な勘定科目であるからです。

通貨を発行した国では差損は計上されず通貨を発行しなかった国だけがこの為替差損を計上します。日本はずっとこの差損を計上し続けています。中国はこの為替差損を法人や労働者に負担させるのは不当な競争であるとして為替を固定し、余剰の外貨を基準に国民のために通貨を供給しています(事実上政府紙幣発行です)。

どちらが会計学上正しいかといわれれば中国の方が正しいです。

貿易を行う場合、貿易赤字に対して通貨を発行し、毀損させて返済をしようとする国に対してその毀損を貿易黒字国の日本が背負わないようにするためには、中国同様日本政府も通貨を供給し国民へ還付しなければなりません。

以上をもちまして国際会計上は政府紙幣を日本は発行しなければならないという意見を終わります。

ちなみに貿易黒字額を中国のように日本がきっちり政府紙幣を発行していたならば国債の発行残高はほとんどなかったという事も付記しておきます。

つまり為替差損の積み上げが日本の国債の発行残高なのです。

日本は何も気にせず政府紙幣を発行すべきなのです。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について ( No.2 )
日時: 2010/03/11 00:57
名前: 天橋立の愚痴人間

投稿者 :
blue_00_siriusu


単純な印刷だけなら、資金需要が無ければ、
市中に流れることもありません。
直接の景気浮揚効果は少ないでしょう。

国家による、付加価値の創造は
仕事量の増加、雇用の創出を伴い
実効性のある資金流通量の増加が見込めます。




投稿者 :
blue_00_siriusu

国家の付加価値の創造においては

その価値の分、政府紙幣の印刷が可能である。

と、同時に印刷の義務も発生する。



投稿者 :
junkangatashakai

>付加価値であるなら、資産に拘る必要は無いものと考えます。新規構築システムでも良いはずです。>

付加価値であるなら何でもいいとなると、国が年間に生み出している付加価値の総計はGDPそのものですから、毎年GDP相当額の紙幣を印刷するということになってしまいます。しかしこれは現実的ではないでしょう。

「資産」と「新規構築システム」とのどちらかになるような付加価値に限定するとも解釈できます。
「新規構築システム」とは何を意味するのか、説明していただけると有り難いです。

もしかすると「国の支払い際して、そこに含まれる付加価値については紙幣を印刷して払う」ということかもしれませんね。そうすると公共投資以外にも公務員の人件費なども付加価値ですから、年間に相当量印刷することになります。

あるいは「国の支払い際して、そこに含まれる「資産」と「新規構築システム」とのどちらかに相当するような付加価値については、紙幣を印刷して払う」ということかもしれません。

どのような表現が適切か教えていただけますか。



投稿者 :
blue_00_siriusu

(マクロ経済における)適切な表現としては、

付加価値が国民の財産たりうる必要があります。

帳簿上、財産計上できるものであれば、ですね。

前述の構築システムは、例えば、安全とか平和であることとか、

国民の財産として適切であれば、資産計上できると思われます。


公務員の給与は、ランニングコストとみなすのが適切でしょうから、

国民の財産としては計上できないと思われます。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.3 )
日時: 2010/03/11 01:07
名前: 天橋立の愚痴人間

さらに紹介を続けます。

投稿者 :
junkangatashakai

「通貨の増大」を巡って議論をしているが、その目的は「景気をよくしたい」、あるいは「経済水準をより高く、より安定的にしたい」などで、「通貨の増大」は手段である。

「通貨の増大」によって具体的にどのようにして景気をよくするかについては、以下のような三つの道筋が考えられる。

1)円安政策:政府が印刷するなどして調達した円で、市場でドルなどの外貨を大量に買って(円を大量に売って)円安にして、輸出主導で景気をよくする。

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

3)通貨増大政策:一般に景気がよくなれば通貨は増大する。それを逆手にとって、通貨を増大させて景気をよくする。(90年代末のインフレターゲット論に似ている。)

上記の三つは必ずしもそれぞれが独立していない。例えば1)や2)で景気をよくする場合、同時に通貨の増大も伴うから、3)の効果も期待できる。

それぞれを見ていくこととする。



メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.4 )
日時: 2010/03/11 01:08
名前: 天橋立の愚痴人間

投稿者 :
zero_gunnier

>現状の日本で通貨の供給量をどうやって上げるのですか?民間資金需要が無く、貿易黒字が多い(貯蓄が多い)という状況で、通貨量をどうやって上げるのですか?

国債を償還したらいいじゃないですか(笑)金利の支払いだけでも税収の半分以上を負担せざるをえないのですからもはや国債は発行のしすぎです。それを政府紙幣によって買い取らなければなりません。

それと日本でも民間の資金需要は山ほどあります。あなたが知らないだけです。

といっても金利の知識がないとわからないですかね。金利を引き上げると景気が刺激され金利を引き下げると景気が悪化する。

この話が理解できるなら資金需要の話も理解できますが、わかりますか?わからないなら解説します。

>結局国債の日銀買いオペとマッタク変わりません。それとも違うのですか?
インパクトは違いますね。

>貿易黒字分(国民の貯蓄分)をすべて配ってしまうわけにもいかないでしょう。
いえいえ配って良いとおもいます。累積貿易黒字と為替差損の計500兆円を総額で毎年定期的に配るべきだと思います。

何故ならば本来日本国民が得られた所得ですからね。為替差損によって失った所得を補填するのは国家の基本的な役割です。

>結局円安にするにはドルを買うしかないということになると思いますけど・・
いえ、全然。ドルなんて買う必要性がありません。政府紙幣を発行してしまえばそれで終わりです。



以上で、転載を終わります。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.5 )
日時: 2010/03/11 01:25
名前: 天橋立の愚痴人間

今度は、私の意見。

付加価値を伴う貨幣の供給が可能ならば、私の持論、食料鎖国論に弾みがつく。

年間、10兆円くらいの投資をして、全国に人口農地を展開する。
その人口農地は水利、営農にやさしいものとし、比較的容易に農業に従事できるものとする。
勿論、自然災害にも強い農地とする。

これを国家は300年くらいの償還計画で農家に貸し付ける。
実質の試算はしてませんが、年間、1反(300坪)3万円くらいなら、まずは只のようなものである。

食料の自給もでき、就業の確保もでき、さらには農地建設による公共事業が継続できる。
しかも、その工事は技術的に難しいものではなく、地方の多くの建設業者に任せればよい。

一石三鳥の名案と思うが、

如何でしょう。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.6 )
日時: 2010/03/11 17:29
名前: 北の国から

 まじめに(自然を相手に)働けば、すくなくとも普通の暮らしができる。しかも会社の一方的都合によって解雇や、「雇い止め」の不安もなくなります。農地建設の公共事業は、まともな国民であれば、よほどのことが無い限り、反対しないでしょう。
 さらに、このことが一定軌道に乗ると(食料鎖国から2〜3年)、北海道から、沖縄まで(米軍基地は撤去されているかもしれない)広域で、平均的に経済活動が活性化される、というすごい効果もあります。
 もっとすごいのは、農業技術を蓄積しておられるけど、いろいろあって、その蓄積を後身に伝承できていない、すごい数の「元農民」のかたたちの出番と、人口ピラミッドの上のほうのひとたちも、若者とともに「やりがいのある仕事」を選択していくようになるでしょう。

 ところが、日本から、電気製品や、自動車を輸入している一部(ほんの一部)の国は、さまざまな報復をこころみるでしょう。
 そして、一部の国民は「食料品鎖国では、輸出産業が崩壊してしまう」などと、(対案はもうないのに)さわぎたて、バカなマスコミも(スポンサーの横槍もあって)、「食料品鎖国とは何事」などというキャンペーンをやるにちがいありません。
 そういう、「昔ながらの抵抗」に、多くの国民が、どれだけ戦えるか。そこがカギですね。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.7 )
日時: 2010/03/11 20:11
名前: 天橋立の愚痴人間

>ところが、日本から、電気製品や、自動車を輸入している一部(ほんの一部)の国は、さまざまな報復をこころみるでしょう。
 そして、一部の国民は「食料品鎖国では、輸出産業が崩壊してしまう」などと、(対案はもうないのに)さわぎたて、バカなマスコミも(スポンサーの横槍もあって)、「食料品鎖国とは何事」などというキャンペーンをやるにちがいありません。


北の国から さん、財界の傀儡政権、自民党はまさにこれだけでやってきました。

>そういう、「昔ながらの抵抗」に、多くの国民が、どれだけ戦えるか。そこがカギですね。

そうですね、勢力を増した(?)ワーキングプアと壮絶な戦いを始めねばならないと思います。

ボノボさんの口癖

「政治は殺し合いである」

の認識を、みんなが持てるでしょうか。



まあ、とにかく、

民主党が、このような範疇のことに思いを寄せてないことは確実でしょう。

殺し合いではなく、

友愛ですものね。

民主党のだらしない根拠は

まさに、ここにあるのです。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.8 )
日時: 2010/03/11 22:53
名前: seijikeizai111

政府紙幣と国債は根源的には同じである。
政府紙幣と国債の違いは、発行体である政府部門の会計処理の違いに過ぎない。

政府紙幣は損益勘定で行い、国債は資産・負債勘定でする。

だから、国債は限りなく貨幣である。

政府紙幣がよいなら、国債もよい。

むしろ同じであるなら国債の方が優っている。

なぜなら貨幣量の調整という役割には、資産負債勘定の方が適しているからだ。
また、利息相当分(経済成長分)の供給もするからだ。

ただ、貨幣を増やしたからと言って経済成長しない。
何に使うかが一番大切だ。

国は、直接使わず減税すべきである。
使い方は国民が決めるべきである。
減税の財源が、国債の発行である。



貿易黒字分をどうするかという話

基本的には円を基軸通貨にするくらいの覚悟がないとだめだ。
基軸通貨になるための条件は、経済力だけでなく軍事力も必要になる。
基軸通貨というのは、世界の通貨発行権があることなのである。
通貨発行権は、権力者の権利なのである。


食料鎖国論の話

天橋立の愚痴人間さんの持論ということですが、初めて知ったのでこの文章だけではよくわかりません。


私のアイデアは、・・・

地方への交付金を、その県の面積(陸地と海洋含む)に応じて配分すればいいと思っています。
国土や海洋を守るにはそれなりのコストがかかるからです。
お金のあるところに人が集まるからです。
何に使うかは、国が決めるのではなくそれぞれの地方で決めて、特色を出せばよいからです。
地方によってはそれを全額減税するところもあってよいと思う。

もちろん不景気の時には、国債を発行して配ればいいです。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存