ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.150 )
日時: 2013/08/13 13:15:29
名前: グッキー

橋立さん

>上記の諭しは、私の場合は本件に関するかぎり、不要かと思いますが。

私も含めてかも知れませんが、人間てのは思い込みが強いんですよ。
阿修羅を見ていると思い込み人間がうじゃうじゃいます。

では通貨は国民のものと言うのはご理解いただけたでしょうか??
これは経済の基本原則みたいなもので、相対性原理と同じで、
これが理解できなければ先に進んでも混乱するだけです。

>物資の交換手段だけであった時代の通貨はグッキーさんが言われるような国民のものと言う概念で捉えられるでしょう。
課題は、どのようにすれば過度の信用経済を縮小できるかと言う事になります。

通貨準備率を高くし、信用創造を止めちゃえば良いのです。
預金=法定準備預金(ブタ積み)に成っちゃえば信用創造は出来ません。

もともと銀行が信用創造し通貨を増やせることがおかしいのです。
石ころでもキャッチボールをして、それに銀行が融資を付けていけば
通貨が増え、通貨価値が薄まります。(バブルの基本原理)
これは社会的に不公正なことです。

銀行が信用創造出来なければマネーサプライは減ります。
変わりに日銀が国民に通貨供給すればベースマネーは増えます。
消費者に通貨が増えればマネーサプライの回転率が高まり、
マネーサプライが減っても大丈夫です。

現在0,4なんてふざけたマネーサプライの回転率は
銀行にお金がみんな集まっちゃったということです。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.151 )
日時: 2013/08/13 17:02:48
名前: グッキーさんへ・・・天橋立愚痴人間

>阿修羅を見ていると思い込み人間がうじゃうじゃいます。

アッハッハ
阿修羅を見ていますとグッキーさんの意見に対して、全く既成の概念から、ものを言う人が殆んどで、話が進展して行きませんね。

また、私とグッキーさんの間でも、グッキーさんが経済の理屈に詳しい分だけ、まだ既成の概念に囚われておられるような気がします。

まあ、私のは徒手空拳で兵に立ち向かうようなものですが。
かつてヤフー掲示板で経済に詳しい人の意見に食い下がっていた経験があります。

結局、その人は、案外、素人の方が判っているところもあるのかな!
と言っておられました。

>では通貨は国民のものと言うのはご理解いただけたでしょうか??
>これは経済の基本原則みたいなもので、相対性原理と同じで、
>これが理解できなければ先に進んでも混乱するだけです。

形而上学的になってしまった通貨論を、国民が身近に感じられるように、その様なシステムの構成が必要だと言うことを理解しています。
で、
先に進むとは、如何なものでしょう。
それを、ぜひともお伺いしたいのです。

この領域で、グッキーさんは、いささか先祖帰り(資本主義の基本理念)されているのではないでしょうか。
それを下記の様な言葉の中に垣間見ているのですが、間違いでしょうか。

>通貨準備率を高くし、信用創造を止めちゃえば良いのです。
>預金=法定準備預金(ブタ積み)に成っちゃえば信用創造は出来ません。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.152 )
日時: 2013/08/15 18:21:51
名前: 1000兆円の踏み倒し・・天橋立愚痴人間

「政府の借金は返済してはならない 」と言う記事を見つけました。

ttp://ameblo.jp/hirohitorigoto/entry-11582766012.html

途中からですが転載します。

・・・

本題ですが、藤巻氏は相変わらずと言いますか、

・政府のプライマリーバランスは黒字化しなければならない。
・政府の借金1000兆円は返済しなければならない。

と考えているようです。

最初の政府のプライマリーバランス黒字化に意味が無いことは過去のエントリーで書きましたが、

黒字化しなければならないという思い込み
→ttp://ameblo.jp/hirohitorigoto/entry-11552467234.html

よって、今回は政府の借金を返済したらどうなるかに対して焦点を当てて説明します。

下の図は日本国家全体の資産を左側に、負債を右側に積み上げた貸借対照表(バランスシート)ですが、これを使って100兆円の国債償還をした場合のシミュレーションをしてみます。(過去に作った物なのでデータは古いです・・・手抜きスマン)

(図表)

まず、政府が100兆円の国債を償還するためには、民間から100兆円の税を徴収しなければなりません。
企業、家計からそれぞれ50兆円ずつ税を徴収し、政府の資産が100兆円増加したとします

(図表)

次に、その徴収した税100兆円で国債100兆円を償還します。

(図表)

するとどうなるのか・・

(図表)

政府の資産100兆円と、負債100兆円はめでたく消えて無くなりますが、この貸借対照表のトータルの金額を見て下さい。

日本国家全体で資産と負債が100兆円減っている事がお分かり頂けると思います。
(正確には税の徴収により国民の預金が減るので、金融機関の負債(国民の預金)が減少し、同時に金融機関の資産も減るのでトータルでは200兆円の資産と負債が減ります。それを図に書くとごちゃごちゃしてわかりにくいので省きます)

国債の償還とは民間の資産を100兆円減らし、政府の負債を100兆円減らす行為、ただそれだけであって、スコーンとだるま落としのように日本の経済のパイが縮小してくだけになります。

もし、藤巻氏の言うようにすべての政府の負債1000兆円を返済したならば、恐らく日本の貸借対照表(バランスシート)は、資産、負債共にほぼゼロになり、日本経済は完全に崩壊してしまうものと思います。

※補足:しかし、国債を償還したらそのお金は国債の保有者(主に金融機関)に返済されるので民間の資産は減らないのではないか?
と思われるかもしれませんが、国債の保有者から見ると、国債という金融資産が現金に置き換わるだけなので資産の増減はありません。

資本主義の経済とは借金を拡大することでバランスシートの反対側つまり資産を増やすことで経済を成長させていきます。
ところが今の日本経済では、民間(特に企業)が投資を縮小し、借金を返済しているので日本全体の負債が減少しているのが実情(下図参照)。その減少分を政府が国債を発行し補完することで、日本全体の負債減少を食い止め、国民の資産の縮小、経済のパイが縮小することをなんとか防いでいるわけです。

(図表)

もし、仮にこのような状況で政府までもが借金を減らしたらどうなるか?
間違いなく日本経済は崩壊してしまいます。

参考までに日本を含めた全世界の国の政府債務の推移をグラフにしてみましたが

(図表)

2000〜2012年の間に政府の負債は3倍近く増加しています。
借金を減らしている国は存在しません。

借金をして資産を拡大させていく、これは「信用創造」と呼ばれる資本主義経済の基本中の基本。つまり、借金を減らせと主張する藤巻氏は資本主義経済そのものを否定しているに等しいわけで、このような人物が「エコノミスト」と名乗っている事に違和感を感じます。

と言いますか、マスコミも「政府の負債を減らす」事が目的化してしまい、その結果国民経済にどのような影響をおよぼすのか、その様な考察が一切ありません。非常に不可解です。

それとも分かった上で、日本経済を破壊する目的で言っているのか。

あまり陰謀論は好きではないのですけど、つまりはこういう事なのかなと思ってしまいますね。
以下はbandoさんのブログ記事ですが、

コミンテルンを知ろう!!
→ttp://ameblo.jp/tokyo-kouhatsu-bando/entry-11581001301.html

日本経済を混迷させ、国民の不安を煽って政府を倒し革命を成す。
そのような目的があるのではないかと疑いたくなります。

ただ、政府の負債はすべての経済状況において返済してはならないという訳ではありません。
過度なインフレの時、景気が加熱しすぎた時は、民間の経済活動の熱を取る目的で政府が国債を償還するのは有効な手段となり得ます。
ですが、今のようなデフレ不況では国債の償還を考える必要はありません。


(転載終わり)

まあ、言っていることは解るのですが、1000兆円の国債を現状維持するための利息分の処置については語られていません。
毎年、巨額な利子を、どのように手当てすればよいのでしょうね。
詰まるところは、その利子を(年間20兆円近い)補完する無利子国債を日銀が引き受けてくれる事が前提ではないのでしょうか。

其処まで言って欲しいのですが、
まあ、全体の流れは判ったような、判らないような・・・

でも、私は、この考えを支持します。

この方は、別の文章でGNPの20%くらいの通過の増発は悪性インフレは起きないと言っておられます。
生産力が十二分にある日本では!

550×0.2=110兆円ですので
20兆円(4%)くらい、やっていただきましょう。

勇気ある政治屋さん、
御願いしますよ。

そうでなきゃ
消費税増税があぶくとなって消える心配がなくならないのです。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.153 )
日時: 2013/08/16 04:57:19
名前: グッキー

橋立さん

>この方は、別の文章でGNPの20%くらいの通過の増発は悪性インフレは起きないと言っておられます。
生産力が十二分にある日本では!

実はこの増やし方が問題で、どうやって増やせば良いか
誰も言わないのです。
従来の手法、日銀が金融市場、日銀の代理店(銀行)を通じて増やす
という手法しか知らないのです。

日銀が銀行から資産を買い取り銀行にマネーを供給しても
そのマネーがブタ積み(日銀当座預金)に成ってしまったのでは
何にも成らないのです。
日銀がQEとか言ってマネーを供給しても、ブタ積があれよあれよと
いう間に増えて行き、この間70兆円に成ったとか言ってたけど
現在はいくらに成ったことやら。

本来、銀行の信用創造というものに問題があります。
法定準備率を上げて銀行の信用創造を減らしていけば、
日銀がベースマネーを発行できる余地は極端に大きくなります。

銀行の信用創造を減らし、日銀が直接国民に紙幣を配布すれば
無借金経済に成り、経済が健全化します。
投機資金はレバレッジが利かないので大幅に減少します。
その上金融取引税でも課せば投機そのものがほとんど無くなります。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.154 )
日時: 2013/08/16 06:13:30
名前: グッキー

橋立さん

>これによると通貨の価値を担保するものに供給能力を挙げています。
貴方の理論も、日本の場合は供給能力は高いことを前提として需要の喚起を問いておられると思います。
需要云々はともかく、通貨の価値の担保と言う意味で、この意見はどのように判断されますか。

供給とは国民が生産するものです。だから国民が保証しているのです。

>まあ、言っていることは解るのですが、1000兆円の国債を現状維持するための利息分の処置については語られていません。
毎年、巨額な利子を、どのように手当てすればよいのでしょうね。

日銀が国債を保有すれば、日銀費用などを除いて国庫納付金になる。
つまり国債が増えても無利子国債と同じなのです。

でも本来は政府も債務が無い方が良い。帳簿上健全ですww
日銀が国民にマネーを配布し、その中から税金を徴収し政府債務を
返していけば0に出来ます。

こういう発想をするには、紙幣は国民の無利息永久債務証書という
基本概念が必要なのです。

紙幣は日本銀行券という発想からみんな抜け出せないのです。
(↑18歳までに出来た常識という妄想)

銀行は信用創造するもの
(↑18歳までに出来た常識という妄想)

石ころでもキャッチボールをして銀国が融資をつければ通貨を
増やすことが出来ます。
偽札製造です。偽札でも通貨が増えれば景気は良くなります。
しかしやがて石ころは石ころだと分かり暴落し、通貨は減少し
景気は悪化します。
これがバブルの本質です。
銀行の信用創造とは偽札を印刷することが出来るので、
健全、公正なものではないのです。

銀行が信用創造出来なければ(法定準備率で可能)
日銀が直接国民に通貨供給することにより、
経済はより健全、公正になります。

でも人間は自分だけがお金を儲けたいので、
銀行の信用創造を減らすなんて発想が出来ないww
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.155 )
日時: 2013/08/16 12:38:41
名前: 金融政策・・・ 天橋立愚痴人間

グッキーさんの意見は、現状を打破できない(固定観念に縛られている)経済の専門家のどんな意見よりも。私に近いものと思っています。

ですが、

>供給とは国民が生産するものです。だから国民が保証しているのです。

供給力が十分ある国では、通貨の増発で悪性インフレが起きる心配はない、と言うような言い方で通貨の価値の担保と言う領域の話をされている方がいます。

ですが、現在がそうである様に、それだけでは(言っているだけでは)何も変わりません。

資本主義の修正の問題は、一つには通貨の恣意的増発が理論的に可能かと言うことと、通貨の価値の担保をどのように設定できるかと言うことであると思います。勿論、通貨の増発の仕方、つまり配分の方法も問題です。

通貨の増発の可否については、言うまでもなく、すでに世界の各国が実践しています。
ttp://ameblo.jp/hirohitorigoto/entry-11582766012.html
で紹介したように、世界の主要国の政府債務は、ここ10年で、2〜3倍となっています。

日本でもここ10年、毎年40兆円の債務が増え続けています。
殆んどは国債の発行と言う手段によっていますが、どのような理由であれ、どのような配分方式であれ、恣意的な通貨の増発にはちがいありません。
インフレも起きてはいません。

と言うことは、恣意的通貨の増発は、対GNP比で1割くらいは構わないという事になります。
勿論、それがベーシック・インカムの様なものでは判りませんが。

で、あるのに、多くの経済専門家は古典的な資本主義の金融理論にしがみつき、現状を理論的に認めようとはしません。
これは、何故、そうなるのかを検証する事によって、純粋な資本主義理論の裏で暗躍するユダ菌などの支配構造があるのではないでしょうか。

また、そのユダ菌の陰謀を暴くためにも、金融政策で通貨の価値の担保を取っているように見せかけている世界の経済関係者の考えを理論的に打破しなければならないのではないでしょうか。

ところでユダ菌の陰謀とは、まさしく通貨の価値の担保と言う領域で働いていると思います。
現在の通貨の価値の担保は、為替レートを管理する事を目安としてやられていると思います。

ユダ菌の陰謀を暴くためには、国内生産の供給力を、通貨の価値の担保の要因に加えるように動かねばならないでしょう。
どのように取り上げる事が出来るかが、議論の的ではないでしょうか。

要するに、

>供給とは国民が生産するものです。だから国民が保証しているのです。

この言葉の実践方法を考えることが必要なのです。

増発通貨の配分方法については、私は現金ではなく、公共事業を通した仕事の配分を主張していますが、このことは別の機会で話しましょう。




上記のことを纏めれば

生産力が十分に発達した世界の国々は、同時に失業者問題で悩むようになってきた。
一方で社会福祉にかかる金が税金では足りなくなってきた。

資本主義社会も、ある意味、円熟期を向かえ、発展途上の様なシステム、そのものを変える事を迫られている。
実質、それが出来るのに、しようとしない勢力が存在し、世界を牛耳っている。

世界の住人が、このようなことを自覚すれば、社会は動くのに!

新らしい、経済の理論(修正資本主義)は可能であるのに。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.156 )
日時: 2013/08/16 13:10:21
名前: 固定相場制の復活・・・ 天橋立愚痴人間

>ユダ菌の陰謀を暴くためには、国内生産の供給力を、通貨の価値の担保の要因に加えるように動かねばならないでしょう。
どのように取り上げる事が出来るかが、議論の的ではないでしょうか。


上記に対応する一案です。

固定相場制から変動相場制に移行した経緯は詳しく知りませんが、

昔のままでなくても、固定相場制を復活することを勧めます。
そのための弊害は、関税と言う手段で解決出来るでしょう。
それも、相手国毎の関税率の設定をしては如何でしょう。

ずるい国が、固定相場制を利用して利益を貪ることは出来ません。
各国の実情に応じた経済政策が取れるはずです。

少々の不便はあっても、総体的に国民の為にはなるでしょう。
自由主義経済を唯一の形として追求してきたのは世界の巨大資本、ユダ菌などではありませんか。
そのシステムが破綻してきた現在、其のやり方の反対のものを見直すことなど常道ではありませんか。


メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.157 )
日時: 2013/08/16 13:30:09
名前: Re:固定相場制復活・・満天下有人

やっと私の持論に近くなりました。新たな社会体制を創ることも出来ず、現行体制の中で生きる防衛策としては、(準)鎖国しかないと思います。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.158 )
日時: 2013/08/16 14:23:00
名前: 固定相場制の復活・・通貨管理の話し

満天下さんの「金融鎖国論」については以前から聞いています。

話しを、また別の角度から見て、

各国の財政は、税金と言うものを中心にやっています。
ところが、社会福祉政策を重視しようと思えば、それでは足りなくなってくることは当たり前の事です。

税金(所得税だけではなく、所謂国民負担分と言う意味です)を多く徴収するためには、国民を金銭的に豊かにしなければなりません。

ですので生産力を増やし国民の需要を喚起すると共に、輸出によって豊かになろうとします。
一部の国だけなら、その自国のためだけならば、輸入する国家が多くある事によって、成果も得られるでしょうが、世界中の国は、それぞれの立場で、同じ事を思いつきます。

結局は、経済の発展に頼る、福祉国家つくりは、其の内に破綻してしまいます。
それが判りながら、ユダ菌、一部の企業の利益の為に止められないのです。

と、言うことは、
>各国の財政は、税金と言うものを中心にやっています。

これを止めればよいのです。
各国の財政を税金以外のもの(通貨の恣意的発行)に頼ってはいけないと言う法則は何なのでしょう。

貨幣の価値の担保が出来ないと言う理由ですが、その担保の仕方も、金本位制の時代であれば、それなりに納得は出来ても、2京円と言う、実態経済の何倍かの通貨をすでに発行している現在、従来の実体経済論の中から出てきている、需要、供給の関係やら、飛び交うファンドマネーの交換比率などで、貨幣の管理をすること自体が欺瞞であると言えます。
グッキーさんも主張しておられるような形、

「国民が通貨の価値を保証している」とは言えないのです。

結局は
「各国の財政を税金以外のもの(通貨の恣意的発行)に頼ってはいけない」と言う事を、誰もが証明は出来ていないのです。

このような矛盾により、株価の乱高下や、為替の変動など、実体経済とは関係ない経済の動きがあり、其れによって経済政策が取られているのです。

このような事が続くはずもなく、このままでは世界の経済が破綻してしまいます。
世界の経済学者などユダ菌の走狗に過ぎず、彼等が言う屁理屈など、聞き捨てにして、私たち自身で、新たな経済のシステムを求める活動をしなければなりません。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.159 )
日時: 2013/08/18 20:00:03
名前: グッキー

経済鎖国、金融鎖国するとどんなプロセスで、どんな
結果が出るのか私にはぜんぜん見えてきません。
是非どういうプロセスが起きるのか説明してください。
−−−−−−−−

阿修羅の「パチンコ人口激減!・・街なか産業の「最後の稼業」も消える!」
ttp://www.asyura2.com/12/hasan78/msg/568.html

のスレ見てたら、137コメも付いているのに、パチンコ業界の
現実を把握している人がほとんで居ません。
現状を知らない人が、どうだこうだと能書きを言ってるだけです。
能書きを言いたい人だけが集まっているのにはうんざりします。

パチンコは貸し玉1個4円、このレートを長年続けてきました。
それが2年ほど前から貸し玉1個1円というのが出てきてレートが
4分の1に切り下がりました。

つまり売り上げが4分の1になるということです。
こんなレートでよく営業しているなーと思っていたら、
今年になって貸し玉1個0,4円というのまで出てきました。
レート10分の1、売り上げ10分の1です。
これじゃ電気代も出ない。

まあ、店員を出来るだけ減らしたり徹底的に経費を切り詰めて
居るんでしょうけど、売り上げ4分の1や10分の1では
時間の問題でしょう。
こんなことは今まで無かったことで、予想さえもされていませんでした。

パチンコ業界というのは昔から不景気に成ると景気が良くなると
言われて業界です。
不景気に成ると暇が出来、お客が増えるということです。

これが何を意味するかというと、実体経済のマネーが極端に
少なくなっているということです。目を覆うような状況です。
この現実を理解しないで経済なんて語っても話に成りません。

分業化経済ではマネーが無ければ、商品、サービスの交換が止まり
生産が止まり失業が大量に発生します。
労働需要が少なければ賃金が下がり労働条件が悪化します。

アメリカのアマゾンの商品倉庫では、ベンチ・マーキング目標で
労働者がこま鼠のように働かされ、冷房が無いので熱中症で倒れたら
外で待機している救急車が病院に連れて行き、すぐに後釜の労働者を
入れるということだそうです。
それでも仕事が有るだけましだと思えと言われるそうです。
もはや賃金奴隷です。

このままでは日本も同じことに成るでしょう。
実体経済にマネーが有れば需要が増え、生産が増え、仕事が増えるのに、
たった実体経済にマネーが無いということだけで人々が奴隷化されようと
しています。

それなのに政府のやることは、マネーの有り余った金融業界にさらに
マネーを供給しようとし、実体経済からは消費税でさらにマネーを
少なくさせようとしています。

まあ、もう市民の反乱しか無いですね。阿修羅のように現状も知らない
人たちが能書きを言っているのには呆れるばかりです。
日本人では市民の反乱は起こせないかも

しかし市民の反乱は欧州から、世界から津波のように伝わってきます。
密かにそれに期待しています。
その前に警察国家に成らないことを願うばかりです。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存