ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.140 )
日時: 2013/08/10 17:14:58
名前: 通貨の問題・・天橋立愚痴人間

グッキー さん

>まず通貨に対しての基本的考え方が違います。

これについての前段の説明ですが、今ひとつ概念がつかめません。
私流に解釈して以下のような認識でよいのでしょうか。

現在世界中に、2京ドルと言う通貨が名目的には出回っているそうです。
これに対して実態の経済活動に必要な通貨の量は、おそらく1/4もないでしょう。

この差額は、大衆が必要な経済活動をするための量ではなく、何の為に、そんな通貨が発行されているかと言うことと思います。
何の為に、誰が発行したと言うことを糾せば、貴方が言われる

「まず通貨に対しての基本的考え方が違います」この事に行き当たると思います。

確かに、根本的な発想の違いがあると思います。
かつ、これを糾す事が是非必要でしょうね。

次に、

>政府や日銀が恣意的に配るのは腐敗の温床です。

といわれている「配る」と言うことの意味は通貨の管理をすると言う意味に捉えました。
腐敗の温床になろうとも、誰かが管理に当る以上、その問題は付きまといますが、また、大衆が直接、これを管理することも現実はできない事です。


文脈を遡りまして、

>必要量の通貨を計算し、自動的に国民に平等に配られるのが正しい

といわれていますが、必要量の通貨の計算も実は、トンでもない労力を有し、それが適正であるか、否かも、また判断に迷うところです。

「国民に平等」と言うことも、言葉では言えても、平等の基準は、それも数十億の人間を包括しての基準線を仮定することも出来ないでしょう。

最も、貴方の言われていることは、実際に平等にするとかの問題ではなく、そういう方針を確立すると言うことと思っています(つまりは、新しいシステムを確立すると言う事です)。

今回のレスを、このように解釈しています。
どちらにしても、これは入り口の中の入り口論です。

其の先も、伺いたいものですね。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.141 )
日時: 2013/08/11 23:04:29
名前: 増税前に公務員ボーナス・退職金廃止せよ


増税して公務員はボーナス・退職金を盗るなんでとんでもない

公務員のボーナス廃止で「 年 4 兆 円 」取り戻す。

公務員は退職金くらい自分の給与で積み立てろ!

税金で食わせてやって、定年後まで面倒みてやる理由なんてない。

退職金3,000万円の場合、40年で割ると、年75万円、月62,500円

退職金欲しい公務員は、月々積み立て62,500円給与から天引きします。

これで国債の金利分位は余裕で賄える。

年10兆円、100年かけて1000兆円の借金を返していくしかないのだ。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.142 )
日時: 2013/08/12 20:42:18
名前: グッキー

橋立さん

>この差額は、大衆が必要な経済活動をするための量ではなく、何の為に、そんな通貨が発行されているかと言うことと思います。
何の為に、誰が発行したと言うことを糾せば、貴方が言われる

これは1%がマネーを集めてしまうため、増発しなければ
実体経済が持たないので発行されたものです。
1%がマネーを吸い上げて金融市場に持っていってしまうから、
政府が借金をしてそれを実体経済に戻さなければ成らなくなっています。

>といわれている「配る」と言うことの意味は通貨の管理をすると言う意味に捉えました。
腐敗の温床になろうとも、誰かが管理に当る以上、その問題は付きまといますが、また、大衆が直接、これを管理することも現実はできない事です。

申し訳ないですが基礎的考え方から説明させて貰います。
日銀が通貨を発行すれば、国民はその通貨で商品を売らなければ成らない。
日銀が通貨を発行しすぎれば国民はインフレで責任を取らなければ成らない。

つまり通貨は国民の負債なのです。
通貨が国民の負債なら、その分、国民の資産が出来なければ詐欺でしょう。
つまり新規通貨を印刷すると同時に、国民に自動的に平等に配ってしまうのが
正しい通貨の有り方だと思います。

今は国民の負債である通貨を増発し、政府や日銀が恣意的に銀行や
大企業に配ってしまうという詐欺が行われているのです。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.143 )
日時: 2013/08/12 21:42:05
名前: 天橋立愚痴人間

グッキー さん

貴方の基礎的な考え方の中には、現実的なシステムがありません。
貴方が言われていることを実践出来るシステムが述べられていません。

そこが一番問題なのではありませんか。

「平等」と言っても、それを実現する基準が抽象的で、このままではシステム化は出来ないでしょう。

以前に議論していたときも、結局は個人の恣意に任されています。
要するに経済の分野に倫理、道徳を持ち込まれているのではないでしょうか。

其処のところを、さらに追求して欲しく思っています。

追伸です。

別スレッド「経済の話し」貨幣 4で言っています、貨幣の価値の担保と言う領域から入っていただけば、私の疑問に直接答えていただけるのではないでしょうか。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.144 )
日時: 2013/08/12 22:03:13
名前: 渡邊(平沼)妙子

ちなみに国民年金40年払って貰えるのはたった6万くらいですw
1日1000円しか使えないからタバコは吸えないし寿司も食べられなくなるかもしれません
それに近所付き合いもできないし、香典も出せないし、朝食はパン一枚になるかもしれません
生活保護はじめませんか?

生活保護いくら貰えるの?
(1)生活扶助額の例(平成24年4月〜)
                  東京都区部等         地方群部等
標準3人世帯            172,170円          135,680円
高齢者単身世帯          80,820円           62,640円
高齢者夫婦世帯          121,940円          94,500円
母子世帯              192,900円          157,300円
※児童養育加算を含む


これらに以下の扶助が任意に追加されます
(2)住宅扶助
(3)教育扶助
(4)介護扶助
(5)医療扶助
(6)出産扶助
(7)生業扶助
(8)葬祭扶助

平成24年9月現在、2,124,218人が受給しています
ttp://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/hihogosya/m2012/09.html

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.145 )
日時: 2013/08/12 22:08:20
名前: 平等とは・・・天橋立愚痴人間

国井さんも、よく使われる「平等」と言う言葉の概念を整理してみましょう。


広辞苑を引きますと「平等」とは「かたよりや差別がなく、すべてのものが一様で等しいこと」その用例としては

「・・・に扱う」とか「男女・・」のように、あるものとあるものの関係において平等の概念を当てはめることが正しい使い方であり、

また「みかんを平等に分ける」の場合のように、平等の概念が適用できる対象について可能な言葉であります。

しかるに、我々人間の能力・環境など、それ自体が平等になりえないものに、平等の概念を適用しようとする行為は間違いです。

経済の世界において、単なる金を平等に分け与える場合は、平等と言う分配が可能でも。
各人の努力、活動の結果得られる金を平等にすると言うような考えは、平等の概念に反します。

平等に分けると言うような場合を除き、概ね、平等とは、機会が平等であるという概念になります。

民主主義の名の下に、これを誤解しておられるかたが多いようです。

現代社会の若者が、学生である時代に、平等、平等と教え込まれ、社会人として実際の活動の結果、自分が他人よりも不平等に扱われていると思ったり、自分が思うような成果が上げられないことを、自分自身の能力よりも、環境(社会)のせいにし、不満を募らせる傾向が強いのも、幼い頃から植えつけられている間違った平等意識の結果であります。

人間自身の能力は平等に付与されているものではありません。
最も人間の能力と言っても多岐に渡っていて、全ての領域で自分の能力があると思うのは大きなまちがいであると共に、ある一面の能力にこだわりすぎて自分の能力を過小評価することも間違いであります。

人は、それぞれの能力を自覚し、自身のある面については自信を持ち、他人より劣っていることは素直に自覚し、自分の能力を伸ばす努力を続けることで報われるのではないでしょうか。

よく見れば、殆んどの人に誇るべき能力は備わっているものです。
決して、一方の能力で自分も他人も評価すべきではないのではないでしょうか。

ところでグッキーさん、

貴方が言われている経済の分野の「平等」とは、具体的にどのようなものなのでしょう。



(追伸)

学校における平等のお話し。

「私の主張欄」学校における「平等」と「自主性」教育の問題点より転載。


お話 その1」

 京都府のある小学校の四年のクラスには、教育に非常に熱心な先生がおられまして、その先生は、テストのとき、生徒の全部に90点以上を取らせたいと思い、試験が近づくと、黒板に問題と解答を書き出し、何回も何回も生徒に覚えさせていました。 結果は聞いておりませんが、その父兄の一人は、先生の努力を奇異なものと感じておられました。

「お話 その2」

 私の子供が小学生のおり、「学級通信」なるプリントを殆ど毎日の様に持って帰ってきました。 始めは、先生も大変と思いながら、少しは目も通しておりましたが、そのうち、捨てる訳にもならす、ただ集積するに任したものです。 日常化した膨大な量のプリントは子供にとって本来の連絡紙の意味を感じなくなり、本当に必要な内容を含んだものも含めて親に確実に手渡す事の大切さがだんだんとわからなくなってしまいました。

 知り合いの小学校教諭に聞きますと、そのプリントの作成に毎日時間を取られて、また、毎日なので書く内容に神経を使うため大変らしいです。 費用対効果の意味で先生方に同情するだけではすまされない問題が内在していると思います。

「お話 その3」

 最近小学校での運動会では、1等・2等・3等と順位をつけない学校があるらしい。 幸いに、私の子供の学校では経験しなかったが、早く走れるのにふざけて走らない子供、玉入れでは相手の籠に玉を入れる子供、またそれを観戦する父兄のしらけた表情など、想像するに耐え難い光景を現実のものとしている小学校が少なからずあるようです。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.146 )
日時: 2013/08/12 23:41:46
名前: 渡邊さん・・・天橋立愚痴人間

渡邊(平沼)妙子 こんばんわ
投稿が重なり、貴方のレスを消してしまいました。

>ちなみに国民年金40年払って貰えるのはたった6万くらいですw

そうですね、夫婦で国民年金を受給して12.0万円、
それから介護保険などを差し引かれて、9万円も手取りがありますか。

夫婦でなら、まだしも、どちらかがなくなれば、もういけません。
実質、5万円に足りない年金から、光熱費、通信費などを差し引けば、食費は3万円もないでしょう。
それも、だんだんと身体が弱り、買い物にも不自由するとなれば、出前の食事にも頼らねばなりません。
家賃や固定資産税を払うなど到底できず、付き合い費などが出てくるところもありません。

要するに人生の最後において、これほど悲しい現実を押し付けられているのです。
ですが、これが公務員となるとどのようであるかご存知ですか。

公務員共済から支給される年金は、平均で23万円(現在加入機関が35年として)と言います。
現役中の仕事ぶりなど、公務員よりも必死で働いてきた結果がこれです。

このような不合理を国家が進めているのです。
年金制度などは、40年前に幾らでも改革する機会がありました。
ヨーロッパ諸国でも、基礎年金は、6〜10万円くらいですが、これは国家が保証して誰もが受け取れるようになっています。
其の上の、加算分は現役時代の収入、掛け金によって変わります。
公務員や大会社の社員とても、同じルールの下にやっています。
それで全体の年金制度が維持できています。

さらには、そういう国では医療費などは全額国家の負担ですし、その他の社会保障制度も充実しているので老人は安心して生涯を送れるようです。

このような情報など、政治家、官僚などは、十分に理解しているのに、誰もが、これを変えようとはしませんでした。
年金の話しになると、
腹が立って、腹が立って
興奮が収まりません。

政治屋、官僚共にどうして恨みを晴らしてやれるか!
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.147 )
日時: 2013/08/13 03:19:25
名前: グッキー

橋立さん
また始まりましたね。すべてを説明しなければならない病が。

貴方の言っていることは
政治家が公共投資10兆円をすることを決めるのに
大学や経済総研でする経済予測をすべて政治家が正確に予測しろ
各省庁などから積み上げて出されるべき公共事業を、すべて
政治家が正確に出せと言ってるに等しいのですよ

人間は18歳までに常識という妄想を創り上げる
(アインシュタイン)
まず自分の常識を疑うという習慣が無ければ新しいものを
理解するのは困難です。

通貨増発分ー政府や日銀が恣意的に使う
これを
通貨増発分ー自動的に国民に配分する
に変えた方が良いと言っているだけです。

平等とは均一という意味に決まっているじゃないですか。
12600万人に差をつけられるわけはなし。その差をつける根拠も無い。

この国民に自動的に配分す根拠として、通貨は元々国民のもので、
国民が責任を負うものだと説明したのです。

これ以上の説明は困難です。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.148 )
日時: 2013/08/13 11:31:40
名前: グッキーさんへ・・・天橋立愚痴人間

意見交換をするばあい、互いに使う単語の概念を捉えておかなければ、知らず知らずの内に行き違いが起きます。
相手がグッキーさんならでこそ、意見交換の前に、其のことを突き詰めておく必要があるでしょう。

平等という概念についてグッキーさんは以下のように使われているようです。

>平等とは均一という意味に決まっているじゃないですか。

先に私が挙げた平等の概念の中で、均等に分けると言う意味に近いようです。

>貨増発分ー自動的に国民に配分する

これをベーシック・インカムと捉えてよいようです、かつ、そこに平等の概念が盛り込まれているようですね。


>この国民に自動的に配分す根拠として、通貨は元々国民のもので、
>国民が責任を負うものだと説明したのです。

>>まず通貨に対しての基本的考え方が違います。
>>通貨は国民が商品を売ることのより、価値を保証しています。
>>通貨を発行しすぎればインフレに成ることにより国民が出来任を取ります。
>>日銀が日銀券を発行すれば、その日銀券で国民は商品を売らなければ
成らないのです。
>>つまり通貨発行とは国民の負債です。
通貨発行が国民の負債なら、その通貨は国民の元に行き資産と成らなければ
>>成らないのです。
>>通貨とは国民の負債、国民の資産として両建てで出来るものなのです。
>>通貨は日銀のものでも政府のものでも有りません。
>>通貨発行し日銀や政府が恣意的に一部の者に供給するのは犯罪です。

前回のレスともあわせて、グッキーさんが言っておられるのは、現行の通貨管理の状況が、金融システムを維持しようとする一部の専門家、極端に言えばユダ菌、一党に支配されていることに対する反論と思います。
一部の専門家とかユダ菌と言いましたが、もともと資本主義経済における通貨の概念は、現行のそれを肯定して発達してきたものと思います。

その基本原理に、?マークをつけることを始めようとすれば、そりゃ、大変です。
殆んどの人々が、其れに何の疑いも持っていないのです。
それ以外の可能性も感じていないのです。

私がグッキーさんに魅力を感じていますのは、其の根本の概念に挑戦されていると言うところです。
以前、マーフィーさんは、地域通貨と言う領域で、同じような挑戦をされていたと思います。

しかしながら、此処までは解っていても、相手は大衆です。
殆んどの人が価値観でも変えなければ、新しい通貨の概念が受け入れられません。
マルクス主義が旨く機能しなかったのは、大衆が、本当の意味でマルクスの価値観を受け入れなかったからと思っています。

私は一歩進んで、どのようにすれば大衆が受け入れられる、現行の資本主義の価値観を修正できるシステムの説明が出来るかと言う事に興味を持っています。

具体的に言いますと、株価の変動とか、為替の変動に一喜一憂する経済の意味を、根本的に考え直したく思っています。
もともと物資の交換手段に過ぎなかった通貨が、信用と言うものを媒体として、此処まで大量に発行され、通貨自身の売り買いが経済の目的となっている部分が大きくなりました。

物資の交換手段だけであった時代の通貨はグッキーさんが言われるような国民のものと言う概念で捉えられるでしょう。
課題は、どのようにすれば過度の信用経済を縮小できるかと言う事になります。

理屈だけのことなら、満天下さんも言われているように「金融鎖国」と言う手段も考えられます。
この場合、現行の金融制度を否定するのではなく、それを制限すると言う意味です。

私の場合は、別の方法を考えています。

>通貨は元々国民のもので、
>国民が責任を負うものだと説明したのです。

具体的には、どのようなシステムで、それが可能かと言うことを問うているのです。
もっとも、明確に答えられるような課題ではないことは解っています。
少なくとも、ベイシック・インカムは、其れに当らないと思っています。


(アインシュタイン)
まず自分の常識を疑うという習慣が無ければ新しいものを
理解するのは困難です。

上記の諭しは、私の場合は本件に関するかぎり、不要かと思いますが。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.149 )
日時: 2013/08/13 12:30:02
名前: グッキーさん2・・・天橋立愚痴人間

グッキーさん、

以下は「経済の話し」スレッドのNo 22のレスからの抜粋です。

>まあ、この理屈は簡単で、通貨の価値を担保しているのはその国の供給能力だからです。(もう耳タコですが・・・私は指タコか)

>物不足になるとその物に対する希少価値が上昇し物価が上がりますよね。
つまり物の供給、生産力が高いと物余りになり、物価が下がる=通貨の価値が上がる(デフレ) という事です。

これによると通貨の価値を担保するものに供給能力を挙げています。

貴方の理論も、日本の場合は供給能力は高いことを前提として需要の喚起を問いておられると思います。
需要云々はともかく、通貨の価値の担保と言う意味で、この意見はどのように判断されますか。

これは必ずしも中央銀行の恣意だけでなく通貨の価値の担保が得られると言うことになりませんか。
これによると、日本の財政が大赤字なのに円の価値は一定のものを保っておられると言うことで証明されます。

まあ経済の要因はそれだけではないことは解りますが、国債投機筋に必要以上に左右されない実力を、日本は持っていると自負することは出来るのではありませんか。

そういう観点から、しっかりと見つめることで外構上、有利に立て、経済政策(金融政策)も、もっと日本独自のものを打ち出せるのではないでしょうか。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存