ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[529] 1000兆円の借金について<マクロ経済論>
日時: 2010/03/11 00:41
名前: 天橋立の愚痴人間

ヤフー掲示板より。
「21世紀の世界」トピックスで、最近興味のある意見交換をやっています。
私には、今一つ理解できない部分があります。
当サイトでも、財政の問題について同じような発想を持っておられる方がいます。
ご意見を御聞かせください。


http://profiles.yahoo.co.jp/junkangatashakai

2)内需拡大政策:国の資産を増やすような事業を国が行って、その支払いは通貨の印刷で賄う。この方法は内需拡大で景気をよくし、且つ将来に国の債務を残さないことを意味する。

国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。

その資金調達の方法が、国債発行に拠るのか、印刷に拠るのかによってその効果が変わるかだが、変わらないと言うのが正しいだろう。何故ならどちらの場合も通貨の増大量は同じだからだ。(貸借関係から生まれた通貨か、単に印刷して生まれた通貨かの違いはあるが、通貨の増大量は同一)

確かに通貨増大が国の借金となっているか、なっていないかの違いはあるが、もし国の借金になっていないことに意味があるのなら、買いオペをすれば実質的に同じこととなる。ところが既に述べたように、現状の日本では、買いオペは経済浮揚効果をほとんど持っていない。

国債は現状で買い手が付いているし、更には国の借金なら民間に金利分が流れる。そこにはいくらかの景気浮揚効果も期待できる。

私にはここまで、通貨の印刷による景気浮揚の道筋は見えて来ていません。もしシリウスさんが、景気浮揚効果が期待できる具体的道筋のアイデアがあるのなら、ぜひ教えてください。


以上全文転載。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

台湾は何故産業の空洞化を乗り切ったのか ( No.129 )
日時: 2010/10/25 20:48
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:yAyaBq2A

>・・・直前の投稿が、ジョン氏との、日米の違う文化論でしたね・・・そこから生じた雇用の流動性に関する受け止め方の違い・・・

随分と前のことで、思い出しながらのレスですが、確かジョンさんは経済のシステムはこのままでの幾らでも雇用のチャンスは作れるというような方針であったように思います。

その証拠に、シリコンバレーに起きた産業の空洞かも見事克服されたように書かれいました。
かつての台湾の産業の空洞化も、日本とは比較にならないほど酷いものであったが、その台湾の経済今も中小零細を機軸に活発であるということも言われていました。

私などは、産業の空洞化、即、雇用の機会の消失、だからヘリマネが必要と結びつけてしまいます。
エリーゼさんともヘリマネを前提にマクロ経済のことを言っておりました。

まずは、ジョンさんが言われているように、産業の空洞化は産業の体質改善で防げるか否かについて教えて欲しいところです。

台湾の場合、たとえば、大手レストランチェーンよりも、屋台などの零細企業が必要とされる生活様式が根底にあり、万時、そういうものが底辺の経済を支えている様に感じています。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.130 )
日時: 2011/06/26 17:39
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:rH3wz/nM

ひさしぶりにこのスレッドをUPします。

途中ですが、マクロ経済に触れています。
今は出てこられなくなりましたが中国で事業をしておられるjohnyuan2000さん(40代の日本人)などの理論的ではありませんが独特の経済観念の披露があります。
エリーゼ氏も途中参加されています。

このスレッドの続きをやりたいですね。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.131 )
日時: 2011/08/30 10:25
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:EWkDWMZU

阿修羅などで小沢批判を続けていますが、実のところ批判の根拠となる新しい国のかたち、とりわけ経済のシステムについて、こちらの方も理論的な形を成していません。

それ故、肝心なところで曖昧になってしまいます。
要するに修正資本主義と仮に名付けているシステムが運用可能かの試行錯誤が出来ていません。

今まで、概念的なものは書き込んでいます。
これを他人に説得し、納得していただくためには理論武装が必要です。

経済に強い満天下さん、グッキーさんのマクロ経済論など衆智を集めて完成させて下さい。
要するに、現在の市場主義のシステムのある分野の規制をやり、底辺の雇用の確保を国がするというものです。

これを進めるためには、当然、権利、自由と喚く民主主義至上主義者を黙らせるための方策も必要です。
規制の経済論の延長では不可能あことでも、民主主義の修正まで視野に入れると可能になることも出てくるでしょう。

経済学の怠慢が、我々にこのようなことを考えさせることになりました。
でも、誰かがこれをしないと、世界的な貧困、格差、失業の問題は解決できません。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.132 )
日時: 2011/08/30 11:26
名前: グッキー ID:pbwZn2Cs

天橋立の愚痴人間 さん

>要するに修正資本主義と仮に名付けているシステムが運用可能かの試行錯誤が出来ていません。
ーーーーーーー

完全な自由資本主義市場義経済などというものは存在しません。
かならず独占禁止法、労働法など弱者保護があり、累進課税という富の再配分の方法も有りました。
いわば今まで行われてきたのは修正市場経済と言うべきものです。
でなければ簡単に富が偏ってしまい、経済がすぐに崩壊します。


どこまで弱者保護をすべきか、富の再分配をすべきか、どこまで自由にするべきかの綱引きです。
最近は自由という名の力による富の分取りが横行し、格差が拡大しました。
自由と弱者保護、富の再分配のバランスが重要なのです。
完全な平等では勤労意欲が無くなり、かといって自由に任せれば搾取が横行するということです。
ーーーーー

>国民の資産を増やすような事業を国が行って、需要を拡大する方法は、少なくともその需要分の景気浮揚効果がある。
ーーーーーー

公共事業は90年代にさんざんおこなわれました。
しかし日本では効率の良い公共事業がそれほど無く、つまり資産に成らないのです。
極端に言えば、穴を掘って埋める、金を使っただけということです。

しかもその金は経済の病根、格差を縮小するという方向に流れず、銀行やゼネコン、大企業を救っただけでした。
病根の縮小にはたいして役に立たなかったのです。

10年ほど前に南米で、農地を小作人が占拠して工作するということが多発しました。
農地は地主が儲からないと遊ばせておき(儲かる輸出用作物が安かったため)小作人は飢えに苦しんでいたからです。

今の日本では生産手段は遊んでおり、人々は失業と低所得に苦しんでいます。
これは同じ原因からおきています。格差が拡大すると経済はこういう方向に行ってしまうのです。
でも格差を縮小しようなんて政策は、自由と自己責任という名の下に、行われません。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.133 )
日時: 2013/08/09 18:37:01
名前: 1000兆円を超えた 1・天橋立愚痴人間

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130809-00000071-jij-pol

初の1000兆円突破=「国の借金」膨張止まらず―1人当たり792万円・6月末
時事通信 8月9日(金)14時6分配信

 財務省は9日、国債や借入金、政府短期証券の残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1008兆6281億円になったと発表した。社会保障費など歳出増加に伴って借金の膨張に歯止めがかからず、3月末から17兆270億円増え、初めて1000兆円を突破した。日本の厳しい財政事情が改めて浮き彫りになった。
 7月1日時点の人口推計(1億2735万人)で割ると、国民1人当たり約792万円の借金を背負う計算となる。
 「借金」の内訳は、普通国債が3月末比11兆3470億円増の716兆3542億円、特殊法人への貸し付けの原資となる財投債は1兆7424億円減の107兆5183億円、政府短期証券は8兆1007億円増の123兆3683億円など。
 財務省は2013年度末の「借金」は1107兆1000億円になると見込んでいる。 

(引用終わり)

さて、久しぶりにこのスレッドをUPし、1000兆円の借金の事に言及する事にしましょう。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.134 )
日時: 2013/08/09 19:02:47
名前: 1000兆円を超えた 2・天橋立愚痴人間

問題の国債の残高は

1996年では350兆円
それが2013年度の終わりでは1100兆円とされています。
17年間で750兆円の増加。
1年では44兆円となります。

(国債の種類と目的)

建設国債
公共事業に充てる

特例国債(赤字国債)
一時的な税収の不足(一般会計の歳入不足)を補う

年金特例国債
基礎年金の国庫負担分(2分の1)に充てる

復興国債
東日本大震災の復興財源に充てる

財政投融資特別会計国債(財投債)
特殊法人に融資する

借換国債
既存の国債を返済(償還)する

1年で44兆円もの国債を発行し続けねばならなかった理由は、一般会計予算が90兆円必要なのに対して税収が40兆円そこそこの財政事情では、当然のことと理解できるでしょう。

金利も年平均、2%とすれば、毎年20兆円となります。
2.0%はなくても、毎年発行される国債の中に含まれる金利分を差し引くと、所謂、真水部分は30兆円にもなりません。

このようなことを続けて行けば、国の借金が2000兆円になるのは、15〜20年後。
3000兆円になるころは、もはや金利分でも50兆円は必要で、さらに10年も経たずになるでしょう。

そうかと言って税収が100兆円に届くなどとは夢物語です。
要するに、日本の財政は、借金が500兆円を超えた頃から破綻しているのです。

これを、どのように対処できるかが問題であり、もはや通常の方法で解決できるものではありません。
通常の方法と言いますのは、従来の経済金融理論の事です。
次には、その非常事態の論理を考えて見ましょう。

メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.135 )
日時: 2013/08/09 19:16:25
名前: 1000兆円を超えた 3・天橋立愚痴人間

現在、日本の国際の引き受け手は以下の通りです。

郵貯銀行   23%
銀行     18%
生命保険   10%
簡易保険   9%
年金     15%
日銀     9%
海外     7%
家計(個人) 5%
その他    4%

と言う内訳です。

此処で日銀による国債購入についてです。

中央政府が発行した国債を中央銀行が直接引き受けることは財政規律や通貨安定を損なう恐れがあるため、各国で財政規律や通貨安定を損わないことを目的に、中央銀行の直接引き受けについて一定のルールが設けられている。

日本における財政法第5条のように、中央銀行が国債を直接引き受けることは原則として禁止している国が多いが、中央銀行が市中から購入することは広く行われている。ちなみに日本における財政法第5条には、但し書きで、特別な理由がある場合には国会の議決の範囲内で直接引き受けは可能であるとしている。

たとえば、2010年11月に米国のFRBは、8ヶ月間で総額約50兆円(約6000億USドル)の米国債を買い取る決定をした。その際にFRB議長であるベン・バーナンキは、この国債の引き受けの目的を「長期金利の上昇を抑制するため」と述べている[5]。
さらに高橋洋一によれば、直接引き受けについても、実際には満期を迎える国債の借換債の引き受け等という形で日本銀行による国債の直接引き受けは毎年行われており「国債の日銀引受は禁じ手」というのは文学的表現に過ぎないとする[6]。2011年末時点で日本銀行は67.6兆円(8.95%)の日本国債を保有している。さらに、国債のほかに政府短期証券(FB)も24兆円保有している。

(引用終わり)

ここで言う中央銀行による国債の購入を禁じると言う事についてです。
これがタブーであると言う理由は上記で延べられています。

しかしながら、中央銀行ならば無利子で大量の国債を半永久にでも引き受ける事ができます。
グローバル化した経済の影響で世界の貨幣は実態経済を大きく上回る貨幣が出回っています(2京ドルとか言う)。
それは、貨幣は、もはや需要と供給の関係を仲立ちすると言う意味を逸脱していると言えます。

今までの金融論では、中央銀行により国債の引き受けは禁じ手であっても、それが果たして正しいものか、出来ないものかを検証しなくてはなりません。
検証する意味があります。

次には、その記事を紹介しましょう。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.136 )
日時: 2013/08/09 19:19:01
名前: 1000兆円を超えた 4・天橋立愚痴人間

日銀の国債引受けは、なぜ「悪魔的手法」なのか
――熊野英生・第一生命経済研究所
経済調査部 首席エコノミスト
ttp://diamond.jp/articles/-/16945?page=4

日銀の金融政策を巡っては、様々な論争がある。その中で、究極の禁じ手とされる日銀の国債引受けについて考えてみたい。
 思考実験として、増税をすることを止めて、政府の必要資金をすべて日銀からの資金供給で賄うことにしたとする。皆さんは、「消費税の増税をせずに、日銀が国債発行分を全て引き受けて、税収不足を補えばよいのではないか」と問われたならば、その可否をどう答えるか。
財政管理は
通貨の信認につながる

 筆者がその問いかけに回答するならば、「政府がお札を勝手に印刷すると信用を失うから、止めた方がよい」と答える。極端な例として、もしも紙に「1,000,000円也」とペンで書いて、自動車購入の代金に充てればどうなるか。
 もちろん、それは詐欺的行為である。なぜならば、100万円と書かれた紙と、自動車を交換しようとすれば、間違いなく不等価交換になるからだ。
 では、100枚の1万円札と、自動車の交換はどうか。それは、等価交換だからOKである。お札の表示は、価値の裏付けがある。価値の裏付けとは、政府がお札の額面で納税などの支払いに充てることを保証していることにある。

 国民は、政府が1万円で受け取るのだから、同様に1万円の価値で相互取引をしてもよいと認めるのである。1万円札に与えられた信用が、連鎖的に認められて、不換紙幣の価値が成り立つ。
 紙幣の歴史では、金の代用品として兌換券が流通し、それがやがて金の裏付けのない不換紙幣へと変わっていった。不換紙幣は、その価値が政府・中央銀行によって厳格に管理されていることが、信用の根拠になっている。管理通貨制度とは、不換紙幣を流通させるための信用確保の制度だとも言える。

 通貨を厳格に管理しようとしても、ルーズになりやすいのは、政府の財政運営である。そうならないために、政府が行なう借金(国債発行)は、いつか必ず税金で償還されることが約束される。
 現在、日本政府が、2020年度までに基礎的財政収支(プライマリー・バランス)を黒字化させることを公約して、消費税率を引き上げようとしているのも、財政運営の健全性をどうにか維持しようと考えているからだ。最終的に税金で債務を完済するという約束が、通貨の信用をつなぎとめているとも言える。

 ところが、今、日本の財政再建が危ぶまれている。政治的に、消費税率の引き上げへの反対論が強まっている。消費税を上げずに済ませる戦術の中には、いっそのこと消費税を増税せずに、日銀が新発国債を直接引き受けて、政府に財源を供与すればよいという考え方もある。

 この日銀の国債引受けは、日銀が政府の当座預金に無制限に資金を振り込むことになり、お札の増刷と同じことになる。一方、従来のように、日銀が流通市場から長期国債を買い切る政策は、日銀の保有国債にもいずれ税金から償還資金が支払われるという点で、増税策と両立する。
 日銀の直接引受けは、増税策の代替案として論じられる点で質的に異なる。日銀の国債引受けは、マネー・プリンティング(紙幣増刷)や財政ファイナンスと同義であることには注意が必要だ。
国民が通貨の健全性を
信じなくなったら終わり

 もしも政府が、お札を刷って国民に対して、各種の支払いを始めればどんなことが起こるか。増税は絶対にできなくなり、安易な減税や歳出拡大が繰り返されて、日銀が便利な現金自動預け払い機(ATM)と化する。
恐ろしいのは、政府がお札をプリントして大々的に配ると、次第に国民が「受け取ったお札は1万円の価値がないのではないか」と疑い始めることだ。タコが自分の足を食べて生きていこうとするように、常識が麻痺した状態になることこそ、日銀の国債引受けが「悪魔的手法」と呼ばれるゆえんである。

 江戸時代には、幕府が小判の金の含有量を減らして流通させ、財源不足を補おうとすることがあった。庶民は、品質が劣化した小判が流通することを知ると、手元に金の含有量費の高い小判を置き、品位の落ちた小判を率先して手放した。これが、「悪貨が良貨を駆逐する」という現象である。
 現代においても、日銀の国債引受けが行われると、同じように「悪貨が良貨を駆逐する」現象が起こるだろう。個人は、円を信用しなくなり、資産保全のために率先して外貨を保有しようとする。キャピタル・フライト(資産逃避)である。

 そして、制御できない大幅な円安になった挙句、輸入物価が予想外に上昇して、国民は物価高に苦しむ。消費税を5%上げることを嫌がっていたのに、もっと大きな輸入物価上昇に直面するのでは、元も子もない。輸入物価の上昇が国内からの購買力を流出させることは、庶民を貧しくさせる。
ぎりぎりの節度は
どこにあるのか

 経済学の教科書に則して言えば、「日銀は物価をコントロールすることができる」前提になっている。しかし、「物価」を「通貨」と読み替えると、日銀は通貨価値を完全に操作・制御できない。特に、経済情勢が平時であれば、コントロールの力は高まるが、危機時になるとその力量は大きく落ちる。
 管理通貨制度は、政府や中央銀行の規律によって、通貨の信用を築いているのだから、その信用が崩れたとき、通貨・物価のコントロールは制御不能に陥る。「通貨を堕落させる」操作には、ブレーキが効かない。
 最後に、日銀の金融政策について述べておきたい。筆者は、今の日銀の政策姿勢が全て正しいなどとは思っていない。もっと積極的に、デフレ解消の知恵を出すべきだと常々考えている。

 2月14日になって、日銀は「物価安定の理解」を表明し、消費者物価の上昇率1%を目指すことを改めてアピールした。程度の差はあれ、擬似的なインフレ目標である。この擬似的なインフレ目標の焦点は、日銀が消費者物価1%の伸びを達成するために、「何をやるか」が問題である。

 今のところ、日銀資金を使って政府が財政拡張をし、民間需要を刺激するという手法は、支持されていない。量を操作しながらプライス・メカニズムを通じて金融面での間接的な効果を高めようとしている。
 具体的には、中長期金利の低下を促し、間接的に為替を円安化させて、民間需要を刺激しようとしている。
 ただし、この間接的な刺激効果は、限界が見えている。その限界を超えて、日銀がどんな非常手段を採れるかは、まだ合意がなされていない。
 金融関係者の中には、「日銀の包括緩和政策の枠組みをもっと拡張した方がよい」と考える人も少なくない。筆者もそう考えるが、それで手応えのあるデフレ解消効果が得られると言い切れないのが、もどかしいところだ。

(全文引用)


現役の研究者は、さすがに過激な発言は控えられているのでしょう。と言うよりも後のコメントでグッキーさんが指摘されたように、この発言者は現行のやり方を擁護しています。
この文章を論破することが必要なのです。

私は、この考え方の中の(ぎりぎりの節度を探る)を徹底的に推し進めること以外に、財政の立て直しと言いますか、国内の経済を政治が主導して発展させて行くことは出来ないと思います。
要するに中央銀行による国債引受を解禁するのです。

インフレが起きない限りで、ヘリマネを行なう事です。
金の増発の仕方を考えれば出来ると思うのです。
具体的には、国家によって仕事をばら撒く(公共事業)と言う発想です。

直接金をばら撒くのではなく、国民に必要な仕事を与えると言う事です。
多くの国民の生活が安定すれば、必要な税収も確保できますし、国民が自立すると言うことは社会保障費の軽減もできます。

財政の帳簿上の建て直しなどは500年くらいかけてやればよいのです。

如何なものでしょう。
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.137 )
日時: 2013/08/09 20:17:39
名前: グッキー

熊野英生・第一生命経済研究所

↑橋立さん、これって財務省の宣伝の財政再建主義じゃない??

日銀だから安心などとは大嘘
ライヒスバンクがマルクをじゃんじゃん印刷してハイパーインフレに
したれいがある。
また生産力が余っている時代にはインフレには成らない。
減反までして生産調整しているおコメがどんどん上がるわけが
ないでしょう。
ご飯を1日6回食べるわけが無いでしょう。
他の商品も似たり寄ったり。

生産力が余って居る時に起きるインフレは
資産インフレ=バブル
その資産インフレを起こしたのは日銀でしょう。
何が中央銀行だから安心だだ。
政府が通貨発行しても選挙という歯止めがあります。

間違い一杯有りすぎて書ききれないww
投稿できるかどうかも分からないし
メンテ
Re: 1000兆円の借金について<マクロ経済論> ( No.138 )
日時: 2013/08/09 20:33:53
名前: グッキさんへ・・・天橋立愚痴人間

グッキー さん こんばんわ

>橋立さん、これって財務省の宣伝の財政再建主義じゃない??

実は今、読み返していたところです。
御指摘の通りの内容です。

前の記事のコメントを書き直そうとしています。

>ぎりぎりの節度はどこにあるのか

と言う一文で本人は、このぎりぎりの節度と言う言葉で、日銀引受について何某かの肯定する意義も認めていると感じて、これを突破口に言及できると思った次第です。

ところで、グッキーさんは、ヘリマネに理解を示されていると思っています。
その手法は、私とは少し違うと思いますが。

この問題を堂々と、まな板の上に挙げて、料理しようとする人は殆んどいません。
今や、と言いますか、将来は、この問題の解決にかかっていると思います。

難しい問題ですが、意見を聞かせてください。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存