ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[627] 21世紀よ、正気に戻れ
日時: 2010/05/18 06:22
名前: 満天下有人

「21世紀よ、正気に戻れ」

・・・旧スレッド「当代世間裏算用」が消えてしまった、何らかの事情があるのかも知れない・・・

江戸時代浮世草紙作家・井原西鶴は、年末大晦日に帳尻を合わせる庶民の、むしろ善良なる慌しさを愉快に表現した面もあった・・・西鶴は、この世が余りにも裏算用で動いていることに嘆いて、当代世間裏算用を消してしまったのかも知れない・・・

戦争の世紀と言われた20世紀、その大晦日は既に過ぎ去ったというのに、この代は政治、経済、社会、全ての分野にわたって未だに、スス払いが終っていない・・・

・・・いや益々ススが溜まり始めている・・・ススは溜まってしまうと、こびりついてそう簡単に払うことが難しくなるものだ・・・あちこちに見られるスス溜まり現象、内だけでなく世界もそうだ・・・

・・・旧当代世間裏算用は、庶民経済をベースに、経済学の怠慢なるテーマから色々問題を提起してみた・・・紙切れ紙幣発行権者たちが、「忌まわしい金(きん)」として忌み嫌った兌換裏付けとしての金を排除し、紙切れ同士の戦いに世界を転換させたものの、次から次へと問題が起こり、後を絶たない・・・

・・・一昨日NY金は、史上最高値の$1200/トロイオンスをつけてしまった・・・経済価値とは一体どこにあるのか、深遠な様相を再提起しているやに感じるけど、その上に立つ政治、社会にも、追い切れないほどにススが舞って混迷の度を深めている・・・

・・・ススは誰が溜め込んでいるのか、取り払うべきのところ、更にそれをこびりつかせようとしている・・・払うのは誰がやるべきか・・・糾弾箒は何本も用意せねばなるまい・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

政治を知らない「政治のプロ」たち ( No.87 )
日時: 2010/06/13 20:02
名前: 阿房の長命 ID:zadfE15U

政治を知らない「政治のプロ」たち
田中良昭の「国会探検」より転載

 シルクロードから帰国して見たこの国の新聞、テレビ、雑誌の政治解説は、私の見方とことごとく異なる。私がこの政局を「民主党が参議院選挙に勝つための仕掛けで、将来の政界再編を睨んだ小沢シナリオだ」と見ているのに対し、新聞やテレビに登場する「政治のプロ」たちは「民主党内で反小沢派が権力を握り、小沢氏の政治力が無力化された」と見ている。

 私の見方が当たっているか、「政治のプロ」たちの見方が当たっているかはいずれ分かるが、困るのは「みんなで渡れば怖くない」で書いたように、日本の新聞やテレビは間違いを犯しても「みんなが間違えたのだから仕方がない」と何の反省もせずにそのままにする事である。だから何度も誤報を繰り返して国民を惑わす。私は間違えたら反省するし、なぜ間違えたかを分析して次の判断に役立てる。

 ところでここで問題にしたいのは政局の見方の当否ではない。「政治のプロ」を自称する人たちの解説の中に、まるで政治を知らない「素人」の議論が多々ある事である。それだけは訂正しておかないと国民に誤った認識を与える。

 「政治のプロ」たちは、「権力の中枢を反小沢派が占めた事で小沢氏は無力化された」と見ている。官房長官も幹事長も反小沢派の急先鋒で、財務委員長も反小沢派だから、小沢氏は金も動かせないと解説している。「建前」はそうかもしれない。素人ならそう思う。しかし多少でも政治を知る者は、それが「建前」に過ぎない事は分かっている。総理、官房長官、幹事長のポストに権力がある訳ではない。本人の資質と政治力がなければただの「操り人形」になる。

 アメリカのレーガン大統領はアメリカ国民から「父親のような存在」として敬愛されたが、彼が真の権力者であったと思う「プロ」はいない。見事に大統領を演じてみせただけで、シナリオを書いたのは別の人間である。中曽根康弘氏も総理在任中は権力者であったとは言い難い。ひたすら田中角栄氏の考えを忖度し、それに逆らわぬ範囲でしか政治を動かせなかった。そして田中氏が病に倒れた後も金丸幹事長の意向に左右された。中曽根氏が政治的に力を持つのは総理を辞めてからである。

 田中角栄氏も実は総理在任中より辞めてから、しかもロッキード事件で刑事被告人となってからの方が強い権力を握った。と言うと素人はすぐ「金の力で」と下衆な判断をするが、金の力だけで権力は握れない。田中氏の力の源泉は人を束ねる力、すなわち「数の力」である。それも「参議院議員の数の力」であった。

 私は再三に渡って日本政治の特殊性を論じてきた。その時にも説明したが、日本政治の特性の第一は参議院にある。日本国憲法では衆議院から総理大臣が選ばれ、衆議院が参議院より優位にあると思われるが、実は参議院の方が力は強い。参議院で法案が否決されると再議決には衆議院の三分の二の賛成を要する。与党が三分の二の議席を持つ事は滅多にない。従って法案の帰趨を握るのは参議院である。参議院が協力しなければ法案は1本たりとも成立しない。総理はすぐクビになる。参議院には総理、官房長官、幹事長のクビを飛ばす力がある。

 そのため昔から参議院の実力者は陰で「天皇」と呼ばれた。総理より偉いという意味が込められている。戦後の総理在任最長期間を誇る佐藤栄作氏は「参議院を制する者が日本政治を制する」と言った。角栄氏は参議院の多数を束ねた。つまり参議院選挙は衆議院選挙よりも重要なのだ。民主党は去年衆議院で政権交代を果たしたが参議院で単独過半数を得ていない。実は本当の意味での政権交代はまだ終わっていないのである。だから小沢氏は何よりも参議院選挙に力を入れている。

 今回の政変で総理、官房長官、幹事長は代わったが、参議院執行部は誰一人として代わっていない。つまり民主党の権力構造は底流で変わっていない。「プロ」ならそう見る。人事権は総理にあるから菅総理は参議院執行部を自分に都合良く代える事は出来た。しかし参議院選挙直前に参議院の人事をいじるのは常識的でない。このシナリオはそこを読んでいる。小沢氏が敷いた参議院選挙のレールも取り外して敷き直す余裕はない。

 もう一つ総理、官房長官、幹事長の「寝首」をかく事が出来る重要ポストがある。国対委員長と議院運営委員長で、国会運営の全てを取り仕切る。菅総理は総裁選挙で対立候補となった樽床伸二氏を国対委員長に就けた。思わず「えっ!」と思った。国対委員長と議院運営委員長には腹心を配するのが当然で、敵側の人間を配するのは異例だからである。議院運営委員長はそのまま、国対委員長に小沢グループの支援を受けた樽床氏が就任した事は、これも民主党が変わっていない事を示している。

メンテ
続 政治を知らない「政治のプロ」たち ( No.88 )
日時: 2010/06/13 20:05
名前: 阿房の長命 ID:zadfE15U

続く 政治を知らない「政治のプロ」たち
田中良昭の「国会探検」より転載

 日本政治の特性の第二は、こちらの方が重要なのだが、権力が国民に与えられていない事である。権力は霞ヶ関とアメリカにあって国民の代表である政治家にない。つまり政権与党に権力はなかった。かつての自民党は霞ヶ関やアメリカと戦う時には野党の社会党と水面下で手を結んで抵抗した。しかしここ20年は自民党が戦う事をやめて霞ヶ関やアメリカの言いなりになった。それが国民の信頼を失わせ、去年の政権交代となった。国民が初めて権力を発揮した。

 国民が選んだ政権を潰しにかかってきたのは霞ヶ関とアメリカである。霞ヶ関を代表するのは検察権力で鳩山・小沢両氏の「政治とカネ」を追及し、アメリカは普天間問題で鳩山政権を窮地に陥れた。しかし国民が選んだ政権を潰すか潰さないかは国民が決めるのが民主主義である。検察や外国に潰されたのでは「国民主権」が泣く。この政権の是非は国民に判断させるべきである。そこで民主党は参議院選挙で勝つための条件整備をした。

 野党自民党が今度の選挙で民主党を攻撃する材料は三点あった。「政治とカネ」と普天間と民主党の経済政策である。「政治とカネ」では小沢・鳩山両氏が、普天間では鳩山氏がターゲットになり、経済政策では「バラマキで財政が破綻する」と批判される筈だった。自民党はそのために消費税導入を選挙マニフェストに掲げる予定でいた。

 それが今回の政変で鳩山・小沢の両氏が辞任し、「政治とカネ」と普天間が攻撃材料になりにくくなった。次に菅政権は「財政健全化」に政策の力点を置いた。さらに将来の消費税導入に積極的な玄蕃氏が政調会長に就いた。これで三点への防御態勢を固めた。自民党の谷垣総裁は民主党の路線転換を「クリンチ作戦」と批判したが、その通りである。しかしそう言って批判しても始まらない。これから選挙までの短い間に違う攻撃ポイントを見つけなければならない。困っているのは自民党である。

 選挙の公示まであと1週間余りしかない。もはや選挙戦は事実上の後半戦である。政治を知らない「政治のプロ」たちが解説をすればするほど、また素人にも分かるように「建前」に終始した話をすればするほど、民主党は「変わった」という話になり、参議院選挙は民主党に有利になる。2人擁立が批判されていた2人区で小沢・反小沢がしのぎを削れば2人当選する可能性もある。そして選挙後に「多くの参議院議員を束ねた者が日本政治を制する」のである。 
メンテ
世論に翻弄される民主党政治の行方 ( No.89 )
日時: 2010/06/15 07:15
名前: 阿房の長命 ID:zD85fdB.

世論に翻弄される民主党政治の行方

菅内閣の支持率は、鳩山内閣の17%から60%に急伸。3年前、小沢民主党が参院選で60議席の圧勝を果たした時以上の数字である

 いったい、日本の世論はどうなっているのか。
「たしかに世論調査を見る限り、国民世論はいい加減です。たとえば、小沢一郎に対する報道です。あれだけ連日連夜、『小沢=悪』という印象を振りまけば、普通の国民は世論調査で『小沢ノー』と答えますよ。

ひどいのは、自分たちで小沢一郎をワル者にしておきながら、世論調査の結果が小沢一郎に批判的に出ると、第三者を装って『小沢辞めるべき 80%』などと報じていることです。マッチポンプもいいところです」(政治評論家・山口朝雄氏)

 世論調査を基にメディアが小沢一郎の批判をすると、また世論調査の数字が小沢に厳しくなるの繰り返し。日本の世論はこうして作り上げられていく。こんな世論調査にどんな意味があるのか。

小沢前幹事長が実権を握ってから、民主党は『体育会』に生まれ変わったはずだった。小沢路線を否定することで本当に参院選に勝てるのか。小沢前幹事長が反対していた消費税アップも打ち出すという。

 民主党は「脱小沢」を強硬に進めているが、世論に迎合することが政治なのか。
メンテ
「経済極右」に屈した菅首相が「消費税増税検討」を明言 ( No.90 )
日時: 2010/06/19 08:57
名前: 阿房の長命 ID:3DMnvKJQ

「経済極右」に屈した菅首相が「消費税増税検討」を明言
(ブログきまぐれ日記より要旨転載)

ついに菅直人首相が消費税増税に言及した。
朝日新聞の「完全勝利」だ。日経、読売、毎日、産経など主要新聞社はみな同じ立場の主張をしているが、もっとも過激に議 論を引っ張ったのが朝日新聞である。

財政の大きな役割の一つとして、所得の再分配があるが、再分配を強めよと主張する神野氏や小野氏らに対し、ここ数十年間 優勢に立ってきた人たちの主張は、「政府は余計なことはしなくて良い、市場に任せよ。新聞では、読売新聞も朝日新聞も与謝 野に近い主張だ。

ところが、周知のように消費税には逆進性がある。再分配 が財政の役割であることは既に述べたが、消費税が「借金の返済」に用いられた場合、再分配には寄与しない。それどころか、もともと消費税には逆進的な性格 があるわけだから、ここで生じる事態は「逆再分配」なのである。

だから、再分配を強めよと主張する学者たちを「経済左派」、市場 原理主義者を「経済右派」と位置づけた場合、与謝野や読売、朝日は「経済極右」に相当する。

実際に、菅首相ブレーンの学者たちが求めているの は再分配の強化であり、消費税より所得税の増税に重きを置いている。神野直彦氏については当ブログで何度も言及してきたが、所得税増税を求める小野善康氏 の主張を、朝日新聞出版が発行している『AERA』(2010年6月21日号)が、記事本文ではそれを正しく伝えていながら、「経済オンチ菅首相が学んだ 『小野理論』と消費税増税」という、いかにも小野教授が菅首相に消費税増税をそそのかしたかのような印象を与えるタイトルをつけるという悪質な宣伝行為を やっている。
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20100616/1276644523


このことは、植草元教授の著書『知られざる真実』に も明記されているのだが、それこそ「知られざる真実」なのであろう。

「参院候補への公開質問やりましょう! 賛同者急募」は、参院選の民主党候補に対して、消費税増税問題と普天間基地移設問題に関するアンケートを実施するとしているが、前者の設問は、「埋蔵金や天下りをはじめ徹底したムダの排除をやりきる前に、消費税の増税について議論することに賛成か?」となっている。


メンテ
Re:経済右翼と消費税増税・・・ ( No.91 )
日時: 2010/06/19 10:52
名前: 満天下有人 ID:e5AUja4s

・・・根本的には、もう増税しか手がないことは事実なのですが、しかし膨大な官組織による行政費の削減もせずに、逆進性の強い消費税で網を被せて来る政策に、強い反発を覚えます・・・

・・・経済極右がやりそうなことです・・・それに乗る元左翼・・・転向すると極右になるそうです(笑)・・・。
メンテ
「世界中から非難のマトの記者クラブ」 ( No.92 )
日時: 2010/06/23 17:54
名前: 阿房の長命 ID:s/WhEHHo

「世界中から非難のマトの記者クラブ」(EJ第2840号)の要旨
http://electronic-journal.seesaa.net/article/154150411.html

 記者クラブの中で最もプライドの高いのが、司法記者クラブと財研(財政研究会)記者クラブであるといわれます。すなわち、財研の記者クラブとは、財務省の記者クラブのことです。 

財研記者クラブは、国内の主要新聞、放送、通信社のほか、海外メディアも所属しています。「財研」の略称で知られ、各社の経済部エリートが集い、経済記者の中でのステータスはきわめて高いのです。

業界紙などによる別の「財政くらぶ」という団体も財務省内に存在しています。 

 亀井:財研に所属する記者クラブの記者たちは、財務省の大本営発表にコントロールされて、その感覚でしか予算を見ないし、経済を語れない。

 上杉:だから、どうしても縮小予算を是とする報道になりやすい、というわけですね。

 亀井:予算編成の責任者である主計局長の任期は基本的に1年なので、自分の任期中に組む予算ではできるだけ国債発行額を減らしたいと考える。

 亀井:その結果、経済が萎もうが、彼らは関係ない。安穏とした生活は保障されてるから。彼らは優秀なアナリストではなく、予算の「切り屋」なんだよ。彼らには未来を作
る力がないんだ。

それは当然のことであり、時の政権の責任は免れませんが、もっと悪いのは、そういう政権を裏から操る財務省の官僚と財研の記者クラブなのです。彼らは諸悪の元凶なのです。 日本は経済が立ち直りかけると、すぐ縮小予算を組み、増税をしてそれを潰してきたのです。

 そうなった責任の多くは財務省にあるのです。彼らは、亀井大臣のいうように「経済が萎もうが、彼らは関係ない。

そして、その財務省の作ったシナリオを何の批判も加えず、たれ流しているのが、財研の記者クラブなのです。菅政権は手もなくその財務省の官僚に洗脳され、増税路線に走ろうとしています。小沢氏のいない民主党の正体見たりという思いです。
メンテ
Re:記者クラブ・・・ ( No.93 )
日時: 2010/06/23 21:14
名前: 満天下有人 ID:IfuXJ4VE

・・・俗に政官財癒着と言われますが、これに報道を加えると、政官財報癒着という構造になります・・・

・・・世界の政治経済社会現象を調査し、毎年ランキング付けをやっているスイスにある研究所、名前ど忘れしましたが、日本の報道のあり方は、確か世界40位くらいだったか、独特の記者クラブ制度で大きくマイナス点をつけられておりました・・・

・・・経済関係報道でも、その財研記者クラブなら、財務省主導による菅直人の企業減税かつ消費税増税を賞賛しても、おかしくないですね・・・

菅首相が高齢者福祉に10兆円ほど足りない、そんなことを全面に出して、方や企業減税を唱える・・・増税して医療福祉などに10兆円当てて、仮に企業減税20%実施すれば、5兆円ほど穴が開き、ではそれを何で埋めるのか、新聞はそんなことに一切触れておりません・・・

中小零細企業への減税支援は行うべしで、ならば、法人税にも累進課税を導入せよとでも言うなら、おおマスコミも少しは言うな、と思えるのに・・・日産カルロスゴーンの役員報酬は約9億円であったと報道されていますが、まあ、かれら西欧人にして見れば至極当然の感覚でしょうが、一般従業員も生活者であるなら、消費税増税を広く被せられるというのに、企業は減税されて役員は結構な報酬を取る・・・

マスコミもカルロスゴーンの高額報酬に批判的な筆致で書いているやに感じるにしても、ならば一律法人税減税についても、諸手を上げて賛同するのではなく、少しはよいしょの仕方もあろうというもの・・・

・・・政官財に報が加わった組織は、鉄壁になります・・・大本営以来、それが当然の仕組みと成り、今日でもそれが脈々と続いているという光景です・・・。
メンテ
民主的スターリン体制 ( No.94 )
日時: 2010/06/23 23:09
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Hz3cDgmk

日本の大新聞の政治記事、社会記事、スポーツ記事(試合結果など止むを得ないものもあるが)

どれを見ても皆同じ。

テレビもニュースばかりでなく、殆ど同じようなもの。

特に政治関係は、見れば見るほど間違った認識をするようになる。

これじゃ、子供に見せられない。

地方紙の中には根性のある記事を書く記者がいるらしいが、京都新聞は読売、産経の小会社のようだ。

世論調査も、社説も、知識人と言われて紹介される学者などの意見も皆同じ。

よくも此処まで退廃したメディアとなったものだ。

1億、総マインドコントロールをされているようだ。

これで事実を追求するものを、網走送りとすれば、

国民が好きな民主的なスターリン体制である。




クソ官僚の発想が、天下りのみならず

此処まで日本を駄目にしていることを

認識すべし。
メンテ
小沢一郎の選挙戦術を読む〜改革は1歩後退2歩前進・・・か!? ( No.95 )
日時: 2010/06/24 07:17
名前: 阿房の長命 ID:6G7BlGh.

【定点観測】小沢一郎の選挙戦術を読む〜改革は1歩後退2歩前進・・・か!?
http://blog.livedoor.jp/nandeya_umeda/archives/51093910.html より要旨転載

鳩山・小沢電撃辞任から菅内閣誕生、支持率急上昇を受けて山積する課題、法案を積み残したまま、参議院選挙へ突入・・・。

ここまでのシナリオについて、小沢の起死回生の秘策説、追い詰められた官僚、マスコミによる民主党乗っ取り説の両方があり、当ブログでも、その両方を紹介してきた。

つまり、追い詰めらた鳩山・小沢が、ひとまず退却と、アメリカと官僚にハイジャックされた菅・松下政経塾内閣を容認した。

事実、小沢は「鳩山さんと話してああいうタイミングになった。それにしても何故、小沢は官僚に取り込まれた菅を党の表紙にするという危険な賭けに打って出たのだろうか?

久々に小沢の肉声が伝わってきた。参院選で民主党が単独過半数に届かなかった場合。小沢が動くのはこのケースだという。

「参院選で民主党が改選議席の54議を割るようだと、菅首相は大変になってくる。国民新党だけでは足りない。

小沢は、大連立に乗ってしまって、党内で総スカンをくらった経験を持つ。これは一かバチかだが、菅が前のめりになった場合でも9月 には勝負をかけることができると判断し、菅内閣でいくと小沢は決めた・・・・というストーリーを小沢は描いたのではないか?

こうした、アメリカ→官僚の手先になりきれないところが菅首相らしさ、なのかもしれない。菅 直人は、田中角栄逮捕に「ゴーサイン」を出した三木武夫にならざるをえないわけだが、はたして菅直人は三木武夫になれるだろうか。僕の予想では、菅直人は 三木武夫になれない。

もちろん小泉純一郎にもなれない。マキアベリスト・菅直人がこれから試みるであろう政治謀略の手の内は、すでに多くの人に見抜かれているからだ。菅直人が、それを承知の上で、政権維持と人気取りのために、警察・検察官僚と手を組むか。

中途半端なマキアベリスト・菅直人が三木武夫になれない理由はそこにある。小沢氏がそこまで見抜いて菅政権にGOを 出したのだとすれば、たいしたものである。

そのように引き裂かれる中で、小沢待望論は再び大きなものとなるに違いない。

メンテ
中途半端なマキャベリスト・・・ ( No.96 )
日時: 2010/06/24 07:51
名前: 満天下有人 ID:AoZExhh6

・・・<中途半端なマキャベリスト・菅直人>・・・これに尽きます・・・

消費税増税をブチ上げてみたものの、弁明に必死、沖縄慰霊祭に出席して何もすぐに辺野古工事着工に突き進むわけではないと弁明・・・

仙石も参院選改選数、現有の54議席を確保すれば首相は責任を果たしたと言えるとして、現政権は完全に防御の姿勢・・・

・・・今朝の朝日も、民主支持に広がりが見られないと、これまでの民主支持急上昇論調から一転して弁明用意の姿勢・・・

・・・記者クラブでの話が、要するに大本営的に一方的な宣伝を行う場であるということが、よく分かります・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存