ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[627] 21世紀よ、正気に戻れ
日時: 2010/05/18 06:22
名前: 満天下有人

「21世紀よ、正気に戻れ」

・・・旧スレッド「当代世間裏算用」が消えてしまった、何らかの事情があるのかも知れない・・・

江戸時代浮世草紙作家・井原西鶴は、年末大晦日に帳尻を合わせる庶民の、むしろ善良なる慌しさを愉快に表現した面もあった・・・西鶴は、この世が余りにも裏算用で動いていることに嘆いて、当代世間裏算用を消してしまったのかも知れない・・・

戦争の世紀と言われた20世紀、その大晦日は既に過ぎ去ったというのに、この代は政治、経済、社会、全ての分野にわたって未だに、スス払いが終っていない・・・

・・・いや益々ススが溜まり始めている・・・ススは溜まってしまうと、こびりついてそう簡単に払うことが難しくなるものだ・・・あちこちに見られるスス溜まり現象、内だけでなく世界もそうだ・・・

・・・旧当代世間裏算用は、庶民経済をベースに、経済学の怠慢なるテーマから色々問題を提起してみた・・・紙切れ紙幣発行権者たちが、「忌まわしい金(きん)」として忌み嫌った兌換裏付けとしての金を排除し、紙切れ同士の戦いに世界を転換させたものの、次から次へと問題が起こり、後を絶たない・・・

・・・一昨日NY金は、史上最高値の$1200/トロイオンスをつけてしまった・・・経済価値とは一体どこにあるのか、深遠な様相を再提起しているやに感じるけど、その上に立つ政治、社会にも、追い切れないほどにススが舞って混迷の度を深めている・・・

・・・ススは誰が溜め込んでいるのか、取り払うべきのところ、更にそれをこびりつかせようとしている・・・払うのは誰がやるべきか・・・糾弾箒は何本も用意せねばなるまい・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

小沢,坊や達の面倒見で、大変だ・・・ ( No.69 )
日時: 2010/06/01 10:49
名前: 満天下有人 ID:Vfy26wfk

・・・昨日小沢は、参院改選組に押され、輿石参院会長と共に官邸へ・・・

しかし僅か8分程度で退去、これまで首相に何の相談も受けていないし、いきなり会っても言うこともないしで、今日明日にか首相と再会談・・・

・・・参院選で超多忙の幹事長、その足を引っ張ってきた坊やたちの始末もせねばならぬとは、体がいくらあっても足りないわナ、これじゃあ・・・(爆笑)。
メンテ
知らなきゃ判断できない ( No.70 )
日時: 2010/06/02 04:18
名前: 阿房の長命 ID:9vb9EedI


知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、
情報流通促進計画さんがツイッターでつぎのようなことをのべています。

 民主党は、本気で日本を民主主義国家としようとしているのかもしれない、と改めて期待する気持になることが最近発表された。それは、国家公安委員会人事だ。

 国家公安委員会は、【国の公安に係る警察運営をつかさどり、警察教養、警察通信、情報技術の解析、犯罪鑑識、犯罪統計及び警察装備に関する事項を統轄し、並びに警察行政に関する調整を行うことにより、個人の権利と自由を保護し、公共の安全と秩序を維持することを任務】とし(警察法4条)、【1.警察に関する制度の企画及び立案に関すること。2.警察に関する国の予算に関すること。3.警察に関する国の政策の評価に関すること。】などに関して、【警察庁を管理する】権限を有している(同法5条)。

 これまで5人の国家公安委員会委員うち、一人を新聞社・NHK・通信社の幹部が占めてきた。最近では、3代前が就任当時日経新聞会長だった新井明氏、2代前が就任当時読売新聞論説委員長だった荻野直紀氏、直前が就任当時産経新聞社専務(論説・正論担当・論説委員長)だった吉田信行氏だ。その前にも、NHKや毎日、同盟通信などのお歴々が占めてきた。

 これが自民党の正体だったといってもいいだろう。

 マスメディアを現役幹部のまま、そのような国家権力、むき出しの権力である警察権力に直結したポストに遇して、自民党と一体化させる…。

 これでまともな報道ができるはずがない。

 上杉さんは、アメリカの報道機関は、仮に行政に関するポストに就く場合には、その会社を辞めてからでなければならないことになっていると強調するが、まさにそのとおりだ。

 これでたとえば、小沢問題でまともな記事が書けるだろうか…。

 おそらく、マスメディア幹部が国家公安委員会委員のようなポストについている国は、(準)独裁国家くらいだろう…。

 もちろん、完全にマスメディアを辞めた後で、その知見を生かして、監視するためにそのようなポストに就くことは、民主主義国家でもありうるだろうが…。


 鳩山首相はここにメスを入れてきた。5月27日、23日付で退任した吉田信行氏の後任として、マスメディアからではなく、弁護士で元日本弁護士連合会副会長の山本剛嗣(たけじ)氏(66)を国家公安委員に任命したのだ。

 これだけで、民主党政権を継続させるべき理由があるといえる。

 これまでの政・官・報の癒着を断ち切ろうという強い意志が感じられる。

 あなたは、また、読売や産経の幹部が国家公安委員になるような政権に戻したいですか?

 私はまっぴらごめんだ!
メンテ
かん口令がしかれているかも ( No.71 )
日時: 2010/06/02 04:25
名前: 阿房の長命 ID:9vb9EedI

かん口令がしかれているかもね、。

鳩山辞任問題は憶測だけで情報が独り歩きしている。

鳩山は辞めない、だから小沢動かず政変は不発 (ゲンダイ的考察日記)

http://bit.ly/aiJyNZ

今のところ辞任は無く、日刊ゲンダイは8割方は小鳩体制で参院選突入と予測している。

私もそれでいいと思うが、果たしてどうなるか・・・。
メンテ
岩上安見さんの今朝のツイッターより ( No.72 )
日時: 2010/06/02 06:03
名前: 阿房の長命 ID:9vb9EedI

岩上安見さんの今朝のツイッターより

亀井さん、岡田さんの定例会見は、 普天間問題と、社民党離脱、政局、そして米国への姿勢で対極をなしていたのが非常に印象に残った。

亀井さんは「辺野古への移設 は、現在進行形。県外・国外への移設はこれから追求してゆく」と。国民新党の下地議員の持論にのり、むしろ県内移設派だったはずなのに。「鳩山落城」後に もかかわらず。連立離脱をした社民党にも好意的な評価。逆に外務省に対しては米国の手先とばかり、厳しく指弾。

対して岡田大臣は、亀井さんの 認識に渋い顔。政局になりつつあることも認めつつも、日米同盟の堅持・深化を訴えた。だが、昨夜、つぶやいたように、沖縄の世論は辺野古移設の政府案決定 後、「反対」の声がますます高まっている。その点を指摘されると「沖縄県民のご理解を得る」と答えるのみ。

説明した程度で理解を得られるなら、13年間も杭一つ打てない状況が続くことなどあり得ない。しかし、繰り返し指摘されても「説明する」とのみ。のち ほど外務省のある事務方が、「また大臣、変わっちゃうんですかね。毎年、外務大臣が変わると、外国との付き合い上、困るんですけどね」と。

メンテ
鳩山さんとうとう辞めちゃったね。 ( No.73 )
日時: 2010/06/02 09:57
名前: 阿房の長命 ID:9vb9EedI

鳩山さんとうとう辞めちゃったね。

いま10CHでやってるけど、なんか期待はずれのかん大きいですね。

NHKでは、総理が党幹部に辞意を伝えたとの報道。勇気ある決断を下されたことに心からの敬意を表します。総理、お世話になりました。

と、金子代議士(民主党)のツイッターですから間違いないでしょう。
メンテ
マスコミの小沢たたきは死に物狂い ( No.74 )
日時: 2010/06/02 18:09
名前: 阿房の長命 ID:9vb9EedI

マスコミの小沢たたきは死に物狂いというべきか

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。こんな話がツイッターに出てきた。

東京地検特捜部が動いた。

自民党政権末期に河村官房長官が2億5千万円の官房機密費を引き出した件で、大阪の弁護士から告発を受けたが、東京地検特捜部はこれを正式に受理。

河村氏には背任・詐欺の容疑がかかっている。検察がどこまで調べ切るのか見守りたい。

罪滅ぼしか。
メンテ
Re:マスコミの小沢叩きは死にもの狂い・・・ ( No.75 )
日時: 2010/06/02 19:50
名前: 満天下有人 ID:P0WgSyJY

・・・<マスコミの小沢たたきは死に物狂いというべきか>・・・

情けないのは、この期に及んでそれに乗るヤツが,民主党内に居るということですね・・・

・・・まあやってもらわねばなりませんが、今頃告発を受けて河村元官房長官を捜査するとは、鈍いにも程がある・・・おととい出直して来いと,言いたくもなる・・・。
メンテ
岩上安見氏のツイッターより ( No.76 )
日時: 2010/06/02 20:45
名前: 阿房の長命 ID:9vb9EedI

岩上安見氏のツイッターより

RT @iwakamiyasumi: 米国(米軍)、官僚、検察、メディアの連合軍。…鳩山を辞任にまで追い込んだのはやりすぎ RT @okadayamada やりすぎどころの騒ぎじゃない。この先一体誰が、この暴走を止められる?郷原インタビューで、光明が。

検察による鳩山・小沢を狙い撃 ちした強引な捜査と、タッグを組んだオール記者クラブメディアによる「政治とカネ」の大合唱によって、小鳩は辞任にまで追い込まれたが、その一方、大阪の 郵便不正事件では検察の「あらかじめストーリーありき」の捜査手法が大阪地裁で徹底的に否定された。

検察による強引な捜査の犠牲者 を、これまで私も数々、取材してきたが、共通するのは「初めにストーリーありきだった」というもの。今回の郵便不正事件の公判は、こうした証言を裏付ける ものとなった。郷原氏は言う。「特捜は、操作に着手するときに着手報告書をつくる。これがストーリーA」。

郷原氏「次に、捜査してから起 訴処分にするかを決める処分報告書を作成する。これがストーリーB。AとBは一致しなくてはならない。どちらも検事総長に上げるのだから。それが検察の伝 統的な手法」。だから捜査段階で見込みのストーリーAと違う事実や証言がでてきても、無理やりにあわせる。

「こうしたA=Bに加えて、従 来は裁判所も検察の検面調書を重視し、Bと一致する判決、ストーリーCを出していた。こうしてA=B=Cと、検察の見込みで作ったストーリーAが判決Cと 一致する」と郷原氏は語る。こうした『伝統的』な手法に、今回の大阪地裁の判決は厳しい態度で批判を加えた。

見込みで作り上げたストーリー を押し付けた調書を、大阪地裁は証拠として認めなかった。これは画期的なことだったと郷原氏は語る。「この大阪地裁の姿勢は必ず全国に広がる」。特捜の強 引な捜査手法と、軍隊の如き上意下達の組織形態は、裁判所からの批判を受けて見直しを余儀なくされるだろう。

大阪地検特捜部は、政治的意図 があったかどうか、この郵便不正事件で民主党の石井一議員の関与を疑い、捜査の手を伸ばしかけていた。西松事件以降の小沢氏とその側近に対する捜査も、政 治的意図がもともとあったかどうか断定できないにせよ、政治的な影響と結果をもたらしたことは否定できない。

結果から言えば、検察は強引な手法で、標的とした民主党のトップを政治的敗北に追い込むことには「成功」したが、他方でその手法を裁判所から指弾され、傷を負った。これが検察の「正常化」にいたる第一歩となるかどうか。
メンテ
この政局は小沢一郎が仕切っている ( No.77 )
日時: 2010/06/04 06:26
名前: 阿房の長命 ID:nDQVY5pI

この政局は小沢一郎が仕切っている -

マスコミの異常な小沢叩きだが、鳩山辞任の密室協議は、当事者3人(鳩山・小沢・輿石)しか真実を知らない。事実の解読は、小沢一郎が鳩山由紀夫のために花を持たせているのではないだろうか。

小沢は、参院選前のどこかのタイミングで幹事長辞任をしなくてはいけなかった。

ところが、マスコミの報道は、そうした真実を全く解説しない。 これは、小沢一郎の勝利である政局を、小沢一郎の敗北であるかの如く演出するマスコミのプロパガンダである。マスコミの敵であった小沢一郎が遂に死んだと、マスコミは有頂天になって記事を書いているのではないか。

マスコミは「ダブル辞任」を、小沢一郎は自分の権力の維持のために使い、マスコミは小沢一郎の抹殺のために使っている。

テレビ朝日の星浩や一色清によれば、小沢一郎の政治は「古い自民党政治の典型」で、バラマキで、財政赤字の原因は小沢型の利益誘導政治にあるのだと言う。

しかしそ一里塚が、今回の「小沢失脚報道」で、「悪は滅びた」と言い、「悪の復活は許さない」と息巻いている。

ところで、一昨夜の鳩山辞任を報ずるテレビ報道では、菅直人は、小沢一郎と距離を置き、前原誠司ら反小沢派の支持を得て、無風当選を狙う戦略だと言っていた。

だが、マスコミの解説の中で見落とされている点は、今度の鳩山辞任が小沢派と参院民主党が仕掛けた権力闘争であり、代表選を含めた政治日程の全てを小沢一郎が仕切っているという点ではないか。

昨年の小沢一郎と鳩山由紀夫による代表選挙がそうだった、機先を制されて、狼狽した菅直人は代表選に立候補することもできなかった、戦わずしてまけたのである。

菅直人は、マスコミに叩かれないように、小沢一郎との距離を演出しているが、党内で弱小派閥の勢力しかないが、最大派閥を握る小沢一郎の協力なしに代表になれる理由がないのである。

ただ鳩山辞任報道では、小沢派が150人、鳩山派が50人、前原派が45人、菅派が40人、野田派が35人という勢力図になっている。

そして、反小沢派は結束できない。有力なカリスマ的指導者もいない。単に、小沢一郎に対する反感とマスコミの支援で一体になっているのはは一目瞭然だ。

数を持つ小沢一郎は、反小沢派を切り崩すことができる。ポストが欲しく、出世したい中堅は、簡単に小沢一郎の陣営に与するわけで、前原派に属する細野豪志が典型的。

今回の鳩山辞任と代表選の政局は、小沢一郎対反小沢派(前原・岡田・仙谷・枝野・野田)の闘争でもある。厳密に言えば、小沢一郎と反小沢派の政治家たちとマスコミの連合軍との戦いである。

前原に続いて、岡田克也も白旗を上げた。反小沢派から誰も菅直人の対抗馬がでなくなった。勝利の見込みがなく、出馬を押さえ込まれた。

私は、反小沢派が押し返せるとは思えない。岡田克也と前原誠司、そして仙石由人と枝野幸男の処遇が注目点になる。

菅直人の対立候補として樽床伸二が立候補すると同時に50人の推薦人があらわれた。20人集められなくて白旗を揚げる一方では、両陣営に推薦人を送り込んでいる豪腕には計り知れないものがある。

私は、小沢一郎の一本釣り計略の指示で新内閣の要所要職には側近が送り込まれるものと見ている。

メンテ
Re:政局は小沢が仕切っている・・・ ( No.78 )
日時: 2010/06/04 07:12
名前: 満天下有人 ID:rY7WhUic

・・・来週月曜日の組閣を見ないと、何とも言えませんが、マスコミは盛んに菅直人は小沢と距離を置いて、反小沢グループを主要ポストにつけると,煽っているやに見えます・・・

菅発言の、小沢は”しばらく”大人しくしていた方が良いという、そのしばらくという言葉が微妙ですね・・・

・・・しかし実際に仙石、前原、枝野、野田を主要ポストにつけたら、短命内閣になるでしょう・・・小沢が要所要所に人を送り込むことをしなくとも、自壊が逆に早くなるような感じを受けます・・・彼らの政策が、右往左往していたことが何よりの証拠です・・・

いまだに小沢が退いたことは良かったとする世論の86%・・・それとて崩れて行くような・・・しかしバカですねえ、一体小沢のどこに説明不足があるというのか、何が不透明だというのか、その意見が全く分かりません(笑)・・・あ〜あ、いつまで煽られているのでしょうかねえ・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存