ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[627] 21世紀よ、正気に戻れ
日時: 2010/05/18 06:22
名前: 満天下有人

「21世紀よ、正気に戻れ」

・・・旧スレッド「当代世間裏算用」が消えてしまった、何らかの事情があるのかも知れない・・・

江戸時代浮世草紙作家・井原西鶴は、年末大晦日に帳尻を合わせる庶民の、むしろ善良なる慌しさを愉快に表現した面もあった・・・西鶴は、この世が余りにも裏算用で動いていることに嘆いて、当代世間裏算用を消してしまったのかも知れない・・・

戦争の世紀と言われた20世紀、その大晦日は既に過ぎ去ったというのに、この代は政治、経済、社会、全ての分野にわたって未だに、スス払いが終っていない・・・

・・・いや益々ススが溜まり始めている・・・ススは溜まってしまうと、こびりついてそう簡単に払うことが難しくなるものだ・・・あちこちに見られるスス溜まり現象、内だけでなく世界もそうだ・・・

・・・旧当代世間裏算用は、庶民経済をベースに、経済学の怠慢なるテーマから色々問題を提起してみた・・・紙切れ紙幣発行権者たちが、「忌まわしい金(きん)」として忌み嫌った兌換裏付けとしての金を排除し、紙切れ同士の戦いに世界を転換させたものの、次から次へと問題が起こり、後を絶たない・・・

・・・一昨日NY金は、史上最高値の$1200/トロイオンスをつけてしまった・・・経済価値とは一体どこにあるのか、深遠な様相を再提起しているやに感じるけど、その上に立つ政治、社会にも、追い切れないほどにススが舞って混迷の度を深めている・・・

・・・ススは誰が溜め込んでいるのか、取り払うべきのところ、更にそれをこびりつかせようとしている・・・払うのは誰がやるべきか・・・糾弾箒は何本も用意せねばなるまい・・・。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

中国、「対日重視」と「関係修復」に初言及 ( No.257 )
日時: 2010/09/29 09:08
名前: 阿房の長命 ID:jvg35XBY


日本「衝突の真相を世界に説明」 中国、「対日重視」と「関係修復」に初言及
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/09/html/d31094.html 大紀元より転載

  【大紀元日本9月29日】尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近での漁船衝突事件を巡り、前原誠司外相は28日午後の記者会見で、衝突事件での中国漁船の行動と その後の中国政府の対応に関し「世界が注目している」と指摘し、各国政府に衝突真相を説明する指示を出したと表明とした上で、「向こうの土俵に乗るべきで はない」と強調する姿勢を示した。仙谷由人官房長官も同記者会見で、漁船衝突事件のビデオ映像の公表もあり得るとの認識を示した。

 日本の毅然たる態度で日中関係は更に硬直化しうるとも思われたが、同日午後、中国外務省の姜瑜・副報道局長は定例記者会見で、「中日関係を重視する」と した上で、「関係の安定と発展には日本の誠実かつ具体的な行動が必要だ」と述べ、これまでの日本側に対する「厳重に抗議」「謝罪と賠償を求める」との姿勢 を一転させた。

 中国国内の報道では、28日午後の中国外務省定例会見で、姜瑜・副報道局長は、日本側が日本船の損傷と修復費用を中国に要求することについて中国側の考えを聞かれた際、「中国は中日関係を重視する。中日関係の安定と良い発展を成し遂げるため、双方とも共に努力し、お互いに同じ目標に向かって行動すること が必要」とし、「日本の誠実かつ具体的な行動が必要だ」と述べた。同日午後の日本側の発言とほぼ同時間帯に言及された「中日関係を重視する」との中国側の 姿勢は、事件後初めてであり、日本との関係改善を図りたいシグナルを発しているようにも見られる。

 衝突事件の勝ちは、日米同盟か

 一方、中国に弱腰を見せたと日本国内で批判されている中国船の船長の釈放は、中国国内で大きな反響を呼んだ。中国国内の各紙やニュースサイトはトップ記 事で、中国の外交圧力が功を奏し、日本に勝ったと歓喜の声を上げている。しかし、米VOA中国語サイトは、中国は今回の「外交勝利」に慎重に対処すべきで あると専門家の注意を伝えている。

 日本在住の米中日比較政策研究所ベテラン研究員・楊中美氏は米VOAの取材に応じて、日本が中国側の船長を釈放するという妥協案を、日本が今後尖閣諸島問題と東シナ海の領土争議においても譲歩するだろうとのスタンスで解釈するのは間違いであるという考えを示している。

 楊研究員は、日本の新世代の政治家は民族主義色が強く、領土と主権問題において簡単に譲らないだろうと指摘している。「菅直人政権であれ自民党政権であ れ、次の事実は変わらない。つまり、釣魚島は日中間の主権問題に関わっており、しかも現在は日本政府の直接管轄下にある。釣魚島争議を解決するのは時間の かかる難しい問題であろう」としている。

 また、北京大学日本研究センターの沈仁安教授は、尖閣諸島沖の漁船事件は、日本をさらに米国寄りの方向に行かせてしまい、日本の今後の「親米疎中」の傾 向が更に顕著になると考えている。普天間基地問題で民主党は、当初主張していた、米国と距離を置くとの方針を方向転換させてしまい、今回の尖閣諸島問題に よって日本は完全に米国寄りになってしまったと同教授は見ている。

 一方、シンガポール国立大学の東アジア問題専門家・黄靖氏は、日中関係の破損により、中国は今後東アジアで更なる困難に直面するだろうと、米VOAの取 材に応じて次のように語った。「日中関係は近年改善される方向に向かってきたが、今回の問題で、これまでの努力が台無しになってしまった。今後日本は、政 府から国民まで中国に対してよりネガティブになるだろう。この意味で、中国は決して勝ったわけではない」

 黄氏は、日米軍事同盟の強化は、中国が東シナ海、黄海と南シナ海地域で勢力拡張を展開するにあたり、最大の障害になると指摘している。

 「中国国内の世論では中国は勝ったと見ている人が多くいるが、(その人たちは)この代価の大きさに気づいていない」と同氏は見ている。日中関係が緩和さ れ、日米同盟においては日本はますます米国から離れて独立する方向だったが、今回の問題で、日米の同盟関係を築くきっかけができたという。

 一方、今回の日中間衝突の結果、米国がアジアに戻り、アジア事務の仲裁役になったことから、中国の外交上の勝利というより、日米同盟の米国と日本が今回の衝突問題の実際の勝利者である、とフランス放送の中国語サイトが27日の記事で分析している。
(honyakuhenshuu/choubakaZhao Mojia)

メンテ
昨日の永田町イタコのご神託 ( No.258 )
日時: 2010/09/29 18:01
名前: 阿房の長命 ID:jvg35XBY

米国、中国、ロシアは、国民レベルの菅直人しか首相に選べないと、日本をバカにして、猛攻撃中だ
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken より転載

◆「イラ菅→逃げ菅→先延ばし菅→丸投げ菅←口先菅→欲ボケ菅→抱きつき菅→裏切り菅→転嫁菅(テンカン)→隠し菅→」とどこまでも無責任な菅直人首相である。

また再び「イラ菅」に逆戻りという。それでも「抱きつき」癖は、相変わらずで、小沢一郎元代表に抱きつき、鳩山由紀夫前首相に抱きつき、今度は公明党・創価学会に抱きつこうと、池田大作名誉会長がつくった「富士美術館」を突如訪問してみたものの、創価学会上層部も幹部は、1人も姿を見せず、「嫌われ者の菅」をさらけ出していた。

 菅首相は、一度は出席しないことにしていたアジア欧州会議(ASEМ)首脳会議(10月4、5日にブリュッセルで開催)に出席して、尖閣諸島とその周辺の領有権をアピールし、あわよくば中国の温家宝首相に「抱きつき外交」を行うつもりらしい。だが菅首相が、抱きつかれたい男と受け取ってもらえるか否かは不明。むしろ絶望的と見られている。
 
◆「財政オンチ(乗数効果の意味答弁不能)→経済オンチ→教育オンチ(過去に日の丸・君が代拒否→厚生オンチ(疾病=シッペイをシツビョウとしか読めない元厚相)→外交オンチ(中国、ロシアにパイプなし)→防衛オンチ(自分の保身にのみに熱心)→」と政策オンチが果てしなくし続く。

 だが、仕方がない。指導力も定見も識見も信頼感もなにもない菅首相を民主党代表に選んだ党員・サポーターも悪ければ、国会議員も悪い。最悪なのは、80%を超える支持率を与えた国民、これを煽った「みのもんた」さんはじめ、マスメディアの「拡声器」も悪い。

ここは、中国共産党1党独裁の北京政府の言いなり、成すがままに任せておくしか、菅政権は、成す術を持たない。「イラ菅」は、もはや「イカン→バカン」になっている。

◆朝日新聞は9月28日付け朝刊1面トップ記事で、中国漁船衝突事件で慌てふためき、狼狽し、「早くなんとかしろ」と怒声を張り上げて周囲に当り散らす「イラ菅」の醜態と「民主党には中国とのパイプがない」と漏らす仙谷由人官房長官の無策無能ぶりを報じていた。

米国、中国、ロシアは、国民レベルの菅直人しか首相に選べないと、日本をバカにして、猛攻撃中だ
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken

 中国通で知られ、太いパイプを持つ小沢一郎元代表は、仙谷官房長官の脳空間において「民主党国会議員」ではないらしい。「脱小沢」の急先鋒が、いまさら小沢一郎元代表に平身低頭してモノを頼めないのは、いわば当然であり、自業自得と言えよう。

 米国、中国、ロシア、米国は、国民レベルの菅直人しか首相に選べないと、バカにして、対日猛攻撃中なのだが、その小沢一郎元代表は、三宅雪子衆院議員の会合に姿を現したのをはじめ、いろいろ会合に精力的に出席して挨拶したり、東京都内のホテルに篭り、「菅政権崩壊」に備えて、「小沢政権構想」をじっくり練ったりしているという。

野党自民党が、菅内閣不信任案を10月1日から始まる臨時国会に提出すれば、賛成に回るだろう。菅政権の命運は、中国魚船事件で一気に尽きてしまった。後は、奈落の底に転がり落ちるのみである。

◆加えてロシア外交も、ここに来て破綻しそうな形勢だ。中国共産党1党独の北京政府、胡錦濤国家主席は27日、ロシアのメドベージェフ大統領と北京で首脳会談を行い、「第2次世界大戦終結65周年に関する共同声明」に署名している。

読売新聞は28日付けの朝刊「総合面」(3面)の「スキャナー」欄で「尖閣・北方領で中露共闘 声明 中国が提案」「『対日歴史認識』歩調合わす」などと分析、今回の中国漁船(工作船)事件が、この日のために意図的に起こされたという見方を強調している。

菅政権は、胡錦濤国家主席らにまんまと嵌められたのである。このたちの悪い術策に菅首相は身動きできない「缶(カン)詰め」状態にされているのである。こうなると、ジタバタしても仕方がない。

 おまけに、ロシア外交の専門家である鳩山由紀夫前首相は、閣外に置かれていて力を発揮できないでいる。

やはりロシア外交に熱心な新党大地の鈴木宗男代表(元北海道・沖縄開発庁長官=2島先行返還推進論者)は、東京地検特捜部による
「国策捜査」の餌食になり、特捜検事が描いたシナリオに合わせた供述調書が裁判所で採用され、

最高裁第一小法廷(金築誠志裁判長=仙谷由人官房長官とは東大法学部以来の知己)が、

控訴棄却決定、有罪確定により国会議員資格を失い、東京拘置所に収監へ。

塀の向こうに落とされたのでは、ロシア外交どころではない。この結果、国益が大きく損なわれることになる。
メンテ
馬鹿は死んでも治らない。前原外相を更迭せよ! ( No.259 )
日時: 2010/09/29 18:20
名前: 阿房の長命 ID:jvg35XBY

馬鹿は死んでも治らない。前原外相を更迭せよ!第二の偽メール(漁船ビデオ)疑惑
http://ameblo.jp/kriubist/ ライジング・サン(甦る日本)より転載

菅直人が首相に再任され組閣してからというものの、この国の内閣は組閣するごとに、そして日増しに幼稚&無能力になっていると感じるのは私だけだろうか。 代表選での異常と思える投票率の不正疑惑や、尖閣諸島問題の対応(ある意味米・中・日のやらせ)など、昔と比べたらバレバレとしか思えない動きや発言しかできていない。

というよりも、昔と比べればネットなどの普及により情報が即座に全国に伝わることや、過去の売国奴、犯罪者、米国が行ってきた世界の国々や国民に対してのプロパガンダは、ネットで頭が良くなった世界の国民には通用しなくなってきているのだろう。

しかしこのスーパー・エリートである米国の支配層を主体とした者たちが行う情報戦や戦略を見るときには、まず大きな視点で世界情勢をみていくことが重要である。 世界戦略の中では、例えば小沢氏の秘書が検察に逮捕されたとか、外国の要人が失脚したなどというのは、その世界戦略の中のごく1部でしかない。

尖閣諸島の問題も為替・貴金属相場ももちろんごく1部である。 

だから最初から大きな視点で見れない場合は、これらの細かい事件や問題を1つ1つ見て、それを繋げていけば次第に大きな事が見えてくるだろう。 前回も書いたように尖閣諸島周辺での中国漁船問題は、私は米・中・日で裏で繋がっている者たちの自作自演(インサイド・ジョブ)だと考えているが、NYの911テロの映像・写真での証拠や証言がいい例であり、この漁船が体当たりしてきたという「ビデオ」が真実を語るはずだ。

だからいい加減な対応や発言で国益を損なう位なら、さっさとビデオを公開すれば全てが解るのである。

しかし当時国交相だった前原(現外相)は、このビデオを見せようとはしない。 国会での質問でも自分が「ビデオで見た部分」とされる記憶?を「明らかに中国の漁船がぶつかってきた」としか表現していないのであり、偽メール疑惑で民主党を解党させるくらいの失態をした前原の言葉など誰も信じない。 信じる素振りをするのは菅内閣の閣僚だけである。

民主党議員や野党は、このビデオを国会の承認を得て、早急に公開させるべきである。 それこそが尖閣諸島漁船問題で日本国民が知るべき権利なのだ。 なぜ今もなおこのビデオを公開せず、コソコソと隠すようにしているのかといえば、やはりこれはヤラセ、自作自演、インサイドジョブだからではないのか?

おそらくこのビデオを公開すればは、第二の偽メール問題に発展するおそれが十分にあるのだろう。

歴史は繰り返すではないが、「馬鹿は死んでも治らない」という言葉は前原誠司にピッタリである。

また前原は国民に嘘もついている。 新聞などによれば、前原は(次期大統領)クリントン米国務長官が23日の前原誠司外相との会談で、「尖閣は日米安保条約の適用範囲である」と明確に述べたと言ったが、本当は米国は中立的立場をとると言っているのである。  これは米国は日中間で紛争などがあっても日米安保は適用しないと言っている事と等しい。 だからこのクリントンの一言というのは、”普天間基地が中国や北朝鮮への抑止力になっているということではない”と認めたに他ならないのである。

そして日本国民が理解していないことをいいことに、米国は「おもいやり予算の増額要求」「普天間基地辺野古移設」「グアム移設延期=日本に対して移設費増額要求」を当たり前のように押し付けているのだ。 そして今となってはオバマよりも影響力が出てきた次期大統領ヒラリークリントンのケツを舐めているのが前原誠司である。

これを一般的に例えれば、ホストが金目当て、貢がせ目当てで金持ちのブサイクで醜いおばさんや婆さんの夜のお相手をしていることと同じであろう。

国民の代表である国会議員は、尖閣諸島漁船問題のビデオ公開を国会で要求するべきである。

そしてもし漁船側が体当たりしてきたなどという事が映像で全く判断できなければ、即!前原誠司を更迭し、議員辞職させるべきである。 この前原売国議員がいかなる形で国会に居残っても、それは国民にとって有害なのである。  そして京都の有権者も今後はよ〜〜〜〜く考えて議員を選ぶことだ

メンテ
政治音痴、国際音痴のヤツラが政府中枢とはなあ・・・ ( No.260 )
日時: 2010/09/29 19:44
名前: 満天下有人 ID:GVlEJ5yQ

・・・単純野郎の前原は、いくら画策行為をやっても単純だから見え見え・・・

しかし仙谷タヌキを見ていると、よくもまあ詭弁を弄して政治家としての責任回避を、ここまでやるとは・・・市井で時に出会う誤魔化しオッサンと、何ら変わる所もない・・・

「まさか中国が20年前と同じ状態であるとは夢にも思わなかった、司法、行政それぞれに近代化された形態になっていると思ってこちらは、司法は司法としての措置を取れば、行政は後でついて来ると思った・・・こちらとしては、その点での学習が足りなかったのかな・・・」


・・・まあもう、批判する言葉も出て来ないな・・・記者会見でもバツが悪そうに、しかし詭弁を弄して自己弁護をやる三文弁護士風情が、よく読み取れた・・・

法廷での商売弁護士として、被告をどこまでも守る弁論ならいざ知らず、いやしくも国家戦略室長をやり、今や政府官房長官であろうが・・・

官房長官になる程のご仁が、この20年間で発達した情報収集技術もあるのに、中国が20年前と変わらない社会体制であったとは、知らなかったなどと無責任なことを又言い出す・・・いやしくも政府であろうが!いやしくも官房長官であろうが!・・・三文弁護士みたいな事を国家中枢でやってもらっているのではない!・・・

・・・それにしても中国が、三権分立以前の社会であるとは、どのツラ下げて言っているのか・・・中国以上に我が国は近代以前の体質であることが、次から次へと暴露されているのではないのか!・・・さような問題についてはマスコミは何も言わない・・・まさに中世欧州の時代と何ら変わる所は無い、それさへも気が付かない・・・

・・・まあ、気が付けよと期待する方がムリと言うものであろう、もし中国が更に「日本も誠意を示せ」との発言を続けるなら、恐らく空き菅は、前原外務大臣のクビ切りか官房長官のすげ替えで、事を収めるかも知れない・・・

いくら中国が軟化姿勢を示し始めたとは言え、何らかの「形」は求めて来るであろう・・・そうかそうか、菅、仙谷、前原程度のクビなら、いつでも持って行け!それで収まるなら、こちらも好都合というものだ・・・手間がかからずに助かるわな・・・

・・・しかし現実の制度では、多分このままの政権で次期衆院選までダラダラと続くのであろう・・・一重にも二重にも国民の予見、予知の無さが齎したことだから、耐えがたきに耐えて行くか?・・・バカバカシイったら、ありはしない・・・。
メンテ
烏合の衆に成り果てた、この国は・・・ ( No.261 )
日時: 2010/09/30 17:18
名前: 満天下有人 ID:zB3ORq8.

・・・自由と民主主義を模索中なのか、この日本は・・・

・・・中国漁船逮捕問題を巡る国会質疑を聞いていると、何のために何をやっているのか、最終目標は何なのか、そこに至るプロセスを議論しているのか、クリーンを標榜する菅直人の、実に清く正しい手順を踏んでいると評価すべきなのか・・・しかしどう見ても、順序の間違いによって波紋が広がったとしか思えない稚拙な事件である・・・

・・・何故こんなことになったのか、菅直人が、自由と民主主義を勝手に解釈し、万人による万人の政治、つまり全員参加型の政治を唱えたものだから、それぞれが勝手に動き、国土交通省による漁船逮捕の指示があり、法務省は法務省で国内法に基づき、粛々と処理する・・・外務省はあなたがたがそう言うなら、そうせいと目を瞑る・・・民主党内はまた、松原や長島議員が、遠交近攻を唱え中国を攻めろと言わぬばかりの決起・・・

菅は菅で、行かぬと言っていたアジア欧州会議に行って、中国の非を世界に告げると言い、前原は国会で、領土問題と言うならそれなりに、では過去の経緯をアピールしたことがあったかと問われると、その点は足りなかったと言い出す・・・仙谷は中国が20年前と同じ状況であることを知らなかったと言う・・・

細川議員が密かに?関係修復に訪中・・・すると内閣は知らないと言い出す・・・

・・・自由と民主主義、それを政党内、内閣内に広げて好き勝手にやった場合、いかなる状態が起こるか・・・無政府状態と同義語の状況が生まれて来る・・・

一体何をしようとしているのか、この内閣は・・・そこらの町内会で揉めることとは、本質が全く違うのに、やっていることは町内会以下である・・・だが、それを止めさせることも出来ない・・・

世論調査が一つの圧力になるのだが、小沢追い落としにはあれほど頻繁に調査をやっていたマスコミはピタリと音なしの構えだ・・・かろうじてNIKKEI NETが小さく菅内閣支持率59%から38%に急落、ライブドアネット調査が、菅内閣は政権を返上すべしが80%あったと言うだけだ・・・

・・・一国の政治を行う場合、あれも自由、それも民主主義という訳には行かない筈だが、それでも理想を追求したいがために、その一里塚として、それぞれが思う行動を取ったと言う哲学が根底にあるなら、それぞれが信念に従ってやって見ればどうだ・・・

菅が、欧州会議でも中国の非を唱えたいなら、そうすれば良い、ビデオ公開して外の国との軋轢が解消できると最終目標を持ってのことなら、おやりになったらどうか・・・中国のサインもブラフであるとの信念があるなら、その結果も視野に入れておやりになったらどうか・・・お前さんたちが言うクリーンで自由で、民主主義の理想達成のために・・・

・・・しかし、どここからどう見ても、「何の為に、何をどうする為に」という目標がさっぱり見えない・・・領土権を明確にするためにという、一つの目標でもあれば良いのだが、それに関しては既にこちらの領土であえると言うだけでは、話にならない・・・

・・・烏合の衆の国に成り果てて、しもうた・・・。
メンテ
民主主義とは ! ( No.262 )
日時: 2010/09/30 22:31
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:yYb25.VU

1億のソクラテスが1億の国家を語るとき

それは哲学でもなく

国家でもない。

それを価値観の多様性だの

主張の自由だ、民主主義だのと

喜んでいるものに

明日の明かりはなく

おのれたちの行くべき方向をしめすリーダーも望まず

ただ時間が過ぎ去るだけ

リーダーを失った衆愚の鳥は

大空へ飛び立つ気力をなくし

やがて1羽1羽と海の藻づくと消える

民主主義とは考えよう

使いよう。

メンテ
領土を失う日本 - 孤立の事実を報道しないマスコミ ( No.263 )
日時: 2010/10/02 18:30
名前: 阿房の長命 ID:3jzCEwU2

中露に包囲され領土を失う日本 - 孤立の事実を報道しないマスコミ
http://regimag.jp/b/sample/list/?blog=51 より転載

日本のマスコミが再び反中プロパガンダの絶叫を始めた。
2年前の北京五輪の際の騒動で終わったと思っていたし、民主党への政権交代があり、ようやく日中友好の方向に転換したと安堵していたが、それも束の間、結局、内政だけでなく外交まで、全てが小泉時代の暗黒に戻ってしまった。

思い出すだけでも憂鬱で、神経衰弱になるあの時代。安倍晋三とアーミテージが外交を仕切り、中国と韓国を卑劣に挑発し、マスコミが国内世論を右へ右へドス黒く塗り固めていた時代。

まさか、菅直人が首相になった政権で、こんな事態が起きるとは夢にも思わなかった。TBSのワイドショーに出演した森本敏は、ケ小平の「棚上げ」は、日本の実効支配を認めるという意味だと言い、前原誠司の暴走措置を正当化する詭弁を言い放っていた。

日本による尖閣諸島の実効支配を認める「棚上げ」の意味は、中国漁船の拿捕や乗組員の逮捕までは含まない。そこまでの排他的な主権を日本に認めたわけではない。

中国側はあくまで主権を留保している。だからこそ、船長の釈放も日本側が法的判断の下に行っている。

「実効支配」が森本敏の言う意味なら、船長を釈放する検察の判断は論理的に導出されない。この場合、日中間の国際法は「棚上げ」の合意であり、ケ小平の東洋的知恵こそが国際法だ。

つまり、「棚上げ」という国際法を破った非は日本側にある。マスコミは、右翼論者の森本敏の詭弁と詐術で視聴者を洗脳し、国民のナショナリズムを煽って中国憎悪の国民感情を燃焼させている。
メンテ
有言実行政府与党の対決姿勢・・・ ( No.264 )
日時: 2010/10/02 20:31
名前: 満天下有人 ID:I.v3gczc

・・・菅直人は国会所信表明で、言葉で言ったことは必ず実行すると宣言・・・

尖閣が日本固有の領土であるとの有言、それを実行すれば、その先にあるのは中国艦船との戦火しかない・・・ロシア大統領は天候悪化の為、北方四島には行かなかったが、外交抜きに固有領土を主張するとここも戦火が待っている・・・

・・・まさしく昭和13頃の様相と同じ状態になって来た・・・と言うより下記枝野副幹事長の言葉からは、再び冷戦時代に時を戻すことを、日本が態々音頭を取り始めたということであろう・・・
『NIKKEI NET』
「 民主党の枝野幸男幹事長代理は2日、さいたま市で講演し、尖閣諸島沖の中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件について「中国との戦略的互恵関係は、外交的な美辞麗句だ。中国はあしき隣人でも隣人は隣人だが、日本と政治体制が違う」などと中国側の対応を強く批判した。
 枝野氏は「政治的システムや、法治主義、人権に対する考え方を見ると、日本と米国のような同盟関係を中国との間で期待することは間違っている」とも指摘。「法治主義が通らない国だという大前提でお付き合いしないといけない」と語った。
 中国河北省でフジタの日本人社員4人が拘束された件を念頭に「中国に進出する企業、取引をする企業はカントリーリスクを含め自己責任でやってもらわないと困るなどと、不測の事態に備える必要性を強調した。」

・・・今さら初歩的なことは言われなくとも、中国の状況は分かり切っていることではないのか・・・それを企業に対し、自己責任でやれ、後は知らぬとは、こりゃもう政府与党が“断交”を前提にして対決姿勢を強めることを宣言している以外の何物でもない・・・

冷戦時代が終わり、アメリカといえども、もう思想的体制を非難することから外交はやっていない、政治体制が違うことは承知の上で、何とか互恵促進を・・・(と言っても大金融資本の思惑はあるのだが)・・・という観点から中国と接している・・・

・・・だがこの枝野の姿勢は(長島及び松原議員と共に)、あの冷戦時代における米国の言葉を彷彿とさせるものがある・・・そして彼らの総取締役である菅直人は、言ったことは必ず実行する、有言実行を政策の基本思想に置いた・・・

・・・こりゃ、どういうことになって行くのであろうか・・・枝野及び同じ世代の勇ましい党員、そして経験のない国民、これが一体化したらどういうことになるか、分からんのであろうか・・・
・・・老練老獪さも無い我が国・・・紀元は何千年になろうか、長い歴史で培って来たものは、老練さでなく、ガキ根性だけだったのか・・・何だかだ言っても英国を始め、古い国は老練だ、中国とてその根はある・・・。

しかしまあ、戦中陸軍なら言うこともなるほどと思えるのだが、まさか民主党が極右政党であるとは夢にも思わなかった・・・世界最高のダマシ高等戦術集団だったのだ・・・陰謀論からすれば史上最高の陰謀として歴史に残るであろうな・・・

・・・しかし結果を見ると、単純そのものだな(笑)、ダマシのテクニックもガキレベルということか・・・。
メンテ
「小沢氏を有罪とする証拠はない」大林宏検事総長 ( No.265 )
日時: 2010/10/04 07:44
名前: 阿房の長命 ID:rEohT6ns


大林宏検事総長「小沢氏を有罪とする証拠はない」
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1165.html より転載

検察審査会が小沢氏について、今後いかなる判断を下しても、大林宏検事総長 が「結論として不起訴処分を行った。」と記者会見の場で明言している事実は重い。

大林宏検事総長のネット上での評判はともかく、検察庁のトップにいるのは間違いなく大林宏氏である。

マスコミは小沢氏の「政治とカネ」の問題を大きく報道するが、大林宏検事総長の不起訴に至った発言を、なぜどのマスコミも大きく取り上げないのか?


マスコミ等でいろいろ書かれているが、
小沢氏は嫌疑不十分だったということ。
公判請求し、有罪を取るための十分な証拠がなかった。
起訴しなかったのは、証拠判断以外何ものでも無い。


大林宏・検事総長が昼食会で「国民の司法参加と検察」のテーマで話し、質問に答えた。
メンテ
官邸占領! 陰の総理は「赤い後藤田」仙谷由人 でござる ( No.266 )
日時: 2010/10/04 09:41
名前: 阿房の長命 ID:rEohT6ns

官邸占領! 陰の総理・「赤い後藤田」仙谷由人 でござる
永田町に「新・妖怪」現る 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/1304 より要旨転載

ブレる菅を2時間説教
もちろん菅首相も例外ではない。宿敵・小沢一郎を追い落とし、もはや敵する者はいない。「仙谷支配」の幕開けだ。「長妻は野党がふさわしい」

 菅直人首相が小沢一郎元幹事長を打ち破り、新内閣を発足させた当日のこと。

厚生労働大臣はクビになり、党筆頭副幹事長に「降格」された長妻昭氏だ。

関係ないから。目を泳がせながらそう語る長妻氏。長妻氏は動揺していた。それが、仙谷由人官房長官である。

いずれにせよ、9月17日に発足した改造内閣において、菅首相は「何一つ」決めてはいない。決めたのは、すべて仙谷官房長官だった。

菅首相は小沢氏という強大な政敵を打ち破るため、反小沢派の担ぐ御輿に乗った。ではその糸を、裏で傀儡師のごとく操っている者は誰なのか―それこそが、仙谷氏その人である。
 9月14日夜、菅と仙谷、両者の関係を象徴する場面があった。代表選勝利の余韻が残る中、菅首相は公邸において、仙谷氏とサシで向かい合っていた。

小沢さんのほうからも、人材を登用したいが・・・」

 菅首相は小沢氏側近の何人かを入閣させるつもりでいた。 
ところが、これを聞いた仙谷氏は激怒して、首相のプランを一蹴した。仙谷氏は頑としてクビを縦に振らなかった。そして延々2時間に及ぶ、仙谷氏による説教が始まったのだという。

「そもそも小沢は、菅政権に協力する気など毛頭ないよ」 

仙谷氏は代表選の最中、首相が小沢氏懐柔のために、「仙谷のクビを切る」という交換条件を呑もうとしたことに、拭い去れない不信感を抱いていた。

「菅はもうアカン」
 結局、首相は何も言い返すことができず、「すべて」を仙谷氏が仕切ることになった。
そう見せかけて、実態としては「仙谷由人政権」が誕生したのである。

「その犠牲者第1号が、長妻氏ということです。長妻氏は鳩山政権ができた時に、『やらせてくれ』と懇願して厚労相になりましたが、本来、そのポストには仙谷氏が就任する予定でした。仙谷さんはずっとそれを根にもっていた」(民主党中堅代議士)

長妻氏を憐れみ、菅首相は首相補佐官としての起用も考慮した。しかし、それすら仙谷氏によって握り潰された。 

ただもちろん、この「岡田幹事長」就任も、仙谷氏の描いたシナリオだ。民主党ベテラン代議士がこう話す。

「首相を見限っている仙谷氏は、すでにポスト菅の布石を打ち始めている。
もし連立に失敗して菅政権が飛んだ場合、岡田氏は一蓮托生となって、ポスト菅の目はなくなる」 

だが菅政権が潰れたら、官房長官の仙谷氏も、当然「同罪」になるのではないか。しかし、それはまったく問題にならないという。

「仙谷氏には、前原誠司氏というカードがある。すべての人事が仙谷氏のシナリオに則って進行した」

民主党の議員たちは、剛腕・小沢一郎に代わる、新たな「恐怖支配」の担い手・仙谷由人の突然の登場に戸惑い、恐れ慄いているからだ。

「仙谷さんのせい?」 私は仙谷さんととても仲がいいし、怒鳴りあえる仲。仙谷さんは非常に優秀ですよ。長妻氏がなぜこうも仙谷氏を持ち上げるのか、その背後にあるのは、「気づいたら誰も逆らえなくなっていた」という、仙谷氏に対して感じ始めた「恐怖心理」だ。
でも仙谷体制下でそれはない。仙谷氏は確かにカミソリのように切れる。 

代表選ではこの仙谷氏に敗れた小沢一郎元幹事長は、いま捲土重来を期している。
小沢派議員の一人は、小沢氏を起訴することは難しくなった」 前出の小沢派議員はボスの復活へ自信を深める。しかし、迎え撃つ仙谷氏には、何の抜かりもない。

「一新会(小沢派)会長の鈴木克昌氏や、側近の樋高剛氏、松木謙公氏らを激務の副大臣や政務官にしてしまい、小沢氏の身辺から引き剥がした。それくらいは誰でも思いつくが、仙谷の施した策は、それだけじゃない」(民主党幹部)

その理由の一つに、『専用車がなくなる』というものがある。
仙谷氏はいま64歳だ。「大いなる野望」を達成するため仙谷氏に残された時間は、後藤田氏が望んだほど長くはないが、短くもない。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存