ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[99] 高山 渚 さんのスレッド <官僚論・東大論
日時: 2009/08/29 20:24
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2900  日本の教育の見直し 
□投稿者/ 高山 渚 -(2008/02/10(Sun) 11:27:01) [ID:xRpRbi5Z]

親記事
引用
日本の教育は一日でも早く革命的改革が必要な国家事業だと私は思います。

日本の教育は入学試験に合格するための受験教育に過ぎません。そしてその弊害を象徴的に示す最近の新聞・雑誌の記事を二つあげてみます。

一つは、日経新聞でJFE(日本鋼管と川崎製鉄の合弁)が官需減少のため海外からごみ処理プラントを受注したところ受注に見合う技術レベルが追いつかず大幅の赤字損失を計上した。また石川島播磨重工の発電用ボイラーも荏原の廃棄物処理施設も結局、見積もりに見合う技術的裏づけがなく海外受注したものの解約や工事の遅れで大幅な損失を出しているというものです。

もう一つは、週刊文春の記事で、千名の女性からみた嫌いな大学アンケートで、1位東大176票、2位早稲田138票、3位慶応89標、4位京大29票で、その理由はいずれも「自分は頭が良いという自己中心的価値観」ということに集約され、いずれも自分の同門と群れを作っている(企業や官庁にはびこる学閥の原点)という指摘です。多くの大学卒がいる中で、京大は除外できても、上位3校は10%以上の人が不快に感じ、少なくとも尊敬されない人間集団であり、この国の難関校なるものの教育の実態を極めて良く示す証拠でもあります。

この一見全く無関係に見える現象こそが、喫緊に革命的な改善を加えなければならない日本の教育の姿を表しています。そして入学試験の点数の高さのみに関心を奪われた難関校の当事者自身が、入試点数が高ければ我が校は超一流と鼻を高くし、自分の学校の教育内容などどうでもよいという極めて愚かで低級な、これを愚劣と言いますが、愚劣人間によって日本の教育が荒廃させられていることを私たちは確認することができます。

最初の記事は、戦後の日本の高度経済成長を支えたものが高品質の製品製造を可能にした技術教育、職業教育を受けた技術者でした。しかし、この30年間の間に難関東大を頂点とする受験教育にこれらの生徒が巻き込まれ、内容のない大学教育の犠牲になったことを示しているのです。

日本の労働生産性を見ると、いまや先進30カ国中19位です。大学卒が多い第三次産業のサービス業は最下位なのです。しかし製造業の第二次産業がアメリカに次いで第2位なので、全体で19位にとどまっているに過ぎません。日本を支える産業が農業などの一次産業や製造業の2次産業であるのもかかわらず、受験名門合格を最優先させる教育改革などまさに狂気の沙汰であることを申し上げたいと思います。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.1 )
日時: 2009/08/29 20:51
名前: 天の橋立の愚痴人間

■1985  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/07/26(Thu) 14:54:54) [ID:qk5XCOsO]

Res13
引用
2007/07/26(Thu) 17:18:41 編集(管理者)

「我が国のことをかえり見るに、明治維新を契機に民主主義の世界へ踏み出していらい、先の大戦までの数十年間は、伝統的、御上体質はあったものの、総じて行政機構(官僚は)欧米諸国に負けない国を作る事に精をだし、その意味で国民の側に立った経営を行ってきた。」

天橋立の愚痴人間さん、こんにちは。

私は技術屋で政治・経済の知識に疎いのですが、日本の国の政治が嘘と利権にまみれてきた原因について、考えてきました。ご指摘のように、その根源は官僚の腐敗にあると思います。 いや、清潔で高邁な官僚が腐敗したのではなく、最初から日本の官僚は腐敗するように育成されたのです。

近代的国家運営のために、官僚ならずとも国家有為の人材を教育し、輩出することが近代高等教育における最も重要な課題でした。すなわち教育は国家100年の計でありました。 しかし日本ではそれがうまく機能しなかったのです。しかも旧世代の価値観に支配された腐敗なら、教育によって新しい世代、新しい価値観・倫理観を育成することで克服できたはずですが、日本の教育ではそれが出来なかったことを意味します。

日本の政治腐敗や国家としての後進性は実はこの日本のエリート教育にあったと私は考えています。つまり日本の政治の腐敗の原点は創立順に陸軍士官学校、海軍兵学校そして東大なのです。いずれも当時、超難関という教育機関の名門中の名門でした。

明治維新から日露戦争までに至る日本の近代化は、藩閥政治という腐敗を抱えながらも近代教育を受けない世代に担われてきました。 日本の高等教育は藩閥政治や士農工商という旧弊を克服するために意味があったかもしれませんが、継ぐべき財産を持たないけれども学業に覚えのある旧士族や有力農家の次男、三男が立身出世を目指してこの難関に挑戦したのです。

そしてこの教育機関は入学試験や学業成績を重視し、点数の高低により人間の頭の良し悪しの順位を決めることに使われました。 日本の知性はこの時から入学試験の点数で決定ずけられるようになり、それが人物評価の絶対的尺度となったのです。 日本の国家が腐敗する原点はここにありました。

頭の良い人間が決めたことに一般の国民は文句が言えなくなりました。 そしてこれらの高等教育機関とその生徒達は、国家を、そして国民を睥睨し、自らの立身出生にのみ強い関心を抱くようになったのです。 

山本権兵衛首相は成人後に教育を受けた受験世代ではない首相でしたが、極めて優れた政治家でした。 しかし山本内閣は、中堅幹部になりつつあった陸士、海兵出身の軍事官僚の汚職によって崩壊したのです。 日露戦争以後、軍事官僚に東大出身の官僚が加わりますが、日中戦争の遠因となる近代外交史上でも恥ずべき、「21か条の要求」は東大首席の加藤高明外務大臣(後に東大出身の最初の首相)が世界第一次大戦のドサクサに紛れて中国に突きつけたものでした。

彼は三菱財閥の娘婿でもあり、国家と財閥企業との癒着と、それを取り持つ高級官僚の腐敗を象徴する人物だと思います。このように、日本の構造的な汚職政治は近代日本の高等教育機関が育んだ天下の秀才達により始められたのです。

敗戦により軍隊は解体されました。しかし東大と文官官僚組織はそのまま残されたのです。いま、日本の教育が危機的状況にあると思うのは、学力低下でも、教師力の低下でもありません。 センター試験という新しい道具で大学のランキング化を行い、日本人の知性を依然として試験の点数で序列化しようという考えが残っているために、本当は世界に誇れる日本の子供達が不毛で、構造的汚職に結びつく受験勉強に支配されていることです。

日本人には根深く刻み込まれている価値観でしょうが、これは立身出世の競争を煽り、刻苦勉励の代償に汚職を容認する恥ずべき国家に陥ることに早く私達日本人は気づくべきなのです。

この問題を政治腐敗の原点という課題で、投稿させていただきます。

メンテ
Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.2 )
日時: 2009/08/29 20:52
名前: 天の橋立の愚痴人間

■1998  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/07/28(Sat) 21:42:56) [ID:iwi1DXGY]

Res19
引用
「政治や官僚の糾弾の手を休めるものではありませんが、人類の新しい命題を探し流布させる流れがどの様なものであるのか考えていただけませんか。」

私が思うこの国の理想は、人類の新しい命題、それを私は「民族の共生」「国家の共生」という言葉で表そうと思ってきましたが、奇妙な人間が「共生党」という言葉を使ったために、使いにくくなりましたが、この命題を実現する世界のリーダーになることだと考えています。今、思いましたが「共存」の方が適切かもしれません。経済発展も、宗教も、そして生活習慣や水準も異なるこの地球に存在する全ての国家が、地球を守りながら共存することを推進するリーダー国家、それが日本の理想です。

歴史を振り返りましょう。中国大陸が西欧列強による植民地化に晒された時代、恐らく日本は極東の最も未開な国家に過ぎませんでした。しかし、近代教育なしに、富国強兵に勤しみ、日露戦争を戦い、中国のアフリカ化を阻止しました。西欧の植民地の下で喘ぐアジアの人々を勇気付け、彼らの激しい独立への希望にリアリティーを与えたことは間違いありません。この時代に、一人でも良いから、幕末に生きた破格の日本人の資質を持つ政治家か官僚さえいれば、日本は大東亜戦争から太平洋戦争へ至る余りにも愚かな国家破綻などせずにすんだのです。しかし、日本の難関教育はいつの時代の日本にも出現した破格の人間を一人も育てることが出来ませんでした。難関教育の中にいた有為の人材すらこのシステムは壊してしまったからです。

でもどうでしょうか、一面の空襲をうけ、原爆の惨禍で壊滅した日本は、難関教育とは無縁に再生したのです。BRICが台頭して来たといいますが、科学技術や工業製品は日本のものなしにこれからの発展は望めないと思います。環境保全、省エネ技術、無策の農政により壊滅的な日本の農業でさえ、難関教育とは無関係にその技術は世界でも破格なのです。しかし、この優れた日本人の資質を壊しているのが難関教育なのです。日本の優秀な子供はたくさんいます。日本の工業といわず農業でも商業でも、難関受験などと無縁に公平で自由に教育してあげることです。そして技術や技能とともに高い理性と自信を与えてあげればいいのです。必ずアジアではリーダーになれるでしょう。優れた日本人を教育、育成するということが実践できる大学ならどこの大学を出てても良いのです。

私は東大出ではありませんので、東大に通った人間の話をします。彼は高校のとき、全国レベルで物理が得意でした。希望は「元素を変えられるか」の研究だったそうです。しかし、文学や歴史、国語は余り得意ではありませんでした。それでも一生懸命勉強して東大の理科1類に入学したのですが、駒場での生活が悪かったので成績が悪く、留年も経験しました。専門を選ぶ時に、物理学科は勿論、理科1類の学科には進めず、理科2類の農業経済へ進むことになりました。東大に限らず、学問の序列さえ時には試験の成績で評価されることがありますが、理科系では物理、数学、化学の順に点数が高いから高尚で、理2の農学、薬学などの実学は低レベルと学生だけでなく、教師までもが信じて疑わない時代でした。今は人気が変わっていますかしら? 薬学や獣医が難しいので、高尚な学科らしいですね。

東大に入学できる天才が何人いるか分かりませんが、入学できたとしても本当の天才は東大の教養教育など馬鹿らしくて真面目に学校などへは行かないでしょう。アインシュタインなど東大の物理学科はおろか、入試にすら合格しないと思います。東大で満足するのは法学部政治学科に進んだ連中であり、それも大蔵省とか外務省に合格した人間が東大では最も尊敬されるのです。昔は一高東大が絶大な権威を持っていました。それ以外は、わずかな点数で序列を意識し合います。逆に東大ならどこでも良いという人間も大勢います。ライブドアの堀江さんは文学部宗教学科中退ですが、かの天才がこの学科を本当に志望したのかどうか、恐らく宗教学に興味は無かったのではないでしょうか。経済学部とか数学科へ進ませれば異能の研究家でマイクロソフトのビルゲーツのような本当のアントレプレナーだったかも知れません。

今では、官僚への風当たりが強いし、官僚になっても儲からないから医者にでもなろうかが主流なのではないでしょうか。それからなんで難関大学が優れているのでしょう。理由は一つ、昔は在野精神で東大の横暴への義憤を共有していた早稲田や慶応が財界や政界に既得権益を持つマフィアを形成するようになったからです。頭が良いという証明書がこの国では大変重要であり、経済マフィアの彼らには難関という栄誉が絶対に必要だったのです。ゆえに、早稲田の総長が付属小学校の入学寄付金300万円を「将来を考えれば決して高くないですよ」という発言になるわけです。

軍部独裁となった時代にあって官僚出身代議士が沈黙する中、粛軍演説を敢行した斎藤隆夫や満州放棄を主張した石橋湛山などの早稲田の先輩はこれをどう思うでしょうか。世界に誇れるはずの有能な日本の子供達をスポイルして、やれフリーターやプー太郎だと言っているのも、腐敗官僚のみならず、大企業の幹部や或いは日本人の多くに蔓延する陋劣な人物評価観も知性も、全てはこの明治以来の入試教育に由来していることをご理解いただければ幸いです。


メンテ
Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.3 )
日時: 2009/08/29 20:53
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2008  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/07/29(Sun) 15:48:48) [ID:iwi1DXGY]

Res21
引用
公務員改革法は渡辺喜美行革大臣が反官僚の観点から天下り規制を目的として作られたものですが、その文言の趣旨どうりになるかどうか、疑わしいのです。渡辺さんが官僚を含まないスタッフでこれを作らせたかどうか不明ですが、東大法学部卒の官僚の腕の見せ所が実はこの法案作成なのです。この作成手続きが実に複雑怪奇な慣行があり、作成極意を知るもの意外に手は出せません。従ってその文言にはいかようにも落としどころとかいう専門用語で異なる主旨も込められます。それに国家公務員法という法律もあり、人事院も絡んできます。こうなると、よほど明確な主旨に表現したり、関連の法律も整備しない限り、今までの骨抜き操作は簡単に行われます。次に示す日本国憲法を参照下さい。

第15条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

この憲法の条文から言って官僚の腐敗は起こらないはずです。私達は国民の手で不適切な官僚は罷免できると考えますが、これは主に選挙される公務員(代議士、首長、議員)にしか当てはまりません。17条は不法行為によりとありますから、各省庁の法律に従って行ったといえば、何ら官僚の責任や国の責任が問えないのです。それから法律に従って賠償を求める途中で、何十年もかかるかもしれません。これはどの様なケースにも当てはまります。痴漢行為の現行犯などという刑法犯で無い限り、憲法で謳われても私達国民は不適切な公務員一人の責任すら問えない現実に突き当たります。

第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

この憲法22条は、これからフルに公務員により活用されるはずです。
外務大臣になった田中真紀子さんが伏魔殿の外務省を改革すると宣言して人事介入しました。任命権者が罷免だと言っても、当の事務次官が居直って不当を叫べば、容易に罷免すら出来ません。行政の混乱や停滞という大儀名分により、小泉首相により喧嘩両成敗で両者が更迭されました。このときの外務事務次官がひげの野上義二(現イギリス大使)で、問題は今、アメリカ大使をしていて「従軍慰安婦謝罪法案」撤回を「イラク政策不支持」で恐喝したと話題を提供している加藤良三の処遇でした。彼らは前任の川島次官、加藤紘一代議士らと、日比谷高ー東大ー外務省の同窓生なのです。


メンテ
Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.4 )
日時: 2009/08/29 20:54
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2016  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/07/30(Mon) 21:10:36) [ID:iwi1DXGY]

Res25
引用
天橋立の愚痴人間さんの欄に居座って申し訳けありません。すこし言い訳けをさせて下さい。
私はniftyにあった文芸春秋の日本の論点に投稿欄がありましたので、そこに何回か教育のテーマで投稿しておりました。そのうち何の理由か知りませんが、開店休業になり、私ばかりでなく他の方の投稿も掲載されなくなりました。それでもう1年以上、投稿の機会がなく、あきらめておりましたところ、偶然、このサイトに出会ったのです。

その間に、拙いIT検索技術でしたが2ちゃんねるを見る機会があり、教育の分野では大学入試ランキングだの、それをネタに他人を誹謗中傷、侮辱する言葉の氾濫に驚きました。私達が受験していたころには、心では思っていたのかもしれませんが「お前の大学は低レベル」とか「低レベルの大学生に言われたくない」ということは口にしなかったように思います。

今、私もこの国の腐敗と同様に日本の若者の不健康を心配しますが、この価値観は実はとても古く、私達も共有して来た、やはりこの日本の教育と無縁ではないと考えてきました。そして日本の後進性は、考えて見れば日本の教育で最も優れた教育機関から発しているのではないか、そこからこの国を検証したいと考えたしだいです。

貴方のアメリカ合衆国の欄にケンタロウさんという方がスウェーデンの教科書の詩文を紹介しているのを読みました。大変大きな意味のある言葉です。例えば、

殴られて大きくなった 子どもは
力にたよることを おぼえる

賞賛をうけた 子どもは
評価することを おぼえる

フェアプレーを経験した 子どもは
公正を おぼえる

国家に飼いならされた 子どもは
他者を飼いならすことを おぼえる

この言葉は人間の陥りやすい状態を示唆する重要な意味を持っています。「校内暴力やいじめ」「幼児虐待や家庭内暴力」などを起こす人間の多くが、過去に自分もそのような状態に置かれた経験をもつことが高頻度に観察されることが医学的にいわれています。美談として子供のとき親から激しい暴力を受けた子供が成人して自分の子供を持ったときに、いくら貧しくても自分が経験したことは絶対子供にはしない、という方もいますが、その方はよほど優れた人格を授かったか、或いは大変良い教師か医師にめぐり合い、精神的に癒された経験を持つかのいずれかだと思われます。

私の主張は、この詩文に続けるなら「尊大な教師に教育された子供は 他者に尊大に振舞うことを学ぶ」ということの検証になります。これが私のこの国の腐敗をもたらした一つの要因であることを考察してゆきたいと思っています。

専門家でもなく、文才にめぐまれてもいない者が、しかし物言わぬ多数の中でこんなことを考えているというメッセージを発すことが大変重要な意味をもっていると考えています。そのうち、このような取り組みから、すばらしい天才作家が現れて、これらをヒントに日本人の心を揺さぶり、日本の政治を変えるほどの文学作品が生まれることをかすかに期待しています。それで、稚拙は否めませんが、自分の研究発表のような思いで、参加させていただきました。
別の欄を作ったほうが良ければアドバイスをお願い致します。

メンテ
Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.5 )
日時: 2009/08/29 20:55
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2158  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/09/01(Sat) 14:05:55) [ID:xRpRbi5Z]

Res29
引用
年金をあてに出来ない者として、貧乏暇なしで仕事しており、本欄も読めませんでした。
nyanfoさんが教育関連の情報を提供されており、私も続きます。

さて本欄の「政治と官僚」というテーマは日本では「国家腐敗の構造」という言葉で表現されると思いますが、それが日本の東大を頂点とする教育とは呼べない「利権者選別教育」であり、「点数難関主義教育」にあることを問題提起し、その改革がこの国を正す一つの方法論であることをめげずに主張して行きたいと思います。

このことを実感したのは、10年ほど前でしょうか。まだ介護保険制度は始まっていませんでしたが、年金破綻、医療保険破綻の危機が意識され、「少子高齢化」問題が深刻な姿を現したとき、当時の厚生省事務次官が老人福祉施設の理事長と癒着して高級マンションや自動車をおねだりして逮捕されました。この国の崩壊の兆しを前にして、この行政当事者の姿ほど浅ましいものはありませんでした。傲岸不遜に振舞うこの国の官僚がどういうものかを示してくれました。この光岡事務次官は2年浪人して東大法学部を卒業した者ですが、旧大蔵省や旧内務省の次官は東大法学部卒以外はなれない掟があり、いくら優秀だとしても早稲田などの私立は勿論、京大などの旧帝大系国立大キャリアでもなれません。東大経済だって危ないのです。作家の堺屋太一さんは通産省を中途で辞めましたが、本人じゃないと分かりませんが、彼は東大経済で次官の目がなかったからも辞めた理由の一つかも知れません。光岡の厚生省は旧内務省なのです。

日本の教育は育んだ官僚達により一度、この国は破滅しました。そして戦後に生きながらえた同じ官僚達が作った自民党とその下で暗躍する現役官僚達により、再びこの国は破綻の淵に立っています。社会保障制度や財政破綻だけではありません。高度成長を支えた地場の製造業、そして日本の農業や医療すら、崩壊の危機にあります。自民党政府に依存して利益を得てきた企業や地方の自営業者は、決して過半数ではなかったけれど常に自民党が第一党になる投票を続け、自らの利権を守ってきたのです。これを最近やけに喧伝される「官民協力体制」にちなみ「官学財民腐敗の共同体」と呼ぶことにしましょう。この構造を支えた病巣こそ東大を頂点とする「点数利権主義的選抜教育」であると考えたわけです。

私の次の見出しは「ああ玉杯に花受けて、栄華の巷低くみて、天上天下唯我独尊」ということで、東大で教育した者、卒業した官僚の業績評価を試みようと考えていましたところ、出張先の本屋で立ち読みしていましたら、新潮文庫の「東大法学部」という本が目の前に現れました。著者は一高寮歌「ああ玉杯に」の作詞者をお祖父さんにもつ水木さんという方で、結論的には私と同じく東大法学部批判なのですが、一高寮長のお祖父さんのぬくもりを感じさせる「東大法学部への挽歌」という印象も持つ本でした。東大の成り立ちについて、私の理解と少しずれますが、資料として参考になりました。

「ああ玉杯に花受けて」は「天皇から国家隆盛の運営を嘱望されて」、「栄華の巷低く見て」は「世俗の栄耀栄華などには興味なく」というのが正確な意味だと思いますが、「天皇国家から権限を与えられ、社会や人民を見下して」と解釈すると次の「天上天下唯我独尊」という言葉に続き、明治期以降、この国を壟断してきた一高東大官僚の姿になり、それが今日まで続いているこの国の可及的速やかに切除が必要な病根像になると私は考えていました。

「尊大な教育を受けた生徒は、尊大に振舞うことを覚える」の仮説に基づき、まず教師側として東大草創期の外人教師、それから東大教授としては日清戦争の火種になった竹添進一郎、辛亥革命の孫文の革命資金を猫ババしたといわれる中村弥六、被害者か加害者かは分からない卒業生の外交官小村寿太郎、牧野伸顕、東大卒首相の加藤高明、城山三郎さんの「男子の本懐」の浜口雄幸や井上準之助などについて、次の機会に検証したいと思います。
 
メンテ
Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.6 )
日時: 2009/08/29 20:57
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2210  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/09/08(Sat) 15:36:19) [ID:xRpRbi5Z]

Res38
引用
nyanfoさん
貴方の指摘された「特権意識の崩壊」がこの国の再生には絶対に欠かせないことだと私も考えます。
そこで私はこの欄をお借りして東大弊害論を述べたいと思ったのですが、なにせ私は残念にも政治や歴史が専門ではないのでこの論証では文献資料や生の資料の手持ちがなく、伝記、歴史ノンフィクション、新聞記事や随筆、ウィキペディアなどの辞典に準拠しなければなりません。早速、私の投稿を読んだ友人から厚生事務次官は光岡でなく、岡光だろう。中村弥六は東大教授になるのがいやで政治家になり、そこで孫文の資金流用をした、との指摘をうけました。

最近、ウィキペディアが公務員により事実をゆがめる書き込みが行われていたそうですが、そこで確認しますと、中村弥六は東大の前身の東京農林学校教授でした。誇大妄想の妄言といわれないためにも、もしこの拙い文章をお読みになり、誤りにお気付きの方はご指摘いただきたいと思います。詳しく書くと誤りが大きくなりそうなので、エキスだけにします。それから、この下手な論証よりもこの掲示板の汚職官僚、高額所得天下り官僚のリストに出身大学一覧をつけることや、新聞の官僚人事と同様に事件を起こした者の出身大学を明記することをするだけで、この国の教育、なかんずく東大などの難関と呼ばれる学校の教育が「特権意識を植え付ける」だけの教育だったことが見事に立証されるはずです。

例えば「東大法卒佐藤福島県知事は、賄賂を業者から受け」「京大法卒木村和歌山県知事は業者と談合し」「東大法卒町田顕最高裁判事は衆院選の定数不平等による選挙無効の訴えを退け」とか、現在なら「東大法卒若林農水大臣の団体は補助金受給団体の長を兼ね」とかです。そのほうが手取り早い気もしますが、大学入試の勉強以来、歴史の教育を受けなかった素人でも東大批判の論証ができるほどひどいものだったぞ、ということを示すためにも論証は続けたいと思います。

さて、天皇を主権者に戻して中央集権国家を樹立した明治維新は日本で唯一の革命であったといえます。が、この革命後の日本の近代化は既成秩序の中にいた人間の「特権意識の崩壊」に重点が置かれました。その廃絶のために「廃藩置県」「四民平等」を行いますが、しかし既成秩序の権力闘争だった戊辰戦争と同じく今度は西郷隆盛に指導された反政府闘争の西南戦争を経験しなければなりませんでした。

特権意識に囚われた武士や公家と呼ばれる貴族ではこの国の近代化は覚束ないと当時の大久保利通や伊藤博文などの指導者は考えたようです。そして彼らは教育こそがこの問題を解決し、国家近代化の原動力とするためにも全ての国民を対象とした教育が絶対に必要だとして国民皆教育を始めました。教育が現在の日本にとっても重要なことと同様に、この考えは優れていたと思います。しかし日本のエリート教育が育んだ官僚がとんでもない国に日本を導くとは、彼らには想像できなかったことでしょう。

大久保利通や1世代若い山本権兵衛は藩閥政治の弊害を感じ、大久保は実力主義で、山本は近代教育のエリートで、官僚の抜擢を考え、藩閥に胡坐をかく無能の役人(公務員)を冗員として大幅に解雇しました。ご承知のように大久保も西郷も薩摩藩の下級武士出身ですが、彼らだけでなく日本の下級武士の中には反体制や尊王攘夷の志士として暴力に明け暮れるだけではなく、自ら勉強会を作り、維新後の日本の近代化を考え、西洋列強の侵略を如何に防ぐかに腐心していたことに驚きます。大久保も西郷も身長180cmぐらいあり、当時の日本人の中では巨漢で、知力と腕力にも優れていたといわれます。薩摩藩出身の山本権兵衛も海軍兵学寮(兵学校の前身)の教官を殴りつけるような乱暴者で西南戦争では西郷に味方しようとして鹿児島へ赴き、西郷に将来を嘱望されて追い返されたというエピソードを持ちます。

天下の難関、陸軍士官学校、海軍兵学校、そして東京大学になるその前身の学校へ、10代の学生が旧藩の優等生の中から選ばれて入学しました。おおむね山本権兵衛のように知力と腕力に優れた者は陸士、海兵へ、小村寿太郎のように貧窮士族でも知力に優れた者は東大へ入学しました。小村寿太郎は身長150cmぐらいですから軍人官僚向きではなかったわけです。西洋式近代教育機関の最高峰ですが、近代の西洋教育を行う教師は当然日本人にはおりません。そこでお抱え教師という外国人教師が欧米から招聘されました。大学ばかりでなく、ドイツ式教育制度を真似た日本の高等教育進学者向けの旧制中学や高校にも外国人教師がおりました。

「尊大な教師から教育された生徒は、他者に尊大に振舞うことを覚える」
この仮説の教育は、まず有色人種蔑視、アジア・アフリカ植民地化に血道を上げていた国々からやってきた外国人教師によって始められたのではないかと私は考えています。



メンテ
Re: 高山 渚 さんのスレッド ( No.7 )
日時: 2009/08/29 20:58
名前: 天の橋立の愚痴人間

■2219  Re: 政治と官僚 

□投稿者/ 高山 渚 -(2007/09/09(Sun) 18:26:54) [ID:xRpRbi5Z]

Res40
引用
nyanfoさん
いつも応答有難うございます。性懲りもなく続けます。

京大や早慶上智(難関の新御三家というのだそうですが)に入試偏差値を追い上げられ、東大のご威光が相対的に低下してきたそうですが、東大卒以外の人間がこの国の中枢に関与することは喜ばしいのですが、これらの大学が東大の亜流コピーであることに気づいていない姿を見ますとやはり憂慮します。東大卒の桝添要一が阿部首相に「バカにつける薬はない」、早大卒の田中真紀子が「東大出の家庭教師に特訓されたら、バカでも慶応ぐらいには入れる」と言ったそうですが、成蹊大卒の安部晋三ではだめだと聞こえます。「東大の家庭教師に習うか、俺のように勉強すれば、バカでも東大、早稲田に入れるぞ」なら分かります。

入試偏差値の高い難関卒なら何でも言えると考えているのかしら。これもある種の難関「特権意識」の症状の一つです。慶応の医学部集団、早稲田のスーフリー、京大アメフト部、と書けばおわかりでしょうが、いずれも強姦集団でした。おそらく欧米の名門大学なら社会に対して自ら廃校を宣言するほどの深刻な問題だったはずです。彼らの意識の底には「難関大の俺達だからやったって構わんだろう、騙されるバカが悪いんだから」という奢りがあったはずで、税金掠取や天下りなど当たり前と考える日本の官僚に通じる意識でもあります。そしてこれは例外的な集団ではなく、日本の難関とされる大学が多くの健全な日本人をこのように駄目にする危険性を持つことを示す証拠というべきものなのです。

さて、日本の教育は1873年(明治5年)始まりましたが、最初はイギリス式、すぐにアメリカ式、そしてドイツ式が取り入れられました。水木さんの著書「東大法学部」では、東大の初代総長が19世紀に勃興したドイツ帝国の躍進振りを見て東大の教育にドイツ式を採用したということですが、当時は鉄血宰相ビスマルクに率いられてヨーロッパ先進国のイギリス、フランス、ロシアを追い上げるドイツ帝国の躍進振りは富国強兵国家を目指す日本の為政者には良く映ったものと思います。外国人お雇い教師の数は、数千名と言われますが、教師はイギリス人が最も多く、外国語は蘭学のオランダ語やドイツ語ではなく、英語が主流でした。

ところで、私達は日本の高等教育を始めたのが外国人教師であることは良く知っておりますが、その教師の名前や伝記を余り聞かないことに違和感を覚えます。知っているとしたら札幌農学校のクラーク博士とか、小泉八雲のラフカディオ・ハーン、そして「ベルツの日記」のエルウィン・ベルツ、江戸時代からの日本語ローマ字の創始者ヘボンぐらいですか。数千人もの教師が来日し、日本人に教育した割には極めて少ない情報量だと思います。このうち東大で教えたのは医師のベルツだけで、ハーンはすぐに東大を辞めています。キリスト教宣教師のヘボンは明治学院大の創立者になりますが、東大とは無縁です。足跡も神田のニコライ堂や鹿鳴館の設計者ぐらいでしょうか。鹿鳴館は取り壊されています。

この秘密や日本のエリート教育の失敗の原因が、実は「ベルツの日記」から読み取れるような気がします。引用すると大変なのですが、ウイキペデイアにベルツの日本観として一部要約した引用があります。
ベルツは日本医学の父とも呼ばれるドイツ人医師で、日本婦人と結婚した大変な親日家で20年以上、東大で教鞭をとりました。戦前の日本の医学がドイツ医学であり、医学部進学にはドイツ語が必修でした。外国語選択で甲乙丙類とあった旧制高校では、理科乙類の出身者です。ベルツの日記を引用します。

「一部のものは日本の全てをこき下ろし、また別のものは、日本の取り入れる全てを賞賛する。」とベルツは同僚外国人教師を批判します。そして日本人を「自分自身の過去についてはなにも知りたくないのだ。それどころか、教養人たちはそれを恥じてさえいる。『なにもかもすべて野蛮でした、われわれには歴史はありません。』『われわれの歴史は今、始まるのです』という日本人さえいる。」と指摘します。更に日本のエリート教育をやがて施すことになる日本人生徒の学問理解が、「日本人は学問を、年間に一定量の仕事をこなし、簡単によそへ運んで稼動させることのできる機械の様に考えている。ヨーロッパの学問世界は機械ではなく、ひとつの有機体であり、あらゆる有機体と同じく、花を咲かせるためには一定の気候、一定の風土を必要とするのだ。」「日本人は根本にある精神を究めるかわりに最新の成果さえ受け取れば十分と考えたわけである。」と述べています。

コンプレックスは劣等感という意味で使われますが、「心的複合」の意味で、この感情にはinferiority complex(劣等感)とsuperiority complex(優越感)が含まれます。従って劣等感と優越感は表裏一体のものと言えます。傲慢な白人教師から自らの文化を蔑まれた日本のエリート達は、恐らく劣等感に苛まれたに違いありません。しかしその心は次には優越感として他者へ向けられる欲求に駆られます。尊大な教師に教育されたエリートは、多くがかつては士族だった意識と相俟って、日本の同胞に向かっては尊大に振舞うことが許される、それこそが難関出身の証と考えても不思議ではありません。尊大な教師に対する尊敬の念や感謝の心は勿論ありません。合理性のみ追求した者の追従笑いや慇懃無礼は出来るけれど、それに隠された利己的で冷酷な打算による傲岸不遜な心が育まれていたと私は考えます。

 
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存