ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[106] 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる
日時: 2016/04/13 08:12
名前: 遂犯無罪 ID:AEEuyB9Y

絶望的な日本の警察裁判所

法治国家の無法地帯・・裁判所 裁判の仕組みが 犯罪も 捜査も 裁判も 弁護も 仲間内でやれる裁判に「裁く側と捜査する側の不正」がある 公判調書偽造で立証された。
マル暴扱いのアウトローや変質者扱いされて有罪判決になった方は 自分の判決書を取り寄せて検証すべきだ 懐疑しなければ人間の尊厳という生きるに値する根源まで破壊される。

誤判の基は当事者主義の不徹底 検事の証拠隠し 被疑者 証人等の供述証拠のみを有罪証拠に権力のでっち上げ 弾圧事件において「証書の差替え 検事の証拠の偽造」を立証した本件は司法を国民の手に取り戻す突破口となった。 

http://www.suihanmuzai.com/
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本に司法制度など存在しない「暗黒裁判」で裁かれる ( No.32 )
日時: 2009/10/19 13:57
名前: 遂犯無罪

検察は偽造検事面前調書が発覚しないように用意周到に完全犯罪を企てた。

事件の端緒は性悪女・須崎が起した狂言失踪 これに関る男女の痴話沙汰を虚偽告訴した警察関係者の園田義明。
須崎の警察調書には居住地ではないが連絡先が記されている 従って検察は証拠提出していない(証拠提出されない調書等は非開示) 民事裁判で判明したが失踪してから当方が満期出獄した3年半ほどの間に仙台・千葉など架空の住民票を八行政区に転々と移していた。

出獄して初めて見た刑事訴訟記録だが、園田の警察・検察調書には明確な虚偽申告があり また須崎の検事面前調書も同様で本人署名も不審だった。
確定した刑事裁判を覆すのは至難の業であり しかも須崎は所在不明である 須崎の検事面前調書には住所の記載がない。
仮に弁護士等の照会請求で住民票交付がされても 架空の登録ゆえに所在は解らない。
まさか公示送達になる事案ではない 被告・園田のみを提訴しようにも証拠も訴因もない提訴はできない 須崎との共同不法行為を訴えてこそ争点が現れる。

1996年5月 戸惑いを隠さずいやいや調書録取をする武政刑事は須崎の供述調書にある連絡先の住所・電話番号を素知らぬ振りをして見せた。
出所して判明したが須崎は失踪時から佐藤登と同居していた 住民票のみ移していた この住所を突き止められたのは武政刑事のお蔭である。

かたや被告人の利益を護る弁護士は依頼人を弾圧してきた 実刑判決後の控訴中に虚偽告訴を証明する絶対的控訴理由となる弾劾証拠が弁護人の照会請求で出た しかし高裁の圧力で証拠提出を阻まれた この時に私選の主任弁護人に園田・須崎を虚偽告訴で刑事告訴するように伝えた。
しかし「警察・検察が受理しない」また弁護人曰く「須崎が事実を話せば無罪となる」そこで須崎の連絡先を示して接触するように依頼 これを「弁護士といえど須崎が拒否すれば強要面会罪となる」 

悪辣検察は捏造検事面前調書事件を隠蔽すべく須崎・佐藤・園田を拉致して所在を明かさない やつらを提訴しても派遣弁護士や公示送達などで門前払いとする。
逮捕前二年も敵対していたと思い込んでいた武政刑事が結局は助けて呉れた
逮捕は上層部からの圧力 武政刑事は誣告事件と知っていた 温情ある担当刑事が須崎の警察調書を見せたから再審請求が可能なった 少しいい話でしょ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存