ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1414] 再就職も再就職も厳しい!!
日時: 2012/05/01 09:16
名前: ryu ID:CuuKQwFc


私が求職活動を長期にわたってしていて感じたことは、中高年の再就職が厳しいということです。
大変なのは、若年層や被災地の失業者だけじゃないということです。
私は、昨年の秋まで職業訓練を受けていました。
資格の方もなんとか頑張ってマイクロソフトオフィススペシャリストword2007の資格を満点で取得しました。
卒業後、就職活動をしてはや半年以上経ちますが、かなり苦戦しています。
ニュースなどでは、求人数がかなり回復し有効求人倍率は県内にいたっては1倍ぐらいに達したときいています。
ですが、ブラック求人や実務の経験を問うなど条件は厳しく、景気の回復をあまり実感できません。
私たち中高年の世代は、家のローンや子供の学費、生活費など多くの負担がかかって大変です。
職業訓練卒業後のアフタフォローや経済的な生活支援とかないものでしょうか。
求職期間が長期化し大変です。
職業訓練を受けても再就職先が決まらない中高世代の求職と求人のミスマッチが言われていますが、企業の側はどこも若くて知識と経験があり非正規で安価に使える人を求めているのが実際です。
せっかく資格を取っても活かされないのが残念!!
国と企業は雇用に責任をしっかり持つべきですし、そのための施策を行うべきですが、個人に任せっきりというのは許し難いことです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.42 )
日時: 2012/05/04 05:28
名前: グッキー ID:q7PKErPg

政治は年寄りがやれさん


  >1.労働手形の政府の民間企業への売りオペレーションが
    最低賃金市場を引き下げるかどうかについて

労働力の民間への放出とは、
供給が増えれば価格が下がる。これが市場原理です。

失業者の労働力を国が買い上げて民間に放出する。
当然、労働力の供給が多くなります。

失業者の労働力、余った労働力は、社会が豊かなことに繋がる、需要ー労働を政府が造りださなければ成らないのです。

天橋立の愚痴人間さん

>財源については、やはり紙幣の増刷(ヘリマネ)を取り込まねばならないでしょうね。
これは、グッキーさんも認められている手法です。
正確に言えば、グッキーさんは期間限定とされていますが、金額によっては継続も可とされるでしょう。

通貨発行益というのは今までも毎年出されているものなのです。
毎年、日銀の資産が増える。
国債を買う、CDを買う。民間にお札を印刷して供給します。お金を印刷して金利収入を得る。
日銀の過剰な剰余金はすべて国庫納付金と成ります。
つまり日銀の資産が増えた分、通貨発行益を出しているのです。    
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存