ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1429] "過労死"や"過労自殺"を考える!!
日時: 2012/05/13 14:24
名前: ryu ID:F9Ls86zk


"過労死"や"過労自殺"を考える!!

私たちが就職難で大変な反面、正社員(若い)の人たちの中で"過労死"や"過労自殺"も増加しているらしいですよ、NHKのクローズアップ現代”でやっていました。
その前にも"辞めたいのに辞めれない 退職トラブル"をやっていました。
辞めようにも会社が退職理由を"懲戒免職"にするとか、理不尽なお金を請求するとかで!?
私としてはどんなに仕事が無くてもそのようなブラック会社には行きたくありません。
なので仕事を選ぶ時、かなり慎重になります。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: "過労死"や"過労自殺"を考える!! ( No.10 )
日時: 2013/09/09 10:47
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:wb3SUSYc

>だから経済成長とは「労働需給の逆転」と見つけたり、と言うのですが、
>それを言う専門家が一人も居ないというお寒い状況です。
>労働需給を逆転させるのが、恒常的に経済成長させる道なんですけどね。

何時もながら、グッキーさんの、この部分には全く賛同します。
以前にも書きましたが、当地は京都北部の田舎町で産業(仕事場)がだんだんと少なくなってきています。

理由は、磁場産業の衰退、グローバル化による企業の集約化、大手メーカーの下請け工場が海外へ移転した、ガソリンスタンドなどの無人化、省力化などです。
其れに、大手スーパー、コンビニ、家電、薬、雑貨などの分野にチェーンストアーが進出、及び写真、印刷業種の衰退などです。

公共事業も、この10年間の縮小のあおりで、働く場所が目に見えて減ってきています。
このような地方の給料と言いますのは、公務員、大手企業の出張所以外の者は、年収200〜300万でやっています。
私の知っています設備業者の従業員の給料は、30〜50代の家庭持ちでも月収20〜25万円であり、とても30万円にはなりません。
ある印刷屋では、確か3年くらい前の事ですが、ある日社員全員を対象に「給料を半分にしたい、それで不満ならば辞めるていただきたい」と、言い渡したそうです。

辞めるもの、残るものがいたそうですが、辞めた人が同種の職業に再就職出来るはずはありません。
この様な人たちは、仕事が少々きつくても残業があっても、少しでも収入が増えることを望んでいるでしょう。

他方、
残業に耐え切れず悲鳴を上げているのは、それだけ仕事に対する執念が希薄になっている証拠です。
「和民」の問題が大きく取り上げられていますが、企業の従業員に対する姿勢はともかく、労働自体は、昔に比べてそんなに過酷なものではないはずです。

それでも参ってしまっているのは、精神的に弱くなっているのでしょう。
身体的に参るまでに、精神的に参ってしまっているように見えます。
自殺者が出るのもその為でしょう。

まあ、現代人は、それでなくても各種のアレルギー症状が出やすくなっています。
全ては平穏な時代の賜物ではないでしょうか。
ですので、精神論でこれか解消できるとも思いませんが、人間社会は、そんなにユートピアにはなりえません。

飽くまでも、最終的には弱肉強食の動物としての自覚は、ある程度は持ってなければいけないのとは違いますか。

斯く言う、私も最近は体力的に軟弱になり、仮に戦争に狩り出されれば、精神的には確たるものがあっても、体力的に戦闘をするまでに衰弱死(過労死にはなりません)すること、間違いないでしょう。
情けない事です。

メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存