ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1697] 当代世間騙し装置
日時: 2013/02/24 20:14:53
名前: 満天下有人 ID:1361704493

先日TVで見た、未発見の素粒子を見つける為の欧州原子核研究機構・CERNによってスイスに設置された超高速実験装置、円周が35Kmに及びフランスにまたがる巨大なものだが、宇宙物質を構成する17個の素粒子の内、未発見の6個?を探るものらしい。

宇宙物理など縁がないもので、何が何のためのものなのか、さっぱり分らないけど、物質を構成する素粒子が質量を持つのは、ヒッグス粒子なるものがある筈だ、その仮説に基づいて素粒子を高速で衝突させて発見する装置だそうな。まだ人類が発見していない最小単位の素粒子を暗黒物資、そこから生じるエネルギーを暗黒エネルギーとも言い、宇宙を膨張させているらしいが、国際物理学会では、実験中に生じると仮定されるブラックホールの危険性を理由に、実験反対の学者さんたちも結構居るとか・・・

CERNが今回、東京会議で言うには、我が国の東北地方が実験装置を作るのに最適な場所らしい。スイスでは研究者たちが多数住むことになり、その経済効果も結構なものらしい。

はてさて素人にとっては、その宇宙構成物資を全部発見して、それが人類の生存にどのように関わって来るのか、すぐにさような卑しい根性が頭をよぎる(笑)、まあ、別に科学の果てしない探究心をあれこれ言うのではないのだが、生命の誕生の謎にも迫ることが可能になるとか。

東大の若い先生によれば、宇宙の研究は我々人間の生活にすぐ役立つというものではなく、「知りたい」という好奇心が何よりも大事で、人間がどこから来たのかという根本問題に関係し、その生命の源になる元素を学ぶことに意義があるとのことだ・・・

で、生命の源になっている元素の解明で、どうして人間と言う生命が騙し合う元素を持っているのか、それも発見出来ればありがたいことではある。むしろ騙しのテクニックを用いる連中を、その加速ぶつかり合い装置に放り込んで実験した方が、より有意義な結果が得られるような気がするのだが、如何なものだろうか・・・

人間、どうしてダマシ合いの社会装置を作ってしまったのか、我が官僚機構も司法制度も政治家も、この超高速装置で実験しない限り、その生命の謎は解けないのではないか・・・

そして国際関係における騙し合いもまた、謎を解き明かさねばならない。何やら安倍の訪米も、TPP関税撤廃の聖域の一部除外についてオバマ大統領と合意に達したとして、マスコミは褒め称えている。公明党の山口代表も米国側が一定の柔軟性を持っていることが分かったと、まあ単純なことを言いおる。

安倍成果の評価は、自民党内反対派を抑える辻褄合わせ、一種の騙し装置であり、山口公明党による評価もまた、聖域一部除外に米側に潜むダマシの手口を見ていない。米側の柔軟性の見返りは何か、共同声明で、自動車部門、保険部門については2国間で話し合い継続するとはっきり書いてあるではないか。

別テーマにした人間成長の限界は、実はこの人間同士の騙しの装置にあるのではないか、限界を示す装置を抱えていては、成長もへったくれも無い。宇宙の諸現象から物質の謎に迫る自然科学と同じように、人間が生み出している限りない現象を羅列して見るのも一興あるというものだ。残念なことは、この諸要因を放り込む巨大な実験装置が無いことだ。いや、果てしない騙しの構造そのものが、実験装置なのかも知れない。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 当代世間騙し装置 ( No.446 )
日時: 2013/07/20 09:57:26
名前: マグマが溜まる参院選・・満天下有人

明日が投票日、不在投票が前回衆院選の時より10%増えているとの記事も目にしたが、それも踏まえて自公が参院過半数を取ると言うのが、大方の見方のようだ。仮に投票率が戦後最低になれば、組織選挙に強い自公の勝利は当然の結果をもたらす。

街宣風景でも聴衆が3人しかいない元テレ朝女子アナの丸川珠代や、日本医師会のドンと言われた武見太郎の息子、武見敬三でも、上位当選は確実とされる奇妙な光景が広がっている。丸川は派遣労働推進者であり、派遣労働企業との癒着が言われ、武見は、患者が不安を覚える自由診療制度の推進派である。
街宣で聴衆が0の状態は、そんな者の街宣など聞きたくも無いとする有権者の反応なのか、何を望んだ所で自公が圧勝するなら聞いてもムダとする心情なら、低投票を招き、結果的に投票率が下がり自民は得票率20%を切っても参院過半数を占めることが出来る。

マグマが溜まる参院選、一つのマグマは、これで自民は何でも出来るエネルギーを溜めることになる。年金給付の年齢引き上げ、保険料自己負担の増額、富める者を更に優遇し、生活限度を超える課税には税割によって配慮していたものも廃止して、所得が100万円しかなくとも所得割で課税する圧迫税制の推進。

そして派遣労働推進の為に、輪をかけて限定社員制度まで導入し、貧窮化、不安定化を推し進める。何故そうするのかは自明の理である。資本の利害の障害になるものは、自由、競争、利己心なる名目の下に排除しようとするからである。例え貧死しようとも自由、競争、そしてお前たちの利己心も開放してあげているのだから、それくらいは我慢せよという論理なのである。さすれば日本が取り戻せると言う完全に倒錯した論理が政策として全開出来るマグマが溜まる・・・何故そんな倒錯するものを持ち出すかと言えば、それは前稿で指摘した「強迫性人格障害」があるからだ(笑)。

も一つのマグマは、参院選結果として溜めこんだ自民のマグマに対抗する有権者のマグマが溜まる、いや正確には溜まるかどうかなのだが、いくら何でも大多数を占める有権者の中に、悲鳴を上げだすマグマは溜まる筈だと思うからである。
では何故選挙の時にそのマグマをぶつけないのかと言えば、マグマを委託する政党、候補者がいないのが原因、それは分からぬでもない。だが問題は、そのマグマを選挙後も維持できるのかという点にある。緊張感を維持し得るのかという問題である。

資本主義が持つ動力は、自由、競争、利己心の切磋琢磨の場にあって常に緊張感が求められるとして、しかし資本主義、それも先祖がえりするような資本主義全開になり、政治がそれを更に促進する状況下にあっても、言い換えると資本主義が高い緊張感を押し付け始めているのに、世の中に余り緊張感が感じられないことにある。実に皮肉な現象である。

歴史的に見て、西欧資本主義が生き延びて来たのは、社会主義に対峙する方法として、社会主義的政策を導入して来たからであり、英国における「揺り籠から墓場まで」なる政策がその象徴として伺える。

我が国でも高度経済成長が始る前に、当時まだ学生であった優秀な連中は、社会主義政策やマルクス経済学華やかなりし頃でもあったから、それを十分に咀嚼し、特に官僚養成大学、東大では大河内一男総長が社会労働政策の権威でもあったから、それを学んだ官僚たちは、英独をも参考にして現に社会主義思想の一部を政策に盛り込んで行った。今はどうか知らないが、つい最近まで日本は、世界稀に見る社会主義を実現した国であると言うのが、世界の見る眼であった。
それが何故崩れ、シンゾー政策のような悪しき資本主義への先祖帰りとなったのか・・・シンゾーに限ったことではない、こいつらは強迫性人格障害なのだから、放っておけば良い(笑)のだが、問題は多数を占めるこれからの世代が何を、どう認識しているかにかかっている。

しかしながら不幸な事に、西欧資本主義諸国が対峙した相手の国家が自滅してしまい、それを以って市場主義の勝利だとして喜び、市場原理主義を以って新自由主義とする思想が世界を席捲したものだから、そしてそれしか教えられるものが無いものだから、何が何だか訳が分からなくなっているのであろう。新自由主義なるものは、失業する自由まで与えられてしまっている(笑)ことを良く認識し、その根本について分析して見る気風さえ失せてしまっている。

我が国でも当時の官僚たちが導入した社会政策の大元には、Communismなる思想があった。それが何故共産主義と和訳されたのかは知らないが、コミュニズムの大元はCommyunity=共同社会なる概念が横たわっている。さらにそのラテン語源としてCommunicate=共に分かち合うとする概念がある。そしてそれらは、Common Sense・共通の良識なるものでカバーされねばならない。

英語のCommunism、ドイツ語のKommunismus、それが先にソ連共産主義国家の出現を見て、Communismなるものが、政治的支配構造の象徴単語となったのであろうか・・・当時ではまだソシアリズム・社会主義なる概念としての単語は出ていない。(ソシアリズムを英単語で表示したものだから、その単語の中のあるアルフアベットの綴りがソフト禁止用語にひっかかってしまい、前回、投稿保留にされてしまったようだ)

資本主義維持の為に導入された英独による緩和剤としての社会政策、ソシアリズムの思想もまたcommunismの本来の概念と同じものなのだが、先に共産主義としての単語にされてしまっていたから、別の用語・ソシアリズムとされたのであろう、それでも、それも共産主義と見なされる傾向は消えていない。問題は、根本概念に立ち返って、それをベースに新たに考える気風があるかどうかにかかっている。そしてその答えは、上述したように過去の歴史上で生じて来た概念に既にあり、現代が新しい要因をいくら加えた所で、人間社会におけるCommunicateする基本構造は変わらないであろう。

現状に対する反定立としての概念も無いでは、それを現状定立にぶつけて止揚させ発展させる動力もまた生まれて来ない。一方的に力を得るのはシンゾーマグマだけとなる。二つのマグマの一つである国民マグマ、生活者マグマがどのような質で、どのように溜まった行くのか、基本理念は既にラテン語語源の時代に出されている・・・Communicateにあることをしっかり理解されるような方向にマグマが向かうことを願うばかりだ。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存