ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1989] 老人医療と介護問題
日時: 2014/04/20 15:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:PxkVQE1.

このような報道があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000590-san-hlth

特別養護老人ホーム(特養)の入所待機が全国で52万人に上ったとの報道を受け、読者からさまざまな手紙が届いた。今国会に提出されている法案が通れば、特養の入所は来年度以降、原則要介護3以上の人に重点化される。合わせてお伝えする。(佐藤好美)

 ◆椅子取りゲーム

特養の入所が「要領の良いもん勝ち」の競争になっていると感じている人は多い。

西日本在住の女性(61)は「軽いうちから申し込んでいる人や、あっちこっちに申し込んでいる人もいる。『椅子取りゲーム』状態で、軽い人が入ると、後の人はなかなか入れない。要介護度が重く、今すぐにでも特養入所が必要な人が待たされるのは気の毒やと思う」と言う。

女性の母親は80代で要介護3。今までは介護サービスもほとんど使わず、1人暮らしをしてきたが、最近、調子を崩して入院。生活の見直しをしなければならなくなった。

当面は介護保険のサービスを使って1人暮らしの予定だが、不安は大きい。日中はリハビリの手厚い施設でサービス(デイケア)を受けて過ごしてもらおうと考えたが、施設側から「要介護3では毎日は使えません。デイケアの前後に訪問介護を組み合わせると、限度額をオーバーします」と言われた。在宅の生活も難しく、かといって、適切なタイミングで入所できる感じもしない。

「虐待を受けた人はすぐに入所できると聞きます。でも、要介護度が軽いなら、そういう人が集まって暮らせる場所があれば、代わりに重い人が特養に入れるかなぁと思ったりします」と話す。

京都市の男性(66)からは「希望があれば、軽い人でも重い人でも、すぐに特養に入所できるように施設整備をすべきだ」という声が届いた。10年ほど前に認知症の母親の介護をした。「軽い人でも入れるようにしないと、家族は働くこともできない。その結果、日本の経済も衰退する」

 ◆必要性の高さとは

特養は本来、「待ったら入れる」ものではない。必要性の高い人が優先的に入所するのが原則。自治体ごとに入所基準があり、要介護度や緊急性の高さで点数化されている。

だが、施設側にも事情がある。「重い人ばかりだと、介護職が疲弊してしまう。手のかからない人も一定程度いないと運営できない」(ある特養の施設長)のも現実。また、「全く面識のない人よりも、できればデイサービスやショートステイで本人と家族の状況がある程度分かる人を入れたい」(同)という意向もある。

このため、利用者や家族からは「顔つなぎのためにデイサービスやショートステイを使っている」「いざというときのために施設のケアマネジャーと親しくしておく」という声が絶えない。膨大な待機者リストの背景には、入所が激戦で、要件が透明化しきらないこともありそうだ。

 ■自治体で異なる整備率と入所状況

厚生労働省の調査では、特養の待機者は全国で52.4万人。同省は特に「要介護度4、5」の重度で、自宅にいる8.7万人の待機が問題とする。

「もっと特養を」との声もあるが、特養の整備率は自治体によって事情が大きく異なる。65歳以上の高齢者1人当たりの定員を見ると、不足が著しいのは、愛知、千葉、大阪、埼玉、東京、神奈川などの大都市が並ぶ。地価が高く、高齢化のスピードが遅い地域で施設整備が遅れたためだ。だが、この地域は今後、急速に高齢化する。

都道府県によって、新規入所者に占める要介護度の軽い人の割合も異なる。奈良県や北海道では、要介護1、2の人が新規入所の2割を超えるが、富山県や愛媛県では5%に満たない。

軽い人の入所で多い理由は、(1)認知症で常時の見守り・介護が必要(2)家族による虐待がある(3)老老介護で経済力がない(4)独居で孤独感があり、本人も家族も入所を希望する−などが挙がる。だが、地域差の理由ははっきりしない。

厚労省はこうしたデータを踏まえ、特養の利用を要介護度が重い人に重点化したい考え。今国会に提出中の法案に、入所を原則要介護3以上の人に重点化する方針を盛り込んだ。ただし、「やむを得ない事情で特養以外での生活が著しく困難と認められる」場合は例外とした。具体的には先の(1)、(2)のような事例のほか、知的障害・精神障害などがあって地域での安定した生活が困難なケースなどを挙げる。今後、詳細を検討し、指針を作成する。

法律が成立すれば、来年4月から実施されるが、既に入所している要介護度の軽い人に退所を求めることはしない。

特養も変わりつつある。複数の利用者が交互に特養の1ベッドを使うことで家での生活を支える施設もあれば、大規模施設を分散化した所もある。在宅サービスの充実や低価格の住まいの整備に並んで、柔軟な施設利用も課題になっている。


(引用終わり)


これに対して旧掲示板に2007年、すでに下記のような投稿をしている。


◆ゴールドプラン21の推進

 平成12年には、我が国の高齢化率が世界最高の水準に達することが予想されるとともに、介護保険法が施行され、全国の地方公共団体において、老人保健福祉計画と介護保険事業計画が一体的に作成されています。高齢者保健福祉施策は、まさに新たな段階を迎えようとしているのです。こうした状況に対応するため、活力ある高齢者像の構築などを柱としたゴールドプラン21を策定し、推進しています。

(以上厚生労働省)

上記により始まった「介護保険制度」であるが、確実に成果を上げているのは新たな税金(介護保険料)の徴収のみ。
実際のシステムはすでに経済的に破綻状況になっており、各地で介護保険料の値上げが始まっている。
なんと言うことか、これから団塊の世代がその対象として登場すると言うのに。

そりゃそうだわさ。官僚が作ったシステムなどは中間搾取が多すぎて、支払った介護保険料の何割が実際の現場で使われていると言うのだ。

一つはコムスンの問題を見ると良い、経営者一族の莫大な資産は何なのだ。
あっと言うまに数百億の蓄財が出来てしまっている。
そのために使った政治家などへの賄賂も相当な金額となっているであろう。

もう一つは介護用品を買う場合、9割が補助金でまかなう制度である。大手メーカーは殆ど定価販売が出来、儲けのドル箱状態である。
勿論、介護製品の認定を得るための官庁への見返りは十分に必要であろうが。

さらにさらに、まだあるぞ。最近全国で流行しているグループホームの建設も、誰がどのように決定しているかは知らないが、知らない間の多くの補助金の出る施設が突然出来ている。
グループホームに入居できる老人は、毎月20万くらいは出さねばならないため、かなり裕福な人に限られる。
10人から20人のためのグループホームを作るのに1億以上の補助金が用意されているのだ。

実際に介護に携わる人々は時給700円から900円のパートで泣く泣く頑張っている。
彼等を尻目に、左うちはで鼻息荒いのが、人材派遣の元締め、全国の社会福祉協議会。コムスンなども彼等には勝てないのだ。
勿論、天下り先になっている事は言うまでもない。

つい十年前に、馬鹿官僚が思いつき、ゴールドプランなどと大見得切ったこのシステムも、年金と同様に税金の垂れ流しとなっている。
なおかつ、最早破綻だそうである。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

大病院へいくと、初診料として5000円を取られる! ( No.23 )
日時: 2018/02/08 18:04
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:pPkeC4sU

(「大病院受診時の特別の料金」とは?)

〜診療所などの紹介状なしで大病院の初診を受けるときなどに、診察料のほかにかかります。

私たちの周りには、診療所や地域の中小病院や総合病院、国公立病院、大学病院など様々な医療機関があります。

診療所は、地域に暮らす人の日常的な病気や軽いけがなどを幅広く診療します。病院は、手厚い医療スタッフを置き、診断・検査・手術・入院などの設備を備えて、手術や入院を伴うような重症患者や救急医療などに対応します。さらに特定の分野で高い専門性を備えていたり、特に先端的な医療に取り組んでいたりする一部の病院などは、高度な専門医療が必要な患者に対応します。このように、医療機関はそれぞれの機能・役割をもっています。

このようななかで、これまで一般病床を200床以上持つ病院については、診療所や他の病院からの文書による紹介がなく受診した場合、初診時に選定療養(※)として特別の料金を病院が患者に請求できることになっていました。これは、診察料などとは別にかかる費用でした。また、症状が落ち着くなどしたために他の診療所や病院を受診するよう紹介したにもかかわらず、患者が引き続き同じ病院を受診する場合(再診)にも、同様にこの特別の料金を請求できました。
ただし、特別の料金を請求するかしないか、請求するとしても額はいくらか、などは、病院が独自に決めてよいことになっていました。
※「選定療養」は、公的医療保険の被保険者の選択により提供される医療サービスで、差額ベッドや歯科での金合金等の使用などのほか、大病院の初診・再診、時間外診療が含まれます。

これが、平成27年(2015年)5月に成立した医療保険制度改革法により、大病院(下の囲みコラムを参照)には、地域の診療所等との連携を進める等の責務が規定され、そのための1つの方法として、紹介状なしで受診する方に対して特別の料金を徴収することとなりました。初診の場合、金額は5,000円以上(歯科は3,000円以上)の病院が決めた額となります。また、診療所など他の医療機関を受診するよう、大病院から紹介を受けても患者が引き続き大病院の受診を希望する場合は、再診でもこの特別の料金として2,500円以上(歯科は1,500円以上)の病院が決めた額がかかることになります。


(初診時(再診時)に特別の料金がかかる大病院)

特定機能病院
一般病床(児童福祉法に規定する指定発達支援医療機関及び医療型障害児入所施設である一般病床は除く。)の数が500床以上の地域医療支援病院
なお、「紹介」は、大病院を受診するよう診療所や他の病院から行う文書による紹介をいい、「逆紹介」は、診療所や他の病院を受診するよう大病院から行う文書による紹介をいいます。
詳しくは各病院にお問い合わせください。

また、「一般病床200床以上500床未満」の病院については、「大病院受診時の特別の料金」を求めるかどうかはこれまで同様に医療機関の任意とされます。また、一般病床200床未満の病院や診療所では、この特別の料金はかかりません。

(なぜ、大病院受診時に特別の料金が徴収されるの?)

〜医療機関の機能分化を進め、質が高く効率的な医療を実現するためです。

「医療機関の機能分化」(図1)は、大病院と中小病院・診療所が互いに連携しながらそれぞれの特徴を生かして異なる機能を担うことをいい、それによって質が高く効率的な医療を実現できるとして長らく取り組まれてきました。

中小病院・診療所は、地域医療の窓口としての機能が求められます。風邪や下痢、軽度の裂傷など身近な病気やけがに対応するとともに、専門性や高度な医療の必要性に応じて、他の適切な医療機関へ患者を紹介します。
大病院は、中小病院・診療所からの紹介に応じて、重い病気や深刻なけがのためにより高度かつ専門的な医療サービスを必要とする患者を受け入れます。適切な治療によって回復期に入った患者には、身近な中小病院・診療所を紹介します。そして患者は中小病院・診療所で回復支援・リハビリなどを受けて復帰を図ります。

こうした、中小病院・診療所から大病院への「紹介」、大病院から中小病院・診療所への「逆紹介」が円滑に行われることで、中小病院・診療所と大病院がそれぞれの役割を効率的に果たすことを期待しています。


(引用終わり)

初診料の5000円など、気にならない官僚共が考えたこと。

屁理屈は解るが、実際は弱者を切り捨てて病院システムを守ろうとしているだけのこと。
これが、厚生労働省の役人がかんがえること。
お上を崇拝していえは、碌な事にはならない。

まあね、大病院にたむろす年寄集団は、時間の無い患者にとては迷惑なはなし。
医療保険の破綻についても、我が身の事になると、意にも解さない。
実に自分勝手な患者もいることはいる。

それでもね、最近のはなし。
近所の年寄が、具合が悪く近くの大きな病院へ訪れた。
医者の見立てでは、特に悪いことは無かったが、念の為に行った血液検査で以上のある数値が見つかった。
医者の判断で、これは専門の血液内科の医師に診せる必要があるとの事。

血液内科がある病院は、そうは簡単には見つからない。
調べて都会(京都市)にある病院へ行ったところ、血液の難病であると解った。
結果、2ヶ月くらい入院して最近退院してきたが、

血液内科の医者の言う事には、始めにかかった医者が、良く、此れが解ったものだと感心していたと言うこと。
大きな病院だからこそ、優秀な医者もいて、血液検査もすぐにできた。
かかりつけの町医者ならな、血圧の調整くらいの診断をしたであろう。

大きな病院こそ、初診に必要なのである。
色々な患者が訪れる大病院こそ、病名の的確な判断ができるのである。
厚生労働省の医療体系構想は、真逆ものであるのである。

どうせ奴等(官僚共)は、始めから大病院へ行くつもりなのである。
政府、官僚のことばなど、これくらい、信用できないものである。

最初の診断は大病院で行い、状態に応じて実際の医療は、かかりつけの医者に任せるというのが、あるべき姿。
何故、その様なシステムを指導しないのか!

クソっ垂れ!

それは官僚共が金の面(保険制度)の心配をしているだけであるからだ。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存