ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

「ごっこ」好きの日本人気質>情緒を重視する大和こころ、大和魂の変形 ( No.672 )
日時: 2015/10/23 08:51
名前: 満天下有人 ID:gvj4F4YI

<世話の焼ける子は、愛おしいですよ>

俗に言う、バカな子ほど親は可愛がるとの愛情と同じですね。これは人間の本性とも言うべきものかも知れません。だがそれが他人関係になると、この国では逆に排除して行く気質が強くなる。

当掲示板でも管理人さんが、気ままコラム「日本人のいじめ体質」でも書かれているように、この村八分的排除の体質。すぐに小グループを形成し、肌に合わない者はのけ者にしてゆく体質。これってほんとに嫌な気質ですね・・・ジミンでは、シンゾー一派がこの体質を遺憾なく発揮中のようです(笑)。

そう、気が付いて見れば、このシンゾー一派って、日本人気質の嫌な所をあまねく具現しているようです。「ごっこ」では、ほんに戦争ゴッコがお好きなようで。東北災害のあと、宮城県松島空自を慰問に訪れて、戦闘迷彩服を着て戦闘機に乗った姿、今回は米空母艦上機F35の操縦桿を握ってご満悦。戦争ゴッコ大好きの気質がよく出ています。

大和心、大和魂となると、私もさっぱり解りません。

紫式部が源氏物語で公的人間のあるべき心構えを、大和魂と称してちょこっと記述していただけのようですが、それより先に、980年頃の紫式部と並んで二大女流歌人であった赤染衛門が、後拾遺和歌集で大和心について詠んでいるのが最初とか・・・大江まさひら何某が、あまり乳が出ない女を乳母にしようとする赤染衛門をおちょくって、

「はかなくも  思ひけるかな乳もなく  博士の家の  乳母をせむとは」 と詠った返歌として、

「さもあらばあれ  大和心し賢くば  細乳(ほそじ)につけて  あらすばかりぞ」

と答え、賢い大和ころろさえ持っていれば、乳が出るとか出ないとかで、何も困ることは無いと・・・

いつぞや青トマトさんが、ユダ菌資本の手先ではなかったかと、小林秀雄一家を分析されていた記憶がありますが、その小林秀雄は、妹でドラマ、随筆家であった高見沢潤子の大和魂についての質問にあれこれ答えているのも参考になると思います。要するに小林は、後拾遺集や今昔物語に出て来る用語としての大和心や大和魂について、庶民たちの生活上における賢い融通し合う気心のことであったと分析しています。

そして同じころの女流歌人の紫式部が、政治に携わる公人の心構えを、大和魂として訓話しておりますが、小林秀雄は今昔物語に出てくる挿話、学者の家に忍び入ったドロボウに対し、その学者の几帳面なドロボウ非難が災いして逆に殺されてしまう話を引用して、大和魂とは、融通の利かない堅い学問知識に対して、柔軟な現実生活に即した知恵の事を言ってるのだと、妹高見沢潤子に解説していました。

確かに、安保法案反対運動に対し私は何度も、根底にある日米同盟反対が何故出て来ない?それ無くていくら安保法案反対と言ったところでどうにもならないじゃないかと、何度も批判しました
考えて見ると、小林秀雄が分析した大和魂論を想い返すと納得が行きます。現象形態に対しては反対し、本質面には触れないという庶民の生活の知恵が大いに感じられます(笑)。

後世になって、江戸時代の国学者どもが、漢才に対し「あわれ」「はかりごとのない素直な気質」として大和心を唱えたと史実にあるようですが、私なんぞ戦中少年の記憶としては、貴様!たるんどる!大和魂で磨け!と、怒鳴られる用語としか知りません(笑)。

まあ、総合して見るに、この大和こころとか大和魂とは、情緒的な美的感を耽美することのようです。要するに詠嘆調なだけです。群れて詠嘆するのです。桜と富士山を掛け合わせて(笑)・・・ま、美的感覚面でその心に文句を言ってるのではありません。それはその分野で大いに結構なことです。問題は、内外に亘る生々しい現実の中にあって、何もかもをその詠嘆調で誤魔化してしまう、あるいは誤魔化されてしまうその気質にあると思うのです。

だから詠嘆し、結果に対し慨嘆するだけで、事の本質に対し合理的分析ができないのでしょう。詠嘆とは所与のもの、あるいは構造を、あるがままに批判無く受け入れる心情・・・本居宣長が言う所の「はかりごとのない純粋な気持ち」ですから、結果として騙されても慨嘆するだけで終わってしまう。そのことを前稿で、輪廻転生に結び付く諦観だと申した次第です。そしてその諦観は、深い哲学性の下に培われてきたものでもなく、民族の気質だろうとしました。

締めくくりに小林秀雄の面白く且つ、冷徹な眼識力を表した記述を・・・

『死んでしまった人間とは、大したものだ

鴨長明の方丈記。よく読めば分かると思うが、人間っていうものは、気が立つと気違いじみたマネをする人が多くて、その為に大きな災難や事故が起る。そういう人間の狂気の広さに比べれば、人間の正気とはわずかなもので、方丈くらいの広さしかない。窮屈かも知れないが、正直で居られることで沢山だ、方丈記はそういうことを言ってるのだよ・・・・』

ここにも耽美的四畳半的美的感覚に埋没しようとする日本人気質の一端が分析されていると思うのです。そして和辻哲郎は、

『洋服と共に始まった日本の議会政治が已然として甚だ滑稽なものであるのも、人々が公共の問題をおのれの問題として関心しないが故である。城壁の内部における共同の生活の訓練から生じた政治の様式を、この地盤たる訓練なくしてまねようとするからである。
家を守る日本人にとっては、領主が誰に代わろうとも、ただ彼の家を脅かさない限り、痛痒を感じない問題である。よしまた脅かされても、それは忍従によって防ぎ得るものであった』

ご両人ともよく分析されていたと思う。そこからもう長い時間が過ぎ去った。でも何も変わらない
私はそれを、変え得るとかの問題では無く、本質的な大和民族気質だとしておりますから、変わる筈がない。

生活が脅かされない限り国民は、消極的にシンゾー一派を惰性で支持し 故に、シンゾー一派の政治権力は結構長続きすることでしょう。あれこれマネすることが好きな気質も、外国の政治、文化を情緒的に捉えているだけだからだと思います。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存