ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

金融資本主義の象徴・GSゴールドマンサックス(6) ( No.729 )
日時: 2016/02/13 12:05
名前: 満天下有人 ID:n93hxrUU

アメリカに市場中心主義思想が生まれ、多国籍ユダ菌どものパイを世界に広げるグローバリゼイションの動きが強まったのは、GS・CEOであったロバート・ルービンが1993年にクリントン大統領の要請により、政権における経済担当特別補佐官、及び国家経済会議委員長に就任し、95年に財務長官に昇格、神話化されていた当時のFRB議長、グリーンスパンと並ぶ全米経済界の二大大立者になって以来であろう。

グローバリズムなるものは、誰がやり始めたものでもなく、自然に沸き起こってきた資本主義の一つの形態かと思っていたが、GSの歴史を突っ込んで学習しているうちに、このルービンがグリーンスパと手を取り合って、ITバブル崩壊後に起った新自由主義のウネリに乗って編み出した、ユダ菌多国籍企業のパイを広げるための世界戦略であったことが分かった。

ウイキの要約でも、財やサービスの取引とは無関係な巨額ヘッジフアンドの存在が、グローバリゼイションの特徴として挙げられている。その規模は国民国家のGDPを軽く超え、必要とあれば使い捨てと呼ばれるくらいに雇用を不安定化し、そんなことお構いなく、市場を獲得するために規制を強いている国にはそれを撤廃させ、国境を越えて資金と物資を自由に動かしている。

そしてその先兵機関となっているのが、戦後一貫してIMF,世界銀行、WTOの三大機関である。これらは国際経済機関というより、政治機関と名付けた方がむしろピタリと来る。そしてこれらのトップは必ずと言っても過言ではないくらい、GMのOBか、あるいはその後、GMや、ルービンが経営執行委員会委員長を務めたロックフエラーシテイグループに巨額の報酬で迎えられる。大金融資本の言う通りに動いてくれた謝礼であろう。

サブローン破綻でリーマンショックが起った時に、米政府は約520兆円の公的資金を投入していた。最も多く投入されたのがこの、シテイグループであった。政府保証を入れると約35兆円もの支援を受けていた。政府権力者への100億円単位の報酬など、甘利スキャンダルで追加900万円の疑惑ワイロがまた出たと騒ぐことなど、チッポケなものだな(笑)。

彼らの共犯者は我が国にも存在すると前稿で書いたが、シンゾー政権経済諮問委員会で竹中タコ造が、資本投資に規制の無い経済特区を創ることを提案しているのも、その一つである。だが我が国世論は、バブルを醸成させられそして破壊させられて、あの日債銀、長銀処理の本質が何であったかもわからないまま、今尚、労働の自由化、非正規化が蔓延してきたその根が、この多国籍金融資本にあることの関係に目が行かずに、金融資本と経済の行き詰まり=消費、購買力の低下とは関係ないとする見方が主流になっているのである。TPPの本質=多国籍ユダ菌資本の狙いなど、殆どの者は解っていないことだろう。それはしょうがないことで、しかしジョージ・ソロスの議会証言で日本人の鈍化さが指摘されていたように、少し鈍感すぎる。その感性は、シンゾー政治に対する鈍感さと同じ質なのかも知れない。

第二次大戦終了後に、世界金融の秩序建てとして創立されたIMF、世界銀行、少し遅れて設立されたWTO・・・この三大世界金融貿易の秩序システムを、ユダ菌資本の世界拡汎に応用したのが、GS・CEOから財務長官にまで昇りつめたロバート・ルービンであった。クリントン大統領が全米ユダヤ人協会の支援を得て大統領になった見返りに、経済世界戦略はルービンに任せてしまった結果であろう。

その手始めが1994年の米、カナダ、メキシコによる北米自由貿易圏NAFTAの発足であった。ルービンがクリントン政権の国家経済会議委員長に就任したのが1993年である。

そのNAFTAの原型は1988年の米国、カナダ二国間の自由貿易協定で、10年以内に関税総撤廃を実行するとの協定であった。今回のTPPにおける関税撤廃は、品目ごとに細かく撤廃時期が定められているので、記述が難しいが、その原型は米加自由貿易圏→米加メキシコによる北米自由貿易圏にある。これをアジア太平洋域に広げようとしているのだ。

いずれにしても米加自由貿易協定により、米国食糧メジャーは規制撤廃により一斉にカナダに入り、食糧、食品業界を支配下に置いてしまったのである。それまでは五大穀物メジャーと言われる同族経営の巨大ユダヤ企業により世界の穀物流通の70%もが取扱われていた。北米自由貿易圏発足の頃には、それが更に寡占化されて、カーギル、これに食品多国籍企業のアーチャーダニエルミッドランド・ADM、及びコナグラ三社がメジャーとなっている。余談になるが我が国は敗戦後、一貫してこのカーギル社から主要基幹穀物を農水省の割り振りの下に、マークアップと呼ばれる上納金を国に払いながら輸入して来たのである。

TPPで、農水省による食糧自給率は14%にまで下がると試算されているが、コメ以外のコーン、大豆、小麦は既に米国穀物メジャーにおんぶに抱っこの形になってしまっているから、ここから先の彼らの狙いは何か?ということになれば、シンゾー内閣が唱え出した農協改革を通じ、日本農業の大規模化、株式会社化により、金融資本主義的支配に持ち込もうとする以外に、考えられない。

この手法が見えるのが、米加自由貿易圏であり、カーギル社はこの協定をバネに早速にアルバータ州にカナダ最大規模の食肉処理工場を創立、ADMは小麦粉製粉業界を抑え、コナグラは一般食品業界を支配下においてしまったのである。現在では更に一大限りのGMO種子で農家の自己保存を禁止するユダヤ人企業・モンサントがカーギルとタイアップしてカナダに参入、もめ事ばかり起こしている。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存