ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(3)>経済財、生活財交換手段としての通貨発行の変遷 ( No.793 )
日時: 2016/03/06 22:09
名前: 満天下有人 ID:DkYWf98A

通貨論も既に何度もやって来たことではありますが、それでも世の中、未だに誤解したままの向きが多いようですね。

確かに、ベーシックインカムとか政府紙幣論者は、通貨の一面しか見ておらず、更には必ず「悪性インフレ
が起らない範囲で」と、微かに条件を付けている論者が多いようです。それは取りも直さず自らが、その副作用をある程度分かっていることを証明しているようなものです。

だから大掛かりには出来ない、やばい、そう思っているのに、何故そうなのかの構造的側面に理解が及んでいない。根本的には通貨に対する価値観は、生活者人間の感覚によると思います。明確に認識はしていなくともその感覚の背景には、わが国はこれこれの経済力があるとか、社会制度がしっかりしているとか金融市場が整備されているとか、それぞれに感覚的ではあっても、自国通貨に対し一定の信頼を無意識の内に置いていると思うのです。

それは、何経済社会であろうとも、通貨は経済財、生活財交換にとって必須手段であり、そして何生産社会であれ人間の通貨の価値に対する感覚は同じだということ、それが私の持論です。過剰発行の通貨に対する民衆の嗅覚もまた、敏感です。資本主義的生産社会では、歴史的に見ても寡頭勢力が一番その本質を理解していた、通貨発行権の話が少し絡み、文脈を少しややこしくしますが、融通無碍なるこのおいしい通貨、ならば通貨全体の発行権をも最初から握ってしまえ、同時に一般大衆にこの通貨には価値があると思われなければ通用しない、ならば金兌換紙幣だ、・・・これが世界初の中央銀行・イングランド銀行発足の契機でした。

歴史が下って、米ドルが基軸通貨になり、世界経済の交換手段となり、とてもじゃないが金兌換ではやっていけない、表向き金の頸木が無くなっても、大衆による通貨への信頼感は上記のような感覚がバックボーンになっていたから、ドル価値が維持されて来た。

だが、その発行量が金利水準によって調整される、オカネ嗅覚に鋭い勢力たちは、紙幣と経済力のバランスをうまく舵取りしないと、自からにとっての金の卵を潰してしまうことになる、しかも金融が主導し始めた資本主義経済にあっては特に、そのバランスに注力する必要がある。これが資本主義経済における通貨価値維持の本音であり、逆に逆手に取れば、いかようにも相手国を振り回すことも可能になります。一国だけの通貨発行量の操作は、できるものではない、そのことについてはどれかの稿で書きました。現に次期大統領候補のヒラリー女史など、日本は為替操作疑惑国であると言い出していることも、その一例でしょう。

資本主義経済体制下の中で、歴史的に経験して来たことを踏まえて、だからどの国でも政府と中央銀行は、相互牽制のシステムを取っている。それも寡頭勢力たちが歴史的な経験を踏まえて、スイスに集まって検討した結果でしょう。それでも中央銀行が通貨発行権を独占しているから民衆にオカネが回って来ないと言うのは、事の一面しか見ていない皮相的な物の見方です。民衆にオカネが回って来ないのは、資本主義経済=私的利潤動機が無い限り資本は、オカネは配給しません。制度が民衆にオカネを渡さない仕組みになっているのであって、それに加担する政府が、オカネを民衆にばら撒く筈がありません。それは通貨の発行権云々とは全く関係ない次元の話です。

それを政府紙幣発行論者は、中央銀行が悪い、そこに通貨発行権を与えているからだと、事実誤認も甚だしい認識から論を発しているので、土台噛みあう筈がありません。

要するに政府紙幣発行論者は、わが国で言うなら日銀から通貨発行権を取り上げて政府に移せ、さすれば民衆がオカネを管理でき、社会保障もうまく行くとの単純な理窟のようで、何だか通貨発行権とは関係ない政府政策上の問題を通貨の問題に絡めてしまっているのですね・・・

むしろ我が国の場合は、政府の方が事実上の発行権を握っていると思います。政府が国債発行すれば日銀はノーとは言いません。だが上記しましたように、政府と中央銀行による相互牽制システムにしておかねば具合悪くなってきたその間の状況を十分弁えているから、いかにも政府には発行権限がないように見せかけているだけで、通貨法を読めば、日銀には通貨発行権は無いことは、一目瞭然になっているのに、それを知らない右翼連中が多いのですね・・・

今回は基本事項整理して始めたいので、少し堅苦しくなりますが(多分ご存知のことだろうとは思いますが)、今回は先ず、通貨発行権は日本銀行のものだとする事実誤認から始めます。

わが国通貨に関する法律は、「通貨の単位及び貨幣の発行などに関する法律(昭和62年規定)」と、「日本銀行法(平成9年規定)」の二本立てで規定されております。

日銀法で日銀は、通貨を発行するとされておりますが、第49条で、「日本銀行券の製造は、手続きを定めて財務大臣の許可を得なければならない」としている通り、ちゃんと政府権限で縛られているのです。それでも政府紙幣発行に熱心な向きは、要するに通貨に対しても独裁権限を与えたいのでしょう。強権主義の内閣官房長官である菅義偉などその筆頭であり、それを擁護したい右翼連中に政府紙幣論者が後を絶っていません。菅官房長官など、平成9年に選挙対策副委員長として、不評だった定額給付券の代わりに、どうしても政府紙幣発行を要すると先頭に立っておりました。

だがその見合いの日銀券回収をどうするのか、二種類の通貨が世に出回りインフレを超える不具合が出た時に備えるにせよ、実務的にも荒唐無稽な論として退けられてしまった。政府紙幣は行政権による通貨発行であり、回収不要の債務性の無い通貨ですから、金利政策など金融政策をどう取るのか、政府紙幣論者にはそこまで詰め切った論が皆無です。日銀券はむしろ、金融市場の中で発行される私法上の性格を有し、色んな調整の手段が取れる。だがそれもできない政府紙幣と、国際的にも単独政策が取りにくい、否、取ることが不可能な通貨市場において、一体、そことの整合性をどうするのか、これも政府紙幣論者から聞いたことがありません。まあ独裁歓迎の右翼単純思考からの無責任な発言でしょうから、まともに向きあう必要もないことです。

要するに通貨に何故債務性を持たせているのか、その重要な理窟が分かっていないのですね。債務性の無い、よって還流償還の必要性のない、しかも金融政策が取れない政府紙幣を発行して世界相手にどうするのか、それも聞いたことがありません。第一、現在の安倍内閣にその権限を与えたらどうなるか、想像しただけでもゾッとします(笑)。現に通貨発行権を事実上発動したかの如き超金融緩和をやってきましたね、日銀は何も言えない、これ以上やったらどうなるか・・・そしてそんな独裁色の強い内閣をダラダラと指示している国民に、通貨発行の責任など、取れる筈がありません。

そして冒頭に戻りまして、何の債務性も無い紙切れを、あたかも図画工作の時間に作りまくるそんな紙に対し民衆が、果たして価値観を持つだろうか?という疑問がふっきれません。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存