ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2222] 続・当代世間騙し装置
日時: 2015/02/14 08:24
名前: 満天下有人 ID:QNV3UuGE

毎日変なノートンのマークが画面に出て、ウイルス恐怖を煽られる。ノートンの指示に従って掃除したら、ここ掲示板で新規スレッドを立てた時に入れたPWが消えてしまって、投稿文の訂正が出来なくなってしまった。

そこでPWを入れる為に、再度スレッドを立てて見ます。投稿記事は全て今日までの重複投稿ですのであしからず。

2月9日投稿分:生存本能の為に生き残ろうとするテクニックは、生物によって様々だ。

好きな番組であるNHKのダーウインが来た、を見るにつけ、何時もそう思う。

どのような生態系であっても、原理は太陽エネルギーと水によって生態系が構成されている大原則がある。そしてその土台の上にあって、その生態系はそれぞれに生存を維持する為に、エネルギーが不足して来ると他の生態系が有するエネルギーを奪う本能的な細胞を有している。

そしてその行為が各種生態系の生存のバランスを保つ効果を有している。大蟻の過剰発生を抑えてくれるのが、蟻喰いの存在であるとか、そのような相互天敵の存在が自然生存のバランスを保つという合理性で地球は成り立っている。別の生態系が過剰になると別の生態系が、それを潰しにかかる、という具合にだ。

中には潰されないように擬態を発揮する生態系もあれば、先に生存エネルギーを得る為に擬態で相手を待ち構えている生態系もある。枯葉と見分けがつかない虫や、サンゴかと見間違うタツノオトシゴなどが、前者の例だ。後者の代表例にはカマキリが居る。

何を言いたいのかと言うなれば、既に真意は見抜かれている(笑)、そう、人間社会における、特に政治経済における擬態は日常茶飯事である、ということだ。言い換えると人間社会における擬態とは、世間の騙し装置であるということだ。

この生態系が巣食っている領域が永田町であり、霞が関であり、より広い範囲での擬態は、抽象的概念としての自由、民主主義である。擬態に騙される側は、自らも殺されずに、そこそこに生かされて来たものだから、天敵が定かに見えず、だが、どうも昨今のおかしな状況は、天敵が少しのさばり過ぎてはいないか、との、何だか天敵が明確には見えないのだが、どうもおかしいと感付き始めた。

しかし、イスラム過激は悪だ、との風潮、それは一部イスラムとしても、このままではキリスト教圏天敵が、お互い天敵でも、バランスが取れる範囲を超えて来た以上、防御的攻撃を仕掛けねばならなくなった、そのようにも見える。むしろキリスト教圏天敵は、擬態で錯覚を起こさせ、イスラム圏生存のエネルギーを狙っていた、騙していたとつまりキリスト教圏はカマキリだと・・・・

攻撃的擬態どもには勝てない。一つはそれらを我々が保存し、ある意味、保護しているからだ。こちらは守備的擬態になれない。少々色を変えて擬態騙しをやっても、最初から見抜かれてしまっているから、どうしようもない。永田町や和美が関に仕掛けられて来る擬態、消費税増税に還付制度を設けるとか、日銀超金融緩和でトリクルダウンによって民衆も潤うとか、イスラムテロは許せないと言う擬態には、アメリカ従属という本色、その先に憲法改悪が隠されている。

擬態と言う騙し装置が強化されて来ている。いよいよ生存をかけた最終闘争が迫って来た。この生存競争は生態系が別の生態に対して為されるのではない。同じ人間なる生態系においてである。しかも同じ国の中においてである。擬態にはしょっちゅう騙されるのが生物の宿命ではあるが、しかしトンマな騙され方は良くない。弱い証拠だ。




メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

日本資本主義揺籃の場(4)>政府紙幣発行によって、経済関係が好転すると思う浅はかさ ( No.795 )
日時: 2016/03/07 18:20
名前: 満天下有人 ID:W4OKDEtU

ニホンザルさん、資本主義とお金の関係を簡潔によく纏められましたね、本質を突いていると思います。

皇居前、大手町から丸の内界隈の住人だった頃を今思い出しても、その一員であったことから、あの鉄壁のように組み込まれた日本資本主義に、雇用を第一義に考えるような片鱗は、一片もなかったように思います。資本主義である以上、当たり前のことであります。ましてやユダ菌多国籍企業となると、更に厳しいですね。昔、基幹食糧で、多国籍企業の向こうを張ってメキシコ湾でインフラ投資をやったのですが、僅か5年で潰されてしまいました(笑)。

何度も言ってきたことですが、生活者がお金を得る雇用は、それが社会的付加価値創出の第一義的源泉であるのに対し、私的資本にとっての雇用は、抑えるべき「コスト」にしか過ぎない、ここに大きな対立の矛盾が存在していて、内部留保を取り崩してまで雇用するという動機は、元々無いのが資本主義なのです。通貨はあくまでも結果としてのコスト支払いの手段にしか過ぎない。

そこを勘違いして、政府紙幣を発行して雇用を増やせば万事うまく行くと思うのは、二律背反を地で行くようなもので、そんなことで矛盾は内包したままで資本主義が良くなると思うのは、ユートピアに過ぎません。未だに認識が甘い民衆が多すぎます。

二律背反とは、どの国を見ても政府は資本の代弁者であり、金融資本の言いなりになってる下僕なのだから、その構造の中で行われる政策、それがよしんば雇用のための政策であっても、必ず大資本を通じてあるいは行政を通じてしか発動されない。つまり、私的資本の利潤蓄積動機を守り、それを通じてしか政策は発動されない。例えば介護問題にしてもそうでしょう・・・事業者の利潤確保がありきから事は始る。雇用する側の論理が優先される資本主義の命題、非正規労働がいつの間にか広がってしまっている、何の為に?誰が?胸に手を当てて見れば簡単に分かることなのにね・・・

ユダ菌多国籍企業どもの仕掛けであることは明らかでしょう。端的には日米年次構造改革協議を通じて、実行されて来ました。だが世間では、ユダ菌とは関係ないとする意見が根強くありますね、物の見方が扁平なのです。あれほど世界に影響を与えたリーマンショック一つとりあげて見ても、その構造は明らかなのに、右翼という連中は単眼なのか、あるいはそのことが分かっていても、独裁志向だから、本音は出さずに単純に資本主義を擁護してしまう。淡々と冷静に事実関係を追及しているだけなのに、逆に騒ぎ立てて食ってかかって来るのが彼らでしょう、多分ニホンザルさんが相手にされたのも、そのような人達でしょう(笑)。「義」とか「道」とかの文字を眉間に鉢巻して血気にはやる維新の時の新撰組のようなもので、そのくせユダ菌の前に出るとひとたまりもない。

そのような資本主義の宿命である構造を無視しておきながら、一方で資本主義は限界に来たと嘆く(笑)のもまた、彼等です。つまり雇用は金融テクニックで解決=通貨の配給で解決できるものではなく、本来的に、宿命的に資本主義が内臓する矛盾なのであって、だから抜本的な社会構造の転換が無い限り、これも難題ですが、資本を社会的に共有できない限り、現行制度の中ではどうすることもできない「構造」なのです。

面白いのは、資本主義には自由があるからとして、内蔵する矛盾には触れずに、格差の存在は人間の宿命であるとして情緒的になってしまい、科学的アプローチもせずに形而上的で情緒的な感覚で、資本主義的経済関係という極めて形而下の肝心の矛盾にまで気がつかない。経済体制と言う極めて科学手な分析によって迫らねばならない命題を、社会一般制度と混同してしまっているのです。社会的付加価値生産とその分配に預かるという、労働を提供して生計を維持せねばならない極めて当たり前の事が、私的資本主義の命題によってブロックされてしまっている、そのことに触れずして次は、パラダイムチエンジが必要だと言い出す(笑)。もう支離滅裂です。雇用の問題は、事程左様に資本主義的経済関係による根本的な問題であって、通貨を与えることで解決できる問題では無いということを、先ず押さえておきます。

更には、金融資本の下僕にしかなり得ない政治が、そこと縁を切れる筈がありません。資本主義を前提にする政府が、できる筈が無い。金融資本にまで特化されて来たのが、正に資本主義なのですから。一歩譲って、では政府に通貨発行権を与えれば、国際金融資本と縁が切れるとして、その後は具体的に政府紙幣でどのように経済社会が動いて行くのか、その展望も聞いたことがありません(笑)。

一般論はさておいて実務的に考えても、中央銀行を廃止して、政府発行通貨一本やりで行くのか、一部を政府紙幣でやるのか?そこも常に曖昧なままでしょう・・・実務的にはどう使うのだろう。二重通貨として日銀券と共に銀行に扱わせるとして、二重のATM設置を要する。流通させる政府紙幣は、どこに扱わせるのでしょうか?別途財務省換金所を全国に創るか(笑)。多分、日銀券と違って債務性の無い紙幣、行政権によって発行される政府紙幣ですから、償還義務も無い通貨の市場性評価が出来ない、為替はどうするのだろう?

もっと大事なことは、日銀券との価値をどうのように同一にするのか。いかなる財も購入できるのか、輸入品決済には先ず使えない。そもそも為替交換通貨として認められないだろうから、その場合は政府紙幣と日銀券を一々交換するのだろうか?そんな国の通貨を世界市場はどう見るだろうか?その反動影響に耐え得るのだろうか?

更なる問題は、現行積み上がった政府借金は、二重通貨の下でどのように扱う積りなのだろうか?これも答えに接したことはない、というより、無視してしまっているのである。そんなアバウトな通貨論を引っ提げて、政府が通貨を発行すれば経済問題は片付いた、新たな社会が出現するなどと、果たして言えるものなのか・・・政府が聖人でもない限り、政府が通貨発行権を持てば、すべて解決とするは、歴史に照らしても甘すぎるし、単純過ぎて正視もできない。話は逆で、政治は常に私的資本、金融資本になびく本質を持っている以上、政府による通貨発行権の公正公平性は、どこが維持するのか?・・・国会?(笑)、無様な様を毎日見せつけられて、あんな所に発行を審議させるなど、身の毛が立ってきます。手のうちを国際金融筋に晒すようなことになります。

審議を横目に国債市場、金利市場が毎日大きく上下することでしょう(笑)。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存