ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2369] 進歩とは・・・進歩をコントロールしなければならない時代に入った
日時: 2016/02/03 14:57
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:UK7Ssb.I

>進歩とは、望ましい方向へ物事や文化、文明などが進んでいくことである。

進歩と言っても具体的な概念はというと、それほど明確に認識出来ているものではない。
人類にとって進歩が不可欠であるか、否かを検証してみよう。

科学技術の進歩と言う領域は、飢えをなくし病苦から解放されると意味で、明らかに人類に幸せをもたらせてきたと言える。
生活に必要な物資の供給もそうであろう。

ここで問題にしなければならないのは、それらの進歩と文化文明の関係であろう。

文化にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の成員として獲得する振る舞いの複合された総体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。

・ハイカルチャーのように洗練されたもの
・象徴的な思考や学習による信念やふるまいのパターン
・ある社会組織に共有されている価値観

また、文明とは、人間が作り出した高度な文化あるいは社会を包括的に指す。
とある。

科学技術の進歩は、明らかに文化の進歩の形態と言えるであろう。
ただし、文化の意味の本質には上記のとおり、ある社会の共通の信念、価値観があることを忘れてはならない。

現代社会の特徴は、一つの言葉で現せば民主主主義と言うことになるであろう。
民主主義の直接的な意味は、国家体制における主権在民である。
現代では、それ以外に、民主主義と言う言葉で個人の権利を保証することに重きが置かれている。
だが、それは(個人とは)同時に個人の総体でもあらねば、単なる弱肉強食の時代への逆戻りである。

現代文明の象徴たる科学技術の進歩が、必ずしも民主主義文明の必要十分なる条件を満たさなくなっていはじめていることを認識しなけらばならない。

ある面での科学技術の進歩、流通システム、金融システムなどが、人類全体の幸せ(文明のあるべき本旨)に違背しはじめていると言うことである。

それは巨大資本によるグローバル化経済が、多くの弱者を切り捨て、現代文明と言われている領域から締め出そうとしていることに気がつかねばならない。

冒頭に「進歩」と言う言葉を使ったが、同じような意味に、生物学的には「進化」と言う言葉があるそうである。
人類にとって、科学的な進歩は著しいが、「進化」と言う面では、そんなんに変わってはいないと言うことである。

その乖離が問題であるのであるが、次の面から検討してみよう。


「足るを知る者は富む」
これは孟子に言葉である。意味は、

>足るを知る者は富むとは、満足することを知っている者は、たとえ貧しくとも精神的には豊かで、幸福であるということ。

この格言は、2500年経った現在でも生きていて、次の文章が出ています。

(足るを知る)

私たちは現状に満足できず、今ない何かを求めます。

「これさえがあれば」
「あれができれば」

今より多く、今より高く。
もっともっとと必要以上を欲っしています。

「今」を否定し受け入れることができずにいる。
満たされることなく、ずっと虚無感を抱えたまま生きることになってしまいます。

人は慣れる生き物です。
どんなに魅力的に思えたものもいずれ飽きて興味が失われます。

また新しい刺激を求めて別の何かを手に入れる。
その刺激にもすぐに慣れて、より強い刺激を求めるようになる。

何度も同じことの繰り返し。

それではいつまでも満たされることはありません。
どこまでも幸せを実感できずに苦しむことになるのです。

今に満足する

刺激を追い求めることをやめてみるのです。
何かに依存した幸せでは長くは続きません。

何かを求めても、何かを得ても、手に入るのはつかの間の満足感だけ。
決して心から満たされることはないでしょう。

「これが足りないから自分は幸せになれない」
そうやって、感じている不満を何かのせいにしても変わりません。

足るを知ること。
ないものではなく、あるものに目を向ける。

強い刺激に慣れて感覚が麻痺してしまっているのです。
些細なことを大きなことのように感じてしまっているのです。

形あるものばかりに囚われていては大切なものが見えなくなる。

今ある幸せを意識してみましょう。
当たり前の中にある幸せを感じてみましょう。

足るを知り今に満足できれば、私たちは穏やかな心で暮らしていくことができるのです。

足るを知る者は富む

足るを知るとは、自分をごまかし我慢することではありません。
何も求めずダラダラと過ごすことでもありません。

際限なく求め続けるのではなく、足ることを知る。

他人と比較し争うために、必要のないものを足していかなくていい。
競争の人生からおりないかぎり満ち足りた人生はやってこない。

どれだけお金を持ち、地位や名誉を手にしたところで虚しさ埋めることはできません。
幸せを決めるのは持ちものや環境ではなく、心の在り方です。

増やすのではなく減らす。
手放した先に豊かさがある。

足りるを知る人は今に満足することができます。
現状を肯定して、ありのままを受け入れることができるのです。

私たちが幸せに生きるために多くは必要ありません。
足るを知るシンプルな生活を心がけて豊かに生きていくのです。

(引用終わり)


物質文化の進歩は、孟子の時代より、更に多くの問題を引き起こしているのです。
100円ショップの氾濫に浮かれる前に、我々は我々の社会の成り立ちと言うものを考えねばならない。

富者の欲望に合わせて社会を考えていることは、社会自体の破滅につながり文明の衰退となることを認識しなければならない。
「進歩」を否定するものではないが「進歩」だけを考える時代ではなくなってきたことを認識すべきである。

最後に事例を挙げると、
経済の進歩が至上であると言う認識を捨て、バランスのとれた経済の形を追求することが必要である。
あらゆる面で、人類全体の身の丈にあったシステムを模索することである。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

ITの街構想 ( No.3 )
日時: 2020/07/28 17:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:Rj6UiAXk

最先端都市「スーパーシティ」とは? 2030年の街づくりを支える10分野

人工知能(AI )やビッグデータを活用し、社会のあり方を根本から変えるような都市設計の動きが国際的に急速に進展している。内閣府は、2030年頃に実現される最先端都市「スーパーシティ」構想に実現に向けて、国家戦略特区制度を活用し、2019年夏以降に公募で選定した複数の自治体で実証を開始する予定だ。政府は2030年の街づくりについてどんな構想をしているのか。

内閣府が推進する「スーパーシティ」構想とは
 内閣府の国際戦略特区は2018年11月末、「第3回『スーパーシティ』構想の実現に向けた有識者懇談会」を開催した。第四次産業革命を先行的に体現し、革新的な暮らしやすさを実現する最先端都市「スーパーシティ」構想の考え方をとりまとめた中間報告書を公表した。

 世界最先端の技術を実証するだけが目標ではない。第四次産業革命後に国民が住みたいと思う、より良い未来の社会、生活を包括的に先行実現するショーケースづくりを目指している。

 「スーパーシティ」の基本の構成要素として、以下の4つを挙げている。

未来像
住民の参画
強い首長
技術を実装できる企業

「未来像」では、物流や医療・介護、教育など領域にまたがる社会の未来像の先行実現を目指している。

<未来像の構成要素(10分野)>
移動:自動走行、データ活用による交通量管理・駐車管理など
物流:自動配送、ドローン配達など
支払い:キャッシュレスなど
行政:ワンスオンリーなど
医療・介護:AI ホスピタル、データ活用、オンライン(遠隔)診療・医薬品配達など
教育:AI 活用、遠隔教育など
エネルギー・水:データ活用によるスマートシステムなど
環境・ゴミ:データ活用によるスマートシステムなど
防災:緊急時の自立エネルギー供給、防災システムなど
防犯・安全:ロボット監視など

 内閣府では、10分野のうち少なくとも5つの領域以上で、実証事業レベルではなく、2030年頃に実現される未来像を域内限定で完全実施することを目指している。

>「スーパーシティ」構想実現で変わる暮らし
 では、「スーパーシティ」構想の実現で国民の生活はどう変わるのだろうか。

 街なかでは、キャッシュレス、自動走行・自動配送、自動ゴミ収集の利用イメージを紹介している。

 ここで、キャッシュレスの最近の動きを紹介したい。日本では、海外諸国と比較して、キャッシュレス化の進展が遅れている状況にある。

 こういった背景を受け、政府では、今後10年間(2027年6月まで)でキャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とする目標を掲げている。

 政府は、2019年10月に実施予定の消費税の税率引き上げにあたって、キャッシュレス決済した消費者へのポイント還元を検討している。ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し、会社負担分を政府の予算で補助することを視野にいれている。


>トヨタが手がける実証都市「Woven City」 静岡県裾野市で2021年着工スタート

プロジェクトでは、人々が生活を送るリアルな環境のもとで、自動運転をはじめ、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術などの導入や検証が行なえる実証都市のスタイルが提示されている。

しかも、その構想は極めて具体的だ。実際にウーブン・シティの建設地は、2020年末に閉鎖予定であるトヨタ自動車東日本・東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を利用すると決定済みで、着工は2021年からスタート。街の設計はデンマークの著名な建築家ビャルケ・インゲルス氏が担当する。

初期はトヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめ、2000名程度の住民が暮らすことを想定。将来的には175エーカー(約70万8000平方メートル)の規模で街づくりを進めるという。折しも2020年は5Gの本格商用化がスタートする。コネクテッドで実現する未来の街が、トヨタの手によって具体化するのだ。

詳しくみると、街を走る”道路”の構想も練られており、カテゴリー別に大きく下記の3タイプに分けられるという。

1)スピードが速い車両専用の道として、「e-Palette」など完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道
2)歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティが共存するプロムナードのような道
3)歩行者専用の公園内歩道のような道

 それらの道が網の目のように織り込まれることで、使い勝手が考慮された街作りとなっている。

 また、e-Paletteは人の輸送やモノの配達に加えて、移動用店舗としても活用。街の中心部や各ブロックごとには、人々の集いの場として様々な公園・広場が作られ、住民同士もつながり合うコミュニティが形成される。さらに街の建物は主にカーボンニュートラルな木材が使われ、インフラ設備は暮らしを支える燃料電池発電も含めてすべて地下に設置。屋根には太陽光発電パネルを設置するなどして、街作りを環境との調和やサステイナビリティを前提として進めていくという。

今回の発表にはトヨタの豊田章男社長が登壇。「ゼロから街を作り上げることは、街のインフラの根幹となるデジタルオペレーティングシステムも含めた将来技術の開発に向け、非常にユニークな機会となる。当プロジェクトでは、もっといい暮らしとMobility for Allを私たちと一緒に追求していきたい方すべての参画を歓迎する」と述べた。

未来の都市をいち早く体験したいと思っている人にとっては打ってつけのエリアとなることだろう。

https://www.automesseweb.jp/2020/01/21/318182

(引用終わり)

何か勘違いしているのではなかろうか。

便利であっても、こんなに管理された街に住んで、本当に幸せなのであろうか。

幸せとは便利さであろうか。

人間は、混沌の中で自分を見出すことに生きがいを得るのではなかろうか。

ITの街など、非人間的な街ではなかろうか。

メンテ

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存