ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2750] 日本のミサイル防衛網
日時: 2017/08/12 16:24
名前: topics editor ID:lgvsliH.

最近、北朝鮮がグアム近辺に4発のミサイルを発射すると言い、大騒ぎとなっています。

そこで、良く言われている様に北朝鮮が日本へミサイルを打ち込んできたらどうするかの問題です。
自衛隊では、その防衛のために日本海にイージス艦を配置し、イージス艦に積み込んだSM3迎撃ミサイルで迎撃し、撃ち漏らした場合は、陸上のPAC3迎撃ミサイルで撃ち落とすと言う二重構造になっていると言います。

そこでSM3、PAC3の性能を見てみましょう。
SM3は有効射程距離が200〜500qと言われています。
PACはそれが20〜40qです。

北朝鮮が日本を攻撃するばあい、おそらく射程1300qのノドンミサイルでしょう。
そのコースが問題であり、水平に近い飛行ならSM3でも迎撃できるでしょう。
しかしながら山形コースを取れば、最大高度は2000qとすることもでき、SM3では発射直後を狙わねば迎撃は出来ません。

発射から数分後にはSM3を打ち上げねばならない事になり、予告でもなければ、おそらく対応出来ないでしょう。
迎撃するか否かなどを防衛庁本部に問い合わす暇などありません。
防衛庁から内閣に連絡をしていては結論が出る頃にはミサイルは日本に届いています。

形はイージス艦を日本海に浮かべていても、実際は役には立ちません。
それでミサイル防衛の2段階目(実際にはこれだけ)、PAC3での迎撃ですが、これがまた心もとない限りです。

なんとPAC3の有効射程距離は20〜40qです。
もう肉眼でとんでくるミサイルが見えるようになってからの事です。
幾ら命中精度が良いと言っても、20〜40q先の目標より撃ち落とせないのですから、自分の方に向かってくるミサイルの迎撃だけよりできません。

PAC3の設置していうところから50qも離れていては、迎撃どころではありません。
要するにPAC3の守備範囲は直径で20〜30qと言ったところです。

東京を守ろうとすれば、23区だけでどれくらいのPAC3を配置しておかねばならないか、考えただけでもミサイル防衛など出来ないことが解ります。

自衛隊(政府)が言う事とは裏腹に、SM3、PAC3の性能を知っている北朝鮮が、日本の弱点を理解し攻めてきたなら、日本のミサイル防衛網

など裸同然なのです。

それが解っていれば、北朝鮮が言っているグアムへの発射の道程にある島根、広島などへ自衛隊のPAC3部隊をあわてて移動させている様は、全く子供の遊びの様なものです。

グアムへ向かうミサイルの高度は1000qはあるでしょう。SM3もPAC3もお呼びではないのです。
ですが、さすがに恥ずかしいのか、政府はミサイルの破片が落下してきたときに備えてPAC3を配置したと言っています。

まずねえ、それも実際にはできません。
自然落下する様な物体の弾道計算はPACのコンピューターで瞬時にできるものですか。

また、それが出来たとしても、仮にミサイルの攻撃目標が日本であったとしても、高々十数基のPAC3で、何処を守ると言うのでしょう。

全部隊を投入しても、せいぜい出雲大社がある出雲市くらいでしょうね。

1兆円も使った日本のミサイル防衛システムは単なる机上の空論である事が、実際に証明されました。

アメリカでも大陸間弾道ミサイルが飛んで来れば、すべて迎撃できないと言うか、ほとんど迎撃できないのでしょうね。
ワシントンくらいは守れても。
また北朝鮮も態々失敗するワシントンなどは攻撃しないでしょう。
だから、あれほど北朝鮮のミサイル開発を警戒しているのです。

どこへ来るか解っているミサイル防衛の成功率と実戦とは、全く異なるのです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日本のミサイル防衛網 ( No.43 )
日時: 2018/02/16 19:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:z7YYvXxw

通常国会が始まり、いろいろな議論が飛び交っている。

憲法9条改正もそうであるが、新たなミサイル防衛システム、イージスアショアの導入、巡行ミサイル導入も次期防衛予算に計上されているようだ。

野党の質問は、イージスアアショアの命中精度が悪いとか、巡行ミサイルは先制攻撃を目的にするものだか、政府答弁に文句をつけているようだ。

確かに来年度予算で、5兆円を超える防衛予算の一般会計における比率は大きい。
一般会計の予算が100兆円と言っても、その中に、国債関連費が25兆円、地方交付金が15.5兆円、国家公務員の人権費7.8兆円が含まれている。
純粋に使える予算は、52兆円。

5兆円と言うのは、その1割にあたる。
そりゃ、自衛隊員を増やし、装備を最新のものとして国家の安全を図るのも良いが、予算を使いすぎる。
年金や失業対策、老人介護などの福祉予算に回すべきである。

この一点で政府予算に反対すれば良いのであるが、野党の追及は、

>イージスアアショアの命中精度が悪いとか、巡行ミサイルは先制攻撃を目的にするものだ!

という話に明け暮れている。

イージスアショアの命中制度が悪いと言っても、無いよりは増しであろう。
巡行ミサイルを持つことも、迎撃ミサイルが完全でなければ、余計に必要な防衛手段であろう。

ミサイル迎撃システムなど、もともと100%信頼できるものではない。
このスレッドでも書いているように、はっきりとした目標に向かってくるミサイルは迎撃できても、どこへ行くか解らないミサイルの迎撃は難しい。

現代の戦争はミサイル攻撃で始まるもの、要するに最初の攻撃である程度の被害が出るのは避けられない。
防衛しようと思えば、次のミサイルが飛んでくるまでに、相手の基地を爆破する以外はない。
それをしなければ、幾ら迎撃をしてみても、3次、4次の攻撃で致命的な被害を蒙る。
現代戦で、敵と味方がにらみ合って銃砲を撃つなどは考えられない。

それなのに、巡行ミサイルを持つことは先制攻撃となり拳法違反と言う野党の論理はとても信頼できない。
野党に防衛責任は果たせるとは思えない。

何の為の自衛隊である。
最も、憲法を重視するなら、自衛隊自身を解散して清く正しく理念を貫けば良いのである。

子供が駄々を捏ねる様な議論に終始する我が国の姿は、世界中で不思議の国と思われているであろう。
その根拠が、戦争に行かされたくない!

冗談ではない、世界中の国では、国民が国を守ると言う意識を持つことを要請しているものである。
拳法9条の問題を解決して、もっとしっかりとした防衛論議をするべきであるのだ。

結果、予算が無いので防衛費を3兆円に押え、イージスアショアも巡行ミサイルの配備も諦めるのであれば、私も納得出来る。



メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存