ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[2750] 日本のミサイル防衛網
日時: 2017/08/12 16:24
名前: topics editor ID:lgvsliH.

最近、北朝鮮がグアム近辺に4発のミサイルを発射すると言い、大騒ぎとなっています。

そこで、良く言われている様に北朝鮮が日本へミサイルを打ち込んできたらどうするかの問題です。
自衛隊では、その防衛のために日本海にイージス艦を配置し、イージス艦に積み込んだSM3迎撃ミサイルで迎撃し、撃ち漏らした場合は、陸上のPAC3迎撃ミサイルで撃ち落とすと言う二重構造になっていると言います。

そこでSM3、PAC3の性能を見てみましょう。
SM3は有効射程距離が200〜500qと言われています。
PACはそれが20〜40qです。

北朝鮮が日本を攻撃するばあい、おそらく射程1300qのノドンミサイルでしょう。
そのコースが問題であり、水平に近い飛行ならSM3でも迎撃できるでしょう。
しかしながら山形コースを取れば、最大高度は2000qとすることもでき、SM3では発射直後を狙わねば迎撃は出来ません。

発射から数分後にはSM3を打ち上げねばならない事になり、予告でもなければ、おそらく対応出来ないでしょう。
迎撃するか否かなどを防衛庁本部に問い合わす暇などありません。
防衛庁から内閣に連絡をしていては結論が出る頃にはミサイルは日本に届いています。

形はイージス艦を日本海に浮かべていても、実際は役には立ちません。
それでミサイル防衛の2段階目(実際にはこれだけ)、PAC3での迎撃ですが、これがまた心もとない限りです。

なんとPAC3の有効射程距離は20〜40qです。
もう肉眼でとんでくるミサイルが見えるようになってからの事です。
幾ら命中精度が良いと言っても、20〜40q先の目標より撃ち落とせないのですから、自分の方に向かってくるミサイルの迎撃だけよりできません。

PAC3の設置していうところから50qも離れていては、迎撃どころではありません。
要するにPAC3の守備範囲は直径で20〜30qと言ったところです。

東京を守ろうとすれば、23区だけでどれくらいのPAC3を配置しておかねばならないか、考えただけでもミサイル防衛など出来ないことが解ります。

自衛隊(政府)が言う事とは裏腹に、SM3、PAC3の性能を知っている北朝鮮が、日本の弱点を理解し攻めてきたなら、日本のミサイル防衛網

など裸同然なのです。

それが解っていれば、北朝鮮が言っているグアムへの発射の道程にある島根、広島などへ自衛隊のPAC3部隊をあわてて移動させている様は、全く子供の遊びの様なものです。

グアムへ向かうミサイルの高度は1000qはあるでしょう。SM3もPAC3もお呼びではないのです。
ですが、さすがに恥ずかしいのか、政府はミサイルの破片が落下してきたときに備えてPAC3を配置したと言っています。

まずねえ、それも実際にはできません。
自然落下する様な物体の弾道計算はPACのコンピューターで瞬時にできるものですか。

また、それが出来たとしても、仮にミサイルの攻撃目標が日本であったとしても、高々十数基のPAC3で、何処を守ると言うのでしょう。

全部隊を投入しても、せいぜい出雲大社がある出雲市くらいでしょうね。

1兆円も使った日本のミサイル防衛システムは単なる机上の空論である事が、実際に証明されました。

アメリカでも大陸間弾道ミサイルが飛んで来れば、すべて迎撃できないと言うか、ほとんど迎撃できないのでしょうね。
ワシントンくらいは守れても。
また北朝鮮も態々失敗するワシントンなどは攻撃しないでしょう。
だから、あれほど北朝鮮のミサイル開発を警戒しているのです。

どこへ来るか解っているミサイル防衛の成功率と実戦とは、全く異なるのです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

「イージス・アショア」配備中止 ( No.44 )
日時: 2020/06/25 20:23
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:BQuDZ6BA

「イージス・アショア」

陸に上がったイージスシステムのことだそうです。

http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50788821.html


イージスシステムと言うのは、総合的な戦闘システムとして完成された。イージス・システムのなかでは、レーダーなどのセンサー・システム、コンピュータとデータ・リンクによる情報システム、ミサイルとその発射機などの攻撃システムなどが連結されている。

これによって、防空に限らず、戦闘のあらゆる局面において、目標の捜索から識別、判断から攻撃に至るまでを、迅速に行なうことができる。本システムが同時に捕捉・追跡可能な目標は128以上といわれ、その内の脅威度が高いと判定された10個以上の目標を同時迎撃できる。このように、きわめて優秀な情報能力をもっていることから、情勢をはるかにすばやく分析できるほか、レーダーの特性上、電子妨害への耐性も強いという特長もある。

例えばの話、

北朝鮮が東京へ向けてミサイルを発射したとする。
北朝鮮のミサイル基地、元山〜東京は、直線距離で1150q

ミサイルの速度は秒速2.8q 東京へ着くのは8〜10分後、ミサイルは放物線を描いて飛ぶので1800〜2000qを飛ぶ。
さて、北朝鮮のミサイル発射を感知したミサイル防衛網は、どのように動く。

ミサイル発射の2分後、「イージス・アショア」に基づいて迎撃ミサイルSM3ブロックUAが発射される。
北朝鮮のミサイル発射から5分後、迎撃ミサイル発射から3分後に北朝鮮のミサイルは撃ち落される。
その場所は、元山〜東京間の中間で高度350q。

北朝鮮のミサイルの速度は秒速2.8q
迎撃ミサイルの速度は秒速5.2qとするらしい。

我が国の「イージス・アショア」の配備は、秋田県と山口県。
迎撃ミサイルが3分間で飛べる距離は950q
迎撃ミサイル発射の場所と、迎撃地点では直掩距離で800qある。

SM3ブロックUAの実際の性能は、次の様に言われている。

>射程1200q、到達高度 500kmと言われているが実際の有効射程距離は200〜500kmとされていて、自衛隊の迎撃実験では160kmが最長であり、アメリカ軍では250kmの成功例がある。

しかも、これは演習であり、何時、何処で、どのようなミサイルを発射するか判っている場合。

要するに、理屈では有効でも、実際に北朝鮮からのミサイルを迎撃できる可能性ははかないもの。
ましてや、北朝鮮に日本を攻撃できるノドンミサイルは数百発あるという。
仮に数十発でも同時に攻撃されれば防衛などできない。

以上、これが事実です。

ところで、2.3日前から、河野防衛大臣が、秋田と山口の「イージス・アショア」の配置を中止すると突然言い出し政府部内にも困惑を出している。

中止の理由は、迎撃ミサイル発射後にミサイルのブースターが近隣に落下し、危険だということ。
但しこの様なことを誰が信じるか。

ブースターの問題など初めから判っていたこと。
何のための配備中止か!

色々と考えてみるべきである。

>一つは、迎撃ミサイルではなく、相手基地を攻撃できるものとしたいという意向。

だが、この場合、
憲法の解釈から始めなければならず、大騒動して折角実施段階に入った「イージス・アショア」と中止する意味はない。
中止せずに継続して、攻撃用ミサイルの配備は時間をかけて検討すべきもの。

>もう一つは、今頃になって「イージス・アショア」では防衛は出来ないと判ったため。

どのように考えても、こちらの方が信頼できる。
このスレッドの最初から言っている様に「イージス・アショア」防衛体制を敷くならば、全国、300q毎に配置し。有効射程距離を300〜500qにすることである。

そのためには、「イージス・アショア」は全国に10ヶ所以上作らねばならない。
まあね、3兆円くらいかければ可能であろう。

河野防衛大臣が、なぜ、この時点で言い出したのか。彼も相当に複雑な痴れ者。
その真意は、想像するよりもない。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存