ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[3206] 日韓関係  何故、韓国は反日であるのか!
日時: 2019/08/23 13:03
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:nx2s9ylo

GSOMIA破棄まで発展し、日韓の関係は最悪の状況の様である。

先の韓国軍による自衛隊機へのレーザー照射問題に始まり、何時もの慰安婦問題、徴用工問題で、文政権は激しく詰め寄ってきている。

他方で韓国からの日本への観光客は年間、750万人に達し、中国についで多い、
人口比で言えば、韓国人の7人に一人が訪日しているというダントツの人気である。

今回の事件で強い姿勢を取っている、安倍首相は、日韓関係に置いて子や孫の時代まで何時までも謝罪を要求される事態はなくしたいと言っているらしい。
安倍政権の右傾化は、賛成しないが、この問題について安倍政権の姿勢は強く支持する。

従軍慰安婦のあり様について、始めに問題提起したのは、朝日新聞であり、その取材源が捏造であったことはすでに判明している。
目立たない記事であるが、朝日新聞自身、謝罪文を発表している。
どこの軍隊でも軍隊と女性の問題はあり、旧日本軍でも何らかの不都合はあったに違いない。

それは、それで反省しているのに関わらず、戦後70年以上経った今日、政権を挙げて問題視してくる。
徴用工問題でも、これを言い出せば国民から賛同が得られる。

歴代韓国政権は、これを逆手にとり、日本との交渉を有利にするために、同じことを政権自ら繰り返してきた。
現在の文政権は、その意味で最悪の政権。

現在、韓国経済は困窮していて国民生活も追い込まれている。
文のクソ野郎は、反日を煽ることで自分の失政を誤魔化し支持を確保しただけ。

従来政権と同じ様に日本パッシングをすれば、何かが得られると思い、ついには安全保障に関する基本契約の破棄まで及ぶ。
まるで幼児の喧嘩と同じ様な発想で、取り仕切る文大統領、一国を率いる宰相としては最低のレベル。
そのうちに八方ふさがりとなり自滅するのは必至のこと。

大体ね、慰安婦問題、徴用工問題を持ち出し、裁判をかけて日本に賠償請求したとして、すでに当事者は殆ど亡くなっている。
それでも10億や20億の金が取りたくてやっているのか、
それで韓国人の溜飲が治まるのか。
まあ、安っぽいプライドだ。
またね、天皇陛下に謝罪をさせ、日本の国会議員に総懺悔させれば澄むというのか。
それでも未来永劫、反日を叫ぶのであろう。
何のためにやっているのか。
1万歩も譲って、韓国に謝罪したとしても、変わりに未来永劫、韓国を蔑視する。
その機運はすでに日本国内に広まっている。
ほおっておけば日韓親善も進んでいると言うのに。

文と言う奴は、何を考えての所業であろう。

さて、

約100年前の日韓併合が、どの様なものであったか、再確認してみたい。
これを見れば、韓国政権が、日本を糾弾するのに、慰安婦問題と徴用工問題以外に何も無いことが解る。
問題にするならば、先の大戦で韓国人を兵隊として狩り出し最前線で戦わせた、と言えば良いのに、逆に、そんな事実は全く無かったのだ。

まあね、それでも併合という事態は、好ましいものではなく、窮地を脱した韓国人が、併合を否定したい気持ちは理解できる。


日韓併合時代は暗黒期ではなく、豊かに繁栄した時代だった

日韓併合時代とは、1910(明治43)年〜1945(昭和20)年のおよそ35年間、
日本が欧米諸国の支持のもと条約に基づいて大韓帝国を併合した時代を指す。

日韓併合時代に日本が行ったこと

(1) 多額の財政投入

日韓併合後、日本は朝鮮半島を「植民地」ではなく、日本国の一部として考えていた。
欧米の「植民地」支配とは異なり、そこに搾取はなかった。

近現代史研究家の水間政憲氏は、こう指摘する。
「日本が朝鮮を搾取していたのか、と言えば、むしろ日本から
朝鮮半島に血税が投入されていた。
35年間で朝鮮に財政補填がなかったのは、昭和8年のたった一年だけです。
昭和10年代、日本が日支事変以降、経済的に困窮し、
耐乏生活に追い込まれていったわけじゃないですか。
ところが、驚いたことに、韓国では多数の学校が建設され、
5千キロ以上の鉄道もつくられていたんです」

(2)インフラの整備・所得増加政策

日本が朝鮮半島の社会的基盤を整えたのは事実だ。
前出のチェ氏も水間氏も同様に、日本が朝鮮半島で行った近代化への貢献を列挙する。
「日本は朝鮮に近代的なインフラを整備し、建物等を数多く建築し、
所得を上げる政策を実施しました。
稲の品種改良によって寒冷地でも稲作農業ができるようし、
その結果、北部でもおいしい米がたくさんとれるようになったのです。
これは朝鮮における経済政策でも成功した例です」

(3)教育制度の確立

日本統治以前の李氏朝鮮において、教育を受けられたのは
「両班」といわれる支配階級の子弟のみであり、識字率は20%以下であった。
この点についても、チェ氏は日本統治について肯定的な評価を下している。
「学校教育では日本語で朝鮮語を抹殺したように言われていますが、
日本の教育政策で朝鮮半島が近代的な教育システムになってきたことは事実であり、
高く評価されてもいいと思います」

(4)階級差別の撤廃

さらに、台湾出身で評論家の黄文雄氏は、
別の観点から日本の朝鮮統治に高い評価を与えている。
「日本の当時の朝鮮総督府はそれまでの制度を変えて
『万民平等』を実現し、近代法に基づく社会を作りました。
李朝時代の階級制度をすべて撤廃したこと、これは大したものですね。
リンカーン以上です。リンカーンの奴隷解放以上の仕事をしていますよ」
また、朝鮮の人々の名前を奪った、と批判を受けることもある
「創氏改名」については、
「もともと奴隷階級には苗字がなかったんです。また女性でも名前もなかった。
名前を奪ったのではなく、むしろ名前を与えたんですね。
朝鮮の長い歴史のなかで最大の貢献であると思います」
と、この施策にも通説とは異なる肯定的な評価を与えた。

日本の統治は優良で、行政手腕のみならず民衆の文化的経済的発展も叶った

以上見てきたような日本の統治政策は、台湾でも施行された。
しかし、台湾では韓国のような感情的な反発は見られず、
むしろ近代化を推し進めたものとして肯定的に評価している。

植民地研究の第一人者、アレン・アイルランドは、
1926年に出版した著書「THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に
豊かになった時代(とき) 」の中で、日本の朝鮮統治を次のように評価している。

「今日の朝鮮は李王朝時代とは比べ物にならないくらい良く統治されており、
また他の多くの独立国と比較してもその統治は優れている。
政府の行政手腕のみならず、民衆の文化的経済的発展においても優れているのである」

まず、「事実」に目を向けることから、日韓両国の関係改善は始まるのではないだろうか。


https://www.youtube.com/watch?v=iWk3YmWQL5w
「日韓併合で朝鮮はどう変わったかがひと目でわかる」


※ 併合前の李氏朝鮮というのは無茶苦茶酷い国で、貴族と奴隷だけの様な国であった。
そこへ持ってきて中国、ロシアからの侵略があり、とてもじゃないが近代国家への転進など自力では出来なかった。
李氏朝鮮時代になってからも、400年に渡り、明、清から属国扱いされて、李氏王朝は常に疲弊していて国民は今の北朝鮮の様な生活を送っていた。

併合の良し悪しは別として、
宗主国として比類のない良い統治をしてきても、植民地化したことは事実であり、それに感謝せよとは言わないが、日本の統治を期に目覚しい復興を遂げたことは事実である。
それも大正から昭和にかけて、日本国内と同じ様に発展させてきた。

反日と言っても、日本統治時代の恨み、つらみなど具体的に何も言っていない。
言うべき何もないのだから。

それでも、人並みに近代化を果たした現在、日本の助けなど要らなかったと見栄を張りたいのであろう。
其れも韓国の意地として尊重もしてやろう。
しかしながら今日までの反日の姿勢は、別の何かの思惑があるのであろうが、その様な身勝手を認めるほど、我々はお人良しではないぜ!

嫉妬心から国を引っ張る、文よ、

慰安婦問題と徴用工問題で日本に謝らせるのが韓国のプライドか!

大馬鹿者め!

こんなものを引きずらされている韓国、国民が可愛そうじゃないか。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 日韓関係  何故、韓国は反日であるのか! ( No.8 )
日時: 2019/09/14 10:52
名前: 高山渚氏のブログから<官僚を撃て ID:M5sX8bvU

http://n-takayama.cocolog-nifty.com/
高山氏はしばらくの間、糾弾掲示板に投稿されていました。
角度を変えて韓国問題を見てみましょう。


>韓国の反日行動は日本の右翼を肯定する日本世論を喚起する―歴史認識問題を考える(1)

韓国メデイアやジャーナリズムの反日侮辱プロパガンダは百害あって一益もない。いや、歴史的事実を歪曲し、日韓の国民の間に無用な憎悪の連鎖を喚起する点では極めて危険な行動である。それは日本国民の韓国への反感が戦前の天皇主権を賛美する日本の右翼の論理に近づく恐れが大きいからである。

韓国メデイアや有識者の主張は、日本人侮辱に重点が置かれ、歴史的に真実であろうがなかろうが、政治理念や政治体制にお構いなしに、つまり無原則に、日本非難に貫かれている。この韓国の反日活動に対して、日本のメデイアが反論することはない。逆に、日本の若年層の嫌韓意識は希薄であり、高齢者が強いという世論調査を喧伝している。これはおそらく虚偽の世論報道であろう。筆者らの観察では、韓国メデイアの日本侮辱報道で日本の青少年の心が傷つけられ、間違いなく韓国憎悪の感情が芽生えていることを実感するからだ。

将来の日韓関係、広くは東アジアの平和と安全と相互繁栄を担う日韓の青少年の間に、引き返すことができない相互憎悪の意識が芽生えることを、筆者らは何よりも憂いている。韓国のメデイアや有識者がこのことを理解できないとしたら、歴史認識問題よりもずっと深刻かつ重大な状況を出現させているというべきである。

韓国政府やメデイアが主張する「日本は歴史認識を歪めている」「謝罪していない」という言葉の意味が、ともすれば従軍員慰安婦や徴用工問題と混同されがちである。歴史認識問題は1910年の韓国併合に関する両国の解釈の相違を指している。

日本政府や右翼の主張は、日韓併合を西欧列強のアジア侵略から日本と朝鮮半島を守る自衛の措置であったと主張し、韓国は不当な植民地化侵略であったと非難する構図が歴史認識問題の本質である。戦前から続く官僚支配日本政府であるから、韓国併合を謝罪するという文書は存在しないと思われる。その意味では「日本政府は謝罪していない」という韓国の指摘は正しいことになる。

しかし、1965年に締結した日韓基本条約は、1951年のサンフランシスコ講和条約の勧告に従い締結されたものであるから、現代の自由と民主主義、民族自決という政治理念の下で、日本の植民地支配の非を認め、これに対する謝罪と贖罪の意味を含んだものである。

韓国が文在寅政権になると、この基本条約は強国日本と弱小韓国が締結させられた不平等条約であるから、根底から見直しが必要だという主張が出された。これが現在の日韓対立の発火点である。東大官僚日本政府が亡国の敗戦を喫してもなお、韓国人や韓国政府に対して高慢に振舞ってきたことは容易に想像できる。

しかし1965年の条約締結までに14年を要したが、当時の交渉相手は李承晩政権であった。アメリカで教育を受けた李承晩は、自由も民主主義も基本的人権も理解できない独裁者である。李承晩は日本に対して終始一貫して高圧的であり、日本海に李承晩ラインを一方的に引き、竹島領有や日本漁船への銃撃も行った。韓国国内では、アメリカ政府の反共傀儡政権に徹して朝鮮戦争を起こした。朝鮮戦争では200万人が死亡し、このほか済州島で6万人、保導連盟事件では20万人以上(被害者側は112万人と主張)を凄惨な方法で虐殺させた人物である。その彼は韓国政府が今年100周年と祝う1919年建国の大韓民国臨時政府の大統領に推され、後に大韓民国初代大統領を務めたのである。

植民地支配の補償交渉をした日本側の当事者にとって、この交渉相手は現在の韓国政権以上に不適切極まる人間だったに違いない。従って基本条約締結交渉が19世紀の西欧列強とアジア諸国との間の不平等条約のようなものではありえなかった。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存