ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[53] 教育の話し
日時: 2009/08/07 19:53
名前: 天橋立の愚痴人間

教育会議なる馬鹿の集まりが、馬鹿にふさわしい馬鹿な提言をまとめた。

曰く PTAに父親も参加すべし。

曰く 赤ん坊は、母親がおっぱいを飲まし、子守唄を歌うこと。


最早、会議そのものを解散し、かかった費用は彼らから徴収すべきである。
さすがに、政府もこれを発表する事は参院選のためにはならないと提言を差し戻したらしい。
またある議員は、おっぱいの出ない人に対して差別発言であるような理由をつけたらしい。

差し戻す理由も理由であるが、こんな馬鹿共を任命した責任も取ってもらわねばならない。

こんな連中が何を考えているか、知れたものではない。
こんな連中に教育改革を担当する資格はないのである。

つでに言っておきますが、マスコミに取材を受けた主婦達の反応は、そんなことはもとより解っている、大きな御世話というのが圧倒的であった。


どんどん入ってくる日本崩壊のニュースに、まとうな精神で対処していれば疲れてしまいます。

人生を振り返るに、今日ほど、愚劣な出来事が連続した記憶はありません。
管理人さんの考えは当たっているようです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 教育の話し ( No.9 )
日時: 2012/07/09 12:50:23
名前: 北の国から

 この掲示板で私も、選挙の結果は(制度の善し悪しはとりあえず置いといて)そこの住民の
民度、つまり根本的には教育の中身で決まると何回か書かせていただきました。
 たとえば、この天橋立の愚痴人間さんのスレッドのNO.4などでは、教育についてさまざ
まな論点でかなり全面的に論じておられ、勉強させていただいています。
 教育の目標である「自立の精神」「他人の痛みのわかる人間」「困難な人々に配慮できる」
など、きわめて重要ですが、国民的な合意にいたっていません。
 ここでは、政治が当面よくならないだろうというなかで、それでも私たちが身近なところ
からできそうな、教育の改革について考えてみました。(小、中、高くらい)
 まず、教育の現場と地域の共同です。PTAのような学校主導になりやすい活動ではなく、
生徒の親でなくても参加し(場合によっては生徒も参加し)おおいに生徒の活動や、教師の
課外活動を支援し、同時に学校もふくめた地域づくりをすすめていく。モンスターペアレン
ツなども減少します。受験成績だけの教育や、民主主義のはき違えも、みんんなで議論して
乗り越えていく展望が生まれます。教師の悩みや、生徒のこまりごとなども共有できると同
時に、教師が地域にしっかりと根付いた教育ができます。
 教育委員会や校長が馬鹿なことを言ってきたら地域の力で粉砕できます。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存