ホームに戻る > スレッド一覧 > 過去ログ > 記事閲覧
[1019] 裁判官訴追委員会
日時: 2011/04/18 10:20
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:uwkQOVpo

裁判官訴追委員会とは、

裁判官弾劾裁判所に対し、いわば検察官役として裁判官の罷免の訴追を行う国家機関です。

国民は誰でも、訴追委員会に対して裁判官の罷免の訴追をすべきことを求めることができる。


その委員長に前原が内定したようである。

>民主党は15日、衆参両院議員で構成する裁判官訴追委員会の委員長に前原誠司前外相を充てる人事を内定した。在日韓国人からの政治献金を受け取ったとして3月上旬に外相を引責辞任してから役職に就くのは初めて。新設の衆院郵政改革特別委員長に内定した赤松広隆・裁判官訴追委員長の後任。

http://www.asahi.com/politics/update/0417/TKY201104170048.html


記事にあるように、自ら法を犯した人間を、その直後このような役割につける意図は、何であるか。

「国民は誰でも、訴追委員会に対して裁判官の罷免の訴追をすべきことを求めることができる。」
と言う部分を注視していただきたい。

前原が委員等になったと言うことは、それに共謀する誰かが、小沢の裁判官の判断を監視し、不都合なことをすれば弾劾裁判の対象にするぞと言う脅しをかけていると言うことになる。

同じことが検察審査会の制度を通して行なわれたばかりである。

菅、仙石共による、小沢排斥の運動は暗殺などの手段ではなくとも、明らかに独裁者が異分子を粛清する行為となんら変わることはない。

菅一派は我が国でこんなことをやっているのであり、奴等こそ、国民の名の下に粛清しなくては民主主義国家を維持できない。

小沢個人への好悪の問題を飛び越えて、多くの国民が、この事実に目覚めることを希望する。

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

衆議院(訴追委員会)の不正 ( No.1 )
日時: 2011/04/18 10:30
名前: 遂犯無罪 ID:Zn./HpgA
参照: http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/

衆議院訴追委員会のHPをのぞいたら、弾劾法12条をめぐってとのバトルがあった、問題の12条教示を「よくある質問と答え」の欄から、コッソリと削除していた

たまたま、5月4日に発見したが、4月にとバトルしてから、いつ頃削除したのだろうか…
http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/cat21991598/index.html

訴追委員会のHPに、「よくある質問と答え」という欄に記載されていた、弾劾法12条についての教示が、一般国民に対して、重大な誤解を与える記述内容になっており、それについて電話で詳しく聞いた時の記事である。

訴追委員会のHPには、大いなる誤解を与えるような詭弁を掲載し、それに対して電話をかけてきた一般国民には、誤解ではなく、堂々と誤った教示をするのだ!

HPの表現では、誤解させるような表現にとどめ、電話では、堂々と誤った教示をする!

ほんとっ!悪質である。

弾劾法12条でいう、「弾劾による罷免の事由があつた後3年を経過したとき」とは、第10条で、「罷免の事由がある」と、決定された時から3年を経過したとき…という意味なのです。
今までの衆議院訴追委員会の教示は、嘘だったのです!!
勘違いさせられたままの国民はどうなるのっ!
直接、被害を被っていない国民も、許せない裁判官を訴追請求できるんです。知っていましたか?
 

Page: 1 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成