ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[1414] 再就職も再就職も厳しい!!
日時: 2012/05/01 09:16
名前: ryu ID:CuuKQwFc


私が求職活動を長期にわたってしていて感じたことは、中高年の再就職が厳しいということです。
大変なのは、若年層や被災地の失業者だけじゃないということです。
私は、昨年の秋まで職業訓練を受けていました。
資格の方もなんとか頑張ってマイクロソフトオフィススペシャリストword2007の資格を満点で取得しました。
卒業後、就職活動をしてはや半年以上経ちますが、かなり苦戦しています。
ニュースなどでは、求人数がかなり回復し有効求人倍率は県内にいたっては1倍ぐらいに達したときいています。
ですが、ブラック求人や実務の経験を問うなど条件は厳しく、景気の回復をあまり実感できません。
私たち中高年の世代は、家のローンや子供の学費、生活費など多くの負担がかかって大変です。
職業訓練卒業後のアフタフォローや経済的な生活支援とかないものでしょうか。
求職期間が長期化し大変です。
職業訓練を受けても再就職先が決まらない中高世代の求職と求人のミスマッチが言われていますが、企業の側はどこも若くて知識と経験があり非正規で安価に使える人を求めているのが実際です。
せっかく資格を取っても活かされないのが残念!!
国と企業は雇用に責任をしっかり持つべきですし、そのための施策を行うべきですが、個人に任せっきりというのは許し難いことです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.16 )
日時: 2012/05/02 13:57
名前: グッキー ID:58jWFL56

>インフレにならない事を是非ともみんなに納得させねばなりません。

インフレは需給で決まります。

政府が40兆円も赤字を出しているということは、民間は40兆円の需要不足ということです。
さらに30兆円も公共投資をしなければならないというのは、もの凄い供給圧力が控えているということです。
都合70兆円の需要不足ですね。
こんな状態でインフレの心配をしたら鬼が笑います。

ミクロ的に見れば失業者はなかなか職が無く、職が有っても暇で困っている人が大勢居る。
企業は求人をえり好みし、簡単には採用しようとしない。
職が無い、仕事が無いとは、需要が無いということなのです。

忙しくなれば企業は猫の手でも借りたくなる。
求人にえり好みは言えなくなるでしょう。
さらに人手が足りなくて困った、と言うようになればインフレの合図です。

多少求職者が足りないくらいが経済としては好ましい状態でしょう。
そんな状況が何時になったら起きるやら。つまりインフレの心配など杞憂でしかないということです。

今起きているインフレはコストプッシュインフレ、つまり仮需、金融業界に金を撒きすぎたので、インデックス投機が激しくて起きているインフレです。
仮需のインフレなど本物のインフレではなく、いずれ崩壊します。バブルと同じです。
金融業界にこれ以上、金を撒くことは止めねば成りません。

需要は失業者、特に長期失業者が居なくなる水準まで増やすことが最低限必要だと思います。
需要が簡単に増やせることはご理解いただけたでしょうか。

>偉いさんのの言うことには、やはり財源の問題を言います。
無利子国債の話をしたところ、トンデモないと言う顔でした。

発想が凝り固まって居るのです。
何でお金を増やすことがいけないのか、満天下さんと同じで満足な説明が出来ないでしょう。
最初に「お金を増やすことはいけない」という発想がありきですから、それに合わせた都合の良い理屈しかいえないのですが、本人はそれをとんと理解していない。

戦前の日本もドイツもアメリカも、お金を増やすことにより苦境を乗り切ったのです。ただし使い方が上手くなかったのでそれほど上手く行ったとは思えません。
国債発行ー中銀引き受けで、政府がお金を使った。
メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.17 )
日時: 2012/05/02 14:18
名前: ryu ID:GHtLochA

生活の糧となる収入をえるために仕事が欲しいです。
多少、敷居の低い仕事(ハードルが少し低め)があると嬉しいです。
失業している人たちは今、一番欲しいのは仕事じゃないでしょうか!!
メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.18 )
日時: 2012/05/02 14:21
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:75tbyJgA

>職が無い、仕事が無いとは、需要が無いということなのです。

需要が無いと職がない。

という事になり、卵が先か、鶏が先かの話になります。

要するに、肝心のことは、ヘリマネで需要を喚起するということですね。
それなら、グッキーさんの言われることは理解できます。

どの程度の期間、どの程度の規模で、ということが残りますね。
どちらにしても、それなら、へりマネ論ないしベーシック・インカム論して、論を展開されて、その問題点を検証されねばならないでしょう。
問題点はそんなに単純ではないはずです。

「公正」とか、地域貨幣とか、他の方面の事を言われるので本質が解りにくくなっています。
メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.19 )
日時: 2012/05/02 15:11
名前: グッキー ID:jMBoDcVU

続き

国債発行ー日銀引受とは何かということを説明しますと

日銀は100兆円、国債を引き受けたら金利が1%なら1兆円の金利収入を得ます。
国債を100兆円引き受けても経費はそれほど変わりませんから、1兆円近くの剰余金が増えます。
余分な剰余金が増えれば国庫納付金として政府に納めます。
つまり1兆円金利を払っても1兆円近くを国庫納付金として受け取ることになります。
つまりお金を印刷して使っているのとほとんど変わりが無いのです。

戦前の大恐慌において、ほとんどの国がこうやって苦境を乗り切りました。いやこれ以外の方法で苦境を乗り切った国を知りません。

公共投資に使う、軍備に使う、いろいろな使い方が有りますが、使えば使っただけの経済効果は有ります。
問題はどういう方法でこの通貨発行益を使うかなのです。

軍備には使いたくない、公共投資は効率的な案件が残っていない。
ならば国民生活を豊かにするという観点に立てば、国民に使わせるのが一番良いのではないかと考えるのです。

もちろん不労所得というのは人間を堕落させますから、これは瀕死の経済を鑑み、一時的な特効薬として使うものです。
多分、激変ショック緩和のため、30万、30万、40万位に分割して支給するのが良いと思います。

後はなるべくそのお金が経済を循環するような政策を取れば、経済は自律成長軌道に乗ります。

ちなみにそのお金を各自治体がプールして、市民には地域限定流通券(自治体発行小切手のようなもの)で渡し、地産地消で地域をお金が循環させるのが良いと思います。
これは何時でも日銀券に交換可能なものにすれば抵抗感は無いでしょう。
自主的対応に成りますが、地域を振興したいのはほとんどの地域住民の願いだと思います。多くの人が協力してくれるのではないかと思います。

ちなみに金融政策は、お金を配れば金融緩和と同じことになります。
日銀はこれに対応するため国債売りオペ、預金準備率引き上げで対応するのが良いと思います。
メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.20 )
日時: 2012/05/02 15:33
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:75tbyJgA

グッキー さん

ヘリマネを実践する場合の手法は、金融学的につじつまを合わせれば良いかと思っています。
このような事を称して、経済の理論なるものは現実を追っかけているもので方向性を決めるものでは無いと言っています。

満天下さんの話が出ましたが、満天下さんとも、この問題は何回か議論をしています。
ヘリマネについて限定的なものの施行は認めておられます。
それに対して私のような半恒常的なものに対しては、GNPの規模との関係等を考察されて、私の言う規模では問題なしとは言い切っておられません。

ですが、公共事業というかたちを取ったヘリマネで年間30兆円くらいなら、GNPとの対比を含めて、また、完全な現金のバラマキではなく、事業という成果物(付加価値を生む)が伴うので、可能と思われるような判断をされています。

いずれにせよ、それは国内的要因の検証であり、為替の問題等、国際金融の問題としては別途の問題が発生すると言われています。
ここまでは検証済です。

しかしながら、このことも実際に社会に当てはめようと思えば、理解してくれる人は殆どいません。
それが問題なのです。

ヘリマネとか、ベーシック・インカムという概念は、多分に怠惰な気持ちを国民に植え付けるので、政治は年寄りがやれ さんが言われている「労働権」という発想も良いと思います。

失業と同時に「1日8時間(最低賃金)」労働権を行政からもらい、行政でもなんでも仕事の世話をしてもらえれば「労働権」を返納する。
仕事がないなら、権利の分だけ現金で補償してもらう。

考え方としては、素晴らしいではないですか。

ついでに言いますと、65歳になれば「労働権」の変わりに「年金」を支給してもらう。
これならば、年収が少なくても、人々は安心して生活できます。
贅沢がしたければ、それこそ自己責任で頑張っていただく。

そういう国作りがしたいものです。
メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.21 )
日時: 2012/05/02 15:54
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:75tbyJgA

ryu さん

あなたの投稿をきっかけに、ここでグッキーさんと議論をしてますが、この問題はアチコチのスレッドで言い合っている大切な課題です。
グッキーさんと私は対立している様に見えますが、手法が違うだけで、頼もしい味方なのです。

あくまでも自己責任の考えは必要ですが、あなたのような問題は、もはや自己責任というだけで突き放せない問題なのです。

今までは、誰かが失業していても、総体としては殆どの人が職を得られる状況でした。
現在は、はっきりとそうではないことが実証されています。

ですので、この問題は国家が乗り出さねば解決できない問題なのですが、現在、国家は景気のせいとしたり、少子高齢化による一時的な問題として真正面から取り組もうとはしていません。

金融政策を幾らいじっても、職業訓練をしてみても、ほんの一部分の解決よりできないのです。
将来は、どのような幸運があるかもしれませんし、国のかたちが変わるかもしれっません。
現在のところは、ハードルを下げていただいて、しのいでいただくことよりないのではないかと思います。

メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.22 )
日時: 2012/05/02 16:54
名前: グッキー ID:eHGFvu7M

天橋立の愚痴人間さん

>という事になり、卵が先か、鶏が先かの話になります。

違います。
仕事が無くても需要は造れます。仕事は後から付いてきます。
需要が無くては仕事は造れません。
無理に仕事を造るのは、お金を撒くのと同じことなのです。

>「公正」とか、地域貨幣とか、他の方面の事を言われるので本質が解りにくくなっています。

現在はお金を撒くことが公正にかなうことなのです。
公正な経済により経済は破綻しない構造に成ります。
公正を重視するのは、破綻しない経済システムにするために必要なことなのです。
現在の対症療法だけを考えているのでは有りません。

地域通貨というのは政府が何もしない場合、市民は地域通貨で防衛するしかないということです。

>ヘリマネを実践する場合の手法は、金融学的につじつまを合わせれば良いかと思っています。
このような事を称して、経済の理論なるものは現実を追っかけているもので方向性を決めるものでは無いと言っています。

まず経済の公正なシステムありきです。
それに則ってどういう政策を取れば良いのかと考えたのが、現状ではヘリマネということです。


>満天下さんの話が出ましたが、満天下さんとも、この問題は何回か議論をしています。
ヘリマネについて限定的なものの施行は認めておられます。
それに対して私のような半恒常的なものに対しては、GNPの規模との関係等を考察されて、私の言う規模では問題なしとは言い切っておられません。

政府紙幣30年30兆円というのは、ベースマネーと比べて多すぎます。
貨幣は循環するものと考えてください。
必要量を供給すれば、後は循環するに任せておけば良いのです。

>ですが、公共事業というかたちを取ったヘリマネで年間30兆円くらいなら、GNPとの対比を含めて、また、完全な現金のバラマキではなく、事業という成果物(付加価値を生む)が伴うので、可能と思われるような判断をされています。

お金が公的資本形成、消費に使われようがどちらでも需要は需要です。景気は使った分だけ良くなります。
満天下さんはマネーには担保が必要と不思議な考え方をしているので、成果物が無ければいけないと考えておられるのでしょう。
マネーとはそのマネーの通貨圏で使用できるということで価値が有るのです。

>いずれにせよ、それは国内的要因の検証であり、為替の問題等、国際金融の問題としては別途の問題が発生すると言われています。

マネーとはそのマネーの通貨圏で問題なく使えれば、為替の問題は発生しません。もっとも投機筋が色々な理由をつけて売買したがるということは有るでしょう。
国内で100万円の車が、変わらず100万円で買えていれば、為替の問題は投機以外では発生しません。

>しかしながら、このことも実際に社会に当てはめようと思えば、理解してくれる人は殆どいません。
それが問題なのです。

現在の破滅的経済状況を見れば、解決する方法は戦前と同じようにお金を増やすしか有りません。
もっとも富裕者の財産を全部没収して再分配することが出来れば可能ですが、そんなことは現実的に出来ません。
歴史が解決方法を示しているのにそれをしないのは、お金に対する信仰というものが有るからでしょう。
だから社会で騒動が起きるまではなかなか考えようとしない。

>ヘリマネとか、ベーシック・インカムという概念は、多分に怠惰な気持ちを国民に植え付けるので、政治は年寄りがやれ さんが言われている「労働権」という発想も良いと思います。

労働力を政府に先売りするということですね。
面白い考え方です。
政府は雇用を造るか労働力を買う義務がある。
大変良いと思います。


>失業と同時に「1日8時間(最低賃金)」労働権を行政からもらい、行政でもなんでも仕事の世話をしてもらえれば「労働権」を返納する。
仕事がないなら、権利の分だけ現金で補償してもらう。

これでは労働の義務を果たすかどうかという問題が発生します。労働の義務を果たしているかどうかの認定も難しい。


>ついでに言いますと、65歳になれば「労働権」の変わりに「年金」を支給してもらう。
これならば、年収が少なくても、人々は安心して生活できます。
贅沢がしたければ、それこそ自己責任で頑張っていただく。

医療、教育、老後保障、これはもう政府が義務的に行わなければ成らないもので、保険とかそういうものでは無いと思います。
欧州では医療、教育、ただの国が多いとか。これが社会としては当然のことです。
お金を払わなければ医療、教育を受けられないというのは文明国とは思えません。
保険という考え方も駄目なのです。
メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.23 )
日時: 2012/05/02 18:46
名前: 天橋立の愚痴人間 ID:75tbyJgA

グッキーさんの話は、ある時は独断を言い、ある時は論理の普遍性を主張されているようです。

特に人間の性癖について特定の状況を想定されていて、トータルとしての人間性の検証に手抜きをされているようです。

経済の論理の組立もさることながら、先ず経済生物人間との対話が欲しく思います。

>仕事が無くても需要は造れます。仕事は後から付いてきます。
>需要が無くては仕事は造れません。

これは詭弁と思います。

>無理に仕事を造るのは、お金を撒くのと同じことなのです。

結果としてそのようになると言うことです。
経済が上手く循環していれば、需要が生まれ、それが仕事まで発展するでしょう。
そのような、ことではありませんか。



メンテ
労働権の国の買い上げ制度についてもうすこし考えてみました ( No.24 )
日時: 2012/05/03 00:05
名前: 政治は年寄りがやれ ID:WhRJAdWQ


お二人さま
  白熱した議論のなかご興味をひいたようですので
  少し地域マネーとしての労働権をなぜ発想したかを
  ご説明させていただきます。

  私はご報告したように3月に液晶テレビ部品メーカーの
  倒産に伴い、複数枚の不渡り手形の被害に会いました。

  悔しいのでその後どんなところが手形で取引し
  中小企業をいじめているのか知人などに聞いてみました。

  意外なところでは、超大手の広告会社がそうでしたし、
  大手メーカでは、工場の敷地内に経理部があり、門の出口に
  同社OBが再就職する金融会社があり、経理部で受け取った
  手形を出口で割り引くという仕組みのところまでありました。
   つまり中小企業は何十メートルか歩く間に自動的に値引き
  を迫られているというわけです。
   なにやらパチンコ屋と景品屋をメーカーが経営しいている
  ようなものです。公取はなにをしているのでしょうね。

  まあ、それは本論ではありません。

  いずれにしろ、よきにつれ悪しきにつれ、手形は昔から日本
  に根付いているのは間違いありません。
   それは経済主体にとって仕入れのときと売り上げのときの
  時間的ずれを手形が解決してくれるわけですので、決して
  投機的なものではありません。

  そんなときふと考えたのが、手形で支払いを約束するのは
  なにも現金だけでなくてよいのではないかということです。
  地域マネーは、介護サービスなどすでに実行したものを
  ポイントとして取引するのが主流のようなきがします。
   
   お二人がご指摘されましたので憲法をみたら
  日本国憲法27条は、こう述べています。
  「1.すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。」

  勤労の権利があるのにその権利が実現されないのは国の責任である。
  本当は今、雇ってお金を払ってほしいが適切な仕事がないのはしかたがない。
  よってここはひとまず労働する権利を買い上げていただく。
  
  考え方は未完成ですが、こんな荒筋になろうかと思います。

  国はこうして買い集めた労働基本権を束ねて、公共工事をしたり
  治山治水や農業支援、介護、育児支援をしたりする。

  自分がしたい仕事と社会が求める仕事との間にギャップがあるのは
  しかたがないが、一定時間のなかで個人が発行した手形は労働として
  おとさなければならない

  そんなことかなと思います。
  経営者が生きていくために、手形を発行することが許されるなら
  1人の国民も生きていくために、労働手形の発行を許される。
  国は国民が発行した手形は必ず買い上げなければならない

  よい世の中になるのか
  悪い世の中になるのか
  わかりませんが
  すくなくとも飢えの恐怖で犯罪をおかして刑務所でご飯をたべよう
  という人間はいなくなるような気がします。

  もっとも労働の先食いですから、手形支払い中はまかないつきですね。
メンテ
Re: 再就職も再就職も厳しい!! ( No.25 )
日時: 2012/05/03 04:30
名前: グッキー ID:Rc0mNjmw

政治は年寄りがやれさん

>勤労の権利があるのにその権利が実現されないのは国の責任である。

分業化経済では国が雇用を保証する責任が有りますね。非自発的失業が起きるのは国の責任で解決しなければ成りません。
また、非正規労働などというものを解禁したので、社会保険制度など崩壊したに等しい。一番困っている弱者が社会保険制度を利用できないということが起きている。

労働権の国による先買い。
発想は良いのですが経済は総合的に考えなければ成りません。
財源はどうするのか。その労働力をどう生かすのか。どんな組織にしたら上手く労働力を生かせるのか。保証するだけではなく民間の雇用をどう増やすのか。


経済はマネーの循環が鍵に成ります。
マネーが循環する方法を考え、それに総合的に合う政策を組み立てなければ成りません。

天橋立の愚痴人間さん

>>仕事が無くても需要は造れます。仕事は後から付いてきます。
>>需要が無くては仕事は造れません。

>これは詭弁と思います。

需要というのは人間の欲から生まれます。
食事をしたいから農地を耕す。
農耕していたら食事がしたくなるわけではありません(まあ、腹は減るが)

最初にまず欲がありきなのです。
欲にマネーを付けると需要になります
欲のままだと潜在需要
仕事をしていたら欲が出来るということでは無いのです。
仕事は欲があるから発生するのです。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存