ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[68] 「診断群分類包括評価」<3ヶ月毎に転院を迫られる事情
日時: 2009/08/11 23:08
名前: 天の橋立の愚痴人間

http://fms9.com/K012.htm

以下は上記の内容です。


 私の母が脳梗塞で入院した。ある病院で手厚い治療をしていただいて一命を取りとめた。私たちは感謝した。

 しかしその同じ病院から「3ヶ月以内に別の病院に転院して欲しい」とのお達しがあった。まだ治療が完全に済んでいない患者をなぜ転院させなければならないのかと疑問をもった。そして転院した先の病院からも2,3ヶ月中には次の病院を見つけて転院してくださいといわれる。つまり病人を2,3ヶ月ごとにたらい回しするのである。そしてもし次の病院がみつからない場合には、治療の必要な病人にもかかわらず、自宅に連れて帰るしかないというのである。

 その理由は厚生省が98年秋から実施している、不安定患者の長期入院を、診療報酬面から病院に圧力をかけて、短期転院をしむけるシステムのためだという。昨年の秋というと自民党の小泉厚生大臣のときである。私は新聞は良く読んでいる方だか、そんな重要なことが決まっていたなど気がつかなかった。マスコミもほとんど注意を喚起するような報道はしていなかったと思う。私も自分の身近な者が入院してみて初めて知らされた現実である。

 厚生省のこのような仕打ちは、「年寄りや重病患者は早く死ね」と宣告しているに等しい。「小泉よ! 厚生省の小役人どもよ! もしお前がその立場に立ったときのことを考えてみたことがあるのか」と怒鳴ってやりたい。

 そして医者といわれる諸君に言いたい。「貴方が医者になりたいと思ったときの初心は、病院経営をどう旨くやるかということだったのか」と。もちろん病院も慈善事業では継続できないのは分かりきっている。しかし「重病患者を強制転院させることに心の痛みを感じないのか」と怒鳴ってやりたい。「あなたが医者として居続けたいのであれば、患者を守るために厚生省のやり方に、なぜ体を張ってでも抗議し、改善させようと求めなかったのか。また現在でも求めないのか」「それができないのであれば、医者という看板を自ら降ろしなさい」といいたい。

 今、高齢者で重病になっている人々のほとんどが、戦前戦後の混乱期にやっとの思いで生き抜き、我慢、我慢で一生懸命仕事や子育て・家事に頑張ってきた人達だ。その人達の過去の社会貢献に対して、現在の私たちがこんな仕打ちで応えてよいのか。
 政権党の政治家達も、厚生省の小役人たちも、よく考えろ。「日の丸」「君が代」で国民に愛国心がどうのと言う輩(やから)が、一方でこんな仕打ちをする。偽善者の典型である。こんな輩が政治をする国に愛国心など絶対にわかない。

 心有る医療関係者にいいたい。私たち医療関係者でないものにも、厚生省に改善を求める道があったら教えてほしい。私はすぐにでもその道のために奮闘する決意でいる。

 現在リストラとかなんだとか、経済の立て直しを理由にすれば何でも押し通れるような世の中になっている。そこには人間に対するやさしさなどどこにもない。現在の政治・経済状況はバブルの時の精神状況と全く同じである。バブルの時に非人間的(地上げなど)に踊った、そして躍らせた(政治家・大蔵省・銀行)連中が、その責任をとらず、今度はバブルの後始末の名目で非人間的なことをする。結局は無責任的御都合主義、非人間的経済主義が蔓延しているのである。
 こんな日本の政治・経済は、何とかして変えなければ、次は、私や貴方が、非人間的な扱いをされたあげく、殺されてしまうのである。



この様子は全国津々浦々で起きている悲劇です。
その根拠について探って見たいと思います。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: 3ヶ月毎に転院を迫られる事情 ( No.1 )
日時: 2009/08/11 23:25
名前: 天の橋立の愚痴人間

「診断群分類包括評価」一般人には御目にかからない言葉です。

診断群分類包括評価(しんだんぐんぶんるいほうかつひょうか)は、医療費の定額支払い制度に使われる評価方法。DPC(Diagnosis Procedure Combination;診断群分類)に基づいて評価される。


詳しくは『ウィキペディア(Wikipedia)』でどうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%BA%E6%96%AD%E7%BE%A4%E5%88%86%E9%A1%9E%E5%8C%85%E6%8B%AC%E8%A9%95%E4%BE%A1

要旨は、

診断群分類は、1986年の米国エール大学における、一般産業でいうQC活動を医療に応用するための研究に端を発している。その後、各国でさまざまな形で応用され、米国で開発された診断群分類は、DRG(Diagnosis Related Group)と呼ばれている。DRGには資源消費の均質性という特徴があり、1983年、米国において、メディケアの入院医療費の支払方法として診断群分類ごとの包括支払い方式が採用された。これをDRG/PPSという。

1996年、日本でも診断群分類をベースとした定額制の方向が示され、1998年に急性期入院医療費の定額支払い方式の試行事業(日本版DRG/PPS)が開始された。

その後2003年にこの診断群の考え方を踏襲して誕生したのがDPC包括支払いである。 DPC(診断群分類)とは、患者ごとに傷病名や年齢、意識障害レベル(JCS)、手術、処置の有無などの治療行為を組み合わせたものである。DPC対象病院が増えてきたこともあり「DPC=包括支払い」と認識されがちであるが、DPCはあくまで診断群分類を意味しており、包括支払い制度を意味するものではない。

2008年4月改定におけるDPCの分類項目は2,451分類であるが、包括評価対象となる診断群分類は1,572分類であり,これに該当しない患者は従来どおりの出来高払いとなる。包括評価の範囲は、主にホスピタルフィー的要素(入院基本料・検査・画像診断・投薬・注射・1,000点未満の処置などの施設報酬)であり、ドクターフィー的要素(手術料・麻酔料・1,000点以上の処置などの医療技術料)は対象外となる。

従来の点数にあてはめてみると、DPCの対象となる入院患者に算定できる診療報酬の約7割が包括範囲に含まれている。(あくまでも全体の平均であり、手術等の無い入院の場合には包括部分が9割を超す場合や、短期の手術目的での入院では包括部分が1割未満の場合がある)

要するに医療にの増大を防ぐために取り入れられたのです。

診断群分類(DPC)別包括評価を具体的に説明すれば、

DPCの一番の特徴は、病気や手術、処置の種類でリストを作り、1日当たりの医療費を決めていることです。入院医療は、投薬、注射などの医療行為が多いほど、医療費も高くなる出来高制が基本でした。DPCでは出来高で評価する手術、リハビリなどを除く入院費用が包括(定額)払いになります。DPCごとに定められた1日当たりの点数に入院日数をかけたものに、手術代などを加えたものが入院医療費になるわけです。

導入により病院はどう変わるのでしょう。まず、日数が長くなるほど、3段階で1日あたりの単価が安くなる逓減制を採用しているため、世界的に見て長い在院日数を減らす効果があります。また、安価な後発医薬品に切り替えたり、過剰な検査を控えたりするなど、コスト意識が高まります。DPCデータの活用により、平均在院日数や死亡率などの詳細な分析が可能になり、医療の質の向上にも役立ちます。

このように言われていますが、実際にはそんなことに関係なく、

脳梗塞や痴呆などの同じ治療方法が継続していて、かつ緊急に生命に別状のない患者を入院させていては病院の経営の負担になるのです。

こうして、このシステムを取り入れた病院は、該当する入院患者を3ヶ月で追い出すようになります。
病院自身の自衛の為止むを得ないのです。



次には、厚生労働省が1986年(小泉が厚生労働大臣)にこの方針を打ち出したときからの問題点を述べて見ます。

メンテ
Re: 3ヶ月毎に転院を迫られる事情 ( No.2 )
日時: 2009/08/11 23:53
名前: 天の橋立の愚痴人間

厚生労働省では、脳梗塞や痴呆など、緊急の必要性とか、高度な医療を継続しなくて良いものを社会的入院患者と呼んでいるそうです。

こう言う患者に焦点を当てて、病院を追い出す事で医療費の増大を防ごうとしたのです。
ただし、言ってもそれは国の機関です。
そのような患者の為に療養型施設とか、新たに徴収する介護保険料による在宅介護のシステムを用意して其処へ転出させると言う大義名分は立ています。

でも実際はそうであったかと言いますと、療養型施設は相変わらず絶対量が不足しています。
介護保険料による在宅介護と言いましても、運用の問題で、はや介護システムそのものが破綻するといわれています。

仮に在宅介護を受けるとしても、それくらいで家族の負担が解消される訳ではありません。
家族に人的、金銭的余裕があればまだしも。核家族が進み、介護に疲れて自殺する人間や、介護の為に働きに行けなくなって困窮する人たちが多く出ているのが事実です。

昔と違い、医療の向上の制で、体が不自由になっても長生きする老人が増えています。
国家は、医療費の問題でこれらの人を切り捨てるよりも、何とか資金を工面して対応すべきなのではありませんか。

官僚の無駄使いをやめても、この不景気の折、公務員の給料を1割カットしても、それくらいの金は用意できるはずです。

アメリカ社会などを参考にするからこのようなことを思いつくのです。
年をとって心身が不自由になり、死ぬまで転々と病院探しを迫られるなど、これが先進国の姿とは到底思えません。

ヨーロッパの先進諸国でこんなことは恥ずかしくて言えないような有様です。

冒頭の「診断群分類包括評価」を取り入れるならば、しっかりと受け皿を作った上でやるべきなのです。

最も、自民党と奴等官僚共は、こうなることを承知でやったのです。
己たちの放漫経営を反省することなしに、何処までも国民につけを廻す人非人なのです。

3ヶ月で病院を追い出される仕組みを解っていただけたでしょうか。

厚生労働省の指導を撤回させればなくせるのです。

そうして、その費用は、天下り先を十ほどぶっ潰せばよいのです。
メンテ
Re: 3ヶ月毎に転院を迫られる事情 ( No.3 )
日時: 2009/08/16 08:47
名前: 坂下竜馬ファン

私の母も3年前にクモ膜下出血で倒れ病院から同様の転院依頼がありました。転院させるかどうかはあくまで病院自身の判断なので出来るだけ頑張ることです。(今の環境と同じような転院先が見つからないと転院できないとか、、、)そうこうしているうちに1年半後に母はこの病院で他界しました。

私は医療機器関係に従事してるものですが、厚生省(今は厚労省ですが、、)のやり方には憤りを超えてあきれ返っています。診療報酬改定、改正薬事法などについてもわれられの知らない間にごく1部の人間によってのみ作られてしまい、一旦で来てしまえばこれがよかろうが悪かろうが(悪い場合がほとんどですが)これに従わざるを得ない。本来政治家がこれらをチェックしなければいけないのでしょうが今の自民党では無理ですね。
やはり民主党に政権を取ってもらいこれまでのやり方にメスを入れてもらいましょう。
メンテ
Re: 3ヶ月毎に転院を迫られる事情 ( No.4 )
日時: 2009/09/10 21:52
名前: 天橋立の愚痴人間

坂下竜馬ファン さん、

気がつくのが遅れまして失礼しました。

私の家内の父親も、85歳で無くなったのですが、最晩年は痴呆も進み、すぐに転んで骨折ばかりしていました。
持病もあって、入院を続けていましたが(1年近く)、例に拠って転院騒ぎがあり、とても大変でした。

最終的に転院した病院に入院して3週間後に無くなりました。
家族としては自宅療養は、なんとなく心配なもので入院治療させたかったのです。

勿論、大した医療の必要のない病人が何時までもベッドを占拠することは憚られますが、そう言う病人に適した医療機関を整備するのは国の責務と思います。

家内の父親の場合は、まだましでしたが、近所では、管を通した流動食より食べられない老人がいて、排泄の世話やらなんやらで、家族が付きっ切りになり大変困っている家庭があります。

その家族は、夫婦共稼ぎがしたいのですが、ままならず悲鳴を上げています。
昔と違い、医学の向上の御蔭で、このように、世話が焼けるが生きて行ける老人が増えています。

老人介護を贅沢な問題としないで、現代社会に応じた医療制度を作らねばならないと思います。


メンテ
「診断群分類包括評価」<新しい医療システム ( No.5 )
日時: 2009/09/20 08:56
名前: 天橋立の愚痴人間

以下は医療制度改革のスレッドと重複します。



以前に管理人さんに聞いた話しです。
ヨーロッパの何処の国か忘れましたが、その国では、

初診は何処の医療機関へ行っても同じ内容の診察を受けることが出来るそうです。
そのために、各種検査の専門の病院が配置されていて、検査が必要な患者は、先ず其処へ廻されそうです。

また入院治療の必要な患者でも、長期に渡る人の場合は、少し郊外の病院で入院生活を送ることになるそうです。

このようなシステムがしっかりとしているにので、一つの病院へ患者が集中して待ち時間が3時間で診察時間10分と言うようなことはないそうです。

専門分野の仕分けがしっかりとしているために医療の内容も平均して高度なものが維持されているとのことです。

我が国では、大組織の病院で幾ら名医の名を取っていても、開業すれば只の医者、MRIなどの高価な医療機器が使えなくなれば、それも仕方ないことでしょう。

そう言う人材の活用と言う面でも、日本の制度は遅れに遅れています。
現在医者不足と大騒ぎしていますが、あにはからんや、数のことばかり問題としています。

このような問題は、とっくの昔に整備されているべき事柄です。
問題山積みの折柄、何時になれば我が国も安心できる医療制度になるのやら、

気の遠い話しですが、新しい政権には、必ず実現していただかねばなりません。
日常、常識と思われていることでも、本当はもっともっと改善されるべき問題がたくさんあります。

こう言うことも新政権に期待したいものです。
メンテ
Re: 「診断群分類包括評価」<3ヶ月毎に転院を迫られる事情 ( No.6 )
日時: 2010/11/15 07:39
名前: みっちゃん ID:ufL6oRF. メールを送信する

うちの母は 癌で入院しています。痛み止めとして 当然麻薬を使っています。現在転院2回 ついにホスピスに行ってくださいといわれました。ホスピスは辺鄙な場所にあり 差額ベッド代の無料の部屋は殆ど空いていなくて 毎月4から50万円ほど居ることになります。私は派遣で年収が税込みで400万円以下で一人っ子(母と二人暮らし)です。会社から近いホスピスを見つけたのですが個人のホスピスで高い!!看護婦長に 少し遠いけど安い(それでも毎月20万円プラス交通費が一日2000円)ホスピスか 近くて高いホスピスかどちらか選んでください。選べないと自宅へ帰しますといわれました。痛み止め(一日4回) 胃ろう(胃からの直接の食事や痛み止めを入れています)貼り薬(これも麻薬でしょうか?)も3日に一度張り替えています。トイレはもちろんいけなくてオムツ状態です。癌はもう 放射線も抗がん剤も終わり どうしようもないとのことです。
メンテ
Re: 「診断群分類包括評価」<3ヶ月毎に転院を迫られる事情 ( No.7 )
日時: 2010/12/28 14:40
名前: 救命医 ID:/iUle/4A

天の橋立の愚痴人間 さんへ

・消費税を10%〜15%に上げるための運動をして下さい。
・少子化を防ぐため、保育園のボランティアをして下さい。
・マスコミの政治放送が政策を取り上げず、小沢・仙石などの権力闘争を取り上げる
 場合はそのマスクコミに苦情の連絡を入れて下さい。
・重要な法案はくだらない権力闘争を報道している裏で通されています。
・選挙に行って下さい。

日本の国力は少子化と比例し下がって行きます。あなたがた老人が医療を受ける国力はもうないのですよ。あなたがた老人は必要な費用を払っていません。医療費をもっと負担しましょう。そもそも田中首相が老人医療の無料化政策を施行した責任は、あなたがた世代にあるのですよ。
そして今も膨らむ、国の借金は今後僕たち世代が、被うことになるのです。
他人に期待せず、国を憂うのであれば、上記を頑張って下さい。
メンテ

Page: 1 | 2 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存