ホームに戻る > スレッド一覧 > 記事閲覧
[77] ワーキングプア<貧困を考える
日時: 2009/08/18 23:06
名前: 天の橋立の愚痴人間

(しばらくは、旧掲示板からの転載です)


NHKテレビでワーキングプアの実態の放映をしていた。

私は、豊かとは言わないが、それでもワーキングプアの範疇にも入らない。

しかし、本当に腹が立つ。

誰が彼、彼女らの事を考えてやっているのか。

冷たい国だ。

金持ちの国だ。

政治が無い。

彼らにどんなチャレンジをせよと言うのか。

安倍の馬鹿たれよ!!!!!!!!!!!

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.86 )
日時: 2012/07/24 12:15:48
名前: 正義

ttp://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADRA_jaJP417JP422&q=kasiwasikosekikaizannjikenn
自民党大国、下総の盗賊団と、溶解する、戦後の歴史。
メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.87 )
日時: 2012/07/25 09:25:38
名前: 喜六

何の、彼んの、と言うた所で、日本は落ちるとこまで落ちなシャー無い!ちゅうことでっせ。

世の中の大部分の人間は、この掲示板で言う悲壮感なんか、な〜にも感じてませんのや! その証拠にいっぺん一日町を歩いてみなはれ。みんなそこそこエエべべ着て、太平楽に買い物したり、茶ぁ飲んだり、芝居見たり、楽しんではりまっせ。

そんなお人等に、将来の事考えろ、貧しい人のことを思え、ちゅうたかて無理でっせ。人間誰しもどん底へ落とされな何とかしよう、とは思いませんのや。

この掲示板の皆はん、あんさん等もそうでっしゃろ。何のかんの言うても今ちゃんと飯が食えてる、飯が食えてる間は暴動や革命なんか起こしまへんわなぁ。所詮は「口説の徒」ちゅうことでおます。

日本は落ちるとこまで落ちます。そない成ってから慌てふためくんだす。 ナンマイダブ、ナンマイダブ。
メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.88 )
日時: 2012/07/25 10:35:14
名前: イントィッション

>日本は落ちるとこまで落ちます。そない成ってから慌てふためくんだす。 ナンマイダブ、ナンマイダブ。


森永卓郎(経済評論家)
「メディアが作った小沢=悪のイメージが爆発した」


ttp://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/433.html

ただ、問題は現状の小沢新党ですが、300の選挙区に候補者を立てる力はないと思います。小沢さんは地中深く潜ってモグラ生活をし、国民が支持しやすい人を「顔」にして、そこに民主党からどんどん造反議員が加わる。さらに、他政党が合流して過半数を取らなければ、実はこれ、消費税は10%では済まないことになるんです。
 どんどん税金は上がる一方で、そうするとどんどん経済が落ち込んで財政状況は悪くなり、さらに増税となる。今のギリシャと同じことが起こります。ギリシャも消費税を上げて、経済がガタガタ。菅前総理は「消費税を上げないとギリシャになる」と言いましたが、むしろ反対。上げるとギリシャになるんです。
 国民が本気で怒って増税を止められるのは、次の選挙だけです。民主党が政権を取ったあと、郵政民営化を凍結する法案を出しました。それと同じように、次の選挙で戦えばいいんです。(小沢新党が)過半数さえ取れば、消費増税凍結法案を出せる。そうすれば、国民の支持を得られるはずです。

>何の、彼んの、と言うた所で、日本は落ちるとこまで落ちなシャー無い!ちゅうことでっせ。

経済がガタガタになって、また増税! またガタガタになって また増税! 今は、260万人が生活援助を受けています。。。 消費が減ると、企業の収益はドンドン落ちます。。。となると、98%の中小企業に打撃が直撃! となると、労働者がドンドン減らされ、正社員は減給。。。 (企業の中でもある一部の人たちが甘い汁を吸う!) 減給されると消費税だけで10%なので、さらに生活費を切り詰める! となると、さらに企業の収益は減り、企業からの税収はど〜〜〜んと落ちる!!! 中小企業は、ドンドン倒産に追い込まれ、失業者が増える!!! となると生活援助を受ける失業者が後を絶たない!!!  

税収が減り、1000万人が生活援助を受けることになると、今の4倍の数字!!! 国債をまたまた発行させられ、赤字がドンドン増える!!! 

そして、国の財政の崩壊がはじまり、1000万人が餓死か自殺!

まー、この国、社会学者の誰かが、まだ人口が多いから、3000万人ほど減ってほしい! と言うてたさかいに
これまでも抗がん剤で(薬屋の収益のため!)死亡するのが年間30万人ほどだから、10年で300万人が癌の抗がん剤で死亡しても、まだ足りまへんな〜。。。

あと、2000万人が餓死か自殺の予備軍になりまっさかいに、あ〜良かった! 良かった! 

その他、アメリカからマネーロンダリングのための麻薬がいっぱい入っていまっさかい、ドラッグで頭がおかしくなったり、そのため普通の人が虐殺されたり、貧困のため、コンビニ強盗が毎日普通になり、(アメリカがもう毎日コンビニ強盗、グループでやっているそうな!)

にぎわうところは、牢屋と病院! 高額年金受給高齢者が多くなり、税収が追い付かなくなりまっさかいに。。。

2030年まで6千万人まで減らすそうです!!!

それでも国民知らん顔してますわな〜。。。 

地球の裏では〜、そうかそうか、やっと日本人6000万人まで減ってくれましたかいな。。。ふむ ふむ。。。
  と、高給ホテルで、元日本官僚の天下りをしていた人間ども、ユダ金と一緒に豪華食事をたらふく食べて、賑わいカラオケパーティでもやっておるでしょう!!!
                     めでたし!
                     めでたし!
メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.89 )
日時: 2012/07/25 10:36:37
名前: みつこ


喜六さん

本当にその通りだと思います。
なんだかんだ言ってもまだ飯が食えている、飯が食えているうちは本気の暴動など起きないのかもしれない。
今は飯が食えなくなる前兆が忍び寄っていて、何かただならぬ空気が感じられるといった状況か。
いつ風船が弾けてしまうのか・・・怯えながら不安を感じている人と、能天気に日常を過ごす人。
貧困とは縁遠い暮らしをしてきた日本人が、またあの戦前のヒモジイ暮らしに戻るのが想像できない。
スーパーに行けば物に溢れている。ただそこにまともな食品はほとんどないのも現状。。。
添加物まみれの化学食品、放射能含んだ食品、農薬まみれの輸入食品、スーパーでさえこうなのに、
コンビニになど買う物はあるはずもなく。。。それでも外資系?コンビニは益々増えていく。
若者の健康を害するものしか置いてないのにね。どうなってんのこの社会・・・
ほんと堕ちるとこまで落ちなきゃ救いはないんだろうね。
馬鹿かは死ななきゃ直らない?? クソみたいな大人たちに動かされるこんな国、子供がおかしくならないはずないじゃないか。




メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.90 )
日時: 2012/07/25 13:48:18
名前: 天橋立の愚痴人間

30年後の日本。

全人口 1億人。
1級国民 4000万人(労働人口 1800万人)
2級国民 6000万人(労働人口 3200万人)

(1級国民)

公務員、大企業の従業員、一部の中小企業の従業員及び資産家により構成する。
雇用総数 2000万人の内訳、 
官庁・公益法人(2.5〜3.0万)  500万人
大企業社員(1万社)      1000万人 
中小企業(1万社)        300万人
上記業者で我が国の生産量の7割を占める。

平均年収           800万円

(2級国民)

中小・零細(自営業)企業の従業員で構成する。
中小零細企業(200万社)     1800万人      
自営業(農林漁業含む300万社)   500万人
失業者             900万人

平均年収         100〜300万円
上記業者で我が国の生産量の3割。

年収は現代の貨幣価格に準じる額。
小売店舗なども、殆どがチェーンストア化され、中央の大企業系列下の量販店に代わる。
2級国民の生産内容は、第一次産業の現場労働以外は、生活物資の中核をなすものはなく、ハザマ産業に徹する。
失業者に対する保証、社会福祉予算は、すべて第1級国民が納めた税金による(生きられるための最低保証として第2級国民用として、年間30兆円は必要となる)。

江戸時代と異なるのは、江戸時代は1級国民は2級国民を搾取する事によって生活していたが、現代では、2級国民は、1級国民の御情けで生きて行くと言うことである。

現在は、総人口 12000万人
労働人口     6000万人
大企業      1.2万社
中企業      50万社
中小零細企業   350万社
農林漁業業者   300万人

このような状況が想定され、治安のこともあり、第1級国民と2級国民の住み分けも始まる。
交通機関などは、1等車、2等車区別が復活し、警察官の数も倍増する。

産業構造の思い切った転換なしでは、このような社会の到来は確実であるが、これを視野に入れた改革の理念を持っている政治家、学者は、現在の所、皆無である。

これこそ、皆さんが待ちに待っている将来の我が国のかたちである。
まずは、80%の確立で実現するであろう。
メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.91 )
日時: 2012/08/11 19:00:43
名前: 天橋立の愚痴人間

政治は、以下のことを見ようともしない。

ttp://news.biglobe.ne.jp/domestic/0712/mai_110712_7214413585.html
<貧困率>最悪16.0% 子供24年間で4.8ポイント増
毎日新聞7月12日(火)20時46分

 厚生労働省が12日公表した10年の国民生活基礎調査によると、全国民のうち、低所得の人の割合を示す「相対的貧困率」(09年)が16.0%となり、前回調査の数値(06年)より0.3ポイント悪化した。データがある85年以降最悪で、国際的にも高い日本の貧困率は改善に向かっていない。子供(17歳以下)は1.5ポイント増の15.7%で、低所得の家庭で育てられている子供が増えていることを裏付けた。また、高齢者世帯数の推移を見ると、65歳以上のみの世帯が1018万8000世帯(全世帯の20.9%)に達し、初めて1000万世帯を突破した。
 今回厚労省は、同調査を始めた85年までさかのぼって貧困率を算出した。同年の12.0%に比べると、09年はこの24年間で4ポイント悪化し、同居する大人の所得で計算する子供の貧困率も4.8ポイント増えた。同省は所得の低い非正規雇用労働者や年金暮らしの高齢者らの増加が要因とみている。

 一方、「子供がいる現役の世帯」でみると、母子家庭など「一人親世帯」の貧困率は50.8%。3年前より3.5ポイント減っており、97年に最悪の63.1%に達した後は減少傾向にある。母子世帯の年間所得は200万円台で大きく変わっていないのに対し、非正規雇用の増加などで全体の平均所得が下がっているため、母子世帯の貧困率は減っている。
 経済協力開発機構(OECD)の00年代半ばの調査では、日本の貧困率(03年、14.9%)は加盟30カ国中4番目に悪く、一人親世帯は最も悪かった。OECD平均は10.6%で、仏7.1%、英国8.3%、独11.0%、米国17.1%などとなっている。
 このほか、お年寄りがお年寄りを介護する「老老介護」も増えている。75歳以上を介護している人のうち、本人も75歳以上の人は25.5%で、3年前より0.6ポイント増えて過去最高となった。
 調査は10年6〜7月に実施した。世帯構成は約29万世帯のうち約23万世帯から、所得に関しては約3万6000世帯のうち約2万6000世帯から有効回答を得た。【鈴木直】

 (相対的貧困率とは)
 全国民の年間の可処分所得を少ない方から並べ、中央の金額(09年は224万円)の半分の水準(貧困線、09年は112万円)に満たない人の割合。主に国民の間の経済格差を示すが、資産は含まない。これとは別に、所得が定められた最低水準額に満たない人の割合を示す「絶対的貧困率」もある。
(可処分所得とは)
上の図でもわかるように、この可処分所得は、収入(年収)から税金や社会保険料を引いた金額のことです。

2011 毎日新聞社 ALL Rights Reserved.


NYタイムズ「貧困層が拡大する日本 発展した社会の裏側」
Y! 【経済ニュース】 2010/04/25(日) 22:49


  米国紙「ニューヨーク・タイムズ」は21日、長年にわたって経済が低迷している日本はすでに平等に裕福な国ではなくなり、貧困層が拡大していると報じた。チャイナネットが伝えた。
  4人家族の世帯収入が2.2万ドル(約207万円)以下の場合は貧困層とされるが、日本厚生労働省が2009年10月に発表したデータによると、日本の貧困率は15.7%に達し、米国(17.1%)に近づきつつあるという。
  記事では、日本政府は1998年以来、貧困層に関する統計データを隠ぺいし、貧困問題の存在を否定していたと指摘。続けて、政権を獲得した民主党が貧困問題に関するデータを開示するよう強制したと報じた。
  これに対し、記事では、「多くの日本人はかつて、日本人はみなが中産階級に属すると信じていた」と指摘し、1990年代にバブルが崩壊して以来、日本人の収入は増加するどころか減少しているとした。
  また、日本は子どもの7分の1が貧困の中で生活しており、子ども手当や高校無償化はこれが原因であると指摘したほか、学習や進学には高額な費用が必要であり、貧困層に属する子どもたちは競争力を獲得する機会を失い、親の世代と同じ生活を繰り返す悪循環に陥っているとした。(編集担当:畠山栄)


<これに対して別の数字で我が国の貧困度を示して見ましょう>


以下は国税庁の統計による平成22年度「給与階級別給与所得者数・構成比」です。
以前に計上していた平成18年度のもの(前)と比較してください。


100万円以下   8.0 %→7.9

100万円超 200万円以下  14.8 %→15.0

200万円超 300万円以下   16.0 %→17.6

300万円超 400万円以下   16.9 %→18.1

400万円超 500万円以下 13.9 %→14.3

500万円超 600万円以下  9.6 %→9.4
 
600万円超 700万円以下  6.4 %→5.7

700万円超 800万円以下  4.5 %→3.9 (国家公務員)

800万円超 900万円以下  3.0 %→2.5

900万円超 1,000万円以下  2.0%→1.6

1,000万円超 1,500万円以下 3.7 %→2.8

1,500万円超 2,000万円以下 0.8 %→0.6

2,000万円超      0.4 %→0.4

これは給与所得者に対する調査で、総計 4452万人が対象です。
日本の就労人口は 約6500万人と言われています。

この差額 2000万人が所謂、自営業者と言うことです。
年収比の換算は、給与所得者と同じと考えます。
其の上に 300万人という完全失業者がいます(失業者は給与所得者として計上されないとする)。
就労人口の内訳は、失業者300万人と6200万人の就労者と言う事になります。

整理して考えると

年収が200万円以下の ワーキングプアと言われる人が 6200×0.229+300(失業者)=1420+300(失業者)=1720万人いると言うことになります。

年収が300万円以下では  6200×0.405+300=2511+300=2811万人となります。

年収が400万円以下では  6200×0.586+300=3633+300=3933万人です。

これは就業者個人についての統計ですので、単純に総人口に換算すると

12000÷6500=1.84倍

年収200万円以下の世帯の人口  1720×1.84=3164万人
年収300万円以下の世帯の人口  2811×1.84=5172万人
年収400万円以下の世帯の人口  3933×1.84=7236万人

年収300万円(ボーナス込)とは、税金や健康保険などの社会負担費を差し引くと1ヶ月の手取りは20万円に少し及びません。

これで家賃を払い、子供を育てることがどれだけ困難かは御分かりと思います。

公務員の年収には遠く及ばないものの、それでも、何とか生きて行っている年収(300〜400万)がある人たち、2000万人を加えて、約7000万人は余裕のある生活は、とても出来てはいないのです。

冒頭で示しました、我が国の貧困の実態が証明できたと思います。

それでも、我が国には、悠々と生活を楽しむ事が出来る、5000万人の上層の人たちがいるのです。
この様に2極化が進んだのは、景気の問題や、個人の能力の問題ではありません。

ひとえに産業構造の変化がもたらしたものです。
一国も早く、これに気づき、新しい経済のシステムの構築が成されるまで、こうした社会の2極化は進むことがあっても、なくなりはしないでしょう。



メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.92 )
日時: 2012/12/26 14:31:25
名前: 天橋立の愚痴人間

この現実に、心から怒ろう。

もっと、もっと!
メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.93 )
日時: 2013/06/17 21:20:50
名前: 天橋立の愚痴人間

民主党の政策が、あまりにも御粗末であった反動として「アベノミクス」などが、もてはやされているようだが、現代日本、否、グローバル化の影響で追い詰められている世界の現状は、従来の経済理論などで切り抜けられる様なものではない。

戦後の主流であったケインズの経済理論に変わって登場した新自由主義の政策は、徐々に、その本性を現し、いまや世界中の経済が行き詰まっていることは明白です。
否、経済がといいましたが、統計でみる経済の指数は上がっていても、生活者の観点から見ると、それとは裏腹な錯誤がある事に、いい加減で気がつくべきであります。

要するに工業生産力が発達し、生活に必要な商品の生産のための労働力は極端に少なくてよいようになって来ています。
流通方式も、量販店の全国展開、ネット商法などで集約化が進み、小売店舗の数はドンドン減ってきています。

今までは(過去30〜40年)は生産国で作った余剰の商品は、発展途上国へ廻すことで処理してきましたが、いまや、発展途上国の生産力も上がり、商品のはけ口が無くなってきています。

只、食料生産だけは自然が相手なので都合よく生産を確保する事ができないでいます。
最近、アメリカがTPPに拘っているのは、今後は食料品の輸出に大きな可能性を見ているからです。
我が国は、工業生産品の輸出の為に、食料の分野(市場)をアメリカに開放しようとしています。
工業生産品の輸出などは、将来、発展途上国の生産力が大きくなると、必ず頭打ちになってしまいます。

その様な長期的視野もなく、TPPにすがり付いている我が国の財界の僕となっている安倍自民党など、政党と呼べるものではありません。

先のことは、ともかくとしても「アベノムクス」とやらで、早速多くのメーカー品の値上げが始まっています。
政府が望んでいる政策なので、そりゃ、メーカーとしては渡りに船と言ったところです。
おそらく、国内向けの価格は上げても輸出は従来通りのものとするはずです。

我が国はどのようになるかと言えば、先の記事のように、貧困率はアメリカに継ぐ高さにあり、平成22年度で年収300万円以下の家庭の人口は5000万人を超えています。
メーカーが値上げをして売り上げが上がり、其れによって所得が増える可能性のある層は、所謂、大企業、メーカーの従業員だけです。
年収で600〜800万円の民間会社の人たちだけであり、同じ年収600〜700万円(地方公務員、教師)700〜800万円(国家公務員)でも公務員には関係のない事です。

そうすれば、アベノミクスで言っている10年間で150万円年収が増える人口など1000万人もいません。
反対に、商品の値上がりでますます生活が追い詰められる人たちは8000万人〜1億人といったところでしょうか。

来年から消費税もあがり、物価の上昇とともに、殆んどの人たちは実質年収が10%も減ってしまうのが現実です。
こんなことで、どうして需要が喚起されるのでしょうか。

元々、馬鹿面の安倍などが経済の舵取りなど出来ないのです。
自民党の権力亡者などが、幾ら廻りを取り囲んでも、本当の行き先、羅針盤を持っていない泥舟は、ますます沈没の航海を進むと言うことです。

原発、TPP、アベノミクスなど、多くの不幸が重なってしまいました。
この期に及んで、我々が考えるべきことは、出来ることは、年収200万円以下のワーキングプアーになってもたくましく生きられる、自給自足の体制を確立する事です。

このような政治屋、霞ヶ関の官僚共に、期待などせずに、彼等を徹底的に糾弾する事です。
暴動、焼き討ち、このようなものが、彼等には相応の対応です。
メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.94 )
日時: 2013/06/20 10:59:02
名前: 北の国から

 確かに、非正規雇用の異常な増大やワーキングプアの問題は「日本の経済をどう立て直す」のか
という根本の問題でありますが、同時に「労働者、国民が普通に人間らしく暮らすという権利」を
まともな文明国として回復していくという重要な観点でもあります。
 これは、経済のしくみを根本的に発展、改善するという長期的な作業を待たずに、ここ何年かで
改悪され続けてきた労働法制を(労基法や派遣労働の規制はずしなど)少なくとももとに戻すとい
うことによって(抜本的改善にならないとしても)現状より改善されます。
 ところが、これが簡単ではありません。国会の力関係を変えていかなければならないからです。
 いま、首都東京で議員選挙がおこなわれ、来月には参議院の半数の選挙がありますが、労働者に
とってインパクトある結果にむかうという流れにはやはり遠いようです。しかし、そうではあって
も、(この掲示板でがんばっておられる方々のように)ねばりづよくまともなメッセージを発信す
るなどの努力によって、すこしづつでも国民のもののみかたが変化していくにちがいありません。
 日本における「社会的抵抗」(労働者のストライキや、巨大デモなど)は、たしかにここ数十年
きわめて低調です。それでも原発ゼロ、TPP阻止などの行動にはいままでにない広がりがでてき
ているのも事実です。
 選挙を、なかなかおおきなチャンスにできていないのはなぜなのでしょうね。
メンテ
Re: ワーキングプア<貧困を考える ( No.95 )
日時: 2013/06/20 14:41:02
名前: 自給自足・・天橋立の愚痴人間

「田舎の自給自足生活概要」

1年分の主食の米は、2人で10万円も買えば食いきれません。
いっそのことTPPに参加して3万円で手に入れられます。

野菜は10〜20坪の畑があれば、食べきれないほど収穫できます。
但し肥料代を年間1万円ほど見ておかねばならない。
卵は鶏を5羽くらい飼えばよい。
たまには、肉、魚を買う為に1月5000円くらい当てておく。
果物、おやつ代として、これも5000円くらい確保する。

後はトイレットペーパー、雑貨、クスリ代など5000円。
電気、水道、灯油、電話代など光熱通信費に1〜1.5万円(冬場の灯油代など)。
娯楽、交際費に10000円。

予備費として5000円。

田舎の生活には自動車は欠かせないので、軽自動車の中古車を買い、ガソリン、車検費、買い替え費など月平均で2.5万円。

総計、1月の生活日は、7万円
1年間では、84万円。

これに家電商品など購入、修理費(パソコンの必需品)で年間、16万円を当てておく。
年収100万円の自給自足生活です。
現実に実践している人、せざるを得ない人はすでに結構いますよ。

これさえも容易な生活ではありません。
国民年金だけを支給されている人は、夫婦揃って始めて成り立つ計算です。
年金の無い人が年収、100万円を稼ごうと思うと、こりゃ大変。
仕事が無いのです。
内職、もの拾い、山菜取りなどの僅かな収入もあてにしなければならない。

でもね、これ以上の生活など望むべくもない現実を認識すれば、早く、このような生活圏を確保することです。
歓迎、ワーキングプアの諸氏(田舎の住人)。

これが高値の花である人も、心配御無用。
食べて息をしているだけなら月に3万円でも生きて行ける。

これが近い将来の我が国の姿。
5000万人の貴族の下に、5000万人のワーキングプアー(自給自足生活者)が存在する。

それでもワーキングプアーの方が幸せではないか、人間として。

メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 全部表示 スレッド一覧 新規スレッド作成

題名 スレッドをトップへソート
名前  「名前#任意の文字列」でトリップ生成
E-Mail 入力すると メールを送信する からメールを受け取れます(アドレス非表示)
URL
パスワード ご自分の投稿文の編集、削除の際必要です。面倒でしょうが入力をお勧めします。
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存